[アニメ]戦場のヴァルキュリア: 2009/10/06 ザビー


せんじょうのばるきゅりあ / Valkyria Chronicles
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数6,292位6,401作品中総合点-37 / 偏差値41.39
アニメ平均点2,620位2,844作品中平均点-0.82=悪い/45評価
2009年アニメ総合点193位200作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2009/10/06 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:46(68%) 普通:5(7%) 悪い:17(25%)] / プロバイダ: 27699 ホスト:27700 ブラウザ: 3452(携帯)
一言で言うと退屈な作品でした。
前半はそこそこだが、後半のバトル漫画的な展開で完全な駄作に転落。結局この作品は何が言いたかったんでしょうか?この作品からは何も伝わってくるものがありませんでした。
前半はリアリティのある(若干疑問もあるが)戦争ものといった印象の作品、まぁただそれだけで退屈でした。なのに後半は槍からビーム出したり、盾で戦車の弾を防いだり完全なバトルもので全てが台無しに、まるでドラゴンボールみたいでした。これがこの作品を台無しにした最大の原因でしょう。
そもそもアリシアが前半からヴァルキュリア人としての片鱗を見せていたならまだ腑に落ましたが、後半になっていきなりバケモノになり不自然でしょうがありませんでした。
そしてもう一つの欠点がムダにキャラが多いため空気化しているキャラが多いことです。小隊のメンバーや羽豚等(あの羽豚は何の意味があったのか)。
そして私が不満なのがマクシミリアンの扱いです、もう少しまともな人間なのかと思ったらただの外道で最後は無様でした。またセルベリアとの関係も以前は信頼関係がある様な描写が少しあったのに、本当にただの道具としか思っていなかったというのも何だか…。
結局マクシミリアンを外道にして、それを倒してめでたしめでたしに無理矢理しようとした感があります。
何だか2期やりそうな気がしますね、多分その時は人気のあるセルベリアを実は生きていたとかして無理矢理復活させるんじゃないでしょうか。そんなことをしたらもっと残念な作品になってしまいますが…。
とにかく、この作品は特に何も印象に残るものがなかった、というのが正直な感想でした。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ