[アニメ]魔術士オーフェン(シリーズ)


まじゅつしおーふぇんしりーず / Sorcerous Stabber Orphen
  • 熱血
  • 友情
  • びっくり
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 文学:魔術士オーフェン(シリーズ)
アニメ総合点=平均点x評価数448位6,424作品中総合点68 / 偏差値58.62
アニメ平均点1,296位2,856作品中平均点0.87=良い/78評価
1998年アニメ総合点17位124作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.60(とても良い)5
音楽1.40(良い)5
声優・俳優1.40(良い)5
映像1.20(良い)5
ストーリー1.00(良い)5
熱血60%3人/5人中
友情40%2人/5人中
びっくり40%2人/5人中
涙流した20%1人/5人中
悲しい20%1人/5人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

もぐりの金貸しオーフェンは、キエサルヒマ大陸でも有名な「牙の塔」出身の黒魔術士。彼には天才魔術士と謳われ姉と慕っていたアザリーという女性がいたが、5年前にとある魔法に失敗し何故か姿を消してしまった。オーフェンはそんな彼女を探す(元に戻す)ためトトカンタで知り合ったクリーオウやマジクと旅を続けるのであった・・。

第1期は『魔術士オーフェンはぐれ旅』第1巻「我が呼び声に応えよ獣」をベースに、第2巻「我が命にしたがえ機械」、第4巻「我が森に集え狼」のエピソードを加えたオリジナルストーリー。
第2期に当たる『魔術士オーフェン Revenge』については「我が夢に沈め楽園」の序盤をアレンジしたと思われる完全オリジナルストーリーとなっている。

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
原作:秋田禎信
原作イラスト:草河遊也
連載誌:月刊ドラゴンマガジン/月刊ドラゴンジュニア※富士見ファンタジア文庫刊

日本 開始日:1998/10/03(土) TBS TV 『魔術士オーフェン』 / 終了日:1999/03/27
日本 開始日:1999/10/02(土) TBS TV 『魔術士オーフェン Revenge』 / 終了日:2000/03/26
画像集サイト
1. http://travelmmho.tripod.com/shitajiki/s/sorcerous.html
オープニング動画 (4個)
愛 Just on my Love愛 Just on my Love
歌:シャ乱Q
詞:つんく
作曲:つんく
編曲:前嶋康明, シャ乱Q [補記] [ファン登録]
[もっと見る]
55,9859378
最近の閲覧数
4332524410
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/03/17 / 最終変更者:ソンプーGU / その他更新者: カイネル・ドゥ・ラファティ / SS / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/06/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 16100 ホスト:16016 ブラウザ: 5819
【良い点】
一期99点

【悪い点】
二期0点、作画は下手、鑑賞する価値は見つからない
何でこんな製作崩壊現象は起きるのがわからない
普通、二期は前期より進歩になるのは常識でしょう
シナリオもくだらない、bgmも適当、作画は崩壊くらい下手くそ
見る価値またくない
【総合評価】

一期はなかなか楽しめるアニメです
二期はゴミ、どうしてこんなもの存在するのは本当謎ですね。

2013/06/18 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:386(68%) 普通:77(14%) 悪い:104(18%)] / プロバイダ: 24691 ホスト:24773 ブラウザ: 8726
自分は好きでしたね。原作はブックオフでたまたま100円コーナーにあった一巻を買って読んだくらいですが。
と言っても全体的に好きだったというより、当時偶然にもテレビで視聴した、第4話の「我が花園に眠れ魔物」の1話がすごく好きでしたね。この作品に興味をもつきっかけになった1話です。
まあ、某ジブリアニメのロボットを彷彿とさせるものが居たり、ややパクリ感もありましたけど、この一話を通じての出来自体は本当に素晴らしいと思う。
後に全話を見ましたが、何だかんだでこの1話のクオリティの高さが別格だったように思います。思い出補正もあるかもしれませんが。
全体的に作画も美しかったですね。

ただ、これがリベンジの方になると色々酷かったように思います。何かと行動に割り込んでくるリコリスが都合のいい財布になってしまい、旅の醍醐味が減ってしまっていた。

初代の方の面白さを考慮して、とてもいいを付けておきます。

2013/03/17 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:199(63%) 普通:74(23%) 悪い:44(14%)] / プロバイダ: 10083 ホスト:10085 ブラウザ: 7451
【良い点】
最終盤の盛り上がりが良い。作画も比較的良い。

【悪い点】
ギャグを中心とした展開は中々ついていけない。話が盛り上がるまでの展開が長すぎて飽きてしまう。

【総合評価】
普通と評価します。

2011/11/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2262(50%) 普通:1136(25%) 悪い:1136(25%)] / プロバイダ: 7019 ホスト:6931 ブラウザ: 6425
原作新シリーズを切欠にアニメ全47話再視聴しました。(録画テープの劣化が激しい…)

【良い点】
どんどんノリが良くなっていくキャラ達。
筆頭はハーティア。つれない親友へのラブっぷりと覆面をした時の性格の変わりようが馬鹿ウケ。
富士見書房主催のキャラコンでアニメ部門はオーフェンに次ぐ2位と原作から大躍進。(弟子のエリスも6位と健闘)
二期ヒロインのリコリスも単なる眼鏡っ娘に留まらないキャラーの掘り下げがされていました(キャラコン3位)。
女長老シャスタデイジーと息子達も当初は噛ませ犬っぽかたったのが変態悪役として製作側に結構、愛されていた模様(笑。
一方で無駄に動かさなかったのがレティシャ。(恐らく一期の時点では姉はアザリー一人という設定だった)
キャラの掘り下げはされずにオーフェンとも会わずじまいなのはファンとしては残念でしたが、
(アザリーでシスコンは卒業したという事か、小言を言われたくなくてオーフェンが逃げ回っているかのどちらか)
原作でも「絶世」と言われるほどの美女なので出ているだけで充分、存在をアピールできています(キャラコン4位)。

【悪い点】
原作既読だと首を捻る細部の描写が多い。「レキ=ディープドラゴンの生態描写がおかしい」
「チャイルドマン教室のオリジナル魔術を他の魔術士もホイホイ使う」
「アザリーが天人の遺産に関する知識でハーティアに後れを取る」
「チャイルドマンも特殊な出自の魔術士ではなく師である大賢人がいる」等等。

戦闘シーンの単調さ。一期オープニングで原作同様の体術と魔術の複合的戦闘を見せていますが、
本編では、ただ魔術を放っているだけで戦闘技術を感じさせる演出や描写は少ない。
特に二期は中盤と終盤のヤマを除けば殆どウルトラマン(クリーチャーの造詣センスも悪いし…)。

ハズレキャラも皆無ではない。
性転換ヒロインのステファニーをギャグ要員ならともかくシリアスなサポートキャラとして出番を増やしたのは失敗。
千里眼のライは途中でデザインを貰えましたが、二期では全く活躍がなく単なるイケメンキャラで終わりました。

【総合評価】
90年代に「スレイヤーズ」と共にマルチメディア戦略の中核を担ったライトノベルファンタジーのアニメ化。
TVアニメという媒体に併せて原作の複雑で奥深い世界観や設定の多くが削られ独自路線を歩みました。
ただ原作自体が鬱・難解で読み辛くなっていった事を考えれば、これはこれで評価できると思います。

むしろ一期はキャラが真面目過ぎて大人しくなってしまい(その割りに中途半端にギャグが入る)、
原作をテンプレートにした普通のファンタジーアニメという印象で、
オリジナル主体の二期の方がキャラが生き生きとしていて原作ネタ(レティシャや天人の存在、タフレム市街の描写。
偽オーフェンやマジクの女装等)の盛り込みも上手くスタッフが仕事をしていたと思います。
これは製作側の原作理解度が上がったのか、一期で原作認知度が上がったという判断に基づくものか、
クリーオゥの「アンタと同じ空気吸っていると思うと肺が腐りそうだわー!!」などの毒舌台詞は
脚本家が原作のノリを理解していないと中々、出てこないでしょう。
リコリス初登場シーンで背景で聞こえてくるオーフェンとクリーオゥの口論の内容が次回に生かされていたり
脚本レベルは意外と高く、終盤の二転三転する真相なども予定調和気味だった一期よりハラハラ感がありました。

スタッフがテンションを上げていったのに併せてオーフェン自身も成長しています。
一期ではアザリーに拘る余り頑なになりハーティアの言う事も聞かない彼にクリーオゥとマジクがついて回っていますが
二期では現在の旅仲間同士のかけ合い描写が増え(ハッキリ言って戦闘場面より面白い)、その絆を大切にする発言も見られました。
(一期前半から二期後半にかけてのOP画像の変換にも、これは現れています)
一期は、そこそこ「良い」。二期は「最高」よりの「とても良い」。総合は「とても良い」で。

2011/03/23 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:739(64%) 普通:180(16%) 悪い:227(20%)] / プロバイダ: 18635 ホスト:18744 ブラウザ: 12197
【良い点】
OPは「君は魔術士?」が最高でした。
EDは「ラストキッス」が最高でした。

無印版。
・小説版「はぐれ旅」の第1巻を大幅にアレンジした内容でした。
「はぐれ旅」で感じた不満点が解消されたのが特に良かったですね・・・
小説版のアザリーはあんまり好きじゃなかっただけに。
魂の入れ替え描写もラストで真相が明かされるみたいな形ではなく、
物語中盤で初めて行われるのもプラスでした。
終盤でそのことをハーティアから聞かされたオーフェンが
アザリーの暴走を止めようと挑むところ・・・
そして、ハッピーエンドとまではいかないまでも
最悪の結末は避けられた終わり方。
このあたりは、視聴した後、しんみりとさせられたものです。

・戦闘中の音声魔術描写。
これにはダッシュ感がございました。

Revenge版。
・マクレガーとエスペランサのリコリスに対する想い・・・
この一言に尽きます。
エスペランサの最期のシーンはちょっと泣けました。

【悪い点】
・できればRevenge版も無印版同様の雰囲気にして
いただきたかったものです
(クリーオウの株がRevenge版で下がりました)。

・Revenge版では無印版と異なり、
オーフェンの音声魔術発動に一定の間がございました。
それゆえ、戦闘のダッシュ感が少々損なわれたと感じたものです。

・フレイムハートとフレイムソウルの狂気っぷりが・・・

・レティシャはRevenge版で初登場していますが、無印版で登場させても良いのでは?

【総合評価】
無印版:【最高】
Revenge版:【良い】
よって、【とても良い】とします。

2011/03/23 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:330(53%) 普通:163(26%) 悪い:125(20%)] / プロバイダ: 22155 ホスト:22208 ブラウザ: 9365
【良い点】
原作は既読。
声優さんはよかった。クリーオウとの絡みも良かったと思う。

【悪い点】
多いですね。思ってた通り中途半端に終了。原作ではまだまだ旅のはじまりのところでしたし、トトカンタをオーフェンが離れるところから物語が面白くなるので結構不満でした。オリジナルストーリーに関しては総合的に良く無かった、特に最後は酷いですね。
あとオーフェンのアクションシーンが原作と比べ1部2部共かなり少なかった。元々オーフェンは暗殺術に長けていて、魔力自体はそれほどでもないと自分でも語っていたので出来は残念だった。これに加えて戦闘時のスピード等アクションも迫力不足。

2部のリベンジは完全オリジナルでしたが、1部をあんな感じで終わらせてしまったので、続編の製作を強く期待していたのですけれど・・何かまたまたガッカリです、裏切られました。

【総合評価】
今度アニメ化するならアニメオリジナルストーリーはもう勘弁願いたいです。

2009/09/15 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:486(64%) 普通:108(14%) 悪い:161(21%)] / プロバイダ: 34067 ホスト:34118 ブラウザ: 5033
【良い点】
オーフェン役、森久保祥太郎というのは良かったと思います。

【悪い点】
原作無視、作画がキラキラしてて、気持ち悪い。
タイアップの主題歌、作品に合わせる気ゼロ。

【総合評価】
もの凄くショックで第3話あたりで観るのを止めました。
同じ系列から出たスレイヤーズの出来を考えるとあんまりな作品。
これがトラウマで自分の好きな漫画やラノベのアニメ化が決まっても
期待できなくなりました。
原作をリスペクトして製作していれば、鋼の錬金術師ぐらいの
人気を得られたのではないかと思うこともあり、
それを考えると非常に勿体無いと思います。

2009/02/12 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:167(65%) 普通:50(20%) 悪い:39(15%)] / プロバイダ: 29625 ホスト:29500 ブラウザ: 6520
ある程度人気が高くなると大抵アニメに進出する富士見ファンタジア文庫等ライトノベルのヒット作の中でも
アニメ化に関しては残念ながらあまり恵まれていなかったというか、
アニメ版だけ見るとシリアスもギャグもつまらないわけでも無いが、特別面白いという感じもしない平凡な魔術もの、ファンタジーもので終わってしまったという印象だったので普通にします。

2008/09/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:247(67%) 普通:45(12%) 悪い:78(21%)] / プロバイダ: 22700 ホスト:22657 ブラウザ: 8901
【良い点】
正統派な感じ。魔法の詠唱の言葉がかっこいい
キャラクターの個性
OPが良い

【悪い点】
作画

【総合評価】
良い

2008/08/31 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:33(52%) 普通:6(10%) 悪い:24(38%)] / プロバイダ: 28056 ホスト:28119 ブラウザ: 8090
原作既読。2話で断念。
【良い点】
声優さんのイメージはあっている(と思う)

【悪い点】
キャラの絵。小説版のイラストが好きなのもあるが、これはないだろう・・・
演出。ナルシストっぽいというか、耽美と言うか・・・気持ち悪い

【総合評価】
リアルタイムで見た記憶がある。原作ファンとしてとても楽しみにしていたのだが、ものすごい拒絶反応を覚えて見るのをやめてしまった作品。余りにも原作とイメージが違うのはテレビアニメだから仕方ないのだろうか?
自分の好きな小説がアニメになるのは決して喜ばしいことではない、という格言を身をもって体験した第一号の作品。
評価は個人的トラウマから「最悪」で

2008/03/11 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:43(66%) 普通:1(2%) 悪い:21(32%)] / プロバイダ: 12883 ホスト:12896 ブラウザ: 3107(携帯)
当時、小学生だった自分が毎週朝、楽しみに観ていたアニメです。
最近、このアニメが存在していたことに気付き直ぐさま見直しました。改めて見ると主人公のオーフェンは森久保さんが演じていたんですね。ストーリーはうるおぼえですが魔法の世界だということは覚えてました。小学生だった時はただ詠唱がカッコイイとか技がカッコイイとかの理由で観ていただけでしたが今観るとギャグ×シリアス要素が満載のアニメでした。素晴らしいと言っていい程キャラ立ちがしっかりしていましたし心理描写が細かく表現されていて良かったと思います。

原作の小説は読んだことがないんですがアニメでここまで面白いと原作はかなり完成度が高いのでしょうね。

2007/10/21 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:402(95%) 普通:11(3%) 悪い:9(2%)] / プロバイダ: 18003 ホスト:17836 ブラウザ: 4620(携帯)
この作品を知ったのは小説版ではなくアニメ版の方が先でしたが、そのために基本的な設定やキャラクターの違いなどは全く知らなかったもののこういった冒険物のアニメは元から好きだった事もあり楽しんで見ていました。

今思うとこの作品には豪華(人気)声優陣が数多く出演していましたが、オーフェン、クリーオウ、マジクの3人はもちろんの事、レキにボルカン&ドーチン兄弟、チャイルドマン、ハーティア、フレイムハート、アザリーを演じていた面々も他の作品で主役もしくは主要人物を演じていた人達だったのも非常に興味深いです。

オーフェンの音声魔法では「我は放つ、光の白刄!」をはじめとした魔術などが今でも印象に残っているのと、ボルカンがよく言っていた「〇〇で××殺してやる〜」の口上は毎回見ていてかなり笑えました。

そういった事から、評価は「とても良い」で。

2007/02/28 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:70(77%) 普通:9(10%) 悪い:12(13%)] / プロバイダ: 16797 ホスト:16666 ブラウザ: 4924
そういえば、オーフェンってアニメになってたんですよね。思い出してしまった。

原作にかなりの思い入れをもっていたので、アニメの絵にはもう半泣きでした。なんかキラキラしてるー!!(泣)
原作ありきの作品がドラマ化・アニメ化されると、普通は何役が誰だとか誰はどんな声だとか、
そういうところから不満が出たりするものですが、このアニメに関しては声に構っている余裕なんてなかった。
文章で魅せる作品だったので、アニメ向きでなかったという点を考慮しても・・・地獄でした。
二期に入るころには慣れたけど、どうしてあんなになってしまったのか。

絵は、下手ではないです。
むしろ巧いのかもしれないけど・・・歯が光ったりする爽やかさ、絶対この作品には合わない。

話自体は、第二期>第一期。一期は無理やり感がありすぎて話がぐだぐだになってるというか、
それ以前に話の筋とかキャラが変わってるよおい、と思う回が多々あって好きになれませんでした。
マジクってあんなに女たらしではなかったような。無駄にエロ描写があったのも嫌。
おっさんの入浴シーンを流した度胸は(別の意味で)賞賛しますが、ちょっとね。

二期は、話的にはわりとまとまっていたと思うし、キャラも原作(無謀編基準?)に近づいていたのでまだ許せた。
後半のダークで気だるい雰囲気もわりと好きだった。・・・マジクの女好きは最後まで貫かれてしまいましたが。
あと、魔術の構成が見えるとこが良かった。こういう世界観作りの工夫はいいですね。
・・・いや、魔術士以外には見えないんだけどさ。

二期はそこそこ楽しめたけど、一期の衝撃は地獄の住民も裸足で逃げ出す悪夢でした。
総合してこの評価で。

2007/01/17 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:245(40%) 普通:166(27%) 悪い:201(33%)] / プロバイダ: 1232 ホスト:1086 ブラウザ: 3875
富士見ファンタジア文庫の二大魔術師「スレイヤーズ」と「オーフェン」ですがアニメの方面では扱いに凄く差がありましたね・・。

・OPが酷い。まぁオーフェンのために用意された曲ですがシャ乱Qを使う事はないでしょう・・。
・原作の改悪が酷い。オーフェンはそんな話じゃねーよ(笑)
・変にエロい

しかしこれだけならまだ「悪い」ぐらいだったのに、さらに『リベンジ』なんて皮肉にもならないタイトルつけてメチャクチャにしてくれたので「とても悪い」で。ギャグがしたいなら笑いの最高峰『無謀編』があるじゃないですか。。
本当に『フルメタ』が羨ましくてしょうがない。

まぁそもそもこの『オーフェン』って作品は原作を読んだらわかる通り決してアニメ向きとは呼べるモノではありませんでした。
オーフェンの面白さは秋田による独特な文体と複雑な世界設定と巧妙な魔術理論でしたからね。
そういう意味じゃアニメ『Fate』の不満と通じるモノがありますね。

2006/06/19 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:18(15%) 普通:18(15%) 悪い:86(70%)] / プロバイダ: 15576 ホスト:15275 ブラウザ: 4184
偶然、オーフェンの第1話の予告を見た事がきっかけでアニメを見て嵌った作品。アニメは原作第1巻を中心に第2巻のキリングドール(展開がだれていた原作よりは面白いが、オーフェンvsキリングドールの戦闘の一部の動きが酷い)、第4巻のディープドラゴン(原作のとある組織の設定を省き、レキを仲間に加える為のストーリーを短く纏める)のエピソードを加えていた。オーフェン、クリーオウ、マジク、アザリーは勿論、原作では出番の少なかったチャイルドマンやハーティアを大幅に活躍させ、オリジナルキャラクターのロックスロウ、ラーイ、シャスタデイジー、フレイムハートといったキャラも魅力があった。最も膨大な魔力を持っているはずのレキはアニメ版では只の愛玩動物化しまう冷遇もあった。2クールかけてアニメの結末を原作と変えてハッピーエンドにしたのは評価できる。JCクオリティでクリーオウ、アザリーのサービス、女々しいチャイルドマンなど悪い部分も出たのは残念だ。

OP2「君は魔術師?」、ED「ラストキッス」はかなり良い曲だった。逆にED2「どうしよう」は微妙所か、「携帯電話」などというオーフェンの世界観には存在しそうもない歌詞があった。ちなみにOP「愛 just on my love」は次第点。

リベンジはギャグ中心の無謀編よりのイメージだったので一切視聴していない。ギャグは単細胞兄弟コンビだけで充分です。

もっと読む

「途中までしか見てないけどかなり面白い!あの兄弟の兄は最悪やな!(笑)っつーか弟はかわいそう・・・。...」 by なおおき


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/05/11 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8326 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 20世紀がアップを始めたようです。 by オルタフォース
... ) ベルセルク(1989) モンスターワールド2(1989) 重装機兵レイノス(1990) 幽☆遊☆白書(1990) うしおととら(1990) グラップラー刃牙(1991) 聖剣伝説シリーズ(1991) ラングリッサーシリーズ(1991) 美少女戦士セーラームーン(1992) 魔法陣グルグル(1992) 半熟英雄2(1992) 電光超人グリッドマン(1993) 魔術オーフェ(1994) ...
記事日時:2018/04/20
2. 魔術オーフェはぐれ旅 3度目のアニメ化 by ルミナ
... 25年か、歳を取るはずだなあ……。 自分の人生を変えたといっても過言ではない作品ですが、 からくりサーカスのように素直に喜べないのは ぶっちゃけ、一度目のアニメ化が酷過ぎたからです。 前回のアニメは完全に無かったことにして、今度こそ 原作に忠実に作って欲しいです。 5巻〜6巻の『牙の塔編』 ...
記事日時:2018/03/26 [表示省略記事有(読む)]
3. 続・お前の欲しいものはなんだ? by エスパー
... が欲しいなあと思う時もある。 というか効率よく進めたいから増やしたい!何らかのデメリット抱えそうだけど増やしたい! そもそも背中から腕が生えるケースってのはただでさえ生理的にヤなんだけど増やしたい! つーかなにかの打ち切り漫画で無機物めいた腕出したりする能力あった気がするからそれでも良い気がした! 全然関係ないけど最近魔術オーフェも気になっ ...
記事日時:2017/05/14
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 文学:魔術士オーフェン(シリーズ)
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ