[アニメ]オーバーロードⅢ


おーばーろーど3 / OVER LORD 3
  • 面白い
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数2,904位6,335作品中総合点4 / 偏差値48.10
アニメ平均点1,869位2,835作品中平均点0.33=普通/12評価
2018年アニメ総合点84位249作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.60(とても良い)5
キャラ・設定1.40(良い)5
音楽1.00(良い)5
ストーリー1.00(良い)5
映像0.40(普通)5
面白い60%3人/5人中
熱血20%1人/5人中
悲しい20%1人/5人中
怖い20%1人/5人中
楽しい20%1人/5人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

時は2138年。一大ブームを巻き起こした仮想現実体感型オンラインゲーム《ユグドラシル》はサービス終了を迎えようとしていた。
プレイヤーであるモモンガは仲間と栄華を誇った本拠地ナザリック地下大墳墓で一人静かにその時を待っていた。
しかし、終了時間を過ぎてもログアウトされない異常事態が発生。
NPCたちが意思を持って動き出し、さらにナザリックの外には見たこともない異世界が広がっていた。
原作:丸山くがね(「オーバーロード」/KADOKAWA刊) 
キャラクター原案:so-bin
監督:伊藤尚住
シリーズ構成・脚本:菅原雪絵
日本 開始日:2018/07/10(火) 22:00-22:30 AT-X TV
[開始日詳細]
放送局
放送期間
放送日時
TOKYO MX2018年07月11日 -水曜 00時30分 - 01時00分
MBS2018年07月11日 -水曜 02時30分 - 03時00分
テレビ愛知2018年07月13日 -金曜 02時35分 - 03時05分
BS112018年07月12日 -木曜 00時00分 - 00時30分
公式サイト
1. TVアニメ「オーバーロードⅡ」オフィシャルサイト
Twitter公式
1. オーバーロード/TVアニメ公式 (@over_lord_anime) on Twitter
プロモーションビデオ (4個)
【オーバーロードⅢ】第1話予告「支配者の憂鬱」《ノーマルver.
[もっと見る]
2,3071212
最近の閲覧数
20212456524
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2018/07/13 / 最終変更者:伏魔の剣 / 提案者:伏魔の剣 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/11/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:264(66%) 普通:0(0%) 悪い:137(34%)] / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 8287
原作未読。テレビシリーズ1,2期は視聴済み。

前期での論功行賞と守護者達の休日といった感じでゆるめのスタート。

前半はカルネ村とその周辺、中盤は帝国関連、終盤はそれらすべてを巻き込んでのお話展開。
今期の部分では意外な方向にお話が流れていくといったこともなく、全体的にゆっくり淡々と進んでいく感じで、
大きな盛り上がりは感じなかったが丁寧な造りで楽しめた。

今までと同様に基本的にはサブキャラが物語を動かしていく。
重要度の高低はあるけれど、それに比した時間配分でキャラも描かれているので個性がとてもわかりやすい。
「実はあの時こうしておいた!」みたいな後出しジャンケンや、無駄に回想シーンを挟まないところ、
時間軸をあちらこちら動かさずに順序良くきちんと描いているところなども、テンポのよさになっていると思う。
別々に進行していたように見えた諸所のエピソードも、きちんとラストに繋がっていた。

サブキャラたちが各自の個性に沿って王道的な表現をされているところは今期も健在。
主人公が理不尽な強さで打ち砕くにしても、敵方ヒーローには相応の経緯が描かれているので注視していける。

建国という大イベントを経たわりにあっさりとした展開に思えたが、伏線も多く残されているし興味は尽きない。

【良い点】
サブキャラたちが各々の思惑や考えで動くところの描写が心地良い。
「エンリ」が主人公への恩義を感じて、アイテムを換金する発想をしなかったり王国への抵抗をみせたりするところや、
意外なところで同僚をほめられた「ナーベ」が対人間で若干柔らかく接したりという描写は面白い。
「ガゼフ」が主人公の提案に乗らず、平民出身者であるからこそ王に忠義を尽くして散る選択をするところなどは、
一つのケースとして共感をもってみていけた。

萌え要素としては「ルプスレギナ」cv小松未可子さん。かなりクセのあるキャラでしたが、
トーンを変えた演技などで怖さと可愛らしさを持つ、つかみどころのない個性を見せてくれた。

ポーションの件では主人公自身でなんとかフォローしたりとアドリブもなかなかのもの。

【悪い点】
絶対的支配者としては少々抜けている主人公といった感じのところが面白さを出していると思うのだけれど、
ラストの順風満帆な展開と圧倒的な強さは全く盛り上がらなかった。
PVPといった言い回しも世界観としては正しいのかもしれないが、結果含めて陳腐さを感じた。

没落貴族のワーカーと妹達のエピソード。これも世界観の表現としては正しいし重要ではあったけれど見ていて厳しい。
セバスの拾った娘のように、出来れば残された双子にも何らかの幸があれば良いのだが。

【総合評価】
俺tuee系としては周囲が盛りたてるといったところに爽快感がある。
他作品ではミスやうっかりの部分は、類稀なラッキーや実はこんな能力がありますという主人公補正で済ます部分を、
本作では運要素にも整合性はあるし、絶対的忠誠を持った優秀な配下がミスさえも良い方向に運んでいくといった描写が秀逸。
ですがワーカーのお話やラストでの主人公の強さ表現にはあまり工夫が見られずやや残念。

2019/10/03 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:2(100%)] / プロバイダ: 32317 ホスト:32560 ブラウザ: 8286
【良い点】
特に良い点が思い浮かばない。アニメ化を切望していた読者諸君は失望したに違いない。(正直言ってアニメ化しても原作を表現しきれるとは思っていなかったが)
【悪い点】
マッドハウスとは思えないほどの悪い作画が目立ちました。
3Dアニメーションは使いどころが悪いせいなのか不自然さが悪目立ちしていましたし、同時期の某マッドハウスアニメに比べたらすこぶる悪い。
【総合評価】
オーバーロードは話自体は良い物であるにも拘らず、作画の悪さと緊張感のなさによってその良さを出し切れていないのがとても残念なものになっています。

2019/09/06 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:52(68%) 普通:15(20%) 悪い:9(12%)] / プロバイダ: 34775 ホスト:34770 ブラウザ: 8328
Ⅲだけ見たにわかファンの戯言です
始まった時はマタかって感じたんですけど、人気の理由が解った気します。

【良い点】創造主(神・悪魔?)に抗うNPCのヒューマンドラマ?
・創造主である主人公の全能感(個人的に原作者だと思うが)
・無限の広がり感じる世界観とストーリー
・個性豊かなNPC達
・作画は普通だけどCV、音楽良いと思います

【悪い点】作画にインパクトほしい
・ダークファンタジーにしては地味な作画(視やすいけど)
・好きになれるキャラいない(NPCだもんねー)

【総合評価】本当の主人公はNPC達?
異世界ロードムービーとして設定が素晴らしい。主人公がリアルに戻ろうとしない転生モノは、ウ〇コだと思ってたが、ゲーム世界に創造主として転生する設定は妙に説得力があり、世界観の広がりが素晴らしい。
見かたを変えるとアリの行列邪魔して遊ぶ子供みたいで趣味良くありませんが、主人公をヒーローとして描かないダークファンタジー仕立てですので、NPC達のヒューマンドラマが感慨深く描かれています。Ⅲに入ってもストーリーの間延び無く、広がる物語に期待持てます。
ヒーロー不在ですがワンピース同様に長編の冒険譚として楽しめる作品だと思います。

2019/03/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1622(52%) 普通:810(26%) 悪い:704(22%)] / プロバイダ: 24663 ホスト:24783 ブラウザ: 8629
モモンガさんの大魔王っぷりが如何なく発揮された第三期でした。
これまでもダークヒーローってかんじでしたけど、今回の人族の冒険者を
非情に屠り国を侵攻していく様は、これまで以上に大魔王といえる風体です

場所は一期のカルネ村へと戻り、ようやくあのときの話が活きてくることになりますが
しかし全てを掌の上で躍らせるように、じわじわとクビをしめるかのように世界を掌握
していくというのも考えてみれば趣味が悪いよなぁ

このアニメって良く言えばアインズ軍による"建国戦記"ですけど、冷めた視点からだと
アインズ軍の名前を轟かせるための超大規模な"茶番劇"っていうアニメですからね

ようやく世界征服計画の土台が完成した。と感じられる締めくくりでストーリーが
進展していたし、ジャンルとしては俺Tueeなんですけど、めっちゃ設定を練ってある
完成度の高い俺Tueeなのを評価したい作品です

2018/12/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:354(66%) 普通:141(26%) 悪い:43(8%)] / プロバイダ: 16884 ホスト:16896 ブラウザ: 8247
【良い点】
OP曲は良かった。
多角的な視点を提供したこと。冒険者たちが乗り込んできたときのアインズの怒りは確かにそういう視点で見たらそう見えるわって思った。

【悪い点】
圧倒的力でねじ伏せることに力を置き過ぎて、主人公であるアインズが人間離れしすぎて王国や帝国の謀略とそれを乗り越えていくという感がなかった。チートすぎるのも考えもの。

【総合評価】
2期のどこかコミカルでどこか正義のヒーローぽい内容と打って変わり、本格的に世界侵略に乗り出したアインズたちの話。帝国、カルネ村などの話が絡み、アインズの強大さが終始アピールされる内容だった。

時折コミカルなアインズ様を見せる場面もあるが、それ以上に冷徹無慈悲のキャラが強調され、1期のようなダークヒーローよりもより邪悪な帝王という風を見せている。
要するにレベルが高すぎて少々苦戦するような話が作れなくなってしまったというのが正しいかもしれない。

なので、圧倒的悪を演じぜざるを得ず、そのためにどれだけむごたらしく人を苦しめる話にするかといった話になってしまった。このため、1期、2期と異なり相当人を選ぶ話になっていると思う。
個人的にはワーカーがナザリックに乗り込んできたときのアインズの、屋敷に乗り込んできた泥棒が丁寧に謝ったからといって許す人間がいるのか?という問いは、そういえばそうだなと考えた。彼らワーカーは財宝を狙い、そしてアインズの従者の兵たちを場合によっては倒すことも平然とする。そういう視点で見れば、強盗であり、襲撃にあっているようなものでアインズの怒りもごもっともと思った。

2018/12/12 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:268(67%) 普通:37(9%) 悪い:97(24%)] / プロバイダ: 6659 ホスト:6258 ブラウザ: 8317
【良い点】
カルネ村と関係者の人達の再登場

フォーサイト
1チーム(というよりは約1名)を除いたワーカーの人達は嫌いじゃない。その中でフォーサイトの人達は好感度を見せてた。ただし好感度があった分、最後のことに関しては正直嫌だった。

声優さん

「Silent Solitude」

【悪い点】
ツッコミは入れたけど二期は解っていても話の流れを上手く作れている。三期は説明不足、いきなりすっ飛ばしたかのように次に進んでいるとこがあって他のシリーズみたいにやろうとしたことの内容が解らなかった。

【総合評価】
二期は本当に見応えと面白味があってかなり楽しむことが出来て、見終わった後に三期もやると知った時は嬉しかった。ただ、カルネ村の話は面白かったんだけど三期は二期みたいに面白いと思えるとこが少ない。

2018/11/15 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:431(48%) 普通:310(34%) 悪い:165(18%)] / プロバイダ: 48741 ホスト:48801 ブラウザ: 8318
【良い点】
・人間キャラクター:前期と変わらず作中の強さのピラミッドでは下層でしかないであろう人間にもスポットを当てている事、アインズ陣営がもとは人間だったアインズ以外はほぼ完成されている分、専ら成長要素の担当にもなっている模様、と言うか単純に人間サイドのエピソードの方が単純に見ていて楽しい

【悪い点】
・ワンパターン:まだ耐えられない程では無いが徐々にワンパターンに陥りつつある、「俺ツエー」系の要素もそろそろ苦しいが、デミウルゴスが深読みして勝手にアインズの野望を作り上げ、アインズ自身が後追いで辻褄合わせると言うのはそろそろ食傷気味

【総合評価】
原作未読、アニメは全て視聴済み
単純な戦闘力は言うに及ばず、知謀や策略面でもほぼアインズやデミウルゴスの狙い通りになる予定調和で苦戦らしい苦戦が無い
そろそろアインズ陣営を苦しめる存在や勢力・組織でも出てきて欲しい所ではあるのだが
アインズもいつまでもデミウルゴス便りではなく、デミウルゴスが思い込んでいるアインズそのものとしてデミウルゴスの献策の粗を突き自ら更なる良策を練り上げ達成する位はしてほしい
もっともそんなことをしたら俺ツエー要素がさらに増してしまうのだが

操作ミスかコメント扱いになっていたので改めて投稿

2018/10/21 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:143(74%) 普通:32(17%) 悪い:18(9%)] / プロバイダ: 12715 ホスト:12711 ブラウザ: 4721
【良い点】
・作画は終始安定していました。
・キャラはさらに多くなりましたが設定はしっかりしている。
・OPとEDは毎回良いです。
・他者を寄せ付けない絶対的な力を持って物事を攻略していくスタイルは意外と珍しい設定かと。
・色々なキャラの視点や考えの描写は物語をストーリーを広げている様に感じる。

【悪い点】
・当初の目的が既に失われている、というか一体何を目指しているのか。
・国を作る際に帝国との関係を気づく為の口実として、ワーカーチームがナザリックに潜入する回ではワーカーチーム側をもう少し全滅していもいい様なキャラ設定にしておいて欲しかった。さすがにあれは酷いと思った。

【総合評価】

原作等は未読、1期2期も見ています。

結局3期も視聴しました。
原作等はまったく見ていませんが、このアニメ作品が乱立する時代に3期まで続くというのは人気がある証拠なのでしょうが、やっぱりどうして目的というか目標が見えてこないのです。
当初のゲームに閉じ込められてという設定から、ゲームから抜け出す事を考えず別のプレーヤーを探すために自分の名前を世界に知らしめるという目的は継続しているとはいえ既に失われている様な描写です。
話自体は面白いのですが、これでは最初から異世界でのダークファンタジーとして制作された方が変な先入観を持たずに見れたのかなと1期の頃からずっと思い続けているのは私だけなのでしょうか。

ただこんな作品でも良いと思うところは、多種にわたるキャラ目線で語られる物語を繋ぎ合わせる演出。
もちろん全体的にストーリーに絡むものですが、中には登場から数話で死んでしまうキャラ目線での描写も多くあり、よくある主人公側と敵側の目線だけではなく一般市民や咬ませ犬的な存在のキャラ目線のストーリーを出す事により、物語に厚みを持たせているのは素晴らしく思います。
ただ、これは原作でもそうなのか、アニメ制作側の機転なのかは原作未読の自分としてはわかりませんが、あの登場人物の多さも含めて評価に値します。

あと、ギャグ部分ですが恐らくアインズの心の声というか自分でのボケと突っ込みはありますが、そこまで面白いとは思えません。笑いのツボは千差万別ですが特筆する様なものには感じません。

続編4期があるのか不明ですが、昨今の作品でも4期以上継続があるのは稀です。
1期の人気次第で2期が作られますが、大体は2期止まりがほとんどの昨今で3期継続は喜ばしい事でありますが、
今回の3期で次につなげられる人気を獲得できたのかは不明ですね。

1期、2期ともに評価は普通でした。
3期継続したという少し甘めの加点をしたいところですがやはり「普通」かなと。

2018/09/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:138(77%) 普通:34(19%) 悪い:7(4%)] / プロバイダ: 30839 ホスト:30935 ブラウザ: 8949
【悪い点】
・前期までのシリーズで表現されていた笑いの要素が欠如している。これにより薄味になり、特徴がなくなってきた。

・シリーズ通して、ある程度アレンジされている作品のようだが、三期目ということで気が抜けたのか、ここは維持しておかないとという特徴、本作ならではの良さを組み込むことを忘れたアレンジになっているのが残念。あきらかに魅力が失速してしまった。

・良い点がなくなってきた分、それ以外の要素のつまらなさが表に出始めている。アインズの毎回同じパターンでのリアクション、主人公勢中心に盛り上がっていたシナリオから第三勢力の連合化に焦点がぶれはじめたシナリオ(人間の国らが人類の存亡をかけて一致団結しはじめるという陳腐なシナリオを見せられることはファンの想定外である)、などなど。

【良い点】
基本エンタメとしては普通に楽しめる。

【総合評価】
良いで。

2018/09/14 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 16793 ホスト:16956 ブラウザ: 10153
【良い点】
キャラデザイン自体は結構好きです。
特に女キャラはなかなかかわいい。
個々のキャラクターの背景の話はベタながらそこそこ充実していて楽しく見れます。
ギャグパート部分はテンポよく面白いです。

【悪い点】
ともかくアインズ本人にナザリックの支配者として、物語の主人公としての資質が無い。
意思の強さ、人格的な一貫性、行動の動機、そういったものが全く感じられない。
アインズ本人の人格はどちらかと言えば、よく言えば常識人、悪く言えば小心者という風で視聴者に共感を持って貰いたいというような物に見える。
一方で話の展開の為か悪辣な行為を平気で行っていくため、致命的に共感を覚えにくく、どころか半端に一般人的な人格面をこれまで押し出してきたせいか行動と人格に著しい乖離が生じているようにさえ感じられる。
ようは場面場面で別の人格になっているのでは?とまで感じさせる描写となっている。
悪を魅力的にするには哲学が必要だ。
例えば幻想水滸伝のルカブライトは不退転の意思を持って悪を為しているし、今際の際となってもその自分の悪を誇って死んでいく。
それはある種の爽快感すら感じさせ、邪悪な存在であっても尊敬出来る男らしさのような物がある。
それが欠けているアインズの悪行はごっこ遊びにしか見えず、話のインパクトだけあればいいという雑さとしか感じられない。

【総合評価】
一期、二期に比べて最悪です。
以前まではアインズという主人公に、不釣り合いな役職に就かされた凡人の悲哀のようなものがあったのでそういう観点から楽しむ事も出来たが、今回はそれが難しいです。
アインズの部下たちはアインズの、そしてナザリックの為に力を尽くすという一貫した意思や制作者の個性が表れた性格や容姿の為に魅力がありますが、肝心のアインズウールゴウンことモモンガに中身が無いためその忠誠心が滑稽なものに映るようになってしまっています。
もしかしたら原作の小説ではアインズの人間性が徐々にすり減っているとかそういった説明があるのかもしれませんが、アニメではそれが無いので唐突に大それた悪行をしたかと思ったらアホみたいな事で悩み始める気持ち悪い存在でしかありません。

2018/09/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 9721 ホスト:9646 ブラウザ: 8279
【良い点】
弱いものが勝ち上がるような成り上がり系ではなく、絶対的強者が蹂躙していくお話なのに、視点が主人公ではなくていろんな立場の人たちからのものなので、視点の違いが面白い。1回目から徐々に面白くなっていって、後半にばてない。

【悪い点】
小説2巻分をアニメ化しているので、原作を読んでいると省略されているところがいい場面だったりするので2クール連続だったらなと思える。オーバーロード1から見ていないと登場人物についてわかりにくいかも。

【総合評価】
面白くて、1からもう一度見たくなる。アニメみてから原作も知りたくなって全巻大人買いしてしまったほど。最近あふれている異世界ものの中では頭ひとつ抜きでている。

[推薦数:4] 2018/08/10 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:781(41%) 普通:454(24%) 悪い:655(35%)] / プロバイダ: 21126 ホスト:21210 ブラウザ: 4693
【良い点】
・作画は前作よりやや向上した印象。
・好みの差はあれど、OPEDは変わらず標準以上。

【悪い点】
・従来から臭ってた自作自演、自己満ぶり、やってることは小物、やたらな主人公
マンセーの感が、さらに強烈に。
・風呂階層守護者の件、リザードマンが追加復活してる件、VS東の巨人〜カルネ村襲撃
までの流れ、など説明不要とばかりに詳細を飛ばして展開する強引なトリミングが
目立つ。

【総合評価】
「悪い」。やはり自分には合わない作品であり、3期でさらに色々とボロが出た印象。
ワールドアイテムの影におびえて、せせこましい自演自作騒動でチマチマと影響力を
増大させる主人公。しかも、ワールドアイテム系の真の敵はまだまだ現れず、いまだ
相手は格下小物ばかり。主人公の小物さが強調されてしまう結果に。今期ストーリーの
大半はカルネ村と日常系?といった風情で物語は大して動かず。しかもメインとなるはず?
のカルネ村の襲撃、戦闘も自作自演の一端(ちゃんと説明してたか?トロールとかいきなり
現れてガチ襲撃なの?そうじゃないの?と混乱した。風呂階層も含めて、今期は原作既読
にしか判らない「やらかし」が多いのでは?)。それを事情を知らないンフィーが「男として
別格」とか主人公をべた褒めしてしまうんで、もう「作者と主人公」の小物っぷりに
呆れるしか。前期、モモンガとヤルダバオト(デミウルゴス)の褒め殺し合戦の小物ぶりにも
辟易したが、結局オーバーロードはこういう作品なんだろう。また、根本的な問題として
主人公の設定が最強すぎて、本気出すと全部無双解決になってしまいドラマが転がせない。
それを、カルネ村とかセバスとかリザードマンとか、脇キャラで尺稼ぎに終始する・・・
という「バキ現象」が進行。全然ストーリーは動かず、ひたすら主人公マンセーが乱舞
する幼稚さが、今期ではさらに顕になってしまった。ナザリックに招待したネムに自宅を
見せびらかすシーンは声の芝居が軽いこともあって、幼児に余裕で大人の対応をする主人公、
というイメージではなく、幼児にオモチャを褒められて大人気無くはしゃぐ小物、という
悪い印象がさらに強くなった。一期からあまり楽しめないものの、ずいぶん我慢して
付き合ったが、オーバーロードも見切り時かなぁ・・・

※あ、冒険者パーティーが弄られるのは良かった。これもやり過ぎると飽き飽きなんだろうが、
コッチをメインにうまく転がせないものか、と思ってしまう。
[共感]
2018/09/14 私もアインズがともかく小物臭い(というか物語を展開させるためのマネキン?)に感じられます by もさま

この評価板に投稿する



2019/11/30 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 8287 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事面白い 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 2018年夏アニメ一言感想 by しゃくじい
... 小中高の淡いラブストーリー。 シュタインズ・ゲート ゼロ - 本編で選択されなかったストーリー。後半から盛り上がり方がハンパない。 音楽少女 - 登場人物多すぎておぼえきれなかった。全員セルフビンタ祭りなど最終回は伝説に・・・ バトル・アクション枠 プラネット・ウィズ - ものすごく濃い内容を良く1クールに詰め込めた。ただロボのインパクトが弱い。 オーバーロード - 悪 ...
記事日時:2018/10/13

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ