[アニメ]イヴの時間


いぶのじかん / The Time of Eve (Eve no Jikan)
  • 考えさせられた
  • 感動
  • 面白い
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:イヴの時間
アニメ総合点=平均点x評価数838位6,138作品中総合点35 / 偏差値53.03
アニメ平均点1,314位2,802作品中平均点0.83=良い/42評価
2008年アニメ総合点30位226作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.25(良い)12
ストーリー1.17(良い)12
声優・俳優1.08(良い)12
キャラ・設定1.00(良い)12
音楽0.83(良い)12
考えさせられた83%10人/12人中
感動42%5人/12人中
面白い42%5人/12人中
楽しい33%4人/12人中
可愛い25%3人/12人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

未来、たぶん日本。
ロボットが実用化されて久しく、
人間型ロボット(アンドロイド)が実用化されて間もない時代。
ロボット倫理委員会の影響で、人々はそれを"家電"として扱うことが社会常識となっていた。頭上にあるリング以外は人間とまったく変わらない外見に影響され、必要以上にアンドロイドに入れ込む人々は"ドリ系"と呼ばれて社会問題とされるほどである。
監督:吉浦康裕,キャラクターデザイン茶山隆介,アニメーション制作スタジオ立花,制作ディレクションズ

キャスト
向坂リクオ:福山潤

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2008/08/01(金) Webアニメ
公式サイト
1. イヴの時間
画像集サイト
Eve no Jikan Chapter 1 Trailer | 『イヴの時間』予告編完全版Eve no Jikan Chapter 1 Trailer | 『イヴの時間』予告編完全版 [ファン登録]
34,7554542
最近の閲覧数
3120103072
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2012/07/17 / 最終変更者:kunku / 提案者:コタツ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/12/11 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:615(70%) 普通:106(12%) 悪い:163(18%)] / プロバイダ: 20576 ホスト:20533 ブラウザ: 5511
【良い点】
・派手さはないが作画は綺麗でアニメーションとしては出来が良い。ヒロインのサミィはかわいいし(後述考えると美人OLルックスな意味がますます分からなくなるが)、喫茶「イブの時間」の空気感は悪くない
【悪い点】
・全体として世界観が掘り下げ不足で終わる(当然に続編出るだろと言われてた模様)
・他の方からも指摘があるロボットを人間的に見てしまうとドリ系と称されて白眼視されるのが作中世界。だったらなんで人に酷似した外見のが生産されて普及しているのかという最大の矛盾。あんな輪っかの有無に何の意味が?人情劇をやってるだけに根本が気になると苦しい
【総合評価】
散々と様々に扱われて来たこのSF題材を扱うならば、もっと詰めなきゃいけないだろうとの思いが拭えない。アニメーションとしての佳作感を考えても評価は「普通」

2018/11/26 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:2(100%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 6254 ホスト:6342 ブラウザ: 5509
惜しい作品、もうちょっと練れてればなぁって感じ

設定を作ってはみたものの掘り下げることができず投げっぱなしになった
その設定にも矛盾が多くその矛盾を複線のように見せかけて誤魔化しているだけの印象が強い
その誤魔化しを省くと鉄腕アトム時代からあるありふれた物語でしかない

俺はアニメーションが作りたいんだ脚本は面倒臭いんだよ!って叫びが聞こえてきそうな作品

2017/02/01 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 12667 ホスト:12509 ブラウザ: 5139
【総合評価】
この話自体は人間とアンドロイドの関係性を問うものですが、
アニメやゲームのキャラなど生身でない偶像にたいして
感情移入しすぎることの是非を問うのは現代にも通じるテーマです。

この作品の優れているところは、強い主張めいたものがなく
それゆえに視聴者の多種多様な考えを許容していること。
作品を通して考えさせられ、また、考えることを楽しめます。

2017/02/01 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:51(65%) 普通:1(1%) 悪い:26(33%)] / プロバイダ: 18194 ホスト:18043 ブラウザ: 9307
このシチュエーションは何所かで似たようなのを見たことがありますね。新鮮味がない落ち着いた地味な作品でした。ちょっぴり感動出来るシーンもありますがこれといった山もなく静かにスーッと終わってしまった感じで何を伝えたかったのかも不明瞭でパッとしない印象です。けれどイヴの時間の空間は良かった。人も動物である以上は本能から姿形が似たような異種を区別してしまうのは当然といえば当然。不気味だし、まして機械なので、感情や知性さえ宿れば、力と知能を取ってもあっという間に人間との立場が逆転してしまいますから線引きする人間がいてもおかしくはないでしょう。まあ害すら齎してもいないのに無碍に扱うのは如何なものかとは思いますが。

伏線を敷くだけで放置という投げ遣りな感じ、いい加減さが目立ちました。

評価は悪いよりのとても悪い

2016/12/05 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 24962 ホスト:25012 ブラウザ: 5137
このアニメのおかしいところは
現実社会でもペットに感情移入するのは普通のことだしペットに依存するのは病気だし
逆にペットを物扱いして虐待するやつらは異常者のはずなのだが
このアニメでは物扱いで虐待することに対して回りは気にしないし
逆に感情移入するだけで非難され白い目で見られるところなんだよな

要はこのアニメの世界自体が病んでいるディストピア的な異常な世界だってことを
最初に説明することが必要で
それが上手くできてないのでおかしな感じになってるんだと思う

要は話の作り方が下手クソなんだよな
もったいない作品だ

2016/11/15 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:53(46%) 普通:23(20%) 悪い:40(34%)] / プロバイダ: 493 ホスト:561 ブラウザ: 11672
劇場版をDVDで見ました。

【良い点】
喫茶店「イヴの時間」は最高の場所。人間とアンドロイド(人間と区別がつかないロボット)、ロボットのすべてがいる世界もいい。

【悪い点】
・ロボットが人間と見分けがつかない方向に改良されたことと、人間のアンドロイドに対する扱いが矛盾している。アンドロイドにカバンを投げつけたり、人間とアンドロイドが区別なく交流する場所を違法操業しなければならないほどに人間にとってアンドロイドが気味の悪いものとされる世界なのだとしたら、アンドロイドではなく人間の外見をしていないロボットに切り替えればいい話だし、そうしない理由がない。人間の姿に切り替えたのは当然親しみやすくするためで、そうなのだとしたら基本的にはアンドロイドは人間にとって仲の良い存在であり、しかしリクオのように個人的な理由で憎んでいる人もいる、という状態でないとおかしい。
・リクオの性格が悪い。アンドロイドを恨む理由は明かされるのだが、それにしても自分のハウスロイドに対する態度が高圧的であったり、それ以外でも他人のカメラの中に入っている写真をオープンにしたりと、幼稚な行動が目立つ。見ていて嫌な気分になる。
・何か変なことが起きて、一瞬画面が止まるというギャグの見せ方が多いのだが、面白くない。
・あの世界に自動演奏のピアノはないのだろうか?リクオのアンドロイドに対する恨みも、人間対アンドロイドという意味ではなく、あくまでも個人的なきっかけとしての恨みだと感じてしまう。

【総合評価】
設定は最高なので、リクオとその友人を抜きにして、「イヴの時間」でのナギと客の触れ合いを描いた作品なら見たいなと思った。本作の主題とは関係ないので、勝手な妄想だけど。そのくらい「イヴの時間」という空間は好き。客が出ていくと一定時間ドアが開かないというのが良い。
他の部分が色々と残念な、もったいない作品だと感じた。

2016/09/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1464(52%) 普通:714(25%) 悪い:636(23%)] / プロバイダ: 38882 ホスト:39057 ブラウザ: 8619
アンドロイドに心は宿るのか、人との間に信頼、絆が生まれることは可能なのか。
(おそらく)手塚治虫の時代から語られ続けたであろうテーマはついにここまで洗礼されましたか

アンドロイドが人間の生活に当たり前にあり、ドリ系と呼ばれる言葉すら問題となっている社会で
人間とアンドロイドを差別しない喫茶店「イヴの時間」に集ったロボットと人との交流を描き
その"心の通話"というのをテーマにしているようでした

といってもロボット側は人間への偏見なんかないから人間側の問題になるんだけど
リクオもマサカズもそれぞれアンドロイドに対して少し重い過去を抱えていたのですが
イヴの時間で過ごすことで、その気持ちが変化していく様や、心の温かさみたいなものを
感じられる作品になっていました

あとはナギがどのような想いをもってイヴの店を開いているのかや
根本的な部分の、何故この店だけは特別なのかなど、続きもちゃんとやってほしかったな。
語られなくても作品としては成立はするんだけど、示唆するよう終わり方はしてますからね

やりたいことだけを楽しむという意味では細部の設定は気にしてはいけないんでしょうけど
だったらソレっぽいこと匂わせずに完結させないとコッチは気になっちゃうよ!
つまりおもしろいし続きを観たいから早く作ってくれ!っていう要望なんですけどね

2016/03/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:120(54%) 普通:3(1%) 悪い:99(45%)] / プロバイダ: 44284 ホスト:44493 ブラウザ: 7874
原作は未読です。というかオリジナルですよね。

まず、なんといっても空気感が良い。
なにげなく見て、すっと引き込ませる力がある。
なんというべきか自然なんですよね。
だから6話見ても『もう終わり?』って感じます。

それが良いのか悪いのか・・・そのため、伏線というか、その回収が不十分なように感じさせることか。
続編を匂わせる終わりなんて良くあるので普通は気にもしないんだけど、この作品はその後が超・気になる。

お話は『人間とアンドロイドの関係』に言及したよくあるものですけど、これがありそうではなく、ありうると感ずるところ。
確かにこのように振る舞えるアンドロイドがあったならそうなるよね・・・。
というか、現在でも変なロボットとかではじめてる・・・いえ、すでにおしゃべりをするだけの玩具とかも受け入れられてるわけで、これから先こういうことも考えないといけないわけですよね。

評価は『とても良い』で。
続編を強く希望します。

2015/10/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:19(51%) 普通:16(43%) 悪い:2(5%)] / プロバイダ: 26496 ホスト:26394 ブラウザ: 5171
自分のブログからの引用で評価させていただきます。

【良い点】

・尺の割に内容が濃くて、良く出来ている。

本作は15分のショートアニメ5本と、30分のアニメ1本を編集して作られた映画なので、
作品の軸となるストーリーというのは無いんですけど、
一つ一つのエピソードの内容が濃くて、中々見応えがあります。

最後は感動的に終わるんですけど、
そこに至るまでに伏線がしっかり張られていましたし、
素直に良い話だったと感じました。

そして、特に評価したいのが「イヴの時間」という空間の使い方が上手かったことですね。

人間とアンドロイドが区別されないという特殊な空間の中で、
普段は話せない自分の身の上話をするアンドロイドというのは、
そのシチュエーション自体に、リアリティがありました。

また、リクオと「イヴの時間」で出会うアンドロイドとの間に、特別なドラマは存在せず、
あくまで日常会話の延長線上にある内容なので、
お互いの関係性に違和感がなく、すんなり話に入っていくことが出来ましたね。

また、そういった中で、
主人公であるリクオと、その友人であるマサカズのアンドロイドに対する認識が変化していくというのも、ごく自然な事に思え、展開に説得力があったように思います。

・キャラクターの描写。

各キャラクターの心理描写が丁寧でしたね。
さりげない仕草とかが中々良い感じで、しっかり感情移入することが出来ました。

また、ヒロインであるアンドロイドのサミィなんかは、
結構可愛らしく描けていたんじゃないかと思います。

それと、人間とアンドロイドが明確に区別され、
ドリ系という用語までが存在する世界の中で、
アンドロイドに対する考え方や接し方に個人差があったのが、人間味を感じ良かったですね。

その一方で、自分のアンドロイドに優しくする友人をからかう女生徒や、
リクオがドリ系にならないか心配する姉などの存在によって、
作中の空気感も、上手く表現出来ていたと思います。

見ていて色々考えさせられました。

【悪い点】

・回収されない伏線。

リクオ達が「イヴの時間」で日常を過ごしている裏では、
ロボット関連の組織や研究者たちが色々動いてるんですけど、
そのあたり、解決されないのはもちろん、特に進展もなく終わります。

普通なら、この部分が話の根幹部分になるように思うので、
そこを完全に放置して終わるというのは、ちょっとどうなのと感じます。

また、その結果、話の軸が存在しない内容になっているので、
物足りなさを感じる人もいるかと。

・メッセージ性が弱い。

人間とアンドロイドをテーマとして扱った作品ですが、
こうすべき、こうあるべきという主張は、特に伝わってきません。

人によっては不満に感じる部分かと思います。

【総評】

Web上で公開されたショートアニメを一本の映画にまとめた作品。
Web版は未視聴です。

この作品は話自体にそれほど面白みがあるわけでもないので、
魅力を説明しづらい所がありますけど、
視聴後は良い作品だったと感じました。

良い点として色々書きましたけど、
一言で言えば「雰囲気」が良いのだと思います。

また、悪い点に挙げたことは、
私としては、さほど気になっていません。

特にメッセージ性の弱さに関しては、個人的に問題ないと思っています。

この作品のテーマの描き方は、
「こんなのはいかがでしょうか?」と視聴者に提供する感じなんですよね。

舞台が喫茶店という事を考えると、敢えてそういう作風にしたとも考えられますし、
そういったやり方が、本作の持つ温かみに繋がっているように感じます。
なので、これはこれで良かったと思いました。

内容的に小さくまとまってる印象は受けますし、
飛び抜けた魅力があるわけでもないですけど、不思議と惹かれるところがあるアニメでしたね。

2015/05/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1354(49%) 普通:0(0%) 悪い:1382(51%)] / プロバイダ: 6349 ホスト:6513 ブラウザ: 4721
映画っぽくないし大きな内容とか軸とか展開とかある訳じゃないんだけど、なんか良かった。

一つ一つのエピソードを集めてまとめたって感じだから映画としての一本のストーリー性みたいなものはなかったんだけど、どうやらこの作品はインターネット上で公開されていた6話ぐらいの話を再編集した作品らしくて納得した。

自分としては逆にそれが良かったのか、最初思っていたのは単なる恋愛映画で主人公とヒロインのアンドロイドだけがメインになって感動させて行くような内容かと思っていたんだけど、全く違っていて主人公にしてもヒロインのアンドロイドにしても登場人物の一人に過ぎなくて、あまり目立っていなくて押し付けがましくならずに穏やかに観る事が出来た。
本当にヒロインなんかはもっと全面に押し出してくるのかと思ったけど、押し出してくるどころか一歩引いてるような感じで完璧に内容に決着を付ける風でもなくオチに持って来る訳でもなく、良い意味であっさり淡白に内容を片付けていて視聴者に感じ取れる余分を作っている。
何を思ってるのか何を感じてるのか見せ付けていない分、意識して見てしまうからそれが感情移入に繋がって来る。
だからこそもっと前に出しても良かったのになーとか主人公との関係性を描いても良かったのになーとか、想像させられるところが楽しかったりする。

ある意味主人公は男の子ではなくてマスターの女性っぽい感じはして、この女性は何者なのか?シオツキとは誰なのか?トキサカ事件の全貌とか詳しい内容とか設定は分からないところは多々あるんだけど、その状況下で楽しむエピソードみたいなところはあってキャラとか店の雰囲気とかが良いので終わって見ればさほど気にはならないというか、濃い裏設定が中心ではなくこの店に集まって来る人たちのエピソードが中心なので裏の内容は見せる必要はなかった。

なぜこの店に集まって来てなぜアンドロイドがこの店のルールに従うのか人間っぽくなるのかっていうところを、設定とか説明で見せていなくて感覚とか雰囲気で何となく分かるっていうように作られているのが、より内容も伝わって来るし知ろうとするしお堅くならずに良かった。
普通だったらこういう作品だから余計に説明だらけになったり理屈っぽくなり過ぎてカチカチな作品になりそうなところなんだけど、そこら辺が割り切って描けてるところかなと思った。
設定とか理屈とか伝えたいばかりではなく、キャラを優先していてキャラの温かみを描けている。
それが店の雰囲気とか作品性に繋がって来ている。

お互いを人間だと思っている恋人の話、壊れかけたロボットの話、主人公のエピソードとかどれも良かったんだけど親友の男がなぜアンドロイドを認めていないかの伏線があって、それを最後に持って来てちょっぴり泣かせる話で締めくくったのも良かった。
壊れかけたロボットの話は笑えたし、恋人の話にしても主人公の話にしても描写が丁寧に作られていて、アンドロイドが何を思ってるのかどういう気持ちなのか考えさせられるものがあった。
主人公を想ってコーヒーを上手く作ろうとしたり、(相手が)アンドロイドだから初めは何も考えずキツい一言を言ったりするんだけどそれが傷付けたかも知れないと思ったり、人間の本質だったり根幹を突き付けられてるような相手を思う気持ちを深く知ろうとする。

無表情なアンドロイドから表情を出す仕草とかそこら辺の可愛らしさみたいなんもあって、どんどん感情移入して行ける。

その中でこの作品の一番伝えたい事がアンドロイド側にあると思うので、主人公の親友の話を最後に持って来てそれを伝えていて作品としてもまとまった。

映像面に関しては最初はショボさがあったりカメラワークも気になったり、入り込み辛さがあってイマイチかなと思っていたんだけど徐々に気にならなくなって行ったというか、これも独特で味があって良いなって思うようになっていった。
壊れかけたロボットがやって来るところなんかは、間とか緩急とかが上手く使えていてクセになるような感じだった。

近未来という舞台に反して殆どが店の中というスケールのこじんまり感はあるんだけど、一人一人が前に出過ぎず家族のような温かみがあって何でか分からないがこの店に行きたくなるような来てしまうようなそれが伝わる作品だった。

[推薦数:1] 2014/11/25 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:91(46%) 普通:56(29%) 悪い:49(25%)] / プロバイダ: 21673 ホスト:21558 ブラウザ: 8762
非常に気になるのだが
まず、この世界の一般敵な人間はアンドロイドの知性をどの程度と認識しているのか。人間並みなのか、それともいかにもロボットレベルなのか
それから、一般的なアンドロイドの知性はどの程度に達しているのか。

実はアンドロイドは皆あのレベルの知性に達しており、人々はそれを知っていながら物として扱う、それを強要しているというのは
社会的(人間的?)におかしい。全く人間と区別がつかない存在を物として扱う、というのは奴隷制度に等しい
あの社会は、それを「よし」としている社会なのか?
アンドロイド側にそれに抵抗しようとの描写がないのも不自然であろう。少なくともそのことをどう考えているか、はあるべきであろう。
(倫理委員会を見ても、そのレベルの危険性を訴えているのではなく現実世界でもありがちな、新しい物への反感、というレベルのものでしかない)

ではなく、一般人の認識は、アンドロイドとはいかにもロボット的な知性で、道具としか思っていない、ということだと思うが
だとすると、あの喫茶店内で起こっていること、人間と区別がつかないほどの知性を得ている、というのは
技術的に、いや人類の歴史にとって特筆すべき出来事のはず

また、少なくとも外見的に人間と区別がつかないレベルに技術が達している以上、リングを「消すことのできる」プログラムの改竄は
(あの社会的には)重罪だと思うのだが。

主人公であるリクオはともかく、ロボット法に詳しいマサキは上記のことに気づかないのは不自然でないか。
というより、特に秘密でもない「イブの時間」で発生している上記の問題が、放って置かれているのは世界設定としておかしい。
店内での出来事に対する社会の反応(の無さ)が不自然すぎる。

店の場所を転々としている、という描写があったが、その程度で済む問題ではないだろう
おそらくあの看板?を認識すると知性が上昇し、リングを消せるようになる、ということなのだろう
設定としてはうまいと思うが起こっている出来事と、あるべき社会の反応のギャップがすごい、というか描けていない

もちろん作品毎に特有の設定はあるものだし、まったく矛盾が存在しないのも難しいであろう
が、対象への「認識」や「対応」が一定しないのは問題だし
当然あるべき人々の反応が都合よく描かれない、しかも本作ではそれが作品のテーマに関わる、というのは重大な欠点といえる。

作中の細かい表現や、作者の他の作品から、上記の問題というか書き込みの甘さに気が付いていないというわけではないと思える。
分かったうえで無視していると考えられるが、それにしてはそういったことに気がつかせない技量、演出が足りていない
視聴中、気になって仕方がなかった

が、雰囲気は良いし、物語自体は悪くない。また絵のレベルも高い。
なにより、基本的に1室で話が展開するのは好みである。
上記に加え、伏線ほったらかし、物語が終わっていない、等々気になるところも多いが、全体としては悪くなかった
評価は、普通で

2014/05/05 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3025(33%) 普通:3151(34%) 悪い:2980(33%)] / プロバイダ: 15046 ホスト:15286 ブラウザ: 5508
結論から言えば、軽く断言しますが、CGを主とした映像技術と、変に小難しいとか
はなくキャラデザ的にも今風だったアンドロイドと人間の「ロボット三原則」を
中心として、実態以上に過大評価されてしまったアニメでしたね。この「イヴの時間」
って。

前者については確かにアングルや、視点等安定感は抜群だったカメラワークもかなり
良好でした。色彩も透明感も感じられましたが、現実の現代日本とは似て非なる、
「不思議な世界観」等を良く表現していたと言えたでしょう。最重要ポイントという
ほどでもなかったですが、こっちの方はまだ良かったです。

後者は悪く言えばそうした三原則自体、新鮮味も何もあったもんじゃなかったですが、
他の方も指摘されたように人間サイドの描写に偏っていたきらいがありました。
しかも、これ元々各1話15分程度だった各々の話を、後にまとめたらしいですが、
終盤は勿体ぶったようにマサキ中心のお話となって、彼がああいう感情を抱くように
なった気持ちも理解は出来ました。

しかし、半ば「世界の中心でマサキが叫ぶ」にもなっていたと言うか?倫理委員会
とやらの親父さんもややステレオタイプ的で面白み無かったですが、彼の主張とか
くどくて、主人公共々共感とかはさせられませんでした。

それはまた親子共演ともなったけど、声優の野島健児氏の、安定感はあるけど、
やや個性に乏しい演技にも正直物足りなさが残りましたが、声優陣と言えば、
客の一人を演じられた杉田智和氏も語り方が軽いと言うか、キャラデザ
と演技が噛み合ってなかったですね。主人公役の福山潤氏と、本作でのロボットだけで
なく幼児キャラや動物キャラ等演技の幅も広い斎賀みつき氏の好演が特筆される程度
でした。映画館にまで行って見てみて、後世にまで語り継ごうと思えたほどの魅力は
無かったです。評価は「とても悪い」で。

2014/05/01 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(60%) 普通:1(10%) 悪い:3(30%)] / プロバイダ: 4374 ホスト:4514 ブラウザ: 7463
ニコニコで一挙放送を視聴。アンドロイドが人間の生活に入り込む、初期の時代に何が起こるか?を考えてみたアニメ
【良い点】
昔のSF小説みたいに、新しいテクノロジーで何が起こるか?を考える実験的ストーリーとでもいおうか。
アンドロイドと人間の交流が描かれていたのはよかった。着地点も心あたたまるものになっていた。
設定がそれなりによく考えられていたかな

【悪い点】
細かい説明や設定のツメが甘いか。たとえば、アンドロイドの頭の光の輪が消灯できるとか、説明があったのは最終話。これってどうしてなのかお話の途中でも気になるよね。
会話の間の取り方も最初の方の話では少し変な風になっていたかな。
社会問題を取り上げるのか、ハートウォーミングな結末にしたいのかどっちつかずの終わり方だった。
はっきりさせたほうがよかったかも

【総合評価】
細かい所がいろいろあったけど、総合は「良い」で

2013/11/11 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:50(63%) 普通:13(16%) 悪い:16(20%)] / プロバイダ: 30325 ホスト:30418 ブラウザ: 7910
あ○ちゅ○んずでランキング上位に入っていたので気になってレンタルして見ました。SFもので、アンドロイドと人間の心の関係をどう構築するべきかというのが話の本筋です。

先にネット配信された6話分を押し込んで劇場版にしたものらしいので、まさにそんな感じがして、1時間半くらいの長いストーリーというよりオムニバスって感じがありました。なので、ところどころ膨らませればもっと感動的になりそうだったんだけど、中途半端な感じで薄くまとまっちゃったのが残念だったかな。

あと、間の取り方がよくないとか、効果音がうるさいとか、細かいことを言えばいろいろありますね。残念ながら、名作と呼ぶには程遠い作品と言わざるを得ません。

2013/10/02 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:114(72%) 普通:22(14%) 悪い:23(14%)] / プロバイダ: 18839 ホスト:18912 ブラウザ: 4689
基本的には良い話で、世界観もよくできていると思う。
しかし、不必要に奇抜なカメラワークに疑問を感じたのも確か。
良い意味であっさりした作品だった。
「良い」です。

もっと読む

「【良い点】●人間と変わらぬ外見を持つアンドロイドが実用化されて久しい世界観と、その世界観の中にあるカ...」 by 腐ってもエビ


次のページを読む

この評価板に投稿する



2018/11/26 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 34775 ホスト:34770 ブラウザ: 8317 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事考えさせられた 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 2019年::週刊少年サンデー1号感想 by 伏魔の剣
... 君はあんまり感心しないかな。 それより重要なのは彼を一度制したのがヒロインのあやめちゃんという事実。 やっぱり色々あるんだろうか…個人的に松江名先生は「 田中勤の携帯電話 」のイメージが強く、 5・6年かけて伏線回収(鬱)を仕掛けてくるのでは? と今からちょっとオソロシイ(⌒-⌒; ) ●マリーグレイブ 亡き愛妻を ...
記事日時:2018/12/12
2. よせてうだってみたR by またおまえか
... てきましたこの企画 YouTubeに合わせて歌を歌い3000円の中華ICレコーダに録音したものを、ただそのまま流すとゆー お手軽でやっつけな企画ですが、この上なく危険でなおかつ誰も得をしない企画でもあります ☆☆☆カラオ/ケ練習 プレイヤーテスト (小音量推奨) ひも/てはう/すOP、ウ/マ娘OP、デー/トアラ/イブ2OP、たく ...
記事日時:2018/12/02
3. 俺が地獄 by juelan
... ]の 帽子を飛ばすみたいな メインビジュアルを見た時にも ナスグレイブのブーメランを連想していた俺。 ナスグレイブは ブーメランと発言しているけれど、技の見た目は ブーメラン?って感じ。そういう事を 言いたいのだろう。表面上は。つまり俺が ナスグレイブ 結構 気に入っていたキャラの一人だったから、こういうナスグレイブ他、ぷよ ...
記事日時:2018/02/03
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:イヴの時間
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ