[アニメ]野坂昭如戦争童話集 凧になったお母さん


のさかあきゆきせんそうどうわしゅう たこになったおかあさん / Nosaka Akiyuki Sensou Douwa Shuu: Tako ni Natta Okaasan
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数3,484位6,390作品中総合点2 / 偏差値47.76
2003年アニメ総合点92位150作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.00(とても良い)1
ストーリー2.00(とても良い)1
キャラ・設定1.00(良い)1
映像1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
悲しい100%1人/1人中
道徳心&モラル100%1人/1人中
怖い100%1人/1人中
友情100%1人/1人中
考えさせられた100%1人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

港湾施設と軍需工場があるため、日々、空襲におびえる神戸の町で、お母さんと暮らすかっちゃん。
お父さんは兵隊になって南方で戦っていた。

聞き分けのいいかっちゃんたが、時折、父親を恋しがってむずかることもある。
原作:野坂昭如
画:黒田征太郎
企画:木村純一加藤良雄
監督:竹内啓雄

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2003/08/15(金) テレビ朝日 TV
公式サイト
1. http://www.shin-ei-animation.jp/sensoudouwashu/modules/tako/
2,12911
最近の閲覧数
1110100022
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/05/30 / 最終変更者:管理人さん / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/03/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3295(33%) 普通:3482(35%) 悪い:3241(32%)] / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8326
これも故・野坂昭如氏が原作で、中学校の国語の教科書にも載っていた事があるらしいですが・・・・・・・・・

一旦途中で、お母さんが空襲で亡くなってしまって、主人公のカッチャンが一人ぼっちになってから、いくつかの過去エピソードを挿入する手法が取られていた様ですが、この話の一番大きなテーマって、「何物よりも強い親子愛」だったのでしょう。

お母さんが御馳走を食べさせる為に態々田舎まで着物売りに行って、そこの農家の手伝いまでして、帰ってきた時には一時カッチャンの姿が見えなかった(空襲に動揺して、別の部屋で寝ていた)から友達だった一郎とその母ちゃん共々心配させた等のエピソードが見られたのですが、彼が読んでいた、黒頭巾が主人公の漫画、随分新撰組は悪者にされていたものですな。(苦笑)御馳走と言っても、白いご飯と卵程度のもので、何故その程度のものもなかなか食べられないほど国民に犠牲を強いる戦争なんかしなければいけなかったのだろうですが、そこまでした事もあっただけに、カッチャンは何が起こったのか理解できなかった様ですが、お父さんの戦死を聞いた時の悲しみは察するに余りありました。

沼で釣りをしていた時、河童と会ったエピソードもそういう戦争とかの重苦しいムードを、一時的にほんの少しは中和された様なエピソードでしたが、食糧不足で人間が沼にまで魚とか求める様になって引っ越しを余儀なくされてしまった等河童も生きるのが大変だったのも伺えました。

そんな状況の中でも、一郎母子もどちらも良い人で好感持てたのがせめてもの救いと思いきや・・・・・・・・・・・・・・・・・・・また空襲が起きて、カッチャンとお母さんも逃げる事になったのですが、カッチャンが脱水症状とならない様汗や涙でも・・・・・・・・・・愛情さえあれば何でも出来るという事だったのでしょうが、そこまでしても・・・・・・・・・・・・一郎母子の方は無事だった様で、再会できたかと思ったらカッチャンまで・・・・・・・・・・

お母さんが自分の命を犠牲にしてまであれだけカッチャンを助けてあげたのにどうしてカッチャンまでああいう運命を辿らなければならなかったのですかね・・・・・・・・・・・・トラウマ度では火垂るの墓には及ばないだろうけど、ホントに悲しい・・・・・・・国家は国民の為になければいけないのにこういう何の罪もない一般国民が犠牲になってしまう戦争はやはりあってはいけないし、日本周辺を取り巻く情勢上、あまり綺麗事ばかり言ってもいられないけど、やはりもう二度とこういう大きな過ちを繰り返さない為にもこういう悲劇の歴史を決して忘れてはいけないと強く思います。もしもう載ってないとしても、こういう話をまた教科書に載せるべきだとも思いましたが、評価は「とても良い」で。

この評価板に投稿する



2019/03/01 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8326 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/悲しい/怖い/考えさせられた/道徳心&モラル 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ