[アニメ]ONE PIECE ワンピース THE MOVIE エピソードオブチョッパー+冬に咲く、奇跡の桜 (劇場版)


わんぴーす ざ むーびー えんど おぶ ちょっぱー ぷらす ふゆにさく きせきのさくら / One Piece The Movie: Episode of Chopper: Bloom in the Winter, Miracle Sakura
  • 勇気貰った
  • 感動
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数1,241位6,249作品中総合点21 / 偏差値50.83
アニメ平均点578位2,824作品中平均点1.40=良い/15評価
2008年アニメ総合点47位227作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
音楽1.25(良い)4
声優・俳優1.25(良い)4
ストーリー1.00(良い)4
映像0.75(良い)4
キャラ・設定0.50(良い)4
勇気貰った50%2人/4人中
感動50%2人/4人中
美しい25%1人/4人中
友情25%1人/4人中
考えさせられた25%1人/4人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

「週刊少年ジャンプ」での連載スタートから10年に及ぶ幾多のエピソードの中でも、感動的なストーリーとして賞賛を集めている“冬島・ドラム王国編"を映画化。春の来ない島・冬島を舞台に、ルフィたちと極悪国王のワボルが戦いを繰り広げる。原作の漫画家・尾田栄一郎が企画協力として参加し、映画のためにオリジナル要素を追加。みのもんたが“ムッシュール"の声で、声優に初挑戦することでも話題を呼んでいる。
スタッフ
監督:志水淳児
原作:尾田栄一郎
企画:柴田宏明
日本 開始日:2008/03/01(土)
公式サイト
1. 2008劇場版ワンピース 公式サイト
23,6121515
最近の閲覧数
1510002132
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/12/30 / 最終変更者:カジマさん / 提案者:暁に吠え猛る獅子 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/02/28 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3139(33%) 普通:3312(35%) 悪い:3089(32%)] / プロバイダ: 3970 ホスト:3880 ブラウザ: 7903
【良い点】

●ナミが発病し、ドラム王国にたどり着いた時のルフィの土下座。
彼の「仲間!仲間!」連呼等は基本的に信用しませんが、時にはそこまでやってのける
男気も見せた等ちょっと見直しましたね。
●パラレルワールド的設定。ビビとカルーの代わりに加入後長く仲間となっている
ロビンとフランキーが登場。ビビの一部役割が置き換えられたり、ゾロと共に
行動する等していた。
●それも含め、他の多くのシリーズ同様彼らを含む麦わら海賊団の一味も、ルフィとの
連携も見せる等皆一定以上の活躍を見せた。
●ブレる事なかったヒルルクの信念、そして包丁をジョジョのDIOよろしく投げつける
等無茶苦茶な一面も見せたけど、ツンデレ婆さん、くれはのチョッパーに対する
愛情。
●映像面でも進歩。個人的には序盤雪原の中でルフィらが丸太をスノーボード
代わりにしていたシーンとか良くバネが効いて動いていて、印象に残ったけど、
サブタイトル通り終盤で見たあの「桜」も美しく、感動はしなかったけど、
幻想的ではあった。

【悪い点】

●そうした愛情とか確かに伝わるものもあったけど、一方で「俺に医術を教えて
くれ!!」とチョッパーがくれはに頼んでいたシーン等お涙を浮かべながら感情を
露わにしていた悪癖も「もういい加減・・・・・・」だった。正直な話。
●弱い者たちを虐げて王様・神様気取りだったワポルの低劣な悪党ぶりも
他のシリーズ及び他の多くの悪役達と何ら変わる所がなかったのもまた然り。
●それは、本劇場版オリジナルキャラだったムッシュールもです。確かに実力は弟
(ワポル)以上だったけど、所詮は「いかにルフィを怒らせて、いかにルフィに
これまでにない一撃を味あわせてその『正義』をアピールさせるか」等の
底の浅い引き立て役で、「似たり寄ったり」だった。
●前述のくれはの包丁投げもそうだったけど、凍ってしまったウソップの
目を覚まさせるためだったとは言え、蜂の巣みたいに顔パンパンになるまで
やっちまった等の「笑えないギャグ」もお茶を濁されたかのようだった。
●ドリカムの主題歌も、例えば麦わら海賊団の友達とかになった劇場版オリジナルキャラ
とかがその話限りのゲストで登場した話とかに相応しい歌だったのではと言うか、
まあ彼女らは他にももっと良い歌があるからね〜でもあるから・・・・・・・・
●芸能人枠も、前述のムッシュール役だったみのもんた氏は少なくとも聞けない
レベルではなかったですが、元々出来が良くないキャラを、実際以上に立たせる
ほど生命を吹き込まれていたわけでもなかった。まあ過去シリーズの芸能人枠では
もっと酷い人もいましたが・・・・・・

【総合評価】

以降の劇場版またはTVスペシャル版と比べれば、「面白く見せよう!!」な努力は
伝わりました。しかし、オリジナルキャラを投入しても変わらなかった低劣な
悪役一味と、感動の押し付け、それに確かにプロ野球珍プレー好プレーでの
ナレーションとかはキレがありましたけど、アニメキャラを演じる事とそれとは
また別であるみの氏という「安易な芸能人枠」の設定等悪い点もいくつも目立ちました。

10周年を記念して、ブルーディスクDVDも発売されたり、土曜プレミアム枠でも
放送されたり、日本アカデミー賞を受賞したりと一般的には劇場版の中でも
高く評価されているようですが、昨年大晦日での特番(実質的には再放送)でも
視聴率が3.3%でもだ。それはフジテレビから見れば信長協奏曲や若者たち2014のような
計算違いなどではなく、「コスト的にも十分成功」と自己評価できるものだったのでしょう。

これで、某大手芸能事務所の後押しも得ている某不倫タレント(くれはでも治療は無理だろう
と言うか、無視が一番の薬である)もゴリ押しなんかしなければもっと視聴率いっていたかも(?)しれませんが、
「ドラマや映画だけじゃなくてアニメでも『過去の栄光』で胡坐かこうとしていたのか。」な、
余計冷ややかな目で見てしまったのは、偏見というものだったのですかな?
ドルトンやくれはとかの後日編等付加要素も見られたのも無視できなかった事も踏まえてもです。

劇場版次回作のストロングワールドは流石に原作者直々のストーリー構想がなされ
ましたが、評価は、まあヒルルクみたいに毒キノコを食べたわけでもないけど、
その根本的な原因が取り除かれていたわけでもなく、さらに悪い言い方すれば
「友情」とか「感動」とか「熱血」とかで装っていたのだからやはり「とても悪い」あたりが妥当かと自分は思います。

2011/04/21 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1366(50%) 普通:0(0%) 悪い:1390(50%)] / プロバイダ: 32099 ホスト:31923 ブラウザ: 2907(携帯)
ストーリー自体はイマイチだし地上波で観たからなのか総集編みたいな形だったからなのかは分からないけと結構展開が唐突だったり飛び飛びだったりしたのは気になった。

それで思ったより入り込みづらかったし感動も薄れてしまった。
映像面や作画もこの前観た金獅子の作品よりかはかなりクオリティーは低かったのでそこでの見応え盛り上がりもなかった。

チョッパーとヒルルクが中心だから仕方ないところもあるけど、敵も弱かったしルフィ以外に活躍というか見せ場がほとんどなかった。

ルフィが端を守ったりチョッパーを仲間に入れたり、途中でヒルルクがチョッパーを追い出したりするのもこれで観るとやや強引に見えてしまう。

この作品で唯一良かったのはチョッパーとヒルルクの関係性と内容で、キャラ描写も素晴らしかったし、ドクロマークを勘違いしてキノコを取ってきてそれを分かっていてヒルルクは食べる。
ヒルルクは国の一大事だと純粋に思って城に駆け付ける。
でもそれは罠で自分が騙されただけと思ってホッとする。
爆弾を持ってたり自爆する理由も都合がいいけど、酒を飲みいい人生だったと言い残し、くれはがあばよって言う見せ方とかは鳥肌が立った。

このチョッパーが毒キノコを取ってきてからの一連の流れにやられたって感じ。
あとはやはり声優が安定していて良かったし、映像面の部分を声優が補って見せてくれた。

2011/04/13 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:535(62%) 普通:129(15%) 悪い:193(23%)] / プロバイダ: 50267 ホスト:50391 ブラウザ: 13673
ストーリーや話には文句のつけようがないですが、
途中までゾロと手が大砲の人(名前わすれました)を放置していたのは悪かった。
別にチョッパーが加入する後に入ってきたメンバーを無理に出した結果こうなったと思います。
ワンピースは嫌いですが、こういった感動する話の時は好きです。
評価は良い

2011/03/28 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1535(64%) 普通:456(19%) 悪い:397(17%)] / プロバイダ: 9155 ホスト:9085 ブラウザ: 9673
原作でも思ったけど、チョッパーとヒルククと婆さんの関係良かったと思う。

てか、ヒルクク編原作からだと10年ほど経ってるのに月日感じるな・・・。(汗)
テレビアニメはここ数年観てなかったけど、婆さんとヒルククの声も合ってて良かったかな。

2011/03/20 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:95(90%) 普通:0(0%) 悪い:10(10%)] / プロバイダ: 6527 ホスト:6277 ブラウザ: 5357
前日、娯楽に飢えていた時期にちょうど放送されましたが、何故か思った以上に感銘を受けたので評価を書く次第です。
そのため、評価は「とても良い」とさせていただきます。個人的にこれくらいが妥当ですかね。

この作品は原作ファンの間でも最も感動的であると評価を受けている作品です。原作を知る側の立場から言わせて頂くならばこの作品は「if」の物語に過ぎないため、この辺のことで矛盾がどうこうの評価は不相応でしょう。ならば、直接この作品の物語がどうなのかにより評価するしかありません。

◎ 前提―原作との違い
ですが、まずは劇場版の違いについて述べていきましょう。
大きな違いとしましては、ブリキング海賊団にワポルの兄であるムッシュールが登場した点ですね。毒胞子の能力を持つ《ノコノコの実》の能力者であり、なんとルフィを一度圧倒するどころかギア2を使わせるレベルでした(というよりはルフィにとって相性が悪い敵だったんでしょうけど。インペルダウンのマゼランと同じで……)。とりあえずかなり強いキャラではあります。みのさんもなかなか役に合っていましたね。
その代わりにチェスマーリモが登場してなかったり、ドルトンは《ウシウシの実》の能力も使ってなかったりで、出番の少ないキャラも増えていました。
また、フランキーがゾロと行動していたり、原作でビビが勤めていた役を主にロビンが代わりに勤めていました。
総括的に見ると、ところどころ変更がある割には違和感があまりありませんでしたね。
次に、作品の中身について触れてみます。

◎ 人間でもなく、トナカイでもない
さて、今作の主役は言うまでもなくチョッパーでしょう。この作品はチョッパーと麦わら一味との出会いの物語であり、また「仲間になる」までの物語でもあります。
結論から申し上げるのであるならば、この「仲間になること」というテーマは今作にとって重要な意味を持っているのは言うまでもありません。
チョッパーは(この作品で言うところの)トナカイからすれば“青っ鼻"の異端であり、《ヒトヒトの実》を食べたことにより人間にもなれるものの、人間からしてみれば獣人の化け物に見えてしまうという意味で、人間でもトナカイでもない生き物として迫害を受けていました。人間であってトナカイでもあるという性質があるのにもかかわらず、その境界を持たないチョッパーはその意味で「人間に受け入れられること=仲間になる」というテーマは重いものであると言えます。
別作品の例を挙げるならば、『ミュウツーの逆襲』におけるミュウツーにも近い存在と言えるでしょう。しかし、チョッパーはミュウツーに比べると格別強いかと言われればそうでもありませんし、むしろ迫害されて消滅させられることもあったかも分かりません。しかし、チョッパーの心を救った存在である人物――Dr.ヒルルクの存在がこの作品において重要な鍵を持っていると言えます。

◎ 国の病と心の病
まず、チョッパーとヒルルクの関係よりも先にドラム王国のことにも触れておかねばなりません。
今作の敵役であるワポルは、国王である時期は「医者狩り」など国民の生活を無視した悪政家です。そして国民のことを顧みず、身勝手な行為で国は滅んでしまいます。
ワポルという存在が亡国の象徴的存在であるのは言うまでもありませんが、その時世は国が続くまでのものであり、まさに一過性の“病"のようなものであったのかもしれません。
ヒルルクは「恨むなよ、人間を。この国は今病気なんだ。国民も王も心が病んでいる。」と答えているように、国という存在を「病をかかえた存在」として見なしていました。そして、独自の行動をとろうとしている辺り、本当は医者というよりは革命家のような一面があったかもしれません。
チョッパーの話に戻りますが、ヒルルクはチョッパーをひとりの「患者」として見、そしてその心を開こうとします。前述にあるチョッパーの立場を意識し、同じ“はみだし者"として共に生きます。この「チョッパーを受け入れた」という行為そのものこそ、ヒルルクの信念に基づいた行為だと筆者は見ています。
ヒルルクの行動のなかにある一貫性は、国とチョッパーの両者を照らし合わせれば理解できるものです。「人間と動物のマージナルのなかで迫害された」チョッパーと、「国としての機能さえ見失っている国」であるドラム王国――これらが一種のフラクタルを形成している点が重要であると見ています。
ヒルルクが治そうとしたものは国の病と心の病です。象徴的な例はヒルルクがアミウダケのスープを飲んだことと、「いい医者になれる」とその時に答えたこと。自分のことよりも先にチョッパーの心を救おうとしたから「嘘をついた」ことと、その最期、そしてヒルルクが生涯を捧げた研究でしょう。
「人はいつ死ぬと思う?
心臓をピストルで打ち抜かれた時?違う。
不治の病に侵された時?違う。
猛毒キノコのスープを飲んだ時?違う!
人に忘れられた時さ。」
この作品のテーマはこの台詞に集約されているでしょう。
国というのは、国民のひとりひとりが国に居るという帰属意識によって成り立つのであるならば、その帰属する場所が必要です。チョッパーが求めていたのもそれであり、誰からも忘れ去られる存在であることはまさに「死」と言えるのです。それを防ぐためにヒルルクは国の病と闘ったのでしょう。

◎ 結論―奇跡を起こすものは?
さて、この作品におけるヒルルクについてなんですが、個人的に類似しているキャラがいるとも考えています。ルフィです。
ワポルがヒルルクの海賊旗に砲撃した際のルフィの台詞を引用しますが
「これは!!お前なんかが冗談で振りかざしていい旗じゃないんだ!!
お前なんかに折れるもんか ドクロの旗は"信念"の象徴なんだぞォ!!!」
と叫びます。
ヒルルクの
「こいつはな!!不可能をものともしねえ"信念"の象徴だ!!!」
と海賊旗を掲げたのと同じ台詞を叫んでいるのです。
しかも、ヒルルクは「冬島に桜を咲かせる」という「馬鹿なこと」をしています一方で、ルフィも世界政府に楯突く「馬鹿なこと」をしています。ヒルルクとルフィの共通している点と言えるでしょう。
チョッパーの過去というのは、人間としても動物としても見られぬ迫害の過去でした。それゆえ、受け入れる存在を決めるのは容易ではないのです。チョッパーはルフィの海賊としての信念を貫く姿勢と覚悟にヒルルクの姿を見たのでしょう。そのため、麦わら一味にもあまり煩悶もせずすんなり入ることができたのかもしれませんね。
それだけではありません。「信念」という言葉は『ONE PIECE』という作品で一貫して叫ばれている言葉です。理屈で考えるのではなく、自分の心で決めたことを貫くことこそに「誰も予想しない答え」があるのなら……
本当に奇跡を起こす力というのはこの「人間の心」の力にあるのでしょうね。そして、人が国の病を治す薬になるのです。確かにどんなに医学の研究を重ねても国の病は治るわけがありませんが、その病に国民ひとりひとりが自覚し、努力することこそが国の病をも救う万能薬になるのでしょう。ヒルルクはその礎として犠牲となりましたが、その信念を受け継ぐ者たちが、ワポルの野望をくじいたのだと思います。
最後に、桜とは「死と新生」「諸行無常」の象徴とされています。全ての物事は常に変化していくものであり、移り行く季節のなかにあり、枯れ木の時期もあれど、やがて華やかな花を咲かすものです。それは、どんな苦難の時代も終わりを告げる時がやってくるという願いであり、また奇跡でもあるのです。ひょっとしたら、万能薬とはこうした自然の摂理のもとに成り立った奇跡もそのひとつなのかもしれませんね。

[推薦数:1] 2009/12/14 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:31(74%) 普通:4(10%) 悪い:7(17%)] / プロバイダ: 15570 ホスト:15577 ブラウザ: 11101
最近、ワンピやべエな・・・!!
そう思っていたら、なんと、この映画の再放送をCSフジでやるという噂が!!
よ〜し!!私もブームに乗ってみてやるぞオおお!!
ってことで見ました。ちなみに原作は未読です。

・・・もう、さいっこう!!チョッパーの過去・・・。青っ鼻で、しかも人間みたいな格好のトナカイは、みんなから気味悪がられていて、藪医者だけど、人を救おうという信念だけは、決して負けない男。この二人の出会いの場面から、もう涙腺が崩壊してきていました。そして、仲良くなったところでの突然の別れ・・
そして、チョッパーは、必死で病気に効くキノコを探しに行く!!
・・・もう、心理描写とか、細かい設定とか、半端ないです。あと、チョッパー役の声優!!!ウマすぎでしょあの人!!あのキノコを見つけて、ヒルルクに届けたときの
チョッパーの誇らしげな顔と傷だらけの体のギャップ!!これも涙を誘いましたよね・・・。
ここまで、あったかい、やさしい気持ちになったんですけど、、、、、。
後であんなどんでん返しがあったとは。。。
あの旗についてのDrヒルルクの言葉と辞書に載っていたきのこの隣のマーク・・・。
そして、Drくれはのストレートな言葉・・・。
「それは毒キノコだよっ!!」

「医者はね、優しさだけじゃ人を救えないんだ。ちゃんとした知識を身につけて、出直してきな!!!」
そして、ヒルルクの死ぬ直後の言葉・・
「何だ…病人はいないのか…よかったーーー。」
普通、だまされたことに怒りを感じると思うのに、あのひとは・・・・・・。
ほんっとうに、ドラム王国のどの医者よりも医者だ!!と思いました。
このとき、私はもう涙腺崩壊どころじゃなく、壊滅状態で、ただただ泣いてました(笑)
で、ここから15分くらい、よく内容はおぼえてません(汗)
でも最後、桜がさいた、、、!!
雪の桜が、、!!
ヒルルクの夢、叶ったね。そして、チョッパーも、いい仲間に出会えてよかったねッ!!
EDも、ドリカム!!!って感じで、よく映画の内容にマッチしていました。
最高!!!の映画でした。・・・ちなみに1回見終わったあと、これをまた家族と一回、友達と一回見ました。涙が2回ともまた止まりませんでした・・・。
[共感]
2010/05/04 私は本作の元ネタとなった話を原作で読んだクチなのですが…この文章を拝読し、「これに関しちゃ原作を読まずに見た方がよかったのかなぁ…」と考えてしまいました。そのくらい、視聴時の感動がダイレクトに伝わってくる、とても気持ちのいい文章だと思います。 by HUNGRY SPIDER

[推薦数:1] 2009/11/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:35(92%) 普通:1(3%) 悪い:2(5%)] / プロバイダ: 18625 ホスト:18721 ブラウザ: 5234
あれは、・・・泣くほど面白かったですね!ていうか、悲しい!
一回テレビでやったり、単行本で読んだりしているけれど、あの
大画面、大スクリーンでみるとやはり迫力を感じます。泣けるほ
ど素晴らしかったので、評価は「最高!」です。

2009/09/18 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:57(50%) 普通:17(15%) 悪い:39(35%)] / プロバイダ: 13991 ホスト:13982 ブラウザ: 2906(携帯)
映画アラバスタよりは全然うまくまとめていたと思います。

が、やはりビビがいないせいか、ナミがルフィ・サンジと山に登る理由、退院を急ぐ理由が変わっており、それに不自然さを感じた。

あと絵がダメですね。 ここはアラバスタやった方でやってほしかった。

結果。
わざわざ映画にする必要性を感じない。

2009/08/18 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:1(50%) 悪い:1(50%)] / プロバイダ: 21241 ホスト:21237 ブラウザ: 15007
結構本編に忠実で、そこはよかったと思います。
アラバスタ編の映画に比べたら
オリジナルを付け加える隙間?もあったし、
本編一通り見てる人も十分納得できる範囲でしょう。
でも、メインメンバーがほとんど出てこなかったですよね・・
ゾロの扱いとか、もうびっくりしました。
あのゾロが・・数えるほどしか登場シーンもらえてない・・
いくらチョッパーが主人公でも、残念でした・・
よって評価は『普通』にさせていただきます。

2009/05/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:269(37%) 普通:160(22%) 悪い:305(42%)] / プロバイダ: 1922 ホスト:1753 ブラウザ: 7087
劇場版「ONE PIECE」第9弾は、原作に於けるドラム王国編(チョッパーと麦わら一味の出会いのエピソード)を映画化した作品。
前作「エピソード・オブ・アラバスタ」は、(言葉が悪くて申し訳ないけれど)単なる原作の切り貼りに終始しているとしか言いようのない作品だったというのに、こともあろうにその翌年も同じようなやり方の映画が来るかと、観る前から絶望していた。しかしながら、そんな不安は杞憂に終わったようだ。本作で、このシリーズは劇中の桜のように、見事な返り咲きを果たしてくれた。

いやでも、やってること自体は「原作をまんま映画化する」という、前作の方針と変わらないものだ。
確かにロビンとフランキーの存在や、滞在時間を長く取れない理由などは原作と異なるが、それらはあくまで「マイナーチェンジ」の範疇に留まるもので、しかもそれがドラム王国編をパワーアップさせていたかと言われると、かなり微妙なところ(寧ろアラバスタ編との関係で発生したタイムリミットの概念がなくなっているなど、些かパワーダウンした印象さえある)。
作品の冒頭で「if」の文字を出すことにより、作品を「アナザーストーリー」と位置づけているが、実際の内容は原作とそんなに変わっていないので、本作はドラム王国編を忠実に再現した映画、と考えて間違いはないように思う。

そう考えると、本作がダメだったみたいに思われる危険性もあるし、ダメとは言わないまでも、「守り」に入りすぎた作品という側面は拭えないだろう。結局、特定のエピソードを単体の作品にする以上のことを本作から見出すのは、かなり難しい。しかし、それでも、本作はよかった。
ただでさえ美しい雪国を彩る、チョッパーとヒルルク、Dr.くれはの暖かさ、そこにやってきたルフィたちのアツさなどからは、原作でも得られた充実感が再び呼び起こされたように思えたし、そんな彼らと、ワポルに屈しなくなった住民たちが見せる善のエネルギーが結実したかのような、樹高何千メートルの「夜桜」は荘厳ですらあり、それがドリカムの主題歌とともに、後味を非常にいいものにしてくれた。

そんな風に、素直に見ることができたと自分では思っているが…では、本作の内容はどうだったのか考えてみたい。

アラバスタ編は単行本にして6巻分、とても90分程度で処理できる分量ではなかった。だから前作は大失敗を犯したのだろう。一方、ドラム王国編の長さは単行本にして2巻。まぁ、一作品のエピソードとして短くはない(本作でも多少はスリムアップされている)けれど、それでもアラバスタ編に比べると、随分とコンパクトだ。少なくとも、2時間でエピソードの肝を余すことなく描ける分量だったのだろう。
その上、ドラム王国編は描くべき対象が単純かつクリアなのも特徴。「チョッパーのキャラ確立&ルフィ海賊団との出会い」および「史上最低の国王(純粋悪)ワポル討伐」の2点が対象に当たり、両者を丁寧に描くことで、自然と物語が成立した感さえある。要するに、「映画向けのわかりやすさ」になり得る明快さが、ドラム王国編には本来的に備わっていた、ということだ。
つまり、ドラム王国編そのものが映画に適したエピソードだったわけだ。

なお、本作では「チョッパーのキャラ確立」に最も重点を置いているように思える。
これは、「ONE PIECE」に等価の感動とバトルを期待した場合、バランスが悪く感じられるところだが、本作は冒頭部分、「これは出会いの物語」と釘を刺しているので、チョッパーについて多くを語ることは必然であり、作品の目的でもあったのだろう。
ちなみに、これに対する自分の印象は、かなり肯定的なもの。場合によっては単行本1冊を費やす「ONE PIECE」の回想シーン…これは「特定のキャラ」だけに焦点が絞られた、視野の狭いもの(下手すると物語が見え難くなる)だから、一気に見せなきゃ意味がないと自分は思っている。そこに来て、「映画」という形で本当に回想を一気に見せる本作は、自分の考えていた理想と合致していたこともあり、何らストレスを感じさせないまま見せてくれたように思う。媒体を上手く利用した好例、これこそ「映画だからできること」ではないだろうか。
勿論、回想自体がすごくいい話なのは言うまでもない。いや、内容がどストレートだから、ヒルルクが善人すぎるとか、クサいにも程があるとか、(原作共々)嫌なコトを考えなくもなかったが、きっとこれは、本当に正面からイイ話をされたことに対するテレだろう(笑)。まして映画の賜物なのか、その抜群の演出力(絵本のような静止画なんかは鳥肌モノ)により、益々お話の純粋性みたいなものが高められ、一層テレてしまったんだろう。誤魔化してるみたいで恐縮だが、そのくらいのイイ話だったってことだ(苦笑)。
そんなこんなで、「エピソード・オブ・チョッパー」には、少しの気恥ずかしさとともに、心地よい感慨を戴いた。

それが作品の中心的事項だとしたら、本作は土台がカッチリしている。その上に、麦わら一味の活躍や悪役の存在などが乗っかることで、本作は映画版「ONE PIECE」として形作られるのだが…本作で何がよかったかというと、ルフィ頼みにもチョッパー頼みにもなっていなかったことだ。
ワポル&ムッシュール(オリジナルキャラ)との戦いでは、「チョッパーが敵を追い詰め、ルフィが留めを刺す」という、ゲストが大事な役割を果たし主人公に繋ぐ黄金パターンが成立しているし、「うるせェ!!」と強引に誘ったルフィはチョッパーの寂しさと芯の強さを同時に汲んでいることが見て取れるから、一方のお仕着せではなしに、両者の想いがシンクロした結果と思える。
つまり、ルフィ、チョッパーという二人の主人公を、バランス良く働かせていたわけだ(原作の賜物でもあるけれど、力量がなければ素材はこうも活きないだろう)。そして彼らには存在感が齎され、立派な劇場版「ONE PIECE」が完成した。但し、原作の難点であるとは言え、クルーの活躍度に結構バラツキがあるのは、麦わら一味の物語たる「ONE PIECE」の映画としては物足りなく思えるかも知れない。

確かに「守りに走った」ところは否めないし(「オマツリ男爵」のように攻めすぎるのもそれはそれで問題だが…)、物足りなさを感じるところも、個人差に因るであろうところも多々ある。しかし、原作と映画の相性のよさも手伝って、内容から充実感を戴けた。
そして何より、低迷した前作と同じ手法でもって、満足感を与えるような作品を送り出し、シリーズを見事に復活させた製作陣の覚悟と力量には頭が下がる。本作をみて、シリーズ第10弾となる次回作への期待が高まった。

以上のことから、本作に対する評価は「とても良い」寄りの「良い」とさせていただきたいと思う。

2008/10/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:781(60%) 普通:343(26%) 悪い:179(14%)] / プロバイダ: 7214 ホスト:7219 ブラウザ: 7875
【良い点】
・ゲスト
・戦闘シーン
・声優
【悪い点】
・ところどころの作画崩れが残念

【総合評価】
原作のストーリーにオリジナル要素を加えると聞いて、正直不安でしたが・・
結構違和感なく馴染んでいたと思います。
またゲストのみのもんたの演技、オリジナルキャラのムッシュールも中々良かった。

2008/10/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:293(72%) 普通:54(13%) 悪い:59(15%)] / プロバイダ: 17345 ホスト:17522 ブラウザ: 6520
【良い点】
・ストーリーが良くて感動できる。(ただし見せ方には若干問題があるが)
・ゲストのみのもんたが以外とうまい。豪華声優陣の中でも違和感が無かった。
・劇場版のみのキャラのムッシュールが意外に良かった。

【悪い点】
・作者と一般視聴者のずれを感じる部分がある。(「どくろの旗は信念の象徴なんだぞお」…というあたりとか)そういった部分に無条件でついていける人じゃないと素直に感動できないかも。
・Drくれはの声は野沢雅子氏だが、あまり合ってなかった。(どうしてもDBの孫悟空を思い出してしまう)

【総合評価】

ストーリーがかなり良くて、この中で交わされるセリフも魂に呼びかけるような熱いセリフが多い。ただ、作者と一般視聴者のずれを感じる部分がある。私はそういった部分に無条件でついていける人ではなかった。
今回は「良い」にさせていただきます。

2008/09/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(67%) 普通:0(0%) 悪い:3(33%)] / プロバイダ: 28314 ホスト:28347 ブラウザ: 10542
【良い点】
・作画が綺麗
・去年よりすっきりまとまっている。
・特別キャストのみのもんたもなかなか巧い。
【悪い点】
・作画が場所によって疎らかも。
・またリメイク?

【総合評価】

全体的に完成度は高いと思う。ただ、やはり作画崩れが目立つ。
でも、やはり【とても良い】で。

2008/08/17 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(38%) 普通:0(0%) 悪い:8(62%)] / プロバイダ: 25251 ホスト:25088 ブラウザ: 7282
【良い点】チョッパーはこのアニメ唯一のいいキャラなのでそのチョッパーが主役というだけでおk!あとみのさんがうまい!

【悪い点】ロビン、フランキーはいらん。

【総合評価】ワンピースはたまにこんな良い映画作るんならアニメにも添加してほしいという願いを込めながら最高!

2008/04/09 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 1307 ホスト:1244 ブラウザ: 5234
チョッパーのクルルクへの気持ちが伝わってきて、感動しました。 けっこう、原作と変えている所が多々あったけど馴染んでいてよかったと思いました。

この評価板に投稿する



2017/10/16 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 1425 ホスト:1094 ブラウザ: 10023 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/友情/面白い/勇気貰った 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ