[アニメ]To Heart


とぅーはーと / To Heart
  • 可愛い
  • 面白い
  • 美しい
  • ロマンチックな気分
  • 感動
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:To Heart
関連アニメ
アニメ総合点=平均点x評価数280位6,279作品中総合点103 / 偏差値64.19
アニメ平均点479位2,826作品中平均点1.49=良い/69評価
1999年アニメ総合点11位147作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.43(良い)7
声優・俳優1.14(良い)7
映像1.00(良い)7
キャラ・設定0.86(良い)7
ストーリー0.57(良い)7
可愛い86%6人/7人中
面白い57%4人/7人中
美しい43%3人/7人中
ロマンチックな気分43%3人/7人中
感動43%3人/7人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

青春恋愛群像として春休みをはさみ、主人公とその幼馴染みの学園生活を中心にして女子高校生達との触れあいが描かれている。
※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
全13話 放映局:サンテレビ テレビ北海道 テレビ埼玉 千葉テレビ テレビ神奈川 新潟放送
静岡放送 テレビ愛知 KBS京都 広島ホームテレビ TVQ九州放送 キッズステーション AT-X

原作・監修:アクアプラス
日本 開始日:1999/04/01(木) / 終了日:1999/06/24
公式サイト
1. アニメ情報|ToHeart(トゥハート)
オープニング動画 (1個)
Feeling Heart
歌:中司雅美 詞:須谷尚子 作曲:下川直哉 編曲:下川直哉 松岡純也 [ファン登録]
[もっと見る]
54,9368069
最近の閲覧数
811374691724
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/12/11 / 最終変更者:竜巻回転 / その他更新者: kunku / 管理人さん / SS / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/02/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 3787 ホスト:3666 ブラウザ: 10317
10数年ぶりに視聴。
とても良質な作品ですが、この作品の魅力を語れと言われるとすごく難しい。
あえて言葉にするなら、何も起こらない日常を描いていることが最大の魅力。

[推薦数:3] 2019/01/30 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:368(56%) 普通:93(14%) 悪い:196(30%)] / プロバイダ: 11844 ホスト:11662 ブラウザ: 8289
これは作品というよりもゲームを売るための販促用動画ですね。
13話のほとんどを女の子の紹介に費やしていて、物語が進みません。
いわゆる、《ヤマがない》《オチがない》《イミがない》のやおい作品です。
ストーリーがないのでは作品として認めるわけにはいきません。
評価は「最悪」です。
[共感]
2019/01/30 序でに98年秋に発売予定だったPS1版が発売延期になった為、アニメも割を食い開始が半年延期になったそうです。トホホ…。 by 無限堂

2017/11/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:477(71%) 普通:103(15%) 悪い:94(14%)] / プロバイダ: 651 ホスト:220 ブラウザ: 4721
本作に付いてはリアルタイム当時に視聴してた頃から大好きな作品で
既に何度も視聴してる作品で、また最近になって再視聴したけど、
再視聴して改めて思ったのは本作が持つ爽やかな雰囲気が実に良いのですが、
尤も本作の内容自体を言えば極めて普通の学園モノではあるけど、
ただ普通の学園モノに見えても本作が持つ空気感って意外と他作品には無い気がして、
確かに本作はストーリーの起伏には乏しく劇的なドラマとかは無いけど、
そんな穏やかで何気ない日常の出来事を観てるのが凄く心地良く本作に惹かれるんですよね。

そして本作と言えば主人公である浩之のキャラが魅力的でしたが、
それにしても浩之に付いて言えば普段は如何にもやる気なさそうな性格をしてるが、
でも困ってる人が居ればさり気なく手を差し伸べる優しさが有ったり、
或いはここ一番という所で本気を出したら凄かったりもするけど、
因みにギャルゲー主人公と言えばヘタレという先入観が有り好感を持ち難いイメージが強いが、
本作の浩之に関して言えば他作品に見られるヘタレ主人公とは一線を画す
好感の持てる主人公であった事が本作の良かった点の一つだったかと思います。

それと本作は一応ギャルゲーアニメではあるが、
その割には恋愛要素が強く出てる印象はあまり無かったりするけど、
ただ登場キャラの関係性で言えば、あかりが明らかに不動のメインヒロインというか、
あかりも浩之も表立って思いを口にする事は無いけど、
雰囲気的に、あかりと浩之の絆が強固な物だというのを
周囲に居る登場人物も、そして視聴者側の立場から見ても、
あかりと浩之の繋がりの深さには察せられる物を感じて、
こういう様に本作って登場人物の心情を台詞とかで直接的に表す部分が無く
あくまで雰囲気によって伝えようという造りになっていて、
その辺りにおける雰囲気作りが何とも言えぬ味わい深い本作独特の魅力になってるんですよね。

後はギャルゲー原作アニメのわりに本作に関しては
露骨な萌えやエロに媚びた描写が無いという点では
誰が見ても安心して楽しめる作風だと思いますし、
とにかく本作が持つ爽やかさや上品な雰囲気が凄く魅力的で、
そして本作に付いて改めて言えば当時に本作がヒットしたおかげで
00年代以降にギャルゲー原作アニメが次々と制作されたという点において
本作はギャルゲー原作アニメの先鞭を付けて後世に於いて多くの影響を与えた作品と言えますね。

今回は久々に本作を再視聴したけど、まあ今から振り返ると少々古さを感じさせる物が有り、
また全体的に地味な作風で掴みの弱そうな作品にも見えるが、
それでも個人的には久々に視聴して十分に楽しめたし、
やっぱり本当に良い作品というのは時間が何年も経とうとも
魅力が色褪せないというのを改めて思い知りました。

2017/08/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:932(59%) 普通:351(22%) 悪い:297(19%)] / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 5171
幼馴染、ボーイッシュ、委員長、ロボットなどいろんなタイプの女の子と関わっていく学園青春アニメ。
メインキャラ以外は目立つのは1、2話程度なものの十分印象に残る描き方ができていた気がします。

ここまでだとよくあるギャルゲー原作アニメって感じなんだけどなんという雰囲気作りが凄く良かったように感じます!
音楽はゲゲゲの鬼太郎4期や学校の怪談などBGMが記憶に残るアニメを数多く担当している和田薫氏で映像と良く合っていました!

主人公は困っている人を見るとつい助けてしまういい人だし変態的な所もない。
だけど普段は気だるげな感じのことが多く不自然に聖人君子みたいな感じじゃないのが
人間味があってモテて納得のいい男の子になってました!

評価は「とても良い」でっ! 原作にも興味が持てたのでいつかやってみたいかな。
[共感]
2017/08/13 女性の貴女にも魅力的に映る辺り、浩之ちゃんの「男前」振りはガチである事を証左してますね。 by 霧の童話

2015/10/13 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 21252 ホスト:21261 ブラウザ: 7457
【良い点】
クラスの席を番号で決める斬新な方法
個性豊かな女性キャラ
メインキャラ4人の雰囲気作り
物語にロマンが感じられる

【悪い点】
レミーの存在が良くわからなかった

【総合評価】
メインメンバーを男女2人ずつにしたのもあるが雰囲気が出てる、これは非常にいい事です。
物語もロマンがあって見る価値大、クラスの席を番号で決めるという設定には驚きました。
でも悪くないですね。同じ年に公開されたアニメではモンスターファームと同じぐらい好きです。

2015/03/15 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:20(62%) 普通:0(0%) 悪い:12(38%)] / プロバイダ: 38205 ホスト:38194 ブラウザ: 10258
当時眠いながらも起きて1話目を観ていたが、あまりの質の高さに驚き目が覚めたことが良い思い出として残っている。 作画は時代関係無しで優秀である。
一番印象的なことは、独特な'静'な雰囲気のシーンが多々観られたことだ。 沈黙とは少しニュアンスが違ったその場の雰囲気が画面を通してみている視聴者に伝わってきた。言葉にし難い良さがある

また、話のもっていか方がなめらかであった。余裕がある脚本で急ぎすぎず、遅すぎず1クールで綺麗に収めていた。何と言っても主人公の浩之ちゃんが良い男であったのも良かった。美少女ゲームでありがちな観ていてムカムカする主人公ではなく、一つ筋が通っていたことは良かった。
欠点が見当たらない良作であること間違いない
恋愛ゲーム系の原作のアニメの原点とも言える教科書的な作品。
一つ言うならば今でいう、よくあるベタな内容
最高と評価するには、少しスパイスが足りない

2014/10/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:373(36%) 普通:204(20%) 悪い:465(45%)] / プロバイダ: 46114 ホスト:46126 ブラウザ: 10902
【良い点】
・女の子がかわいい。
・マルチがええ子。
・主人公が爽やかなツンデレ。
・おっさんキャラがいい味出してる。
・OPテーマ。
【悪い点】
あかりのツレの女がうるさかった。
【総合評価】
「とても良い」寄りの「良い」で!

2014/03/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 20328 ホスト:20438 ブラウザ: 5387
【良い点】
まず、映像の美しさ。アナログ背景ではジブリ級の背景をTVアニメに映せる小林七郎の水彩画背景と、美麗という言葉のためにあるような千羽由利子、絵を美しく見せる高橋監督による美しさは絶品です。めぞん一刻からのコンビなのでしょうか?
その美しさに艶を増すのは和田薫によるサウンドトラック、アニメ本編に使われた分だけでなく、OSTを聞いていただければOSTとして〓美しい″という評価をせざるおえません。その音楽と絵を引き立てるための演出も随所使われています。(1話のEver Green Daysの部分、12話の志保の買い出し時に見える静止画描写など・・・)
小林七郎背景にぴったり合う色彩も高いポイントです。同時期、もといこの作品の次期作である下級生、こみっくパーティでも小林七郎の背景が出ていますが、キャラ絵の明るい色彩にどこかかみ合わない感がありますが、この作品では完全に溶け込んでいる。相性のよいスタッフが集まったということでしょう。
次にキャラやストーリの秀逸さです。1話丸ごと席替えの話に充てるような淡々とした日常描写は、ある意味最近流行中の日常系の先駆けのようなものではないかとも思われます。
キャラクター面ではいわゆるギャルゲー、えろげー発の萌えを限定された層から大衆へとシフトさせた先駆者である本作品群の立ち位置を考えても、今に蔓延っているテンプレートの基礎的な部分がありますが、逆に初期作品であるからこその初々しさがあります。キャラクターの立ち位置、テンプレート的な個性というものはむしろこの作品にはありませんが、〓個性″を持ったキャラクターが物語を作っていくという大筋の基礎の一旦を築いた作品群であり、アニメではゲームでの個性を抑え日常に溶け込ませることでより一般に親しめるようにした功績があるといえましょう。
特に目立つのは主人公の立ち位置、個性でしょうか。いわゆるギャルゲー原作のアニメにはないタイフの主人公像は、テンプレを築かれる前の主軸(マンガ系)の主人公をちょっといじったような奴です。やる気がないように見えて本気になれば熱血といえるほどのやる気を見せる。実は少年漫画などでよくある主人公のほんの少しねじれたタイフなんですよね。ハーレム化せざるおえないギャルゲー原作の主人公とは違うタイフであり、アニメでは特に〓日常において高校生レベルで、格好いい行動ができる男子゛ということに徹しています。ゆえに高校生らしく恋愛ものの主人公がむしろ恋愛には無頓着日々を自分なりに丹念に過ごしている、という現実的な描写になり、主人公と人物たちがあくまで゛日常″を過ごすアニメになっている。
普通のアニメとしてもかなり異色の作品です。それゆえ人を選ぶ作品がもしれません。

【悪い点】
ストーリがない、ということでしょうか。1話完結の短編が淡々とつづられ、最後は締めとしてちょっと長めの中編が来る。全体的な面でのストーリというものは存在しません。プロモーションアニメという表現も聞きますが、大きなストーリとそれに付随する葛藤などのストーリーが存在しえない構成である分、そういったものがお好みの方には刺激が足りないでしょう。

【総合評価】
作品そのものの立ち位置、美しさ、魅力的なキャラクター(特に今では絶滅してしまったタイフの主人公)などなどを考えれば最高を出しても問題ないと思います。ストーリーに関しては、長編ではなく短編として見ていただければ十分満足できるのではないでしょうか。

2012/10/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:722(51%) 普通:387(27%) 悪い:302(21%)] / プロバイダ: 23094 ホスト:22865 ブラウザ: 8916
タイトルこそ知っていたものの、当時の過剰とも言えるマルチ人気に辟易していた所為で当初は全く無関心な存在でした。
ところが、暇潰し程度の感覚で何気なく観たアニメ版のクオリティの高さに驚かされ、瞬く間にハマってしまいました。

特に印象的だったのは主人公・藤田浩之の存在です。当初は彼の友人である佐藤雅史が(その端正なルックスもあって)主人公だと思っていたほど予備知識が無かったので、うだつの上がらなさそうな第一印象だった浩之こそが、所謂「ギャルゲー」の主人公である事に新鮮な驚きを感じました。アニメ版の浩之は、「色恋沙汰よりも皆でダベって騒いでる方が好き」といったスタンスで描かれ、飄々とした態度をとりつつもさり気なくヒロイン達のフォローに廻り、人と人との和を繋ぐ「潤滑油」として機能していたのが好印象でした。一見パッとしなさそうな感じでも、これだけ精神的にイケメンな男ならそりゃ女のコ達も惚れますわ。
ただし、続編の『Remember my memories』ではこれらの要素が殆ど失われてしまいましたが…。

作画・演出ともに安定したレベルを維持していて、総体的に良質な仕上がりの作品でした。今でもギャルゲー(アダルトゲーム)をモチーフにしたアニメの中では、特に完成度が高かったと評価しています。
…しかし、何ゆえオンエア版とソフト版ではEDテーマが異なっているのか未だに解せない。

2012/03/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 34218 ホスト:34327 ブラウザ: 5345
【良い点】
ふんわりとしたキャラデザ
しっかりしたストーリー
声優陣
【悪い点】
なし
【総合評価】
俺はこっちのほうがいい

とても良いで

2011/10/02 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 37807 ホスト:37850 ブラウザ: 7302
恋愛ゲームを原作にした学園ラブコメですが、非常に落ち着いた、ある意味で「上品な」作品と言えます。
この手の作品によくあるデフォルメ表現はほぼ存在せず、作画や動きは非常に丁寧に作られ、
あまり大きなどんちゃん騒ぎや起伏もなければ世界の運命を背負った超常バトルもありません。
人気ゲームのアニメ化という企画上のセールスポイントを除けば、人目を引くためのギミックがほぼ完全に排除されています。
そして、突飛な動きを配した映像面の演出や、感情の高ぶりよりも静謐な美しさを強調するBGMなども相まって、
ひたすら高校生の日常が落ち着いたスタイルで描かれています。
それにもかかわらず(というよりむしろそれ故に)、見ていて非常に心地よい作品です。
放送当時は「環境アニメ」などと揶揄されることもしばしばあったようですが、むしろこういう作品こそ実は商業的に
最も作りにくいものであるように思います(スポンサーや出資者を説得するための「売り」の材料に欠けるため)。

2011/07/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7043(87%) 普通:602(7%) 悪い:443(5%)] / プロバイダ: 36387 ホスト:36284 ブラウザ: 2413(携帯)
普通、ゲームが原作のアニメは成功しない。ところがギャルゲーは成功する。 その先駆けといえる作品でしょう。まず1クールという短い尺ながらヒロイン一人一人の魅力を上手く伝えられたこと。なかなか個性的なヒロインたちで彼女らの心の動き、行動にそれぞれの良さが伝わってきます。また、忘れてならないのが主人公の人柄の良さです。クールですが優しさを持ち、周りに流されない芯の強さを備えています。だからといってこの作品の雰囲気をこわすことなく、常にヒロインたちを立てるといった。柔軟な役割をはたしています。
以上のことがこの作品の成功の要因といえるでしょう。

2010/09/23 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:670(88%) 普通:60(8%) 悪い:33(4%)] / プロバイダ: 1682 ホスト:1844 ブラウザ: 3876
ゲームは未プレイ。

私はどちらかと言えば恋愛シュミレーションゲーム原作のアニメが好きじゃない。

ただこの作品はちょっと異色の部分が合ったとおもう。それだけじゃないのだが、ロボットをヒロインの一人に加えるという異色の作品だった。これが良かった。毛色の違う話が見れた。しかも恋愛と言うよりは妙な関係だった。結局マルチの存在が主人公の将来を決めてしまうので、かなり重要な存在だったので、幼馴染の女の子が嫉妬に近い感情を抱くのも分からないでもない。

それでも妙な関係だった。ロボットとの恋愛を真正面からやったチョビッツみたいな作品ではなかった。原作は違うのかもしれないが、アニメではそういう話ではなかった。その辺り多くのハレーム展開のアニメとちょっと違うなと思える部分だった。

ちょっと言えば、幼馴染が文句の言いにくい都合の良いキャラだなったと思う。結果描かれなかったが、マルチが原因で別れてしまったら、後味の悪い作品だっただろうなと思う。

マルチに関してだけ、SF作品みたいだったな。

2010/03/23 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:545(70%) 普通:88(11%) 悪い:148(19%)] / プロバイダ: 17997 ホスト:17896 ブラウザ: 10771
【良い点】
全体の雰囲気。ゆったりとした、静かな雰囲気を一貫していて、私はそれが好きだった。最近のアニメにはない雰囲気がある。
キャラクター。正直このtoheartの一作目は限りなく無知に近い私ですが、それぞれヒロインは魅力的に感じるには十分。ゲームのほうのデザインはかなり時代を感じるが、このアニメからはキャラの容姿はかなりライトになっていてとっつきやすい。
また、キャラでいえば、全体的に落ち着いたキャラクターが多い。
しかし、その中にシホやレミィのようなキャラもいるのでなお映えていた。ヒロユキもその代表的例で、私にはかなり男前に見えた。ずぼらではあるが、しっかりとして甲斐性があるし、何より高校生とは思えない落ち着き方。あんな物腰柔らかい高校生いねーよって言いたい。しかし、女の子にもてるのもうなづける奴だった。
落ち着きがあるゆえに、難しい演出も上手い。結構無音な空白が多いがそれもいい。
高校生活というものの良さがにじみ出てる。懐かしい。恋愛を全面に出しておらず、どちらかというと高校生活を追ったような内容で、必ずしも恋愛ものと言えない。

【悪い点】
結果とういうものがない、すでに書いたが、恋愛ものではないなぁというのが感想。もちろんヒロインとの交流はあるが、ギャルゲーでいえばまだルートを探る途中である。ラストにやっと、ルートは確定したか、というかんじであった。

【総合評価】
かなりの良作であると思う。月並みな言葉だが古き良きアニメだった。全体が丁寧で媚びた感じもしない。作画もいかにもアナログな感じだが、手抜きを感じない。
ぜひ機会があれば見ることをお勧めしたい作品。

2009/07/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:126(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 13014 ホスト:13348 ブラウザ: 5234
思い出の作品です!
作画も98年とは思えないほど良いし、ストーリーもしっかりしてます。
こういう青春を送りたかったです

もっと読む

「よくありそうな恋愛系アニメ。原作はゲームらしいが、よく知らない。なので予備知識無しに視聴開始。最初に...」 by SARINA


次のページを読む

この評価板に投稿する


2017/01/15 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 46115 ホスト:45984 ブラウザ: 10902
OP良かったけど最後の方切れてた。

2017/08/01 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/友情/楽しい/面白い/格好良い/可愛い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 【活動1000日記念】自己満アニソンランキング ベスト300 by 545
... き☆すた』OP) 294位:わぴこの元気予報!(『きんぎょ注意報!』OP) 295位: ウォーアイニー(『銀魂(第1期)』ED14) 296位:BRAVE PHOENIX(『魔法少女リリカルなのはA's』挿入歌) 297位:ママとのお約束条項の歌(『クレヨンしんちゃん』ED13) 298位:HEART TO HEART(『勇者警察 ...
記事日時:2018/01/19
2. 紛失MP3プレーヤー発見 by 霧の童話
... 使用に留まり『ゲッター』関連のアルバムからも悉くスルーされてしまった為 (つか、『ゲッター號』自体なにかとハブられ易いンだよなあ…)、好事家の間でしか存在を知られていない 「幻の主題歌」と化した感が有ります。この曲に関しては流石に、シングルCDを所有している友人から借り受けました。 ②「Access」(『To Heart』) 無印 ...
記事日時:2018/06/21
3. 秩父 痛車パレード 2018 by HARIKYU
... はなく敢えてこちらのキャラを択ぶとは通 。 秩父アニメの「 あの花 」と「 ここ叫 」もエントリーしていましたが 、最近はちょっと影が薄くなりましたね 。 根強い人気の「 蒼の彼方のフォーリズム 」 。 「 ろこどる 」が姿を消してしまったのとは対照的です 。 「 TO HEART 2 」 ...
記事日時:2018/04/22
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:To Heart
関連アニメ
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ