[アニメ]恋愛暴君


れんあいぼうくん / Renai Boukun
  • 可愛い
  • 楽しい
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:恋愛暴君
アニメ総合点=平均点x評価数6,059位6,424作品中総合点-13 / 偏差値45.29
アニメ平均点2,766位2,856作品中平均点-1.30=悪い/10評価
2017年アニメ総合点218位223作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.00(良い)4
映像0.25(普通)4
音楽-0.25(普通)4
キャラ・設定-0.50(普通)4
ストーリー-0.75(悪い)4
可愛い50%2人/4人中
楽しい50%2人/4人中
ロマンチックな気分25%1人/4人中
道徳心&モラル25%1人/4人中
びっくり25%1人/4人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

ある日突然、男子高校生・藍野青司のもとに
任意の二人を強制的にキスさせるという
不思議アイテム「キスノート」を持った
死神風の少女・グリが現れ、
<スタッフ>
原作:三星めがね
監督:濁川敦
シリーズ構成:高橋ナツコ
日本 開始日:2017/04/07(金) 02:35-03:05 テレビ東京 TV / 終了日:2017/06/23
[開始日詳細]
放送局
放送期間
放送日時
テレビ東京2017年04月06日 - 2017年06月22日木曜 26時35分 - 27時05分
BSジャパン2017年04月08日 - 2017年06月24日土曜 24時30分 - 25時00分
AT-X2017年04月08日 - 2017年06月24日土曜 23時30分 - 24時00分
公式サイト
1. TVアニメ「恋愛暴君」公式サイト
Twitter公式
1. アニメ「恋愛暴君」公式 (@boukun_PR) on Twitter
オープニング動画 (1個)
恋?で愛?で暴君です!恋?で愛?で暴君です!
歌:Wake Up, Girls! 詞:畑亜貴 作曲:田中秀和 [ファン登録]
[もっと見る]
4,3121010
最近の閲覧数
1021152422
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/08/01 / 最終変更者:小島かじり虫 / その他更新者: ちゃ〜ちゃん / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/08/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:44(48%) 普通:13(14%) 悪い:35(38%)] / プロバイダ: 286 ホスト:664 ブラウザ: 11783
原作は未読。 キスノートを持つ天使による恋愛コメディー。
【良い点】
・ 第1,2話でのハイテンポな話し運びの連続は抜群の破壊力で見事なスタートダッシュで多少落ち着くのはともかく、途中でシリアス路線が入るが中盤まで上手く混ざっていた事。ギャグは時々はまったり。
・「キスノート」の設定は良かった事(序盤まで)。
・ 主人公はやや没個性的だがキャラクターは見た目・一面が魅力的だった。「あかね」はヤンデレも実にハマっていたし、 重要人物そうな「しきみ」が物語を動かしてくれる辺りは良かった。
・最近の作品らしい整合性のある作画、キャラクターデザインの良さ。

【悪い点】
・放映時間が遅すぎる事。最も遅くて4時台は厳しい時間帯すぎた。
・終盤のエピソードが既にカップリングされてるキャラ達を多少いじる程度。恋を知らない天使(グリ)に本物の心(恋)を教えると言うテーマも見どころはいまいちな事。その上、最終回は魔王様や神関係は投げっぱなしで終わるのはどうかと。
・一部 謎のペンギン等存在価値が全く以って不明で不快なキャラクターがいる事。特にペンギンは唐突に出て主人公の妹に強引に迫るだけなのだが、喋る動物なのか全くわからず、しかも意味不明の行動で台無しにされる事が多いので。
・ラブコメに妙にグロシ ーンが多いのもどうかと。

【総合評価】
・終盤戦や意味不明なペンギンが残念ながらもストーリー自体は良く出来ていたしキャラクターも魅力的な作品。
あの悪名高い「高橋ナツコ」が構成でなくあまりにも遅い時間帯で無かったら評価された作品になったかもしれない。個人的に楽しいが惜しい部分が多いので評価は「良い」で。

2017/08/03 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:488(71%) 普通:101(15%) 悪い:96(14%)] / プロバイダ: 441 ホスト:105 ブラウザ: 4721
本作への印象を大まかに言うとまずはキスノートという設定からして安直な発想だなと思いながら、
さらに無駄に騒がしいハイテンションなノリも全く笑えなくて1話の時点で好印象は無かったが、
でも本作で一番に不快だったのはヒロインの狂人ぶりが悪い意味で目立って、
特にメインヒロインである茜のキャラはヤンデレを強調しすぎて気味が悪いし、
そして茜以上に最悪なのは樒で、樒に関しては見てるだけで不愉快になるキャラでした。

それにしてもこの様な狂人ばかりのヒロインになったのはヤンデレを強調しすぎた結果だけど、
この辺りに付いて言うと限度を超えると正直に言って見れた物じゃないし、
視聴者の立場からすればこの様な狂人ヒロインなんか好きになれないですよ。

また幾ら設定的に死なない事になってはいても人を平然と刺すシーンを
当たり前の様に多用して来る事自体が不快で、
しかも内容が薄っぺらいラブコメのくせに妙にグロシーンが多いのも最悪ですね。
個人的には久々に褒めようが無い作品を観ましたが、
現時点において2017年ワーストアニメ候補に入ると思います。

2017/07/29 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7601(87%) 普通:644(7%) 悪い:464(5%)] / プロバイダ: 2249 ホスト:2033 ブラウザ: 10218
ジャンルとしてはラブコメでいわゆるうだつの上がらない優柔不断タイプの主人公にヒロインが半ば押しかけ的な感じで行動を共にするような感じで殺伐とした修羅場のような毎日を送るようになるといった内容でしたけれども、とにかくのっけからいろんな意味でぶっとんでいましたね。ヤンデレタイプの女の子にしてもそれ自体はベタではありましたけれども、単なる主人公にとっての憧れの対象に過ぎなかったのがなんの脈絡もなく、嫉妬狂いしてしまうほど向こうの方がめちゃくちゃ愛していたというのはさすがに違和感が凄まじかったかな。そもそもなぜそれほど接点を持っていないのに好意を持たれてたのか謎で一応、直後に理由も語られていましたけれども、それだけではどうも動機としては弱すぎるという声があったのか、終盤の話あたりになって回想で補完したりと、ちょっと原作の方での迷走ぶりがうかがえたものでした。
また、ラブコメ作品なので本来ならばそういうものだということで割り切れるのですが、本作の場合は主人公は何も悪いことはしていないのになぜに周りから悪者扱いされてるのかとか理不尽な部分ばかりが際立っており、訴訟ものでしたね。とりわけ終盤あたりの展開は顕著でいわゆる女心だとかデリカシーがないという言葉で片付けられてしまってはそれまででしたけれども、そういう都合の良いときにだけデリカシーだとか求められてもアレな感じとしか言いようがありませんでしたな。
評価になりますが、「とても悪い」とさせていただきます。

2017/07/28 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:260(66%) 普通:0(0%) 悪い:134(34%)] / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 8279
原作未読。

ギャグのテンポや画面の色使いなんかがちょっと古臭く感じたりしたけども、1クールかけて作るような物語をダイジェスト風味に
1話でやりきってしまったところが非常に興味深くて、こっから先をどう展開していくのか期待感の高いスタートでした。

ですが物語部分はかなり迷走してしまった印象です。
序盤でハーレム要員をすぐに構成してしまったところも痛手でしたが、そうなると問題のアイテムに主題は移ると思うのだけれども、
アイテムを使って仕事をこなさないと命が尽きるという大命題を提示してきたわりに、ギャグ風味でアイテムを消失させたり、
1組の候補を吟味したエピソードが一つくらいで、線が非常に細かった。
妹さんやら謎のペンギンなどは寄り道としてはとても面白かったが、話は消化されているけれど進まないと言った感じでした。
「グリ」に男女愛を理解してもらうのが本題になったぽいけども、魔界との関係やヒロインのお家事情など落ち着かない。
終盤でのエピソードも既にカップリングされてるキャラ達を多少いじくった程度で、ラストも互いを再確認で見どころはいまいち。

設定部分ではヒロイン達の常人を超えた能力はともかくとして、学園モノを見せるとすれば在籍してない人物が普通にいたり、
学祭でてきとうに決まった演劇に参加したりとやっつけ感が大きくて、後からこの方向にお話を持ってくるにはキツイ。
メインヒロインの「グリ」は、物語を牽引できるような魅力的な部分をもう少し見せてよかったと思う。
一方で「あかね」はヤンデレも実にハマっていたし、「ゆず」も終盤にかけて最も共感の出来る好人物で魅力を出せていた。

演出とか脚本の部分としては、エロはいまいち、グロは意味が薄く嫌悪感しかなかったし、ギャグは序盤がピークだった。
特にシリアスで進めているときのギャグの挿入の頻度やタイミングは疑問が多く、キャラやストーリーにのっていけなかった。
重要人物そうな「しきみ」が物語を動かしてくれるけれども、テンポが悪くてキャラとしてはもったいなかった。

【良い点】
「グリ」役の方は若手の方ぽいですが、テンションの上げ下げなど好演されていたと思います。
ヒロインのママさん達、cv大原さやかさんとcv佐藤利奈さんによる異能力バトルは面白かった。

【悪い点】
主人公をもう少し何とかして欲しかった。ヒロイン達の窮地で精神的に頼りになる優しい人くらいがベースで、
基本受身のくせにいらないときに強気に出てみたり、ハーレム構成しておいて恋人達に「もっと仲良くして欲しい」はあんまり。
「自らの意思でキスをする」を釣り針にしてヒロインを操縦する展開も不快感がひどかった。

【総合評価】
主人公がいまひとつでヒロインの魅力で支えてる作品かなと思うのだけど、かなり既視感を感じるところが多かった。
しっかりとした本筋が見えればオマージュとして楽しめるのだけれど、あちこちからのツマミ食い的な印象になってしまった。

2017/06/29 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1599(52%) 普通:794(26%) 悪い:693(22%)] / プロバイダ: 31359 ホスト:31358 ブラウザ: 8592
デスノートならぬ、キスノートを持つ悪魔っ子(実は天使)による恋愛コメディー。
名前を書くと必ずキスをすることになるキスノートを用いて、数々のカップルを誕生させていく
ことのなるのだけど、ぶっちゃけ設定としては並で、惹かれるモノはありませんでした

恋愛としても第一話からキスを乱発しているため情緒はないし、そもそも恋愛モノとしては
キャラクターたちの心情の動きに魅力がないし、コメディーとしても笑えるところはなく
さらにはキャラに萌えも感じられません

そのためノリ、設定、キャラ、どれもが私に合わなかったのだけど、しかしそれはあくまで序盤の話。
キスノートはキャラの登場するためにの小道具として使われることが多く、キャラが出揃ろうことで
ノートの出番はなくなってくるのだけど、不思議なものでキスノートがないほうがドタバタコメディー
としての出来は良く、話数が進むほどに、そこまで悪いモノではなくなっていくんです

一応、禁断の恋。みたいなものが題材になっていたのかな?恋を知らない天使に本物の心(恋)を教える。
みたいなテーマもあったり、、、ただし時すでに遅し!スタートダッシュの失敗は致命的でした

2017/06/28 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:701(73%) 普通:238(25%) 悪い:26(3%)] / プロバイダ: 11608 ホスト:11541 ブラウザ: 4894
家に押しかけてきた半人前の天使にカップル作りの手伝いをさせられる事になった男の子が主人公・・・という導入なのだが、この部分が最終的には何の意味も持たない展開になる。
あらすじに書いてある「キスノート」という設定があり、押しかけ天使と平凡な男子高校生とくれば、ある程度以上は予測が立てられる展開になるはず。あとは、その展開の中でテンポよく面白い事をやっていけばいいだろう。少なくとも、一話の時点ではそう思った。

原作は知らないのだが、おそらく原作者は真面目な人なのではないだろうか。真面目な人が、血反吐を吐く思いでアホでくだらないギャグを描いているのではないだろうか。初期設定を生かすのではなく、次から次へと突拍子もないキャラクターを投入し続ける展開は、何らかの明確な意図や確固たる方針の元に行われているというより、どこか苦し紛れの雰囲気を感じる。
そのためこの作品は、一貫性らしきものをまったく持たずにひたすら迷走を重ねる事になってしまった。
キスノートなんか序盤で適当に燃えるし、代わりに導入されたスマホはすぐに使わなくなるし、押しかけ天使そっちのけでほぼ能力バトルが始まるし、所々完全にギャグを忘れるし、ブレにブレまくっていた。

さて原作者は真面目な人なのではないだろうかと書いたが、この作品における恋愛観は非常にしっかりしている。ドタバタラブコメと真面目な恋愛の両立は、不可能だとは言わないがそれなりに困難ではあるだろう。ひたすらに変なキャラを投入し続けてギャグ展開を延命しつつ、真面目な恋愛観に基づく男女の関係性を描く事は相当な技量を要することだろう。
それを持たないと判断した時点で、どちらかを切り捨てる決断を下さねばならないはず。
この作品の迷走は、それが出来なかった点にも原因があるのではないだろうか。

これだけ書いておいて「悪い」にしなかった理由は、一話二話がハイテンションでハイテンポなドタバタギャグとして良く出来た話だったため、その後の迷走すら「くだらないギャグアニメ」としての味になっていたから。
単に不幸中の幸いに過ぎないのだろうが、この作品ならこれくらい迷走しても当然だと思わせたのは、一話二話の出来の良さ故だと思う。
(だからこそ「キスノート」を使って普通にギャグアニメやれば良かったのにと思ってしまう)

2017/06/26 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:89(59%) 普通:29(19%) 悪い:32(21%)] / プロバイダ: 1420 ホスト:1302 ブラウザ: 9135
原作未読

平凡な高校生男子である青司の前に、「デスノート」ならぬ「キスノート」を持った天使グリがいきなり現れ、カップリングを行っていくが、トラブルを引き起こすばかりで、のギャグ作品。

のはずなのだが、全体評価としては「迷走」以外の言葉にならないのが残念。第1話でのハイテンポなギャグの連続は、抜群の破壊力で見事なスタートダッシュだと思わせたが、多少落ち着くのはともかく、途中でシリアス路線が入るのは間違いなく失敗。樒の登場がその転機で、以降、たまに入るギャグ回は面白いのだが、シリアス回がすべて帳消しにして大きくマイナスを重ねていく印象。

ギャグとシリアスの混在は珍しいものではなく、同時期で例を挙げると「つぐもも」がそうだが、こちらがキャラクターの中身を替えずにシリアスから入りギャグを混ぜていくのに対し、本作は逆方向で且つ、ギャグキャラクターをシリアスに変えるという改悪まで行っている。ギャグからシリアス、なら「おそ松さん」にもあったが、実は○○という設定がありまして、ではなく、ギャグキャラクターがたまに見せる意外な一面、を評価できたのに対し、本作では、いきなりヒロインが影の世界の一族で云々、などとするものだから、最初のギャグ路線を評価して見始めた視聴者が、急に重苦しい雰囲気になる回を見て、そのギャップに戸惑うのが目に浮かぶ。パロディと不条理のまま突っ走れば、それなりの評価になったと思うので、非常に残念。

ギャグかシリアスのどちらかであれば、柚の防御空間や、樒の能力を「そういう世界設定」で受け入れられるのだが、影の世界の、という余計な設定を加えてしまったので両方に触れざるを得なくなってしまったものと思われるが、率直に記せば、樒の登場が無ければ、ギャグ一本槍で行けただろうし、見ていて愉快とは言いがたいキャラクターが出てこなくなるので、そうすればよかったのにと思う。

そのギャグパートに於いては、謎のペンギンの存在価値が全く以って不明。唐突に出てきては、主人公の妹に強引に迫る、だけなのだが、何も説明がないのだから、喋る動物なのか、人間のキャラクターが被り物でもしているのか、全くわからず、しかも意味不明の行動をするだけで、視聴者は混乱するだけだろう。

こうしてみると、問題は原作にありそうだから、このような作品までアニメ化するようになった業界の病巣を見るような作品と言える。

2017/06/25 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:352(66%) 普通:140(26%) 悪い:42(8%)] / プロバイダ: 16884 ホスト:16896 ブラウザ: 8276
【良い点】
設定は面白い。
OPは結構いい。

【悪い点】
展開にひねりがない。

【総合評価】
デスノートならぬキスノートで始まるラブコメ。
天使のグリはキスノートでホモカップルを作ることにご執心で、そこで藍野青司と出会った。

そこに茜やその妹の紬などがキスノートで女性陣が増えていく。

天界にいったり、茜と紬とシキミがからんで話が進んでいくが、せっかくのキスノートが巻き起こす騒動といった感じにはならずにいた。

茜や紬、シキミの家業がそもそも特殊すぎて超人的な存在であるが故に藍野青司の普通さが逆になぜハーレムの中心にいるのかがわかりにくくなってしまった感がある。

藍野青司を中心としたラブコメであるが故に、本来いるだろう茜などの交友関係が出てこず、人間関係がそれほど広がっていかなかったのはよくなく、結局家族関係や天界、魔界関係と舞台を変えつつも一貫して「自分に素直になりなよ」で話数の多くを費やした。
このため、きっかけ作りでしかないグリは次第に影が薄くなっていって、ストーリーを動かす存在になれなかったし、力で勝てない藍野青司は説得しかコマンドをもっていない主人公でしかなかったと思う。

その上、結局最終回は魔王様や神関係は投げっぱなしで終わってしまった。

最後に暴君とは一体何を指しているのかがわからなかった。凶暴性の茜なのか、好き勝手にカップルをつくるグリなのか、愛に餓えていた?シキミのことなのか。このためにコンセプトというかテーマが最後まで活かしきれなかったのではないかと思う。

[推薦数:1] 2017/05/14 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:766(41%) 普通:448(24%) 悪い:653(35%)] / プロバイダ: 28811 ホスト:29016 ブラウザ: 4693
【良い点】
・「キスノート」設定だけは笑える。

【悪い点】
・OPはハチャメチャなだけで聞き苦しい。
・「キスノート」以外の全てが、「ありきたり」「滑りまくり」の設定、ストーリー。
本当に予想の範疇でしか話が動かないか、逆に突拍子も無いキャラとシュチエーションを
ぶっこんでくるか、の両極端で、ストーリー造りのスキルが低すぎる。
・絵柄もノッペリな線と塗り、色調で魅力的とは言い難い画面。ノンセンス。
・インパクトを出そうと?妹交尾を狙う悪魔ペンギンやグリのお下劣、ドSヒロインしきみ
絡みの残虐描写、グルカナイフでサックリ頭蓋をブッ刺す茜、などあからさまで下品一辺倒な
描写の数々が興覚め。

【総合評価】
「とても悪い-」。ヒロインにまともなのがいない(妹以外?)、という逆ToLOVEる的
発想自体ありきたりだが、設定、キャラ、画力、演出、、ストーリー、楽曲、全てが
凡庸で何一つ魅力的な物が無い、という凄さ。全くアニメ資源の無駄遣い。到底お薦めできない。

2017/04/18 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:68(77%) 普通:11(12%) 悪い:9(10%)] / プロバイダ: 4565 ホスト:4327 ブラウザ: 5819
【良い点】ない

【悪い点】設定に無理がある 最初からベラベラと説明されて面食らってしまう ただ男女がいちゃちいているところを長々と見せられてもなにも面白くない。メッセージ性がない。

【総合評価】なかなかこういうジャンルを見ないからかもしれませんが、想像以上にひどい。
好みには合わないです。感情移入どころじゃないし、得るものが皆無です。

この評価板に投稿する



2017/07/29 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 2249 ホスト:2033 ブラウザ: 10218 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事びっくり 
ストーリー悪い(-1 pnt)
キャラ・設定とても悪い(-2 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽とても悪い(-2 pnt)

もっと見る
1. 「あかね」という名前のキャラ by 竜巻回転
... で 「あかね」という名前のキャラをよく見かける気がするのですが、 ちなみに幾つか例を挙げると今年の中で最も印象深いのは 「クズの本懐」の皆川茜で個人的には2017アニメ私的ベスト3に入るキャラですね。 また皆川茜以外では「冴えない彼女の育てかた♭」の紅坂朱音や、 「月がきれい」の水野茜、「恋愛暴君」の緋山 ...
記事日時:2017/11/21 [表示省略記事有(読む)]
2. 度し難き2017年秋アニメチェキ by エスパー
... を付けているよなあ江尻先生って。 Wake Up, Girls!新章 WUGの1期ってもうそろそろで4年前(2014年冬アニメ)になるのか…。そんな前なんだな。 1期は1話で切っちゃったんですが、現在もショートアニメや劇場アニメ2本が製作されているし、 他のテレ東アニメ(灼熱の卓球娘、恋愛暴君、異世界食堂 ...
記事日時:2017/09/24
3. 2017年春アニメ一言感想 by しゃくじい
... NEW GENERATION - ようやく大会、2年生組の活躍はなかったが熱い戦いは変わらない 萌日常・コメディ・ラブコメ枠 エロマンガ先生 - 引きこもりの絵師の妹、ライバルの小説家たちを見てぶひぶひ言ってしまいそうな出来 ひなこのーと - 後半になって面白くなったけど、かかし設定がやや足を引っ張った気がした 恋愛暴君 - 設定 ...
記事日時:2017/07/11
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:恋愛暴君
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ