[アニメ]スペース☆ダンディ


すぺーすだんでぃ / SPACE DANDY
  • 楽しい
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
  • 格好良い
  • びっくり
  • 感動
  • ロマンチックな気分
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数875位6,409作品中総合点33 / 偏差値52.88
アニメ平均点829位2,844作品中平均点1.22=良い/27評価
2014年アニメ総合点14位265作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.31(とても良い)16
キャラ・設定2.12(とても良い)16
声優・俳優2.06(とても良い)16
音楽1.88(とても良い)16
ストーリー1.88(とても良い)16
楽しい100%16人/16人中
面白い94%15人/16人中
可笑しく笑える88%14人/16人中
格好良い75%12人/16人中
びっくり50%8人/16人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

スペース☆ダンディは、宇宙のダンディである。
そして彼は、宇宙のハンターである。

見たこともない新しい宇宙人を発見して、新種の宇宙人と認められると報奨金がもらえるのだ。
<スタッフ>
総監督:渡辺信一郎
監督:夏目真悟
脚本:うえのきみこ佐藤大信本敬子円城塔森ハヤシ大河内一楼
日本 開始日:2014/01/05(日) 23:00-23:30 TOKYO MX TV / 終了日:2014/03/27
日本 開始日:2014/07/06(日) 23:00-23:30 TOKYO MX TV 『スペース☆ダンディ シーズン2』 / 終了日:2014/09/28
公式サイト
1. 『スペース☆ダンディ』公式サイト SPACE DANDY OFFICIAL SITE
Twitter公式
1. スペース☆ダンディ (@space_dandy) on Twitter
オープニング動画 (1個)
ビバナミダ
歌:岡村靖幸 詞:岡村靖幸西寺郷太 作曲:岡村靖幸 [ファン登録]
[もっと見る]
15,6362827
最近の閲覧数
1030106417
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2014/10/02 / 最終変更者:みゆきちいいいいい / その他更新者: 霧の童話 / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/06/09 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 6676 ホスト:6993 ブラウザ: 8236
【良い点】
渡辺のバカじゃなく、夏目さんが実力があることが判明した作品。
続き作って欲しい、Bonesで。

【悪い点】
渡辺が総監督って言う点。

【総合評価】
渡辺の名前が無ければパーフェクト。

2019/03/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 7898 ホスト:7635 ブラウザ: 9445
【良い点】
まず、1話目から主人公が死にます笑 それも……あの死に方は笑うしかない笑 大爆笑でした笑笑
所々訳の分からない感じの事を言ってる(本当に分からない時もある)けど、そんな事を気にさせないほどのテンポの良さとQT・ニャウのツッコミのキレ。そして、あれだけ破茶滅茶なのにしっかりとアニメの筋は通してあり、内容なんかもきっちり纏まっていて見てて飽きない。たまに超ハイレベルなネタなんかも入入っており、知っていると倍楽しめる。パロディネタが多いけど、それでも「ん〜?」って思わせない程度で、見てて逆にスッキリした面白さ。
あとこのアニメ、2期もあるのだが、しっかりと全てのキャラの伏線を回収しており(ほんとスッゴイ綺麗に纏まってる。ビックリするよ)、見終わった後のモヤモヤがない。内容あんななのに超不思議(笑 ほんと最高!笑笑
【悪い点】
万人受けを狙っていないからなのか、知ってる人が少ないから語る機会が殆どない。こんなに面白いアニメなのに!正直もったいねー!

【総合評価】

控えめに言って「最高」
壮大に言って「超・最高」そんなアニメです。コレ知ってて面白いって言う人は、なかなか通よ笑 反対に、コレを面白くないと言う人は話の内容を理解していないからかと。もう一度見直す事をオススメします。

2017/06/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(62%) 普通:2(12%) 悪い:4(25%)] / プロバイダ: 27266 ホスト:27343 ブラウザ: 6465
【良い点】・作画がとても良い
・ダンディを筆頭とするメインの三人組のうちの一人、QTがポンコツで可愛い。QTの声優さんは声優が本業ではないにも関わらず、演技はとても良い。
・声優がすこぶる豪華。たった一話だけの登場のキャラに、大川透氏や永井一郎氏を起用したりとまさに大盤振る舞いである。25話の裁判会では、なんと富永みーな女史と白川澄子女史が共演。演じたキャラクター自体も明らかに日曜日の某長寿アニメのキャラを意識したものとなっている。
・声優の話ばかりになってしまうが、なんとカウボーイ・ビバップのスパイク役の山寺宏一氏も出演している。(ちなみにスペース☆ダンディとカウボーイ・ビバップは制作スタッフが一部共通)
・ミュージカルなど、歌が絡む回はとても面白い。諏訪部順一氏の歌唱力も光るところだ。
・回ごとによって話の印象が全く違うため、観ていて飽きない。
・やはり、主人公のダンディが格好いい。女性のボディにとてもこだわりを持ち、ブービーズ(作中にある店。ダンディ好みのボディの女性がたくさん居る)に行く事を何よりの生き甲斐としている。一見ただの馬鹿に見えるが、ある宇宙人によって仲間に深刻な危害をくわえられた時は真剣に怒りを露にした。そして、自らの危険を省みずに仲間を助けた。
少々ベタかもしれないが、それでもやはり格好いいのだ。

【悪い点】・回によって面白さにかなりばらつきがある。事の始まりからオチまでとても素晴らしい回もあれば、内容がさっぱり理解できないような回もある。
・個人的な意見だが、もう少しミャウが活躍する回が欲しかった。
・作画はいいものの、ダンディたちの顔があまり安定していない。(個人の目線なので気のせいかもしれないが)

【総合評価】とても面白いアニメなのだが、いまいち人を選ぶアニメ。ダンディとスカーレットの契約恋人回やミュージカル回、ゾンビ回、ミャウの里帰り回などは個人的に凄く面白いと思ったし、とても好きな回だけども、植物回などはあまり理解出来なかったが、全体的にはアタリの回の方が多いだろう。
主人公達のメンツも一癖あるもので、主人公の他はポンコツロボットとネコのようだがネコではない宇宙人。だがこの王道とは少し違うメンバーに魅力を感じてしまう。
ハマる人は凄くハマる。
食わず嫌いしてる方も、一回観てみては如何だろうか。

2017/05/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 23003 ホスト:23025 ブラウザ: 5509
【良い点】
描写が細かくて色々と発見がある。作画のクオリティが高い。内容は濃いが、テンポ良く、それがすっきり1話に完結できているのがすばらしい。音楽もすばらしい。ベタなギャグが面白い。

【悪い点】
万人受けはしないかも。様々な世界観でダンディーを描いた作品なので、数話で断念してしまう人が居るかも。ストーリーにばらつきがあると言って拒まれてしまうのが残念。

【総合評価】
頻繁に主人公が死ぬがその世界観は最終話で説明される。ストーリーは色々と混在しているのでそれを良いと判断するか悪いと判断するかは一通り通しで見てもらうのが良い。

2016/06/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 44475 ホスト:44436 ブラウザ: 10033
【良い点】
ストーリー
キャラ
【悪い点】
ギャグがたまに弱い
【総合評価】
最高

2015/04/05 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 10127 ホスト:9800 ブラウザ: 9022
全体的にギャグというかノリが滑りまくってました。

キャラデザも余り好きではないですし
こういう感じを狙ってますみたいなストーリーがだめでした。

〜じゃんよとかいうセリフもチャラそうで嫌いでした。

2015/04/02 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:649(59%) 普通:275(25%) 悪い:177(16%)] / プロバイダ: 19728 ホスト:19938 ブラウザ: 7901
【良い点】
・作品作りにこだわりが感じられる
・毎回作風が変わっていて楽しめる
・音楽のセンスが良い

【悪い点】
・回によって当たり外れがある

【総合評価】
全体的にセンスの良さが光っていた。主人公が、未発見の宇宙人を捕まえる宇宙人ハンターという設定からして上手いと思った。相手が宇宙人という
ことにすれば何でもアリの展開を出せるため、スタッフたちのやりたいことがどんどん出せたのが成功の要因だと思う。
それに加えて作画や音楽にもこだわりが感じられ、丁寧に作っているなと印象を受ける。私はあまり詳しくないがスタッフには錚々たるメンバーが
名を連ねているらしい。確かに「研ぎ澄まされた適当、磨き抜かれたいい加減」という言葉の通り、適当に作っているようなストーリーにもしっかり
芯が通っている部分があり、私でも感じられるほど作画にもさりげない技術の高さがうかがえる。

毎回違った作風の展開が楽しめる分、当たり外れを感じる部分もある。しかし、総じてレベルが高いので安心して観られるアニメだと思う。

2015/02/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:13(81%) 普通:2(12%) 悪い:1(6%)] / プロバイダ: 29155 ホスト:29306 ブラウザ: 10202
【良い点】
とにかく面白かった。たまに微妙な回もあったが平均レベルは非常に高かったと思う。毎話全然違う話が展開され笑いあり、涙あり、次の話は何が起こるのか?と毎週楽しみにしてました。このアニメ見た後から脚本家や作画監督にも興味を持つようになったことを思えば自分は非常に大きな影響をこのアニメから受けたと思います。

【悪い点】
基本一話完結であるため投げっぱなしエンドもある。そういうはっきりしないものが嫌いな人には合わないかも。また、毎回違う話が展開される以上好みに合わない話もあるでしょう。短気な人にも合わないかもね。

【総合評価】
悪い点も書いたけど私は最高に楽しかったので評価は最高で。

2015/01/31 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:11(73%) 普通:1(7%) 悪い:3(20%)] / プロバイダ: 5854 ホスト:5625 ブラウザ: 7858
連続性のあるストーリーを求める人には向かないかもしれないけど
何も考えず気楽に笑いたいときに見たいアニメ
作画も独特なセンスを感じるものがあった
キューティかわいい

[推薦数:3] 2014/10/30 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:770(51%) 普通:427(28%) 悪い:318(21%)] / プロバイダ: 26629 ホスト:26521 ブラウザ: 9931
宇宙人ハンターを生業とする人間・ロボット・ネコ型宇宙人の3名で構成された「バカ・ボンクラ・ポンコツ」ことBBPトリオが、宇宙はおろか次元の壁をも超越して壮大なドタバタ劇を繰り広げるアンソロジー形式のSFアドベンチャーですが、『カウボーイビバップ』を手掛けたスタッフが大挙参加している事も有り、初見時は『ビバップ』のコメディ回を大幅に強化(悪ノリとも言うw)したかのような印象を受けましたね。

「研ぎ澄まされた適当、磨き抜かれたいい加減」というテーマに従って、下らない事へと全身全霊を注ぎ込む豪華スタッフ達の「方向性のズレたリキの入れ具合」が本作の見所でも有るんですが、この商業作品らしからぬフリーダムさとアナーキズムに何かデジャ・ヴを感じると思ったら、本作の作劇スタイルって自主制作映画(アニメ)へ情熱を傾けるアマチュア・フィルムメーカーのクリエイティブ精神と被るンですわ。
宗教的概念をも取り入れて「SF」としての体を律儀に保ち続ける各話の展開や、アニメーションに於ける表現法の追及とばかりに随所で繰り返される実験的演出の数々などを観ていると、あたかも場末の上映会で鑑賞しているかのような感覚に囚われてしまいます。とは言え、学生映画のような「自己満足」に終わらず、キッチリ「エンターテインメント」として消化している辺りが本作の秀逸なところでも有るンですけれどね。

コメディを基本としながらも哲学的なテーマに言及したり、時おり感傷的なシチュを挟んだり、別番組の如きハードSF性を発揮したり…と、実際に本編を観るまで如何なるエピソードが飛び出すのか見当が付かないバラエティ感覚も本作の大きなセールスポイントでした。個人的に1期は当たり外れが多かったけれど、2期は総じて楽しめた印象が強いですね。3ヶ月のインターバルを置いた事がプラスに繋がっていたような気がします。
反面、最終回は予想の範囲内と言うか…「生きていようが死んでいようが、俺は俺じゃんよ」がポリシーのダンディが、素直に神の後継者に就くとは到底思えませんでしたしね。円環構造で第1話冒頭へと帰結するラストも、ミャウだけ居ないのが地味に寂しい…まあ、「らしい」と言えば「らしい」オチでは有るンですけれどもね。

色々書き連ねてきたものの、ジョージ・A・ロメロ監督への深いリスペクトと共に人間の「業」に対する皮肉も込めた第4話「死んでも死にきれない時もあるじゃんよ」、決してイヤじゃない「気恥ずかしさ」が妙に心地良い郷愁あふれる第10話「明日はきっとトゥモローじゃんよ」、ミュージカルに徹した演出がひたすら楽しい第17話「転校生はダンディじゃんよ」、楽曲配信込みで個人的に最もツボに嵌った第20話「ロックンロール★ダンディじゃんよ」、本作の裏テーマたる「人間の死生観」に言及する事で真の最終回を迎えたとも言える異色作の第21話「悲しみのない世界じゃんよ」、バブル期真っ只中の恋愛模様を「忠実に」再現し過ぎた事で鑑賞中ニヤニヤが止まらなかった第23話「恋人たちはトレンディじゃんよ」…これら6本のエピソードだけで、実は当初から本作の評価を「とても良い」にしようと決めてました。
売り上げへと反映させるべきストライクゾーンを敢えて外した「反骨精神」が実に痛快だった秀作です。

2014/10/25 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:67(50%) 普通:47(35%) 悪い:20(15%)] / プロバイダ: 7334 ホスト:7259 ブラウザ: 4721
SFコメディー

アニメのプロ達が集まって連歌会をやったような作品。
大まかなルールは決めれているがそれ以外は自由で各人好きに競い合ったようなレアなアニメ。

本作の魅力。
毎回作り手が、何かに挑戦している。これにつきる。今週は何をやらかしてくれるんだろう?と毎回楽しみだった。
かなり古い作品になるがうる星の押井回を思い出した。

あと自由度が高いが、長セリフを極力避ける等、エンタメ性を損なわないよう気が使われている点もよかった。

問題点。
作り手が日替わりである為、品質にムラがある。

総評
メインキャストにイケメンの友人と美人の恋愛対象を足せば、もっと簡単に面白くなるのだが
あえて掃除機ロボットとネコだけに抑えている。
容易な面白さには飛びつかず、もっと上のモノを目指しているのであろうか?
ちょっと歯がゆかった。

2014/09/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:319(51%) 普通:91(15%) 悪い:215(34%)] / プロバイダ: 2585 ホスト:2616 ブラウザ: 8789
【総合評価】
突然ですが私は、変なものが大好きだ
輸入ショップで売られている妙な食べ物や誰狙いなのかよく分からない商品を眺めるだけでも満足できる
そしてたまに試して後悔する

本作は、それと同じぐらい変な作品だ
最初から最後まで変なアニメだった…けど見たことを後悔はしていないぞ そこは唯一違う点だ

突拍子もない理論を持ち出してきたり変なこじつけで説明を終わらせたり
そもそも細部を説明しない状態で勢いだけで進めてしまうという意味の分からなさ!

でもそれがいい
本作の魅力は途中で分かりやすい日常回などで緩急をつけずに、最後まで謎さを貫き通した事にある
泣ける回だったり ひたすら笑える回だったり 見ていて楽しい回だったり 最後まで頭に疑問符を浮かべまくったり
「は?どういう意味なんだ?」と思ったときには既にこのアニメに振り回されている
深く考えても仕方ないほどアホな理論で説明付けされていたりしても、この作品の持ち味として楽しんでしまう

スペースギャグオペラというのが本作のジャンルだろうか…
もちろん意味不明なだけでなく誰もが楽しめるであろう回もあった
一話完結形式なので暇があったら見て欲しいのが5話と10話かな

私が、本作に惹かれるようになったきっかけは5話
1話〜4話はアホすぎて笑いながら見てましたけどそこから急にスゲーしんみりする話を持ってこられて驚愕
「このアニメ只者じゃない…」と画面の前で前話とのギャップにびっくり
きっとずっと見ていたらまたこんな良い回が見れるはずだ!と見ていたはずが、ドはまりしてました。

分割2クール目からのお気に入りは14話 17話 20話 作画的な意味でのお気に入りが、18話 21話
14話は、はっきり言って2クール目の一話に持ってくるべきじゃなかったかな
ダンディというキャラを理解していないと完全に意味不明
ある程度キャラクターを理解した人向き 知っていればかなり大爆笑

17話と20話は歌が良かったね
20話での劇中歌「かんちがいロンリーナイト」はamazonでmp3販売されていたので思わず購入した
17話の劇中歌はサントラかな…

18話と21話は、作画に惹かれた
本作は基本的に作画が毎週放送されるアニメの枠を超えているといっても過言ではないほどに作画が凄い
その中でも一押しがこの二つというわけだ
作画監督が毎回違っていたので作画オタにも楽しめる作品ですよ

最終話は無理矢理畳み掛けて怒号の展開になってしまっていたが、ダンディという作品ならこんな終わり方でも良いです
最後まで話を理解できなかったって?ダンディに意味なんて求めるなよ
14話で宇宙紐を燃やしただけで全て解決させた時点でおかしいって気が付くべきだったね

そんなわけで需要はデカいと言い切れないが、見たい奴だけ見ろと言わんばかりにクオリティと方向性を曲げずに放送してくれた本作が好きだ
万人ウケはしなさそうなので最高にはしないが、大好きな一作

2014/08/05 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:543(70%) 普通:182(23%) 悪い:52(7%)] / プロバイダ: 47133 ホスト:47311 ブラウザ: 5945
今時の作品ながら妙に古くささを感じるこの作品
雰囲気もそうだが1話完結、前後の繋がり無しとこの辺も
昭和のギャグアニメ的でノスタルジック。
毎回テイストが変わる上、古典SFからロメロやらパリテキサス風味のロードムービー、
海外アニメに文学、諸星大二郎等々へのオマージュがてんこもりに詰め込まれ
(絵面から音楽に至るまで微々細々に)ちゃんと楽しむには観る側にもそれなりの知識量が
求められるので解らないとそれまで…なんと言うかオタク向けと言うよりマニア向け
かなり人を選ぶと思いますそれも話数毎に、個人的には次に何が出てくるかが楽しみで
あまり捨て回が無いので評価はとても良いで、低評価の人の意見も十分尊重できる希有な作品

2014/07/21 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:360(65%) 普通:146(27%) 悪い:44(8%)] / プロバイダ: 2202 ホスト:2306 ブラウザ: 5171
【良い点】
ダンディをはじめとする登場キャラが全員魅力的。
OP、EDもいい。
映像センスがすごくいい。

【悪い点】
回によって当たり外れが大きいところ。

【総合評価】
毎回投げっぱなしで終わるBBPたちのおバカエピソードを堪能する作品。時には真面目な話もある。
たぶん現在の深夜アニメにはないだろう一昔前のツウというかイキというかそういうものが練りこまれた作品だと思う。
毎回投げっぱなしなので話のつながりとか特にないけど、今日はどんな馬鹿な話なんだろうかと楽しみになってしまう。
映像やキャラの動かし方のセンス、音楽なのも味があってよい。登場人物が単なるバカなのにもかかわらず、下地がないオリジナル作品で1、2話でナレータを含めてキャラを立たせるというのもすごいと思う。

2014/07/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 107 ホスト:195 ブラウザ: 4721
アニメを楽しむ為のアニメ、といった感じの作品。
というか、完全にマニア向け。まぁアニメ好きって多かれ少なかれマニア気質なトコあるし、アニメ好きなら大体の人は楽しめるんじゃないかなー。

様々なアニメーター、脚本家、作曲家が制作スタッフに名を連ね、制作体制はまさに宇宙のようなスケール。
1クール使った大きな1本のストーリーではなく、1話完結方式にすることで脚本家毎の特色を活かし、作画を統一させないことで、まるで4クールアニメみたく各話ごとに異なる絵を楽しめるという、深夜アニメの中でもその作風はかなり特殊。

スペース☆ダンディとは、宇宙(作品)のダンディ(主役)である。
お話の中心は常にダンディ。人並みの野心を持ち、人並みの人情を持ち、人並みに打算的で、人並みにエロく、人並み以上のバカ。
成り上がりという人並みの夢をもつ、そんな彼のちょっとした行動が、常に宇宙規模の騒動に発展する。人間のミクロな行動が、マクロな結果を生む。ゾンビ回のオチとかレース回のオチなんて無茶苦茶だ。というかオチですらない。
でも1話完結だからオチらしいオチなんて必要ないし、前毎の繋がりを意識する必要もない。遠慮がいらず、制限もないからこそ、脚本が自由で楽しい。
個人的にはゾンビ回がとくにお気に入り。

1話でまさかの自爆オチに興味を惹かれ、主役の座を手に入れようとするも永遠にサブキャラなゴーゴル帝国、たまに挟まれるちょっと良い話が逆に新鮮で、スペース☆ダンディは宇宙のダンディなのに、最後のエピソードの主役がまさかのQT。
欲を言えば、もっともっと多くの脚本家を起用して欲しかったところではある。
例えば、小中千昭とか。この設定とこのキャラで小中さんが脚本を作るとどうなるのか、すごく気になる。
が、そういうのはシーズン2に期待するとしようか。

……でも正直、スポンサー側からすればOVAで展開させた方が良かったんじゃないかなぁとは思う。だって売れないじゃん、これ;
こういう作品を、買わずにタダで観て満足しちゃうことに、罪悪感を抱いてしまう。

もっと読む

「【良い点】一話完結で、笑いあり涙あり、特に四話『死んでも死にきれない時もあるじゃんよ』は、ゾンビもの...」 by ぎんろう


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/10/15 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 20953 ホスト:20794 ブラウザ: 9746 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/可笑しく笑える/楽しい/面白い/格好良い 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 新旧ごっちゃ感想。 by bit
... な展開なのでw、頑張りすぎてメリハリが乏しくなっているところがあるなーと(笑)。作画的には常にクライマックスなのでw、逆にド派手じゃないところのほうが笑えるという逆転現象が起きているというか。これは前作がもうちょっとマシだったら無かった問題ですし、よくわからんかったという人は2度3度観れば吉です。 エンディング曲が「スペースダンディ」以来 ...
記事日時:2017/10/16
2. ロメロ監督ロス by 霧の童話
... まともに評価したのって『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』と 『ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖』、及び氏が脚本のみ担当した『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世記』の 3作のみで、超メジャー作『ゾンビ』も含め殆ど手付かず状態なんですよね。今後の課題が浮き彫りに成りましたわ。 あと、個人的には『スペースダンディ』第 ...
記事日時:2017/07/23
3. アニメ「コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜」雑感。 by 蔦屋
... 主人公に依存しない構造を造り上げている。準レギュラーにしろその話限りの主人公にしろ、とにかく主人公がいなくても話を造れている。 分割で2期製作が決定しているそうですが、そうでなくても何度でもこの世界観を共有・流用して、3期4期、外伝を造れるようになっている。 基本骨格として『DTB』と、恐らく『スペースダンディ』の ...
記事日時:2015/12/26
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ