[アニメ]よんでますよ、アザゼルさん。: 2011/07/03 みゆきちいいいいい


Yondemasuyo,Azazel san.
  • 楽しい
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数427位6,401作品中総合点70 / 偏差値59.01
アニメ平均点711位2,844作品中平均点1.30=良い/54評価
2011年アニメ総合点12位229作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2011/07/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:48(52%) 普通:24(26%) 悪い:21(23%)] / プロバイダ: 24298 ホスト:24118 ブラウザ: 5040
【良い点】
・内容
・アザゼルさんcv.小野坂昌也

【悪い点】
・カレーを食べながら視聴できない

【総合評価】
自分の中のギャグアニメの新たな境地を開いてくれた作品、すごい。

というのも、ギャグの内容が大体においてう○こ、グロ、下ネタetc…と笑いの中ではタブーというか、
これで笑わせるのはあまりに低レベルだろうということで、やる側も大概忌避するし、やったとしても視聴者の中で好き嫌いが大きくわかれるタイプのもの。
もちろん、これらの要素を全く使わない作品もないが、ここまでストレートに勝負してこれほど愛される作品も珍しい。

主役の小野坂さんもそうだが、作品への愛が伝わってくる。
配役は若手もベテランも売れっ子声優で入り乱れているが、その豪華さがいわゆる「声優の無駄遣い」になっていない
それぞれが思う存分、声の持ち味をめいっぱい引き出して演じているため、その豪華な声がかえってギャグのシュールさを高めている。
彼らの声でさえもギャグの一要素として化しているのだ。
特に、主役のアザゼルさんに関しては、これ以上ないほどの適役だろう。

15分もない放送時間というのも、物足りないではあるがプラスに働いた面もある。
短い時間で起承転落つけないといけないので、どうしてもテンポが求められる。だからか、作品に無駄があまりないように感じた。
腹八分目ならぬ腹五分目ぐらいの容量だからか、本当に1話が過ぎるのが早い。
もちろん、実際に時間は短いのだから、過ぎるのが早く感じるのは当たり前なことなんだけれども
毎回、毎回、終わるたびに次週がとても待ち遠しくなる、憎らしい分量だったと思う。

これは、是非2期を期待したい。今度は、2本編成で30分めいっぱい使ってくれたら嬉しい。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ