[アニメ]蒼天航路


そうてんこうろ / Soten Koro
  • 考えさせられた
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:蒼天航路
アニメ総合点=平均点x評価数6,255位6,487作品中総合点-21 / 偏差値44.01
アニメ平均点2,664位2,856作品中平均点-0.91=悪い/23評価
2009年アニメ総合点181位200作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像0.00(普通)5
声優・俳優-0.20(普通)5
キャラ・設定-0.40(普通)5
音楽-0.80(悪い)5
ストーリー-1.20(悪い)5
考えさせられた40%2人/5人中
セクシー20%1人/5人中
熱血20%1人/5人中
悲しい20%1人/5人中
ロマンチックな気分20%1人/5人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

舞台は中国後漢末期から三国時代。日本でよく知られる『三国志演義』ではなく、『三国志(正史)』を基に脚色されている。作品中ではしばしば、正史に記されている記述を交えながら描写する。ただし、完全に正史に則っているわけではなく、演義の登場人物も登場する(例:後漢王朝の司徒である王允の養女・貂蝉など)。
『三国志演義』では悪役であった曹操に「最も人に興味を示した英雄」としてスポットライトを当てる。屯田制の採用や政治・文学における儒教からの分離等の政策からパイオニア的精神を中心に据えた曹操像を導き出し、劉備・諸葛亮との対立を(ある種の儒教的精神により美化されて来たイメージと定義した上で)その延長線上に置く。
ストーリーは既成概念や旧体制からの脱却、空虚な観念論より実利の追求という曹操の行動原理を軸にして展開する。官渡の戦いでは最大の領袖である袁紹を没落した漢帝国の利権に群がる「変革を求めぬ者」と断じる。華佗との対立や荀〓とのすれ違いも、徹底した現実主義・実利主義者である曹操と「儒」の価値観に縛られるものの摩擦という観点で描かれている。

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
放送:日本テレビ

原作:王欣太 ( KING☆GONTA )
原案:李學仁 ( イ ・ ハギン )
日本 開始日:2009/04/08(水) 00:59-01:29 日本テレビ TV / 終了日:2009/09/30
公式サイト
1. 蒼天航路 - 日テレ系アニメ「蒼天航路」公式サイトです
オープニング動画 (1個)
909
歌:TRIBAL CHAIR [ファン登録]
[もっと見る]
41,1162323
最近の閲覧数
6919374033834
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/09/05 / 最終変更者:みゆきちいいいいい / その他更新者: kunku / 管理人さん / 提案者:カトル (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/03/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:165(58%) 普通:82(29%) 悪い:38(13%)] / プロバイダ: 28059 ホスト:28084 ブラウザ: 8338
曹操を主人公に据えた異色の三国志物。

【良い点】
曹操という不世出の英傑を、既存の三国志物と一線を画す視点で描いている。
その英傑っぷりの本質や作品コンセプトについてはアマンドの木氏が解説されている通り…
そこら辺は正直(おー、すげぇなぁ)程度の認識なんだけど、三国志に限らず日本の創作キャラのありがちな英傑像と異なる魅力があった。
そんな曹操の少年時代から官渡の戦い(40代半ば)までの半生を重厚な大河ドラマ風に描いた軍記物として、見応え抜群。
少年曹操は織田信長の大うつけ時代と似たイメージ、愛多き男として何度かのロマンスや悲恋を経て、漢王朝の腐敗した宦官と丁々発止と対決する件は、他作品では見られない独自要素で特に面白かった。

曹操と部下の軍師たちのスキンシップ。
荀彧や荀攸たちに不意打ちでスキンシップしてビビらせながら策を訪ねたりするシーンがなんか好き。

曹操以外のキャラも非常に魅力的かつ珍しい視点で描かれていて役者は豊富。
董卓が単なる暴君ではない覇王としてカッコ良かったり、劉備の曹操とはタイプの異なる英傑っぷりも負けていない。
普通の作品だったら劉備の方が主人公向き、本作は曹操主人公でありつつも劉備の魅力も疎かにしていない。
曹操より一回り若い荀彧も天才肌の若手軍師として存在感あり、少年時代のショタ荀彧可愛かったが再登場の無精髭も愛嬌ある。
孤高の武神呂布と、呂布を最期まで崇拝する陳宮の関係が一番尊かった。
陳宮視点の呂布観は既存の三国志と別視点、ここでも本作独自の人物評で魅力を出している。
この他にも袁紹が凡人ではあるが決して無能ではなく、作中で一番曹操を鋭く理解し警戒する人物として描かれているのも良い。

作画は申し分なく、合戦シーンも見応えある。BGMも壮大な感じで悪くない。
声優陣は宮野真守氏の曹操ははまり役だと思う。(アマンドの木氏と同見解)
劉備の関智一氏が一番印象的、吉野裕行氏も本作の荀彧の飄々としたイメージに合っていて良いキャスティング。

【悪い点】
尺が足りず中途半端に終わった。官渡の戦いの序盤で終了、関羽が曹操側で劉備と張飛が義兄弟討たねば云々が未解決で消化不良。
まあこの先描いてもアニメ的にあまり面白くならなそうではあるけれど、せめて官渡の戦い決着で一区切りしてほしかった。

OPとEDが微妙。ここが微妙だと作品全般の評価に響く。

良い点とも裏腹だけど、曹操が英傑としては異端過ぎて、中盤以降ドラマチックさが欠けてくる。
物語の主人公としてはベタながら劉備の方が向いていた感じ。
原典通り故仕方が無いが、作中最強の敵な董卓が、曹操と無関係なところで倒されてしまい、盛り上がらず。
呂布も曹操に終始舐めプされていた、曹操主人公の話としては盛り上がりが…
袁紹戦も全く盛り上がらず。
…曹操のパイオニア的な存在感は後半に発揮され、そこが見所なのは分かるが、正直そこら辺はあまり刺さらない。

【総合評価】
三国志系作品の名作の一角のアニメ化として申し分のない内容。
ただし中途半端な締め方や、本作の曹操というキャラ自体が娯楽作品としてのアニメ主人公に不向きだった感も。
評価はとても良いか迷うが厳し目に「良い」

2015/08/11 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 23152 ホスト:23108 ブラウザ: 10347
私はこの作品が大好きです。以前漫画版を見た時に数巻で読むのをやめていましたが、このアニメを見てから改めて面白いと思い、漫画版を全巻買おうと思う程ハマってしまいました。皆の評価は低いですが、声優さんも好きです。漫画版から入った口ですが、アニメ版は更に絵が、映像が綺麗で気に入りました!音楽も凄く好きです。また観ます。欲を言えば赤壁の戦いまでこの作品の書き方で観たかったです。

2015/06/04 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(50%) 普通:0(0%) 悪い:1(50%)] / プロバイダ: 20503 ホスト:20631 ブラウザ: 5171
【良い点】
作画は、動きも細かく丁寧に作られている。女キャラが美しい。

【悪い点】
呂布の声、なんじゃありゃー!。気持ち悪すぎ!。テーマソングは最低。
原作に残虐シーンが多い作品をアニメ化する場合、そういう表現は緩和するのが通例だが、
逆さに吊るしたり壁にはりつけるなど猟奇的なシーンもあり、ガッカリした。
三国志の人気の要素には、猟奇的な表現が少ないことや武将の豪快さと緻密な頭脳戦、キャラの豊富さが挙げられるのに
アニメ版蒼天航路ではこの全部がダメだった。
アクションシーンと言うよりも、汚らしい流血スプラッターが多い。
動きが細かく丁寧な部分もあるのに、汚いスプラッター表現を増やしたせいでバランスが悪くなっている。
2クールだけで三国志を語るのは所詮無理。
昔作られた人形劇や横山光輝版のほうが、はるかに優れていると痛感した。

【総合評価】
呂布の声、キモイ最低ウザイ邪魔。汚らしい流血スプラッターと猟奇的なシーンがあり、三国志のイメージを下げている。
一部の作画は丁寧に作られているが、テーマソングのクオリティーのヒドさが足を引っ張る。
底が浅く中途半端なシナリオで、何のためにアニメ化したのか、意味不明だ。

2012/10/01 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:29(52%) 普通:0(0%) 悪い:27(48%)] / プロバイダ: 24777 ホスト:24860 ブラウザ: 5875
【良い点】●作画●声優陣の頑張り。先客の皆様も仰るとおり、主演を筆頭に
顔ぶれこそ豪華だが、キャラにはミスマッチの方々ばかり集められていましたが、
彼らの努力は評価すべきでしょう。ナレーションを担当した中尾さんと
曹操の幼少期を演じた井上さんは本作では数少ないハマリ役でしたが・・・。
●ミスキャストが如何に深刻な問題であるかを解らせてくれる事。それだけですね。

【悪い点】●曹操役の宮野さんの演技。彼は好きな声優の一人で、このアニメを機に
名作と名高い本作に触れてみようと思い、視聴しましたが・・・。先客の皆様も既に
仰る通り青年期は良いのですが、中年以降になってからは完全なミスキャストでしたね。
ミスキャストには大きく分けて3パターンあります。1つ目は演技力は高いが、
声のイメージが合ってないケース。2つ目は声は合っているが演技力が低いケース。
3つ目は声のミスマッチと演技力の低さの両方に当てはまるケースです。宮野さんは
若手実力派の一人ですが、残念ながら本作では3つ目のケースになってしまいました。
スタッフは人気声優を主演に起用する事で集客効果を期待したのでしょうが・・・。

宮野さんは若手実力派の一人ですが、幾つかのパターンの声を持ち合わせていない、
どの役をしてもあまり声が変わらないタイプの声優で、声が高い方で低く渋味のある声が
(今の所)出せない人ですし、まだ20代と若く中年男性役の経験が無い彼に
曹操を任せたスタッフは、あまりに無謀としか言えませんね・・・。本作の出演時、
宮野さんは26歳でしたが、もう一回り年を取ってからキャスティングされたなら
まだマシな結果になれたでしょうね・・・。とはいえ全人類の共通項ですが、
声帯は一番老化しにくい器官なので、彼が中年男性となってから指名しても
あまり結果は変わらないかもしれませんが・・・(大御所やベテランが
現在もなお少年少女や若者役が出来るのは、この背景も一因となっています)

人気の高い声優に主演を任せるのは必要事項だったのでしょうが・・・。
先客の皆様も仰るとおり大河ドラマよろしく幼年期、青年期、中年期、老年期で
それぞれ別の声優を起用するか、もしくは中村悠一さん(『絶望先生』で
あびるの父を担当していました)等、中年男性の役もこなせる声優を起用したら
どんなに良かった事かと思いましたね。その他の声優陣も豪華な面々であり
演技力には問題は無いのですが、いまいちキャラに合っておらずミスマッチ感が
漂っていましたね・・・。スタッフの「とりあえず人気のある連中並べとけば良いや。
これだけでも十分、客寄せになるだろうから」との手抜き思考がダダ漏れ状態でした。

●シナリオ。あの重厚長大な原作をたった3クールでほぼ消化しようとの試みも、
やはり無謀だったとしか言えませんね。アニメ版『魍魎』は成功しましたが、
そちらは事件発生から解決までの数ヶ月間を描いた作品で、スタッフの取捨選択の判断も
完璧でしたから傑作アニメへと昇華しましたので、こちらとは雲泥の差ですね・・・。
こんな事なら半年間の放送期間を生かして、曹操の幼少期から青年期までを深く掘り下げて
描いてくれたなら、先述の宮野さんに関する問題も起きずに済み、「『三国志』入門に
適した良作アニメ」と評価されたかもしれませんのに・・・。まあ、このやる気の無さが
本作を通して伝わって来るスタッフ達がそんな良作を生み出すなんて「夢のまた夢」としか
言えませんが・・・。全く話を掘り下げず、盛り上げようともせず、重要な所を省いては
ポンポンと話を進行させ、各年代ごとのちょっとした出来事を描いて、一気に曹操を
加齢させて終わらせれば、戦国武将の一代記なんて大層な物が出来上がるとでも
思ってるんでしょうかね?シナリオも事務的に原作の話を淡々と消化しているだけで、
散漫で薄っぺらくつまらない印象しか持てませんでした。

【総合評価】『トリコ』、『スケダン』、『ネウロ』を見た時も思いましたが、
最近のアニメはスタッフ達の「作画とキャストさえ良ければファンは満足するだろう」
との安易にして軽率な思考が丸見えになっている手抜き作品が頻発していますね。上記3作も
この作品と同様、原作は素晴らしいのにアニメスタッフの軽挙妄動により「原作レ○プ」の
憂き目を見る事となってしまって嘆かわしい事です。上記3作は瑠海役の柏木さんは除いて
キャストが全員ハマリ役だったのが救いでしたが、こちらは肝心の主演がミスキャストなのが
泣き所ですね。ミスキャストが声優の経歴の汚点になるという事がよく解りました。
『三国志』の知識は殆ど無い私から見ても、本作は酷い出来でしたので評価は「悪い」です。

2012/08/16 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 33498 ホスト:33523 ブラウザ: 11259
【良い点】
原作のとおり曹操が主役
董卓が強そうに描かれてること
原作になかったシーンが追加され詳しく描かれてること(張譲や董卓の死亡シーン等)
【悪い点】
OPが短い(笑)
【総合評価】
自分的にはそう悪くねえな。

2011/11/25 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:114(68%) 普通:23(14%) 悪い:31(18%)] / プロバイダ: 3059 ホスト:3032 ブラウザ: 11265
【良い点】
曹操を主人公にしたところ

【悪い点】
OP
最後の敵が文醜であるとこ。

【総合評価】
官渡の戦いも終わらないうちに放送終了って、三国志作品としては評価する以前の作品。
この作品なら「やわらか三国志 突き刺せ!! 呂布子ちゃん」の方がまだマシ。

2010/10/02 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:670(88%) 普通:60(8%) 悪い:33(4%)] / プロバイダ: 7859 ホスト:7585 ブラウザ: 3876
多分始めて他人の意見で自分の意見を曲げる作品になると思う。

思い入れが無いのも大きい。曹操の側から描こうが3国志ファンとしては既に知ってる事が多かった。だからこそ面白かったのは、役人達とのやり取りのところだった。後はなんとなく面白かったなと。

本当は前半の役人達とのやり取りがかなり面白かったので良いで良いが、普通にしたい。

ずっと漫画とアニメは差が無いと思っていた。漫画を実写化する問題は多くの人が問題点に気が付いてると思う。しかし漫画をアニメ化する問題がこれほどあるとは思わなかった。

実は所々違和感があった。それがみなの話を読んでいたら解明できた。多分アニメで表現できなかった部分や、オリジナルの部分だと。気のせいだと無視したけど、やっぱりいまいちだったなと気がつかされた。

確かに漫画特有の表現ってある、後この作品の批判で気が付いたけど、バカボンドとかってアニメ化しないほうが良いと思う。どーせなら、実写化で叩かれた方がマシだ。絵とコマ割りが動き以上のものをつくりだす作品はアニメ化に向いてない。無限の住人もあまり良くなかった。汚い画面だなと思ってしまったときもアリ。

声は敢えて触れない。私は人形劇3国志が初めてだったので、あの声が強烈過ぎた。曹操はあくの強い声の方が良いのかもしれない。ライトと言う独善的で傲慢な人物を演じた宮野氏なのでそれなりにいけていた。しかし私はあのイメージが強すぎる。

ちなみに原作は見てないので、皆さんの意見を聞いてそれが疑ってるわけじゃないが、自分の目で見たものではないので、やや抑え目の普通で。

2010/03/31 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(50%) 普通:0(0%) 悪い:1(50%)] / プロバイダ: 8712 ホスト:8583 ブラウザ: 10225
【総合評価】

とんだくそアニメだった。
時間を返してくれ。王欣太に謝るべきだ。
なんだこのアニメは!
こんなに原作と作りを変えちゃうならオリジナルで作ればよかったじゃない。

2010/03/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3577(33%) 普通:3768(35%) 悪い:3455(32%)] / プロバイダ: 22524 ホスト:22456 ブラウザ: 10065
「三国志」と言えば、今は亡き横山光輝氏の功績等も相まって、題材とされた作品も
それこそ星の数ほどありますが・・・・・・・・・

この作品は、昨年4月から半年間アニメ化されていましたが、まず映像技術はかなり
綺麗だったと思います。そしてそんな映像の元表現された、キャラクターの描写、
個人的にはめっためったにされた少年時代の曹操が、復讐として盗人を斬殺した
シーン、太平道の首領だった張角が死ぬ際、吐いた大量の血から三国時代を暗示する
三匹の龍を見て大乱世を予感したシーン、トウ卓が、物語序盤の悪役だった宦官、
張譲を斬殺したシーン、その養子で、ワールドヒーローズシリーズにも登場した
ジャック・バウアー、いや呂布が次々とやはり大惨殺したシーン等が印象に残り、
残酷描写が目立ちましたが、かなり迫力がありました。さすが三国志の英雄達!!
俺達ができない事を全く平然とやってのける!!そこにチョーしびれる!!
あこがれるぅー!!(笑)

しかし、そういう光る点も確かにありましたが、そんな曹操をはじめとする魅力的な
英雄達等に生命を吹き込むべき声優陣、残念ながらかなり玉石混交だったと
思います。

悪役のイメージが強い主人公・曹操は、宮野真守氏で、冷静に話すシーンはまだ
ともかくとして、相手を論破したり、「ならば良し!!」と決め台詞を披露したりする
シーンは、元々宮野氏自身かなり痩身なのもあるのだろうけど、迫力不足だったのは
否めなかった。青年期でさえそうだったのだから、壮年期は余計合って
いませんでした。これはトランクスが演じられた夏候惇にも言えた事(勿論
トランクスの実力自体は否定しようがないのだけど)なのだけど・・・・・・・・
宮野氏は、桜蘭高校ホスト部で環先輩を好演された時は期待していたのだけど、
他にもガンダムOOやイナズマイレブン等どうも近年は伸び悩まれているのが
歯がゆい。(これは同世代の柿原徹也氏にも言える事であるが)「男版平野綾」
と揶揄する声も聞くけど、経緯はともあれ、パパにもなったのだし、
もう少し頑張ってほしい。

宮野氏の他にも、トウ卓は、キャラクター自体は一般的な(?)イメージの、
「単なる暴虐で権勢欲におぼれた悪党」ではなく、「確固とした信念がある
カリスマ」として描いたのは良いのだけど、「ミスターアメリカンボイス」な
大塚芳忠氏ではやはり威圧感はない。(勿論トランクス同様実力自体は今さら
言うまでもないのだが・・・・・・)劉備も、マイネリーベのエドとやや被っていた
感があったし、義弟の関羽・張飛も、台詞がやや間延びしていたというか、
やはり合っていなかった。張角も、関俊彦氏もやはり実力はトップクラスなの
だけど、威厳とかが無い。何故か猿顔だった袁術は、同時期にまたブラッドレイ
大総統を演じられることとなった柴田秀勝氏では勿体無い配役だったし、筍イクも
吉野裕行氏の声では、容姿や人物とは合わない。個人的に吉野氏も嫌いでは
ないけど、少年時代の曹操を演じられた井上喜久子氏のように、少年役が巧い
女性声優さんを起用すべきだったと思います。霊帝役の浦飯幽介は、声が変って
しまったのが残念な半面、その役柄の広さ等は改めて認識させられて、曹騰役の
百鬼丸や、呂布役のジャック・バウアー、チョウ蝉役のエルリック兄等、他にも
好演されていた声優さんも勿論何人もいたけど・・・・・・・・・要するに
「面々自体は豪華だが、起用法等での間違いが甚だ目立っていた」という事ですな。
この蒼天航路では。まあ、これは他のいくつかの近年のアニメにも言える事なの
だろうけど・・・・・・・・・

ブレイク前のピーチキャッスルが主役張っていた、「ツヨシしっかりしなさい」
(これもそんな面白いとは思わなかったが)と同雑誌に掲載されていたらしい原作
は知らないけど、全体的に微妙でしたな。勿論話を盛り上げようとする意気込みも
伝わらないでもないのだけど・・・・・・・・・・そう言えば三国志を題材とした
作品といえば、またあの作品(と言えるのか?)もアニメ化されるらしいが・・・・・・
まあ評価は「悪い」寄りの「普通」という事で。

2010/01/20 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:49(78%) 普通:6(10%) 悪い:8(13%)] / プロバイダ: 34156 ホスト:34048 ブラウザ: 2135(携帯)
三国志は好きですし、原作も評判がよいので期待していたのですが……
このアニメは期待はずれでした。

バトルシーンは駄目だと思います。
兵士が斬られたときの血しぶきが不自然です。
たまにドラゴンボールのような格闘をするシーンもあるのですが、
蒼天航路の雰囲気に合わないと思います。
(実際、原作の董卓VS呂布のシーンはアニメと違って普通の格闘でした)

声優も駄目だと思う。
豪華なだけでキャラクターに合っていないのが多いです。
特に夏侯惇が酷いと思いました。
曹操も最初は悪くないと思ってましたが、年を取っても全く声が変わらないのは違和感を覚えました。

原作は少ししか見てませんが、これでは蒼天航路の良さを伝えることはできないと思います。

とは言ったものの、
OPはかっこいいし、黄巾の乱から呂布が死ぬまではそこそこ面白いと思える展開もありました。
その点を考慮して評価は「悪い」で。

2009/11/14 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:47(49%) 普通:21(22%) 悪い:28(29%)] / プロバイダ: 277 ホスト:252 ブラウザ: 9573
原作は素晴らしすぎると言っても過言ではない「蒼天航路」。
しかし、否それ故にだろうか、アニメ化の報を受けた時は圧倒的な不安感に襲われた。
この作品がアニメ化不可能と言われていた背景には、
残酷な描写、漢文字を多用した漫画独特の表現方法などの理由があった。
だが最も大きな要因は原作があまりにも緻密過ぎたからだと私は思う。

漫画「蒼天航路」は正史三国志をはじめとする様々な歴史資料を用い、
そこに独自の解釈、推測、脚色を加えて、
曹孟徳の幼少期から天寿を全うするまでの膨大な時間を描いている。
その間、数え切れない程の伏線を放ち、作品が完結するまでにその総てを回収している。

そのあまりに膨大かつ精密に造り上げられた組み木細工を、
部分的に改変したり端折ったりすれば作品が崩壊することなど解りきったことだった。
つまりアニメ「蒼天航路」が作品として成立するには
台詞から何まで原作と寸分違わず最後まで完結させる必要があった。
しかし、そんなことをすれば1年そこらで終わるはずもない。
現代のアニメ事情を加味すれば、新参アニメに対してそんな状況が許されるはずもなく、
始まる前から不安要素ばかりが宙に浮いている状態だった。

それでも好きな原作のアニメなので、現状に立ち向かう制作サイドの覚悟を期待していたが、
そんな朧気な期待も儚く霧散してしまった。

奇妙な変更点も多く、本来重厚なはずの歴史解釈、物語性は感じられず、
曹操の「ならばよし」に代表されるただのキャラ推しアニメのレベルまで下がりかけていた。
最も残念だったのは、原作にはない桃園のシーン。
あのシーンの捏造は、原作終盤の関羽の回想を完全に蔑ろにしており、
「このアニメどうせそこまでやんないし」という制作サイドの思惑が見えたようで悲しかった。
覚悟どころか愛すら無かったようである。

仮に私が原作を知らなかったらどうだったろうか?
OPはカッコいいと思ったし、戦闘シーンなどは決して悪くはないと感じたし、
たとそこに濃厚な歴史的解釈が無くともそれはそれで良しとしていたかもしれない。
本来こういう作品は単純に「面白い」って思えりゃそれでいいんですけどね。
「愛読は煩わさるべきなり」(原作を愛しすぎてはいけない)ってところでしょうか?

2009/10/23 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:435(47%) 普通:317(34%) 悪い:168(18%)] / プロバイダ: 49920 ホスト:49859 ブラウザ: 9576
【良い点】
キャラにもよるが個性が強いキャラが多い事
曹操が主役になっていること

【悪い点】
何といっても最終回のラスト

【総合評価】
原作未読、ただし断片的に見たことはある
その断片的に見た中で感じた絵の迫力やオーバーアクション気味な各人物のインパクトは結構再現されていたと思う
しかし最終回のアレはどうにも受け入れられない
原作が既に完結済の今にアニメでやるなら最終回までやった方が良いだろうし、それが無理ならせめてラスト数話でオリジナル展開やってでもある程度は纏めて欲しかった
他にはこれといって不満は無いだけに残念である

2009/10/23 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:112(47%) 普通:41(17%) 悪い:85(36%)] / プロバイダ: 16457 ホスト:16341 ブラウザ: 7657
原作はちらっと立ち読みした程度。
どちらかというと大戦のイメージの方が強いです。

せめて官渡の戦いまではやってもらいたかったなと思いましたね。
もの凄く中途半端なところで終わってしまったのが残念です。
とりあえず作ってみたら尺の中に収まらなかったのであそこで切りました…。
でしたじゃガッカリですよ。
昔のアニメの話の途中での打ち切りを思い出させてくれましたね。
どう考えてもこれは失敗だったと思いますけど。
蒼天は大戦から入ってそのイメージの方が強いんで声はあっちの方が合ってたかなと…

原作とアニメとは媒体が違うものなでアニメとしてどれだけ見せられたのかという事なんだけど、
独特のセリフ回しとかいいものはあったのにそれが生かし切れていない感じがどうにももどかしかったです。
とりあえず曹操すげーナだけだったような気もしなくもないです。
どうしても原作のイメージが付きまとう分同じものとなると難しいのですが…原作ファンには物足りなさすぎるでしょうな。

原作をあまり知らない身としては光るものはあったと思っただけに残念な作品。
もったいないよ…

2009/10/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:712(73%) 普通:242(25%) 悪い:27(3%)] / プロバイダ: 28160 ホスト:28224 ブラウザ: 10225
原作未見です。日本における三国志のスタンダードであろう吉川英治の三国志が、ごく普通に劉備サイドからの視点であるのに対して、この作品は曹操サイドの視点で物語が進みます。
それだけでも新鮮ではありますが、この作品の眼目は「後漢末救世主伝説」な演出にあります。存在感だけで雷光の飛び散る人々が、血飛沫の中で戦いまくる。屯田制の導入など曹操の業績にも触れていて、真面目な内容でもあるんですが、その辺はあんまり目立ちません。

面白いと言うか特徴的なのは、主人公である曹操を権謀術数を合理性として描いている事。その姿勢(特に皇帝に対して象徴性、さらに言えば一種の機関説のような持論を述べるなど)は、少し西洋的な合理性の臭いがしないでもありませんが、日本人が三国志に対してイメージする義や情とは異なる判断基準に従って行動する人物と言うのは、なかなか興味深い描き方でした。
そのため、義と情だけで世の中を渡り歩く(人の世には、そういう非合理性が支配する世界も存在するのだ)劉備に関しては、描ききれていない。人間の器などという、非合理的かつ間違いなく存在する(ように見える)ものに対するアプローチは、この作品の目指すものではなかったのでしょう。

元が長いお話なので三国鼎立の前で終わってしまいますが、この描き方でそれ以降の話を描くのは難しいだろうなぁとも思う。国が大きくなって、軍隊の人数が増えるにつれて、一人一人の戦闘能力は相対的に影響力が小さくなっていくから。

ちなみに、ここでは評判の悪い主人公の声ですが、自分としては悪くなかった。曹操のキャラを合理性の人と描きながら、同時にエキセントリックで悪ガキっぽい大人という側面を持つ人として描いていた。
戦場で不意に戯れを行うような人物に、渋い声は似合わない。どこかで大人になりきれない感じの声で良かったと思う。

カタギの男性を意識した作品が続いていた枠なので、出来自体も悪くない作品でした。

おまけ
かなりの期間、頭の中では全てのキャラが瞬時に横山光輝キャラの変換されていた・・・

2009/10/21 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:135(28%) 普通:47(10%) 悪い:295(62%)] / プロバイダ: 9836 ホスト:9690 ブラウザ: 8416
原作は読んでいません。一応、三国志の話は知っています。全話視聴。
三国志と言えば、横山作品に代表されるように劉備陣営の話が多いが、本作品は曹操の話と珍しく面白い。最近の作品では、孫権サイドのエセ三国志があったが、実につまらないもので、さらに女の子に武将の名前を付けて乳パンツ見せバトルをさせる話は実にくだらないものであった。アニメ作品としては、本作品は、横山三国志以来の本格的な作品であるし、アニメ版横山三国志は、残念な事に赤壁で終わってしまっているので、どこまで放送されるのかが楽しみだったのだが、やはり中途半端な納得のいかない作品でした。
では、悪いと思う点。一部キャラの配役が合っていない。特に曹操が合っていない。青年期は、あまり気にならなかったが、年を取るにつれて違和感がどんどん増大していく。そもそも、三国志は登場人物がとても多く、声優もそれなりの数が動員されているはずなので、時期を見計らって入れ替えるくらいしても良かったのかもしれない。声優ネタでもう一つ。ジョンウーなんかたとえエキストラでも出さなくて良い。しかも、作中「ジョンウー」と叫ばせるとか、諸事情があるのは分かるが、そんなくだらないことをするよりもっと他にすることがあるだろと強く感じる。次に、本作品で致命的といえるのが、迫力の無い一騎討ちのシーン。一騎討ちがあまりにも軽い作風でインパクトが無く武将の魅力が半減している。ところで、集団戦がきっちり描かれているかと言うと、確かに映像としては頑張っているといえるのだが、そうでもない。戦闘シーンがあっさりしすぎている。それから、呂布の演出。作品とまったく合っていない。猿術も猿っぽさが出てないし、イマイチ。そして、本作品で最も不満な点は、その中途半端な終わり方にあると言えます。三国志は長い話で全てを語るには半年はあまりにも短すぎるし、一つの戦いなどに焦点を当てて製作するには長すぎる。また、主人公が曹操であるのでいい終わり方を模索してこういう結びにしたのだろうがあまりにも中途半端すぎる。これだったら、黄巾党辺りまでの話で一旦区切って分割2期のようなやり方をしたほうがよかったといわざるを得ない。
良いと思う点。やはり、曹操側から描いた三国志と言う点に尽きるのではないでしょうか。
映像作品で人形劇以上の作品はなかなか出てきませんね。
評価ですが、とても悪いとします。

もっと読む

「原作のファンなのでとりあえず全部見ましたが、残念な気持ちが募っていくばかりでした…。原作が独特でもあ...」 by 手まり寿司


次のページを読む

この評価板に投稿する



2020/03/25 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 28059 ホスト:28084 ブラウザ: 8338 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/ロマンチックな気分/面白い/格好良い/セクシー/考えさせられた 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽悪い(-1 pnt)

もっと見る
1. "小山力也さん" by 陣兵
... チャック・パウアー。 69.【青い文学シリーズ『こゝろ』】…K。 70.【うみねこのなく頃に】…右代宮留弗夫。 71.【エレメントハンター】…ダン・カラス。 72.【狼と香辛料Ⅱ】…マルク・コール。 73.【怪談レストラン】…アコのおじさん。 74.【こばと。】…玄琥。 75.【蒼天航路】…呂布 ...
記事日時:2011/12/18 [表示省略記事有(読む)]
2. 普通の評価 by 名もなき詩人
... つける事が多いので、それが無かったと言う事だと思います。ただそれだけだったと。 戦う司書 良い悪いが拮抗していて判断に悩んでです。 秘密 良い悪いの拮抗ですね。 クラスターエッジ 良い悪いの拮抗ですね。 こばと。 良い悪いの拮抗ですね。 ティアーズ・トゥ・ティアラ 良い悪いの拮抗ですね。 蒼天航路 これは評価 ...
記事日時:2011/03/29 [表示省略記事有(読む)]
3. 加点方式なら2009年アニメ順位はどう変わるか? by kunku
... __71__-32__--__クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者__0.71 /良い__8__28.97__4.97 104__76__-28__--__クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国__0.50 /良い__8__28__4 105__139__34__++__蒼天航路__-1 ...
記事日時:2010/04/03
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:蒼天航路
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ