[アニメ]天地無用! in LOVE2 遙かなる想い (劇場版)


てんちむよう いんらぶ2 はるかなるおもい げきじょうばん / Tenchi Forever (Tenchi Muyo! In Love 2: Haruka naru omoi)
  • 悲しい
  • 考えさせられた
  • 道徳心&モラル
  • 友情
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数5,052位6,335作品中総合点-1 / 偏差値47.29
1999年アニメ総合点121位148作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.29(良い)7
音楽0.57(良い)7
ストーリー0.57(良い)7
映像0.14(普通)7
キャラ・設定0.00(普通)7
悲しい57%4人/7人中
考えさせられた57%4人/7人中
道徳心&モラル43%3人/7人中
友情43%3人/7人中
涙流した29%2人/7人中
もっと見る
属性投票する
監督:ネギシヒロシ
演出:森田宏幸 浅見隆司 栗本宏志
プロデュース:森尻和明
エグゼクティブプロデューサー:真木太郎

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:1999/04/24(土)
公式サイト
1. http://www.tenchi-web.com/2004/release/dvd.html
OP/ED以外または不明曲 (1個)
LOVESONGが聞こえる
歌:杏里 詞:吉元由美 作曲:杏里 編曲:小倉泰治 [補記] [ファン登録]
7,14544
最近の閲覧数
12205301001
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2009/04/09 / 最終変更者:管理人さん / 提案者:前田清貴 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/10/13 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3418(33%) 普通:3579(35%) 悪い:3332(32%)] / プロバイダ: 24624 ホスト:24712 ブラウザ: 8328
その後もOVA等でシリーズ展開がなされた様ですが、劇場版としては今の所最後のシリーズでしたか。これは。

今度は主人公の天地その人が姿を消してしまった様で、パラレルワールドにいた様ですが、題名通りそんな彼を連れ戻すべく必死だった魎呼と阿霊霞の「強い愛」は伝わりはしました。バイト先のファミレス(?)の店長(?)も、まあ普通に良いおじさんで好感持てましたが、何だかんだ言っても仲良かったんだね〜この2人もでもありましたね。

そのパラレルワールドは、今回のゲストヒロイン、ハルナが作り出したものだったらしく、真夏のイヴで登場した由厨葉同様柾木一族とも深いかかわりがあったらしいですが、まあ情状酌量の余地もありながらも、自分の惚れた男は絶対渡さないヤンデレぶり(まあ彼女よりももっと重傷だったキャラも知ってますが・・・・・)や本来の恋人との再会とか良くも悪くもお約束でしたね。実際また、そのパラレルワールドでは魎呼達の存在自体認識できなかった筈の天地には「僕には君と出会った時の記憶が無いんだ!!」とか言われてしまって、魎呼にも阿霊霞にも強い思い入れは無いですが、所詮彼女らにかなうわけがなかったですね。

一時は天地自身も存在自体消滅しそうだったのが何とか助かった様ですが、パラレルワールドに連れていかれた影響で絵を描くのも趣味とした様で、まあ今後一層魎呼達との絆が尚更深まりそうな締めで悪くは無かったんじゃないですか。評価は「普通」で。

2017/06/21 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:963(58%) 普通:372(22%) 悪い:321(19%)] / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 5171
天地シリーズ現状最後の映画でファンの間でも賛否両論な作品。

まぁ不評な理由も分かります。
いつもとは気色の違う雰囲気に、楽しげなノリの薄さは人によっては嫌に感じるでしょうし
正直僕も椿の力によるものとはいえ天地がいつものメンバー以外の女性とエッチなことしてるのはショックでした。

だけど内容としては僕は好きです!

二人暮らしの雰囲気とか切ない感じとかはよく出来てるし
魎呼と阿重霞の関係性が前作にも増して良かったです!

普段なら喧嘩ばかりの二人が天地を探すためバイトで稼ぎながら旅をしていて
阿重霞がそばにいるから自分も苦しいだろうに気弱になりすぎないようにと頑張る魎呼
だけど天地のある一言からついに魎呼が諦めそうになっちゃうけど今度は阿重霞が励まして・・・
「私はあなたに行ってほしいんです」っていう場面は思わず泣いちゃいました

劇中のBGMはいままでのシリーズの中でも一番好きかな!サントラ買っちゃったしw。

美星とか清音とか一応出るけどアウェーだったのは内容的に仕方ないですね。
TV天地のほう設定なのでヒロインが魎呼、阿重霞の二人だけなのは妥当ですしねー。

評価は「良い」でっ!

2017/01/04 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2283(50%) 普通:1143(25%) 悪い:1145(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 5173
【良い点】
Wヒロインの心理描写。
天地が他の女性を本気で好きになったらという阿重霞の葛藤、
シリーズ初と思われる完全に天地に愛想を尽かそうとした魎呼。
後出ヒロイン参戦に伴い存外に扱われる傾向が強くなってくる二人が
本作では人格を持った一人の女性として扱われるのは好感。

【悪い点】
大人向けを志向したため全体的に地味。
上記二人にしても冒頭の喧嘩は過去作品に比べて大人しく
天地を探してバイトで食いつなぐ展開は面白い発想ながら生かしきれていない。
魎呼がバス車中から天地を見かけ「運転手さん、停めてくれ」とか丸く成り過ぎ。
壁抜けなり窓をぶち破るなりで飛び出していくのが彼女のパワーなのだが…。

【総合評価】
TV版設定に基づく「天地無用!」の最終作。
劇場版第一作「in LOVE」がメンバー全員に見せ場を作りファンへの最大公約数的内容だったのに対し
本作は天地&魎呼&阿重霞に椿を加えた四人の内面に焦点を当て後の面子は脇に回った形。
方向性自体は否定しませんが、椿の容姿やCVが井上喜久子である点など
天地役の菊池正美にとって、もう一つの代表作である「ああっ、女神さま!」ファン向けを意識した節があります。
それもベルダンディーの聖女的偶像は壊せないので自由度の高い「天地」ワールドでアダルトな内容をやってみた的。

このためTV版設定で、OVAを基盤とした小説版・長谷川「天地」のストーリーを展開したような無理が生じている。
TV版は元々、魎呼や阿重霞が天地に好意を抱くバックボーンが希薄で主人公補正、
言いかえれば「男に都合の良い」的世界観が強く、なまじシリアスなラブストーリーをやった事でそれが顕著になった。
それでも長谷川「天地」なら椿という都合の良い女性に逃避した天地が、
「彼女にとって自分は遙照の替わりに過ぎない」という現実を受け止め失恋の感情を咀嚼した上で
魎呼達が待つ現実の世界で改めて生きていこうとするストーリーの流れを作ったでしょう。
しかし遙照に事態を収拾してもらって椿を「美しい思い出」にした挙句、
散々、心配してくれたのにも関わらず拒絶してしまった魎呼に「出迎えご苦労」と笑っている天地。
この場面は魎呼に「阿重霞の分も纏めて一発、殴ってやれ!」と思いました。
発端となった遙照にしてもOVA版では皇位継承権問題や地球が母親の生まれ故郷である点など出奔に関して
(少なくとも第二期までは)複雑な事情があるのに、本作ではとって付けたような「色恋沙汰による駆け落ち」設定。

天地や遙照といった男共の都合の良さと、それが面と向かって批判されない作劇。
先のTV版「新天地」や、数年後にインターバルが空き過ぎたOVA第三期など
「天地」シリーズがゲストヒロインと一時のアバンチュールを謳歌する展開の繰り返しとなる
凡百なハーレムモノへの変質の最中にあった作品という事でしょうか。
魎呼&阿重霞に免じて「とても悪い」は無しの「悪い」で。

2010/04/20 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:739(64%) 普通:180(16%) 悪い:228(20%)] / プロバイダ: 46160 ホスト:46027 ブラウザ: 11162
これは、前作「真夏のイヴ」とは別の意味で未来
(仮想世界)のお話。
ハルナという女性に連れ去られた天地は、そこでハルナと
同棲する・・・という話でしたね。
彼女の正体は、かつての遙照の恋人。
だが彼女は無念にも死を遂げてしまうわけですね。

彼女の境遇には涙に値できるのですが、
だからといって、遙照の孫を求めるのはNGでしょう。
遙照本人は生きているわけですし。

【総合評価】
【悪い】とします。

この評価板に投稿する



2019/10/13 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 24624 ホスト:24712 ブラウザ: 8328 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定悪い(-1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ