[アニメ]とらドラ!


Toradora!
  • 感動
  • 可愛い
  • 友情
  • 面白い
  • 楽しい
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:とらドラ! / 文学:とらドラ!
アニメ総合点=平均点x評価数41位6,138作品中総合点329 / 偏差値100.53
アニメ平均点683位2,802作品中平均点1.30=良い/253評価
2008年アニメ総合点1位226作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.03(とても良い)70
映像1.74(とても良い)70
キャラ・設定1.66(とても良い)70
音楽1.66(とても良い)70
ストーリー1.46(良い)70
感動61%43人/70人中
可愛い56%39人/70人中
友情53%37人/70人中
面白い53%37人/70人中
楽しい41%29人/70人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

「この世界の誰一人、見たことがないものがある。それは優しくて、とても甘い。多分、見ることができたなら、誰もがそれを欲しがるはずだ。だからこそ、誰もそれを見たことがない。そう簡単には手に入れられないように、世界はそれを隠したのだ。だけどいつかは、誰かが見つける。手に入れるべきたった一人が、ちゃんとそれを見つけられる。そういうふうにできている。」

1話の最初のナレーションで竜児と大河が語るこの言葉こそに、この物語の中にちりばめられた人間模様と10代の成長の過程、コメディとシリアスを織り交ぜたラブストーリーが集約されている。


※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
放映局:テレビ東京 テレビ大阪 テレビ愛知 テレビせとうち テレビ北海道 TVQ九州放送 AT-X 鹿児島テレビ

原作:竹宮ゆゆこ (メディアワークス電撃文庫)
原作イラスト:ヤス

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2008/10/02(木) 01:20-01:50 テレビ東京 TV / 終了日:2009/03/26
[開始日詳細]
放送局
放送期間
放送日時
テレビ東京2008年10月01日 - 2009年03月25日水曜 25時20分 - 25時50分
テレビ大阪2008年10月01日 - 2009年03月25日水曜 25時20分 - 25時50分
テレビ愛知2008年10月01日 - 2009年03月25日水曜 25時28分 - 25時58分
TVQ九州放送2008年10月05日 - 2009年03月29日日曜 26時30分 - 27時00分
テレビ北海道2008年10月06日 - 2009年03月30日月曜 25時30分 - 26時00分
テレビせとうち2008年10月08日 - 2009年04月01日水曜 25時48分 - 26時18分
AT-X2008年10月17日 - 2009年04月03日金曜 11時30分 - 12時00分
鹿児島テレビ2009年02月26日 - 2009年08月20日木曜 26時10分 - 26時40分

※ この日付情報部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
公式サイト
1. とらドラ!
2. テレビ東京・あにてれ とらドラ!
オープニング動画 (2個)
プレパレードプレパレード
歌:釘宮理恵 堀江由衣 喜多村英梨
詞:渡邊亜希子
作曲:大久保薫
編曲:鈴木光人 [ファン登録]
[もっと見る]
304,232283255
最近の閲覧数
1114132613171710919
10人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/08/08 / 最終変更者:霧の童話 / その他更新者: ちゃ〜ちゃん / 管理人さん / S・N / みゆきちいいいいい / kunku / 提案者:DONP (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/02/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(75%) 普通:1(25%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 2070 ホスト:1962 ブラウザ: 10319
ハーレムではなく、王道の恋愛ストーリー。
男女の心の機微を丁寧に描いた作品。しかし話の内容は大変面白いです
話が進むにつれてメインキャラそれぞれ全く異なる色々な家庭が出てきます。家族愛や家族の形を考えさせられました。自分の生き方の幅が少し広がったと思います。
また他のレビューにもあるような恋愛もドロドロでも最後にはそれなりにしっかりまとまる恋愛も描かれていてこれもなかなかよいものだと思います。

先生、友達、片思いの相手それに家族いろいろな人との距離感付き合い方に悩む
これぞ思春期って感じだと思いました。
評価は良い。

2019/02/22 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 22182 ホスト:22107 ブラウザ: 10004
【良い点】
作品のビジュアル

【悪い点】
ヒロインが頭がおかしいため感情移入しずらい

【総合評価】
一話見た時点で視聴を断念せざるを得ませんでした。
ヒロインの大河が、主人公が親切にしても恩を仇で返すような言動や行動。
ラブレターを見られたからと言って不法侵入して木刀で襲い掛かってくるのもわけがわかりません。

2018/07/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:223(61%) 普通:61(17%) 悪い:84(23%)] / プロバイダ: 9896 ホスト:9539 ブラウザ: 10196
♪俺の 俺の 俺の話を聞けぇ〜 二分だけでも良い〜〜

視る切っ掛けとなったのは、以前に筆者がブログにした題材「龍虎ネタ」を投稿した時、ルミナさんから頂いたコメントを参考にして、
メディア史上初(?)の龍虎カップルを見てみようか(笑)、ということでレンタル鑑賞へと入りました。

櫛枝を主に登場人物の発言が色々な作品のパロディー、 ミキタン‥‥‥‥じゃなかった川島の口癖が「はぁ〜?」などを通して時代の流れを感じました。(笑)

月並みになりますが、リュウジ君と手乗りタイガーが徐々に親密になっていく過程、常に誰かへ想いを寄せていたがゆえに生まれた各々のメンツの心の葛藤などが繊細に現れていたため、実に丁寧な26話でした。

リュウジ君は普通に偉いと感心していました。 自炊したり母に迷惑をかけまいと自分で進路を決めていたりとちゃんと自立していましたし。

当初の手乗りタイガーの傍若無人ぶりが無ければ、「最高」にしていました。(笑)

[推薦数:1] 2016/10/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(50%) 普通:1(50%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 21252 ホスト:21248 ブラウザ: 4971
【良い点】
・泣けます。私はスキー場で櫛枝が竜二に頭のヘアピンを見せるシーンで泣きました。

○見る度に新しい発見があります。初めは亜美のことを陰険でいけ好かない奴だと思っていましたが、今では一番好きです。

・心理描写が丁寧で、キャラの心情を存分に考察できます。
主題歌、エンディングの歌詞にも見事にキャラの心情が表現されています。後半EDの「オレンジ」は大好きです。

○次々とイベントが起こるので見ていて飽きない。あと魅せるのがうまい。

【悪い点】
序盤に多く出てくる大河の性格(暴力的な行動や暴言)に慣れる必要があります。

【総合評価】
櫛枝の性格について様々な意見がありますが、私は若い頃によくある「痛さ」として許容しました。

個人的にラブコメアニメの最高峰だと思います。

2016/08/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:473(71%) 普通:99(15%) 悪い:95(14%)] / プロバイダ: 861 ホスト:586 ブラウザ: 5171
本作に付いてはリアルタイム当時にも視聴していましたが、
でも評価に付いてはある時期の段階からずっと迷っていて、
ここ数年は暫定で「とても良い」のままにしてたが、
ただ少し前に本作を再視聴して観終えた直後は
評価を「最高」に上げようかと思ったが、
でも冷静になって幾つかの点を考慮した上で
結局の所は「とても良い」のまま据え置きする事になりました。

まずは本作で一番に評価したい点を言えば原作付きでありながら
2クールという尺でストーリーをきっちり完結させてる点が何よりも大きく、
またストーリーの結末自体は序盤時点から概ね予測が付く物ではあったが、
例え展開が読めたとしても、それでも本作を面白く視聴できた点を言えば、
登場人物の心情描写の丁寧さが伺えて、この辺りに関して言うなら
他のラブコメ作品と比較しても1枚上を行ってる感が有り、
そしてストーリーが中盤・終盤と進むに従い
名話ラストの引きやクライマックスの場面に於いて、
盛り上がりを見せる内容となり視聴者を引き込ませてくれる物が有りましたね。

さて、ここまでのコメントを並べた所までなら「最高」と評価しても良いのですが、
しかし、ここから先に述べる点に付いては個人的に引っ掛かりを覚えて、
その辺りに於ける部分を幾つか挙げるなら、
まず一つ目はキャットファイト展開が本作には何回か用意されてるけど、
個人的にはキャットファイト展開が入るのはあまり好みじゃないのと、
続いての2つ目は実乃梨のハイテンションなキャラに対して苦手意識が有り、
どうも彼女を観てると疲れるなぁという印象が強いですが、
因みに上記に挙げた2つの点に付いて言えば以前はそこまで気にしてなかったけど、
最近になってキャットファイトや過剰なテンションに付いては
以前ほど許容出来なくなった気持ちが強く沸いたので、
上記の点を考慮して本作の評価は「とても良い」のまま据え置きにしたいと思います。

2016/06/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 26520 ホスト:26627 ブラウザ: 10536
【良い点】
ライトノベルアニメに限りませんが、こういった創作はキャラクターの綺麗なところ(最近ではポンコツ萌えとかぐーたら萌えみたいなのもありますが、基本的には可愛いと思わせられるような部分)しか見せない。勿論、僕はそういう萌え萌えなの大好きですが。
しかしこのアニメ、当然のように、キャラの嫌なところを見せ付けてきます。可愛いやかっこいいを逸脱して発露される感情は、簡単なミステリーものよりも深く、ドス黒いところまで作り込まれてるんです。ただし、登場人物は高校生なので、適度(過度?)な青さは残してますが。

【悪い点】
キャラの感情が揺れる場面で、各キャラ必ず、嫌われるかもしれないレベルまで嫌な人格が顔を出します。
我儘で自堕落で、大事な所で失敗するヒロイン。外面が強化外骨格な痛々ヒロイン。腹黒陰険ヒロイン。優柔不断主人公。結構な無責任行動を繰り返す親友キャラ。
そういう、キャラのダメなところも愛せる人か、ストーリーのスパイスとして味わえる人じゃなきゃ、耐え難いものがあるかもしれません。僕は大好きですが。というか、どれも声優の演技がやばずて、これらの人格の表現がとにかく強い。

【総合評価】
声優の演技だけでも見る価値あり。濃いストーリーが好きなら必見。ここまで心が揺れ動くラブコメは未だに殆どありません。感動シーンにばかり目が行きがちですが、ヒロイン二人の喧嘩シーンの、色々内側に含んだまんま陰険に陰湿に続く口論は、もう、演技経験者としてはただ脱帽。
あと泣きたい人。きっとどこかしらで泣ける。超良質なストーリーになってますよ!

2016/05/18 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:41(76%) 普通:2(4%) 悪い:11(20%)] / プロバイダ: 1830 ホスト:1884 ブラウザ: 5171
【良い点】自分もこんな高校生活を体験してみたかった。というよな,もちろんコメディではあるが非現実的な憧れを抱いてしまう作品。

【悪い点】一人一人の心情が,見事に描き切れているのでなし。

【総合評価】もっと×100倍,評価されてもいい作品。これ以上の恋愛コメディ(ある意味 まじめ)な作品は,日本にはない。と思う。

2016/05/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:82(47%) 普通:13(7%) 悪い:80(46%)] / プロバイダ: 26169 ホスト:26074 ブラウザ: 4721
【良い点】
・キャラ
・音楽
・内容

【悪い点】
・今見ると絵柄が古いかも
・くしえだの普段の性格

【総合評価】
2008年秋ではベスト3。年間でもベスト3。
ぶっちゃけ2017年現在でもこの内容レベルはそうそうない。
正直、こんなに面白いものと思わなかった。
最初見たときは3話で切ったけどそれもすぐに後悔。
亜美登場からするすると面白いように見れたのは良かった。

最後に竜児かっこいい。
ラノベ主人公、いや主人公でここまで不快感のない主人公はいない。

2016/05/09 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:14(61%) 普通:2(9%) 悪い:7(30%)] / プロバイダ: 48583 ホスト:48538 ブラウザ: 5171
久々にいいアニメでした。
ストーリーに中だるみが無く、序盤から終盤にかけて飽きることなく視聴できました。
また、ここぞの場面でのキャラの心理描写が凄く上手だったように思います。
ただひとつ気になるのは第1話の大河が初見だとかなり引いてしまうものでした。
恐らくこのアニメは初見で「あーちょっとムリ」て思い、視聴をやめてしまった人もいるかと思います。
でもそこで辞めずにもうしばらく大河を見てあげて欲しい。きっと最後には初見での悪印象も良い思い出?になってるはず・・
自分は大河よりも大河を優しく包み込む竜児に引き込まれましたね。

2016/04/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 30744 ホスト:30760 ブラウザ: 9081
ネタバレしたくはないので私が感じた魅力を紹介します。

・OP,EDが良い
・それぞれのキャラ設定に魅力がある
・大河と竜児の関係
・実乃梨や亜美の性格
・後半の展開

ですかね。。。

あんまり熱を入れて紹介するとキャラ一人ひとりの性格や行動のまで話が行ってしまうのでここでは概要的な説明に留めておきます。とりあえず見てほしいです。好き嫌い別れるのは仕方ないですが、きっと好きになって頂ける内容だと思います。

これより下、ネタバレ(微)あり

感想

正直いってラブコメでここまで感動したのは初めてでした。実乃梨や亜美や大河のはみ出したキャラ設定が無かったら、とてもラブコメとは言えない暗さになると思いました。個人的に気に入っているのは大河の竜児に対する気持ちの変化ですね。自分を肯定してくれた人に寄り添っていく、実に人間らしい行動だと思いました。大河はあの性格なので、ただわがまま言ってるだけなんて言われますが、後半の竜児に対する態度を見ていると人間として成長しようとする意志が見えてとても素晴らしいのではと思いました。実乃梨や亜美のキャラもただ作品を盛り上げるだけでなく、人それぞれの悩み方や解決の仕方の違いが出ていてとても良い性格だったと思います。クラスメートも実に高校生らしい考えで行動していき、それがまたリアルで良かったですね。まだ一周しかしていないのではっきりと分かっていない部分もあるかと思いますが、大河、実乃梨、亜美、竜児、北村、どの人物も面白かったと感じています。私はアニメ等では高確率でメインヒロインや主人公を好きになるタイプですが、今回も大河と竜児の関係にただただ感動していました。完結しているので続編がないのは悲しいですが、良作として残るにはきちんと話を終わらせることも必要だと思いますので、完結した話の中から新たな魅力を発見していきたいと思います。

[推薦数:1] 2015/10/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:19(51%) 普通:16(43%) 悪い:2(5%)] / プロバイダ: 26496 ホスト:26394 ブラウザ: 5171
自分のブログからの引用で評価させていただきます。

【良い点】

・しっかりとしたストーリー。

量産型ラノベアニメと違い、
しっかりと筋の通ったドラマがあったのが良かったですね。

それぞれのエピソードの山場ではしっかりメリハリを出せていたと思いますし、
基本的に、良く出来たストーリーだったと思います。

前半はラブコメで、後半からは結構重い展開になっていきますが、
どちらも良かったと思います。
私はどちらかというと、後半の方が好みですかね。

原作とほぼ同時期にアニメも終わったため、
ストーリーがしっかり完結してるのも好印象です。

・心理描写が上手い。

本作のキャラクターの心理描写は、見ていて上手いと感じることが多かったです。
特に表情の描き方なんかは、
アニメであることをしっかり活かしていて、良かったと思います。

19話の大河のシーンはグッときました。

・女の戦い。

女同士の喧嘩というのは好き嫌いが分かれそうですけど、
映像に迫力はありましたし、他の作品にはない新鮮味もあったので、
個人的に好印象です。

・キャラクターが個性的。

メインキャラに関しては、どのキャラもしっかり掘り下げができていて、
記号的なキャラ、というのはいなかったと思います。
賛否が分かれそうではありますが。

・最終回。

結構感動的で、良かったと思います。
最終話で、若干評価が上がりました。

・主題歌。

OPとEDはどれも結構良かったと思います。
あと、EDへの入り方は好きでした。

【悪い点】

・後半の展開。

面白かったんですが、
シリアスへのシフトが、ちょっと無理やりだったように思います。

恋愛と友情は関連した要素ですから、
どちらか片方が上手くいかなくなったら、もう片方もおかしくなるというのは自然な事だとは思います。

しかし、修学旅行なんかでは主人公を中心とした相関関係以外の部分でも、トラブルが起きていて、
少し展開に強引さを感じてしまいましたね

また、終盤においてはそれ以外にも、進路や家庭の問題まで絡めたので、
さすがに悪いことが一気に起こりすぎで、
シリアスでリアリティがあるというより、むしろ不自然な感覚の方が強かったです。

シリアスならリアルってわけでもないと思いますし。

2クールという尺に問題があったのかもしれませんけど、
もう少しじっくりと、それぞれの問題に向き合って欲しかったですね。

【総評】

高い評価を得ているだけはあり、
一般的なラノベアニメとは一味違った魅力のある作品でしたね。
この手の作品としては、かなりストーリー性があると思います。

後半の展開は気になる部分も多かったですけど、
最終回は良かったですし、視聴後の満足感は高かったです。
話もしっかり完結してますしね。

女キャラが良い人と言い切れない性格をしていたり、
女同士の喧嘩があったりと、賛否が分かれそうな側面もありますが、
完成度は高いですし、基本的には良いアニメと言えるものだったと思います。

2015/09/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:13(65%) 普通:1(5%) 悪い:6(30%)] / プロバイダ: 6419 ホスト:6465 ブラウザ: 11449
キャラの子どもらしさがよく出てる。
王道かつフィクションだけど鳥肌立つシーンもありつつ、見て良かった。

2015/08/16 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:23(74%) 普通:6(19%) 悪い:2(6%)] / プロバイダ: 11453 ホスト:11360 ブラウザ: 9330
これ好きだったな。

正直、最近の美少女アニメとかハーレムアニメとか、中身が全くなくて、設定違うだけで主人公やヒロインが大体同じって感じのアニメを全く面白いと思えないんですが、これは面白くて見てたな。
絵も綺麗で、女の子も可愛かったし、音楽もよかった。
主人公も格好良かった。
原作知らないけど、もしや作者女性なのか?っつーくらい、もてない男が原作なんだろうな…というハーレムアニメの雰囲気なかった。

特別な展開とか、完璧な登場人物とかは出て来ないんですが、男女年齢関係なく安心して鑑賞出来る良作だと思います。

2015/06/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:43(68%) 普通:1(2%) 悪い:19(30%)] / プロバイダ: 15589 ホスト:15513 ブラウザ: 5171
青春ラブコメといえば、この一作に限ります!青春の青臭さを見事に描ききった作品。心の機微をアニメならではの映像で
表現しているところも非常に良い。この作品、一言で言ってサイコーです。最近のラブコメアニメは、ハーレムばかりですが
これはそれとは違った良いものでした。

仲間と言いたい事を言い合って、ぶつかり合いながらも、分かり合える青春時代を過ごせるなんて素敵ですね。
目つきの悪い主人公、高須竜児は、学校中に不良と恐れられていた。ヒロイン逢坂大河は凶暴問題児として有名だった。
そんな二人がそれぞれの好きな人と付き合うため、あれこれ結託して、くり広げられる学園ラブコメ。
最終的には、いつも近くにいた互いに思い惹かれあう結末となる。

アニメの世界とは言え「とらドラ!」の竜児や大河たちのように、物語世界の中で、生き生きと躍動しているのを観てしまうと
今後の学園モノのハードルを上げてしまいます。どのキャラクターにも愛着が持てて、全員応援したくなるけど結局は
くっつけるのは一組だからと、やきもきしたアニメでした。みんなが幸せになれれば一番なんですが…
登場人物・曲・ストーリー・作画全てにおいて、文句の付けどころが無い完成度です。

釘宮さん演じるスモールな美少女キャラが、実は暴力的であると。まさしく「ギャップ萌え」ってやつですよね。
とにかく本作は、人の見た目と素行のギャップをやたらと強調してきます。
「誰も自分のことを解ってくれない〜!」といった不満を、それぞれの主要キャラは密かに、溜め込んでいる設定です。
ただの学園ラブコメだと思っていたら、話が進むにつれて、恋愛模様が複雑になっていき、最後の方ではラブコメの
コメの字はどこに行ったんだっていうくらいの真剣な恋愛シーンの連続でありました。

登場キャラクターが、みんなココの奥底の本音を言うんだけど、それが綺麗事過ぎない。
そして人間味のある思いやりなど、たくさん見受けられて、本当に魅力的な作品でした。

2015/05/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 4171 ホスト:3983 ブラウザ: 5999
【良い点】OP・EDもいい、ヒロインもぶっとんでたが、俺は好き。。
あの修学旅行ぐらいからますます面白く感じた。。
やっぱりいつもそばに居てくれる人が好きになるもんだなぁ〜と・・
あの大河の、チョコを渡すシーンでのみのりんが高須、大河に詰め寄るシーンが一番好き。
あと、みのりん、あみが不遇、可哀想という声もあるが、やっぱりこういうラブコメにおいては不遇な人はいるもの。(めぞん一刻なら、三鷹さん等々)
素晴らしい作品だと思う。。

【悪い点】
特に・・

【総合評価】なんであろうと素晴らしいと思う是非おすすめの作品^^

もっと読む

「【良い点】長すぎず短すぎず話のボリュームも満足いくものでした。豊かな心理描写がそれぞれの個性を引き立...」 by YUUUNA


次のページを読む

この評価板に投稿する


2017/07/04 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 42475 ホスト:42520 ブラウザ: 10902
電撃文庫、ひいてはライトノベルの看板的作品の一つ。

もっと読む

「9巻ですか…。ゥチも見たことないよォごめんねゥチゎ3巻まで持ってます(^▽^笑)...」 by 花音


次のページを読む
2018/12/21 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 9571 ホスト:9547 ブラウザ: 10172 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/可愛い 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 【活動1000日記念】自己満アニソンランキング ベスト300 by 545
... -LA HEAD-CHA-LA(『ドラゴンボールZ』OP1) 39位:それでも明日はやってくる(『NINKU -忍空-』ED1) 40位:Falco-ファルコ-(『うえきの法則』OP1) 41位:プラチナ(『カードキャプターさくら』OP3) 42位:星のかがやきよ(『名探偵コナン』OP15) 43位:オレンジ(『とら!』ED2 ...
記事日時:2018/01/19
2. 七星のスバル 感想#12(end) by エスパー
... のもやたらと稚拙くさい。 原作は数日前に発売された7巻で完結を迎えたそうだがなんならそこまでやってほしかった。 流石に1クールだとカツカツになるけど元々ちんたらやっててダルかったのだし、 原作と同時にポンと完結させてやるぜという大胆な挑戦やってもよかったんじゃね? 10年前のとらのように原作 ...
記事日時:2018/09/25
3. アニソン話(ラノベ原作編②) by rie-ru
... の続編です。 いつもながら最近の曲の紹介が少ないけど知ってる曲があるといいな。 今回は以下の3曲となります。 ●オレンジ(とら! ED2) ●旅の途中(狼と香辛料 OP) ●Brand New Morning(神様家族 OP) ではどうぞ。 ●オレンジ/逢坂大河・櫛枝実乃梨・川嶋亜美(釘宮理恵・堀江由衣・喜多村英 ...
記事日時:2018/08/04
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:とらドラ! / 文学:とらドラ!
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ