[アニメ]耳をすませば


みみをすませば / Whisper of the Heart
  • ロマンチックな気分
  • 面白い
  • 感動
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:耳をすませば
アニメ総合点=平均点x評価数27位6,138作品中総合点382 / 偏差値109.02
アニメ平均点250位2,802作品中平均点1.75=とても良い/218評価
1995年アニメ総合点3位102作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.97(とても良い)33
音楽1.85(とても良い)33
ストーリー1.55(とても良い)33
キャラ・設定1.45(良い)33
声優・俳優1.15(良い)33
ロマンチックな気分70%23人/33人中
面白い52%17人/33人中
感動42%14人/33人中
考えさせられた39%13人/33人中
楽しい27%9人/33人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

月島雫は読書が大好きな中学3年生。受験などそっちのけで毎日図書館に通っていた。
ある日雫は本の貸し出しカードに「天沢聖司」という名前を見つける。
「天沢聖司」・・・・・雫が今まで読んだ本の貸し出しカードには必ず彼の名前があった。
「天沢聖司」とは何者なのか?ふとしたことがきっかけで接点を持つことになった雫と聖司を軸にしながら展開される中学生の葛藤や夢、恋を描く物語。
1995年 制作:スタジオジブリ
原作:柊あおい(集英社刊) 監督:近藤希太郎(近藤喜文)
脚本/絵コンテ/制作プロデューサー:宮崎駿
音楽:野見裕二
日本 公開開始日:1995/07/15(土) 映画
エンディング動画 (1個)
カントリーロード
歌:本名陽子 詞:鈴木麻実子 作曲:Bill Danoff Taffy Nivert and John Denver 編曲:野見裕二 [補記] [ファン登録]
[もっと見る]
123,943259218
最近の閲覧数
33333563721
1人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/07/06 / 最終変更者:みゆきちいいいいい / その他更新者: 管理人さん / 孔明 / カジマさん / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/02/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:338(56%) 普通:82(14%) 悪い:184(30%)] / プロバイダ: 11844 ホスト:11662 ブラウザ: 8289
中学3年生というちょっと珍しい設定の様々な悩みと出来事のお話です。
普通は2年生という学校生活を謳歌することができる年が設定されるのですが、この作品は進学という一つ多い問題がお話に盛り込まれています。
話の展開は恋愛感情の表現が少なく、どちらかというと学校生活と日常と進路の話がメインに描かれています。
後半から終盤にかけて、どういう終わり方をさせるのか興味があったのですが、私の一番好きな終わらせ方をしています。
ただ、それまでのストーリーがエンディングをあまり想像させていないため、唐突に終わってしまうという感が否めません。
いろんな悩みを2時間という枠に詰め込み過ぎた感があります。
終盤で、もっと二人の感情をダイレクトに表現させれば、もっと盛り上がっていたと思います。

評価は「良い」とします。

2018/12/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1464(52%) 普通:714(25%) 悪い:636(23%)] / プロバイダ: 8700 ホスト:8577 ブラウザ: 8625
中学3年。多くの人にとって人生で最初に進路に悩むのは、この時期になるのでしょう。
主人公の雫も人並みに将来への期待や不安をもっていますが、同じ年でありながら自分の道を
決め努力している同級生と出会うことで、恋が芽生え、そして自分の将来を真剣に意識する
ようになります

精一杯に悩んで、恋をして、そんな少女の物語なのだけど、中学三年ってまだまだ夢見る
夢子さんでいられるギリギリの年齢だとおもいますが、その時期にしか感じられない不安定で
でも純粋な感情を描いた青春劇になっていました

出会いから最後のシーンまで、もう汚れてしまっている私には観ていて小っ恥ずかしく
なってしまう場面も多々あったのですが、ジブリのクオリティーを最大限に活かした演出の
数々によって、とても良い映画になっていました

評価はとても良いよりの【良い】とさせていただきます

2018/11/18 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3025(33%) 普通:3151(34%) 悪い:2980(33%)] / プロバイダ: 12037 ホスト:11716 ブラウザ: 8318
原作は本劇場版公開直後に続編も発表されたらしいですが・・・・・・・・・
終盤成績を大きく落として、他の家族と喧嘩になった事もあったけど、まあ雫は良くも悪くも純粋な女の子でしたね。
それでも、特にお父さんはやりたい事やれば良いと理解していた様で、青春はかくあるべきだなお話だったのだろうけど、
作中でも和訳した歌詞が見られたカントリーロードは題材に良く合った歌でした。でも、後に猫の恩返しにも
登場したバロンとか不思議なキャラも登場したけど、ジブリにしては地味でしたね。と言っても、終盤は聖司、
ヴァイオリン職人目指してイタリアに修行に行ったはずが雫にプロポーズもしましたけど、まあそういう愛も
モチベーションとかになれば良いんじゃないですか。雫役の人も、現在もプリキュアシリーズとかに出演している
らしく、まあキャリア浅かったからしょうがなかったけど、演技微妙だったし、評価は「普通」で。

2018/04/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:87(61%) 普通:37(26%) 悪い:18(13%)] / プロバイダ: 7073 ホスト:7057 ブラウザ: 4721
【良い点】きわめて個性的な登場人物。喜怒哀楽丸出し、負けず嫌いだがお人好しのヒロイン月島雫、中学三年なのに「バイオリン作り」という夢を実現させようとする天沢聖司、娘を信じて過度に干渉しない(決して甘やかしているのではない)雫の父親、「子離れ宣言」している雫の母親。唯一、優等生らしく何かと雫にうるさい姉の汐が一番いそうです。

【悪い点】強いて言うなら、みていて「気恥ずかしくなる」場面もある。

【総合評価】この作品のレビューを書いた経緯は以下のとおり。
中山美穂主演のLOVE LETTERという映画のDVDを見直していてふと思いました。同姓同名の男女の図書委員がいて、男の子の方がやたら誰も読みそうにない本を借りていく。当然、自分のなまえを図書カードに書くのだが、最後のカードの裏には女の子の似顔絵が描かれていて、実はLOVE LETTERだったことが何年もたってからわかるというもの。
もっと前に同じようなアイデアのものをみたはずだが、このアニメだということに、やっと気づきました。

さて、このアニメのヒロイン月島雫、愛すべきドジっこ。同じスタジオ・ジブリでは「魔女の宅急便」のヒロインそっくり。男の子の天沢聖司、本当にいるのかなあ。ちょっと、かっこよすぎる。でも、雫と聖司を軸にしながら展開される中学生の葛藤や夢、そうしてぎこちない恋は、みていて微笑ましい。

私自身、中学三年で聖司みたいな確固たる夢は持っていませんでした。ただ、聖司に置いてきぼりにされそうになり、受験勉強そっちのけで「物語を書くことに没頭する」雫の気持ちはよくわかりました。「一生懸命になれること」を持つことはすばらしいことです。同時に「ものを作り出すには創造力だけでなく、基礎知識(勉強)も当然必用」ということを、この作品はさりげなく教えてくれます。

最後に評価ですが、「とても良い」にします。

2017/05/19 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:40(59%) 普通:7(10%) 悪い:21(31%)] / プロバイダ: 21687 ホスト:21561 ブラウザ: 4693
【良い点】
主人公が学校生活で友人の恋愛に関わったり、読書を通して好きな人の出会いがあり、互いに夢を持ち目標に向かっていく姿。

【悪い点】
EDで結婚までのプロポーズは少し行きすぎだと思う。

【総合評価】
素朴でストーリーもしっかりしており、非常によく出来たアニメ。
概ね不満も無く青春ドラマを見たい人にはオススメです。

2016/10/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:492(78%) 普通:88(14%) 悪い:53(8%)] / プロバイダ: 4405 ホスト:4425 ブラウザ: 5171
【良い点】
これも、皆さんが言う程良さが、わかりにくかったです。

【悪い点】
悪くもないです。

【総合評価】

普通かな・・・

2015/10/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 21252 ホスト:21261 ブラウザ: 7457
【良い点】
雫と聖司の会話の内容
司郎さんが面倒見のいいじいちゃん
絵が現実的

【悪い点】
物語が地味、幸い大きな減点にはならなかったが

【総合評価】
おそらく90年以降のジブリ作品で好きだと心から思えるのはこれぐらいだろう、紅の豚も中々の良作らしいけど、
見る人によっては違う反応になるが終わらせ方も満点に近い物で非常に良かった、

2015/08/26 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1354(49%) 普通:0(0%) 悪い:1382(51%)] / プロバイダ: 2588 ホスト:2433 ブラウザ: 4721
ある意味、ジブリ作品の中で一番思い入れがあると言っていい作品かも知れない。
なぜなら、中学三年生の時、視聴覚教室の授業でこの作品を初めて観させられたし、カントリー・ロードは音楽の教科書に載っていてよく歌わされたし、確かテストにもなっていたから練習していた記憶がある。
だからカントリー・ロードを聴くだけで当時の記憶が呼び起こされて、懐かしさが込み上げてくるし正直物語の出だしの洋楽の方のカントリー・ロードが流れただけでちょっと泣きそうになってしまった。

当時はこの作品の良さって全く分からなかったし、照れ臭さとかもあって笑ったりしてた。
なぜこの作品を観せたのかずっと疑問だったんだけど、今なら分かる。

本当に中学三年生に見せたくなるし見て欲しい作品。
進路に恋に思春期に、まさに中学三年生を描いた作品だった。

この作品では男の子がドンドン先に遠くに行ってしまう思いから女の子の焦りを描いてるんだけど、そういった『焦り』みたいなものは伝わって来て根本は違ったとしても、早く大人になりたい早く上手くなりたい早く追い付きたいとか色んな事に焦っていたのかなと通じるものがあって、女の子の心境がリアルに入って来る。
当時は中途半端な小説に空想世界でなんじゃこれって思ってたけど、それがリアルさであり上手く行かない心境や苛立ちや焦りを表していて、そこでお爺さんの一言の慌てる事はない、ゆっくり磨けば良いっていうのが今になって理解出来て感じるものがあった。
せっかく完成した小説が未完成なものであって納得行かなかったけど、それが当然だった。

こんなにもメッセージ性が込められてるなんて当時は気付きもしなかった。

バロンがもっと重要人物であり中心人物のように思ってたから、意外に出番は少なくて今観たら単なる人形に過ぎないんだけど、めちゃくちゃ印象に残っている。
バロン以外にも一つ一つのピースだったりシーンっていうのが、全体を通してさほど意味なかったりするところでも印象付けされていて、そのピースがなければ作品にならないような美しさがある。
例えば猫だったり猫の通り道だったり。
猫なんて意味ありげに引っ張ってるけど実はそんな意味がなくて、ただ女の子を店に連れて来るだけの存在でしかない。
別に猫を使わなくても偶然店を発見するでも良かった。
だけど猫がいないとこの作品じゃなくなるし、猫の通り道を通って店を発見しないと作品全体が見た目が悪くなって汚れてしまうと言っていいぐらい絶対必要なシーン。

一見意味ないシーンを自然に配置出来る才能がやっぱり凄いなって思わされる。

そして改めて観ると気付かされる歌詞の深さと意味と作品の内容にリンクさせてるってところ。
女の子たちというか雫が日本語の歌詞を考えている内容になっていたなんて知らなかったし、それを知ると余計にどういう思いが込められてるのかや合唱シーンが伝わって来てジーンと来るものがあった。
特に合唱シーンは痺れたし楽しげに演奏してるのが良かったし、照れながら手拍子してるのが何とも言えない女の子女の子してた。

歌詞ではあの町に続いてる『気がする』っていうのが中学生の女の子ならではって感じがして良かったし、『ひとりぼっちで生きて行こうと決めた』や『寂しさ押し込めて』っていうのが女の子の心境を表してるようで、それを感じながら歌うともっと違った風に歌えたのかなって思う。

時計のシーンにしてもたったワンカット、ワンシーンしかないのに何か知らないけどめっちゃ印象に残ってたし、まるでそれが物語の中心になって行くようなイメージすらあった。
だけどその時計の設定を語るだけで結末もなく、普通の日常の一ページのように通り過ぎて行く。

この作品の個人的良いところが何かを見せ付ける訳ではなく本当にごくごく当たり前の日常のように描いていて、だから身近に感じて入り込める。
だけど中学三年生という微妙な時期を掘り下げるために、当たり前の日常にちょっと味付けしてイベントを起こして強烈に印象に残してる。
振り返った時、中学三年生の時はこんな事があったんだと呼び起こさせる。

幻想的であり甘酸っぱくもあり泣いたり焦ったり慌ただしかったそんな年。
やっぱり中学生にも観て欲しいけど、大人になって振り返る作品なのかも知れない。

店もこんな店があったら良いなって思うし猫の通り道にしても坂の道にしても、本当にこの町に住みたくなるような温かさがあった。

2015/07/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6727(87%) 普通:566(7%) 悪い:416(5%)] / プロバイダ: 21970 ホスト:22103 ブラウザ: 1975(携帯)
初恋を通して成長していく中学三年生の主人公雫。

都心の方向から太陽が昇る郊外の団地である。まず、冒頭で俯瞰に始まり、カメラが街を紹介して、私鉄の駅付近から団地へ、そして住宅へと入っていく。ああ、なるほど実写のロケーションを土台に作画しているんだなということがうかがえる。

そして、学校と教室もまた、生徒たちをも含めてリアルにとらえられている。

かの有名な高幡勲の「じゃりん子チエ」という作品でも学校が生き生きと描かれていたが、どうして劇映画になると、途端にウソっぽくなってしまうのか。

このあたりは「転校生」や「時をかける少女」、「さびしんぼ」の尾道三部作で有名な大林宣彦や神山征二郎が劇映画にすれば、うまくドラマに組み込むかもしれないんじゃなかろうかと個人的には思う。中学生と、その家族の日常から人生に旅立っていこうとする子どもの青春前期の姿をアニメで活写している。そこにはったりもケレンもない。高校へ行かないという進路だってありうるとの問題提起もしながら、それでも「原石をうまく磨くことで人間は成長する」とのメッセージを力強く歌い上げてみせる。

アニメでしかできない題材ではなく、実写映画でできることを見事アニメでやってのけ、実写ドラマを超えている。

2015/04/24 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 2644 ホスト:2800 ブラウザ: 4721
【良い点】

懐かしい。ノスタルジックな気分になれます。ずっと京王線沿線に住んでいますので約20年前に初めて観た時からあそこだとわかりました。風景も完璧に美しく描かれています。オープニングタイトルは多摩川にかかる関戸橋と京王線を俯瞰した感じですね。エンディングシーンは、さすがにあそこまで見渡せる高い所は無いように思います。スタッフが読売ランドの今はない鉄塔の上から見てきたという風景をオープニングの俯瞰したイメージに置き換えた感じです。近藤監督の最初で最後の傑作だと思います。

雫が杉村の告白を断った次の日、教室で杉村が原田に謝ったシーンの次の雫の顔が印象的です。
もう今までのような普通の友達ではいられない、そんな寂しげな顔。でも、こうして大人になってゆくんですよね。

さすがに、最後の「結婚」はないだろと思ってましたが、あれはあれでよかったかも知れません。中学生の頃って照れ隠しみたいに言っちゃう事がありますよね。まあ、そこは映画という事で。

あと雫が住んでいるという設定のモデルとなった団地が実は、かなり遠くて京王相模原線の永山駅の方だと最近知りました。

おじいさんの言う"原石"をこれから探す人、探している人、見つけられた人、見つけられなかったかも知れない人、全ての方にお勧めです。

【悪い点】

ないです。

【総合評価】

満点。

2015/03/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:915(59%) 普通:345(22%) 悪い:286(18%)] / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 12723
ジブリ作品の中で昔見た時一番好きだったから見直してみました。

本を借りるたびに自分より先に借りている名前が気になりはじめ
出会い、仲良くなり、気がつき、いつのまにか好きになる。

好きになった人が夢を叶えるために努力していることを知り
雫は自分もなにかしたくなって小説を書くことで自分を試す。

うん、ただ単に恋愛模様を描くだけでなく
好きな人がなにか頑張ってたり、やってたりすると
自分もなにかしたくなるっていうのを描いてるのが良いですね、なんかわかるし。

でもよく考えると聖司くんはジブリ作品の中では結構かっこいい方だと思うんだけど
よく考えると図書カードできずかれるために先読みするって
好きな人にきずいてもらうための行動力凄いけど、ちょっと怖いよねw。

評価は「良い」でっ!

2015/03/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 1182 ホスト:1238 ブラウザ: 9629
【良い点】
作画がジブリらしくヌルヌル動く
ストーリーが素直で心にスッと入ってくる
皆で演奏するシーンが楽しそう! ああいうのには憧れる
カントリーロードという曲の良さを再確認できる

【悪い点】
結婚云々は要らなかった
ストーリーは見る人によっては拒否反応でると思う

【総合評価】
ロードショーで何度か見ましたが、よかったですね…
自分の人生と照らし合わせると、彼女らが凄く眩しくて…

音痴な部類に入る自分としては、主人公に合わせて一人ひとり歌に入っていく
オッサン達を羨ましく思いました。ああいうこと、できたらいいな…

本当は最高でもいいかなと思いますが、見方によっては鬱アニメになりそうなので、一個落とします

2014/10/26 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 5820 ホスト:5972 ブラウザ: 10258
【良い点】
素直な気持ちで見れる
恋愛したくなる
作者の想いが伝わる
【悪い点】
恋愛物語が前に出て夢を持つ素晴らしさに気付かない人がいる
【総合評価】
ごく普通の一般的な家庭でやりたい事を見つける少女の話。ストーリーでは少年と少女が惹かれ合い恋に落ちますが、それは必然的な所。何かを目指す人に恋をする中学生時代をシンプルに描いた作品です。あの頃の自分と今の自分は何が違うのかを考える為にはスゴく良い作品だと思います。
ヒューマンドラマという角度で観る事をお勧めします。

[推薦数:1] 2014/05/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:434(69%) 普通:68(11%) 悪い:125(20%)] / プロバイダ: 34037 ホスト:34045 ブラウザ: 5666
これ恥ずかしいアニメ映画なんですよね。
高校3年生の時に地上波で見て以来その感想は一貫して変わらないですね。
内容は中学生3年生で主人公の女の子、雫と男の子の聖司が
最後に結ばれるストーリーなんですがその過程で男の子の聖司の方が
女の子の雫に意地悪な態度をとるのですがその過程で徐々に仲良くなるタイプの
いわゆるよくある恋愛ものでした。
最初、聖司の名前も知らない雫なんで合うたびに意地悪なこと言われて
雫が腹が立つ展開が続き

それと同時に雫が図書館で借りた本の図書カードで前借りた人の名前が気になり
その時に雫がどんな人だろうと想像するのですが、その意地悪な男の子の聖司が
頭に浮かび、とっさに雫がそんなわないと自分に言い聞かせるんです。
ああ、この時点でもう見ている視聴者から言わせて見れば前にその借りたの
意地悪な男の子だよなて丸わかりな展開でニヤニヤするしベタだなと思うし
わかりやすい展開で引かれやすい内容に感じました。

その後意地悪だと思ってた聖司の正体がわかるにつれ
実はバイオリン職人を目指しているかっこいい男と判明するんですね。
それなのに雫は自分は進路を決めていなくて
情けなくて落ち込んだりするのですが悩んだりする所などは中学生らしくて
良かったと思います。

ラストの自転車上がるシーンはベタ過ぎるので正直恥ずかしくなるので
変な気持ちにはなります。綺麗に終わりすぎかなと

評価は「とても良い」ストーリーはまとまっていたと思います。
でも恥ずかしくはなるくらい綺麗過ぎる展開はあんまり好きになれないんですよね。
しかし良く出来ているので評価は高めにしました。

2013/08/08 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:48(62%) 普通:10(13%) 悪い:20(26%)] / プロバイダ: 16514 ホスト:16597 ブラウザ: 3457(携帯)
原作が少女漫画なので自分には合わなかった。
【良い点】
主題歌
バロン
爺さん達と歌う場面
【悪い点】
雫の性格
父親の声
少女漫画らしい展開
眠くなる
【まとめ】
ジブリは好きだけどこの作品は嫌いです。

もっと読む

「この作品は自分の母親と中3の妹が大好きな作品なんですが、男の俺からしたら非常に退屈な話ですね。なんか...」 by ゆっちょ


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/01/29 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2450 ホスト:2450 ブラウザ: 11659 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事ロマンチックな気分/面白い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 今期視聴作品 by CHIGE
... ことを祈ります。 少なくとも作家なんてよっぽど才能ない限り学生生活と両立させるなんてえのは不可能だろうに・・。 なまじっか設定が現実離れしすぎてないから 夢が手に届くんじゃないかと思い込む子はいると思う。 ちょっと待てよと。 作家を目指すにしてもある程度の学力とか人生経験とかは必要じゃないだろうか。 ジブリのアニメの「すませ」で主人公の ...
記事日時:2017/05/17
2. 訃報 ふたつ by アニメ猫
... .wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E6%9C%A8%E7%9C%9F%E5%B8%8C%E5%AD%90 スタジオジプリのアニメーターだった。手がけた作品は、 風の谷のナウシカ 天空の城ラピュタ となりのトトロ 魔女の宅急便 おもひでぽろぽろ 紅の豚 すませ もののけ姫 ...
記事日時:2016/05/19
3. 子役出身の女性声優といえ by Mr.KN
... 劇団若草に入団し子役として活動していて、一時期の休止を挟んだ数年後に声優・歌手として活躍されたのは周知のとおりかと思います。 ・本名陽子さん こちらは4歳の時に劇団日本児童に入団し、子役として中学卒業時までに約180本のドラマ、映画、舞台、CMなどに出演されたそうで、その後は映画「すませ」、「ふたり ...
記事日時:2016/04/26
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:耳をすませば
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ