[アニメ]薄墨桜 -GARO-: 2019/11/11 ゲッター


うすずみざくら がろ / Usuzumizakura-Garo-
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数4,711位6,335作品中総合点0 / 偏差値47.45
2018年アニメ総合点162位249作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/11/11 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:169(44%) 普通:95(25%) 悪い:120(31%)] / プロバイダ: 14854 ホスト:14895 ブラウザ: 8288
TVアニメシリーズは見ましたがだいぶ記憶が古くなったので大筋程度の知識です

どうやらアニメのその後の話みたいですね
この作品自体自体はわかりやすかったです。
ただ悪く言えば本筋が一直線で掘り下げはあんまりない感じでしたね
袴垂の派遣の話とかそっちでの敵の計画とかを考えると20分ぐらいカットされているんじゃないかと思うぐらい横道がありません
ゲストキャラはアキラわかりやすいキャラであって同情の余地あれど悪と本当にわかりやすいでも
主人公との関わり自体は事件発生から一シーン程度でかなり薄い、そのため実は黒幕でしたといわれても特に衝撃もないし弟関連の話も視聴者も
ほとんど主人公と同じで冒頭で見たのと話で知ったレベルで「そこまで復讐したいのか」って印象の植え付けはできなかったかなと
演技や絵や演出で恨みは伝わってきましたが話としてはそこまで伝わってこないかなと
最後の方にしても姉と弟が精神世界みたいなところで話し合うのもコイツラやってたことがひどかったからなんかうーんて気分に
最終的にやりたい放題していた道長についても逮捕となりますがどうせ開放されるだろうってのもうーん、話の途中ではめられて一族殺された人にどさくさで殺されるなり(この人出番2シーンある割に道長の非道描写のためだけでしたもん)
道長の影響下がない人間が裁くとかならまだいいんですが……もしかして続編狙ってた?

ながなが悪いところは書きましたが
やっぱりアクションは手が込んでいたと思います。
色々キャラもカメラも動くしなんだかんだでアクションの尺自体はちゃんとあったかなと思います。
良くも悪くも下手に話をてらってないので噛み合わないってところがきにならなかったかなと
余分なところも設定もなかったしとっつきやすくはあったかなと思います
道長のキャラについても面白い感じに個性的に書かれていたと思います。

良くも悪くもなところがある紅蓮ノ月かな?と



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ