[アニメ]トランスフォーマー アニメイテッド


Transformers Animated
  • 熱血
  • 楽しい
  • 面白い
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数5,375位6,596作品中総合点-2 / 偏差値47.15
アニメ平均点2,313位2,887作品中平均点-0.15=普通/13評価
2010年アニメ総合点144位189作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.00(良い)9
音楽0.56(良い)9
映像0.33(普通)9
ストーリー0.11(普通)9
キャラ・設定-0.11(普通)9
熱血44%4人/9人中
楽しい44%4人/9人中
面白い44%4人/9人中
悲しい33%3人/9人中
友情33%3人/9人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

小惑星帯で巨大なパワーを持つ「オールスパーク」を発見したオプティマスプライム達はメガトロンに襲われ、とある惑星に漂着する。
50年後、コールドスリープから目覚めたオプティマスプライムは人間のサリと友人になる。
今、オートボットとディセプティコンとの新たなる戦いの幕が開く!!
制作:テレビ愛知 電通 タカラトミーエンタメディア アニメーション制作:タカラトミー カートゥーン・ネットワーク 企画:平雄一郎 久保弥
チーフプロデューサー:阿部祥三 小掛慎太郎 鈴木祐治 プロデューサー:前田典秋 竹川洋志 プロデューサー(実写パート):岩切敏明 三浦雅登
翻訳:辺見真起子 演出:岩浪美和 録音・調整:菊池悟史 金秀賢 音楽プロデューサー:井上俊次

日本 開始日:2010/04/03(土) 08:00-08:30 テレビ東京 TV / 終了日:2010/12/25
海外 (アメリカ):開始日:2007/12/26 / 終了日:2009
[開始日詳細]
局名放送時間放送開始日
テレビ愛知8:00〜8:302010/04/03
テレビ北海道8:00〜8:302010/04/03
テレビ大阪8:00〜8:302010/04/03
テレビせとうち8:00〜8:302010/04/03
TVQ九州放送8:00〜8:302010/04/03

※ この日付情報部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
公式サイト
1. トランスフォーマーオフィシャルサイト|タカラトミー
2. トランスフォーマー アニメイテッド|テレビ愛知
3. 「トランスフォーマー アニメイテッド」DVD公式サイト:パラマウ
オープニング動画 (1個)
TRANSFORMERS EVO.TRANSFORMERS EVO.
歌:JAM Project 詞:影山ヒロノブ 作曲:影山ヒロノブ 編曲:菊田大介 [ファン登録]
[もっと見る]
19,1451513
最近の閲覧数
1035314143
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/03/28 / 最終変更者:小島かじり虫 / その他更新者: 管理人さん / 曲がり角のアイツ / 提案者:634 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/04/13 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:205(59%) 普通:27(8%) 悪い:118(34%)] / プロバイダ: 8403 ホスト:8467 ブラウザ: 8862
【良い点】
オープニング
ロボットのやりとり
豪華な声優

【悪い点】
サリが後半からご都合キャラ化した

【総合評価】
面白いには面白いんだけどなぁ

[推薦数:1] 2017/03/30 悪いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 530 ホスト:636 ブラウザ: 10209
矢張りと言うか、ここでの評価は低いですね。
そろそろ私の方も、と言う事で私見を語らせていただきます。

良い点
・独特のカートゥーンデザイン
これはTFのみならず、全てのロボットアニメ史上でも類を見ない
ビジュアルですね。特に、昨今の複雑化するロボットデザインに
対するアンチテーゼ的なものを感じます。
更に言えば、この太さ・細さが極端に分かれたデザインを表現しきった
タカラトミーの技術力には脱帽です。(汗)

・珍しい「戦後の世界観」
此れ迄のTF作品は戦中世界に人間側が巻き込まれるパターンでしたが
本作では後発のアドベンチャーと同様に戦後世界が舞台になっています。
その為か、規制の影響か(笑)善側に銃火器の類が殆ど見られず、持っている
アイテムや能力で敵と戦うシリーズでは珍しいパターンとなっています。
また、この影響で銃火器に勝る悪側が強力に見えるのもカタルシスが効いていて
良いかと。(スタースクリームのみならまだしも、それと互角のメンツか、
より強いメガトロンに至ってはハンマーやキーを持ち出さなければ勝てないほど)

・安定した作画レベル
先述したシンプルなカートゥーンビジュアルが功を成したのか、本作は
TFの悪しき風習(汗)と化した作画の乱れが少なく、非常に安定した作画レベル
を保っていました。また、軽快なアクションもかなりの頻度で見られます。

ただ、良い点はここまでなんですよね。

(悪い点)
・主人公として設定された善側に共感も好感も持てるキャラクターが
少ない。
これはキャラクターアニメとして致命的過ぎる弱点です。
終始悩み続け、挙句またも自分の部隊に犠牲を出してしまったオプティマスは
まだしも、スパイ潜入の遠因であり、免罪者を出しながら全く反省せず、
成長が見られないバンブルビー(岸尾氏の吹き替えが唯一の救いか)、
終始辛気臭く、説教臭いラチェット(大川氏のフランクな吹き替えが救い)
ほぼメアリー・スーな扱いのプロール、元祖土曜日のたわけなセンチネル
(こいつは実写の同名人物もやらかしてる!)、果てには某人型汎用決戦兵器
をパクったオメガスプリーム(格納庫がまんま(汗))、いじめッ子なアーマーハイド
(アイアンハイドが草場の影で墓を濡らしてる)メインのメンツがこのざまとなっています・・・。
まともなのは、クズの極みなビーを庇ったアイアンハイド(バルクヘッド)、地球に寛容なジャズ
のみという・・・。
サリに関しても、初の女性主人公でありながら、実はTFだったという展開の為か
メアリー化が進み、スタッフも扱いに困る有様でした。

・ヴィランの扱い
メインの敵を人間にしたのも失敗だったとしか・・・。
例えば某戦隊の場合、地球側が敵で宇宙側がヒーローでしたが、
ヒーロー側が勝つと「勝って当然」になり負けると「弱いヒーロー」と認定され、
実際子供人気は伸び悩みました。
本作ではこれと同じ失敗を起こし、人間に勝っても巨大ロボット故に弱い者いじめに
見え、負けると、言い方は酷いですが主人公側が「無能」に見えるだけになるという
状況になりました。
結果オプティマス部隊らオートボット達の頼りなさばかりが目立ち、余計「何の魅力が
あるのかわからない」感想に落ちてしまう。
かと言ってヴィラン側も単純な悪であり(ヘッドマスターの場合だと、クビの腹いせと
言う残念な理由という・・・)共感が持てない、という二重三重の苦に陥っているのです。

・シナリオ段階で主人公側のトラウマ話に尺を取られ、せっかくのシンプルなビジュアルが
打ち消されてしまう。
先述した通り、終始悩み続けるオプティマスに端を発するトラウマ話の多さは
2010のロディマスに匹敵するクドさを感じ、見れば見るほど「やるのはいいけど
ターゲット層分かってる?」と言わざるを得ませんでした。
これは、このサイトでも他の方々が言われているので敢えて追求しません。

(総合的に見て)
矢張り「アメコミ」の悪い所まで踏襲した作品です。
要約で纏めると
・)成熟した大人は描けても、子供の成長を描けない
・)過去話で重箱に穴を開け、「キャラヘイト」に繋げてしまう
・)肝心な所で神がかった力を出して、主人公(ヒーロー)は何も出来ない
即ちただでさえ「未熟で頼りないヒーロー」を見せつけられる上に
「丁寧にリアルに描くが故に成長させられない」と言う地獄絵図に
本作は当てはまるのです。
実際、本作の本国での売り上げは良い方ではなく、シーズン4の中止に
繋がっています。
かと言って本作の反省が活かされているか?といえば否というのが
後発作品でも明らかです。
恐らく「初代の欠点」が「魅力」として刷り込まれた悔しさが
今のスタッフにはあるのでしょうが。
クリエイター病(顧客に向けた目線を忘れがちになりやすいクリエイター
業にありがちな欠点)に羅漢した、悲劇的な位置づけに本作はあるのでしょう。
それは本作のみならず、非難を受けている作品群にも言えており
今一度「君は誰に向けて作品を作っているのか」と問い掛ける必要があるのかも
知れません。

2013/02/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 20329 ホスト:20248 ブラウザ: 4850
【良い点】
クセは多いがかっこいいロボデザインとオープニング。
【悪い点】
粘土のようでメカらしくない変形バンク。
ディセプティコン以上に悪者なオートボット、センチネル、ワスプ。
【総合評価】
なかなか見やすく、それなりに面白かったです。

2013/01/20 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3689(33%) 普通:3928(35%) 悪い:3564(32%)] / プロバイダ: 12259 ホスト:12112 ブラウザ: 5682
実写映画版(これも面白いとは思わなかったが)を意識したらしく、コンボイとかが
名前変えられたのも変に混乱とかさせただけだったのではとも思いましたが、
デザインも、特にシリーズのファンではない自分にとっても違和感ありましたね。

「あれ?こんなにカッコ良くなかったっけ?」と言うか、何だかやや地味で、
今一つキリっともシャキっともしていない中途半端な雰囲気でした。理想のリーダー
だったはずがイマイチ伝わるものが不足していましたかね。実力それなり人望皆無
なスクリームと、終盤なかなかのしぶとさを見せたメガトロンとのやり取りは
相変わらず笑えはしましたが。あとサリというキャラも重要なキーパーソンで、
いかにも欧米人の子供らしい、元気でやや生意気な女の子と思いきや・・・・・・
確かにオートボット達の絆はそれなりに掘り下げられてはいたけど、そんな
深く共感させられたほどではなかったです。

そうそう。日本語版では過去のシリーズに出演されたことがある声優さんが多数起用
されていたのも特徴的でしたが、その一人、メガトロン役の強力若本
はミスキャストではなかったけど、ちょっとイメージとは違っていた感じがしましたね。
英語版も見た事あるけど、そっちの方の声優さんの方が合っていたと思います。(違って
いても、ジョジョCDブック版でのディオ役の怪演は笑いの連続でしたが。そこにしびれるっ!!
あこがれるっ!!)

良く言えばコミカルで親しみやすい。悪く言えばちょっとダサかった作画もまた
特徴的で、その割にはやや小難しかった話も見られたのも「?」でしたが、全体的に
中途半端で決定力不足な作風のシリーズだったと思います。そもそも冒頭でものべた
通り実写映画版って、そんな意識する程のシリーズだったのかなあでこの時点で
既に空回りしてしまっていたと言えたのかもしれませんが、まあ評価は「悪い」ですね。

[推薦数:2] 2012/04/30 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 18131 ホスト:18187 ブラウザ: 10445
TFは初代&2010がリアルタイム世代
実写映画を見ての出戻組のファンから見た感想です。

アニメイテッドもほぼリアルタイムで英語版を全話視聴、その後最近日本語版を視聴
海外版でファンになりましたが、日本語版は・・・

わかっているんです・・・TFのアニメが日本語で見られるという点では快挙だと思います。
日本のTF環境では版権も含み難しいこともあったのでスタッフさんらの苦労がしのばれます。
海外版は人気がありながらも、契約という大人の事情で打ち切りになった作品を日本で放映し、
さらには海外ではお蔵入りするところだったトイが発売されるという事は映画効果もあるとはいえ、
喜んでいます。

絵柄がかなり過去作品と比べ、独特のものがありますがパワパフやティーン・タイタンズも
好きなので全然楽しめてます。
作品の端々に過去TF作品のネタをいろいろちりばめているのが特徴で、
海外TFのみならず和製TFを見てないと分からないような部分があってファンとしては大変楽しめました。
※版権がハズブロに移ったとはいえ、サイ・キルまでコッソリ出演とは!

しかしながら日本語版には首をかしげるものがあります。
個人的にコンボイ=オプにしたのは問題ありません。
大体世界的に見ても日本人しかコンボイと呼んでいなし、
BWなんか別人なのに同じコンボイでは分かりづらいと思っていた人間なので
どちらかと言うと、アイアンハイドもバルクヘッドでいいじゃないか?むしろボケと呼んでほしい派です。

最終話がしっくりこないというご意見もありますがもともと打ち切りですのでしかたないかと。
ちなみに、本当はセイバートロンに戻ってからも話が続き、メガトロンは脱獄しトリプルチェンジャーになり、
オプティマスはミニボットとして復活したプロールとの合体パワーマスターになるとかファンを喜ばせる展開が
予定されていました(ソースAllSaprkAlmanac)。

だから私にとってのアニメイテッド日本語版の違和感はそんなものではありません。
勇者シリーズのように技名を叫ぶ必要はあるのでしょうか?
ヒーローアニメOPを付ける意味があるのでしょうか?
勇者シリーズを復活したいのであれば別途やってくださいと言いたい。
キャラクターの個性を出すシーンや台詞をカット、構成を変更する必要性があるのでしょうか?
TFの魅力ってアメリカぽいシナリオとキャラの性格づけや台詞回しだと思います。
私がヘッドマスターを当時始めてみた時「TFじゃないよコレ、偽者じゃん」と思い見るをやめた時と
同じようなことをまた繰り返していてとても残念です。
BW日本語版のように暗い部分をおふざけな台詞でカバー、もしくはBW世代を掘り起こしたいという
スタッフの算段はわかりますが、ちょっと過去実績を狙いすぎている印象を受けました。

追伸
オプティマスプライムは惑星サイズTFであったことはありません
大型の基地サイズ「スターコンボイ」になったとこはありますが、GFのプライマスと勘違いされているのでしょう。

2012/03/15 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 34938 ホスト:35087 ブラウザ: 5345
ここでは評価の仕方を多少変えます

・作画:他の方がおっしゃるとおり、カートゥーン調のためか、自分も初代と比べて
変わりすぎなせいか、最初は抵抗を感じたものの、慣れるとそれを感じなくなりました。
・キャラクター:オプティマスやメガトロンなどお馴染みのメンツはもちろん、あのビーストウォーズのブラックウィドウ等
ビースト戦士が登場したのはさすがに驚いた
・声優:豪華です。メガトロンが、あの若本規夫氏ですからね
・内容:殆ど初代と同じ感覚
以上で、とても良いで
深夜12時半にカートゥーンで放送中

2011/07/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:29(85%) 普通:3(9%) 悪い:2(6%)] / プロバイダ: 12176 ホスト:12172 ブラウザ: 10513
【良い点】
①G1を意識したキャラ(バンブル、スタースクリーム、ブリッツウィング等)や演出等は、初代ファンも楽しめるでしょうし、子供向けとしてビーストウォーズのキャラや声優さんを出してアドリブを入れている点は面白いと思います。
②やられたデストロンも、バラバラになったり飛んでいったりする等がほとんどなので気軽に笑える。
③単純な戦闘力ではデストロンのほうが圧倒的に(デストロン1人でサイバトロン複数を楽に相手できる程)強いこと
④エリートガードのようなサイバトロン側のしっかりした組織の登場
⑤プロトフォームやオールスパーク、各キャラが持つスパーク(命)の概念があること
⑥デストロンメンバーにも1人1人全員に個性がある等、
上記のような設定がしっかりしているので物語の進行やキャラの言動にも納得がいく部分が多く、わかりやすいのが良いと思います。

【悪い点】
サイバトロン側のメンバーには少し嫌悪感を持ってしまうことが多く(バンブルのワスプに対する謝罪における誠意の無さ、センチネルやサイバトロンのお偉いさんの傲慢な態度、オプティマス達のミックスマスター・スクラッパーに対する態度と対応等)、いまいちサイバトロン全体を一概に「良いやつら」と思えない。
アメリカのほうでは打ち切りなのか、最終回あたりが強引であり、日本の放送ではカットされてる部分が多いのがすごく残念です

【総合評価】
個人的に、絵(作画)は慣れればそう違和感も無いですし、戦闘等も迫力のある描写が多く、素直に戦いの様子はかっこ良いと思いました。
ゲストキャラも魅力が多く、心から再登場を望めたり嬉しく思えたりしました。
上記の悪い点以外はむしろ好きなことが多い作品なので、評価は良いとさせてもらいます。

2011/03/03 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 4952 ホスト:4967 ブラウザ: 7435
多分「ビーストウォーズ」以来、久しぶりに見たトランスフォーマーのアニメ。
ちょっと見逃した回も少しありますが、一応毎週見ていました。
キャラの名前、設定などは多分実写映画版のトランスフォーマーからでしょうか、今までのトランスフォーマーとは一風変わった設定や作風が見られますね。
とりあえず最終回まで視聴しての個人的な感想ですが・・・正直微妙でしたね。
カートゥーン風の作画に関しては最初は抵抗があったものの、慣れればそこまで気にせず視聴できました。
ストーリーはそこそこ分かりやすいものの、カットされているシーンが幾つかあるせいか、どうも変な風に話が繋がってた感じが否めませんでした。
そして何より、この話の主役であるはずのオートボットがあまり格好よくないというか、どうも魅力がないというか・・・。
オプティマスプライムのデザインは最初かなり抵抗がありましたし、何よりロボットっぽく無かったんですよね・・・他にもあまり格好よく無いデザインのキャラはいましたが、毎回見ていれば段々慣れては来たのでまだ良いかなと。
問題はその味方サイドに、しかも出番の多いメインキャラに非常に嫌な奴がいた事が個人的に不快でした。
まず1人目はバンブルビーでしょう、結構出番も多く、主役級キャラの1人ですが、どうも自分勝手ででしゃばってる感じが否めず、聞き分けの無い性格が個人的に嫌でしたし、特にワスプの件に関して、反省の色がほとんど感じられなかったのが一番不愉快でした。
そして2人目はセンチネルですね、こいつもこいつで自己中心的で聞き分けの無い、嫌な性格してますし、エリートに選ばれた実力というわりには、一方的にやられているシーンが多かった気がします。
個人的に、この2人が自分の中で評価を下げてたりします。
逆に敵キャラですが、オートボットより格好よくロボットらしいデザインのキャラが多く、個人的に魅力が感じられるキャラが多かった気がします。
そして最終回なんですが、これも正直微妙でした。
以外にあっさり決着がついた感じがしましたし、プロールに関しては、味方サイドのキャラの中でも一番好きなキャラの1人だったので、正直殺して欲しく無かったです。
そもそもプロールが自らを犠牲にして勝利を導いた感じの展開になってて、他のキャラがどうも役に立ってるのかどうか分からない感じでした。
悪い点に関して長くなってしまいましたが、良いところも無いわけではなく、主題歌はそこそこ格好良かったし、次回予告などでのギャグは個人的に面白かったと思います。
楽しめなかったわけでもないですが、やはりちょっと悪い点が目立っている感じが否めないのでこの評価で。

2011/01/31 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:66(73%) 普通:10(11%) 悪い:15(16%)] / プロバイダ: 18406 ホスト:18315 ブラウザ: 9589
原語版と日語版にも見ている。

【キャラ】
○・キャラの造型が相当個性的、主役キャラやメイン悪役だけなく、サブキャラも。
○・ラチェットの個性はここで完成する。
○・バルクヘッド(日訳アイアンハイド)、ロックダウン 、ラグナッツやスリップストリームような後世まて再活躍できるキャラある。
×・スパーク家族は友情出演は必要ない、つまないキャラだがな、あ、父以外。
○・その故に、サウンドウェーブ幻象話の人間ゲストたちのほうがおもしろい。
×・しかしその話はG1アニメ特有の駄目ご都合主義あり。
○・和製キャラにも惜しいなく使い、サブキャラでもわるくない。
○・ご都合主義キャラグリムロックとコンドルの原形が惜しいなく示せ。

【ストーリー】

○・まあ、エリートガードとサイバー忍者の設定はここで始まり。
○・歴代TFのネタがしっかり使い(マイクロンはシースン4が預定だが)。
×・ストーリー基本はその修理組が中心点なので、基本の活躍キャラはあの五人。
×・しかもそれそれ原因により尻尾切れの故、最終回なんが中途半端。
×・そのゆえ一部キャラ(アーマーハイドなど)の活躍はあまりない。
(ストーリー評価の3つ×は大マイナス点なり。)

【日本吹替版の変化】

△・ようやく西野つかさのCVは出演、だが吹替対象はTFではなく、プロフェッサー・プリンセスである。
○・日本吹替版では一部不当シーンが削除される。
×・なにゆえ必殺技コメントだらけ。ないのほうがいい。
△・名称はコンボイような和名じゃないなら残念過ぎ、しかしもう錆だTFオタク一掃でも悪くないだが、でもやばりコンボイのほうがいい。
×・サブタイトルセンスは原語版より駄目。

【総合評価】

ギャラクシーフォース同様、かまり不幸なデレビアニメの一作。

[推薦数:1] 2011/01/29 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:142(28%) 普通:116(23%) 悪い:241(48%)] / プロバイダ: 31352 ホスト:31192 ブラウザ: 7885
結論から言わせてもらえば、「面白くないTFはもはや和製の代名詞ではない!」という落胆を覚えた作品です。
コンボイやサイバトロンという固有名詞をオプティマス・プライムやオートボットに変えた点は、
実写映画から入ったファンの混乱を防ぐ為の妥当な措置とは思いますが少々残念。

それ以上に、絵柄を子供向けギャグ作品のようなコミカルな(悪く言えばダサい)ものにしておきながら、
妙に説教臭かったりややこしい話が多いのが減点対象ですね。
あの初代にもそういう話はいくつかありましたが、当時の子供の目でも…そして大人となった今の目で見ても(単純明快で楽しいエネルギー争奪戦に比べ)明らかに面白くないですもの。
それと本編には関係ないのですが、音仏家は(微妙とは言え)本編をカットしてまで入れる価値があったのでしょうか?
歴代TFに出演した声優やスタッフを起用したのはいいのですが、魅力もないのにサイバトロン対デストロンの構図をブレさせた
2010のクインテッサ星人を髣髴とさせるつまらない人間の悪人どもとか微妙な配役だったり(ヘッドマスターには笑いましたが)、
BWリターンズのように原語版では微妙だった作品を少なくとも和製よりは笑える楽しい作品にする事もなかったのが残念でした。

スタースクリームは例によって面白いキャラではあったんですけどね。
声がスタスクの異端児マイクロン伝説版と同じというのもギャップが……。
とは言え、初代の亜流を出て独自の魅力を感じるほどのものではありませんでしたが。

遠い未来だと思っていた2010年も過ぎ去りし今、トランスフォーマーというブランドが初代の輝きを取り戻す事はもうないだろうか?そんな不安を感じる作風でした。
[共感]
2011/02/12 語っている内容そのままで、面白くする工夫はありませんでした。実写版完結編のダーク・オブ・ザ・ムーンもアメコミ原作のような暗い展開になってしまうらしく、実写版の殺伐とした印象がプラスされ、不安の方が大きいです。 by 634

[推薦数:1] 2010/11/21 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2050(50%) 普通:798(19%) 悪い:1274(31%)] / プロバイダ: 10841 ホスト:10958 ブラウザ: 9831
原語版で見る限りはいろいろと面白い期待感もあったのですが、和訳版となれば・・・。

【良い点】
ビースト声優達の出演。

ブリッツウイング=タランス&シモンズ&アルファQ、ブラックアラクニア=ブラックウィドー、ジェットファイアー=ラットル、ジェットストーム=チータス&グレン、スピードキング=ゴリラコンボイ、ブラー&スクラッパー=スコルポス、グリムロック=ダイノボット&アルマダデバスター、ショックウェーブ=ランページ&スパリンスカイファイアー、レックガー=シルバーボルト&スパリンロードバスター、ミックスマスター=ライノックス、ファンゾーン&サウンドウェーブ&スワープ=テラザウラー&クイックストライク&スパリンナイスク、スィンドル=ナイトスクリーム&スパリンインフェルノ、ストライカ=ストライカ、ワスピネーター=ワスピーター・スラスト、スリップストリーム=ボタニカという具合のビースト声優さん達の出演は、良くも悪くも個性的な役どころを上手く再現し、ちょっとした同窓会気分に浸れるような気持ちでした。

コンボイとロディマスが、それぞれオメガスプリームとロディマスでまた出演しているところもファンサービスになったとは思います。オプティマス=ビーストⅡスタスク、バンブルビー=スパリンのキッカー、アイアンハイド=スパリンオメガ、ラチェット=アルマダコンボイ、プロール=アルマダアイアンハイド、メガトロン=フレイムコンボイ、スタースクリーム=アルマダスタスク&ジョーンズ博士&レノックス、ウルトラマグナス=メガザラック、マスターソン=ホットロッド、アングリーアーチャー=グランドコンボイという具合に、和製や実写版からのキャストも賑わせてくれています。

いろいろキャラが登場しますが、TFのキャラクターを知っていれば、一発で判るし、そういった具合で見られたのは良かったです。そういったファンニーズに添ったお遊びシーンとお遊び背景は評価できます。

【悪い点】
けれども、海外作品であるにもかかわらず、なんというか、悪評ばかりの和製TFの影響を受けてしまったような印象が非常に強いです。バンブル(バンブルビー)が聞き分けのない和製TFの若手サイバトロン(オートボット)のような印象を受けるし、センチネルプライム(センチネル)もそういった和製キャラの悪影響を受けていそうな好印象の無いキャラクターです。

中途半端な名前変更も抵抗感があります。普通にコンボイ司令官(オプティマスプライム)と呼べばいいのに、実写版からの流れでオプティマスプライムにしても、TFを知らない人はともかく、知っている人には違和感を与えるのは避けられません。バルクヘッドという原名をアイアンハイドに変えても、G1からTFを知っている人には赤い血の気の多いサイバトロン戦士というイメージがある分、これまた変です(原語版のアイアンハイドもいじめっ子で良いキャラとはいえませんでしたが)。

原名サイバトロン星をセイバートロン星と呼ばなかったり、バンブルをバンブルビー、ブラックウィドーをブラックアラクニアに無理矢理呼ばせても、ビーストを知っている人からも違和感を与えるだけだといえます。デストロン(ディセプティコン)側もキャラの魅力が全般的にありません。魅力的な悪役要素は薄らいでいます。アドリブや吹き替えでも健闘してるのは正調ビーストメンバーだけで、後は完全に空振りに終わってしまっています。

旧来キャラをいろいろ出して、いろいろ新味の作風にしてみようと思ったら、誤算になってしまったような気がします。今後本家アメリカでこんな作り方をされては、TFの魅力や面白さは薄らぐ一方だと思います。サリやサムダック博士の関係も別に面白くはありませんでした。

それに最後の家族コントもおもろくないだけだし、邪魔すぎるどころか、海外では放映された部分までカットして、どうしようもない。こんなお茶を濁してばかりの作り方したテレ東制作陣に猛反省を促したい。

【総合評価】
G1や正調ビーストどころか、実写映画版にも劣る内容だと思います。和製に悪い意味で限りなく近い海外作品という感じもするし、そういった事で本作は海外作品であるにも関わらず、G1やビーストのような快活な面白さは無い凡作以下の造りになってしまったような気がします。

中途半端なネーミング変更と詰まらない家族コント、そして、原語版を面白くできる工夫は『ビーストウォーズリターンズ』を最後に終わってしまったように思えます。海外作品でも和製の悪影響を受けて、こんな作風に・・・といった感じと、放映上の理由で、ビーストのような味のあるアドリブ作風が出来ないようにされてしまっているような気もします。これでは楽しめません。

こんな具合では単なる玩具販売アニメになったと言われても文句は言えそうにないし。タカラトミーも戦略を間違えたのか、あるいはテレビ東京がファンのニーズに応えるのに明後日の方向を向いていたというのが、悪い意味で一致してしまったような気がします。こういう感じでは、せっかくのTFという面白可笑しい素材を活かせられないのは至極当然だったようにも思えます。

いろいろなシリーズもの作品が、時代が下るにつれて、評価を下げたり、ファンの声が厳しかったりすることはよくありますが、TFもその例外から漏れる事はなかったようです。そして、このアニメイテッドが、実写映画以上にそういった形をある意味示してしまった感が強いといえます。

原語版の方がまだ楽しめた感も無い訳ではありませんが、和訳版だと和製同様に、最悪に近いとても悪い評価になると思います。

2010/08/05 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 24857 ホスト:24692 ブラウザ: 4184
【良い点】
米日のズレが絶妙で、放送開始のタイミングが良かったですね。私のような実写入りのファンも熱が冷めきらないうちにストックしてもらったといったところ。あとは吹き替え声優が豪華(?)でビーストウォーズの面々を意識しているのがいかにもG2世代に受けを狙っているという感じ。悪くはないです。
更に(現時点の)主題歌にJAMprojectさんを起用したのは当たりだったと思います。

【悪い点】
TFA放送前枠のアニメ、レスキューファイヤーはすべて見ていた五歳の従兄弟は数回で飽きたそうです。理由を聞くと
「話が難しくてわからないから」
だとか。
確かに子ども向けなのに展開が複雑な部分が少なからず思い当たります。
そしてこれまでのTFシリーズを見てきた何人かの方が指摘するよう、思い切ったデザイン改変に心が離れて行く場合も少なからずあるのでは。
その点、公式サイトが謳う「あの実写が〜」というキャッチフレーズは、「トランスフォーマーは実写映画が原点である」といった語弊を生み出しているような気がしてなりません。
極め付きはOP、ED前後の語りです。やるなとは言いませんが、TFAでBWのノリはよろしくないかと。そういうところでウケをとろうとする考えが相容れないです。
もう少し王道な脚本でやってもらいたい。

【総合評価】
昨今のファンの間のTFAブームにつられてニヤニヤしながら見ているうちは正直、それほど悪いようには思えませんが、一応既出のTFアニメを基準に、相対的な評価を付けさせてもらいました。

2010/07/18 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 9521 ホスト:9242 ブラウザ: 8416
TFは初代、2010、マイクロン、BW、実写映画あたりを見ています。
アニメイテッドは英語版を視聴済み。日本語版も毎週見ています。
今回の評価はあくまでトランスフォーマーシリーズとしての作品というより「アニメイテッド」単品としての評価を重視いたしました。

【良い点】
・設定がわかりやすい
物語のきっかけや目的・守るべき対象がはっきりしているので話の流れをつかみやすいです。

・メカのデザイン
賛否両論あるかと思いますが、純粋にデザインだけを見ると上手く今風にリデザインしたのではないかなあと思います。
シルエットだけで誰だかわかるというのも自分内ではポイント高いです。

・キャラクター
出てくる多くのロボットはとても人間臭く、とても親しみがわきます。
味方はもちろん悪役にも愛着が持てるキャラクター性はとてもいいと思います。

【悪い点】
・翻訳の違和感とカットシーン
海外アニメ・ドラマにはよくあることだと思いますが、やはり翻訳の際に言葉のニュアンスが大きく変わってしまうのは残念です。
また、日本オリジナルのOP&EDと番組最後の販促コーナーのおかげで3分近くも本編がカットされています。
そのため、重要な複線やキャラクターたちの細かい日常シーンなどがカットされてしまうのはとても残念でした。

・作品初期の独特な台詞
おそらくは方向性の模索だったのではないかと思いますが、1話〜5話くらいまでは本編の、またOPと次回予告は全編にわたり
以前のビーストウォーズのようなノリの掛け合いが展開されます。
自分はあまり気にならないのですが、嫌な方は嫌だと思うので悪い点に上げさせていただきました。
(ちなみに「フグ田くん」は10話前後からは全く言わなくなりました。
どこからかクレームでも入ったのでしょうか。。。)

【総合評価】

初代からTFを見ていた、またはこのシリーズに特別な思い入れがあるという方には少々お勧めできない内容と思います。
逆に実写映画でトランスフォーマーを知った方、今までのシリーズはほとんど見ていない方には、特に違和感も無く
楽しめるのではないでしょうか。

最初違和感のあったふざけた感じのノリは、話が進むにつれて控えめになっていきますので、苦手な方は
13話あたりから見るのもいいかもしれません。
また、逆にビーストウォーズのようなノリを求めるとかなりの物足りなさを感じます。
ただブラックウィドー(アラクニア)など、なつかしのキャラも出てくるのでビーストを楽しんで見ていた方にはオススメです。

超個人的な感想としては、話の順番やキャラ名の相違は初代からあったこととはいえ、自分はそのままにして欲しかったなあ…
とはいえメカはかわいいし、話もいいので今後の日本語版の展開が楽しみです。

2010/06/19 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:135(28%) 普通:47(10%) 悪い:295(62%)] / プロバイダ: 38670 ホスト:38634 ブラウザ: 8416
原作は知りません。一応毎週視聴してます。
実写映画のTFに対応した作品と思われ、過去作品、特に初代を視聴したことのある人にとっては違和感ありまくりな作品と言える。
今のところ良いと思う点は無いので悪いと思う点をまとめて評価します。
キャラ。まず一番違和感を覚えたのがオプティマスプライム。どこからどう見てもコンボイな見てくれと役割なのにこの名前はまったく馴染めない。また、このオプティマスプライムと言うのは、過去作品ではセイバートロン星で天体規模のTFと言うギャグとしか思えないトンデモ設定のキャラでそんなのをリーダーに持ってこられても白ける。それからデザインも過去作品とは雰囲気がまったく異なりロボットぽくない為とても違和感を覚える。カクカクしたようないかにもと言うデザインと変形前後の整合性が取れている事がこのシリーズの特徴だと思うのだが、本作はアメコミヒーローって感じのデザインで面白味に欠ける。それから登場する人間のデザインも米製ギャグ系の作品に出てきそうなデザインをしていてこれまでのTFのイメージとはまったく異なりいただけない。ストーリー。1話完結なのだが、毎回話が良く分からない。デザインは子ども向けなのに話は分かりにくい。その原因の一つに人間がオートボットとディセプティコンの両方を相手にしていると言う点にあると感じる。また、ディセプティコン側のTFたちの性格が初期の頃の作品のような悪一色で描かれていない為、どっち側かマークで見分けるしかなく分かりにくい。声優。アドリブが鬱陶しい。ビーストウォーズを思わせるようなOP冒頭からまったく好感が持てない。ビーストウォーズの時はゴリラを出してコンボイとかギャグ要素が強かったからこそアドリブが活きたと思うのだが、本作はあまり遊び心と言うものが感じられず退屈な作品にアクセントを付ける為、声優に適当なこと言わせて笑いを取ろうとしている風に見えてしまい痛い。本編中に毎週のように出てくる他作品ネタは一部ネタとして喜べる人もいるだろうが寒いだけ。結構古いネタが多いのだが、どの辺を視聴者として狙っているのか不明すぎる。番組の最初と最後に流れる実写映像を見ると恐らくは親子での視聴を視野に入れているのだろうと想像できるのだが完全に滑っている。おとなはこのキャラデザに違和感を覚え、子どもはなんか意味不明な事言ってるなと言ったところだろうか。
個人的な感想になるが、この作品は、受け付けない。まだ、いわゆる和製TFの方がはるかに楽しめる。話もつまらないし30分の視聴が非常にしんどい為これで視聴は打ち切ります。
評価ですが、とても悪いとします。

2010/04/28 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:131(42%) 普通:42(13%) 悪い:140(45%)] / プロバイダ: 15782 ホスト:15711 ブラウザ: 10445
『ギャラクシーフォース』以来5年ぶりのトランスフォーマーのアニメですが、トランスフォーマー達の呼び方に一部かなりの違和感を覚えます。特に日本で馴染みのある「サイバトロン」「デストロン」の呼び名が使われず、「オートボット」「ディセプティコン」というアメリカのものがそのまま用いられていることは残念です。個々のキャラにしても、少なくともオプティマスプライムだけは「コンボイ」でよかったのではないでしょうか。もともとアメリカで製作されたアニメだけに、先方から「名称を変えるな」という要請があったのかもしれませんが。

内容についてはまだ始まったばかりなので何ともいえませんが、今まで視聴したところではなかなか面白そうで、結構期待できるかなと思っています。

(2010年5月28日追記)
この作品の日本版の台本はずいぶんと独自性があります(字幕版があれば比べてみたい)。特にメガトロンがサムダックに対して「娘さんのプレゼントにどうかね『フグ田君』」と言ったときには驚きました。すごい楽屋落ちです(確かに配役は穴子さんと同じ若本規夫さんなのですが)。

この評価板に投稿する



2020/03/21 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 446 ホスト:424 ブラウザ: 10419 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/友情/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 今日のXNALARA by 九天公爵
=window_width){this.width=window_width*0.96;}}else if(window_width && this.width>window_width*0.75){this.width=window_width*0.75;}"> 又してもBASARAお市 元ネタはトランスフォーマー アニメイテッドの某エリートガード。
記事日時:2016/02/23
2. ハッピーバースデイ蜘蛛姉ちゃん by 634
... の誕生日です。 いろいろな、いずれも濃い印象を与える女性キャラを演じるインパクトが強いのですが、真っ先に思い浮かべるのが、『ビーストウォーズ』シリーズの蜘蛛姉ちゃんこと、ブラックウィドー役だったといえるでしょう。 ブラックウィドーを3作連続で演じ、『アニメイテッド』のブラックアラクニア(ホントはこっちが原語名)、『プライム』のエアラクニッドといういずれもブラックウィドーの流れを組む蜘蛛に不気味に変身する女性トランスフォーマー役で、TFファン ...
記事日時:2014/01/10 [表示省略記事有(読む)]
3. "各局のアニメ史 " by 陣兵
... 「ミラクル☆トレイン〜大江戸線へようこそ〜」、「あにゃまる探偵 キルミンずぅ」、「ささめきこと」、「たまごっち!」、「FAIRY TAIL」。 【"10年】 「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」 「バカとテストと召喚獣」 「はなまる幼稚園」 「ケシカスくん」 「爆丸バトルブローラーズ ニューヴェストロイア」 「HEROMAN」 「トランスフォーマー アニメイテッド」 「極上 ...
記事日時:2011/05/28 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ