[アニメ]君の名は。: 2016/09/06 ノンキン


きみのなは / Your Name (Kimi no Na wa)
  • ロマンチックな気分
  • 感動
  • 面白い
  • 美しい
  • びっくり
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数348位6,397作品中総合点86 / 偏差値61.59
アニメ平均点931位2,844作品中平均点1.13=良い/76評価
2016年アニメ総合点1位258作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/09/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:221(58%) 普通:66(17%) 悪い:91(24%)] / プロバイダ: 20548 ホスト:20384 ブラウザ: 5819
2度鑑賞
ネタバレ少しあり

感想からいえばすごく心がざわつきました。

特に電車→最後のシーン→EDに至る流れがあまりにも美しく鳥肌が立ちました。
そこから導く余韻ががすごくEDで立つ気が起きませんでした。
こんなにもEDゾクッと来たのは久しく感じていなかったのでスタッフすべてにお礼を言いたいです。
間違いなく新海監督の過去作の集大成的最高傑作だと思います。

音楽と作画がマッチした時の破壊力は映画館でぜひ見てほしい作品だと思います。映画館で観て本当によかった。

本当に個人的な意見ですが、この作品のキャラクターからなるストーリー(突っ込みどころがないといえばウソですが)はこの映画の中で完成しているのでできれば2次創作などは見たくないかな
という思いがあります。
(深夜アニメは逆に二次創作しやすいように結構穴を作ってる感があるので、そういった穴を作らず完成させ切った作品だと感じたので。)

【良い点】
・作画
これは新海監督の作品の売りなので文句のつけようはなかったです。
ややジブリぽい感じを受けたなと思ったら作監が元ジブリの方だったんですね。

・こだわり?
三葉が女性的な隙(サービスシーン)があるのはすべて瀧君が中に入れ替わったシーンだけだった気がします。
胸もむ・パジャマ脱ぐ・学校・山を自転車走って登るとき くらいかな?

・音楽
非常に合ってました。RADWIMPSが合うかな??と思ってたところが個人的にあったのですが、
びっくりするくらいに合っていて各シーンを音楽聞くだけで思い出すことが出来るくらいに合ってました。

・ストーリー
良かったです。新海監督の作品はお話はあってないようなもん(失礼)だと思って見に行ったので、こんな 話も書けるんだと思いました。
ところどころ突っ込みどころあるかもしれません。入れ替わったのに真面目にバイト行ったりとかなどなど

・その他
テンポの良さに驚きました。ややテンポがゆったり目の映像で見せる監督と思っていたので。
場面の切り替わりが序盤は多いので、瀧←→三葉が入れ替わってるシーンの魅せ方を声優の演技、男女の仕草で読み取らせるのはすごいなぁと感じました。

【悪い点】

尺の事情でやや説明不足なところはあり。

・これは悪い点ではないですが、三葉が親父さんを説得するシーンがなかったので、個人的に推測です
朝、三葉(瀧)がお婆ちゃんに彗星が割れて落ちてくる逃げなきゃと言う → 信じられない
学校帰りに四葉の友達に逃げろ、彗星が落ちてくるみんな逃げろと言う → 信じられない
親父さんを説得しに行くこの時にも彗星が割れて落ちてくると言う → 信じられない
三葉2度目の親父さんの説得、町長室にお婆ちゃんと四葉がいる。親父さんもなんか思うところがある顔 → 信じてる?

推測
→ 本当に彗星が割れたので信じる気になったんかな?と推測。
親父さんの「お前まで」のセリフと、親父さんと絶縁状態のお婆ちゃんが町長室にいるのが根拠のもととなってます。
お婆ちゃんはまず朝の話は真実と感じて町長室に言いに行ったとおもうので。
朝から瀧が必死に動いたことが結実したんだなぁと。

【総合評価】

映画館で観たせいもあるかもしれませんが音楽・映像・演技は最近の映画の中じゃダントツの面白さでした。(シンゴジも2回観るくらい良かったですが)
もっかい位観ときたいなぁと思うくらいハマっちゃいました…
正直、新海監督の脚本あんまり期待してなかったんですがこれは本当に素晴らしい作品でした。

あのEDが良すぎて他の事ぶっ飛んでしまったので評価は最高でいきたいと思います。あのEDだけでおかわり3杯はいける!
終わり良ければすべて良し的な感じになったので。

…これはちょっとの間、心に引きずるかもなぁ(笑)ほんといい映画でした



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ