[アニメ]真・恋姫†無双〜乙女大乱〜


しんこいひめむそうおとめたいらん / Shin Koihime Musou Otome Tairan
  • 楽しい
  • セクシー
  • 可愛い
  • 美しい
  • 友情
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:真・恋姫†無双 〜乙女大乱〜
関連作品
アニメ総合点=平均点x評価数1,214位6,138作品中総合点21 / 偏差値50.81
アニメ平均点791位2,801作品中平均点1.24=良い/17評価
2010年アニメ総合点43位187作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.50(とても良い)6
キャラ・設定0.67(良い)6
映像0.67(良い)6
音楽0.67(良い)6
ストーリー0.67(良い)6
楽しい83%5人/6人中
セクシー67%4人/6人中
可愛い67%4人/6人中
美しい50%3人/6人中
友情50%3人/6人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

時は、後漢も末の頃。
この世は乱れに乱れておりました。
乱世の中、それぞれの思いを確かめ、新たに姉妹の契りを交わした劉備、関羽、張飛。
大きな困難をも乗り越え、ようやく訪れた平穏。
「真・恋姫無双 〜乙女大乱〜」は、「真・恋姫無双」の第2期、「恋姫†無双」シリーズとしては3期目。

スタッフ
原作:BaseSon(真・恋姫†無双〜乙女大乱☆三国志演義〜)
日本 開始日:2010/04/01(木) 09:00-09:30 AT-X TV
[開始日詳細]
放送地域放送局放送期間放送日時
日本全国AT-X2010年4月1日 -木曜 09時00分 - 09時30分
岐阜県ぎふチャン2010年4月6日 -木曜 25時45分 - 26時15分
福岡県TVQ九州放送2010年4月6日 -火曜 26時23分 - 26時53分
三重県三重テレビ2010年4月6日 -火曜 26時50分 - 27時20分
千葉県チバテレビ2010年4月7日 -水曜 26時30分 - 27時00分
東京都TOKYO MX2010年4月8日 -木曜 26時00分 - 26時30分
埼玉県テレ玉2010年4月9日 -金曜 25時30分 - 26時00分
兵庫県サンテレビ2010年4月9日 -金曜 26時20分 - 26時50分

※ この日付情報部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
公式サイト
1. マーベラス公式ウェブサイト - MARVELOUS!
オープニング動画 (1個)
恋華大乱
歌:奥井雅美 詞:瀬名恵 作曲:しほり 編曲:藤澤健至 [ファン登録]
[もっと見る]
19,0221717
最近の閲覧数
3211102112
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2011/02/13 / 最終変更者:管理人さん / 提案者:kunku (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/05/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(50%) 普通:0(0%) 悪い:2(50%)] / プロバイダ: 19598 ホスト:19573 ブラウザ: 4697
ここまで基本がきちんとしているまともなアニメは久しぶりに見ました。
脚本を担当されている雑破業氏や監督の中西伸彰氏ら制作者の確かな手腕が感じられます。
しかし、基本に忠実であるということは逆に言えば、ありきたりであるということでもあり、
それなりにアニメを見慣れている人にとっては物足りない、新鮮さに欠ける内容であると言えます。
それ故に個人的には満点をつけたいくらい評価しているのですが、今回は良いという評価に留めました。
さて、具体的にどのような部分をもって基本を押さえていると評しているのかと言いますと、
まず第一には、伏線とその回収です、起承転結と言い換えても良いです。
この作品は基本的には一話完結方式であり、その構成は小さな部分でも大きな部分でも実に巧みです。
全ての展開にはその理由が納得のできる形で提示されています。
と言ってもそれは言ってみれば都合の良い展開ではあるのですが、都合の良い展開を作るための手続きがきちんとしているのです。つまりは、物語作りの約束事をきちんと守っているということです。
そして、第二におつかいです。
冒険譚、旅ものはおつかいに始まりおつかいに終わると言っても過言ではありません。
行く先々で小さな目標を達成しつつ、徐々に大きな目標に近づいていく。
この作品では特に二期と三期でそれが顕著です。
最後に、人情、人助け。
物語を彩る上での人情味の重要性は非常に高いです。
これこそまさに娯楽作品の基本のき、当然ながら本作も抑えているのです。
以上の要素はどれも非常に高いレベルで称賛に値します。
難しいことを考えずとも、素直な目で見て面白いと思える作品です。それが先人たちが築き上げた基本の力です。
また、上っ面だけの演出に騙されない、作品を構造的に見極める目を鍛えたいという人におすすめしたい一作です。
見れば必ず勉強になることでしょう。

2013/02/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:199(63%) 普通:74(23%) 悪い:44(14%)] / プロバイダ: 10083 ホスト:10083 ブラウザ: 7405
三国志に名前を借りた日常系萌えアニメとして続いてきたこの作品も終盤に入るとそれらしいストーリー展開となり、于吉率いる兵馬妖軍と劉備らが属する連合軍との大決戦になる。
劉備らは策をめぐらせ見事于吉を倒すところが爽快である。

作品としては作画は綺麗であり、登場人物も可愛い。聞き覚えのある大物声優が次々と入れ替わり立ち代り登場するのも驚きである。

想像以上に良い作品と感じました。とても良いに近いほうの「良い」と評価します。

2013/01/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:102(70%) 普通:36(25%) 悪い:7(5%)] / プロバイダ: 24503 ホスト:24702 ブラウザ: 5145
話の根本は、妖術で猫(猫耳)に変えられてしまった何進を人間に戻すための秘薬の材料を手に入れるための、3方向に分かれての旅と、都を荒廃させ、いにしえの武力を太平要術の書から得て天下を取ろうとする于吉との戦い、という、割とわかりやすい話だった。3期の話の中ではこの期の奴が一番中身としては面白かったです。しかし最後の回は、いろいろなもの(声優のマンパワー中心だけど)投資しすぎでかなりあきれた。こんなアニメがあっていいものだろうか。キャラ、おっぱい格差はひどすぎるし、リアルで考えるといろいろ女子なりのつらいこともありそうな気がするんだけど、ファンタジー(架空世界)なんで気にしない。ちゃんと食事とお風呂取ってるし。ときどき昼間の服のままで寝たりもするけど、気にしない。キャラ、特定一名とネズミの人を除くと悪い人いない(女子はみんな性格いろいろあるけど、基本いい人)なのもいい感じです。しかしこれ、ライトレベルの三国志のキャラ把握じゃ楽しめないかもだし、多分ゲームのほうが面白そうな気がするのがどうにもこうにも。
【良い点】少し知ってる程度の知識じゃ楽しめないので、三国志演義ちゃんと読もうかと思った。
【悪い点】1期から見ないと、なおかつ見ていてもキャラの把握が大変。
【総合評価】万人向けかどうかは不明。個人的には楽しめました。

2011/12/19 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:396(98%) 普通:2(0%) 悪い:5(1%)] / プロバイダ: 22010 ホスト:22040 ブラウザ: 7709
原作は未プレイながら、発売当初から三国志の武将が全員女の子なら??という新しい世界観で興味はあった作品。

アニメは第一期から視聴。

三作の中では最も良い出来だと感じた。

個人的な理由としては、明確な目的に向かったストーリー設定が本作ではされており、見ていて見飽きることがなかった。

三国志の歴史を忠実に再現することを、制作側は意図していないと思うが、そうなると、見ている側も見飽きてしまうものの、

本作は、悪者を用意し、蜀・魏・呉の三国が協力して敵を倒して終わるという最終回の迎え方は良かったと思う。

私的には、三国史の歴史をあのキャラ達で再現したものを見てみたかった気もするが。

最終回は総勢50名以上の声優を活用した一作をぜひみてほしい

2010/12/04 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(39%) 普通:6(26%) 悪い:8(35%)] / プロバイダ: 21111 ホスト:20986 ブラウザ: 8416
エロゲベースの萌え三國志の3期目

結構長く続いているところから一定の需要があると思われる作品。
内容は前作、前々作を踏襲した三國志風ギャグ、代を重ねるごとに、無限ともいえる
三國志キャラが少しずつ登場して新しく絡んでくる。毎回毎回だが出てくるキャラに
きちんと話を用意しており、それなりに楽しめるようになっている。

結構楽しいといえば楽しい作品ではあるのだけど、どうしても2次創作色が
抜け切ってなく個人的にはその部分がちょっとマイナスに感じてしまう。

2010/10/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(67%) 普通:1(11%) 悪い:2(22%)] / プロバイダ: 5427 ホスト:5362 ブラウザ: 7384
【良い点】
相変わらずの格好良いOP、電波なED
登場人物が非常に多い割にそれぞれにある程度の見せ場がある
話の展開がシンプルで分かりやすく、ギャグ要素もあって飽きさせない

【悪い点】
綺麗に終わってしまった為に続編を期待出来ないこと
露骨な百合描写

【総合評価】
原作未プレイ、アニメは1期、2期、今作と視聴してきましたが非常に楽しめました。
作りが丁寧であり終わり方も綺麗、パロディやギャグも質が高く、下ネタは一部苦笑するものもありましたが、それも含めて素晴らしいアニメだったと思います。

2010/08/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:82(49%) 普通:55(33%) 悪い:32(19%)] / プロバイダ: 237 ホスト:345 ブラウザ: 13746
期を重ねるごとに出来がよくなってます。
登場人物が多いのでそれぞれの名前や関係を把握するのに時間を要しましたが。
またおかげで敷居の高かった三国志を少し覚えることができました。
多謝。
好きなキャラは翠。
サービス担当というのもありますが声が好き。
「我こそは…」の名乗り部分は結構熱くさせられます。

2010/07/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(53%) 普通:6(35%) 悪い:2(12%)] / プロバイダ: 7749 ホスト:7497 ブラウザ: 9920
【良い点】
山賊とかまたお前らかって同じ顔だったりしますが(笑)あえてネタとして扱ってたり
他の方もいってますが萌え系として丁寧な作りだと思う。

作品が楽しめてる人には
エンディング曲が萌えオタホイホイすぎるほど素晴らしい。

【悪い点】
萌え系受け付けない人にはなにこれって感じだと思う。

【総合評価】
3期まできたが内容的には
SDガンダム系を三国志萌えアニメにした物に変わりないので、決して大作とか
言われるような物にはなりえないけど。

2010/07/11 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:16(57%) 普通:5(18%) 悪い:7(25%)] / プロバイダ: 10228 ホスト:10072 ブラウザ: 7321
【良い点】
①作りが丁寧
②クセになるED

【悪い点】
①悪い点といっては作品そのものを否定することに等しいが、終局的にイロモノ作品に終わってしまうことが残念

【総合評価】

三国志の武将その他の主要人物を全員性転換させるというお馬鹿なしようもない設定であるにも拘らず(失礼)、なぜか面白いです。
毎回とってつけたようなストーリー展開ではあるものの(再び失礼)、オチに結びつけるまでの複線は相応のものが用意されているが少なくないことや、上記の設定に基づいて(加えて?)性格的にも変な娘が多いが(三度失礼)、なるべく元の設定に沿って変な性格にしている(※下記参照)といった小粋さによるところではないかと思われます。

シリーズを進める毎に出来が良くなって来ている気がするので、今後も密かに期待します。

(※)
この点につき、三国志の登場人物の評価や解釈には多々あると思いますが、例えば、
・真面目で人徳はあったが、個人としてぱっとしない劉備
→ 特技のないドジッコだが正義感が強く一生懸命な娘
・武力知力ともに秀でており、忠義にも厚い関羽
→ わりとそのまま常識人
・武力は高いが知力に難があり、かつ、感情を抑えるのが不得意な張飛
→ 少しワガママで幼いロリっこ
というのは、私のような似非三国志好きにとってみれば、「ありかも!」って感じのキャラ設定でした。

2010/07/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:417(48%) 普通:296(34%) 悪い:155(18%)] / プロバイダ: 11282 ホスト:11211 ブラウザ: 10256
【良い点】
・終盤の盛り上がり
・同じく終盤、それなりに凝った作戦立てた事

【悪い点】
・キャラを分散させた為に、出番が無い時は何話にも渡って登場しない事

【総合評価】
所詮はエロゲー原作の萌えアニメではあるのだが、それでもそれなりに話は楽しめた
董卓をあんな人畜無害な設定にした為、董卓の乱をどう描くのかと思ったが落とし所としては悪くなかった
終盤戦の魏呉蜀入り乱れての武将オールスターってのも良かったかと(全員性転換してるがw)

あと個人的にエンディング曲がツボw

2010/07/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1353(49%) 普通:0(0%) 悪い:1382(51%)] / プロバイダ: 3334 ホスト:3198 ブラウザ: 15252
作品全体を通しての基本的なストーリーとかはほとんどないけど明るくて温かくて最後まで楽しませてもらった。
とにかくこの作品の最大の魅力はキャラクターだろう。
キャラクターはたくさんいるけど一人一人個性的でちゃんと立っているからテンポもいい。
そしてなんと言ってもそのキャラクターたちを作り上げたのが声優だろう。
最近は声に特徴がなかったり声優の方が前に出過ぎていてキャラを作れてなかったり人気声優だけを集めたような作品で全然キャラに合ってなかったりそういうのが多い中、一人一人声が特徴的で聞き取りやすくその役にぴったりハマっていたしその声優しかいないんじゃないかってぐらいキャラになりきっていた。
声優がキャラクターを動かすのではなくキャラクターの中に声がいるだけ。
その声優も含めてだけど一見エロとか萌えとかがやりたいだけの作品に見えるけど基本的なところがしっかり出来ている。
だからそんな見え透いたエロとかでも許せてしまう。
中でも良かったのが猫の回で最初に象に噛み付いて喧嘩して象が逃げ出す事から始まる。
それがストーリーの始まりであって逃げ出した豚とリンリンたちが出会うことによって自然とストーリーを繋げて、次の展開に持っていくことが出来さらに最初の噛み痕が後々の伏線にもなっている。
大したことをしてるワケじゃないのに最近はこんな単純なストーリー作りすら出来てない作品が多すぎる。
象の手を引っ張り合うシーンもありきたりなネタをギャグに使ってるのも上手いしリンリンの性格からして手を離さないのも納得出来る。

孔明の戦略も単純なんだけどよく出来ているというかなる程なと思わせてくれる。
楽屋荒らしに遭ったと芝居をする回で盗まれたと知ってそれで評判落とす訳だから会おうと言い出す。
それを坂手にとり一度会ってしまうと何もないのにそのまま突き返してしまったら今度は自分たちの評判を落としてしまうことになる。
これにしたって一見単純なようでよく心理をついた上手い作戦だった。
あの大きな箱をギャグで使ってたのを実は最終話への伏線に持ってくるところなんかも上手いし、構成も良く出来ていて自然な流れの中でのカットで見せてくれるから何も疑問も違和感もいやらしさも感じず気がついたら劉備が箱から飛び出していてあの2人って似てたんだな〜と思う。
ちょっとした道具でマスクを使ってるのもいい。

二人が蔵に閉じ込められてしまう(閉じ込めらた)回で最初は単純な喧嘩かと思いきやそこには大切な理由があって単純な喧嘩が引きになっているから内容に引き込まれるし二人の関係性が伝わるしずっと蔵で探し物をしていた伏線があるから最後覗いてしまうオチへと繋がる。
ただ不自然な流れの中で無意味にエロがあるのではなくちゃんとストーリーに絡ませている。
内容とメッセージ性も込められていて、喧嘩ばかりしていた女が領主と喧嘩しない約束を守るためにこよりをする回でこよりをすることによって自分で考えさせ意味を理解し成長に繋げさせ、そういう場面に立ち会った時自分の意志で切ることによって(大切さや本当に戦いたい戦ってもいいタイミングを)初めて気づかせる。
そして最後に領主から逃げ回ってた女が自分に負い目がないと思ったから堂々と領主の目の前に現れる。
客観的に見ればこよりが一つのネタで引きになっていて切るか切らないかによって盛り上げさすことが出来る。
キャラも立っているから感情移入も出来るし。

リンリンと仲悪かった女の子が自分が命狙われていたから1人残る。
そこにリンリンが助けに現れて『そう思ったなら仲間だ』と叫ぶ。
仲間の為に1人残り仲間だと思ったから助けに来るこの回も良かった。
そこで初めて真名で呼び合い、直線的ではなく気が澄んでいたというちょっとしたネタを挟むことによって押し付けや説教臭くならず客観的にキャラの思いや性格に気づかせる。
あとは孔明の大切なものをリンリンが壊してしまう回もまずは子供と大人の描写を出して隠し事をするネタを重ねてあとのネタを最後の笑いとオチに持ってくる。
大人だから素直に話し大人だから許してくれると思ったけど実は一番孔明が子供だった。
夢の中で伏線の説明をさせてるところも上手かったしこの作品の上手いのは全て自然にこなしているところ。だからテンポも落ちないし流れも乱さない。
最初に必ず起承転結の起があって伏線を出しちょっとした単純な一つのネタで引きにも盛り上げにも内容にも使い最後はちゃんとオチを出してまとめ上げる。
これら全て自然にやってのける。
オチにしてもただ適当だったり強引にオチを入れるのではなく引きがあったりその回のネタを使ってオチをやるからストーリーもつながってくるし見え見えではなくなって作品として成立する(オチを適当にやると作者の考えが見えてそれは作品ではなくなる)。
個人的に好きだったのがメンマの説明する回で、これこそがこの作品の本質というかセンスが見えた回かなと思う。
この作品へのこだわりというか真剣さが見て取れた。
ギャグの為になら内容の掘り下げが出来、世界観から一歩踏み外しているようで踏みとどまって壊してはいない。
最近のよくある薄っぺらいギャグやオーバーなギャグなどではない。
メンマはずっと引っ張ってきたネタというのもあるしそれを真剣に解説することによってギャップで笑いが込み上げてくる。
この作品で終わりみたいだけど何よりもリンリンの『〜なのだ』が可愛くて癒やされたしそれが聞けなくなるのは寂しい。
リンリンは印象的なシーンが多くて最終話前の会議の時に助けに行くかどうか迷ってる中リンリンだけが『いい加減にするのだ、なにが君主なのだ』ってセリフも良かった。純粋なリンリンだからこそのセリフだった。
もっと一人一人のメインストーリーも見たかったしそれぐらいキャラが立っていた。
目立ったものがあるわけではないけどキャラに好感が持てて掛け合いが面白く声優も良かったし今回が最後ということでおまけでとても良いをつけたい。
[共感]
2010/07/09 仰る様になんてことのないシンプルなストーリーながら見せる工夫に惜しみない努力がなされていますよね。メンマの説明の回はまさにそうで表現のこだわりを強く感じました。多くのキャラクターがいながらどのキャラクターの関係も丁寧に描かれていたのも好感がもてるところです。 by おきゃん

2010/06/29 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(33%) 普通:1(17%) 悪い:3(50%)] / プロバイダ: 12387 ホスト:12364 ブラウザ: 7343
【良い点】
・王道的なストーリー展開
・いちいち下品なギャグ
・可愛らしいデフォルメキャラ
・登場人物は非常に多いが破綻することもなく綺麗にまとまっている脚本

【悪い点】
・物語上主要キャラが分散してしまい掛け合いや活躍の場が減った
・最終回の見せ場で朱里の号令の声が低すぎて誰の声なのか解らなかった

【総合評価】
相変わらず安定した品質の萌えアニメで、安定感が凄いです。
ファンなら誰もが安心して見られる内容に仕上がっていると思います。

三国志の武将を萌えキャラ化した奇抜な設定や、女だらけゆえのガチ百合設定、下品なギャグなど、
見る者を選ぶ作品だとは思いますが、独自の世界を築いており、総合的な完成度は高いです。

萌えアニメの模範的な存在になりうるアニメだと思います。

2010/06/27 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:833(66%) 普通:171(14%) 悪い:250(20%)] / プロバイダ: 12010 ホスト:12222 ブラウザ: 10777
【良い点】

・主題歌。
このアニメシリーズは歌にハズレが無いと思います。
OPは二期の歌の方が好きですが、EDの「勇気凛々」はアニメシリーズ全曲の中でも一番良かったです。それどころか、個人的に今期のアニメの中でもベスト3に入るくらいの名曲だと思います。

・絵
歌と同じく、こちらも優秀。安定感があって綺麗です。

・声優。
ベテラン声優の出演が豪華でした。最終回のキャストは壮観。人数がすごいことになってるw

・華蝶仮面

【悪い点】

エロネタがいまいち

【総合評価】

気楽に見れました。

2010/06/20 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:511(54%) 普通:199(21%) 悪い:243(25%)] / プロバイダ: 53824 ホスト:53807 ブラウザ: 5375
アニメ版恋姫†無双シリーズも、ついに三作目。
正直、エロゲ原作でここまで続くとは見上げたものである。ダ・カーポシリーズもあるが、あれは世代交代したからなぁ。

内容は、前期で出番のなかった呉の面々やにゃん蛮軍などの登場、
十常侍を登場させ董卓軍を都に引き込み諸侯が集まり要員を作り、諸悪の根源・于吉を討ち取る事が最大の目的。

その為か、下ネタギャグはあるものの、ダイナミックな戦闘シーンや真っ当な話が増えた気がする。
キャラクターの動きにもスタッフのやる気や愛が感じられ、
脚本も定番のエピソードを小ネタを隠し味としながら描いているの

馬岱と魏延の間で最後に交わされた「ここにいるぞー!」を
1800年の時を経て、真名を交わす程の交友の最初の言葉まで昇華した功績は大きい。
理屈じゃない、真っ直ぐで強い武人と認めたからこその友情だから。

OPでの陳宮=音々音の涙も、意味がないと思ったら大きな間違いだ。
彼女が初登場した回があってこそ、張飛=鈴々の怒りが説得力を持つ。
こうした、今までのエピソードを有効活用できることが恋姫の強み。

そして、最終決戦はほとんどのキャラが見せ場をもらえた。
ことに程イク=風って、もしかして軍師の中でもトップクラスに優秀なんじゃないだろうか。
会議中に居眠りする辺り、大物感が半端ない。
劉備=桃香と張角=天和のキャラがかぶってる事を活かしたのはGJ.
まあ、于吉が呆気なくやられ、麻上女史のナレーションもなしにしめられたのはちと寂しいが。
後一話くらい欲しかったが、それじゃOVAが出なさそうだ。

この通り結構いい作品なのだが、悲しきかな真になってからの売り上げは芳しくないようだ。
原作が賞も獲得したモンスタータイトルであるのは対照的に。
コラボ相手の一騎当千なんて、通算1年分アニメが作られ、フィギュア関連はもはやブランドもの。
まあ、デビュー10周年を迎えてなお連載されいくらでも続けられる漫画と、
発売した時点で完結しているソフトとでは単純な比較は出来ないさ。

あと売れない理由には、成年向け作品を起源とするほか、曲がりなりにも歴史モノというものがある。
しかも女体化なんで、どちらか興味のない者は敬遠するだろう。(一騎は名ばかりだから売れたのかも)
まことに遺憾ながら。

できれば4期以降も見てみたいが、こうなると戦乱の時代に突入してしまうし、
そうでなければやることが何もなくなってしまうので、
キリのいい所で終わらせたほうが得策だ。
原作だって、三国統一後のファンディスクで一区切りだというし、
大団円で終われるのは本当にいいことだ。

え?ここまで来たら貂蝉&卑弥呼も出して欲しいって?
あいつら、少ない出番の割には激烈な印象を残すことに定評があるし、
強すぎて事件があっさり片付いちゃうから・・・。
だからTVではモブで出た。よかったら一刀もこういう出方をしてみれば?w

2010/06/20 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:135(28%) 普通:47(10%) 悪い:295(62%)] / プロバイダ: 38670 ホスト:38634 ブラウザ: 8416
原作は知りません。9話まで視聴。
シリーズ3作目で作品のクオリティは一番高いのではないかと感じる。本作の特徴はやはり萌えキャラに三国志の登場人物の名前を付けていると言うことでそれなりに視聴者を選ぶ作品と言える。
良いと思う点。キャスト。特に人気どころが出ているわけではないが演技は良いしキャラともよく合っていて良い。絵。作画は今期が一番良く仕上がっていると感じる。また、動画に関しても今期が一番動いていると感じる。
悪いと思う点。ネーミング。とても寒い。萌えキャラに武将名と言うのは悪趣味極まりない。三国志をバカにしているとしか思えない作風にはうんざりする。エロ。本作は前作ほどではないが下ネタが目に付き痛い。また、無修正版はDVDでと言うスタイルにもまったく好感が持てない。ストーリー。三国志のパロディ色がさらに薄まりありがちな他作品ネタと下ネタ中心の作品となっている。チープなお使い系の話(薬の材料を取りに行く)はただ退屈。
SDガンダムよりはマシ、パンチラバトルと同レベルな作品。エロで安易な視聴率稼ぎをするのではなくストーリーを充実させて欲しいところだ。一応、最後まで視聴する予定だが、もう何も変化はなさそうなのでこれで評価します。
評価ですが、悪いとします。

もっと読む

「「良い所」美女ばかりテンション高い「悪い所」話が解りにくい「総合評価」今までの恋姫無双シリーズ全く見...」 by 高崎裕一


次のページを読む

この評価板に投稿する



2014/07/06 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2751 ホスト:2935 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/友情/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い/可愛い/セクシー/美しい 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. 年度別ランキングにCSV&タブ区切りテキスト形式追加&現時点2010年アニメランキング by 管理人さん
... 1位__トイ・ストーリー3 2位__ジュエルペット てぃんくる☆ 3位__おおきく振りかぶって 〜夏の大会編〜 4位__涼宮ハルヒの消失 5位__探偵オペラ ミルキィホームズ 6位__機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 7位__四畳半神話大系 8位__侵略!イカ娘 9位__無双乙女大乱〜 ...
記事日時:2010/12/28
2. 無双乙女大乱〜」 第3話 by HARIKYU
... ・無双乙女大乱〜」 第3話 ☆ 今回は、関羽達メインキャストの登場は皆無に等しく、呉の「呂蒙」という娘にスポットが当たっていました。 これだけ主要メンバーが登場しないアニメというのも、珍しい。(笑) これ1話だけ見れば、「呂蒙」の人物評伝としては、実に良く出来ていて面白く、つい見入ってしまいました ...
記事日時:2010/04/17 [表示省略記事有(読む)]
3. 2010年 4月期アニメ 北海道放映予定 一覧 by DONP
... ・BS-TBS 4月24日(土)25:00〜 さらい屋五葉(BSフジ) 全12話 四畳半神話大系(BSフジ) 全11話 CS視聴環境 一騎当千XTREMEXECUTOR AT-X 3月26日(金)〜 毎週金曜日 10:00〜 / 22:00〜 毎週火曜日 16:00〜 / 28:00〜) 無双乙女大乱〜 ...
記事日時:2010/04/02
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:真・恋姫†無双 〜乙女大乱〜
関連作品
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ