[アニメ]ONE PIECE ワンピース ねじまき島の冒険 (劇場版)


わんぴーす ねじまきじまのぼうけん / ONE PIECE -adventure of the nejimaki island-
  • 熱血
  • 友情
  • 格好良い
  • 面白い
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:ONE PIECE 〜ワンピース〜
アニメ総合点=平均点x評価数3,691位6,176作品中総合点1 / 偏差値47.58
アニメ平均点2,059位2,806作品中平均点0.08=普通/13評価
2001年アニメ総合点85位144作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.50(最高)2
声優・俳優2.00(とても良い)2
映像1.50(とても良い)2
音楽1.00(良い)2
ストーリー1.00(良い)2
熱血100%2人/2人中
友情100%2人/2人中
格好良い100%2人/2人中
面白い100%2人/2人中
楽しい50%1人/2人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

ルフィたちは、愛船 「 ゴーイングメリー号 」 を奪われ、伝説のからくり仕掛けの 「 ねじまき島 」 に訪れる。
島には悪魔の実の能力者たち 「 トランプ海賊団 」 が君臨して、島民を苦しめていた…。
そこになぞの泥棒兄弟ボロードとアキースが登場して…
ルフィたちは愛船を取り戻し、強大な敵を見事倒して 「 ねじまき島 」 の人々を救うことができるのか ?
2001年春東映アニメフェア
同時上映 「 デジモンアドベンチャー02 ディアボロモンの逆襲 」 「 ジャンゴのダンスカーニバル 」

■ STAFF ■
日本 公開開始日:2001/03/03(土) 映画
公式サイト
1. 01年劇場案内
20,4381313
最近の閲覧数
2122202211
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/12/26 / 最終変更者:mosukuwa / その他更新者: 管理人さん / カトル / 提案者:y.k (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2016/08/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 45569 ホスト:45402 ブラウザ: 10268
【良い点】
・キャラクター。
当時はまだ5人だった事もあり、麦わら一味全員に見せ場が与えられている所に好感が持てましたね。ゲストキャラクターのアキースの成長を丁寧に描いた所も目を引きました。
・テンポ。
上映時間60分程度なのでかなり淡々と進んでいきますし、しかも終始乱れる事がなかったのが素晴らしいですね。
【悪い点】
・スケールの小ささ。
「壮大な大冒険」って感じはあまりしませんね。しょうがない部分もありますが、そこが少しネックになっている所です。
【一言】
実は[ONE PIECE]の映画を最後までちゃんと観たのは、今作が初めてです。あまり派手さはありませんが、中編映画としてはかなり堅実な物だったと思います。
【総合評価】
良い。

2013/01/14 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:410(55%) 普通:50(7%) 悪い:285(38%)] / プロバイダ: 16934 ホスト:17090 ブラウザ: 9615
ワンピースの劇場版は前作以来からの視聴でしたが良くも悪くもなく普通でした
ただ印象に残るシーンが殆どありませんでしたね
戦闘がつまらないですし残念

2010/07/29 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:545(77%) 普通:26(4%) 悪い:139(20%)] / プロバイダ: 20315 ホスト:20349 ブラウザ: 11274
話はテンポ良く進んでいきますが中身は意外と濃密で、敵キャラの能力が何気に凄く原作に登場しても良さそうな感じがします。
ゲスト声優も豪華でとても良い作品だと思います。

2009/05/21 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:269(37%) 普通:160(22%) 悪い:305(42%)] / プロバイダ: 16799 ホスト:16802 ブラウザ: 7087
劇場版「ONE PIECE」第2弾は、前作および次回作と同じく、シリーズの世界観を大事にしつつも娯楽を面前に押し出た手堅い作品であり、他のシリーズ作品と比べると軽いが、総じて愉しめる。ただ、ちょっとキレを鈍らせてるところがあった。

本作のキレが鈍いと思えた理由は、ギャグとシリアスの塩梅がよくなかったことだ。
この作品では、あらゆる場面に小ネタを仕込む。それも、前作のように物語に絡んだギャグではなく、漫才のノリツッコミのような代物だ。具体的には、ピンジョーカー(ゾロと敵対する剣士)の間違った諺や、ルフィの(相変わらずの)マイペース発言に対して、周りにいるキャラがツッコミを入れる、というもの。
個人的には、こういう言葉によるギャグは結構好きだし、波風が立っていない場面であれば、軽いギャグは作品に潤いを与えてくれる。ただ、血みどろになって戦う場面、重い過去が明らかになる場面など、緊張感が高まる時にまでそれを挿入されると困る。真面目に見ればいいのか、笑っていいのか…どう反応すればいいのか戸惑うからだ。笑えるにしても、重みが削がれるのは否定できない。
繰り返しになるが、ネタ自体は本当に些細なので、聞き流せないほどではないのだが、そうであるにしても、せっかくの躍動感に水を差されたように感じて、あまりよくない印象を受ける。もう少し、その辺のバランスを考えていただきたかったところ。

そんな本作の内容は、船を盗まれた麦わら一味がアヒルさん(笑)で航海していた折、世界一のカラクリ時計「ダイヤモンドクロック」を狙う泥棒兄弟に出会う。その時ナミが攫われてしまい、麦わら一行は兄弟とともに悪役ベアキングの元に向かう、というものだが、それについては、前作以上にこぢんまりとしているかわり、凝らされた技巧も前作以上、自分はそう思う。

こぢんまりとしている、というのは、要するに大きさをあまり感じられないこと。
本作に於けるお宝「ダイヤモンドクロック」は、島民に早い段階で秘密を明かされた挙句、「盗みたければ盗め」と言われ、遂には狙っているはずのボロード(泥棒兄弟の兄)にさえ、「どうでもいい」と一蹴される始末だから、お宝が作品にワクワクさせるような大きさを齎してはくれない。
また、ベアキングをはじめとする敵役も、序盤にゾロとサンジが「大したことねぇな」と言ってる通り、本当にそれほどの実力を持っていない。連中が強く思えるのは、ルフィたちが満足な動きをとれない地形で追い込んだからであって、個々の力は然程ではない。だいだい、ベアキング自体も前作のボス(エルドラゴ)同様、これといった思想を持たない小悪党、といった印象だ。体と頭、両方から考えて、本作の敵役はパンチ不足。ただ、連中はその分「間抜けさ」が描き出されているので、そこは作品に娯楽作としていい影響を与えていると思われる。
そもそも、本作の冒険を敢行したルフィ一行にしても、その目的は仲間と船を「取り戻す」という、「守り」の要素が強いものである上、本作に於ける「取り戻す」とは、本当に文字通り以上でも以下でもないため、成功しても元通りに戻るだけだ。確かにそれで安心はできるが、そこまでといった感じだ。
このように、本作には「でっかい」と思わせる要素が殆どない。「小品」という印象は拭えない。

とはいえ、この小品はかなり丁寧な細工が施されていることも、また言えると思う。
本作の特徴として、伏線の量が多い上、それらをストレスなく解消していたことが挙げられる。一見ムダに思える「ルフィが拾った玩具」「目が泳ぐボロード」「アキースは手先が器用」などの小さな設定は、後の展開で、物語を助けたり、重要な役割を担ったりと、必ず効果を発揮する。そして、それらが積み重なっているので、重い展開に縺れ込んだとしても違和感を抱かなくて済む。50分という尺で、多くの要素を綺麗に回収しきっているのは、話がいかに練りこまれていたかを物語る。それだけではなく、作中の些事に目を凝らし、それがどう働くのかを推測しながら見ることも可能になっている。しかも、話自体がわかりやすいので娯楽作としての側面も失われない。複数の視点で無理なく楽しめる作りだ。
また、5人のトランプ兄弟に対し、麦わら一味も当時は5人ということで、ちゃんと各々の個性を反映させ、尚且つ個人の信念に呼応させる形でみんなに1人ずつ決着をつけさせているバトルをはじめ、道中でも攫われたナミを除き、性格上の分担を物語に沿う形でさせている辺りは、流石クルーのキャラがしっかり立っている「ONE PIECE」といったところ(これが手堅さなのだと思う)。そんな彼らと旅を共にする泥棒兄弟も、男気を見せる兄貴に一肌剥けた弟と、ルフィたちの大きさを、対比・成長を通して彷彿とさせていた(弟の真相はちょっとした奇蹟の物語といったところ、それよりも成長の部分が記憶に残る)。
このように、内容は確かに大きさこそ感じさせないが、手堅く行きつつも技巧が冴えるものだった。

なお、少し矛盾するが…当時は現在ほどキャラがカッチリしていなかったのか、ゾロとサンジが穏やかな関係にある。これは、放映から時を経た現在の目線を持つ者が、「こんな時代もあったんだ」としみじみするぐらいが丁度いいのだろう(時の流れによる思わぬアドバンテージかも知れない)。

確かに本作には、これといったものがない(個々の要素のインパクトが小さい)ため、他のシリーズ作品に比べて記憶には残り難いところがあるだろう。ただ、いい物語は持っているので、安心して愉しめる。「軽妙」と「軽薄」を行き来してる感じは、娯楽としても苦笑いだが。
以上のことから、自分の本作に対する評価は「普通」とさせていただきたいと思う。

2009/03/16 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:494(44%) 普通:197(18%) 悪い:428(38%)] / プロバイダ: 7763 ホスト:7454 ブラウザ: 8455
【総合評価】
さすがはワンピース
アクションや泣けるシーンはかならず欠かしません
ただ、映画ということで若干薄っぺらかったですが、小学生も見る作品ですのでまぁ良いでしょう

気になるのはビンに閉じ込められた能力者の女性、あれは自然系のようにも見えるんですが・・

2008/11/20 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:328(45%) 普通:169(23%) 悪い:226(31%)] / プロバイダ: 30269 ホスト:30458 ブラウザ: 7505
いつものワンピースの雰囲気は兼ね備えていて、外伝としては及第点。
敵キャラは印象に残っているが、それ以外の劇場版オリジナルキャラは殆ど印象に無く、キャラの立ったワンピースっぽい敵役と戦う話であって、内容、ストーリー性に関してはその尺の短さもあるが殆ど無いと言っていいだろう。

2008/09/28 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:431(69%) 普通:102(16%) 悪い:91(15%)] / プロバイダ: 29983 ホスト:29908 ブラウザ: 8090
【良い点】
・トランプ海賊団の名前の設定がユニーク。
・ルフィ以外のメンバーが服を替えていたのが当時は新鮮だった。特にウソップは爆笑。
・登場人物が多すぎない。

【悪い点】
・ボロードとアキースの存在感が薄い。
・戦闘シーンがあっさりしていて印象に残らない。
・演出があっさりしすぎていて話にメリハリが少ない。

【総合評価】
良く言えばすっきりまとめた、悪く言えば壮大さのない作品。

2008/02/12 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:237(66%) 普通:0(0%) 悪い:123(34%)] / プロバイダ: 12661 ホスト:12508 ブラウザ: 3034(携帯)
林原めぐみ,田中秀幸,青田武などのゲスト声優陣が異常なほど豪華な今作品。
ただ内容の方はイマイチです。

お決まりパターンのピンチからのあっさり大逆転。なんかワンピースっていつもこんなんばっかりな気がする。見ていて先が読める。

デジモン目当てで見に行ったんで別になんとも感じなかったですけど。まぁ一言で言えばワンパターンな展開が目立った作品。ジャンゴのダンスカーニバルの方が面白いのもいかがなものかと…。

評価は『悪い』ですね。

2007/05/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:192(88%) 普通:27(12%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 18810 ホスト:18907 ブラウザ: 6287
声優が豪華すぎる…ヤベェ

物語は、最初はすごいトランプ海賊団が強く、どうなるんだろうと思いましたが、最終的に麦わら海賊団がパワーアップして一人ずつ倒していきましたね

しかし、ナミはクリマタクト前だったので、どうやって敵を葬るか迷ったんでしょうねだから、ハニークイーンはあんな終わりかたになったんでしょうね

思えば、ハニークイーンはロギア系の悪魔のみを食べていませんか??正直強いですよ!!能力が能力だけに、クロコダイルを圧倒しそうです!!

時間が短い割りに、印象深かった作品です!!

2006/09/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:837(66%) 普通:171(14%) 悪い:251(20%)] / プロバイダ: 12010 ホスト:12222 ブラウザ: 6342
興行収入第1位に輝いた大ヒット作。メンバーが一人ずつ捕らえられて、最終的にちゃんと見せ場があったのが良かった。
ゲスト声優。むっちゃ豪華です。
矢島晶子さん、堀内賢雄さん、林原めぐみさん、田中秀幸さん、田の中勇さん、玄田哲章さん、そして青野武さん等など。

「ジャンゴのダンスカーニバル」は、まぁオマケですね。ジャンゴ役は矢尾一樹さんではなく、高木渉さんでした。

2006/03/06 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:199(46%) 普通:71(16%) 悪い:167(38%)] / プロバイダ: 26271 ホスト:26070 ブラウザ: 3646
デジモン劇場版と同時上映で時間が短かった為かイマイチな印象を拭えない劇場版第2騨…
内容は↓の方でまつさんやy.Kさんが仰っておられる様に可も不可も無くでしょうかね…。
ワンピシリーズ全体に言える事だけど、敵キャラのパターンが決まりすぎているのが残念…
最初は偉そうに尊大ぶってルフィ達をちょっと苦しめるものの…結局はアッサリやられる…
劇場版とは言え、話が余りにも短絡的過ぎる…もう少し捻り要素が欲しい所でしたよ…。
唯一良かったと言えるのはゲストキャラのキャストが凄く豪華揃いだった事ですかね…
矢島晶子・田中秀幸・林原めぐみ・青野武・田の中勇・郷里大輔・島本須美・玄田哲章…
凄い豪華キャストだ…内容が内容だけに宝の持ち腐れなんじゃないかと思う位にベテラン勢
が出揃ってるよ…内容だけなら『とても悪い』にする所ですが…キャストが豪華すぎるので
『普通』にしておきます…。

2006/03/06 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:130(58%) 普通:39(17%) 悪い:57(25%)] / プロバイダ: 9724 ホスト:9800 ブラウザ: 5234
先程アニマックスで視聴しました。

ワンピースの劇場版を見たのは初めてだったのですが、本作に関しては微妙としか言い様がありません。
一番気になったのは、トランプ海賊団との戦闘が一方的すぎること。
最初の戦闘で彼らはルフィ一味を苦しめたのに、二回目の戦闘ではベアキングを除き雑魚同然の扱い。
特にハニークイーンの扱いは酷すぎ…まぁギャグのつもりなんでしょうけど。

ストーリーも前半は盛り上がりに欠け、良かったのは正直アキースの母との再会シーンくらい。
同時上映で本作の上映時間が約1時間と短かったため、仕方ないといえば仕方ないかな…

戦闘シーンはなかなか迫力があったので、評価は「悪い」にとどめておきます。

2006/03/06 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:775(60%) 普通:341(26%) 悪い:179(14%)] / プロバイダ: 34197 ホスト:34255 ブラウザ: 3846
ワンピ映画 二作目でしたっけ・・・?
バトルシーンの動きは良かったですね。
内容は可もなく不可もなく

個人的には短編のジャンゴのダンスカーニバルの方が面白かったです。

この評価板に投稿する



2016/09/14 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 47448 ホスト:47315 ブラウザ: 10602 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/友情/面白い/格好良い 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:ONE PIECE 〜ワンピース〜
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ