[アニメ]おねがい☆ツインズ


おねがいついんず / Please Twins (Onegai Twins)
  • 可愛い
  • 考えさせられた
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数399位6,409作品中総合点76 / 偏差値59.93
アニメ平均点1,075位2,844作品中平均点1.01=良い/75評価
2003年アニメ総合点21位148作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.40(良い)5
声優・俳優1.20(良い)5
映像1.00(良い)5
キャラ・設定0.80(良い)5
ストーリー0.20(普通)5
可愛い60%3人/5人中
考えさせられた40%2人/5人中
セクシー20%1人/5人中
熱血20%1人/5人中
美しい20%1人/5人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

高校入学を期に、行方不明の母親が住んでいた家で暮らすことを決めた本作の主人公、神城麻郁(かみしろまいく)。
新しい土地で生活の第一歩を踏み出した彼の元へ、同じ青い瞳をした美少女、宮藤深衣奈(みいな)が現れ、言った。

「あなた、どうして、ここに、いるの?」
全13話 / 放映局:WOWOWノンスクランブル
(13話はテレビ未放映、DVD7巻に収録)

企画・原作:Please!
日本 開始日:2003/07/15(火) / 終了日:2003/10/14
公式サイト
1. お金貸してください【今すぐ借りたい時おすすめ1位はココ!】
オープニング動画 (1個)
Second Flight
歌:KOTOKO 佐藤裕美 詞:KOTOKO 作曲:高瀬一矢 編曲:高瀬一矢 [ファン登録]
[もっと見る]
67,85810975
最近の閲覧数
9510148295
1人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2009/02/08 / 最終変更者:管理人さん / その他更新者: カジマさん / SS / 提案者:barnirun (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2014/03/02 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:51(85%) 普通:2(3%) 悪い:7(12%)] / プロバイダ: 42795 ホスト:42854 ブラウザ: 5931
本作品は前作のティーチャーに次いでアニメ好きの中では有名な作品なので
あらすじなどは語りませんが、ドラマ的な要素はあるものの、
いわゆるキャラ萌え作品であって、ストーリーは並程度といったところでしょうか。

ただ、深衣奈と樺恋の可愛さはよく表現されていたと思いますし
二人の仲の良さには好感が持てましたね。
(本作品のシチュエーションだと普通であれば嫉妬で仲が悪くなることの方が多いと思うが。)

手軽に萌えアニメを楽しみたいという方にはオススメできる作品ですね。

ちなみに、四道跨…お前の将来がことごとく心配だ(^^;

評価は「良い」でお願いしますm(_ _)m

2013/03/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:53(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 1476 ホスト:1574 ブラウザ: 10112
【良い点】
OP、ED(自分はOPがお気に入り)
ヒロインが可愛いっすね。
あの町の雰囲気が良い。(長野の木崎湖周辺って友達が言ってたなぁ・・)

【悪い点】
気になるところはねえな。

【総合評価】

高校のとき同級生からすすめられた作品です。
ティーチャーより先に見ましたが、話はよく分かりました。
ヒロインがでしゃばりすぎずにとても清い感じが良いっす。
マイクが在宅プログラマーという面白い設定もまた惹かれるとこでした。
最高でお願いします。

2012/11/28 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:146(62%) 普通:35(15%) 悪い:56(24%)] / プロバイダ: 44803 ホスト:44833 ブラウザ: 12643
【良い点】
性格が柔らかくなった苺
エロ同人にオカズを提供した

【悪い点】
作画崩壊
何をしたいんだか分からないストーリー、進展の遅さ
深衣奈に対する明確な答えが出ないまま終わった
康生ウゼエ。ホモネタはやめろ

【総合評価】
麻郁は桂よりも硬派でしっかりしている。だから「おねティ」よりも面白い、という理屈は通らない。主人公のカッコよさ(笑)だけで本作のシナリオの退屈さが帳消しにできるわけがない。更に突っ込んだ事を言えば、麻郁のような完成された男子を主人公にしてしまうと成長が頭打ちになってしまい、それ以上の成長劇を描きにくくなってしまうのである。戦闘シーンや試合のある作品なら更なる強敵を登場させることでごまかせるが、恋愛がテーマの作品では難しくなってくる。本作に麻郁の恋路を阻むライバルが存在しただろうか?
ちなみに本作では「おねティ」と異なり登場人物のほとんどが成長劇を見せていない。だからドラマに波が無く惰性でつまらないと感じるんだろうな

2012/08/14 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:380(56%) 普通:99(15%) 悪い:203(30%)] / プロバイダ: 31695 ホスト:31858 ブラウザ: 14152
「妹かもしれない」少女2人が突然現れるというお話です。
いわゆる妹萌え作品でしょう。
ただし、後半は家族愛を描いた作品となっています。

主人公「麻郁」(まいく)の元へ突然現れた二人の少女「深衣奈」(みいな)と「樺恋」(かれん)。
二人とも「麻郁」の持つ1枚の写真と同じ写真を持っていた。
写真には男の子と女の子がある家をバックにビニールプールで遊んでいる姿が写っていた。

友情出演として、「風見みずほ」先生、ご主人の「草薙桂」君が登場します。
「みずほ」先生の苗字が「風見」ですが正しくは「草薙」でしょう。
また、桂の声の出演はありません。

作風なのか淡々とした流れが長く、終盤に一気に話の展開が起こります。
最後は本当の妹と出会うわけですが、この「深衣奈」と「樺恋」がどのような関係になるかは皆さんが観て楽しむといいでしょう。
一番最後に写真の真実がわかります。

評価としては最後の展開が、思っていたほどではなかったことで、「とても良い」にしたいと思います。

2012/06/02 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:173(79%) 普通:32(15%) 悪い:14(6%)] / プロバイダ: 36935 ホスト:37079 ブラウザ: 5941
前作おねがいティーチャーの2年後でしょうか?
メインヒロインである深衣奈と樺恋の主人公争奪戦で、正反対な性格の二人の対比は面白かったですが
2人で束になってもみずほ先生の魅力に敵わなかったという印象
話の根幹のネタバレもなんだかあっさりしすぎて拍子抜けな感じでした

全体的に苺会長とか四道兄妹とかの存在もあり、前作に比べてギャグ色が強くなった気がしました
見ている時は面白かったですが、見終わった後の満足度では前作には及ばなかった感じです

2012/05/21 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:545(70%) 普通:88(11%) 悪い:148(19%)] / プロバイダ: 6965 ホスト:6777 ブラウザ: 4682
【良い点】
ありそうでない、肉親か、他人かという設定。作品の大元であるこの部分が非常に良い、ぶれない。
マイクを好きになってしまったがゆえに、肉親であることを喜べるのか、悲しむのか、去るのか、一緒に居れるのか、他人であった場合でも同様に考えることができるという感情の揺れ方は単純であるのだが、良く考えたなぁと思う。

ダブルヒロインは各々魅力的。

【悪い点】
前作キャラとサブキャラ。
先輩のマイクへの思いはどこへ吹き飛んだのか・・・
別にみずほ先生である意味もない。前作キャラがただのファンサービスでしかない。

もっとヒロイン二人が迫る展開があっても良かった気がする。
そのほうが緊迫感があった。
ただ、三人の関係が割とプラトニックであったことが、三人を肉親であるこもしれないという印象を強くして、割と純粋であるという性格付け効果があったように思えるので必ずしも悪いと思えない。

【総合評価】
なかなか楽しめた、三人の内ひとりが他人という設定が充分活かされている。

そういえば00年代前半のwowowってすこしエロいアニメをよく放送してたなぁ・・・
当時を思い出します。

2012/02/13 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:216(78%) 普通:32(12%) 悪い:30(11%)] / プロバイダ: 34416 ホスト:34274 ブラウザ: 3876
)
好評の「 おねがいティーチャー 」に続く「 おねがい 」シリーズの続編だが、宇宙人と地球人の恋愛劇をストレートに描いた「 おねてぃ 」に比べると、アニメの質としては幾分劣るように思う。

一枚の写真が語る「 肉親かもしれない、他人かもしれない。 」という物語設定と展開は興味のあるプロットだったが、何よりも妙に悟り切ったような高校生プログラマーの主人公がモテ過ぎるのには好感が持てなかったし、「 深衣奈 」や「樺恋」というヒロイン達も可愛いことは可愛いのだが、ダブルヒロイン仕立てにして、更には入浴シーンやお色気描写も多く、ちょっと好色オタク向けの「 萌え 」を強調しすぎたアニメという印象が強い。
恋愛描写もコメディとシリアスがゴチャ混ぜになっていて、あまり感心できるものではなかった。
副会長の「 椿 」と「 康生 」のスタンスは良く描かれていたと思うが。

まぁ、それにしても写真の謎解きには一杯食わされた。
ちょっと考えればわかることだったのに、気づかなかった自分が悔しい。( 笑 )

2011/02/18 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:124(69%) 普通:33(18%) 悪い:22(12%)] / プロバイダ: 4776 ホスト:4588 ブラウザ: 8841
・神城麻郁・宮藤深衣奈・小野寺樺恋3人のラブコメ作品です。
・前作「おねがい☆ティーチャー」の登場人物を引き継ぎますが、メインではありません。別作品と思って良いです。

【良い点】

・前作と関連したUFO騒動をきっかけにヒロイン二人が集まるというつなぎが良くできていると思います。
前作「停滞」設定だった森野苺が腹黒ながらも生徒会長として元気に描かれているあたりが、前作の問題を残していないという見せ方で良いです。
まりえも癒しキャラとしてプリッチを食べているあたりが和ませてくれます。
・肉親と他人の二者択一設定に魅了されます。
ヒロインの二人がどちらかなわけですが、肉親であれば家にいられるが恋愛は出来ない、他人であれば家にいられないが恋愛はできる、という設定が興味をそそりました。
また、二人とも麻郁に恋をしてから、恋愛同盟なる規約を立てたことが特徴的です。二者択一設定でどちらかしか恋人になれないので、肉親が恋愛をサポートする条件をあらかじめつけておくことで揉めないはずですから上手い設定だと思いました(実際は揉めますが)。

【悪い点】

・肉親のわかり方があっけなかったです。
なんせ写真から推測できるすぐ近くの家にヒントがあるので。これならもっと早く気づけていたのではないかと思ってしまいます。
・妹とわかってからの接し方の変化が急に対応しすぎていて不自然だと思いました。
他人だとわかった深衣奈の方は、これによって堂々と恋愛できるのですから、麻郁の顔も見られなくなるぐらい恥じらい「黙秘」を多用した表現は上手くできていると思います。
しかし、妹とわかった樺恋はどうでしょうか。恋愛同盟があるにせよ(後に解消して再結成しますが)、恋愛対象としていた相手を急に「お兄ちゃん」と呼んで甘えることができるかに疑問を抱きました。仮に本心でなくそう見せているだけにしても切り替えが早すぎるように思えました。
・3人で住む結論がみんなにとって幸せなものとは思えません。
肉親とわかった方が恋愛できずに不幸でしかないからです。この傷つくことをふまえてだと思いますが、当初は他人であれば恋愛は出来るが家にいられないという設定だったはずです。しかし、他人でも家にいることを麻郁が許容してしまいました。家族になれば良いとまとめていましたが、それは深衣奈へ向けた言葉であって、樺恋への配慮を欠いているのではないかと思うのです。そして樺恋も無為に3人で暮らそうと言ってしまいました。樺恋が傷つくことを自覚して受け入れたのかはわかりません。実際に、12話EDでは深衣奈が麻郁に寄り添う姿を見てミルクをこぼしていましたし、13話でも揉めました。挙げ句の果てに恋愛同盟を解消したと言って突っ張ったり。13話では丸く収められたかに見えますが、この樺恋が傷つく問題は3人で住む以上、深衣奈と麻郁の恋愛を間近で見るのですから、つきまとうものです。やはり3人で住む結末は不幸のように思えます。
では、仮に肉親が深衣奈の場合はどうでしょうか。気が強く独占欲が強い性格ですから、3人暮らしの提案を受け入れないかも知れません。この提案は「にゅ〜」が口癖であるのほほんとした樺恋だからこそ可能だったのかもしれません。
かといって、肉親か他人かの結論を出さなかった場合は単なるハーレム作品になってしまいます。結論を出した点において本作は評価できるのです。
とすると、ヒロインとストーリーの設定からすれば、樺恋のみが肉親になり得て、恋愛の犠牲者という悲しい結末は必然であったと思います。ですから、どうもハッピーエンドには思えないのでした。

【総合評価】

・肉親or他人の設定は非常に面白いのですが、悲しい結末でしかないのが残念です。
・評価は差し引いて「良い」にします。

2010/05/22 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:19(56%) 普通:6(18%) 悪い:9(26%)] / プロバイダ: 18003 ホスト:17840 ブラウザ: 2414(携帯)
全話視聴しました。

3人の恋愛模様や主人公の親友との絡みは楽しめました。

けど、主人公が素直じゃなさすぎです。
実際のリアルな世界だと、ただのウザい奴で終わってしまうと思います。

それに結局、何故ミイナは青色の眼をしていたのですかね?

さらに小さい頃の写真でも、髪型が坊主ではない限り髪の色で判断できたと思います。


いくつか疑問の残る作品でしたので、評価は普通にします。

2010/03/18 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:48(52%) 普通:24(26%) 悪い:21(23%)] / プロバイダ: 27075 ホスト:27130 ブラウザ: 7144
【良い点】
・設定
・演出
・キャラクター
・OP、ED
【悪い点】
・作画が微妙

【総合評価】
演出がいいです。
人物の目の動きや、シリアスの最中に空気読まず入ってくるギャグとか細かい演出が自分好みでした。

血が繋がってたら家族になれるけど恋は出来ない、血が繋がって無かったら他人になるけど恋は出来る。
恋を発展させる為に真実を知りたいという気持ちと、いつまでも三人一緒でいたいから曖昧にしておきたいという矛盾を抱えながら揺れ動く3人の恋心の描写はとてもよかったです。

主人公はハーレム系には珍しい人格者で、女の子のスカートがめくれても赤面することなくさっと元に戻すなど、まあこいつならモテても当然だなっつー感じでした。
ダブルヒロインの方も対照的な性格でどちらも可愛かった。
主人公を狙っているように見えたあっち系の男友達が、実は昔の女を忘れるためにわざとそう装ってたという展開には笑っちゃったけど…。
あと、さらっと変な生き物がいたり、先生の旦那さんがどう見ても高校生だったりと、前作を見ていない自分にはそのおかしな状況がとてもシュールだった。
前作を見てる人にはそれらのキャラに懐かしさを感じて、もっと楽しめるんじゃないかと思います。

結末は、ある意味健全なハーレムENDと言えるんじゃないでしょうか。みいなとは恋人同士として、かれんとは妹として一緒に暮らせるわけですし、納得のいく終わり方でした。

2009/10/10 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:741(64%) 普通:180(16%) 悪い:229(20%)] / プロバイダ: 5715 ホスト:5545 ブラウザ: 8451
【良い点】
・神城麻郁の元を訪れる二人の少女、宮藤深衣奈と小野寺樺恋。
どっちかが妹でどっちかが他人。彼に恋心を抱く二人の葛藤。
そんな雰囲気のストーリーはかなり趣がありました。

・在宅プログラマーで自活している神城麻郁の生活力に脱帽。

・【不思議ちゃん】まりえがみんなに愛されるキャラ化しているところ。
頻繁に神城家を訪れたり、7話では海の旅行をする麻郁&深衣奈&小野寺樺恋
についていったりとする可愛いものがあります(笑)。

・「おねがい☆ティーチャー」では、新米教師だったみずほ先生について、
教師の仕事が板についた、と印象です。

・(1話)まさか、前作「おねがい☆ティーチャー」で
マスコミ沙汰となった木崎湖のTV中継!
これが、神城麻郁と宮藤深衣奈と小野寺樺恋の3名を
思い出の地、長野県木崎湖に誘うことになろうとは。
人生、どう転ぶかわからないものですね(笑)。

・(2話)神城麻郁の見え透いた嘘をあっさり信じちゃうみずほ先生(笑)。
また、麻郁の元から出て行こうとする深衣奈と樺恋に対し、麻郁は・・・

「オレの母親は何故オレを捨てたんだ?
ガキの頃はその理由をよく考えてた。訳が知りたかった。
けどな、今はどうでもいいと思ってる。
母親がオレを捨てた理由がわかったところで、
今のオレが変わるわけじゃない。
わかんねぇのか?
問題なのは今なんだよ!!
もし、オレとお前の血がつながっているなら、
オレは見捨てるなんて真似したくねぇ。
肉親を見捨てたりしたくねぇ。」

また、彼はカボチャが嫌いな食べ物であるにも関わらず、
深衣奈手作りのカボチャ入り弁当を全部平らげたりもします。

そういった、神城麻郁のぶっきらぼうだけど、優しい性格に、
拍手をお送りいたします。

・(3話)【ライオンのオーラ】宮藤深衣奈vs【トラのオーラ】織部椿!
この構図には笑えました。(小野寺樺恋、哀れ)

・(4話)大人の扮装をした深衣奈&樺恋は、学園にて仕事の面接を
受けに行くのですが、女子生徒の体操着を無断拝借をする羽目に(ヲイ)。
そして、苺会長は、学園封鎖を発令したりする滅茶苦茶な展開。
これには笑えました。
そんな折、みずほ先生から麻郁のことについて聞かされます。
彼は施設時代、友人をつくらなかったとのこと。
それは、友人に関わると、その人を見捨てるような真似は絶対に
できないから、という「自分が捨てられたことへの反動」
「優しさの裏返し」故のもの・・・・・
彼の人格はこれに基づくものだったんだな、と感じました。

・(6話)恋愛同盟発足。恋を自覚し、それを認めた深衣奈&樺恋の
転換期・・・そんな感じが趣深いです。

・(8話)康生と椿のエピソード。康生は、「椿になにをした?!」と
怒り出す表情のほうが好感がもてます。
また、久々に森野苺がまともなキャラとなっています。
椿に対し、「間違った気持ちを抱えたまますすむと、止まってしまうわよ」と
指摘するあたりが。

・(9話)妄想内容が殆ど同じな深衣奈&樺恋が笑えました。

・(10話)深衣奈とみずほ先生の会話。
かつて結婚生活で大変だったみずほ先生は、
そういうとき、「旦那さん(草薙桂のことです)に
思ってることを伝える」ということ・・・・
そのことを深衣奈に伝えます。
結婚生活、あるいは
肉親かもしれないが他人かもしれない人との共同生活・・・
それらは、喜び、怒り、哀しみ、楽しさ・・・
全部ひっくるめて、かけがえのない大事なことなのだということ。
それが「おねがいシリーズ」の共通のテーマと感じました。

・(12話)11話で、「どっちが肉親で、どっちが肉親じゃないほう」かが判明。
で、「肉親じゃないほうの少女」(ネタバレ故、誰のことかは割愛)
は、麻郁の顔がまともに見れないという可愛い理由で、神城家を
出て、四道晴子の家にやっかいになります。
だが、その現状回復のため、苺と椿と康生と晴子とみずほ先生
(あと、跨とまりえ)は結託して海ノ口駅に、「肉親じゃないほうの少女」
を誘い、麻郁には「家を出て行ってしまい、海ノ口駅に向かった」と
嘘情報を垂れ流します。
結果、丸く収まります・・・・めでたしめでたし(笑)。

・(13話)12話から2週間後・・・・
「肉親の少女」は性格変わり過ぎです、
お兄ちゃんに甘える描写とかが
(因みに「肉親じゃないほうの少女」の
嫉妬丸出しなリアクションも笑えました)。
もっともそれは、不安の裏返しだったわけです。
そんな彼女に麻郁は決めてくれました。

「オレにとって肉親も恋人もどっちも大切だ。
大切なものはひとつだけじゃない。」

【悪い点】
・個人的には、キャラ絵のタッチは前作のほうが良かったと思います。

・森野苺の性格が黒くなったところ。「うふふ」
そして四道跨が哀れなキャラと化したところ。
キャラを前作に沿った形にしていただきたかったものです。
あるいはキャラが変った理由を説明していただきたかったものです。

・事あるごとに・・・
二人のヒロインがフルネームを呼称している描写及び
「肉親かもしれない」「他人かもしれない」の描写を
しているところは、ちょっとうざいものを感じました。

・(2話)島崎康生がちょっと気持ち悪かったです。

・(5話)こらこら、深衣奈&樺恋よ・・・
麻郁と康生のBL疑惑を真に受けて、
なに慣れない色仕掛けをしているんですか(苦笑)。
それだけだったら、まだしも、
バイト中でも両者は作戦会議をしており、結果、
四道跨に迷惑をかけていますからね〜。
縁川商店に謝れと言いたいです。

・(8話)こらこら、深衣奈&樺恋よ・・・
まりえちゃんを監視装置代わりに使っちゃNGっすよ(笑)。

・(12話ならびに13話)
悪だくみもほどほどにしてください。苺会長

【総合評価】
この作品も「おねがい☆ティーチャー」同様、思い入れが特別強い作品故、
【最高!】とします。

2009/08/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:442(63%) 普通:152(22%) 悪い:103(15%)] / プロバイダ: 23098 ホスト:22953 ブラウザ: 10669
「肉親かもしれない,他人かもしれない」という不確定要素の中で,揺れ動く3人の関係がとても面白かったです。

最後も,しっかりまとまって良い終わり方だったと思います。

生徒会長や副会長も脇役ながら良いキャラしてました。

2009/08/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:93(66%) 普通:21(15%) 悪い:26(19%)] / プロバイダ: 10505 ホスト:10437 ブラウザ: 6653
【総合評価】
さすがという感じでおもしろかったです。
ただ、少し面倒くさいと感じる部分もありました。
何かが足りなかったです…。主人公の男があんま好きじゃなかったです。
まぁおもしろかったから満足してます。

2009/07/04 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:126(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 13014 ホスト:13348 ブラウザ: 5234
シチュエーション・作画・キャラデザなど好みでした。
樺恋は可愛かったです

王道を行くベタだけど、恋愛に対する描写はなかなか良いです
脚本も素晴らしい。
素直に評価したいと思います

2009/05/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:36(67%) 普通:0(0%) 悪い:18(33%)] / プロバイダ: 6307 ホスト:6402 ブラウザ: 14177
これは結構面白かったです。麻郁と深衣奈と樺恋の親類か他人かの少し変わった3角関係が面白かったしラブコメとしてはかなり好きな作品で途中の恋愛同盟の辺りは少し微妙な方向になる心配もしたが最後まで3人のやり取りが湿っぽくならなかったのが良かったです。

もっと読む

「二人一緒じゃダメですか?ダメです。【良い点】前作と同様にストーリーが好き。旧作キャラクターがあまり出...」 by SARINA


次のページを読む

この評価板に投稿する



2013/06/07 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 9082 ホスト:9204 ブラウザ: 11895 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリーとても悪い(-2 pnt)
キャラ・設定とても悪い(-2 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. アニソン話(翼編) by rie-ru
... 編」です。 なんじゃそりゃ、と思われたことでしょうが要するに「翼とか羽がテーマの曲」ということで。 …はい、こじつけですね。 以下2曲です。 ●second flight(おねがいツインズ OP)2003年 ●翼はPleasure Line(クロノクルセイド OP)2003年 最近の曲がないのがお約束になりつつある… では。 ●second flight/KOTOKO& ...
記事日時:2018/08/05
2. 年上メガネヒロイン by HARIKYU
... ://sakuhindb.com/pj/HARIKYU/20130517.html 今般 カイネル・ドゥ・ラファティさんの眼鏡部活動 に触発されて 、私は少しマニアックに 年上メガネヒロイン のノミネートなどを 。 (^_^) 私の好きな年上メガネヒロインは取り敢えずこの3人ですね 。 ・ 織部 椿 ( おりべ つばき ) 「 おねがいツインズ 」 の ...
記事日時:2015/05/27
3. ドライブのお供に、数年振りの『おねティ』ドラマCDをチョイス。完全に「岩田光央」劇場で笑う。 by 青い羊
... 漂介の「秘密会議」が、今聞くと完全に「秘密保全法」で何か色々アレすぎるよ。 「秘密の秘密のための秘密会議」で、その秘密を漏らした者は「秘密裏に消される」だもんな。 「2対1で、俺が与党で、お前が野党だ」とか。ホント、未来に生きてんな!!ですよ。苦笑。 『おねがい☆ティーチャー みずほ ...
記事日時:2015/03/01
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ