[アニメ]装刀凱-ソードガイ- The Animation


そーどがい じ あにめーしょん / Swordgai The Animation
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数5,073位6,334作品中総合点-1 / 偏差値47.29
2018年アニメ総合点184位249作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

数多の人の血を吸い、伝説となった武器は、時として命を持つ。

長きに渡り武装魔と対峙してきた処史代と、武器として生きる事を運命づけられた凱(ガイ)。
体に武器を宿した人間が憎悪と殺意を抱くとき、殺戮のみを求める武装魔と化す・・・。
<スタッフ>
原作:雨宮慶太井上敏樹木根ヲサム
原作漫画:木根ヲサム
総監督:池添隆博
日本 開始日:2018/03/23(金) Netflix Webアニメ
公式サイト
1. 『ソードガイ The Animation』公式サイト
プロモーションビデオ (1個)
【ソードガイ The Animation】90秒PV【ソードガイ The Animation】90秒PV
1,29222
最近の閲覧数
22522020312
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/03/05 / 最終変更者:みゆきちいいいいい / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/09/04 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(25%) 普通:0(0%) 悪い:3(75%)] / プロバイダ: 20192 ホスト:20130 ブラウザ: 9552
【良い点】
シーズン1まではまだ人物描写が比較的細かくされていたので、共感もできるし、考察するところも多かったですね。
題材としても面白いものではあるし、F○te好きな私としては、伝説の武器とか中2心をくすぐるものがありました。

【悪い点】
シーズン1はまだ良かったですが、シーズン2が酷かったですね。不満は多くありますが、特筆すべき点だけ。
①主人公優遇があからさま
武器に乗っ取られないように自殺するほど一人苦悩し、修行していたはずなのに簡単に乗っ取られて暴走するわ何も知らない一般人を多く巻き込んで暴動を起こすわで、シーズン1の兄貴分の教えや苦悩とは何だったのだろうと思いました。ただ、ここまではダークヒーロー物と考えれば納得はできます。しかし、結局この主人公には最後まで罰などはなく、しでかしたことは武器に乗っ取られた別人格のせいだからセーフ、逆に今まで苦しめられてきたから救済しちゃおうみたいな脚本家の優遇ぶりがあからさまに見え、正直全く共感できなかったです。
②シナリオが早足の割には無駄なシーンが多い。
全体的にシナリオの進行が早かったです。原作未読の私としてはもう少し説明あってもいいんじゃないかというところが多いです。そこは原作を読んで補填してくれということかもしれませんが、だとしたら正直いらないキャラやシーンが多くないかと感じました。意味ありげに登場した人物が結局具体的な描写もなく退場するし、硬派のシナリオのつもりでしょうが微妙なギャグシーンや引き伸ばしが多かったです。脚本の方もこの辺を削ってもう少し世界観を深堀りしてほしいと感じました。
③アクションシーンがしょぼい。
これは一度見てもらえればわかると思います。アクションのシーンが多い割に動きが単調かつもっさりしており、盛り上がりに欠けました。

【総合評価】
題材は面白いと思います。原作を読めば評価が変わるかもしれません。ただ、アニメとしては全体的に中途半端な感じが目立ちました。
シーズン2の途中でリタイアしようと思いましたが、結末だけは知りたかったのでなんとか最後まで見ました。

2018/08/08 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:41(57%) 普通:18(25%) 悪い:13(18%)] / プロバイダ: 14869 ホスト:15235 ブラウザ: 8293
井上敏樹原作、脚本


特撮に疎い私でも知っている有名脚本家
賛否はあってもファンはサイトにも結構いそうな気がするのだが、漫画、アニメの両方とも誰も評価していない…、なぜ?
なので全然詳しくはないが、このサイトでは多分需要があるだろうということですごく簡単に紹介




最近、ネトフリのオリジナル企画アニメは湯浅監督の『DEVILMAN crybaby』の他
『B: The Beginning』、『A.I.C.O. Incarnation』があったが、本作もオリジナルアニメ企画の1つ
井上敏樹氏が書いた漫画原作をアニメ化
当初はI.Gがアニメ化する予定だったらしいがなぜか頓挫し、小さめのスタジオ(ランドック・スタジオ)でアニメ化している

Netfilxのような配信サービスは、規制が緩めで表現の幅は広いのだが、納品後の支払いの為、
前もって資金を調達できない小さめのスタジオには仕事を請け負うのが厳しい
そのため本作だけ資金を前もって調達できる製作委員会方式で作られている
なのだが、制作に必要な潤沢な資金を用意できなかったのだろうか
井上脚本をどうこう批評する前に、作画が残念な出来になっている

これより悪い作画のアニメはたくさんあるのだけど、アクション主体のアニメである為、作画の悪さが即視聴意欲につながる
なんとも残念な出来のアクション作画や演出を見るたびに視聴意欲がゴリゴリ削られていく
特撮風の変身や戦隊風のキャラの格闘はCGが使われているのだけど、これまた微妙…、明らかに資金不足がわかってしまう出来



では脚本はというと、アクションアニメとしては酷い作画と演出に視聴意欲が削られながらも頑張って見た所
世に言われる井上氏らしい、はったり、けれんが満載、ノリノリで描かれ、雑なところがあっても勢いがある
考証、検証どうでもいいじゃん風味のええ加減さとMIXされて独特の魅力が生まれている
その一方で、惨めな生まれ、悲惨な過去と運命を背負った主人公が戦って次第に強くなっていくという濃いドラマ性もあり、
好きな人には楽しめるのではないかと思う
キャラも賛否が分かれるだけあって癖が強く、個性的
個人的にはキワモノ路線ならネタとか笑いがもっと強い方が好きだったが、いい意味でイカレタ風味の癖の強い作品になっている
これで作画が良かったら楽しめたのだけど…、はぁあ…
I.Gにぜひやってほしかったが、アクションばかりなので物凄く製作費がかさむことは私でも想像がつく
そりゃ逃げるよね…。


私は残念ながらさほど合わなかったが、特撮、アニメの両方を見る人で、
井上氏の脚本が好きな人ならアニメとしては多少残念な出来でも多分楽しめると思うので、
お暇なら一度チェックされてみてはいかがだろうか

評価は作画がいまいちなので普通で

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ