[アニメ]天気の子: 2019/08/14 ルネサント


てんきのこ / Tenki no ko
  • 美しい
  • 考えさせられた
  • 面白い
  • 可愛い
  • 勇気貰った
  • 悲しい
  • ロマンチックな気分
  • 道徳心&モラル
  • 楽しい
  • 感動
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数1,279位6,362作品中総合点20 / 偏差値50.71
アニメ平均点777位2,837作品中平均点1.25=良い/16評価
2019年アニメ総合点4位122作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:2] 2019/08/14 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:24(86%) 普通:0(0%) 悪い:4(14%)] / プロバイダ: 4337 ホスト:4279 ブラウザ: 8969
常識への反逆とも取れるだろう。
だが、それでもその無鉄砲さと生意気に見える態度がとても最高だ。彼は純粋無垢な少年だと思った。陽菜を助ける為に必死に階段を登る姿は非常に気持ちの良い
感情を覚える。そして、天気の子おかげもあり、雨や晴れがますます好きになりました。彼のある言葉を聞いた時、
「確かに政治やニュースじゃこんなことは言えないな」
と思いました。

ツッコミどころはもちろんある。
帆高は東京に来てどうするつもりだったのか.金はどのくらい持っていたのか.銃の事等....
気になる点はあります。まぁ、後でいいます。

【RADWIMPSの音楽について】
物語を盛り上げる役割である音楽だが、ストーリー性がある。
つまり、音楽がストーリー及び
主人公達の心情と凄くリンクしているんです。最初は
「風たちの声」から始まり他には
.グランドエスケープ
.愛にできることはまだあるかい
.大丈夫
が劇中で流れます。
愛にできることはまだあるかいとグランドエスケープを最初に聞いて映画館で聞きたいと思いました。映画館で見てよかった。
最高の臨場感でした。
グランドエスケープは空に瞬間的に移動して陽菜に手を差し伸ばすところで流れて
愛にできることはまだあるかいは階段を登るところで流れます。

【グランドエスケープ】
最初に聞いた時、優しくて不思議と惹かれる声だとおもいました。
三浦透子さんという方が歌っています。歌詞と雰囲気は今までに聞いたことのないノスタルジックな雰囲気を感じました。
重力が眠りにつく1000年の一度の今日からせーので大地を蹴ってここではない星へを聞く度に
帆高と陽菜が宇宙に飛び出して冒険しているイメージが湧きます。
僕のイメージだと凪君や回りの皆が空に乗って望遠鏡で帆高と陽菜の宇宙の旅を見守っています。
理屈は分かりませんがどうやら、
流星に導かれて凄く透明な水色の海の惑星に到着したようです。
どうやら、空や雲も地球によく
似ているようです。
以上が僕のイメージです。
まぁ、要するにグランドエスケープ大好きということです。
だってこんな優しい声を聞いたら癒されるじゃないですか。
雰囲気ならこっちの方が大好きです。僕だけでしょうなこんな想像したのは(笑)。

【主題歌から分かる天気の子のテーマ】
こっからが本番です。
何故、常識への反逆と書いたのか?。それは帆高にあります。
彼は知恵袋を使って雇ってもらえるバイトがないかを質問しました。このシーンを見れば分かるように彼は余程、島から抜け出したかったのでしょう。
島から外はテレビでしか見たことのない未知の世界に見えていたのでしょう。大人には常識やマナーやルールがありますが、彼にとってはそんなのは関係ありません。
彼はただ、自分の心に従っているだけです。バイトが見つかってどこかに泊まればそれでいいだろうと考えていたのでしょう。
そんな彼方で陽菜と出会い愛という芽を一緒に育てていきます。
お互いがお互いに影響を与えあってその芽は着実に実っていきます。そして陽菜の能力の真実が明かされ、彼は陽菜ちゃんを救う為にビルの鳥居に向かうことになります。ここまで立ちはだかる壁が
『ルール』『常識』と言った類いの概念です。警察やホテルの人は彼の事を『非常識』『家出少年』
としか認識していないでしょう。
いや、そうゆう風にしか見えない大人の視点があるのでしょう。
悪く言えば『心が狭い』
『普通』という視点でしか見れない大人達と言う言い方ができます。しかし、ありのままを率直に受け止め彼女を救おうとする彼の心はとても素直で純粋で凄く輝いています。ここで愛にできることはまだあるかいが劇中で流れますが凄く内容とあっていて素晴らしいとおもいました。
後、須賀や凪君もいいキャラでした。梶裕貴こと高井刑事を須賀がブン殴ったのは最高にスカッとしました。愛にできることはまだあるかいの歌詞にあるように彼はこの時、初めて『勇気』を得てそれを彼女の為に使ったのです。

【物足りなかった点】
東京が町中、大洪水になってから3年間の出来事が帆高視点なのは仕方ないとしてもう少し長くてもいいから語って欲しかった。
陽菜ちゃんに再会するまでが早いと感じたのでせめて、彼が東京に来てから陽菜ちゃんとの思い出を語ってくれれば感情移入できたかもしれないので少し残念です。

【総合評価】雰囲気や曲に風景を楽しめたのなら充分に天気の子の世界に没入出来たら立派な天気の子のファンです。もちろん、ツッコミどころや現実問題として考えると疑問が湧くと思いますがそこは気にしないのが一番だと思います。特に空や雲の風景に凄く魅了されました。ここでの陽菜ちゃんが驚く顔とかマジで可愛くて最高でした。やっぱり、笑顔に勝るものなしとこの映画を見ておもいました。後は瀧や三葉が出てきたのに凄く驚きました。カメオ出演というらしいのですがびっくりしました。友情出演や特別出演は聞いたことはありますがカメオ出演と言う言葉は知らなかったです。
『君の名は』でも言の葉の庭の
ユキノ先生が出ていたので次回作でも帆高と陽菜ちゃんがカメオ出演していたら凄く嬉しいです。
肝心の評価ですが【最高】
にしようと思います。
いつの間にか細かい点を忘れていました。まぁ、もうあんまり気にしてないし、気にしたら負け、それが映画だと割りきりました。
最初は曲に惹かれて観に行きましたが内容や風景にも惹かれていました。グランドエスケープや愛にできることはまだあるかいのおかげです。RADWIMPSさんの作る曲には不思議と人を惹き付けるなにかがあるのかもしれないと思いました。次はどんな新海ワールドが見れるのかが凄く楽しみです。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ