[アニメ]野坂昭如戦争童話集 ぼくの防空壕


のさきあきゆきせんそうどうわしゅう ぼくのぼうくうごう / Nosaka Akiyuki Sensou Douwa Shuu: Boku no Boukuugou
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数3,654位6,390作品中総合点2 / 偏差値47.76
2005年アニメ総合点110位192作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.00(とても良い)1
声優・俳優2.00(とても良い)1
ストーリー2.00(とても良い)1
映像1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
悲しい100%1人/1人中
友情100%1人/1人中
考えさせられた100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
原作:野坂昭如
画:黒田征太郎
企画:木村純一加藤良雄
監督・脚本・絵コンテ:竹内啓雄

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 開始日:2005/08/13(土) テレビ朝日 TV
公式サイト
1. http://www.shin-ei-animation.jp/sensoudouwashu/modules/bokugo/
2,07411
最近の閲覧数
1020122210
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/06/03 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/03/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3295(33%) 普通:3482(35%) 悪い:3241(32%)] / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8326
戦争童話シリーズ4作目は、終戦60年という節目の年に放送されましたが・・・・・・・・・・・・

甲子園の試合の様子もラジオで流れていた等表面上は平和な世の中になっていた、主人公の雄介も既に老人になっていた現代の日本から話は始まりました。前々作の「凧になったお母さん」ではそれぞれ主人公・母親役だった大久保祥太郎&折笠愛両氏もそれぞれゆうちゃん(現代日本での雄介と同一人物)・ナレーター役として本作でも起用されていましたが、友人家族が好感持てた良い人達だったのもその凧になったお母さんと同じ(本作では友人の子にはさらに妹もいたけど)で、その点では救いも感じられた・・・・・・・・かに見えました。

題名通り防空壕が題材で、お父さんが一生懸命作ったのですが、その直後赤紙で勝っていた戦い自体は日本軍の方が多かったかもしれないけど、その割には結局泥沼なままだった中国戦線に出征する事になってしまった。

お母さんはゆうちゃんの友人の母親と共に帰宅する途中で空襲の被害を受けながらもしばらくの入院を余儀なくされた程度で済んで、一見同じ野坂昭如氏原作の火垂るの墓や、他の戦争童話シリーズほどは、悲惨さは感じられなかったのですが・・・・・・・

悲惨さが感じられなかったとは言っても、お父さんは戦死してしまって、お母さんも当然ショックを隠せなかったのですが、その後もゆうちゃんは防空壕でお父さんと一緒に戦場で戦っていた様な幻想をしていた等ホントお父さんの事が大好きだったのだなあと言うか・・・・・・・・・・たとえ肉体上はどんな形であれ消滅してしまっても、存在していたという事実が変わるわけではないのですが、防空壕はゆうちゃんにとって自分とお父さんを結ぶとてもかけがけのない場所となってしまっていた様です。

そう言えば、よく「日本はアメリカには負けたが、中国には負けてない」とか言っている人も見かけ、中国人をハナから見下しているからかどうかは知らないけど、そんなのホントに大切な事と比べれば全く取るに足らない、議論の余地もない。相手がどこの国だろうが結局は1945年8月15日に日本が敗戦した事実は変わりないのですが、その後もゆうちゃんが見たお父さんは戦場で戦っていたから尚更・・・・・・・・・だったのでしょうね。まだお母さんが入院中という事で保護者代わりとしてやってきた伯父(お母さんの兄)も嫌な思いでなんかさっさと忘れたいと言わんばかりに防空壕を埋めてしまいましたが、友人家族と違って、あまり感じの良い人ではなかったですね。

火垂るの墓での、清太・節子兄妹と西宮のおばさんのそれと違ってこの伯父との関係はつっこんで描かれていなかったし、お母さんもあの後無事退院して長生きしたのだろうか?友人兄妹ともあの後も仲良くやっていけて、今も健在だったのだろうか?いくつかそういう素朴な疑問も湧いてきて、それだけ戦争が愚かで悲しい人類の負の歴史の一つという事でもあるのだから当然と言えば当然とも言えるのですが、老人になっても雄介は依然子供時代に負った心の傷を癒せていなかったあたり、その後の人生はあまり幸福ではなかったのでしょうか・・・・・・・・・

他の戦争童話シリーズとはまた違った切り口でそういう戦争の悲惨さとかを鋭く描いていて、こういう今の時代だからこそこの話も忘れてはいけないと強く思いました。評価は「とても良い」で。

この評価板に投稿する



2019/03/02 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 6908 ホスト:6505 ブラウザ: 8326 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/悲しい/考えさせられた 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽良い(+1 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ