[アニメ]それでも町は廻っている: 2010/12/25 みゆきちいいいいい


それでもまちはまわっている / Soredemo machi ha mawatte iru
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
  • 楽しい
  • 可愛い
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数553位6,401作品中総合点55 / 偏差値56.54
アニメ平均点851位2,844作品中平均点1.20=良い/46評価
2010年アニメ総合点16位189作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2010/12/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:48(52%) 普通:24(26%) 悪い:21(23%)] / プロバイダ: 24738 ホスト:24544 ブラウザ: 7467
【良い点】
・話の内容
・最終話
・曲
・テンポの良さ

【悪い点】
・キャスト(個人的に抱いていたイメージとの齟齬)
・過剰に白い光を当てたことで、かえっていやらしく見えてしまった歩鳥のパンチラ

【総合評価】
原作既読。というか原作からのファン。

独特の雰囲気を持った作品で、アニメ化の報せを聞いた時、正直あまり期待はしていなかった。
漫画特有の間の面白さだったり、今まで漠然とイメージしてたそれぞれのキャラがアニメ化によって悪い意味で固定化されるのではないかと不安ばかりだった。
スタッフやキャストが決まった時も、あまりしっくりこず不満を多く抱えた中でのスタート(まあ、これは原作信者の一種の病みたいなものだと思う)

だけど、やっぱり始まってみると面白い。
漫画で見ていたキャラクターが実際に動いているというのが純粋に嬉しかったし、
話のオチや先の展開はもちろんわかっているのだけれど、それでも十分に楽しめたのは自分の中でも驚きだった。

1回の放送で1話ではなく、2・3話詰めるという話の組み立て方も丁度良かった。
原作ファンの大体は最終話にあの話が来るだろうと予想していたと思うが、
それにも関わらず、その原作ファン(少なくとも自分は)をも感動させるあの最終話の締めの良さは素晴らしかったと思う。
あの話はそれ町のテーマというか根幹の一つを成すエピソードで、厳密にいえば原作よりも湿っぽさが強調されていたような気がするが、
それでも、あのアレンジは間違いなく改良だったと思う。

たらればを言えば、悪い点で挙げた箇所にまだ若干の不満が残るが、
しかしあの最終話を見た後で、重箱の隅をつつくようにこれ以上口うるさく批判するのはやぼな気がする。
原作をあまりに愛しすぎると、アニメ化などした際にはそのメディアの違いを受け容れられず厳しい目で評価しがちなのだが、
そんな自分でもここまで楽しめたという事は評価したい。

心配なのは、あのきっちりした締め方で作り手側が満足したのではないかということである。
原作ファンとしてはアニメで見てみたい話がもっともっとたくさんある。それほどに“それ町"という作品は面白い。
これは是非2期制作を期待したい。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ