[アニメ]映画 プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ!世界をつなぐ☆虹色の花


えいが ぷりきゅあおーるすたーずでらっくすすりー みらいにとどけ せかいをつなぐ にじいろのはな / Precure all stars DX 3 mirai ni todoke! sekai wo tsunagu nijiiro no hana
  • 可愛い
  • 楽しい
  • 感動
  • 面白い
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数1,202位6,422作品中総合点22 / 偏差値51.06
アニメ平均点985位2,856作品中平均点1.10=良い/20評価
2011年アニメ総合点44位231作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.57(最高)7
音楽2.14(とても良い)7
映像2.00(とても良い)7
キャラ・設定1.86(とても良い)7
ストーリー1.57(とても良い)7
可愛い57%4人/7人中
楽しい43%3人/7人中
感動43%3人/7人中
面白い43%3人/7人中
友情29%2人/7人中
もっと見る
属性投票する
原作:東堂いづみ
演出・絵コンテ:大塚隆史松本理恵
脚本:村山功
オリジナルキャラクターデザイン:稲上晃川村敏江香川久馬越嘉彦高橋晃

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:2011/03/19(土) 映画
公式サイト
1. 『映画プリキュアオールスターズDX3 未来にとどけ!世界をつなぐ
16,9222020
最近の閲覧数
1220142011
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/01/31 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/12/08 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(38%) 普通:0(0%) 悪い:5(62%)] / プロバイダ: 7448 ホスト:7655 ブラウザ: 10130
お祭り企画なので細かいことは気にしないって事でしょうが
かなり支離滅裂なお話です

意味不明なシーンはありますし
世界やキャラなどの設定がかなり滅茶苦茶です

作画はいいのに残念です

2018/06/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:25(74%) 普通:4(12%) 悪い:5(15%)] / プロバイダ: 5889 ホスト:5846 ブラウザ: 9177
大勢のプリキュアと劇場版の敵キャラが大集合したオールスターズシリーズDXの最終章にして集大成だったと思います。
基本はコミカルなので、楽しくみることができましたし、何より前作と異なりプリキュアチームが敵を撃破しているところが良かったと思います。戦闘中にチームの主題が流れるのもぐっときました。
終盤は少し重くなりますが、だからこそ最後のプリキュア達の台詞が熱く心に訴えるのかなと思います。評価は「とても良い」です!

2015/12/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 6379 ホスト:6559 ブラウザ: 7417
【良い点】
ヒロイン達が逆境に立ち向かう場面
ハンマー叩き
力を合わせてラスボス撃破

【悪い点】
あれ?と思わせるセリフを出すキャラクターがいた
敵キャラの頭の悪さ、本編の彼らならあんなので騙されないしハッタリとしか見ない

【総合評価】
前作と比べてどう見るかで好き嫌いがわかれているなぁ、僕はそれなりに楽しく見れたし不評系の方に同意の部分も
見つかったのでスッキリしてるけど、ヒロイン達がピンチに陥った所で人々に支援を受けて立ち上がる、ハンマー叩きは
面白かったな、ゆりの指示が半端ヤケクソになってたり一部ハンマーをぶん回し続ける子もいたり、

ここで不評系の人と意見が合った部分を書く、マリンが「いけ、ブロッサム!」ここはまだわかるとしてだ、
ベリーが「ピーチがいないと駄目なんだ」これは流石に引っかかった、本編の彼女がこんな事言い出すかねぇ?
敵キャラもアホーばかりだし、本編だったらあんな挑発、ハッタリ程度に聞き流してたはず

でも力を合わせてラスボス撃破は痺れた 圧倒的な力の差を覆すのは仲間との絆、小さくて脆い物も合体してしまえば
大きくなるのを教えてもらった、そんな気がする

2015/02/14 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:11(73%) 普通:1(7%) 悪い:3(20%)] / プロバイダ: 5854 ホスト:5625 ブラウザ: 7897
DX2は不満点が多かったがDX3はいくらかその不満点が解消されてたのが良かった
特に良かったのが前作まではなんだかんだいって同じチームのプリキュア同士が固まって戦っていたが
今作は色別に違うシリーズ同士でチームを組む事になっていたこと
こういうのはオールスターでないと出来ないことなのでもっとやってほしいなと感じた
映画ボスとしっかり決着がついた上でブラックホールとの戦いに移ったのも良かった

2015/01/17 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(35%) 普通:0(0%) 悪い:11(65%)] / プロバイダ: 1860 ホスト:1893 ブラウザ: 4693
DX2が面白くて映画館で9回見てたので、このDX3も見に行ったのですが
とにかく眠くてしょうがなかった、前作がよかったから期待してたのがアダになりました
はっきり言ってDXの中では最低の部類です
結局のところ映画館では3回の視聴が限界でした
お別れさせるならもっといい演出をしてほしかったです(結局はお別れしないんですけどね)

とにかく敵が喋り過ぎで間抜けすぎ
前作でも敵は結構喋りましたがここまで間抜けではなかったです

プリキュア側にしても
TV版のキャラと違いすぎてちゃんと見た人にはチンプンカンプンだったと思われます
ラクロス部のキャプテンは指示が下手な扱いにされるし
どっちかというと突っ込み側になる芸能人と獣医の娘はボケキャラにされるし
百合さんは指示が甘すぎるし、いつきのギャグシーンはどう考えても本編無視してるし
パッションの扱いが酷いし青組ばかりのチームはなぜかブラック達に頼りっきりのキャラに
されてるし、プリズムフラワーの事を語ったのに肝心の種の話をスルーする妖精がいるわで
何もかもが滅茶苦茶で作画がよければそれでいいだろといった始末でした

演出にしてもこれまでの焼き直しが酷すぎて
散々焼き直しと馬鹿にされてきた他の作品に文句が言えない仕様となっております

ラスボスが最悪、なんですかブラックホールってw
ブラックホールという割には外見がガス星雲か何かにしか見えなかったし
宇宙最強()という厨臭い設定はどうにかして欲しかったと思いましたよ
っていうかあんなのが神?冗談でしょwww神なのに形が不安定なガスの塊ってwww
ちなみにラストバトルも焼き直しだらけではっきり言って感動しません
花からミラクルライトが出てくるというのと世界中でミラクルライトを振っていると
見せかける演出が謎でした。実際に振っているのを見せたのはショッピングモールにいる
人たちでしたが

この作品よりもニューステージの方が感動できると思いますよホントに

2015/01/12 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7(44%) 普通:1(6%) 悪い:8(50%)] / プロバイダ: 21846 ホスト:21751 ブラウザ: 1974(携帯)
・過去の焼き直しだらけで新鮮味がゼロに近い
・敵がマヌケすぎな上に弱すぎ、特にフリーズン&フローズンとシャドウ
・怪物軍団の無駄遣い(特に海ステージ)
・作画の無駄でしかなかった大量の妖精
・外部総スルー、異次元空間に閉じ込めらたプリキュアを救おうとするやつが一人もいない
・終始ダラダラとした流れで眠くなる
・キャラがブレすぎ(特に青組とサンシャインのがに股)
・瞬間移動ができるはずのパッションの扱いが酷い
・花からミラクルライトが出てくるという謎設定
・ラスボス&ラストバトルが手抜き
・ブラックホール(笑)
・バレたら二度と感動しないお別れ詐欺(種の存在ぐらいは知っててもおかしくないよなパルミエ王)

良かったのは作画と声優さんの頑張りぐらい
後は最悪

サンシャインがガニ股でビックリするシーンとか
マリンが「行けブロッサム」とブロッサムに頼るシーンとか
ベリーが「ピーチがいないと」とピーチに頼るシーンとか
ブラックが「そっちこっちあっち」しか言えないとか
マジでおかしいキャラブレすぎ
MHのブラックはラクロス部のキャプテンだから人仕切れるし
この頃のマリンはクモジャキーを単独で倒した猛者です
本編無視しすぎで悲しいです

ニューステージ3は新鮮味があったのだがどうしてこうなった?

2014/06/17 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:26(67%) 普通:1(3%) 悪い:12(31%)] / プロバイダ: 24146 ホスト:24175 ブラウザ: 7914
【総合評価】

オールスターズ作品で一番面白かったと思います。
一つの作品で出演できるプリキュアの人数はこの辺が限界だと思う。
以降の作品では、いてもいなくても同じなキャラが多すぎて、ほぼオールスターになってないよ。
現行作品と前作、前々作くらいの主役級がチョロチョロ話を進めていくだけになってるんだもん。

その点今作は、作品ごとに見せ場もあり、ストーリーに起伏もあり、非常に満足でした。
それでも、全くセリフ無いキャラもいたけど。

2014/02/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 534 ホスト:628 ブラウザ: 4936
【良い点】
・ストーリーの流れ
・バンクじゃない必殺技シーン
・アクアの知性が仕事した!


【悪い点】
・作品やキャラと矛盾する設定
・盛り上がりに欠ける
・5勢の謎の優遇っぷり


【総合評価】
三部作のラストを飾る本作でしたが、観終わった感想としてはやや見応えに欠けたかなぁ。
ブラック家族、ホワイト家族、その他に分断されて苦戦→新規カットによる必殺技シーンの連続→強敵による変身解除→妖精との別れを覚悟しての最後の変身→再びの必殺技シーン→ハッピーエンドと、ストーリーの構成自体は面白みがあり、見応えも充分に備えているはずだった。
実際、劇場版の敵を必殺技で次々と打ち破っていくシーンは熱かった!
とくに初代組が素敵すぎた。足場を固定しての照射が基本だったマーブルスクリューが、今回は手を繋いで疾走しながらの詠唱、そして発射である。しかもしかも、よく観てみると光線を放った直後に二人は手を放しているから、今回は照射ではなく発射タイプとなっている。この二人はオールスターズシリーズでも常に進化してくれている。いったいどこまで楽しませてくれるんだ!


……が、構成こそ良いものの、中身は不満の残るものとなってしまった。
中でも僕が引っかかったのは、妖精との別れのシーンだ。
変身を強制解除させられるというピンチに重ねて、妖精との別れがかかっているとなれば確かに14、15の少女らが心折れかけるのも無理はないのだけど、はたして強い使命感を持ち合わせた妖精たちが、世界を救うことよりもパートナーとの別れを優先させるだろうか? って話なんだよなぁ……。
どうにかしてスイートの二人組を前にもっていきたい! って意図が見え透いてしまってる。
とくにココなんかは、別れを内で悲しみつつも気丈に振る舞って使命を全うしようとすると思うんだ。
……もっと言うなら、ハトプリはどっちにしろ地球生まれの妖精らだから、別れとか訪れないよね;
というかこの状況、完全にユリさんをイジメにかかってるよね。やめて差し上げろ。

それから、これは気に入らなかったワケではないけど、気になった点。
5勢が優遇されている。
ドリームは言わずもがな、ルージュはツッコミ役、レモネードはボケ役、アクアは知性が仕事してる(本編でもここまで知性を働かせたことはない)、ミントは影ながらリズムを全面サポートと、何気に出番が多い。
スイートの前であるハトプリの4人を目立たせるのが普通じゃないのかなぁ;
マリンとブロッサム以外の二人がいまいち出番がなかっただけにここは余計に気になってしまった。


最後に、アクション面。
残念ながら今回は序盤から中盤までひたすら苦戦しているので、アクション面で盛り上ががるシーンがない。
ホワイト家族7人ぐらいで氷兄弟二人に肉薄して打ち負かされた時にはさすがに唖然とした。

中盤の、新規カットによる処刑シーンこそカッコ良かったものの、そこから諦めムードが続き、復活したかと思えばここでも再びの処刑シーン。しかも今度はバンク。おまけに作品によっては中途半端な技という始末……これじゃ盛り上がらないよ;



三年連続でオールスターズの脚本を書くというのが大変であることは分かるのだけど、それでも期待せずにはいられなかったし、その分ガッカリしてしまった。
NewStageに期待したいと思います。

2014/02/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:13(59%) 普通:0(0%) 悪い:9(41%)] / プロバイダ: 24655 ホスト:24848 ブラウザ: 5386
オールスターシリーズでは一番おもろしかったと思えるこれ。

脳筋ピンクと知的にバカなえりかが混ざったブルー、個性派だらけのイエロー。
とどれも笑いを誘いました。特にルージュのツッコミっぷりは本当に良かったです。
ムーライトさんの「とにかく叩きなさい」とか「お勉強対決」とかは良い意味でキャラ崩壊してて笑えました。こんなかわいいゆりさんを本編で見たかったです。

ちょっと不満なことを言えば、マリンが「いけーっ、ブロッサム」とか言うシーンでしょうか。普通ならマリンが突っ込んでいくような…でも一人だけ水に落ちたり、作戦を理解できなかったりしたハチャメチャっぷりがあったんで良かったです。
ちょっと気になったのはフレッシュ組の冷遇…フレッシュ何故だ…。

最後の怒涛のバトルは良かったです。特に「5」は必殺技がかっこよかったです。シューティングスターがかっこ良すぎですよ。放ったあとのドリームの悲しげな目が良かったです。また、倒さなければいけない…ってね。

そういえば、妖精達は元の世界に戻らなければいけない、二度と会えないてなってるんですけど、せつなはラビリンスに戻らなくていいんでしょうか。アカルンで移動してるわけですからラビリンスどうするつもりだったんでしょうか。
時間の関係上仕方ないとは思いますが…。

2014/01/19 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(31%) 普通:2(15%) 悪い:7(54%)] / プロバイダ: 45203 ホスト:45047 ブラウザ: 10424
【良い点】
声優はオリジナルが全員集合。声優は・・・

【悪い点】
性格がオリジナルとちがうキャラクターがほとんど。なにこれ?ブランチ戦士かリイマジなの?
ココは世界が危ないってときはのぞみに会えなくなることは黙ってるぞ。
咲となぎさはただの脳筋にされてるしブルーチームだってあんな相方に頼りっきりじゃない。
うららはちゃんと空気読むしあの状況でゆりが説教始めないのはおかしい。
結果、誰一人として原作と一致しない“よく似た別人"と化してしまっている。原作のキャラクターあってのオールスターだろ?ふざけんな。

敵キャラクターも同様。こちらは作品内でよく似た別人と明言されてはいるものの、原作中で和解したキャラクターまで含まれているのは釈然としない上に不愉快。返せよ、俺の涙を。

ストーリーもおかしい。
終盤、敵を倒すためには精霊たちと別れなければならないって話だったが・・・ココなら、いやプリキュアの精霊たちならそんなことはなっから黙ってね?
プリキュアたちもソレ知ろうと涙を振り切って戦わね?
つーか戦わないと別れる別れない以前に全部消えてなくなるんだから戦わなきゃいかんだろ?馬鹿なの?死ぬの?

当時最新作のスイートプリキュア♪の扱いも淡白で販促する気があるなんて到底思えない。
逆に、三代目であるプリキュア5は不自然な贔屓を受けている。現行も初代もたてないオールスターって不自然じゃね?

【総合評価】
スマイルプリキュア!で悪評を広めた大塚監督だがASDX三部作から既に最悪だったわ。
正直、ASDX2の時点で限界だったが面白いと評判だったから見てみた。
まさかこんなクソだとは思わなかったよ・・・
流石だな、大塚監督。
スマイルの真のガンは彼だったようだな。
[共感]
2015/01/12 ブルーチームについては同意です。彼女たちはピンクチームに頼りきるようなキャラではありません。マリンは「行けブロッサム」なんて言いませんし、ベリーは「ベリーソードは囮よ」というぐらい単独でも戦えますから。 by プリキュアシンドローム

2013/12/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:20(71%) 普通:0(0%) 悪い:8(29%)] / プロバイダ: 1036 ホスト:893 ブラウザ: 5386
【良い点】
プリキュア映画史上、感動できる最高傑作だ。
其々のチームに分かれるという絶体絶命の危機を如何にプリキュア達が攻略していくかを見ると、
非常に胸が熱くなる。
戦闘シーンが非常に痺れ、爽快感がある。
最後の妖精たちとの別れのシーンは、涙が溢れる感動シーン。
何回でも見るべきである。

【悪い点】
ある訳ないだろうが!

【総合評価】
私のお勧めの映画。見てない人は是非。

2012/08/28 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2202(58%) 普通:766(20%) 悪い:853(22%)] / プロバイダ: 8351 ホスト:8156 ブラウザ: 7541
プリキュア名物!妖精とプリキュアの「別れる別れる詐欺」!
歴代の王道展開が詰め込まれてて面白かったですね。というか、現行作品のハミィが帰っちゃったらスイートのストーリーが進行しなくなるから、もうどうなるかわかっちゃいますが…。
それでも、「妖精と永遠にお別れ」という条件で平和のために変身するプリキュアの展開は熱いし泣ける。
一人一人と妖精の絡みが感動的。特に知ってる作品は胸に沁みます。
ラストで帰ってくるときも、「やっぱり」と思いつつ泣いちゃいますので。
一人だけ、マジでパートナーの妖精と永遠にお別れしちゃったプリキュアがいるんですけど。

ブロッサム、ココ、ナッツ ← こいつらは極端に出番多かったような…。
まあ、一つ前の作品の主人公と、実質的に妖精の中では知能が人間並みな二人なので仕方ないですが。
今回はミルクしか人間になりませんでしたが、まあぶっちゃけ5妖精組全員にそこまでやられるとアレだから充分自重してましたね。
最初の響たちの行動や、大量の妖精が入ってきたことに対するフォローが一切なかったのは若干気になりましたが、まあ全体的に楽しかったですよ。
プリキュアだし、細けえことは(ry

チーム戦面白かった。明らかにプリキュアに都合の良い(のを製作者がわざと狙ったであろう)スゴロク勝負。お勉強勝負でのゆりさんのメガネが笑えた。「動物仲良し勝負」とかは、明らかにツッコミ所を狙ってて面白かった。
こいつらだけ完全に遊んでたし、「一回休みよ」もジョジョみたいで面白かったですね。
まあ、そんな感じで結構楽しめたこの作品。
ちゃんとプリキュアみんなに出番があったし、エンディング映像で過去作の一話などを見せてくれるのも凄く良い。
まさに集大成っていう感じです。NSはそのプリキュアオールスターズという点では微妙でしたが、今後はまたこういうのもアリにしてほしいですね。

2012/01/20 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:27(43%) 普通:6(10%) 悪い:30(48%)] / プロバイダ: 27699 ホスト:27754 ブラウザ: 3458(携帯)
ハートキャッチには『異世界』が存在しないんですよね。心の大樹は地球上の、人類が過ごしているのと同じ時空に存在している筈です。
だからプリズムフラワーがどうなろうと、ハートキャッチ組だけは妖精と分断される事はありません。ハートキャッチの設定上は…。
これが最初から引っ掛かるので、どうにも話に入り込めないんですよね。とっくにパートナーと死別しちゃってる人もいますし、死別より悲しい別れっていうのも、ちょっとないなと。
あと、ルーキーのスイート組ですが、ハミィと響たちの関係はこの時点ではそれほど深いものではなかったので、これも引っ掛かるものがありました。
物語としては主に以上の点から非常に感情移入しにくい、正直つまらないものでした。
分断されてのチームバトルは、そこそこ面白味のある内容だったと思います。双六バトルで嬉しそうにサイコロを振るレモネードが可愛くておかしかったですね。
しかしラスボス戦は敵の設定上肉弾戦も出来ず、必殺技斉射もフュージョン戦の焼き直し感が強く、カタルシスにも欠けました。こういう時、最上位級の合体技がエネルギー放出型ではないフレッシュやハートキャッチはつらい感じです。スイート組はミュージックロンドを使いましたが、絵的にはパッショナートハーモニーがベターだったように思いました。
オールスターズもこれで一区切りつけたみたいですが、テレビシリーズが長く続く中での作品ごとの設定の擦り合わせに限界を見た気がするので、DXシリーズとしては潮時なんでしょう。

2011/06/05 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:152(77%) 普通:32(16%) 悪い:13(7%)] / プロバイダ: 49464 ホスト:49609 ブラウザ: 9078
【良い点】
ストーリーが完結編にふさわしい

各シリーズの垣根を超えたキャラクター同士が絡むシーンを増やしている

【悪い点】
震災の影響でカットされてしまったシーンがある

クライマックスの必殺技
(これに関しては個人的にはMHと5GoGoは最終回で使った技(エキストリーム・ルミナリオ・マックスとプリキュア・ミルキィローズ・フローラル・エクスプロージョン)に、フレッシュはラブサンシャイン・フレッシュ、エスポワールシャワー・フレッシュ、ヒーリングプレアー・フレッシュ、ハピネスハリケーンを合わせた合体技(例:クローバーフレッシュ(仮))、にしてほしかったです。
(SSが最終回で使った技のプリキュア・スパイラル・ハート・スプラッシュ・スターについては満と薫がいなかったため使わないでよかったです)

スイート本編に先駆けキュアミューズを出してほしかった

【総合評価】
残念ながらミラクルライトはもらえませんでしたが、この時は売店で売られていたものとこれまで自分が手に入れていたものを持参して応援しました。
評価は最高です。
ただ、これで最後と言っていますがプリキュアシリーズが10周年を迎える2年後の2013年にDX4を作ってほしいです。

[追記]
映画スイートの上映終了後にオールスターズの新作が来年の春公開されることになりました(これに関して自分はオールスターズ以外で何かやるのかと察していましたが)楽しみにしています。(個人的には今度こそ映画オリジナルプリキュアを出して欲しいです)

2011/05/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:544(54%) 普通:212(21%) 悪い:255(25%)] / プロバイダ: 10447 ホスト:10317 ブラウザ: 5840
ひかり「何が始まるんですか?」
ゆりさん「第三次プリキュア大戦よ」

最初のころは、この映画に地雷臭をプンプン感じていた。
予告で最後に分かり合えたムシバーン、生かして第二の人生を歩んだトイマジン・サラマンダー男爵が、何故か敵としてこちらに刃を向けているではないか!

どういうことなの・・・と思っていたら、リーダーたる魔女が説明してくれた。
我々は邪念の塊でオリジナルとは別だと。
まあ、出なかったら出なかったでネタバレになるしなぁ。

プリキュア映画10作目の節目に相応しく、1時間ちょっとの中にバトルぎゅうぎゅう詰め。
スイート勢とHC勢、そして歴代の面々との変身前の状態での会話はほんの少し。
変身シーンは省略されたが、これでも3分以上。

メロディ、ブロッサムらいわゆる「ブラック家族」は、ピンクチームとして
灼熱の砂漠ゾーンで戦う。ブラックのこそあど指令に翻弄され、逃げ惑ってばかりだったが、持ち前の勇敢さで突破口を開いた。
あと、サーロインにもっと台詞を・・・。

リズム、マリンら「ホワイト家族」がブルーチームとなり
寒冷なる海上ゾーンへ送られた。リズムはミントに助けられたのに、マリンはドボン。
「 ま た マ リ ン か 」
といいたげな皆の反応がナイス。
サポートが主体の面々なので、相方がいなくてペースを乱したものの、フリーズンフローズンを挑発、戦いやすい足場を作った。

ベリー「来なさいよ氷の双子!武器なんて捨ててかかってらっしゃい!!」
フリフロ「「アマぁぁぁ!ぶっ殺してやる!」」

サンシャイン、レモネードといった上記どちらにも属さない者はイエローチームに纏められた。
彼女らはスゴロクゾーンにて、上の2チームシリアスさを和らげてくれた。
まず、ルージュが大忙し。マイペースな他の面々に、ツッコミまくり。
というか、ムーンライトのガリ勉スタイルに不意打ち喰らった。ブルータス、お前もか!
あと、トイマジンたちもイカサマしまくって永遠にゴール出来なくすることも出来たはずだ。

ちなみに妖精の相手はシャドウ。前作のウラガノスといい、このポジションには間抜けな面のあるキャラが割り振られるのだろうか。

各自人間界に戻って最終形態のボスを倒すのだが、
ピーチやブロッサムは、利用されたことに怒りを表す描写があったのは良い。

そして姿を現す諸悪の根源・忌むべき怨敵ブラックホール。今までの悪の組織や、フュージョンやボトムを生み出したのもコイツ。
見つけたぞ・・・宇宙の歪み!
妖精たちが言うに、今変身して敵を倒したら、二度と会えなくなってしまう。
世界を取るか、妖精を取るか、究極の決断。
みんなの号泣する一枚絵からEDへの流れは反則だ・・・こちらまでもらい泣きだったぞ。

ココ「みんなと会えるのは最後になると言ったココ。あれは嘘ココ」

おのれ、よくも純真な乙女心をだましたなアアア!騙してくれたなアアアア!!
とは言え、ハミィが途中で居なくなったらスイプリの今後の展開に支障をきたすからね。

【総評】
大塚監督らスタッフは、オールスターズの集大成と称していたが、その名に違わぬゴージャスさ。
魔女曰く「ずいぶんと増えた」プリキュア21人、妖精18匹に万遍なく出番をもらえ、
その上シリーズの壁を越えた絡みも見れた。

いつか訪れる、悲しい別れ。子供達にはショックが大きいだろう。
しかし、そこから逃げず、立ち向かってゆく強さ。どんなに離れていても、その絆は不滅。
こういうメッセージが込められている。今の日本に必要なものが。

オールスターズはもう控えて欲しいけど、春のプリキュア映画を作るなとは言わない。
今度は登場人物を絞って欲しいなぁ。
[共感]
2014/02/14 mktnの挑発はknpkでしたね^^ by 狗が身

もっと読む

「評価が高かったのでかなり期待して見に行ったのですが、・・・んー、少し期待外れでした。ちょっとハードル...」 by スー


次のページを読む

この評価板に投稿する



2019/02/04 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 311 ホスト:578 ブラウザ: 9786 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. アニメソングベスト20まであと少し〜♪ by ジュピターちゃん
... 曲まで決まった。 ・聖闘士神話〜ソルジャー・ドリーム〜(聖闘士星矢 OP) ・ムーンライト伝説(美少女戦士セーラームーン OP) ・夢見る愛天使(愛天使伝説ウェディングピーチ OP) ・Identity Crisis(新世紀GPXサイバーフォーミュラ SAGA OP) ・キラキラkawaii! プリキュア大集合♪ 〜いのち〜(映画 プリキュアオールスターズDX3 未来とどけ! 世界つなぐ ...
記事日時:2013/05/31 [表示省略記事有(読む)]
2. 友情実話伝説-Part2〓陣兵専学生活編〓-第756話(1406話)「パースⅡ-その3〜4…〓目線高さ・二点透視〓-」 by 陣兵
... !映画"調べ) 第 1位 ツーリスト 第 2位 ハリー・ポッターと死秘宝PART1 第 3位 借りぐらしアリエッティ 第 4位 トランスフォーマー/リベンジ 第 5位 カーズ 第 6位 ハリー・ポッターと謎プリンス 第 7位 GANTZ 第 8位 インセプション 第 9位 映画プリキュアオールスターズDX3 未来とどけ!世界つなぐ ...
記事日時:2011/08/11 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ