[アニメ]四畳半神話大系


よじょうはんしんわたいけい / The Tatami Galaxy (Yojouhan Shinwa Taikei)
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
  • 考えさせられた
  • 楽しい
  • 友情
  • 感動
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 文学:四畳半神話大系
アニメ総合点=平均点x評価数238位6,138作品中総合点118 / 偏差値66.42
アニメ平均点404位2,801作品中平均点1.57=とても良い/75評価
2010年アニメ総合点3位187作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
ストーリー2.13(とても良い)38
キャラ・設定2.11(とても良い)38
声優・俳優2.08(とても良い)38
映像1.76(とても良い)38
音楽1.74(とても良い)38
面白い76%29人/38人中
可笑しく笑える71%27人/38人中
考えさせられた63%24人/38人中
楽しい58%22人/38人中
友情50%19人/38人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

京都大学3回生の男子学生が、1回生の時に選んだサークルが自らの大学生活をいかに変えていったか、その可能性を話数ごとに短編で描く。
※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
スタッフ
原作:森見登美彦
監督・脚本:湯浅政明 シリーズ構成・脚本:上田誠(ヨーロッパ企画)
キャラクター原案:中村佑介 キャラクターデザイン・総作画監督:伊東伸高

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2010/04/23(金) 00:45-01:15 フジテレビ(ノイタミナ枠) TV / 終了日:2010/07/02
[開始日詳細]
放送地域放送局放送期間放送日時
関東広域圏フジテレビ2010年4月22日 - 7月1日木曜 24時45分 - 25時15分 (制作局、「ノイタミナ」枠)
近畿広域圏関西テレビ2010年4月27日 -7月6日火曜 25時29分 - 25時59分 (「アニメわ〜く!」枠)
佐賀県サガテレビ2010年4月29日 - 7月8日木曜 24時45分 - 25時15分
中京広域圏東海テレビ2010年4月29日 - 7月8日木曜 26時15分 - 26時45分
山形県さくらんぼテレビ2010年5月15日 - 7月31日土曜 25時05分 - 25時35分
日本全域BSフジ2010年5月8日 - 8月7日土曜 25時00分 - 25時30分 (「ノイタミナ」枠)
北海道北海道文化放送2010年7月18日 - 10月3日日曜 25時30分 - 26時00分
日本全域フジテレビTWO2011年3月4日 -金曜 18時00分 - 19時00分

※ この日付情報部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
公式サイト
1. 四畳半神話大系
オープニング動画 (1個)
迷子犬と雨のビート迷子犬と雨のビート
歌:ASIAN KUNG-FU GENERATION 詞:後藤正文 作曲:後藤正文 編曲:ASIAN KUNG-FU GENERATION [ファン登録]
[もっと見る]
54,9048175
最近の閲覧数
4373123278
1人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/06/03 / 最終変更者:須王 / その他更新者: みゆきちいいいいい / S・N / まっく / 管理人さん / Barnirun / 提案者:kunku (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/06/15 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2171(58%) 普通:752(20%) 悪い:842(22%)] / プロバイダ: 36409 ホスト:36216 ブラウザ: 9135
森見登美彦の小説を原作としたアニメーション作品。近年、ようやく『夜は短し恋せよ乙女』もアニメ映画化され、それを記念してTOKYO MXでも特別編集版が再放送されてましたね。
まあ、セリフの量が膨大な今作をアニメでいかに魅せるかという点において非常に工夫されているように感じましたし、一見芸術っぽいというか高尚そうというか「ライトなアニメ」と対局にありそうでありつつも、とてもストレスなくみられるコメディでもあるのが特徴的な作品でした。

大学生の怠惰で自由な生活を描いた青春譚という形式を取っており、簡単に言うとかなりオタク寄りな人間のDQN行為録でもあったりします。いわば大学って、何の責任もしがらみもなく、登場人物が一番変人だらけになる時期なんで、こんな光景がどこかにあってもおかしくないのかなと思わされてしまいましたね。
実際、精神的に一番楽で自由になれた時期って、大学生時代だったかなと思います。周囲がどれだけ煽ってきても聞かなきゃ勝ちでいられましたもんね。
そんなこんなで、何といっても今作は登場人物の奇行と、それに振り回される主人公のこれまた奇行が見ていて心地よいので、主人公にしろ小津にしろ卑屈でどうしようもない行動をしようと全部楽しく笑えてしまうんですよね。
話ごとに所属が変わる各サークルもまともな団体が皆無で、最悪の場合カルト宗教みたいな方向性に転がって主人公の大学生活を追い込むんですが、その失敗も含めて「何もない世界」の退屈さを否定する材料に変えていくのもまた独特でしたわ。視聴者自体が、主人公の生きている波乱の大学生活を笑っているうちに、主人公がサークルに所属しない世界を見たときにどこか寂しさを感じますし、今作で最後に「小津という最低な友人は自分の傍にいなきゃならない」と答えが出るところでも納得しちゃいますもん。

で、アニメ演出ではいくつか実写を取り込みながらも、一貫して「原作の挿絵を再現」していましたけど、これもなかなか雰囲気作りが見事でしたよね。いわゆるアニメ用の新規デザイン絵ではなく、原作の挿絵がそのまま動いてるんで、わりと盲点なやり方だったように思います。
しかも地の文を含めて全部原作のように喋らせるという、シナリオのほとんどが「独白」で構成されているような手法も珍しく、当時としてはかなり斬新だったかと(この作品の前だと、西尾維新原作の『化物語』もあんな感じでしたが)。
それにしても、あれを全部喋る声優もすごかったですが、カルト宗教の教祖役とかも独特の空気感を持っていて、なかなか絶妙な演技だなと思いましたねぇ…。すげえ言いそうな感じのセリフ言って、すげえ言いそうな調子で話してましたもん。

評価は「とても良い」です。
『夜は短し恋せよ乙女』は時間がなくて見逃したんですが、映画だったのがネックでしたね…。
入社でタイミング逃してコナン以外の映画見られなかったのは残念でしたわ。
あれこそテレビで見たかったなぁ…。

2015/06/17 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:914(59%) 普通:345(22%) 悪い:282(18%)] / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 5171
もしあの時あっちの道を選んでおけば〜みたいなことから始まるループものアニメ。

独特な語りが印象的な主人公が小津をはじめとした癖の強い周りのキャラたちとどたばたして
次の世界〜また次の世界〜といった具合に話数が進んでいき
後半に行くに連れ各話のエピソードがどんどん繋がっていく作品です。

1話で引きつけられ何話か毎週楽しみに見て
途中で若干あきて、最終回のまとめ方で おー!ってなる 簡単に見た時の感じを言うとこうなります。

最終話のまとめ方はよかったですね。話が全て繋がる所もそうですが
見方によってどんな世界もいい世界にもなりうるし悪い世界にもなりうるみたいな感じがっ!
最後の主人公と小津の立場が逆転してるのも面白いですw。

うーん やっぱり今見直してもノイタミナの名作のひとつだと思いますねー。

途中でやめてしまうと主人公がただ不幸に合うだけのアニメに見えてしまったり
周りは嫌なキャラだらけみたいな感想で終わってしまうと思うので見るなら最後まで見ることをおすすめしますよ。
この忠告が僕なりの愛ですよwなーんてねw。

評価は「とても良い」でっ!

2015/06/03 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 44839 ホスト:44665 ブラウザ: 10071
どうでもいいですけど、このページ上部のAmazonリンクに全く関係ない気色悪い萌えアニメのBlu-rayを貼るのやめてもらえませんか?風評被害です。

[推薦数:1] 2014/11/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:126(77%) 普通:20(12%) 悪い:18(11%)] / プロバイダ: 7187 ホスト:7122 ブラウザ: 4721
【良い点】
描写・演出・画の全てにおいて斬新です。
ただ、良いか悪いかの判断は難しいところですが、今までにない作品という事で、
良い点としました。
また、最終回はとても綺麗な終わり方をしていて、爽快感さえ感じる大学生の人間ドラマ。

【悪い点】
全て視聴したうえでいえば、中盤は少し飽きがきてしまうところ。

【総合評価】
一言、斬新な作品としか言えません。
共感できる人、できない人が真っ二つに分かれるのは目に見えています。
恐らく、最高!と最悪の両極端の評価に分かれるでしょう。

アニメですからキャラクターやストーリー、描写、演出は重要ですが、評価は内容に共感できるかどうかで好みが分かれる作品と認識しています。

一人暮らしの大学生が楽しい大学生活を送る為に部活(サークル)に入り、2年後に後悔する。
もし1年生の時に別の部活に入っていたら?という話を繰り返し、2年後に毎回後悔していく。
各パターンには共通する人物・演出・イベントがあり、最後に全てが繋がり収束する。
気づきづらい事なのか、好機はいつでも目の前にぶら下がっているという事。

多分、学生時代に同じような経験をしている人から見れば共感が持てる作品でしょう。
"If〜もしも"という、毎回のストーリーに、"自分も・・・"と思った人は多いのではないでしょうか?
私自身も同様に、あの時にこうしていれば、あーしていればと懐かしい思いに耽りながら見ていました。

また最終回は、とても綺麗に収まっていて良い気分で視聴を終えることができました。
人生どこが岐路になるかわからないものですね。

最後に何度も言いますが、評価は好き嫌いが真っ二つになる作品ですね。

2014/10/13 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:32(68%) 普通:10(21%) 悪い:5(11%)] / プロバイダ: 15096 ホスト:15212 ブラウザ: 7908
【良い点】
個人的には一つもなし。主人公が京大生という設定にも苛立ちを覚えてしまった。
変な京大生ぞうを作らないでほしい。無難に架空の大学にしとけよ…
京大に変な偏見を持っているタイプの人間が作者かと思ったら、作者も京大卒だった。マジかよ……
どういう大学生活をすればこんな作品を書こうと思うのか理解に苦しむ。
強いてあげれば共感した点は「テニサーはうざい」だけかな。

【悪い点】
決定的にあわなかった。気持ち悪さを感じた。
主人公の性格もしゃべり方も不快だったし、作画も夢に出てくるレベルで吐き気がした。
もうどうしようもない。自分でもなんでこの作品がこんなに嫌いなのかわからない。
ヒロインが肉を食べるときの演出がまたどうしようもなく全身の毛が逆立つようだった。
思い出したくもない……評価されているからという理由で嫌な予感がしたアニメを見るべきではなかった。
なんでねづはあんな化け物みたいな容姿なの?手が震えてきた足もだ。
ストーリーも絶望しか感じない。悪い絶望だ。何が言いたいのかわからん。
ましてや面白みなど米粒一粒のサイズさえ感じないね。

【総合評価】
もう合う人には合うのかもね、としか思えない。
いや、実際に評価されているし面白いと思う人には良作なのだろう、しかし合わなかった。油と水の合わなさを凌駕。
私見を言えば、最低最悪のおぞましい作品。思い出したくもないのに映像が脳裏に焼き付いて台詞をまわしやがる。

2014/07/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:8(57%) 普通:0(0%) 悪い:6(43%)] / プロバイダ: 44658 ホスト:44669 ブラウザ: 10335
アニメ全話視聴済み

すっきりした終わり方で
見終わった後、大学生活もっとこうしたかったとか
いろいろノスタルジーな気分になった作品でした
完成度はかなり高いとおもいます。

【良い点】
・独特なタッチの雰囲気が好きでした。
最近は萌え思考の雰囲気のアニメが多い中で
違った雰囲気があって良かったです。
・音楽が凄い合ってます。
アニメの中のbgmも良いですし、
op、edはアジカンとやくしまるえつこは両方好きでしたので
個人的趣味で良かったです
・ストーリーがすっきりしていてわかりやすいですし、
何より伏線が気持ち良く回収されて良かったです。
11話という事もあり良く練られているとおもいました。
【悪い点】
・大学をどうやって過ごしたらどう転がるかっていう
繰り返しなのでマンネリ化はありました。

【総合評価】
何より最終話が凄く良かったです。
正直、途中退屈になったりマンネリ化してしまった部分はあったんですが
最終話で全て吹き飛んだって感じです。

3、4話で挫折した人は時間があれば頑張って最後まで視聴して見ることをお勧めします。

2014/06/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:76(80%) 普通:13(14%) 悪い:6(6%)] / プロバイダ: 1082 ホスト:1101 ブラウザ: 5133
作画やキャラの語りが人を選ぶのは確実だけれども、視聴後は爽やかな気分になれるのでとても好きです。

「あのときあっちを選択してればもっと良い人生だったかも」という、考えたってしょうがないのに一度は妄想したことがあるであろう理想の自分、理想の人生。そういうつい陥りがちな後ろ向きな思考に、説教臭さを感じさせずに喝を入れてくれる作品だった。

内容は、四畳半の下宿で暮らす京大生の主人公『私』の大学生活が、入学時のサークルの選択によってどう変わったかを見ていくループもの。
1〜9話までは1話1エピソードで、バラ色のキャンパスライフを求める主人公が失敗する度に何度もループを繰り返すという展開だが、一向にバラ色の生活はやってこない。そしてラスト2話ではそれまでの展開で浮き彫りになった問題点に対する『私』の葛藤と脱却が描かれる。

投げかけてくるメッセージ自体は月並み。しかし「どこか他人とは思えない『私』のキャラクターの良さ」と「後ろ向きな思考から脱却する描写、過程の良さ」、この2点のおかげで説教臭さを感じずに素直に感動できた。

○『私』のキャラクターについて

『私』というキャラクターは、人より自己愛が強い性格で完璧主義者、高望みしがちで虚栄心も強い、それでいてヘタレという何とも残念なキャラクター。
そのクセのある性格故に、高すぎる理想と現実のギャップを受け入れられず苦悩する。他人からの評価や失敗すること、恥をかくことへの恐れなどに絡め取られ身動きがとれなくなっていく様子は、非常に滑稽ながらもどこか笑い飛ばせない切なさがある。

○後ろ向きな思考から脱却する描写、過程について

閉鎖的な『私』の内面を四畳半という狭い空間に例えたというアイディアももちろん秀逸だと感じるが、一番の良さは、ないものねだりをしていた阿呆な自分を他人からの言葉によってではなく、自らの体験を通して認めた点。
ぶっちゃけ作品のテーマを伝えるだけならば、9話のラストの樋口師匠の言葉を受けて『私』がそれを聞き入れるという流れにすれば事足りる。
しかし樋口師匠の言葉をいったん否定し、四畳半世界の放浪を経てそれを認めるというワンクッション置いた展開のラスト2話。
あれだけ頑なだった『私』が今までの自分の人生を自分自身で客観視することで、今の自分が持っている幸福を《自ら》認識し認めたという過程が一番カタルシスを生んだ部分だったかなと思う。言っても分からない馬鹿には自ら体験させるしかないのであるw

内包するテーマばかりに触れた文章になってしまったが、けだるい大学生の日常を表したようなアジカンのOP、小津をはじめとした魅力的なサブキャラたち、『私』の軽快な語り口とそれを支えた声優の演技、湯浅ワールドな映像どこも切り取っても語りつくせぬ魅力に溢れている。

自分はリアルタイムで本作を視聴していたが、当時惰性な生活を送る大学生だったのでものすごく共感した。評価は「最高」で。

2014/05/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:26(67%) 普通:1(3%) 悪い:12(31%)] / プロバイダ: 24146 ホスト:24175 ブラウザ: 7912
【良い点】
笑えたし先が読めない展開。
主人公含めキャラが良い。
ナレーションの言い回し。

【悪い点】
繰り返しが過ぎるかな。

【総合評価】
リアルタイムでなんとなく見始めたアニメでそんなに期待してなかったけど(実際初めの方は退屈だった)、最後まで観て良かったと思った。

2014/03/14 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 13914 ホスト:13738 ブラウザ: 5931
【良い点】
主人公と自分に共通点がたくさんあって楽しめた。
最終回の小津連呼、俺なりの愛だ、など好きなシーンもたくさんできました。
あと明石さんかわいい
【悪い点】
原作では一番面白かった4話の弟子入りの話が微妙だった

【総合評価】

2014/02/16 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:51(85%) 普通:2(3%) 悪い:7(12%)] / プロバイダ: 42795 ホスト:42854 ブラウザ: 5931
リアルタイムでの視聴とフィルムコミックを拝読。

アニメ好きの方々からはかなり高評価されているということで、
確かに高度な映像の動きや登場人物の心理描写などは見ていて
面白いところもありましたし、ストーリーも伏線を完全に回収
してお話としても完結を迎えているので、良い作品であることには
違いないと思うのですが、個人的な評価はあまり高くないですね。

自分に合わなかった原因としては主人公の早口説明口調が
受け入れられないといいますか、原作が小説というだけあって
アニメを見ているはずなのに小説を読んでいる気分になってしまい
疲れてしまったことや、大学時代に怠惰な生活を送っていた
自分としては、非常に痛いトラウマを思い出す話も数回存在したこと
がマイナスの原因ですね。

ですので、主人公が最終話で救われる展開は本っっっっっ当に良かった
と思いましたし、溜まっていたストレスが一気に解放されるかのような
気分を味わえましたね。

本作品は私が見た感じでは一般向けの作品ですので誰でも楽しめるとは思いますが
大学時代にトラウマを経験した人はあえて見ないのもいいかもしれません。

以上から評価は「普通」で。
しかし、このアニメ、実写でやろうと思えばやれたのでは?

2013/10/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:48(61%) 普通:17(22%) 悪い:14(18%)] / プロバイダ: 7160 ホスト:7056 ブラウザ: 5140
あまり平行世界やループ物といった世界観は好きではないが、主人公の軽快な語り口調やサブキャラの濃さに助けられた。

結局平行世界に閉じ込められて、自分がいた退屈な世界の有り難みに気付くというこれまたありがちな終わり方だが、この内容で世界やら真実やら云々言い出すよりはこれでいいのかもしれない。

しかしこの手の作品には常に思うが、これだけの個性的な人物達が周りにいる時点でかなり恵まれているのでは…?

2013/07/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 21970 ホスト:21980 ブラウザ: 1965(携帯)
【良い点】
・扉の先も壁の向こうも四畳半の部屋という世界観

・不気味さ、シュールさに拍車をかけるbgm

【悪い点】
・単調とも思える繰り返し
それがこの作品のうりとはいえ、慣れることができず、観るのをやめる人がいても仕方ないかも

【総合評価】
新手の怪談話や都市伝説を延々と見せられる気分になる、なんとも不可思議な作品。

手が込んでて興味深いですが、見続けるのは疲れるかも。

2013/06/20 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(78%) 普通:0(0%) 悪い:2(22%)] / プロバイダ: 4746 ホスト:4815 ブラウザ: 11843
【良い点】
独特の雰囲気があります自分はこれにひかれました
主人公の流暢なナレーション
主人公の言い回しがいい感じ
最終回への伏線
明石さんかわいい

【悪い点】
中盤の女性とのからみが少し飽きた 構成上どうしても同じような話が必要になってしまうので、それが少々退屈

【総合評価】
基本的にこのような独特なアニメは敬遠していたのですが、ものすごくはまりました。小津や、師匠のからみも好き
ラストはかなりグサッと来ました とても上手く構成されており久しぶりに見た良アニメでした

2013/06/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:292(51%) 普通:86(15%) 悪い:199(34%)] / プロバイダ: 2585 ホスト:2616 ブラウザ: 4180
【総合評価】
結論から言うとこのアニメは癖が強い 強い故に一話で投げ出す人も多いが、主人公の独白を楽しめればあとは最後のオチで「おおっ」と声をあげることは間違いない

原作はアニメが終わってから読んだが、アニメはアニメなりに原作に一味付け加えている
原作より良いというよりも話の順番と流れにやや修正を加えた事と追加された会話シーンが面白さを深めたと言っても過言では無いだろう

話は酷く雑多で一話一話で設定が変わる。奇しくも登場人物は同じである
だがそれこそが本作の肝であり、見どころである 主人公がもしこの道を進んでいたら…?というのがこの話の見せたいところであると言えよう個人的には映画サークルの話とテニスサークルの話がかなり楽しめました。

癖の強い森見登美彦作品を見事にアニメとして出せていた
森見作品のアニメ化を全部この作品のスタッフにやってもらいたいぐらいだ。
これからもこういった小説の雰囲気までもを再現しているアニメが増えて欲しいものだ

2013/05/31 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(71%) 普通:1(7%) 悪い:3(21%)] / プロバイダ: 22435 ホスト:22205 ブラウザ: 9373
評価は概ね良いようで拝見いたしましたが、独特の気持ち悪さが終始目につき、個人的には好きになれませんでした。
人間の暗部(妄想)を具現したような、現代的とも言えるニュアンスを古典的表現として誂えた、タチの悪い諧謔を見ているようです。
ハルヒのエンドレスエイトのようなものとは当然違いますが、ループ物には些か拒否反応を覚えるのと、明石さん以外のキャラに魅力を感じることができなかったのが要因と思われます。
EDや独特の雰囲気・色遣いは非常に良く、四畳半から抜け出せなくなる話は面白かったです。
異色な物語が好きな方であれど、その中でもまた人を選ぶ作品と思われます。

もっと読む

「小説は未読です。【良い点】・独特な作画。・まくし立てるような「私」のナレーション。・明石さんがかわい...」 by さよなライオン


次のページを読む

この評価板に投稿する


2011/10/18 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 41218 ホスト:41204 ブラウザ: 8931
11/5に『四畳半神話大系』11話一挙上映とトークセッションを京都文化博物館で開催します。
アニメ『四畳半神話大系』11話を一挙上映すると同時に、原作者の森見登美彦とシリーズ校正・脚本の上田誠の対談イベントを開催。事前申込み必要(20日必着)。ゲストへの質問も同時に受け付けています。

もっと読む

「小津が好きです。そして小津に振り回される「私」も見ていて面白かった。...」 by 三上


次のページを読む
2018/07/28 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 4727 ホスト:5005 ブラウザ: 10173 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/楽しい/面白い/考えさせられた 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 円盤購入リスト by Docty Junsai
... !!(1期) 鋼の錬金術師 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 攻殻機動隊 Stand Alone Complex 攻殻機動隊 Stand Alone Complex - Solid State Society 攻殻機動隊 Stand Alone Complex 2nd GIG 八犬伝ー東方八犬異聞ー 千と千尋の神隠し 薄桜鬼 薄桜鬼 碧血録 四畳半神話大系 監獄学園 ...
記事日時:2018/10/31
2. NHK「ベスト・アニメ100」の結果について思う事。 by S・N
... モノノ怪」 92位「キルラキル KILL la KILL」 93位「犬夜叉」 94位「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」 95位「電脳コイル」 96位「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」 97位「AKIRA」 98位「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」 99位「ガンとゴン」 100位「四畳半神話大系」 こうしてみる ...
記事日時:2017/05/04
3. ゆるく秋アニメ感想(いろいろ追記しました) by 斐川 竜斗
... きましたね。 いろいろ事情があるんだろうし、苦労があるんだな… 過去にもいろいろトラブったアニメありますから。 とにかく夢に向かって進んで欲しいアニメです。 ただ、車アニメならイニDとかに敵う訳ないし、寒かったからカーチェイスはいらなかったかな? ・ 牙狼〈GARO〉-炎の刻印- 始め作画見た時、四畳半神話大系みたいだと思っ ...
記事日時:2014/11/11
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 文学:四畳半神話大系
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ