[アニメ]ワンパンマン (ONE PUNCH MAN)


ONE PUNCH MAN
  • 面白い
  • 格好良い
  • びっくり
  • 楽しい
  • 熱血
  • 可笑しく笑える
  • 友情
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:ワンパンマン
アニメ総合点=平均点x評価数414位5,568作品中総合点72 / 偏差値58.50
アニメ平均点168位2,667作品中平均点1.89=とても良い/38評価
2015年アニメ総合点3位245作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.32(とても良い)28
キャラ・設定1.82(とても良い)28
ストーリー1.68(とても良い)28
音楽1.57(とても良い)28
声優・俳優1.57(とても良い)28
面白い71%20人/28人中
格好良い68%19人/28人中
びっくり57%16人/28人中
楽しい57%16人/28人中
熱血54%15人/28人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

趣味でヒーローを始めた男、サイタマ。
彼は3年間の特訓により無敵のパワーを手に入れた。

だが、あまりに強くなりすぎてしまったゆえに、どんな強敵が相手でもワンパンチで決着がついてしまう。
<スタッフ>
原作:ONE村田雄介
監督:夏目真悟
シリーズ構成:鈴木智尋
日本 開始日:2015/10/05(月) 01:05-01:35 テレビ東京 TV / 終了日:2015/12/21
[開始日詳細]
放送局
放送期間
放送日時
テレビ東京2015年10月04日 - 12月20日日曜 25時05分 - 25時35分
ニコニコ生放送2015年10月04日 - 12月20日日曜 25時05分 - 25時35分
テレビ大阪2015年10月05日 - 12月21日月曜 25時05分 - 25時35分
TVQ九州放送2015年10月05日 - 12月21日月曜 26時00分 - 26時30分
京都放送2015年10月06日 - 12月22日火曜 24時00分 - 24時30分
BSジャパン2015年10月06日 - 12月22日火曜 24時58分 - 25時28分
公式サイト
1. TVアニメ「ワンパンマン」公式サイト
Twitter公式
1. TVアニメ「ワンパンマン」公式 (@opm_anime)さんはTwitterを利用
オープニング動画 (1個)
THE HERO !! ~怒れる拳に火をつけろ~THE HERO !! ~怒れる拳に火をつけろ~
歌:JAM Project 詞:影山ヒロノブ 作曲:影山ヒロノブ 編曲:宮崎誠 [ファン登録]
[もっと見る]
12,0084138
最近の閲覧数
511167226316238
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/11/14 / 最終変更者:サンシースー / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/01/04 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:207(75%) 普通:41(15%) 悪い:27(10%)] / プロバイダ: 1830 ホスト:1884 ブラウザ: 5171
【良い点】サイタマが,自然体なのがよい。ヒーロー=強くたくましく,品行方正,正義感,悩みなし,かっこよい,なんてのは飽きた。エヴバンゲリオンのシンジとは,似て非なるものの,自然体での,ヒーローがいても良い。庶民的であるし。

【悪い点】ヒーローの実力をひけらかさないのは,ちょっとじれったい。上と矛盾するが。

【総合評価】
あるサイトで,誰が作ったのか「ワンパンマン対悟空」のOVAがあった。孫悟空の向上心・生真面目さは評価するが,一世代前のヒーロー像の典型だと思う。ワンパンマンの余裕は,強さに対比して面白おかしい。半分はギャグアニメとして評価する。二期が楽しみ。

2016/11/30 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:62(55%) 普通:14(12%) 悪い:37(33%)] / プロバイダ: 4080 ホスト:4018 ブラウザ: 5213
『アンパンマン』にそっくりなキャラがいるという事で、ネタとしてみてみたけど、案外、悪くはない作品ではありました。

本作は、アンパンマンのパロディキャラであるサイタマを始めとするヒーロー達が敵を相手に壮絶なバトルを繰り広げるヒーローアニメで、元となった原作が青年誌での連載な上、放送時間が深夜であることから、ハードな内容で、決して子供向けではないヒーローアニメであるが、
そのおかげか、原作の面白さが失われてないし、何より、サイタマを出した事により面白さが生まれているし、戦闘シーンの作画も気合が入っており、それなりに見ごたえのある作品に仕上がっていると言えます。

主人公のサイタマは、一見、それ程強そうには見えない外見をしてながら、実際は最強と言われるヒーローで、
サイタマの必殺技が一撃パンチと、割とシンプルな技で、必殺技が一撃のパンチであるという点では『アンパンマン』と同様であるが、でも、本作の場合、作画の高さも相まってか、それがより印象的なものになっているし、
たった一撃のパンチで敵を倒す事から、サイタマの最強設定にも説得力が増しているし、他のヒーロー達も曲者揃いと、
サイタマが登場するシーン以外にも、見どころがあると言えます。

作中に出てきた敵であるワクチンマンは、いわば、『アンパンマン』のばいきんまんをリアルにした感じで、この点では『アンパンマン』のオマージュという感があるし、
サイタマVSワクチンマンとの戦闘シーンは、『アンパンマン』をリアルにするとこうなるという具合てあったし、そして何より、ワクチンマンの役を担当したのが、本家のばいきんまんや、『ドラゴンボールZ』のフリーザ役を演じた中尾隆聖氏であるというのも、一種のファンサービスであるし、
中尾隆聖氏による演技によってワクチンマンがより印象深いキャラになっているし、他の敵達も負けず劣らずの曲者揃いでありました。

本作はハードな内容であるけど、戦闘シーンに見ごたえはあり、キャラにも独特の面白さがあり、近年の深夜アニメの中では良作と言える内容であるのは間違いない。

2016/11/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(38%) 普通:0(0%) 悪い:10(62%)] / プロバイダ: 30266 ホスト:30418 ブラウザ: 9135
今作を見るまでは単なるギャグアニメかと思っていたが、予想以上に楽しめた作品です。
【良い点】
・主題歌。かなりアツい曲です。さすがJamproject。
・サイタマ(主人公)なかなか面白いキャラです。ヒーローらしくない部分があってよいと思う。
・サイタマの私服。ある意味センスあるかも。
・多彩なヒーローたち。
・個性豊かな怪人たち。
【悪い点】
・サイタマが最強故に(タイトル通りワンパンチで敵を倒す)緊迫感が無い。
・タツマキの声が終始、妖〇ウォッチの未空イナホにしか聞こえなかった。(中の人が同じ故だが)
【総合評価】
そこそこ楽しめた作品でした。
続編があれば是非見てみたいです。

2016/11/13 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(43%) 普通:3(21%) 悪い:5(36%)] / プロバイダ: 51242 ホスト:51288 ブラウザ: 5171
自分はコミックスを店頭で見かけたものの見向きもせずでしたが、
その後アニメを観て衝撃のあまり原作と2次原作を一気に読んだ人です。

【良い点】
原作(どちらかというと村田版か)にけっこう忠実に進行。
各部の演出にも製作者の原作へのリスペクトらしきものを感じさせる。角度とか。

【悪い点】
フブキが出なかっ
いえ、なんでもないです。

OPもEDもいい歌です。 OPの歌はロングバージョンよりTVサイズのほうが冗長さが無くて好み。
原作の大きな節目であるところのボロス編までをとてもうまくまとめたと思う。
確かに若干駆け足になってしまった部分も無くもないですが、スピード感は大事だと思うのです。
でもおかげでフブキが出なかっ いえ、なんでもないです。 出したかったでしょうに。 英断です。
無免との関わりが若干盛られて、おでん屋のエピソードが原作よりちょっと深くなってていい感じだったなあ。
タンクトップ兄弟やらシェルターのブ男はいやになるくらい原作のまんまで出てきて苦笑いしてしまった。

【総合評価】
とても良い に一票。

第二期決定だそうですけど、それって村田版ではまだ途中のガロウ編…?
蛇足にならなきゃいいなあ…ここで1期を褒めた私を不安にさせる要素は…

2016/11/10 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 17611 ホスト:17723 ブラウザ: 7460
【良い点】
豪華声優陣
作画
アクション
演出
音楽
個性豊かなヒーロー達
etc

【悪い点】
サイタマを叩くZ市の住民とタンクトップ兄弟

【総合評価】
ドラゴンボールやアベンジャーズみたいに分かりやすく熱い友情とヒーローバトルでハマる。
一見ギャグアニメっぽく見えるが強くなり過ぎたサイタマがどのように成長していくのかを描いていて意外とシリアスだったりする。
弟子のジェノス、戦慄のタツマキ、童帝、アトミック侍、ぷりぷりプリズナー、ゾンビマンをはじめとしたS級ヒーロー、音速のソニック、無免ライダー等のその他のヒーローも皆それぞれの能力やユニークで外見をしていて良い。
演出もグレンラガンをを見ている様で熱く、BGMも臨場感溢れていて秀逸。
OPEDも作品に合ってて名曲。特にEDはジェノスから見たサイタマの姿を描いていて感動。
二期が決まったので期待。

2016/07/31 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:10(33%) 普通:8(27%) 悪い:12(40%)] / プロバイダ: 11546 ホスト:11548 ブラウザ: 5149
【良い点】
よく動く~

【総合評価】
よく動く!凄い! を超えるストーリーがなかった。

2016/07/24 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:410(53%) 普通:173(22%) 悪い:191(25%)] / プロバイダ: 40353 ホスト:40455 ブラウザ: 5171
かの人気WEB漫画・ワンパンマンのアニメ化作品。ここではダークマター編までを映像化。

圧倒的画力が魅力の漫画を完全映像化するには、製作会社が精魂込めて作り上げたハイクオリティアニメーションが必須となる。
このアニメは、その要求に完璧に応えてくれた。劇場アニメクラスのダイナミックなアクションと、緻密な作画を高いレベルで維持出来たのは大きい。
1枚1枚線が太く、身体的特徴がしっかり描かれた凄味が生み出す説得力は、このアニメを傑作足らしめている。
それに見合った、ロックなBGMも作風にマッチしている。

本作では、随所に導入されるパロディも特徴。
ワクチンマンの声に始まり、阿修羅カブトの体色、ぷりぷりプリズナーの変身と色々ある。
勿論ギャグ一辺倒ではなく、強くなり過ぎた者故の設定を見せるツカミの脚本も秀逸。ジェノスがいきなりS級になれた理由をアマイマスクの出番増とともに説明できていたのはいい仕事してる。
バトル物において軽視されがちな登場人物の生活感ある日常や、過去のバトルの影響を忘れることなく描いているのも全体に配慮が行き届いている証拠。

全体的に無免ライダーとタツマキが優遇されている印象がある。ドストレートな善人と女っ気の補充には必要か。
ついで出番が増えたと言えばスティンガー、イナズマックスあたりか。

ただ、フブキやキングらの出番が少ないのは仕方ないか。村田版でまともな戦闘シーンを描かれていないS級ヒーローもまだまだいるし。
だからさスネックさん、君は出られただけマシな方ですよ?

似たような境遇のボロス様に、全力全壊で満足させたサイタマ。その瞳に映るものは、並び立つ者の無さ故の空しさか・・・。
今日もまた、人類の脅威をワンパン撃破するのであった。

【総合評価】
近年のアニメとしてはかなりの良作。もしストック溜まったら、その時は2期を所望したい。

2016/07/18 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:197(60%) 普通:40(12%) 悪い:91(28%)] / プロバイダ: 45569 ホスト:45398 ブラウザ: 10268
【良い点】
・OPテーマ。
勢いがあって力強く、作品の世界観を守っているのが好印象です。
・キャラクター。
正統派から個性派まで様々なヒーローがいて、見ていてとても面白いですね。その中で特に際立っているのが主人公のサイタマでしょう。どんな敵もワンパンで倒せてしまう強さはもちろん、メンタルの強さや器のでかさもまた、彼の魅力。
・テンポ。
比較的淡々と進んでいくので、終始だれる事なくまとめられていました。
・作画。
バトルシーンでは雑になる事もありますが、中々迫力があって綺麗でした。
【悪い点】
・緊張感の無さ。
主人公の特性上しょうがないのですが、ほぼワンパンでバトルが終了するのであまり緊張感はありません。
【一言】
“ヒーロー"はどんな存在であるべきかを考えさせてくれる作品でした。2期の制作を期待しています。
【総合評価】
とても良い。

2016/07/04 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(56%) 普通:1(11%) 悪い:3(33%)] / プロバイダ: 44658 ホスト:44515 ブラウザ: 9828
【良い点】
戦闘シーンの作画、サイタマの脱力感、なおかつ最強のヒーローであること。
6話で昆布怪人を料理の出汁に使った(笑)など
【悪い点】
サブキャラの掘り下げ、二期に期待したい

【総合評価】
シンプルに楽しめた。設定は難しくないので、ある程度小さいお子さまでも楽しめる。ただし、やや残酷描写あり。
早く二期を見たい。

2016/06/26 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:273(36%) 普通:254(34%) 悪い:229(30%)] / プロバイダ: 12213 ホスト:12128 ブラウザ: 9933
【良い点】
主人公のヒーロー理念
無免ライダーの弱いなりの格好良さ

【悪い点】
設定上仕方ないとはいえ、主人公の敗けの心配が微塵もないのでハラハラ感がないこと

【総合評価】
夕方や土日朝にやってもいいんじゃないかと思える健全なアニメ。特撮好きの子供なんかにも合いそう

2016/06/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:31(51%) 普通:4(7%) 悪い:26(43%)] / プロバイダ: 3383 ホスト:3600 ブラウザ: 4721
【総合評価】
観てて損は有りませんでした。 気合の入ったOPと作画が凄く良かったです。
主人公のサイタマは、どんな強敵でもたった一撃で倒す程強いヒーローだが、
規則正しい食生活と普通にトレーニングしただけで、あんなに強くなったのが不思議な位です。
強過ぎるのもどうかと考ものですね。

2016/05/31 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:102(98%) 普通:2(2%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 34178 ホスト:34117 ブラウザ: 5213
【良い点】
・内容はハヤメチャだけど作画はものすごく力が入っているところ
・サイタマのブレないスタンス だから周囲からの評価は二の次にされている
・本当に強い悪役の怪人たち それを一撃で倒してしまうのがサイタマ・・・
・ヒーローランキングの基準はちゃんとしているところ(サイタマを除く)
・OP主題歌 ED主題歌

【悪い点】
・すごく強いのに毎度壊されるジェノス
真面目で正義感がある故に損な役回りが多い
・街への甚大な被害が出る戦闘
まあヒーローの責任じゃないけど
大規模かつ広範囲な被害で死者も恐らく出ている

【総合評価】
こう書くと怒られそうですが、
お話の内容と流れ的には、力の入った作画は必要がないと思います。基本的にはギャグですから。
そこを敢えて大真面目にバトルシーンを派手に描き、
悪の組織や怪人、ヒーローの悲哀もちゃんと見せていました。
おそらく、仕事として作ったというより、
この作品をアニメとして作りたかったという情熱でそうなったのかなと思います。

身も蓋もない言い方をすると、サイタマが出てくるとワンパンで終わってしまうので、
それまでの過程をどう見せるかがポイントになりますが、
そこで手抜き一切なしの姿勢を示したことがこの作品の面白さを支えていると思います。

ヒーローがいて悪の怪人がいて、ヒーローが怪人を倒すという典型的な勧善懲悪の形ですが、
サイタマをはじめヒーローたちの独特なキャラのおかげか、そんな感じがあまりないのが不思議なところです。
多分そういうお話だったらジェノスが主人公になるんだろうと思いますが・・・

懐かしいフォーマットを敢えて高密度な作画で表現してみせた点と、
何より単純に観ていて面白かったので、評価は最高にします。

2016/05/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1948(57%) 普通:679(20%) 悪い:772(23%)] / プロバイダ: 44336 ホスト:44389 ブラウザ: 9081
散々「強さ」を演出した怪物をパンチ一発で片づけてしまう新生ヒーロー誕生、というのが今作のコンセプト。
元々はWEB漫画から始まった作品ですが、まさかこれだけの豪華な漫画となってアニメとして世に出されるとは作者も思わなかったのでは?(笑)
なんだかんだと、この頃は「ヒーロー協会」とかが存在して、「ランク性」のヒーローとかが出てくる「職業ヒーローもの」な世界観のアニメが爆発的に増加しているように思いますが、本作がWEBで掲載された当時は今ほどコレばっかりってわけでもなかったし、ある意味先見の明は高いのかな¨?

まあ、今作の場合、語るべき点は何より主人公・サイタマです。脇役等も魅力的ですが、今作の魅力を確立しているのはやはりサイタマの特殊な設定でしょう。
あれだけの力を得た理由とかはこれといって掘り下げるわけでもなく、本人はただ呑気に生活しているだけなのに「強い」。過去にトレーニングをした事はあるけど、これが「確かにきついけどここまで強くなるほどきついわけではない」という塩梅なのがまた面白い。要するに、作中世界の不条理そのものなんですよね。
彼の場合、強いというよりは、「負けない」が正しいかもしれません。
攻撃力・防御力・速度といい何もかもが強いんですが、あんまり戦闘の上で駆け引きはなくて、ひたすらにハイスピードでボコり合うドラゴンボール的バトルをし続けるだけという事もありますしね…。とにかくそういう意味で、一般に「強い」と思えるキャラとは一線を画していた感じがします。
それで、キャラクター的には、「強い」だけではなく、「弱い」を知っているのがポイント。
彼は元々は就活中の無職というだけあって、圧倒的に弱い立場の人間だったので、結構人間の心の弱さとかも理解しながら生きている。そういう事もあって、時には誰かの立場に立ってやさしさを見せるんですよね。
場合によっては誰かの為に汚名さえ被り、それを「気にしない」という性格面でのおおらかさとかも見ていて好感が持ちやすい漢という感じでした。

あとは今作で特徴的なのは、「メタなネタを作中人物が言わない」という点ですよね。
一応はジャンルとしては「ギャグ」の筈なんですが、それにありがちなメタなネタは今作にはほぼありませんでした。とにかく作中世界はギャグでも壊さないし、全てが閉じた世界の中で行われる。
しかし、作品自体はかなりメタフィクションじみてもいるというか、要するに「あらゆる既存の作品の文法を壊していく」というところに面白味がある内容だったりもする。
要するに、全ての「あるあるネタ」は視聴者のこれまでのアニメ漫画等の視聴経験に依存しており、それを引き出させて笑わせる役割が大きい作品だったんですよね。

作画は村田雄介の原作からして凄かったんですが、アニメも相変わらず凄かったですね。
30分のテレビアニメとしては毎回それなりに高いクオリティのものが見られて、絵が原作からほぼ崩れる事がなかったのは驚きでした。
まあ一応深夜枠という事で若干グロテスクに怪獣が内臓とかをまき散らすシーンとかもあって、そこもかなりリアルというのはちょっとアレですが…(笑)
とはいえ、悪趣味って言えるレベルではないのは、人間が殺されるシーンとかはあまりなくて、あくまで悪を滅する意味で派手に倒されるからでしょうね。
あとは声優とかも結構合っていて、作品の「間」を再現するのに一役買っていたかと思います。

音楽面では、エンディングの「ありそう」感は絶妙でしたね。
かなり良い歌なんですが、本編の内容がギャグなだけにギャップに笑えてしまいます。これは絶妙に「確かに熱い本編が終わった後にその週の終わりに流れそう」な感じを突いてきて面白かったです。しかも歌の歌詞自体は本編と合っているのも(笑)
対して、オープニングは単に勢いだけあって、歌の内容は酷すぎる。というかJAM Projectはもうマンネリだし、「ありそう」とさえ思えない露骨すぎる感じが微妙なんですよね。「ああっ……ああっ……ああっ……ああーッァォ!!」みたいな叫びはうーん…。
最終回エンディングに関しては、「劇場版が公開して何週目かの予告で流れてそう」な劇場版エンディング曲みたいな雰囲気があって良かったです(笑)

評価は「とても良い」。
やっぱり漫画自体が面白かったのと、「原作」→「作画担当を変えて商業向けコミカライズ」の段階でも原作をよく見ていた感じがあったのがあって、期待してたんですが、見事に期待通りの出来でした。
ジョジョとかもそうですが、やっぱり原作自体が愛されていて余計な手を加えがたい魅力のある作品みたいなのもあるんでしょうね…。

[推薦数:1] 2016/05/23 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:86(65%) 普通:0(0%) 悪い:46(35%)] / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 7904
原作未読、強いヒーローのお話
タイトルと主人公だけ見て何かのパロかギャグアニメかなと思い込んで視聴
ところがところが・・・とても見ごたえのあるまじめな作品でした

【良い点】
物語と登場人物たち、設定の単純明快さ
作品全体にちょっと懐かしさを感じる雰囲気がありますね
圧倒的に強い主人公「サイタマ」ですが、不器用であったり意地っ張りだったり結構打算的だったりと
およそ無敵のヒーローらしからぬ人間らしさも持ち合わせているのも面白い
形式ばったものではなく、にじみ出るかっこよさにつながってます
他のキャラクターたちも魅力的で、主人公をただ引き立てるだけの役回りではなく
対照的な「無免ライダー」もまた別のヒーロー像を演出してますし
「ジェノス」は直接的にも間接的にも互いの魅力を引き出してますね

主人公が登場するまでの状況を丁寧に描いていて、作画のすごさと合わさって
その一撃を繰り出すシーンは期待通りに盛り上がります
平素はゆる顔の主人公がシャープな顔つきに変化するところも、かなりテンション上がります

ストーリーも、登場してきたキャラ達を取り込んでガンガン先へ先へと動かしていき
中だるみもなく、常にその先の展開を楽しみにさせてくれました

EDは少し切ない懐かしい雰囲気の良曲で、今回もおわったなーとしみじみとさせてくれます

【悪い点】
最終回もきれいに終わりましたが、1クールで終わりとは残念、続きが気になります

【総合評価】
どの場面で来てどんな風にぶっ飛ばすのか、子供のころの記憶にあるヒーローへの期待はこんな感じでした
昨今では複雑な設定のヒーローが多いですが(もちろんそれも魅力)、シンプルなのも逆に新鮮に思えて良いですね

2016/03/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:409(55%) 普通:196(26%) 悪い:144(19%)] / プロバイダ: 4445 ホスト:4324 ブラウザ: 7874
【良い点】
・アクションシーンの作画が圧倒的に良い
・ストーリーや設定は良いとは言えないまでも、それなりに考えられている

【悪い点】
・ギャグが寒くてあんまり笑えない
・S級ヒーローの一部が全然活躍していない。続編があるのかもしれないが

【総合評価】
ストーリーは抜きにしても作画がとても良いという評判なので視聴したが、確かにアクションシーンは期待以上に楽しめた。
『NARUTO』の神回や『キルラキル』並み、あるいはそれ以上の出来だったと思う。

どんなに強い敵もワンパンでやっつけてしまうサイタマというヒーローの設定も面白い。この設定だとストーリーが一辺倒になってしまいがち
だが、どんどん敵のスケールを大げさにして、前振りを長くすることで、今度はだいじょうぶなのかというスリルがあり、最後までだれること
がなかった。ストーリーはそれほど良いとは言えないが、演出面でカバーすることが出来ていたと思う。

ギャグシーンの完成度はあまり高いとは言えず、クスリとくるシーンもほとんどなかった。どこかで見たようなネタが多かったように感じる。
ただ、作画は本当に力が入っていて、テレビ版なのがもったいないぐらいなので、それだけでも視聴の価値がある作品と言える。

もっと読む

「とにかく本作に付いては1にも2にもアクションシーンの作画が超抜で、アクションシーンの作画を見るだけでも...」 by 竜巻回転


次のページを読む

この評価板に投稿する



2017/02/12 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 6663 ホスト:6522 ブラウザ: 9981 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/熱血/友情/楽しい/面白い/格好良い/びっくり/考えさせられた/勉強になった/勇気貰った 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 同じ共演者が3人以上いるアニメ レガリア/2016年10月期(1) by ウクレレ
... ・クロッゾ__ヒタチ・千草__―__―__アスフィ・アル・アンドロメダ__アーニャ 3月のライオン__高橋勇介__島田開__神宮寺崇徳__松本一砂__川本あかり__花岡__棋士 ブラック・ブレット__片桐玉樹__薙沢彰磨__我堂長政__保脇卓人__盲目の少女__―__― ワンパンマン__イアイアン_ ...
記事日時:2017/02/05 [表示省略記事有(読む)]
2. 本日は森川智之さんのお誕生日です。 by S・N
... ね。 置鮎龍太郎さんとの共演が多く、ジャンプ系作品の常連声優ですが、「ONE PIECE」や「BLEACH」など 登場人物の多い作品では複数の兼役を演じており、何れも同じ人が演じてるとは思えないほど タイプの異なるキャラクターの演じ分けが見事と感じました。 最近の作品では「北斗の拳 イチゴ味」のシン、「ワンパンマン」のボロス ...
記事日時:2017/01/26 [表示省略記事有(読む)]
3. 2017年冬アニメチェキ勝ったなガハハ! by エスパー
... 「秋葉原で吸血鬼脱がして殺す」というお約束のコンセプトさえ守っていればいいんですけど、 独立した一つの作品として面白くなれるのかどうか期待と不安が半々であります。 ACCA13区監察課 【ニコニコ動画】TVアニメ『ACCA13区監察課』PV第1弾 【ニコニコ動画】TVアニメ『ACCA13区監察課』PV第2弾 マッドハウス製作、ワンパンマンの監督を手掛け ...
記事日時:2016/12/25 [表示省略記事有(読む)]
video video video video video video video video video video video video
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:ワンパンマン
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声