[アニメ]伝説巨神イデオン(TVシリーズ)


でんせつきょじんいでおん てれびしりーず / SPACE RUNAWAY IDEON TV
  • 考えさせられた
  • 悲しい
  • 怖い
RSS
この作品は「伝説巨神イデオン」のシリーズに所属します。
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:伝説巨神イデオン / 文学:伝説巨神イデオン
アニメ総合点=平均点x評価数2,914位6,352作品中総合点4 / 偏差値48.08
1980年アニメ総合点23位42作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.50(とても良い)4
声優・俳優1.50(とても良い)4
ストーリー1.50(とても良い)4
キャラ・設定1.25(良い)4
音楽1.25(良い)4
考えさせられた75%3人/4人中
悲しい50%2人/4人中
怖い50%2人/4人中
びっくり25%1人/4人中
感動25%1人/4人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

西暦2300年代、地球の植民惑星ソロ星。
そこに、伝説の無限力イデを求める異星人バッフ・クランの探索隊が接近していた。
やがて、高官の娘カララが先行してソロ星に降り立ったことをきっかけに、両者は交戦状態に入ってしまう。
突然の異星人の攻撃にパニックに陥るソロ星の人々。そんな中、ソロ星の少年コスモや研究者シェリルらが乗った古代遺跡から発掘された巨大メカが意志を持つかのように動き出す。
制作:東京12チャンネル 東急エージェンシー 日本サンライズ ( 現:サンライズ )
プロデューサー:石川博松島忠長谷川徹
原作:矢立肇 富野喜幸(現:富野由悠季)
総監督:富野喜幸
日本 開始日:1980/05/08(木) 東京12チャンネル(現・テレビ東京) TV / 終了日:1981/01/30
公式サイト
1. 伝説巨神イデオン
2. TV Series|伝説巨神イデオン
3,47433
最近の閲覧数
1101131012
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/07/04 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/05/20 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1105(76%) 普通:252(17%) 悪い:106(7%)] / プロバイダ: 9527 ホスト:9540 ブラウザ: 4721
80〜81年に放映されたSFアニメドラマ。西暦2300年。地球人類が外宇宙へ移民を開始して50年経過した遠い未来。地球人は2年前から移民を行っていたアンドロメダ星雲の植民星`A-7・ソロ星'で、異星人文明の遺跡を発掘。地球人類が外宇宙に進出して出会った6度目の異星人であることから、`第6文明人'と呼称された。一方その時、伝説の無限エネルギー“イデ"探索のために、`ロゴ・ダウ'(=ソロ星)を訪れた異星人`バッフ・クラン'と、地球人の移民が接触。さらに、無思慮な行動で本隊より離れたバッフ・クランの貴人`カララ・アジバ'を捜索に出た下級兵士の発砲と、両者の疑心暗鬼により武力衝突へと発展。第6文明人の遺跡は合体し、巨大人型メカ“イデオン"となった。

本作品は、宇宙に進出した2つの種族が不幸な出会いを果たし、無限のエネルギー“イデ"を巡って誤解を重ねて泥沼の戦いを続ける物語であり、精神科学的な理論とバイオレンスな感性を融合した作品である。『機動戦士ガンダム』テレビシリーズ終了直後の富野喜幸を総監督に迎えて、『ガンダム』の劇場版シリーズと並行して製作が進められました。

ストーリーは西暦2300年代、地球の植民惑星ソロ星。そこに、伝説の無限力イデを求める異星人バッフ・クランの探索隊が接近していた。 やがて、高官の娘カララが先行してソロ星に降り立ったことをきっかけに、両者は交戦状態に入ってしまう。 突然の異星人の攻撃にパニックに陥るソロ星の人々。そんな中、ソロ星の少年コスモや研究者シェリルらが乗った古代遺跡から発掘された巨大メカが意志を持つかのように動き出す。それが、伝説の巨神イデオンだった。 母星を知られる恐怖から、さらに攻撃を続けるバッフ・クラン。混乱の中、もうひとつのメカが始動する。イデオンの母船ソロシップだった。 バッフ・クランの追撃を逃れるため、ソロシップは宇宙へと逃亡の旅に出る。乗りこんだのは、イデオンのパイロット・コスモやカーシャ、リーダーのベス、そして異星人のカララたちだった。 未知のエネルギー・イデによって動くイデオンとソロシップは、時に意のままにならない。だが、危機に陥ったときには、思いがけぬ力を発揮してバッフ・クランを撃滅する。 その正体はなにか。それは伝説の無限力なのか。というもので、作品の中では、人は分かり合えるのか? 憎しみに終止符は打てるのか? そして、イデとはなにか。壮大なテーマのもと、個性豊かなキャラクターたちが錯綜する宇宙の叙事詩であります。必要以上に、人間の醜悪さ・戦争の愚かさを謳いまくった作品ともいえなくもないでしょうか。またイデオンを初めとするでてくるメカも斬新で迫力がありました。また怒涛の最終回も印象的なものでしたね。

本作品は35年前の作品としては非常によくできており、ドラマとしても完成度が高かったと思いますので、評価は【とても良い】。本作品終了後、『接触編』・『発動編』と劇場版が作られ、それだけに人気の高さが伺えます。まだ全話観賞してませんので、見終わりましたらまたコメントしたいと思います。

2016/05/28 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:946(59%) 普通:360(22%) 悪い:302(19%)] / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 5171
発掘された伝説の古代の力をつけ狙う異星人たちから逃げる話。とだけ書くと簡単に聞こえちゃうかもしれませんが
異星人の中でも仲間になれる人がいたり、逆に本来は仲間であるはずの地球側からは基本的に嫌われてたりいろいろあります。

・ロボット
全く苦戦しないというわけでもないけど結構チートな気がするロボ。
とにかく必殺技が派手なのが良いです。特にミサイルを全方位に発射するあれが好きです!

・キャラクター
主人公コスモは途中までは結構横暴な振る舞いが目に余る部分はあったのですが
さすがに主人公だけあって大事な人との死別などを経験して成長してからはよかったです!

べスは一番好きだったキャラクターです!かっこいいし物語内でも異星人との恋愛、両親といざこざがあったり
など物語内で目立つ部分が多くもうひとりの主人公と言ってもいいような感じでしたね。

あとはギジェとかが良かったと思います。

・ストーリー
途中までは普通に楽しんで見れてたのですがどーも終盤が微妙に感じます。
ギジェが仲間になる事自体は嬉しかったけど、過去に一度散々な対応くらったアジアンのことを信用して着陸してしまう所が「えー・・・」
って感じちゃいます。その結果主要人物の一人が死ぬことになり一人が精神崩壊するので余計に。

ラストも嫌いじゃないけどなんとも言えないです。破滅的なエンド自体は好きなことも多いのですが。
まぁこの作品も打ち切りだったらしいから仕方ない部分もあるとは思うのですけど。

評価は終盤が響いたから「普通」でっ。

2013/07/31 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:543(70%) 普通:182(23%) 悪い:52(7%)] / プロバイダ: 47133 ホスト:47311 ブラウザ: 5945
敵に襲われたまたま居合わせた非戦闘員が宇宙船と言う閉鎖空間で
ひたすら戦い逃げると言うと実は前年の機動戦士ガンダムとほぼ同じ始まり方なのだが、
そっから先はほぼ真逆の展開を見せ,異星人ながら地球とは合わせ鏡のような
バッフ・クラン人とは最悪の接触からカララのような理解者がいても
関係が改善されるとはなく、弱者が宝を持ってしまった故の悲劇か
最後は方方な体で辿り着いた地球からも追いやられる始末
この辺りは個人レベルでは友達になれても国民の名の下では理解し合えぬ日本と中国や
同じ日本人でも基地問題で揺れる国と沖縄との軋轢等、現実でも見られる
理解し合えぬ不幸が連鎖となって続いて行く…
中盤以降は次々に敵も味方も死んで行く怒濤の展開、
しかしガンダム人気に火の着く直前だったからか主たる視聴者の支持が得られず
打ち切りが決定、どうやら段階的に最終的な話数が変更されたようで
短縮されたシナリオまでも消化できずにズオウが手を振り上げた所で時間切れ
イデの辛抱が足りずに唐突な終わり方をしてしまいました。
結果だけを鑑みると発表する時代が早過ぎたと言うことになるのかもしれませんが
あの時代だからこその産物であることも事実、
逆にあのテンションのまま中途半端な終ってしまったことが視聴者には劇場版への渇望に、
クリエーターたちは自分なりの答えを出そうと数々の亜流作品の登場に寄与してるのかも
しれません,これ以降の作品は結構簡単に人が死ぬようになった気がしますw
ガンダムは劇場版以降、商業面での成功モデルの一つになりました。
イデオンはそう言う表面的な寄与こそ見られないものの、
見た人の内面に何かの引っかかるのか昨今の作品にすら未だ影響の痕跡が
散見されていてその影響の強さ(ある意味「業」)が伺えます。

この評価板に投稿する



2017/03/15 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 10033 ホスト:10129 ブラウザ: 4936 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事悲しい/怖い/考えさせられた 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. ひさしぶりにカラオケいってきたー @2018年 by ショウ♪♪
... 若おかみは小学生!「NEWDAY」 ハイスコアガール「放課後ディストラクション」 新幹線変形ロボシンカリオン「I WANNA BE WITH YOU」 アクビちゃん「ミラクルDAYS」 ブレイブストーリー「決意の朝に」 私のあしながおじさん「グローイング・アップ」 超GALS!寿蘭「ア☆イ☆ツ」 銀河漂流パイファム 〜ケイトの記憶〜 涙の奪回作戦 「つばさ」 伝説イデオン 接触編 ...
記事日時:2018/10/11
2. 大人の事情::天敵・登録商標 by 無限堂
... スン専用モビルアーマー 機動戦士ガンダム 1979〜80年 名古屋テレビ(現・メ〜テレ) 本放送当時は富野巨匠も製品化されるとは思わなかった為、エルメスと命名したものの、1981年にバンダイでプラモデルが発売され、バックメーカーのブランド名と被る為、ララァ・スン専用モビルアーマーへ名称変更 メイフラワー→ソロ・シップ 波動ガン→イデオンガン 伝説イデオン 1980年〜 ...
記事日時:2018/03/02
3. 同級生キャラのモチーフかも知れないアニメキャラ by 634
... /anime/profile.asp?guid=ON&mode=diary&name=634&ddate=20150712&lang=j 登場キャラ達のモチーフ(本作発売以前の作品類)ではどんなものか?と思って、挙げてみたのですが、同級生1で遅まきながらやってみますと・・・ 桜木舞・・・セイラ・マス(機動戦士ガンダム) カララ・アジバ(伝説イデオン) 黒川さとみ ...
記事日時:2017/11/28
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:伝説巨神イデオン / 文学:伝説巨神イデオン
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ