[アニメ]ReLIFE 完結編


りらいふかんけつへん / Re life Kanketsu Hen
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数2,973位6,218作品中総合点3 / 偏差値47.90
2018年アニメ総合点79位221作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票する
原作:夜宵草
監督:小坂知
シリーズ構成:横手美智子兵頭一歩
キャラクターデザイン/総作画監督:山中純子
日本 発売日:2018/03/21(水) メディア販売
公式サイト
1. TVアニメ「ReLIFE」オフィシャルサイト
37633
最近の閲覧数
1671447510120
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/01/11 / 最終変更者:かぷ / 提案者:かぷ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/04/12 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:57(50%) 普通:25(22%) 悪い:33(29%)] / プロバイダ: 995 ホスト:1129 ブラウザ: 9177
本作はテレビシリーズ13話の続きを14〜17話として4話構成で完結編としています。
私はテレビシリーズの評価に続きは要らないと書きましたが結局見てしまいました。
シリーズ通してのストーリー上の問題点は一期の評価に記載してあります。

演出にしろキャラクターデザインにしろ、良い意味で古臭く平凡に出来ていると感じます。
ED楽曲からすると視聴者のターゲットは放送当時で30〜40歳くらいの方でしょう。
特に16話のEDの選曲とタイミングは、
もはや清々しさを感じるほど、古く懐かしみを感じられるコントようになっています。
流石に16話のEDは視聴していて笑ってしまいました。
本作に全く興味がない人も16話のEDのシーンだけは見て欲しいですね。

テレビシリーズの評価にピアノソロの劇伴がかなりひどい出来と書きましたが、
本作ではそのあたりは若干改善されました。
とはいえ、シリーズを通して劇伴のセンスはなかったと思います。

作画に関しては良いとは言えませんが、テレビシリーズの売り上げが芳しくなく、
恐らく予算と時間が全然ない中、最善を尽くして頑張っていたと思います。

他作品の評価でも述べていますが、茅野愛衣さんの役作りは本当に素晴らしいですね。
一体、何十種類声があるんでしょうか。
声色を変えても演技が全然ブレないし、この方の出演作はいつも感嘆しますね。

テレビシリーズの評価は「普通」、完結編のストーリーも大して面白くないですが、
16話ラストが面白かったので評価を一つ上げることにします。

推しキャラ:日代(首の黒子のポイント高い)

2019/01/25 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1501(52%) 普通:731(25%) 悪い:647(22%)] / プロバイダ: 8700 ホスト:8577 ブラウザ: 8597
文字通りReLIFEの完結編。
原作はまだ連載中なので、アニメ版のオリジナルの結末を描いたアニメということになるのでしょう。
花火大会で一歩距離を縮めた二人でしたが、卒業の時期。つまり被験者の二人のとっての別れの時期は
着々と迫っており、二人がその季節をどのように過ごし、どのような結末を迎えるのかが見所になって
いました

このアニメって内容は素朴なのに、TV放映版の後半から日代さんがもう一人の主人公になることで
ドラマ性がグングンに高くなっていくのをかんじましたし、新薬の設定はガバガバだし荒削りながらも
被験者同士だからこそ別れの運命を迎えることでドラマチックな恋愛ドラマになっていたのは、まさに
設定の勝利だったといえるでしょう

全4話なのでちょっと短いし表現も薄いのだけど、おっさんが青春をやり直す。というのがおっさん世代の
自分には刺さりましたし、ラストもベッタベタ。なのにやっぱベタっていいな〜。って素直に思える結末を
迎えてくれていました

それにしても二人の青春時代に合わせたちょっと古い曲をEDに流す手法はやっぱいいなぁ。この演出は卑怯

2019/01/14 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:12(57%) 普通:5(24%) 悪い:4(19%)] / プロバイダ: 35421 ホスト:35371 ブラウザ: 8289
※ReLIFE1〜17まで、完結版まで通しでの感想となります。
薬で見た目だけ若返って、高校時代をやり直す話となります。
中身は、普通の学園恋愛モノです。

【良い点】
1.ED秀逸
2.作画・演技などは普通
3.happy ending・・・・。
4.ヒロインの秘密に気付かなかった
5.物語を完結させた

1.ED秀逸
EDは秀逸の一言。懐かしいヒットソングが、主人公の所持しているMDコンポというこれまた懐かしいシロモノで流される演出です。
主人公が見た目が若返っても、心は27歳のままであるということや同時にReLIFEの期間中であることなど、多くのことを表現した秀逸な演出だと思います。
毎回違うヒットソングが流れるのもgood。
この作品中、最高に素晴らしいポイントだと考えます。

2.作画・演技などは普通
作画などは普通に見れる程度のものです。特に崩壊などはしていません。
声優さんの演技にも特に文句はありません。

3.happy ending・・・・。
いちおうhappy endingです。
ヒロインと結ばれます。
なんで「・・・・。」がついてるのかは【悪い点】のほうで述べます。

4.ヒロインの秘密に気付かなかった
ヒロインが〇〇〇だということに気づきませんでした。
あんな性格だし普通に高校生かと思ってました。29歳には見えなかったので意表を突かれました。

5.物語を完結させた
物語は、駆け足ですが完結しました。
ちゃんと纏めに来ているところには好感触です。

【悪い点】
1.ピアノBGM不愉快
2.設定の粗が気になる・・。周りの人の記憶を消すことなど
3.狩生 玲奈(かりう れな)が合わない人もいそう
4.リライフ研究所について
5.happy ending・・・・。

1.ピアノBGM不愉快
ピアノのBGM、前に出すぎだと思います。
感情を逆なでされるような不愉快さを感じました。
アニメにおいて、いうまでもなく音響は重要な役目を持ちます。
然るべきときに、然るべき効果音、音響は極めて重要です。
加えてこの作品より下手な作品はいくらでもあります。
しかしながら言わせてください、このピアノ、やりすぎです。
キャラの感情の動きに合わせて演奏しているのはわかりますが、どぎつすぎます。
この作画と声優さんの実力なら、そんなことしなくてもいくらでも感情の動きは表現できるはずなんですよ。
少しカットインを増やすとか、セリフを増減するとか・・・。
それにも関わらず、ピアノ音で強引に感情表現してしまった。
これには冷めてしまいました。

2.設定の粗が気になる・・。周りの人の記憶を消すことなど
これは不思議な話です。というのも私は魔法がある作品でも普通にのめりこめるから。
にも拘わらず、この作品の設定に引っかかってしまったんですよ。
・周りの人の記憶を消す・・・人数・飲ませる方法・同意の有無が不明
周りの人の記憶を消す、これは不可能でしょう。
そもそも誰の記憶を消せばいいんですか?
クラスメイト全員と担任。それらは確定でしょうけど、ほかのクラスの人だっていくらでも被験者を目にしてる可能性がある。
その人たち全員に飲ませるの?
それ以外の生活圏で接点ある人はどうするの?大人の時と同じ居住区だったようだけど。
明らかにバレるよね、それ。居住区・生活圏の人の記憶も消すの?
加えてこの時代設定だと電子機器がいくらでもあります。出かけたときの監視カメラ然り個人のスマホに記録されちゃうこと然り。
抹消など不可能でしょう。
だいたい、記憶消す薬があるとして、何人に飲ませればいいんですか、それ。
あとどういうメカニズムなんですか、特定の個人の記憶だけ消えるなんて信じられません。
記憶を失う場合、脳に重度のダメージを受けた場合が考えられますが、その場合当然ほかの記憶も失われ、学習機能自体棄損してしまうことが多々あります。
特定の個人の記憶だけ消えるなんて、あるんでしょうか?
加えて、そんな都合のいい薬があるとして、飲む本人の同意を得ずに飲ませるなんてとんでもない話。
ここもおかしな話です。だって被験者には薬飲ませる前、同意を得てから飲ませてたでしょ?ほかの人には同意なしで飲ませていいんかい。
完全に設定破綻してるかと。
加えて強制的に飲ませるにしても、どうやって飲ませるんですか?
全く不可能かと。
いったい何人に(人数)どうやって(飲ませる方法)飲ませるのか、同意が必要なのか不要なのか、さっぱりわかりません。

3.狩生 玲奈(かりう れな)が合わない人もいそう
物語をつくるためにこういう立ち位置のキャラは必要です。
だけど少々めんどくさいと感じる方もいるかと思います。
ヒステリーみたいなもんですからね。

4.リライフ研究所について
この計画、元とれるのか・・・?
職員ひとりを1年サポートにつける。そして被験者の衣食住を全額持つと。
職員の年収で低めでも400万はいるだろうし、被験者生活費援助で年100万以上はかかるんじゃないか?
サンプル1を採取するために1年という期間と約500万の経費がかかるなんて・・・。
そんな馬鹿な。
加えて今回の被験者、もともとが優秀な人ばかりとなります。
主人公、ヒロインとも容姿端麗であり、頭脳もあります。
つまりこの人たちはそもそも自分で立ち直れるだけの才覚があったように思います。
このひとたちがなぜドロップアウトなのか、わかりません。
加えてこの計画、リライフ研究所にどんな利益をもたらすんでしょうか?
わからない。

5.happy ending・・・・。
これは【良い点】でも書きました。
いちおうヒロインと結ばれるhappy endingなんですが・・・。
あんまりにも展開を急ぎすぎに感じます。
これじゃあまるで、記憶がわからなくなった悲恋を演出するために変な薬とかの設定つくったみたいだなと思っちゃいました。
小野屋 杏(おのや あん)が最後にはいいおせっかい焼いてくっつけたのはわかりますが、
あんまりストンと行きすぎかなと。
それなら大人になってからの初対面のときにひっかかりを感じる描写入れてよかったんじゃないかな。
高校の時も大人の時も最初は「そこ私の席です」で始まる。
そこでお互いに「んっ」となっててよかったんじゃないかな、こんな短期決着ならば。
あんまり感動できなかったです。

【総合評価】
評価は「普通」ですかね。
悪いとまでは言えないんですけれどもねえ。
設定の破綻とピアノBGMが足を引っ張ったかもしれない。

この評価板に投稿する





作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ