[アニメ]未来からきた少年 スーパージェッター


みらいからきたしょうねんすーぱーじぇったー / Super Jetter, the Boy From the Future
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数1,603位6,495作品中総合点13 / 偏差値49.63
1965年アニメ総合点5位19作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

人類の時間航行が可能となり、それを管理する時間局が編成された30世紀の未来。
時間局の捜査官タイムパトロールの隊員723567号ことジェッターはタイムマシンで逃亡する悪人ジャガーを追ったが、
追跡の末両者のタイムマシンが衝突、ジャガーとともに20世紀の時代に漂着する。
タイムマシン流星号の時間航行機能が故障し30世紀に帰還出来なくなったジェッターは、
国際科学捜査局の西郷長官の要請で20世紀の悪人を未来の超科学で退治する。
全52話 放送:TBS系列 制作:TCJ(現:エイケン)
原作:加納一朗 久松文雄 構成・監修:河島治之
脚本:筒井康隆 半村良 豊田有恒 山村正夫 眉村卓 辻真先 加納一郎
演出:河島治之 大西清 佐々木治次 河内功 高垣幸蔵

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:1965/01/07(木) TBS TV / 終了日:1966/01/20
日本 開始日:1965/07/24(土) 映画 テレビブローアップ版(何話かは不明)
13,03387
最近の閲覧数
2140120014
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/11/23 / 最終変更者:mosukuwa / その他更新者: kunku / 曲がり角のアイツ / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2011/07/29 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:47(98%) 普通:0(0%) 悪い:1(2%)] / プロバイダ: 7447 ホスト:7363 ブラウザ: 7793
【良い点】
今は名だたるSF作家達が挙って脚本を担当したので現在でも十分鑑賞に耐えうる。

【悪い点】
全くなし。

【総合評価】
今日の朝刊に「SF作家の大御所小松左京氏死去」の記事が載っていました。これを読んだ時に「スーパージェッター」を思いだしたのです。この作品は幼少期に観た記憶が頭の片隅に残っていて数年前にVHD-BOXが発売されたのを機に早速購入し視聴しました。話は一話完結型でしたが良く纏っており内容も充実してました。それもそのはず、辻真先氏を始め、当時のSF作家達が各話の脚本を執筆しその頃珍しかったSF用語をふんだんに使用されてていて放映当時は新鮮だった事でしょう。残念ながら小松左京氏は参加されていませんでした。
また、この作品は「ジャングル大帝」と共に当時としては珍しく数本分は「カラー」で製作され話題になった様です。今観ても遜色はなくハイクオリティーの部類に入るでしょう。ちなみに製作会社は「サザエさん」でお馴染みのエイケンですが何となく虫プロ作品に見えますね。それもそのはず、原作者の方は手塚治虫氏のアシスタントだったからです。 ここ数年「鉄腕アトム」を始め「鉄人28号」「ジャングル大帝」「サイボーグ009」など60年代作品がリバイバルされて話題となっていますが「スーパージェッター」もリバイバルして欲しいものです。出来れば現在活躍されているSF作家の方々に脚本を書いてもらいオリジナル作品として従来の作品と共に放映すれば昔観た人や初めて観る人にも受けるのではないでしょうか。この手のアニメ作品は最近製作されていないので。

2010/06/20 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1383(76%) 普通:306(17%) 悪い:124(7%)] / プロバイダ: 2334 ホスト:2227 ブラウザ: 13833
65〜66年に放映されたSFアクションアニメドラマ。30世紀のタイム・パトロール隊員“ジェッター"は、犯罪者ジャガーを追跡中に事故で20世紀にタイムスリップしてしまう。タイムマシン“流星号"の時間航行機能の故障で30世紀に戻れなくなったジェッターは、国際科学捜査局の`西郷長官'の要請を受けて、犯罪捜査に協力し20世紀の平和を守ることを決意。愛車“流星号"で知り合った女性カメラマン`水島かおる'と共に、ジャガーを含めた悪の組織に立ち向かっていく。

本作品は週刊少年サンデーで連載されていた久松文雄原作の『30世紀の少年』をアニメ化したもので、前作「エイトマン」の影響を受け継いだSFアクションアニメである。「鉄腕アトム」「鉄人28号」時代に放映された作品であるから、同様にモノクロ作品であり、アニメーション技法も単調だったりしますけど、特殊能力と特殊科学装備を持つ未来人が現代に蔓延る悪を倒すというところが他の作品にない、当時としては独特の見せ場で、以後さまざまなアニメ作品に影響を与えていきます。

ストーリーは未来人の“ジェッター"がその特殊能力を国際科学捜査局に認められて、パトロール隊員として20世紀に蔓延る犯罪組織を倒すために、“流星号"を使いこなしながら戦うというアクションドラマで、陸海空すべてを駆け巡り、電子頭脳を搭載してタイムマシンにもなる万能マシン“流星号"を乗って起こすスーパーアクションが見所でした。動きが単調なだけに余計スピーディーでスリリングな感がしましたね。また透視能力のある`赤外線ゴーグル'や`パラライザー'・30秒間時間を止まられる`タイムストッパー'といった特殊道具もよかったです。

本作品は「鉄腕アトム」「エイトマン」のようにロボットやサイボーグではなく、未来人とはいえ人間が特殊スーツに身を包んで戦った初めての人型ヒーローで、“流星号"等の特殊装備を使ったアクション作品として今でも印象に残ってますので、評価は【とても良い】。この特殊服に身を包んだ戦士の闘いというスタイルは後のアニメ作品に大きく影響を及ぼしました。尚、本作品は放映時はモノクロですが、海外用に輸出されたのはカラーで作り直されたそうです。

2006/04/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:361(59%) 普通:100(16%) 悪い:148(24%)] / プロバイダ: 40763 ホスト:40597 ブラウザ: 4483
見る者に未来への憧れを抱かせる作品ですね。
SFも当時らしく伸びやかに、しかし一方で緻密に作り込まれていて面白かったです。
こういう作品をまた見たいと思うんですがねぇ・・・

2006/04/27 良いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:103(68%) 普通:29(19%) 悪い:19(13%)] / プロバイダ: 6701 ホスト:6774 ブラウザ: 3875
ずいぶん昔に見たことがあります。
実は当時の日本SF界の気鋭の才能がよってたかって作ってた――なんていうことを知ったのは
ずっと後のことです。作品データ欄の脚本家の名前、見て下さい。
なんかの間違いじゃないかっていうくらい豪華な顔ぶれ。
でも見た当時はそんなこと知るよしもなく。
この脚本家の名前だけで、「もう一度放送されたら是非見てみたいアニメ」ですね。

筒井康隆さんが『わかもとの知恵』という本の中だったか、その本に折り込まれていた小冊子だったかの
きたやまようこさんとの対談で、「スーパージェッターでは、商品化されたときなんかにずいぶん
もうかった」というような内容の発言をされてましたっけ。

2004/02/23 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:28(97%) 普通:0(0%) 悪い:1(3%)] / プロバイダ: 277 ホスト:86 ブラウザ: 6537
小学生のころ見てました。
何かの回で、科学技術庁の建物いっぱいになるほどの機会を作り、作動させるのがあった。確か、何かをリモートコントロールする装置だと思った。で、その機会を前にした長官が「こんな大きな装置は見たことがない」という。しかしジェッターは「30世紀では、マッチ箱くらいの大きさです」というのが記憶に残っている。『そうかぁ、30世紀でもマッチを使うんだ』と思った。後になってきくと、どうも妙なことに感心する子供だったようだ。

テーマソングで「潜航装置異常なし!」(2番)というところが好きだった。

2003/04/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:252(70%) 普通:90(25%) 悪い:20(6%)] / プロバイダ: 0 ホスト:2379
65年1月7日放送開始〜66年1月20日まで放映(TBS)
その後カラーリメイク版も放映された。未来から来た少年が科学の力で惡を倒すSFもの。
30世紀の時間強盗、20世紀征服を企む30世紀の大悪人ジャガーを追走最中に誤って衝突し、タイムマシンが故障して20世紀に落っこちてしまった?!
そして女性カメラマン・水島かおると知り合い、科学捜査局長官の西郷又兵衛を紹介され世界平和の為に惡と戦うはめに.....。
原作:加納一郎、久松文雄
演出:大西清、河内功、佐々木治次、高垣幸蔵
脚本:加納一郎、筒井康隆、辻真先、豊田有恒、山村正夫、半村良、眉村卓
小学館少年サンデー連載
動画制作:TCJ
企画制作:TBS
(C)株式会社東京放送<TBS>1965
声の出演
スーパージェッター:市川治
西郷長官:熊倉一雄
水島かおる:松島みのり
ジャガー:野沢那智
『僕はジェッター、一千年の未来から時の流れを越えてやってきた
流星号、応答せよ、流星号、
来たな〜 よ〜し 行こう〜』
ジェッター(タイムパトロール723567號もしくは723618號)はタイムパトロールの隊員の中でも腕利きの隊員(自称)だった
30世紀の大悪党ジャガーは、30世紀の悪党の武器コロナビーム(小型太陽の如く光と熱を発する)を使用したりして
悪党ぶりを遺憾無く演じきっていた。又、ジャガーの胸の柄(?)は魚の骨(?)がモチーフ?!!?
ジェッターは2才で幼稚園を卒業した(らしい?)、又、
20世紀の時代の人より平均して五倍は力が強くなっているらしく
壁をぶち破ったり鉄格子をひん曲げたりと常人では考えられない超人的な能力を容赦なく発揮!
又、使用するアイテムも数多く
腕時計型で辺りの時の流れを30秒だけ止めることが出来る「タイムストッパー」をはじめ、「バラライザー」とかいう特殊銃
そして「反重力ベルト」や「立体レーダー」等など多数!(当時の斬新なアイデアには脱帽!!)
ジェッターの愛車であるタイムパトロールの乗用車「流星(號)」
30世紀の車は海の中でもへっちゃら、流星號は海底1万mの水圧に耐えるように造られている。
秒速4.5kmのスピードで大気との摩擦熱で光る。
(〜マッハ15のスーピイドだぁ〜あ〜♪ ジェッター ジェッター スーパージェッター 我らのスーパージェッター〜♪)
この類の作品には決まって登場してくる"もどき"も出現して悪事を働きまくっていたが、
それはジェッターと同様タイムパトロールの制服を着ており、タイムマシンにも乗っていた。
結局そのジェッターもどきは、16世紀にいるはずのタイムパトロール3697号『ハンター』だった。
タイムパトロールの乗用車タイムマシンに関しては、ジェッターは「流星號」だが、
ハンターのそれはジェッターの「流星號」と全くといってよいほど同形の「惑星號」に乗っていた。
だがしかし、何故に20世紀にまでやって來て悪事を働いていたのかその事由は忘れてしまった。(確か?、女がらみ?だったような・・・?!)
ジェッターは時代航行装置がいかれてしまい30世紀には帰れそうもない。
科学捜査局の西郷長官の命令で未来に帰るその時まで、20世紀の惡と延々と戰いまくり・・・
20世紀の惡を根絶したその後、ジェッターが無事30世紀の未来へと帰る事が出来たのかどうかは定かではない?!
又、どうでもよいが
漫画の方(久松文雄)では本作「ジェッター」の他に「冒険カボテン島」が有名?だが、
唄と如何せん「十×少年漂流記」と「ひよっこ×ひょうたん」を足して2で割ったような内容だったというのしか如何せん覚えていない?!!?

2003/01/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:116(91%) 普通:11(9%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 24005 ホスト:24186
いやぁ、コメントつけようにも うまそう さんと全く同じになる・・・
以下同文てのもなんなのでちょっとだけ書き足し、
「〜応答せよ」で流星号がミニョ〜ンと機体をひん曲げながら飛び出していたような・・・どんなボディなんだ?

2003/01/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:182(60%) 普通:76(25%) 悪い:44(15%)] / プロバイダ: 0 ホスト:2273
えっ?、これってあのモノクロのスーパージェッターの事ですか?。
それにしても懐かしい作品がUPされましたねーー。
内容については遥か昔の為、さっぱり忘れてしまいましたが、子供の頃は大好きで見ていた記憶があります。
スーパージェッターの乗っている『流星号』だけは鮮明に記憶に残ってます。
あと主題歌のフレーズ。
♪ジェッター、ジェッター、スーパージェッター、我らのスーパージェッター♪
これも忘れられません。
原題って『未来から来た少年スーパージェッター』だったんですか・・・知りませんでした・・・。

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合、又は「最悪」の比率が一定評価総数(20-30)超えても8割以上ある場合、非適切にバランスを欠いた評価者とみなして全評価削除の対象になり得ます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ