[アニメ]劇場版サイレントメビウス2


げきじょうばんさいれんとめびうす2 / Silent mobius 2 movie
RSS
注意: サイレントメビウス関連アニメ
アニメ総合点=平均点x評価数5,220位6,420作品中総合点-1 / 偏差値47.27
1992年アニメ総合点117位125作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像0.67(良い)3
音楽0.67(良い)3
声優・俳優0.00(普通)3
ストーリー-0.33(普通)3
キャラ・設定-1.00(悪い)3
可愛い33%1人/3人中
悲しい33%1人/3人中
美しい33%1人/3人中
考えさせられた33%1人/3人中
楽しい33%1人/3人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

人口は増加の一途をたどり、環境破壊による酸性雨が降りしきる近未来のTOKYO。2000年を過ぎた頃から、人知を越えた不可思議な事件が起きるようになっていた。3rd-AT(サード・アトラクション)と呼ばれ一般人に秘匿されていたそれらの事件は、妖魔(ルシファーホーク)と呼ばれる異世界(ネメシス)の住人たちが引き起こす事件であった。
2023年、頻発する妖魔事件に対し、ラリー・シャイアンは Attacked Mystification Police Department(対妖魔用特殊警察、通称AMP―アンプ)を組織、これに対抗する。「何も生み出さない戦いのなかでも、女性だけが次代に繋がる命を生み出せる」との思想から、AMPは女性だけで構成されている。2026年時点のAMPのメンバーはラリーに加えて、主人公香津美・リキュール、キディ・フェニル、レビア・マーベリック、闇雲那魅、彩弧由貴の6人。彼女たちはおのおのが持つ特殊な能力を駆使し、妖魔に対抗する。
本作は、前作に引き続き、妖魔のことを何も知らず妖魔に付け狙われる香津美・リキュールが妖魔と戦うことを決意し、AMPのメンバーに参加するまでを描く。

※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
1992年7月18日松竹系で『サイレントメビウス2』というタイトルで公開された。併映作品は『アルスラーン戦記II』と『風の大陸』。

スタッフ
監督:井出安軌

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:1992/07/18(土) 映画
OP/ED以外または不明曲 (1個)
旅立つ朝に
歌:鈴木彩子 詞:上田知華 作曲:上田知華 編曲:おやじ [補記] [ファン登録]
7,59566
最近の閲覧数
1000002201
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2010/03/03 / 最終変更者:管理人さん / 提案者:kunku (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2013/07/21 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3324(33%) 普通:3510(35%) 悪い:3272(32%)] / プロバイダ: 15046 ホスト:15286 ブラウザ: 5682
1作目も微妙なクオリティでしたが・・・・・・・

引き続き香津美・リキュールその人中心のストーリーで、自ら置かれた運命や境遇に
対する心情は理解はできます。しかし、脚本が悪かったのも相変わらず根本的にダメな
点で、そうした過酷な運命に「イヤァーーー!!!」と叫んだり涙したり等の戸惑い・動揺
や銭形警部ボイス、キゲルフとの「親子の絆」、そして「仲間たちとの友情」等訴えたい
事があるのはいいのですが、クドさや臭さが鼻についたのは前作以上で、声優の松井
菜桜子氏も何だか似合わなかったです。

声優といえば、シャイアン役の藤田淑子氏やキディ役の鶴ひろみ氏、そしてそのキゲルフ
役の故・納谷悟朗氏は各々の持ち味を発揮されてはいましたが、悪役・ルシファーホーク
の出来の悪さも前作以上で、器不相応の力を振りかざして、好き勝手やらかして悦に入っ
ていた、四流マキャベリストとただでさえ及第点だったとは言い難かったのがさらに劣化
していて、全くつまらない、「下手にしかかき混ぜられなかったストロー」そのものでも
ありました。この程度の悪党なんて本来中盤あたりで露払い役として倒されるレベル
でしょ。せいぜい。

最後は「友情パワー」とやらで勝利し、仲間たちとの絆を深める等やっと前向きに
なっていて、ED曲もテーマや作風と合ってはいたけど、不特定多数の人様に劇場
とかで見せるレベルだとは言い難いものでした。結局メディア戦略の巧さと一流
声優陣で実態以上に評価されてしまっているのだと思います。少なくともこの劇場版を
見る限りでは。評価は到底許容し難いポイントがいくつも見られたようでは、麻宮騎亜氏
を目の敵にするわけではありませんが、「最悪」しかありません。

2013/01/14 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:22(22%) 普通:67(66%) 悪い:13(13%)] / プロバイダ: 33465 ホスト:33333 ブラウザ: 4925
【良い点】
近未来SF作品の世界観

【悪い点】
前回よりクオリティーが下がっている
エロいシーンが無い

【総合評価】
前回よりクオリティーが下がっていてエロいシーンが無いので評価は下げます

2011/02/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:739(64%) 普通:180(16%) 悪い:227(20%)] / プロバイダ: 3243 ホスト:3295 ブラウザ: 12197
香津美の過去エピソードの続編にあたる内容ですね。

一言で述べると「由貴との出会いが良かった」
・・・・・これに尽きます!

【総合評価】
【良い】とします。

2010/11/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 823 ホスト:861 ブラウザ: 6425
【良い点】
母を失い、これからの戦いに不安感を持った中でのカツミと、超能力を持つ少女ユキの友情。
AMPメンバー勢ぞろいの瞬間。
やっぱりキディとレビアの髪型は相変わらず(原作と違うというのも叉いいもので)
カツミとユキの役の松井さんと岡本さんの歌う主題歌(落ち込むカツミをユキが励ますのがいい)

【悪い点】
ちょっと物語が物足りない感じがしました。(ユキも出て嬉しいのに何でだろう)

【総合評価】
ようやくユキが入って「さぁ!これからだ!」という感じでよかったです(これだけは原作にも無く完全なオリジナルですが、カツミが立ち直るきっかけとその存在となったユキのAMP入りなど嬉しい要素があったのも事実です)ただ前作より少しパワーが落ちたかな、と思うこともありました。

2010/03/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2261(50%) 普通:1134(25%) 悪い:1136(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 6425
【良い点】
前作に比べて各メンバーの描写がかなり良くなっている。

【悪い点】
前作を観ている事が前提の内容。
主人公の香津美が終盤近くまでヘタレで荒んでいるので事情を知らない人には感情移入しづらい。

【総合評価】
当初から前後編として製作するつもりだったのか否かは全く知らないが、
一作目の不満点に対するフォローとしては割と良く出来た内容。
母を失ってなお妖魔と戦う決意など定まらず、嫌な思い出しかない場所から逃げようとする香津美が
両親の面影すら記憶に無いにも関らず優しさを失わない由貴や
互いに良い感情を抱いていないのは明らかなのに命がけで自分を守ろうとするキディの姿に
「自分の場所は自分で勝ち取る」という決心を固める展開は一本、筋が通っていたと思う。
ハワイに帰れないようにしたのはラリーとレビアだけど(笑)。

もう一人、感心したキャラはキディ。
これまで一般人であったにも関らず血筋と父の残した魔道書(?)により魔法という
生身の体を犠牲にしたキディや訓練を受けてきた那魅以上の戦闘力を振るえる香津美は対妖魔戦のサラブレットといってよい。
ラリーがスカウトするのも道理(勿論、それ以上の理由があるが)だが、これは隊員達の不和の原因にもなりうる。
キディなど最も反発しそうだが、彼女は香津美が入隊を拒否していた頃は「やる気の無いヤツは要らない」と言い放ち
入隊後は認めるところでは、ちゃんと認めるのだから見た目よりずっと優しく度量のある女性である事が伺え、
作中でも行動を共にしている那魅がその事を理解しているように描写されている。
もっともキディの表面上のガサツさがどうにも性に合わない一面があるのも確かだが。
食べたファーストフードの袋を人の方に投げるのは潔癖症の那魅でなくても怒る…。

2009/12/20 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:199(63%) 普通:74(23%) 悪い:44(14%)] / プロバイダ: 4389 ホスト:4345 ブラウザ: 8879
本作は、妖魔に付け狙われ、その理由を知った香津美・リキュールが妖魔と戦うことを決意し、AMPのメンバーに参加するまでを描いている。
作品の展開としては、何故、香津美・リキュールが妖魔と戦わなければならないのか、何故妖魔が出現するのか短編作品にもかかわらず回りくどく描いている。
都市の風景とか夜景の描写は前作に引き続き良い。
普通と評価する。

この評価板に投稿する



2017/01/23 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 45205 ホスト:45026 ブラウザ: 10039 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優悪い(-1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: サイレントメビウス関連アニメ
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ