[アニメ]学校の怪談


がっこうのかいだん / School ghost story (Gakkou no Kaidan)
  • 怖い
  • 感動
  • 友情
  • 面白い
  • 涙流した
  • びっくり
  • 楽しい
  • 可愛い
  • 悲しい
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:学校の怪談 / 漫画:学校の怪談 / ドラマ:学校の怪談 / 日本映画:学校の怪談
アニメ総合点=平均点x評価数101位6,685作品中総合点191 / 偏差値79.49
アニメ平均点341位2,928作品中平均点1.65=とても良い/116評価
2000年アニメ総合点1位109作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
ストーリー2.67(最高)30
キャラ・設定2.63(最高)30
音楽2.50(最高)30
声優・俳優2.37(とても良い)30
映像2.33(とても良い)30
怖い87%26人/30人中
感動83%25人/30人中
友情80%24人/30人中
面白い63%19人/30人中
涙流した57%17人/30人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

る小学校に一人の女の子が転校してきた。
その小学校は昔、女の子のおばあちゃんが先生をしていたこともあるという学校。
今は立派な鉄筋の校舎になっているが、なぜかその裏には古い旧校舎が未だに残っている。
転入まもない登校時、女の子は旧校舎に迷い込む一匹の黒猫を見かける。
全20話(第3話は諸事情で未放送、なお第3話の放送予定日(2000年11月5日)には第1話・第2話の総集編が放送された)
放映局:フジテレビ 北海道文化放送 岩手めんこいテレビ 仙台放送 秋田テレビ さくらんぼテレビ 福島テレビ
新潟総合テレビ 長野放送 富山テレビ 石川テレビ 福井テレビ テレビ静岡 東海テレビ 関西テレビ 山陰中央テレビ
テレビ新広島 岡山放送 テレビ愛媛 高知さんさんテレビ テレビ西日本 サガテレビ テレビ長崎 テレビ熊本 鹿児島テレビ 沖縄テレビ
日本 開始日:2000/10/22(日) 19:30-20:00 フジテレビ TV / 終了日:2001/03/25
公式サイト
1. TOKYO MX*アニメ 学校の怪談
オープニング動画 (1個)
グロウアップグロウアップ
歌:Hysteric Blue 詞:たくや 作曲:たくや 編曲:佐久間正英&Hysteric Blue [ファン登録]
[もっと見る]
172,079145116
最近の閲覧数
91232119272715111311
1人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/06/19 / 最終変更者:永田 / その他更新者: ちゃ〜ちゃん / S・N / みゆきちいいいいい / 管理人さん / 有線KKK / SS / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2020/11/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:57(85%) 普通:2(3%) 悪い:8(12%)] / プロバイダ: 5324 ホスト:5477 ブラウザ: 9191
先日、「大人用お子様ランチ」なるものを食す機会があり、これは
子供のころに抱いていた【ワクワク感】や【童心の気分に帰る】というコンセプトのもと作られたそうだが、
その風味のきいた刺激あるスパイスや食材へのこだわりからして、
私自身のそれに対する感想としては、ワクワク感や童心よりももう少し上の部分。
つまり、【子供なんだけど無性に大人の気分に背伸びをしたくなる】【少しだけ危険な事に手を突っ込んでみたい】といった
気分に引き戻されて、ああそういえばアニメでもこれと同じような気分にさせられた作品がいくつかあったな、と思ったわけです。

そこで、いの一番に出てきたのが本作品で、リアルタイムでの視聴時に年齢的にも
上記で挙げたような事を感じていた私としては、なかなか心に残る作品で、
今回の再視聴でも改めてそういったものが思い出された事から感想と評価を綴ります。

まず感想【A】として物語全体の印象に残った部分を、
次に感想【B】で本作品の人気の理由等を物語の持つタスクを分解したうえで、自分なりの考えを書いていきたいと思います。

【A】
本作品は90年代に人気を博した実写映画「学校の怪談」をモチーフにしたアニメであり、
お化けの恐怖を誘う演出は折り紙付きと言っていいくらいのものでした。
それはババサレ、首無しライダー、うつしみ、メリーさんといったキャラクター自体の怖さもそうだが、
その怖がらせ方もお化けキャラの神出鬼没さに加えて、「恐怖〜一旦平穏になる〜再びの恐怖」の
二段構えの構成になっていることも多く、尤もこれは実写映画からの引用もあるのだろうが、
インパクトを与える方法としてはかなりのものでした。

ただし、本作品の良いところは恐怖ばかりの先行にはならず、キャラクターが個性的なメンツばかりなのもよかった。
少しばかり不器用だが元気な主人公さつきちゃん、おっとり系憑依体質の桃子さん、二枚目のハジメ、弱虫の敬一郎、
オタク気味なレオ、といった感じで、この時点で恐怖以外にもギャグや笑いも適度にありそうだな、とも思えて
視聴が楽しみになるし、超人的な正義のヒーローが現れてお化けを退治してババっと解決、というものではなく、
与えられたものだけでお化け退治をする描写もキャラクターに感情移入しやすい効果があったように思う。

だからこそ、最終回の天の邪鬼の行動には人一倍感動することができたし、お化け自体は確かにこわかったが、
感動話もあったりと20話という短いスパンの中でいろいろなものを魅せてくれて、視聴後はかなりの充実感を得ることが出来ましたね。

【B】
ここからは、本作品に対しての考えを書いていくが、
評価するポイントとして私が気になったことがあります。それは、

「本作品がなぜここまで人気があるのか」

という事です。
確かに恐怖の演出やキャラクター、声優さんの演技など本作品で素晴らしいと思える部分はいくつもありました。
ですが、本サイトでの2000年度アニメ作品ランキングで1位となっている結果や、今でも熱狂的なコアファンが大勢いる事、
放送当時、某掲示板で祭り騒ぎにも似たような出来事があった事など、「本作品が素晴らしい」
という理由だけでそれらに結びつけるには、もう少し論拠が欲しいと感じました。

つまり、本作品には恐怖やキャラクターの描写以外にも隠された意味や人の心に絶大なインパクトを与える
なにかがあるのではないか、とも思いもう少し作品を深堀りしてみたくなったのもあります。

そこで、最初の「大人用お子様ランチ」を食べたときの話に戻ります。

先述の通り、リアルタイムでの視聴時に私が常々感じていたのは、
【子供なんだけど無性に大人の気分に背伸びをしたくなる】【少しだけ危険な事に手を突っ込んでみたい】の2点です。
これについてよくよく調べてみると個人差はあれど、
子供の成長過程において、誰もがこういった気持ちにぶつかるという摂理に至りました。

そして、その2点に具体性を見出すとすれば、
1.恐怖への興味・関心
2.冒険心
3.ギリギリのエロティシズム
4.影から見守る大人の存在
となり、それと本作品を重ねると以下の共通点がありありと見えてきました。

1.恐怖への興味・関心
幼いころはまだまだ知らない事が多いのもあり、大概の物事に関しては恐怖を覚えるものです。
しかし、年齢が上がり想像力や感受性が広がるにつれて、恐怖に対してのベクトルが変わったり、
お化けや怖いものに対する耐性がついてきます。そして怖いものに対して自分から進んで
突進していくようになります。こう感じるのが、だいたい小学生ぐらいだと言われています。
さて、ここで強めのインパクトを与えるにはどうすればいいか。
それは当人が想像する少し上ぐらいのレベル感で恐怖を与える事です。それが恐怖演出の正体だと思いました。
また本作品は、主人公さつきちゃんと敬一郎が舞台となる学校に転校してくるところから始まりますが、
子供の頃の【転校】というのは不安が必ずと言っていいほどついてきます。
そしてすぐ怪談話に繋がるのですから、本作品の恐怖演出は物語開始時点からすでに始まっているという事であり、
なかなか用意周到な準備がなされていることに個人的には舌を巻きました。

2.冒険心
これは1で書いた「怖いものに対して自分から突進していく」事の延長線になります。
この部分は男の子であるハジメとレオが主体となっていた気もしますが、
旧校舎へ向う見ずに入っていくところももちろんこれに含まれるが、
視聴覚室に置いてあるパソコンからインターネット経由で霊界に念を送りこむといった描写もあります。
当時の自分としてはこれはかなり衝撃的な光景で、「パソコンでこんなことができるんだな〜」
と真面目に思ってしまったぐらいで、正直興味や新しいことに対する行動力が高まるようなものがあったと感じています。

3.ギリギリのエロティシズム
自分は男なので、これについては女の子のキャラに対しての思いになってしまいますが、
いわゆる小学校高学年辺り特有のやってはいけないとわかってても「女の子にちょっかいを出したい」気持ち+αを
うまくアニメ中で再現してくれて結構笑えました。
代表的なものだとパンチラ描写なわけですが、それ以外にも扇情的だと思えるシーンやED曲だったりと
全体的に程よい妖しさが出てたと思います。
基本ホラーとエロティシズムの組み合わせは相性がいいものとされていますが、これを子供向けに
うまくアレンジした結果の産物が本作品なのかな、とも思えました。

4.影から見守る大人の存在
これは上記項目を抑えるための要素で、どうしても1,2,3の項目は
「行き過ぎてしまうと悪い影響を及ぼしてしまう」特性があります。
だからこそ悪い方向に行かないようにするためのストッパー的な存在が必要であり、
それが、さつきちゃんの父親母親、味方キャラ、そして天の邪鬼が主体となって
うまく機能したと思います。
また、恐怖というのは「痛み」を伴う事と同じであり、そうなってくると
頼れることのできる立派な大人に助けを求めたくなるものです。それが居たときの安心感はひと際素晴らしいものとして映るでしょう。
それはリアルでも同じです。
ポイントなのは、あくまでも「見守る」ということであり、
基本的には主人公達の行動に一任させて、どうしようもいかなくなった時に
助け舟を入れることで、作品のドラマが引き立ち、視聴後に気分の良い達成感が味わえる算段が隠れているのだと思いました。

さて、ここまで書いた結果、人気の理由としては
【年頃の入り口に差し掛かった子供たちの正直な本心に寄り添った物語が展開されている】
からではないかと思いました。

そして、放送当時、大人の人でもハマった理由としてはキャラ萌えや怖いお化けといった要素もあれど、
昔、自身が通過した子供心+αの場面が沸々と思い出されるからこそ視聴意欲が高まったことも1つの要因として
あるのではないかと思います。
私としては、やっぱり本作品は「大人用お子様ランチ」のようなものだと思いました(笑)
ここまでレオ君ばりに長々と語ってしまったが、これらはあくまでも私自身の人生経験から来る主観的感想であるため、
人によってこの解釈は異なるでしょう。
あくまでも、一視聴者の他愛もない話として受け取っていただければ幸いです。

■総評
それでは、本作品を総評します。評価は「とても良い」とします。
ただし、言ってしまえば「最高」評価に限りなく近い「とても良い」です。
ランクが落ちる理由としては、最終話付近が駆け足気味となってしまい、
打ち切り気味のような形で終わってしまっているということ。
また、できればもっと見ていたい気持ちもあり、
本作品については、打ち切りの話や団体からの抗議があったりと
これ以上進めることが困難ではあったという事情は確かに致し方ないですが、
もし、50話ぐらいでやってキャラクターの過去編とかの話があると
より物語に深みが出て、それでこそ後世に語り継がれる伝説的なアニメにも
成りえたのではないかとも思います。
良い作品だと思います。

2019/04/13 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(50%) 普通:0(0%) 悪い:5(50%)] / プロバイダ: 8952 ホスト:8925 ブラウザ: 9661
【良い点】
傑作。安定した面白さ。

・キャラ
さつきが可愛すぎる。エプロン姿が最高に似合ってる上に、敬一郎を叱る様も最高。
キービジュの花子さんが可愛いが、1、2、13話にしか出てこなかったのが非常に残念。
カーヤこと天の邪鬼も良いキャラしてました。

・ストーリー
最終話は割とあっさりで駆け足でしたが、綺麗に終わらせてくれました。
特に前半のショッキングなホラーテイストの強いエピソードが素晴らしい。

【悪い点】
特になし

【総合評価】
キャラ良し、脚本良し、演出良し。続編でもなんでも見てみたい作品。
久々に見るのが勿体ないと感じるまでの作品でした。ありがとうございました。

2018/12/18 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:25(78%) 普通:5(16%) 悪い:2(6%)] / プロバイダ: 24343 ホスト:24191 ブラウザ: 10315
【良い点】
op
それなりに怖い

【悪い点】
特にない

【総合評価】
面白かった

2018/07/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:8(80%) 普通:0(0%) 悪い:2(20%)] / プロバイダ: 7693 ホスト:7943 ブラウザ: 9811
恐怖に立ち向かう主人公達
【良い点】
・小学校の旧校舎に現れる妖怪や悪霊を霊眠(封印)させる教育的内容。
・敵として登場しながら、主人公さつき達をフォローして行く天の邪鬼。
・さつきの可愛いパンチラシーン。
・友達の桃子の体を借りて、娘のさつきを助ける亡き母親の佳耶子。
【悪い点】
・特になし。強いて言えば、話数が物足りない点か?
【残念無念な点】
・ほぼ完成していた第3話「あたしきれい?口裂け女」の話が、
とある障害者団体の抗議で封印されてしまった事。
毎回のエンディングには、しっかりと登場してるのに…。
抗議した団体は、他の同様なマンガや実写映画には何も言わない偽善者振りは、
いかがな物か?(激怒)
【総合評価】
スタジオぴえろが制作した怪奇アニメの傑作で、「口裂け女」の話が封印された
無念さを同情して、【とても良い】の評価にします。

2018/04/27 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:67(77%) 普通:7(8%) 悪い:13(15%)] / プロバイダ: 10078 ホスト:9913 ブラウザ: 9859
【良い点】
どの話も一話完結でありながら全て綺麗にまとまっている。

【悪い点】
口裂け女の話をやっていないので、主要人物の一人がいつの間にか仲良くなっている。

【総合評価】
夕方に放送されていたにしてはどの話も全力で怖がらせに来ていて、大人でもびっくりする所がかなりあった。お化け達はなかなかにくせ者揃いで、毎回子供達が知恵を出し合ったり、時には母親の助言などに助けられたり、この先どうなるんだろう?とかなりハラハラさせられた。母親関連の話は毎回涙を誘うような切なくも感動的な話になっている。そしてこの物語に欠かせないのが天邪鬼彼は毎回憎まれ口を叩きながらも助けてくれるのだが、最終話での彼の獅子奮迅の活躍とその後は、涙なしでは観られない。
何度でも観たくなるようなとても良くできた作品。惜しむらくは話数が少ないことと、口裂け女回がカットされてしまったこと。今まで観たアニメの中でもかなり上位に入る。

2017/08/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 4263 ホスト:4368 ブラウザ: 10216
【良い点】
・主人公の姉弟
・天の邪鬼
・主題歌
特にEDは、ややアダルティーな感じでしたね。
・一話一話、丁寧に作り込まれている。
【悪い点】
・全20話は短すぎる。
・個人的に出して欲しかった妖怪↓
トンカラトン、足軽の亡霊、骸骨ライダー、トーテムポール、赤マント、太郎くん
・口裂け女の回が某団体の抗議を受け、封印に追い込まれてしまった。
大体口裂け女が出てくる作品は幾らでもあるのに、何故これだけが槍玉に挙げられたのか?
確かに「差別やいじめはよくない」という気持ちは解らなくもないが…寧ろ「口裂け女=口に障害を持つ人に対する差別」と考えた某団体の方がよっぽど障害者を差別している様に見える。
大体それを言ったら…
花子さん→花子という名前の女の子に対する虐めの恐れが
太郎くんor次郎くん→太郎or次郎という名前の男の子に対する虐めの恐れが
トンカラトン→エジプトのミイラに対して失礼だ。
トーテムポールの怪→トーテムポールをシンボルとしているインディアンに対して失礼だ。
骸骨ライダー→バイク事故で死んだ人は勿論、仮面ライダースカルやゴーストライダーに対する冒涜
足軽の亡霊→足軽達に対する冒涜
亡霊兵士→戦死した兵隊さんたちに対する冒涜
人面犬、真夜中に動く蛇や蛙の標本→動物虐待
動く二宮金次郎像や、ベートーベンの肖像画→二宮金次郎やベートーベンに対する冒涜
テケテケ→事故等でそういう死に方をしてしまった人達に対する侮辱
とかになって何にも出来なくなるぞ?
【総合評価】
話数の短さと口裂け女の事を考慮して、『とても良い』で…!

2016/12/24 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:36(78%) 普通:5(11%) 悪い:5(11%)] / プロバイダ: 25009 ホスト:25090 ブラウザ: 5213
90年代から流行った学校の怪談をモチーフとしたアニメ。

いやーはじめは子供向けのホラーアニメだからあまり怖くないのかなぁと思って視聴してみたら、お化けが出てくるシーンとか滅茶苦茶怖かったですね。

全体的にホラー演出は並みのホラー映画以上に洗練されていて、子供の頃に見ていればトラウマ確実なエピソードが盛りだくさんでした。

エピソードが始まりオープニングに入る前に各回のメインの幽霊が人を襲うシーンが必ず入るのですが、そのシーンの怖さといったら、仮面ライダーの怪人が一般人を殺害するシーンに通ずるところがありましたね。あれでも人間は熱が出たとか重症とかで、最悪でも死ぬことはなかったのは子供向けだから仕方ないかもと思いました。しかし、あの演出だったら普通のホラー映画だったら普通に殺されても仕方ないかもしれませんかね。

幽霊を霊眠させる呪文をみんなで連呼するシーンは、どれも迫力があって面白かったです。最終回近くになるにつれて霊の霊力や怨念も増してきて、首なしライダーに至っては完全に逃げ出してしまったのは、見ている子供を怖がらせるには十分だったと思います。

そして何よりこのアニメで一番怖かったと思うのは、幽霊が本性を表す瞬間の映像ですね。ちっちゃい頃見てたら十分ちびってます。特に「やみめ」や「ゆきちゃん」が本性を出すシーンは大人になって見た際も心臓止まりそうになりました。ある意味このアニメの一番の醍醐味だと思います。

そしてもう一つの見どころは子供向けでは最後になる露骨なパンチラですかね。恐らくこの作品は20世紀まで普通に表現できたものを21世紀でふんだんに取り入れた最後の産物だと思います。そういう意味でもとても貴重な作品だと思いますね。

最後にこのアニメのメインキャラも特に魅力的だったと思います。特に天邪鬼や桃子ちゃんは結構好きでしたね。天邪鬼の最終回の活躍は本当に感動的でした。トラブルメーカーのレオは人間味はあったけどちょっとむかついちゃったかな。作中前半では操られたりもして散々だったけど、後半からはしっかりと身を挺して活躍したりとても良かったと思います。(後半からは桃子ちゃんのほうがダビンチに人質にされたりしづ子に呪われたりと散々でしたが。)

ただ、声優さんたちの名演技もあるんですが、子供向けのためわざとらしくかんじちゃうようなところがあり、そういうのが好きじゃない人にはあまりお勧めできないかな。勿論ホラーが苦手な人にはなめてかからないほうがいいと忠告したいですね。

評価は「良い」で。

2016/12/05 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:17(81%) 普通:3(14%) 悪い:1(5%)] / プロバイダ: 12971 ホスト:12805 ブラウザ: 5179
【良い点】
天邪鬼

恐ろしいお化けたち

opもedも好きだった。

【悪い点】
口裂け女の話、見たかった。

【総合評価】
結構怖かった思い出がある、今でも好きなアニメ。

2016/11/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1778(52%) 普通:890(26%) 悪い:774(22%)] / プロバイダ: 44100 ホスト:44182 ブラウザ: 8632
実写版の学校の怪談をモチーフに、そのスタンスを大きく崩さずにアニメ化できていて
不気味で雰囲気のある恐怖シーンの中で、怪談を語る怪談アニメになっていました

誰かに助けてもらうんじゃなくて、あくまで子供たちだけでなんとかして妖怪を撃退するっていうのが
学校の怪談の枠から逸脱しすぎておらず、その方法もオバケ日記から情報を得るばかりではなく
自力で序霊方法をみつけたり、時には天邪鬼の手助けによって、また最後まであきらめなかった結果
偶発的にと、結末のパターンが豊富なのがいいところですよね

とくに天邪鬼との距離感がよかった。仲良くなりすぎたらダメないところだけど
飼い猫のカーヤに取り付いて、ちょっとだけお助けしてくれる、っていう按配がちょうど良くて
都市開発によって封じられていた妖怪を解き放ってしまうっていう環境、自然破壊に対しての
メッセージもあったりと、妖怪モノのアニメとして、かなり良質の部類に入る作品だとおもいます

[推薦数:1] 2015/12/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1020(56%) 普通:418(23%) 悪い:385(21%)] / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 5171
今から15年ほど前に夜7時半頃に放送されていたホラーアニメ。
その時間帯のため当時の子供たちも視聴している人が多く、トラウマを与えるほどのインパクトを残した。
僕もそんな子供の一人でしたが、怖いけど出会えて本当によかった作品だと思ってます。

自分はこの作品はホラーアニメでは一番怖く、そして面白くできている作品だと今見返しても思います。
何度も見直して多少昔に比べ慣れている自分が改めて見直してみても全力で怖がらせにきてるので時々びくっとしちゃいます。
それは多分こんなところからくるかなーと↓

①お化けたちの設定、襲い方
4回曲を聞いてしまったら死んでしまうエリーゼ、子供たちだけで留守番してる所を襲ってくるババサレ、体を引き裂いて遊ぼうとするメリーさん などなどとにかく恐ろしい。
特にエリーゼとババサレは実際そうなったらどうしようと小さい頃かなり長い間トラウマになってましたw。

②大丈夫と思っても気が抜けない
もう大丈夫かと思いきや最後のシーンで地面から手を伸ばすババサレや
あれ?この回は平和で終わりそうかな?と思った雪の亡霊の回でもいきなり豹変したりするから気が抜けない。

③演出
ババサレや闇目など見た目の怖さが目立つものもいますが、他は見た目は慣れてくるとそんなに怖くはない。
ただやっぱりこれだけ怖いと思ってしまうのは演出の良さですね。
特にピアノ回の追い詰められていく感じは必見です。
音も雰囲気によく合っています。BGMだけでなくババサレの声とかも恐ろしいんですよねー。

そしてただ怖いだけの作品では終わっていません。
看護婦の回や最終回のような怖いだけでなく感動できる仕上がりになっている回も多いです。

キャラクターも良いです
元気で気が強いさつき、大人びてる桃子、ちょっとスケベなとこがあるけどかっこいいはじめ、
まだ小さく一番の怖がりだけど頑張る時はガッツがある敬一郎、心霊研究家レオ
そして やっぱりこの作品といえば だんだんデレてくる天の邪鬼さんです。
最終回での天の邪鬼は特にかっこよすぎて大好きです。

悪い所というか残念な所というかこれからの希望というかですが
・口裂け女回の封印
当時学校の怪談を1話から見ていて総集編に差し替えられたあの時を見ていたからこそ!
ブルーレイ化の際にはぜひ入れてほしいと願っています。

あとは やっぱり最終回のED映像の最後で「いつかまた」と言ってくれていることを僕はまだ忘れたくないよ・・・。
もう15年たってしまいました・・・15周年だからなにかしらの動きがあるといいなーってずっと思ってます。

評価は「最高」でっ!
[共感]
2015/12/18 怖がらせる演出が本当に上手いですよね。楽しい小学生の日常とのギャップで、余計に怖さが増していました。放映されてからもう15年ですか。続編、期待しちゃいますね! by 銀河の星屑

2015/09/25 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 21252 ホスト:21261 ブラウザ: 7420
【良い点】
作画がきれいなので遠くから見てもわかる
インパクトのある演出がいっぱい
仲間同士で助け合いピンチを救う場面の連続

【悪い点】
全くありません。強いていうならもうちょい見たかった

【総合評価】
嫌味を飛ばすかもしれないが大正生まれの人間にはもったいない

2015/09/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:89(75%) 普通:3(3%) 悪い:27(23%)] / プロバイダ: 8703 ホスト:8671 ブラウザ: 4685
【良い点】
怖いときはちゃんと怖く、感動話だとちゃんと感動できる
ので観ていてすごく面白いです。

20話すべてハズレがなくすべて面白いです。

Hysteric Blueさんの歌うop曲も素晴らしいです。

【悪い点】
もっと続いてほしかった。

口裂け女の回が放送中止になったこと。
どうやら口唇口蓋裂症の人を差別する理由で放送中止になったそうです。
正直言うと、なぜそんな理由でいちいちクレームを入れるのか。

【総合評価】
最高!
ホラーアニメで一番好きです。

2015/07/31 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:27(84%) 普通:0(0%) 悪い:5(16%)] / プロバイダ: 4703 ホスト:4710 ブラウザ: 10875
【良い点】
・主題歌
・天邪鬼
・笑いあり涙あり
・雰囲気
・リアルに怖かったですね。
【悪い点】
・もう少し長く見たかったですね。
【総合評価】
評価は「最高」で!

2015/05/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:89(59%) 普通:29(19%) 悪い:32(21%)] / プロバイダ: 14549 ホスト:14558 ブラウザ: 5710
「学校の七不思議」的な恐怖、心霊現象、それを引き起こすお化け、に対する五年生たちの活躍ぶりを描いた作品。

同じ題材を持つ「地獄先生ぬーべー(こちらは主人公が教師だが)」と似た展開になってしまうのは、そもそもの素材が同じである以上やむをえない。

また、メンバー構成も、主人公核で正義感の強い少年、勝気だが怖がりのヒロイン、戦力にはならないより子供っぽい少年、とここまでは同じだが、残りが違い、それゆえ、「ぬーべー」にはいたコメディキャラクター的な存在が、本作にはいない。

ストーリーとしては一話完結方式で、お化けによってもたらされた怪現象に巻き込まれた少年たちが、その勇気で立ち向かい、いざというときにはヒロインの亡き母の残したノートにある解決方法で治めていく、というもの。ただ、記述があいまいなので対処に困る際に、自らの才覚で切り開いていくなどもあるので、決して頼りきりではない

都市伝説として語り継がれているような怪現象をモチーフにしているので、視聴者はある程度話に予測をつけながら見るわけであり、その演出方法が出来不出来の鍵となるが、総じて怖がらせるのに足る演出であり、特にターゲットになりうる小学校高学年あたりを震えさせるには充分である。

最終回では頼りにしていたノートを記した母親を乗り越え、天邪鬼との不思議な友情のようなものを確認して大団円を迎えるなど、全話を見たところで満足感が得られるだろう。(このあたりは、連載中にテレビ放送が終わってしまった「ぬーべー」が中途半端な終わらせ方をしたのと対極的)

キャラクターも、典型的なヒーロータイプ、ツンデレヒロイン、大人びた隠れた参謀(桃子の小学6年設定には無理があるが)、如何にも小学生らしい「○○博士」など物語を盛り上げるに相応しい。

OP/EDともども、作品世界から遠く離れた(特にEDの「SEXY SEXY」は歌詞が作風に合っていない)曲だが、曲そのものは耳にすんなり残るよいものであった。

2014/10/04 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 19317 ホスト:19384 ブラウザ: 5137
【良い点】
上げるときりがない。悪い点が特に思い当たらない。
怖い話はすごく怖かったし感動する話は本当に良い話で、全話通して面白く見れました。
中でも天邪鬼がいいですね!話数進むに連れて助けに入ったりとか、特にラストは涙なしで見れませんでした。
あと特に良いと思ったのは音楽ですね。話の雰囲気によく会った音楽で場面が盛り上がります。
怖いシーンや感動シーンはもちろんなんですけど、私が一番好きなのがダヴィンチ回のオルゴールでした。

【悪い点】
悪い点というか残念な点ですが口裂け女回が封印されたことですかね。
これはスタッフに怒っても人権団体に怒っても仕方ないですが非常に残念です。
放送されることが無かったのでどこを探しても見れませんしね・・
それと出てきてはいるけど余り触れられてないお化けのお話もっと見たかったですね・・・(笑)

【総合評価】
永遠の名作!子供心にすごく怖かった作品なのに、友情とか色んなものも織り込まれてて色々感じることが多かったです。子供大人問わず見てもらいたいですね!

もっと読む

「小学生の頃、コミックボンボンの方の「学校の怪談」がアニメになったと知って親にDVDを借りてきて!と頼んだ...」 by 廻る影法師


次のページを読む

この評価板に投稿する


2010/03/19 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 5338 ホスト:5093 ブラウザ: 8416
学校の怪談を見ていたのは、小学2年生ごろでした。だから、再放送をしてほしいという気持ちが強いです。続編もぜひ見たいです。
実現不可能でしょうか!?

もっと読む

「再放送してほしいです。...」 by SFABTPT


次のページを読む
2017/12/11 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 15323 ホスト:15544 ブラウザ: 10711 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/熱血/友情/楽しい/面白い/格好良い/可愛い/セクシー/美しい/悲しい/怖い/考えさせられた/勉強になった/勇気貰った/道徳心&モラル 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 【活動1000日記念】自己満アニソンランキング ベスト300 by 545
... SHOOT!(『ロウきゅーぶ!』OP) 137位:おジャ魔女カーニバル!!(『おジャ魔女どれみ』OP) 138位:Komm, s?sser Tod〜甘き死よ、来たれ(『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』挿入歌) 139位:ライバル!(『ポケットモンスター』OP2) 140位:グロウアップ(『学校怪談』OP) ...
記事日時:2018/01/19
2. スタァライト楽しかったなー by ショウ♪♪
... 、好きになれそうな曲が盛りだくさんだったも嬉しい点でした! 僕は基本的にどんなジャンルでもだいたい内容重視なんだけど+αとして音楽も良いと その世界に浸れたり、曲を単独で聞いてて思い出した時いい気分になりますね。 他例を挙げると ビバップ、リヴァイアス、ウテナ、デジモン、どれみ、遊戯王、4期鬼太郎、学校怪談、エヴァ など ...
記事日時:2018/10/24 [表示省略記事有(読む)]
3. 宇宙よりも遠い場所 感想#04 by エスパー
... 「四匹イモムシ」◆ ★★★★☆ 南極行けたとしてもお母さんへ相談・説得・許可も忘れないアニメは良い。 …つってもキマリちゃん勝手に申請書に自筆したり捺印するはまずいけどな! 全てを察しているご様子なお母さんはあからさまに怖かったっつーか、 学校怪談(実写映画何作目だっけな)のっぺらぼうを連想させられまし ...
記事日時:2018/01/27 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:学校の怪談 / 漫画:学校の怪談 / ドラマ:学校の怪談 / 日本映画:学校の怪談
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ