[アニメ]ポプテピピック TVスペシャル


ぽぷてぴぴっく てれびすぺしゃる / POP TEAM EPIC TVSP
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数2,879位6,447作品中総合点4 / 偏差値48.10
2019年アニメ総合点46位159作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定1.00(良い)1
映像1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
声優・俳優1.00(良い)1
ストーリー0.00(普通)1
考えさせられた100%1人/1人中
びっくり100%1人/1人中
楽しい100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
原作:大川ぶくぶ(竹書房まんがライフ WIN」)
企画・プロデュース:須藤孝太郎
シリーズディレクター・シリーズ構成:青木純 (スペースネコカンパニー) アニメーションプロデューサー:佐々木貴之
音響監督:鐘江徹 音響効果:小山恭正 音響制作:グロービジョン

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2019/04/01(月) 22:00- TOKYO MX ほか TV
公式サイト
1. TVアニメ「ポプテピピック」公式サイト
オープニング動画 (3個)
last sparkle
歌:上坂すみれ
詞:(BUSTED ROSE)
作曲:(BUSTED ROSE)
編曲:(BUSTED ROSE) [補記] [ファン登録]
[もっと見る]
76455
最近の閲覧数
1262221200
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/04/14 / 最終変更者:曲がり角のアイツ / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/08/11 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(6%) 普通:1(3%) 悪い:31(91%)] / プロバイダ: 14424 ホスト:14670 ブラウザ: 4721
とびっきりのクソという汚名を誇りとして名乗るアニメの特番は、スペシャルになっても相変わらずでした。
どのバージョンも声優が違う手間、いやこだわりをもっていて、蒼井翔太も降臨。
このやりたい放題に敬意を表してこの評価をあげる。

2019/04/13 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7739(87%) 普通:661(7%) 悪い:471(5%)] / プロバイダ: 12391 ホスト:12316 ブラウザ: 10319
テレビアニメシリーズの方はまだ視聴したことがありませんでしたが、原作に負けず劣らずな感じではっちゃっけた感じの内容となっておりましたね。

1時間ということもあり、原作が四コママンガなので、普通だったら結構キツいだろうなあと思いましたけれども、序盤からショートアニメサイズのコントをいくつも挟んで、これでもかとギャグを畳み掛けるといった流れとなっており、最後まで息つく暇もなかったのはもちろんのこと、全部見終わってから間もなくまた最初から見返そうと思い立ったほど、結構色んなものが凝縮されていて、文字通りカオスな感じになっているなという印象でした。

確か触れ込みではそれぞれで放送されたバージョンによってポプ子とピピ美の声優が違うとのことだったけれども、各パートごとに声優が違っていたのには驚かされるものがあり、これは初見のときには面食らうだろうなぁと思いましたね。

一番最初のパートではベテランの女性声優二人組でその組み合わせにニヤリとさせられましたけれども、これはほんの序の口で、同じパートの中の人が違うバージョンでやったときには男性声優二人組でやったんだけれども、その組み合わせはもう完全に代表作のキャラ関連でのキャスティングだろうなと思わされました。もっとも、パロディーに関しては地上波でも放送されたこともあり、わりとベタなものを突いていたかなという印象で、個人的にはもっとコアなので攻めても面白かったかなと思いましたが、改めてテレビシリーズの方も機会があれば見てみようかなと思いました。

評価になりますが、「良い」とさせていただきます。

[推薦数:1] 2019/04/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:129(53%) 普通:4(2%) 悪い:110(45%)] / プロバイダ: 4057 ホスト:4028 ブラウザ: 8281
アニメシリーズは見ています。


人気だった作品によくあるテレビスペシャル版。
通し番号としては13話と14話になります。(相変わらず半分は再放送)
しかも本作は、青龍、朱雀、白虎、玄武の4つのバージョン違いがある。(声優が違うだけで中身はおそらく同じ)

つまるところ30分アニメを再放送(笑)で1時間に延ばして、しかもそれも4倍にしてるってことだよね・・・・・。
正味8倍!!

よーやるわ。

しかも普通のテレビシリーズは同じネタで男女で分けて声優違いをやってましたので、それほど声優の演技の違いとか分かりにくかったけど、本作の場合はバージョン違いで比べられるので声優の演技の違いが良くわかる。

・・・・・声優は嫌だったろうなぁ。(笑)

パロディアニメなので、ネタがわからないとつらいところはあるけど、これ見るやつはまぁ、わかってるだろ。
ファイナルファンタジーから映像借りてきたりとやりたい放題やな・・・・。

よくもまぁ、ここまでやれば天晴れって言えるレベルですので評価は『とても良い』で。

個人的には白虎バージョンの13話の前半の玉川砂記子・田中敦子ペアがおすすめかな?(全部は見てないので何とも言えませんけど)
ネタがストレートに少佐&タチコマの攻殻機動隊という・・・・。
しかもコンビニのところは完全に少佐だし。(笑)

2019/04/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:773(41%) 普通:451(24%) 悪い:654(35%)] / プロバイダ: 17598 ホスト:17682 ブラウザ: 4697
【良い点】
・「相変わらず」のデキだった。今回はやや不条理系ギャグが弱かったので、
初見者にもまだ奨められる???家族全員に「バリってる」と「声優」など、
各種解説する破目に陥る程度には通常運転だったので、人は選ぶと思うが・・・
・挿入歌bansaku neenderの歌その物と声優ガチャネタは秀逸。これまた
相変わらずOP〜ENDまで音楽面には力が入ってる。

【悪い点】
・「相変わらず」のデキだった。以下同文。パロディメインなので、ネタが
判らないとかなりキツい。

【総合評価】
「良い」。従来ポプテが楽しめるなら見て良い。音楽面とオチが「blue」
押しなのが残念だが、ク○アニメだから妥当とも言える(演技がカスなのも妥当)。
良くも悪くも相変わらずの反則と禁じ手が基本なので、パロディが判らないと
厳しいのも事実だが、類似作品が公的には少ない昨今では独自の地位を確保
している。個人的には楽しめたしお奨め。

2019/04/02 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2204(58%) 普通:769(20%) 悪い:856(22%)] / プロバイダ: 44065 ホスト:44101 ブラウザ: 9177
テレビシリーズの地獄が倍の尺になって帰ってきました。
ぶっちゃけて言うと、帰ってくる必要あったのかって感じですが、ところどころ結構面白かったかなという感じです。
同じ内容×4で1時間やるんじゃないかと危惧しましたが、それは現実にならなくてホント良かった。
でもそれはそれとして1時間は長すぎると思わされましたねコレ。

一応、ラストでそれなりの工夫もあったので、評価は「良い」です。
あと、放送局ごとに声優違うのは地味にきつい。

この評価板に投稿する



2019/04/13 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 12391 ホスト:12316 ブラウザ: 10319 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事楽しい/びっくり/考えさせられた 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ