[アニメ]忍風カムイ外伝


にんぷうかむいがいでん / Ninpu kamui gaiden
  • 悲しい
  • 格好良い
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数1,483位6,488作品中総合点15 / 偏差値49.96
1969年アニメ総合点7位21作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優2.00(とても良い)3
音楽1.67(とても良い)3
キャラ・設定1.33(良い)3
ストーリー1.33(良い)3
映像1.00(良い)3
悲しい67%2人/3人中
格好良い67%2人/3人中
セクシー33%1人/3人中
びっくり33%1人/3人中
可愛い0%0人/3人中
もっと見る
属性投票する
放映局 フジテレビ
演出: 近藤啓祐 渡辺米彦 村山修 山本功 大西清 村山徹 岡田宇啓 高垣幸蔵
監修: 小林利雄
製作: 村田英憲
日本 開始日:1969/04/06(日) / 終了日:1969/09/28
22,91288
最近の閲覧数
4331461003
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2008/01/15 / 最終変更者:羽幌炭鉱 / 提案者:パタパタ (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/08/18 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:679(60%) 普通:280(25%) 悪い:180(16%)] / プロバイダ: 1605 ホスト:1372 ブラウザ: 7909
【良い点】
・抜け忍の非情な世界を描いたハードな世界観
・必殺技の名前がカッコいい

【悪い点】
・作画の使いまわしが多い
・カムイが結構人を見捨てている

【総合評価】
1960年代のアニメなので、良くも悪くも時代を感じる。特に感じるのは差別的な表現で、これはカムイだからなおのことかもしれないが、被差別
階級や狂人(「むささび」の回)に対する言動は、現代であれば確実に放送禁止だと思う。そういう世界でもさらに厳しい抜け忍の世界で生きるカ
ムイにはかなりきつい試練が待っている。裏切りなど日常茶飯事で、心を許した相手も刺客だったりと憂鬱な話しが多いが、そのハードな世界観
はなかなか良かったと思う。

作画のほうは使いまわしもかなり多く、動きも少ない。ただ、これは当時の時代で考えるべきで、少ない画数で繋ぐためのテクニックと言ったほ
うが良いのかもしれない。
あと気になったのはカムイが結構人を見捨てている点だが、これもカムイが数々の裏切りや罠に何度も遭遇したために疑心暗鬼になったためなの
で仕方がないとも言える。

ということから自分が気になる点は、当時と現在の文化的、技術的なギャップによる部分が大きいので単純な評価がし難いのだが、もしリメイク
しれくれれば、もう一度観てみたいと思う。

2013/03/19 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:283(71%) 普通:53(13%) 悪い:65(16%)] / プロバイダ: 972 ホスト:963 ブラウザ: 4696
【良い点】
作画レベルは69年の作品としては最高水準でしょう。
アクション描写も素晴らしい。
変移抜刀霞切りは子供のころ真似しましたよ。

とにかくシリアスでハードで痺れまくりでした。
エイケンというと現在ではサザエさんしか作ってないはずで
あんまりアクション系の派手な作品を制作するようには思えない会社なんですけど
この当時は業界トップレベルの制作体制を誇っていたんですね。

同じ作者の「サスケ」でも動きの素晴らしさは光ってました。
背景画が水墨画風だったりとにかく細かい部分の作りが凝ってたし
白土漫画の最大の特徴「忍法の解説」をきっちりやってたのが
泣かせます。

【悪い点】

同和問題(主人公カムイが非人の出自)がネックとなり
クレームが付いてしまったためと
ストーリーのストックが尽きてしまったため半年で終了してしまったこと。

視聴率自体はかなり良かったんだそうです。

「スガルの島」のエピソードは映画にもなってますけど
実はこのアニメ版が初出なんですよ。
白土三平本人がストーリーのアウトラインを脚本家に伝えて
出来上がった作品です。

【総合評価】
今観てもこのハードでシリアスなストーリー展開には唸らされる。
十分現在の基準でも鑑賞に堪えるクオリティの高い作品になってます。

これがカムイ伝本編だったら絶対映像化不可能だったろうなあ・・・。
もろに部落差別問題そのものに深く突っ込んだ内容なので
今後も映像化されることはないでしょうが。

忍者アニメの最高峰にて孤高の存在です。
あえておススメはしませんが、興味のある方は
ご覧ください。
現代のアニメが失ってしまったもののすべてがここにあります。

評価は【良い】

2011/06/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1375(76%) 普通:306(17%) 悪い:124(7%)] / プロバイダ: 50278 ホスト:50194 ブラウザ: 10714
69年に放映された白土三平先生の忍者アニメドラマ。江戸時代、力を得るために忍者となった“カムイ"だが、忍者の世界の非情な掟に馴染めず、自由を求めて抜け忍になる。だが忍者の掟により、カムイは常に暗殺者に狙われながら、当てもない旅を続けていく。

週刊少年サンデーに連載した白土先生の原作をアニメ化したのが本作品で、大人向けというか、劇画調の画によるシリアスな内容のストーリードラマとして仕上がっています。当時は本作品の他にも「サスケ」「どろろ」「佐武と市捕物控」等、こういうシリアスな時代劇アニメもあり、子供・大人問わず、いろんなジャンルに挑戦していた頃でもあって、原作で人気があればすぐアニメにされたこともあるのかもしれませんが、本作品はどちらかというと中高年向けの内容に作られています。

ストーリーは封建社会の江戸時代に抜け忍となった“カムイ"が自由を求めて旅するというものですが、当然抜け忍であるカムイには追っ手があり、生きていくためには常に戦いと背中合わせでなければならないという、死線の間で生きる男の生き様を描いた展開となっています。生き詰まる内容もですが、主人公の“カムイ"を初め、登場キャラが大人向けのリアルな者たちばかりなので、非常に臨場感が漂い、見てるほうも息つかせず危機迫る雰囲気に押し迫られる感じがして、それだけにクオリティーの高いドラマとして仕上がっています。またカムイの十八番の`変移抜刀霞切り'`飯綱落とし'といった必殺技も相当な迫力がありましたね。

TVで見た時は刺客との一騎撃ちが印象強くて、総てのストーリー事態はあまり覚えてませんが、確か抜け忍たちと出会って新たな生活になるかと思ったら実は刺客だったとか、本当の抜け忍たちと会っても、すぐ刺客に殺されたりというようなものがあったと思います。即ちカムイの行く所、安らぎに満ちることはなく、非情な中で試練の旅を続けていくという内容で、それだけに実に高度なものとなっています。今ならばあまりに壮絶で放送禁止にも為りかねない場面も多く見受けられ、あまりにもインパクトが強すぎる感がしないでもありませんが、それだけ質が高い作品だと思いますし、私自身もこういう息詰るストーリーと男の生き様を描いた作品はとても共感をもっていますので、評価は【最高!】です。「タイガーマスク」「デビルマン」等もこの手の内容に属すんだと思いますが。本作品は日曜の夜6:30の放映だったらしく、それだけにこの息をもつかせぬ壮絶な内容では視聴者も飛びつかなかったんでしょうね。半年で終了を余儀なくされてしまいます。当然裏番組の「サザエさん」に行ってしまうのは、自然の傾向でしょう。
最後は仲間となった抜け忍たちを追手の刺客に殺されて、カムイがその刺客を死闘の末葬ってまた旅に出て行くというシーンで終わったと思います。そういうことでまた新たに続編も作れないこともありませんが、内容があまりに衝撃的すぎるから難しいかな。(今じゃ規制も厳しいし)

2010/09/05 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:34(94%) 普通:1(3%) 悪い:1(3%)] / プロバイダ: 27109 ホスト:26990 ブラウザ: 7336
子供の頃は単に忍者アクションとして見てましたが
今見ると、ものすごく深い話ですね。
身分差別とか自由の問題などがうまく練り込まれてる。
カムイは社会的には弱者だけど弱者のルサンチマンみたいなものは感じない。
不合理な世の中を拗ねたりせず、強者に反逆するでもなく、ただ必死に今日を生き抜こうとする。
しかし、それでも最終回ではついに怒りを抑えることが出来なくなって
壮絶な復讐劇を演じてしまう。
人間の強さと弱さを描いた本当の意味での傑作だと思います。

昔はこういうテーマをストレートに表現出来ましたが、今は規制が厳しく、視聴者が上から目線で作品を見るようになったこともあってかなかなかこういう作品は出てこない。
この作品も今放送したらきっと動物虐待だとか命を粗末にしてるとか的外れな批判をされてしまうんでしょうね。
そういう意味じゃ今も昔も世の中は変わらないですよね。
見方によったら、むしろ今の方がもっと不自由で不合理かも。

2010/07/14 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 21462 ホスト:21179 ブラウザ: 12024
【総合評価】
カムイ外伝のアニメ版ですね。個人的には漫画版よりこちらの方が無常感、渋さを再現できていて実に素晴らしい作品ですね。漫画だけではなかなか分かりづらい変移抜刀霞切りや十文字霞くづしなどのギミック、メカニズムが描写されていて当時のアニメにしてはかなりクオリティの高いものではないでしょうか。

今回はカムイ伝とは違って完全にカムイの逃亡劇と忍者漫画としてのアクションに徹しているため肩の力を抜いて見ることができました。とはいえ結構残虐な表現があるので今見ると放送規制を食らいそうなものばかりですけど。

特にスガルの島での話はよく出来ていて、実写映画化されるぐらいよくまとまっているように思います。個人的にはこの話が一番好きでした。特に最後の十文字霞くづしは演出も殺陣もスローモーションでかっこよく見せていて最高でした。

不満は特に無いです。評価は「最高」で。

2009/04/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:8(57%) 普通:3(21%) 悪い:3(21%)] / プロバイダ: 30192 ホスト:30337 ブラウザ: 3874
かの「サザエさん」の“前番組"としてつとに有名ですが、
それとは真逆であえて子供・ファミリー層向けを意識せず、
体制とそれに疑問を持つ人々とが実力行使をも伴って争い
大揺れに揺れていた発表時の時代を背景にコアな支持を得ていた、
「カムイ伝」の外伝をTVでアニメ化することについて、
造り手がどれほど強烈な意義を見出していたか、
ひしひしと伝わってきます。

シャープかつ大胆な描線で描かれる忍術の数々、
抜け忍及び彼らに関わる人々の生活描写
(基本的にはとってもシビアでいて、
ところどころホッとする一面もある)…

松ケン主演で実写映画化とのことですが、
このアニメ版のカムイは「こんな抜け忍、目だってしょうがないダロ?!」
みたいなハッキリスッキリ顔の美男なので、ビミョーにイメージ違うかな…?
と思っていたら、原作第二部「スガルの島」からの映画化とのこと…
なるほど納得。
(銭ゲバとカムイが同じ人とか書くと、なんかスゴイですねー)

スガルのエピソードは実はこのアニメ版先行で、
こちらではシリーズの締めくくりとなっており、
美人人妻抜けくの一(…)スガルの娘・サヤカとカムイとの
淡く切ない恋物語でした。

2006/06/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2325(50%) 普通:1166(25%) 悪い:1166(25%)] / プロバイダ: 11009 ホスト:11078 ブラウザ: 5234
アニメでは本編があるわけでもないのにタイトルで「外伝」と銘打ってるのは
そういう事情とこだわりがあったんですね〜。
製作・放映された年代も重なって古風な作品という印象でしょうか。
「獣が通る〜獣道〜♪」というEDが渋かったです。
CVは時代劇の悪役などでも好演している中田浩二でしたっけ?
ストーリー的には逃亡者としてのカムイの帰結もなにも無かった気がしますが「外伝」なのでやむなしかな。

2006/06/07 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:810(41%) 普通:464(24%) 悪い:681(35%)] / プロバイダ: 7096 ホスト:6791 ブラウザ: 5234
忍者という絶対服従、背けば即座に処刑、という世界に反抗し
「抜け忍」となった凄腕忍者カムイ。常に追っ手と闘い死線を
くぐって行く・・・と言う「白土 忍者版逃亡者」。
江戸時代の被差別民問題に正面から取り組む、漫画「カムイ伝」
に対し、対決・娯楽を前面に押し出した漫画「カムイ外伝」が
原作となっている。
そもそもの原作「カムイ伝」は、カムイの出自が被差別民であったり、
抜け忍となる理由も差別制度が原因、凄惨極まる処刑と封建制度・・・と
かなり重いのだが、アニメ版ではそうした影の部分はサラっと流し、
忍者同士の秘術を尽くした娯楽対決物として展開した。
ストーリー自体はまさに「逃亡者」そのものだが、カムイの必殺技
飯綱(イズナ)落とし、変移抜刀霞斬り(へんいばっとうかすみぎり)の
けれん味と相まって、子供の頃夢中になって見た。
難点は、中盤での中だるみと、「カムイ伝」の考証・描写に比べて圧倒的に
軽く、甘くなっている事だが、そもそも娯楽を前面に押し出しての「外伝」
なので、これは当然として楽しむのが良いだろう。
ただ、子供時代に一番納得行かなかったのは、アニメのセリフで語られる
「変移抜刀霞斬り」が、何の事だかさっぱり判らなかった点。本当は
刀と両手を背後に回し(さらに片手にクナイを隠し持ち)、両手どちら側から、
どんなエモノで斬り付けるか読めないようにした状態で、身体を揺らし
フェイントを掛けつつ相手に向かって疾走、相打ち寸前でカウンター気味に
切り捨てる、というワザらしいのだが、アニメだけ見てるとその凄さも
理屈もイマイチ伝わらない。白土忍者物としてはちょっと勿体無い印象だった。
まぁ、そうした不満点を考慮しても、子供時代「次回が楽しみで仕方無い作品」
でした。「とても良い」で。

この評価板に投稿する


2011/10/27 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 29382 ホスト:29410 ブラウザ: 7777(携帯)
懐かしいです。昔、大好きで見てました。近年実写化されましたがアニメの演出は緊迫感やスピード感が出ていましたね。

2015/08/18 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 1605 ホスト:1372 ブラウザ: 7909 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事悲しい/びっくり 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. "各局のアニメ史[フジテレビ編・"11年度追加版]" by 陣兵
... 「ジャングル大帝」 【“66年】 「ハリスの旋風」 「遊星仮面」 「新ジャングル大帝 進めレオ!」 【“67年】 「悟空の大冒険」 「マッハGoGoGo」。 【“68年】 「ゲゲゲの鬼太郎」 「あかねちゃん」 「妖怪人間ベム(第1作)」 【“69年】 「紅三四郎」 「カムイ外伝」 「ど ...
記事日時:2011/12/10 [表示省略記事有(読む)]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
または
[評価(?)] 最高! とても良い 良い 普通 悪い とても悪い 最悪
↑(全作品にて)8回以上評価しても「悪い」系統の評価しかない場合、又は「最悪」の比率が一定評価総数(20-30)超えても8割以上ある場合、非適切にバランスを欠いた評価者とみなして全評価削除の対象になり得ます。
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ