[アニメ]劇場版 トリニティセブン -悠久図書館と錬金術少女-


げきじょうばん とりにてぃせぶん ゆうきゅうとしょかんとれんきんじゅつしょうじょ / Trinity Seven the Movie: Eternity Library and Alchemic Girl
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数4,321位6,334作品中総合点0 / 偏差値47.45
2017年アニメ総合点143位222作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

<seze+3>再び訪れる、世界崩壊の危機ーーーーーー。

ある日、“魔王因子"を持つ魔王候補・春日アラタが、トリニティセブンの一人・浅見リリスの魔道書『ヘルメス外典』に何の気なしに触れた瞬間、眩い光に包まれ、目の前には謎の少女が姿をあらわす。

原作:サイトウケンジ奈央晃徳(KADOKAWA 月刊ドラゴンエイジ連載)
監督:錦織博
脚本:サイトウケンジ
脚本協力:吉野弘幸
日本 公開開始日:2017/02/25(土) 映画
公式サイト
1. 劇場版「トリニティセブン」公式サイト
Twitter公式
1. 「トリニティセブン」公式 (@TrinitySeven_PR) on Twitter
オープニング動画 (1個)
Last Proof
歌:ZAQ [ファン登録]
[もっと見る]
21911
最近の閲覧数
2341001060
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/11/29 / 最終変更者:オルタフォース / 提案者:オルタフォース (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/12/01 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:143(74%) 普通:32(17%) 悪い:18(9%)] / プロバイダ: 4603 ホスト:4667 ブラウザ: 4721
【良い点】
・作画はていねい。
・短いながらにしっかり完結している。
・それなりに全キャラ見せ場あり。

【悪い点】
・あまりにかけ足。
・新キャラのリリムが生かしきれてない。
・色々詰め込み過ぎ。

【総合評価】

原作は未読ですが、アニメ版は全て視聴済みです。

まぁ、短い時間によくこれだけ詰め込んだなと思います。
ただ、TV版の全キャラ総出演に新キャラも出して詰め込んだ割にしっかり作られてはいますが、
あまりにかけ足なのと新キャラのリリムがまったく生かされていないのは残念です。
尺の関係でしょうがない事とは思いますが、もう少し出演するキャラを少数に絞るか、演出をカットするかしないと詰め込んでいる割に内容が薄く感じます。
中途半端に初見の人用に説明じみたものもありますが、あれでは初見ではまったく理解に追いつきません。
尚且つ、危機にもかかわらず学園長は出撃しないしパラディンであるマスターリベルも傍観しているだけというのもいただけません。何か戦えない理由付けでもしていれば良かったのですがね。

内容は、リリスの魔導書にアラタとリリスの力が移りリリムが魔導書から顕現する。
同時に悠久図書館から白の魔王が復活して襲ってくる。
みんなで戦うがTV版で敵だった聖やルーグも違和感なく仲間となって戦っている。
ピンチに陥るが、アラタとリリスの力を吸ったリリムの力を使って敵を倒し、力を失ったリリムはただの魔導書に戻るといった話し。

全体的にキャラが多くそれぞれの描写と演出、特に変身シーンを全キャラ描写するものだから時間も足りなくなるもの。
ただTV版のファンからしてみれば満足できる作品と言えるかもしれません。

評価は・・・作品単体としては豪華と言えますが、このボリュームの薄さで劇場版だとすれば評価も変わってきますね。
良いよりの普通くらいでしょうかね。

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ