[アニメ]ウォナビーズ


WANNABE'S
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数5,677位6,556作品中総合点-3 / 偏差値46.97
1986年アニメ総合点93位96作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像0.00(普通)1
声優・俳優0.00(普通)1
音楽-1.00(悪い)1
キャラ・設定-3.00(最悪)1
ストーリー-3.00(最悪)1
熱血100%1人/1人中
びっくり100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
監督:長谷川康雄
構成:長谷川康雄
原作:鈴木敏充
脚本:鈴木敏充
日本 発売日:1986/12/25(木) メディア販売
エンディング動画 (1個)
MUSIC I love youがかすれて
歌:斉藤さおり 詞:篠塚満由美 作曲:鈴木英俊 編曲:鈴木英俊直井美輝彦 [ファン登録]
[もっと見る]
1,74411
最近の閲覧数
523121002001
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/02/22 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/08/01 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3733(33%) 普通:3985(35%) 悪い:3611(32%)] / プロバイダ: 24906 ホスト:25118 ブラウザ: 8286
女子プロレスを題材としたOVAでしたが、奇を衒いもしたのも全く仇となってしまった感じでしたね。

挿入歌も歌っていたという事で、デーモン閣下も出演させたり、古舘伊知郎氏にも実況やらせて、臨場感も感じられる様にしたのはまだ良かったです。しかし・・・・・・・・・巨人の星みたいなギプスも付けて特訓した事もあったミキ&エリですね。まず。後述する終盤の展開でも友人思いなのも理解は出来ましたが、デザインもキャラもこの時代にしばしば見かけた様な浅い造形で、深く共感させられたとかはなかったですね。

でも、それ以上にダメだった点がもっといくつもありました。このコンビが戦った相手団体のレスラーコンビなんか、フォークとか凶器も平気で使っていて、デスマッチの時とかはOKらしいけど、彼女らコンビが抗議したという事はその試合では本来使用なんか許されなかったという事だよね?なのにレフリーも見て見ぬふりしていて、相手団体に忖度していたのかどうか知らないけど、社長の鬼堂も、声優に池田秀一氏を使う意味があったのか?

この試合の後、非道なやり方に怒ったコンビが実力行使あるのみと言わんばかりに会社に乗り込んできたけど、屈服したと見せかけて射殺しようとした等普通に小物だったじゃないですか。池田氏が演じられたキャラでここまで出来の悪い手合いなんか目にした事無かったわだったけど、終盤は謎の(?)化け物と戦う超展開(?)となったのも、こいつ自体がただ強くて残虐なだけだったからやはり見ていて面白くなかった。

最後は、鬼堂が逮捕されたのは良かったけど、化け物共々転落死したと思われたコンビの片割れ、エリも生きてた(?)のは、会社で眠っていたあの姉ちゃんらとも関係があったのですかね?まあそれはホントにエリご本人だったらまだ良かったのですが、試合の相手がまた・・・・・・・・・・・初期のOVA作品って、悪い意味でぶっ飛んでいた駄作・迷作もいくつかあったけど、すでに倒産して久しいアートミックはこんなアニメも作っていたのかでしたね。

変に奇を衒わないでもっとシンプルな友情を前面に押し出した人間ドラマでも描けば良かったのにねでしたね。結局声優も無駄遣いになってしまったと言うか、評価は厳しいけど、これでは「最悪」です。

この評価板に投稿する



2020/08/01 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 24906 ホスト:25118 ブラウザ: 8286 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/びっくり 
ストーリー最悪(-3 pnt)
キャラ・設定最悪(-3 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽悪い(-1 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ