[アニメ]ナイン


Nine
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:ナイン / 文学:小説 ナイン
アニメ総合点=平均点x評価数2,948位6,422作品中総合点4 / 偏差値48.09
1983年アニメ総合点38位58作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

県下の名門青秀高校への入学が決まった新見克也は、友人唐沢進と共に青秀高校野球部の試合を見学に出かけた。その途上、電車内で美女が痴漢される現場に出くわしたが、彼女は一睨みで痴漢を撃退した。
痴漢撃退の美女、および痴漢氏と球場で再会した新見だったが、新見と唐沢は、痴漢氏が全国中学野球大会優勝投手の倉橋永二だったことに気がついた。中学時代、マウンド上の倉橋は輝いて見えたが、現在の倉橋は青白く、とても同一人物とは見えなかった。
試合は青秀高校のコールド負け。「学業では名門でもスポーツは全然だめなのだな」と落胆する新見達の前を、痴漢撃退の美女は落涙しつつ立ち去り、新見達はその涙の前に入学後の野球部入部を誓うのであった。「彼女の涙は見たくない。笑顔が見たいんだ」と。
こうして、中学陸上短距離記録保持者の新見、中学柔道県大会個人優勝者唐沢、全国中学野球優勝投手倉橋、および痴漢撃退の美女中尾百合(青秀野球部中尾監督の娘)の高校生活がスタートするのであった。
野球漫画は強打者もしくは投手が主人公というのが定番であるが、本作はセンターを守る俊足1番バッターが主人公である。この設定に最も近い有名選手であるイチロー選手は、小学館文庫「ナイン」1巻(全3巻)に「このくすぐったさ、たまんないね」というタイトルでエッセイを寄稿している。

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
制作・宣伝:東宝:小学館:日本生命
製作 :大橋雄吉
企画 :宇佐美廉
プロデューサー :藤原正道:藤田健:久保田栄一
日本 開始日:1983/05/04(水) フジテレビ TV
10,59133
最近の閲覧数
1001110001
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/01/16 / 最終変更者:永田 / その他更新者: kunku / DONP / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2009/01/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:430(56%) 普通:224(29%) 悪い:111(15%)] / プロバイダ: 25881 ホスト:26185 ブラウザ: 8455
【良い点】

あだち氏の「タッチ」前の作品ですな。 何時もAピッチャーばかりを主役にしてるのに今回は野手で外野の選手を主役をにしている珍らしい作品です。

まあ、この人の作品はラブコメは外せないでしょうな(汗)。

振り逃げで出塁しディレートスチールで一点取ったのは笑った。

【悪い点】

結局、野球あんま上手くなりませんでしたな、主役。

チームはエースで4番の倉橋が主軸でした。


【総合評価】

『日生ファミリースペシャル』での三部作で放送されました。「タッチ」よりは短編で観易かったです。 「良い」

2007/12/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2036(50%) 普通:791(19%) 悪い:1253(31%)] / プロバイダ: 10536 ホスト:10828 ブラウザ: 6342
【良い点】

原作に忠実なキャラクターと、原作には無い描写。
主人公の新見克也の父親の容姿が原作では細身で厳格そうな感じだけど、こちらのアニメ版は大らかで豪放などっしりとした父親という部分を出している。

どちらの父親もなかなか台詞にズシリと来るものがあり、また、『3』の唐沢をからかいながらも、心の底では彼に好意を抱いていた絵描きの高木のキャラクターも非常に印象深いものとなり、切ない一夏と青春の散った恋という部分も青春のほろ苦さをだしていた。

古谷徹、富山敬、塩沢兼人といった主役3人面々のキャスティングも非常に好印象だし、充分にマッチしていた。
杉井ギサブローは後の『タッチ』のシリーズの方が有名だったけれど、本作の方がタッチよりも良い感じでまとまっていたし、本作の成功がなければタッチの劇場版も造られなかったといえるであろう。

声優さん達も非常に好印象だし、唐沢のお調子者でひょうきんなところもある面と、倉橋の冷静沈着な部分も思い出深いのだけど、古谷氏以外の主役が故人になってしまった今となっては、とても寂しい事になったとも思う。

また、『タッチ』よりは、純粋に野球というスポーツと、ライバル対決をきちんと描いていた部分もあったし、そういう部分も好印象だった。

【悪い点】

やはり、他のあだち作品に比べ、地味だという印象は否めないし、スペシャルという形以外には制作できなかったのは、ネックだったといえそう。

地味であるのは本作が短編に近い形だという部分がとても強い為であろうし、他のあだち作品は知っていても、本作のことを知らない人も多いように思える。

百合も原作や、雪美ほど魅力がない感じがしないこともないし、そういった部分に手を加えて欲しかった。

また、3の唐沢の見る悪夢(?)のシーンで、ビキニ姿の高木を監督に変えてしまうというのはゲンナリする以前に、ギャグにしてはあまりにもタチが悪すぎと、制作者達に猛反省を促したい。

【総合評価】

あだちアニメ作品の中では一番の良作かもしれない。

限られた時間枠での制作とはいえ、そこそこにまとまっているし、見所も多くあるので、そういった意味では本作は下手に長編TV枠だったほかのあだちアニメ作品よりも好印象。

しかし、本作は地味故なのか、他のあだち作品よりも注目度が低いが、実写化されて株を落とした他のあだち作品のような道を辿らないという保証も無いので、そういった事にならないように思う。
[共感]
2009/01/15 そう言えば富山さんも塩沢さんも故人でしたな(汗)。 私もあだち氏のナマ温いラブコメ作品の中で野球としての面白さは一番出てたと思います。 by ジャンボーグQ

2007/03/18 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:81(90%) 普通:3(3%) 悪い:6(7%)] / プロバイダ: 45290 ホスト:45292 ブラウザ: 3874
2回にわたって、スペシャルか何かで放映された作品だったと思います。
当時の記憶ではマンガである原作に忠実に作られていたので、原作好きな人にはよいのではないかと。

確か2回目の主題歌が「真夏のランナー」という曲だったと思うのですが、この曲大好きです。
「・・・・人は誰も真夏のランナー 青春の重すぎる 荷物かかえたまま・・・・」

ただ、このアニメ、視聴機会があるのだろうか・・・・。
ぜひもう1度みてみたいけど。

この評価板に投稿する




1. リリスパの内通者予想。 by S・N
... 内部に敵組織モウリョウに繋がる内通者の存在が仄めかされているけど、 ユキ師匠の過去が語られた9話を視聴してユキは完全に内通者から外れた感じですね。 モモ ・・2話からツキカゲになったのでタイミング的に合うけど、新入りの主人公が視聴者を 騙して内通者なんてあるのか?という気もするけど、 シンフォギア3期のエルフナインみたいに無自覚に ...
記事日時:2018/12/07
2. スターウォーズってこんな話だったのね by ハルバード
... も1、2、3も、ほぼ同等に愛を持っていますが、人の数だけ賛否があるようですね。 ここの「論客」にはプロ級の方(プロファン?)も多いかもしれません。 ローグワンも観ました。7、8も観ました! ハン・ソロ、を楽しみにしている昨今です。 尚、私のお気に入りのキャラクターは、ズバリ「ナイン・ナン」です ...
記事日時:2018/05/18
3. 巨乳役/貧乳役の多い声優さん by ウクレレ
... にはこんなもんかなぁ? ここから下は「貧乳役」の多い?方々。 悠木碧 : ウーンいいのかな〜ここで。ワルブレじゃ巨乳役だったし、もしかしたら井口さんより巨乳役をやってるかも知れない。 阿澄佳奈 : んーこのメンツだとどうしてもこの位置になっちゃうな。 佐倉綾音 : でもオカルティック・ナインのりょーたす ...
記事日時:2018/04/07
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:ナイン / 文学:小説 ナイン
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ