[アニメ]スマイルプリキュア!: 2018/12/02 Betalayertale


SMILE PRECURE!
  • 楽しい
  • 可愛い
  • 面白い
  • 友情
  • 可笑しく笑える
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数6,116位6,314作品中総合点-24 / 偏差値43.56
アニメ平均点2,300位2,829作品中平均点-0.20=普通/118評価
2012年アニメ総合点236位240作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2018/12/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:12(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 17110 ホスト:17147 ブラウザ: 10172
【良い点】
本来通り子供をメインターゲットにした可愛らしいキャラデザ、よく動くキャラアニメーション、全編に渡って美しい作画、元気なOP・EDソング
明るくギャグ満載仲良し全開の作風、基本1話完結で安心して見られるストーリー
全体を通してのストーリー展開は進捗を明示してあとどれくらいで展開が起こるのか安心して見られる設計
そのストーリー展開も敵は敵と明確な勧善懲悪で(とはいえギャグ志向で憎めないが)曖昧な点がなく安心
戦闘は敵の攻撃もバリエーション豊かで面白く、また序盤プリキュアが必殺技を使うと極度に疲労するという設定も面白かった
個人的には黄瀬やよい・キュアピースが個性が際立っていていろいろ活躍していてとても好感が持てた。

【悪い点】
明るく仲良し全開の話しが多い中、決戦となる話しは突然重く絶望的な恐怖感を煽る展開となるがそれに対して主人公サイドが勝ち目がない・準備がない状況で開始して結局気合いで何とかなるような感じだが若干ご都合感が否めない
決戦で唐突に明確に主人公サイドがメッセージを主張しはじめるが、蛇足だが大人にとっては・プリキュアを多数見たものにとってはこのメッセージは新しさは無い、無論それが悪いメッセージだとは全く思わないが、主張・思想が成長していく様子は薄く感じた。
5人の主人公と仲間たちはそれぞれサイドストーリーもよく用意されて面白いが、一人、なおについては最初に表した設定「真っ直ぐモノを言う」が影をひそめたのかそれを活かせるシチュエーションがほぼ無くて残念でした。
戦闘シーンは本作はなぜか激しいカッコいい格闘シーンは弱まり逆にやられるシーンは痛々しい描写が多かった。なぜか…
おばあちゃんの家に泊まる回で戦闘後ウルフルンにおばあちゃんのご飯を食べさせてあげたかった・・けど本作は前述の通り敵は敵なので描かなかったのかな。
絵本をモチーフにしているので絵本の世界に具体的に入る回をもっと増やしても良かったと思う。

【総合評価】
本作は全体的にとてもクオリティが高い・・が非常に突出してるところも目立たないと言う印象。時代的な背景もあってか無難に制作し安心して見られる作品になった分、チャレンジは少なかったか。
ストーリー的には前述の通り全体より各話に重きを置いた小品集という感じ。その中にはとても面白い・または感動的な話しも多々ある。
表向きのメッセージは友情が大事、幸せは身近にある、というところだが、本筋はもともと個性的でその個性もなんとなく自覚しかつほぼ楽観的な5人だが各々がこの1年の経験を通して改めて真剣に自己を確立していく話しだと分かる。自分が何者で、何を大切にし、何をしたいのかが分かっていないと、幸せもつかめない・気づかないんだと。
終盤、主人公たちがそれを自覚し始めるのは良いメッセージングだけど最後は同時に全員泣いてばかりで、おかげで芯から強くはなってない印象になってしまってるので、これは2期が必要かなと(笑)
[共感]
2019/05/13 本作は良くも悪くも視聴者を楽しませるために作られた作品だと感じましたし、無難な出来で自分も安心して視聴することが出来ました。面白い話、感動的な話と一話一話のストーリーのバリエーションが広かったですし、キャラクター面でも、5人とも明るく元気で生き生きとしながらも、自分を磨く場面もあり、好感を持ちました。ただ、最後に5人とも泣いてばかりいたという点が自分も気になっていて、もう少し成長できたんじゃないかなとも思いました。2期が出来るのであれば、5人の成長描写を更に深掘りすると、プリキュアシリーズの最高傑作になる可能性がありますね(^-^)。 by マイムマイム



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ