[アニメ]咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A: 2014/11/06 無慈悲1020


さき あちがへん えぴそーど おぶ さいど えー / Saki Achiga hen episode of side A
  • 友情
  • 可愛い
  • 面白い
  • 熱血
  • 楽しい
  • 感動
RSS
この作品は「咲-Saki-」のシリーズに所属します。
アニメ総合点=平均点x評価数638位6,561作品中総合点47 / 偏差値55.31
アニメ平均点882位2,894作品中平均点1.18=良い/40評価
2012年アニメ総合点19位239作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:2] 2014/11/06 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:179(72%) 普通:41(16%) 悪い:29(12%)] / プロバイダ: 7187 ホスト:7122 ブラウザ: 4721
【良い点】
・キャラの性格を含めた特性が良い
・麻雀をしているシーンと同等なだけ、試合に至る経緯、意気込や思い出の描写があり、登場キャラが多いにも関わら ず、キャラの設定がしっかりしている。
・OVAで完結するも、ここまで内容の濃い1クールの作品はそうないと思う。
・過去にある麻雀作品は薄暗い感覚がある(賭博要素やイカサマ)が、健全で明るいイメージを持てる。
・高校生という事もあるが、怒りや憎しみ等ではなく純粋なスポーツ・部活という雰囲気が従来の麻雀のイメージを根底から崩す作品に仕上がっている。
・声優陣の豪華さ。(登場人物が多いというのもある)

【悪い点】
・無い

【総合評価】
リアルタイムでは見ていませんでしたが、無印・全国大会編とともに最近ようやく視聴しました。
何というか、純粋です。
行っている事が麻雀という先入観からのギャップなのかもしれませんが、麻雀作品の根底を覆す出来です。
アニメですので、各キャラはそれぞれ特殊能力(常識の外の存在)を持っていますが、その能力もよく考え込まれています。
よくもわずか1クールで小学校時代から中学校、高校の県予選を経て全国大会までの描写を見る側にストレスなく制作できたものだと思います。
故に、各話に厚みがあり2クールを超える作品を視聴していたと錯覚するほど充実感がある出来に仕上がっています。

特に見どころは、下の段で評価されている方と同意見となってしまいますが、全国大会準決勝の先鋒戦です。
高校生最強の照に挑む阿知賀の松実玄、千里山の園城寺怜、新道寺の花田煌(スバラ!)の1戦。
正直に言うとこの闘いの主役は千里山の園城寺怜で、体が弱いにも関わらず団体勝利のために限界を超えた能力を使い、最強の照に挑む。同じ思いを持ち自分は捨て駒であることを誇りに共闘する花田煌、自ら気付かずにもドラを抱えて照の動きを抑制する松実玄。
最後は照の親連を止める為、煌と共に玄に照から振り込ませる神技連携プレイを展開して倒れる怜。

試合が終わる前話の最後、怜「みんながくれた1順先、トリプル」3順先までを見据える限界以上の能力を使い、それを察したモニターで見ていた竜華が叫ぶ、
「あかん! あかん、やめて! 怜ーー」ここでエンディング曲が流れる・・・・

とらドラ!以来のエンディング曲の絶妙の入りに目頭が熱くなりました。

この準決勝先方戦のみでも評価は誰が何と言おうと 最高 です。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ