[アニメ]Re:ステージ! ドリームデイズ♪: 2019/10/03 てとてと


りすてーじ どりーむでいず / Re:Stage! Dream Days
  • 可愛い
  • 楽しい
  • 可笑しく笑える
  • 勇気貰った
  • 友情
  • 感動
  • 面白い
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数1,914位6,420作品中総合点10 / 偏差値49.08
2019年アニメ総合点15位150作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2019/10/03 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:81(60%) 普通:33(25%) 悪い:20(15%)] / プロバイダ: 28059 ホスト:28084 ブラウザ: 8286
女子中学生がアイドルを目指す部活アイドル物。

【良い点】
「ラブライブ!」以降の部活アイドル物の良き王道路線と、意表を突く邪道なコメディーが、高レベルで調和している。
基本路線や諸々の要素は既視感のあるテンプレなのだが、可愛いキャラデザやヌルヌル動くライブシーン等の良作画、キャラクターの個性と魅力と掘り下げ、話の王道部分が安定感ありつつ、奇想天外なコメディーでも飽きさせない。
序盤にみぃ先輩のお約束な妨害はあれど、コミカルにテンポ良く仲間が揃っていき、不快感はあまりない。
コミカルとシリアスの配分が絶妙。

主要6人は主に3組カップリングがあり、各々の尊い関係も微笑ましい軽微な百合的な良さあり。
舞菜と紗由の仲良しっぷりは安定感あり、部長とみぃ先輩は「ごちうさ」の千夜とシャロを彷彿とするコミカルさと尊さあり、コメディー寄りの日常系作品として見てもハイレベルだった。

全般的にコミカルで、可愛らしさと楽しさを両立している。
5話でかえ&香澄ペアが狂ったノリで作曲するシーンは「例のシーン」として大いに笑えた。
(後に公式がネタにして、ニコニコの視聴者の間で話題になった)

ライバルとの交流も本筋を盛り上げつつ、基本コミカルまたは良き関係を築いていく。
終盤に至る流れも良き王道に沿っており、ややベタながら感動は申し分ない。
結末も後味良く、今後の躍進を期待させる。

【悪い点】
最終回の最強ライバルチーム含めたライブシーンカットされたこと。
構成としては妥当ではあるが、物足りない。

【総合評価】
部活アイドル物のテンプレ通りながら、各要素バランス良く作られた良作。
同時期の「魔王様リトライ!」同様、基本路線自体は使い古されているにもかかわらず、楽しく見せる工夫に秀でていて抜群の面白さを発揮していた。
奇をてらった題材でなくても、面白い作品は面白いという好例。
評価は「とても良い」
[共感]
2019/10/04 絶妙なバランスの良さと全体的な心地よさは、アイドルものや部活ものを作る上でお手本にしたい作品ですね。 by オルタフォース



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ