[アニメ]ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?


ねとげのよめはおんなのこじゃないとおもった / Netoge no yome wa onnanoko ja nai to omotta?
  • 可愛い
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? / 文学:ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
アニメ総合点=平均点x評価数5,895位6,636作品中総合点-5 / 偏差値46.65
アニメ平均点2,423位2,909作品中平均点-0.31=普通/16評価
2016年アニメ総合点243位272作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像0.42(普通)12
音楽0.33(普通)12
声優・俳優0.33(普通)12
キャラ・設定0.25(普通)12
ストーリー-0.17(普通)12
可愛い50%6人/12人中
面白い42%5人/12人中
可笑しく笑える42%5人/12人中
楽しい33%4人/12人中
セクシー25%3人/12人中
もっと見る
属性投票する
<スタッフ>
原作:聴猫芝居
原作イラスト:Hisasi
監督:柳伸亮
日本 開始日:2016/04/07(木) 23:30-00:00 TOKYO MX TV / 終了日:2016/06/23
[開始日詳細]
放送局
放送期間
放送日時
TOKYO MX2016年04月07日 - 2016年06月23日木曜 23時30分 - 24時00分
サンテレビ2016年04月07日 - 2016年06月23日木曜 26時00分 - 26時30分
BS112016年04月07日 - 2016年06月23日木曜 24時30分 - 25時00分

※ この日付情報部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
公式サイト
1. TVアニメ「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」公式サイト
Twitter公式
1. TVアニメ「ネトゲの嫁」公式 (@netoge_anime) on Twitter
オープニング動画 (1個)
1st Love Story1st Love Story
歌:Luce Twinkle Wink☆ 詞:藤林聖子 作曲:大久保薫 編曲:大久保薫 [ファン登録]
[もっと見る]
7,8991616
最近の閲覧数
1333204003
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/07/20 / 最終変更者:ウクレレ / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/09/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:293(60%) 普通:136(28%) 悪い:56(12%)] / プロバイダ: 28059 ホスト:28084 ブラウザ: 8321
ネットゲームをやりながらラブコメやコメディーする。
2016冬の「ファンタシースターオンライン2 ジ アニメーション」のラノベ学園ラブコメ版な感じ。

【良い点】
ラノベらしいライトな作風で親しみやすい。
数々の御都合設定や展開も、この手のお約束なので、変に捻らず素直なキャラ配置なのは好印象。
ネトゲを題材にネトゲ好きな主人公ヒロインその他のライト寄りなラブコメに繋げている。
タイプとしては日常系部活物の系譜、楽しくネトゲやる雰囲気自体を楽しめる。

ヒロインのアコちゃんの可愛さ。日高里菜ボイスはあざとい。
リアルとネトゲの区別が付かない些かやばい子だけど、創作上の萌えキャラとしてはアリ。
ヤンデレ気味に主人公に懐いている理由付けも分かり易い。
主人公ルシアン含めて皆でアコちゃんを介護というか教育する流れで、萌えとコメディーに繋げている。
この構図から、ネトゲに疎い視聴者に対する解説も自然に兼ねているのは上手い。

ラブコメ面はほぼルシアン&アコで固定。
動機はともかく想いは一途なので、綺麗なラブコメではある。
恋の当て馬に嫉妬する等の浅いが可愛らしいシーン多々。

終盤の籠城戦が中々良かった。2016年アニメのチーム戦の中でも白眉。
よくある「強いけど数に劣る主人公側が、物量に苦戦しつつも押し通る」(ダンまちとか)とは逆パターン、
主人公側は弱いけど物量揃えて待ち構え、敵側の方が少数の勇者タイプで、主人公たち蹴散らされるパターン。
珍しい構図自体を評価。
弱者の戦術や意地、ギリギリの攻防、紙一重の決着のカタルシスなど、良バトルだった。

【悪い点】
アコちゃん可愛いんだけど、やや面倒くさい印象。
その他女子勢はそこそこの個性はあれど、今ひとつ印象が弱い。
キャラクターが弱いためか、学園コメディーとしても他の人気作に一歩見劣りする。

ラブコメの波乱が殆ど無く平坦。
ルシアンとアコもネトゲ由来の関係からあまり動いていない。

ネトゲ関連のネタがネトゲに疎い視聴者には取っ付き難い。(自分は課金以外殆ど分からず)
課金パワーで勝つネタは他作品にもあるが、本作の場合は高校生なので若干危うさを感じるのも難。
中盤の不正ユーザー関連の話もライトな作風に水を差していて不快。
ガンダムビルドダイバーズ2期の不正への対峙はストーリーの軸として機能していたが、本作は微妙。

【総合評価】
ラノベのあざとい萌えとライトなネトゲライフを眺めている分には中々楽しめる佳作。
楽しみどころの層は厚くないが、全般的には悪くはない内容。
評価は普通寄りの「良い」

2020/01/14 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:186(72%) 普通:43(17%) 悪い:30(12%)] / プロバイダ: 4603 ホスト:4667 ブラウザ: 4721
【良い点】
・画は終安定していた。
・主人公が常識人なのは救い。
・キャラは全体的にバランスが取れていた。
・ネットゲームあるある。

【悪い点】
特筆するほどの事でも無いが、これといった盛り上がりどころがないところ。

【総合評価】

原作未読、アニメのみ視聴の感想です。
リアルタイムで5話程度で切っていたのを思い出し、改めて1話から視聴しました。

全体的な感想としては、これといった盛り上がりどころもなく終始流し見して問題ない作品。
ただ画は終始安定しているし、特別に嫌な部分もない作品ともいえる。
ネットゲームのパーティーがたまたま同じ学校の生徒やら教師やらという点以外は、よくあるネットゲームあるあるなのだが・・・
ネットのギルドパーティー系のゲームをやった事のある人なら少し面白いかもしれない。

自分も若い頃、同じ会社の人間数名で同じギルドで砦の攻略戦などやっていた時は、仕事そっちのけで盛り上がり、
数多くの重課金者を見てきました。
その当時はネット内にログインしているのが当り前で、ギルド戦に合わせ休みを調整して盛り上がっていたのを思い出します。
ですが、そのゲームのサービ終了時の儚さといったら(笑)
最新ゲーム機数十台買えるくらい課金していた後輩が可哀そうでしょうがありませんでした。

まぁ、作品としてはわかる人にはわかる作品で、わからない人用にアコというネトゲの嫁という設定とアニメでのお約束である水着回などを織り交ぜてネットゲームを知らない人にも触れやすい作りにしているのは評価できなくもないのですが、
とにかく起伏に欠けるストーリーは少し気を使って表現しても退屈と言わざろうえません。

本当にヒマな時に流し見しながらという感じの作品ですね。

評価は少し厳し目につけて「普通」くらいでしょうかね。

2018/06/09 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:380(35%) 普通:210(19%) 悪い:496(46%)] / プロバイダ: 42293 ホスト:42299 ブラウザ: 10902
絵と女の子が綺麗めなことを除けばサザエさん並みに何の中身も刺激もない。SAOからシリアス要素とキャラのインフレを抜き取っただけのB級日常アニメだなこれは。(まああっちも大概つまらんかったけど)
でもアコだけはかなり好き。

2016/11/01 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:5(83%) 普通:1(17%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 12667 ホスト:12509 ブラウザ: 5153
【総合評価】
総評としてはそこそこ面白くさっくり見れたと思います。これもラノベ原作のネットゲームを題材にした作品で登場人物は主に高校生。たまたまギルド仲間が同じ学校の生徒という事がオフ会でわかりリアルでも絡んでワイワイ高校生ライフをおくる内容です。ネットゲームをやったことがない人には通じにくい所もありますがそれ以外に関しては気軽に楽しめるように仕上がっています。個人的にはそこそこ良かったと思いますので、評価は「良い」。

2016/09/03 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:386(66%) 普通:153(26%) 悪い:46(8%)] / プロバイダ: 16884 ホスト:16896 ブラウザ: 7912
【良い点】
ネトゲがどんなものか学べるところ。
シュバインがドイツ語で豚と学んだこと。

【悪い点】
ちょっと寒いAAギャグ。

【総合評価】
意外と笑えるネトゲあるあるラブコメ。ネトゲはやったことはないが意外と面白かった。

ネトゲらしき世界観を題材にしたアニメやソードアートオンラインのようなリアルなネトゲ空間に没入する話ではなく、今あるPCでネトゲに取り組む高校生たちの物語。ま、チームメンバーが同じ高校の女子とか、さらにぼっち仕様の生徒会長とかありえない仕様だけど、そこんところは所詮創作物だからということで。

ネカマ、課金厨、ネトゲ廃人、ガチ勢等等多様なネトゲに住む住人たちを網羅し、さらにはフィッシングサイト、アカハック等リアルな犯罪まで触れたため、単にネトゲ内の世界を妄想で広げた話ではない起伏にとんだストーリーだった。

はじめは男キャラだと思っていたが、友人の女子高生とわかったとたん、ゲーム内のキャライメージが実際の友人の絵に変わる設定は良かったと思う(アプリコットはハレンチだったけどね)。確かに実際に操作している人の顔がわかれば、PCの画面で見るデフォルメキャラがそのように見えてくるような気がする。

本作はネトゲのオフ会というきっかけから、部活立ち上げ、ネトゲ廃人の登校、合宿、ネトゲ犯罪、対人ゲーにまで広がっていく流れと、亜子と西村のラブコメをうまく絡ませていくことで、見ていて楽しくなる作品だった。

[推薦数:1] 2016/08/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:146(62%) 普通:35(15%) 悪い:56(24%)] / プロバイダ: 1729 ホスト:1666 ブラウザ: 7460
「何でこのアニメを好評価するんだど!? 以前、SAOをdisってたくせにッ、裏切ったんど?」
「まあ、そう堅えこと言うなよ」「そうそう、人の好みや考えってのは時間や経験と共に変化することもあるんだよ〜ん」
そんなJOJO第四部ごっこで始まる本作のレビュー

【総合評価】
最初のうちは、ネットで知り合った相手が本物の可愛い女の子だったという、SNS利用者の夢を描いた内容に萌え萌えなオタ媚び内容だったけど、後半になるにつれて社会派劇画のようなテーマを盛り込み尻上がり的にストーリーが面白くなっていくのは予想外だった

アコの登校拒否事件では、「引き篭もりに対して頭ごなしに叱っても余計にヘソを曲げるだけ。相手と同じ目線に立って相手の考えを理解しなければ心を開いてくれない」というドクトリン通り、ハッタリも辞さない交渉術を展開する英騎。しかし、もしあそこでアコが「いいですよ、二人で死ぬまでLAやってダラダラ生きましょう」と答えたらどうするつもりだったんだろう。肯定も否定も無視も、どれを選んでも致命傷になりかねない。ルシアンも結構危ない事しますね
ちょうど同時期に学生島耕作で「セクトに入らずんばチャウダーを得ず」みたいな話を連載していたので立体的に楽しめました。
しかし、初対面の英騎にアコの自室の鍵を渡して外出してしまうアコママも相当だな。この母ありてこの娘あり。アコが変わり者なのは母親譲りなんだろう

アカハック事件では、黒の魔術師の協力を得た上で証拠を集め、犯人を偽のHPでおびき出して罠にハメて告発する展開はいい面の皮でしたね。がんぼシリーズを思わせるスリリングさ。「ネット上では本人確認の困難さが常に問題となる」「ネット上の繋がりはこんなにも脆くて不安定なものだったんだな」という問題提起はダイ・ハード4.0を思わせる

攻城戦イベントでは、ヴァレンシュタインが裏切るのは予測できていた。契約や信用問題を重視する傭兵団ならともかく、そうじゃないゴロツキ集団なら自分よりも武力の弱い相手など餌に過ぎないからだ。武力が低いと舐められていいように利用されて終わりという教訓。ヴァレンシュタインに対抗するためには、キリトのようなチート技ではなく、猫姫親衛隊の協力を仰ぎ、TMWのような本職と同盟を結んで核の傘や集団的自衛権のような安全保障を作っておくという方法は凄く好き。誰もがリアルでも実現可能な政治的手腕で活躍する展開は万人向けと言えるだろう。人脈作りのヒントがここにある

【ルシアン西村英騎について】
猫姫に振られてLA内で女性不信状態になったルシアンには共感できる。そしてそれを聞いて爆笑する仲間を責める気にはなれない。俺だってそんな痛い黒歴史を聞いたら同じように爆笑するし
オープンオタなのにネトゲのキャラネームを隠したがるのか? むしろ「俺はネトゲもやってまーす」と認めちゃったほうが不審感を拭えるんじゃない?
アコの面倒をいつもみているから評価が上がっているという事実、他のプレイヤーに愛想を尽かされてもルシアンだけは見捨てなかった事実、「次は頑張れよ」と、必ず次のチャンスを残してくれるので、アコは現実のダメな自分を受け入れてくれたようで嬉しかったってのは納得できる。好かれる理由としては充分だろう
その一方で、アコに抱き付かれたりキスをねだられたり全裸正座で「お願いします」とまで言われても頑なに童貞を守ろうとするヘナチンぶりにはイラついた。「クソみたいな面倒臭い性格」という批判には大いに共感できる。アコが他のOFF会に行く時も「アコもようやくゲームとリアルの区別が付いたようだ」なんて呑気に構えている場合かよ。アコはルシアンの提唱した法則を逆手に取っているだけだぞ
アコへの、ゲームとリアルは別だという意識改革なんて余計なお世話だと思うけどね。そんなもん放置しておけばいいじゃねえか。むしろ、ゲームとリアルを分離しすぎてる英騎のほうこそ意識改革が必要なのでは?
そんな英騎も、話が進むにつれて「アコは俺の嫁」と暫定的ではあるが認めていく場面が散見されるようになる。また「無理だから誰か手伝って作戦。俺はこれをネトゲから学んだ」とあるように、ゲームとリアルをリンクさせるような言動も見られるようになり、「ゲームとリアルは別だ」は単なるエクスキューズや形式的な決まり文句として陳腐化していく。これは英騎の成長とみていいだろう

【アコについて】
可愛いメインヒロイン。奈々子を筆頭にクラスのリア充女子からモテるのもわかるわ
LAで付き合いが長い分、ルシアンとはそこらのリア充よりも心のつながりが強い愛で結ばれているという主張には納得できる。リア充でもそこまでの愛や信頼関係はなかなか獲得できないからね。この理屈は後に「文字だけの会話で、相手が偽者だと見抜いた。そんなわずかなコミュニケーションで、相手の同一性を推し量れる人間関係がどれだけあると思う?」という杏の主張でますます強化されることになる
ネトゲ部の迅速な設立を「見事な仕事ぶり」だと感心するアコには共感できる。茜の「ゲームとリアルの境界が薄くなっていく」に対しアコの「楽しいからいいんじゃない?」には共感できる
ルシアンの純情を弄んだという理由で猫姫に憤りを感じるアコはいい子だ。ルシアンに弁当を作ったりBBQの食材の下ごしらえをしたりと、女子力の高い部分も好き。
第9話で、見事な弁舌で他の女子を洗脳するシーンは痛快だ

「ルシアン、誰に何を言われたんですか?」「誰かに会ったんでしょう? 何か言われたんですよね?」「女の人ですか? 夫の浮気は一目で分かるんですよ」その勘の鋭さは我々の業界ではご褒美です。女から嫉妬すらしてもらえない男だっているんですよ!
ルシアンが浮気するんなら私だって他のOFF会に参加してやる!という報復を打ち出すあたり、まったくもって女は怖いです。

アコよ、あれだけルシアンと目立つ行為を学校内でやっていれば噂になって当然でしょ。イジメじゃなくて因果応報。対人関係が苦手なのは、今まで引き篭もってたせいで免疫が無いからだろう。カルチャーショックは誰にでもあることなので、あまり気にする必要は無いのだが。しかし、アコが対人バリヤーを張る理由は、茜含む周囲のクラスメイトの態度にも問題がある。見てるとアコの希望や言い分を聞かずに一方的に自分の好みや趣味を押し付けてるだけじゃねーか。相手が大人しそうなのをいいことにマウント取っていじる行為を健全なコミュニケーションとは言わねーんだよ! メイド喫茶の件でもそう。「アコちゃんは結局のところどうしたいの?」「イヤなら無理にとは言わないんだけど」くらい気の効いたことは言えないもんかねえ

一方で、「その間には超えられない壁があるんです〜」と奈々子を排除しようとするアコにはイラッと来た。ああそうか、俺がSAO嫌いなのはこういう閉鎖性があるからなんだな。「超えられない壁なんてないよ」とサラッと返す奈々子のリア充みたいな態度は痛快だったがw
他にも「どちらかと言えば共働きがいい」「え?何ですって?」と、ルシアンに養ってもらおうとする図々しさや、奢られる気満々の恥知らずな態度、何もかも人任せで困難や責任から逃げるような態度には感心しなかったが、攻城戦イベントがきっかけで「逃げて後悔したくない」と成長の兆しが見えてきたのは良かった

【シュヴァイン瀬川 茜について】
英騎が直結厨だからどうだというのだ? 英騎もそこはムキになって否定するほどの問題か?

「こういう雑誌はね、いわばリアルオフライン、職業女子高生用のまとめ攻略wikiよ」
編集者とライターによって一方的に情報や価値観が決められる紙の雑誌と、誰もが情報発信者になれる攻略wikiを一緒にするなっての。別にそういう雑誌、見ても見なくても日常生活全く困らないので…そもそも今どき紙の雑誌の情報をありがたがってるのって古い…古くない?

「今やこのオフラインは、職業固定の経験者限定募集 完全作業周回パーティしか残ってないの」
豚ちゃんが何を言っているのかわからない件。おまえは何を言ってるんだ? それって豚ちゃんの感想ですよね? なんか、そういうデータあるんですか? なんだろう。ウソつくのやめてもらっていいですか?

「あたしが今までどれだけリアルにつぎ込んだと思ってるのよ」
知らンがな。つーかその割には思ったほど成果が出せて無いようですが。成果を出せないやつの言葉など誰が信用するんだ? リア充になりたくてもなれずにもがいてるヤツならなんにも教わりたくないねー! 誰もがそうであるように、習いたいのは実力と才能があるヤツからだけだぜ!

「見なさいアコ、リアルも同じよ。情弱だとこうなるの」
セッテを引き合いに出すのは止めて差し上げろ。むーたん可愛いじゃん。そういうハチャメチャでカオスな展開や過程を面白がって楽しむのがMMOの醍醐味だろうが。予習必須でわずかなミスも許さないような息苦しいプレイの何が面白いんだよ。「遊びでやってんじゃないのよ!」とか馬鹿じゃネーノ?www
こんな ねとけ゛ に まし゛に なっちゃって と゛うするの

「夏休み明けの女子の会話ってどうしてイベントスキップできないの!?」
アコのような非リア充の認識としてはその質問は正しいが、プロットとしては疑問に感じる。茜はこの夏、海に行ったりお泊り会したりと、結構なリア充ライフを送ってたじゃないか。話題には困らないはずだと思うけど、何が不満なんだろう?

「一学期はどうやって普通のJKやってたのよ。全く記憶に無いんだけど」
これだけで適正や素質が無いってことがよくわかる。奈々子のようなリア充なら、普通のJKなんて考えなくたって、それを努力だなんて思わず過程を楽しみながら呼吸するかのように自然にできるもんだし。

「自分はそういうキャラなんだって認めちゃったほうが楽よ?」
お前の言うとおりだ…(ケンシロウ顔で)。茜も自分を「ネトゲやっちゃう系女子」だと認めちゃったほうが楽なんじゃないかな?
ログイン時間が減るから恋人は作らない、ネトゲをやれる時間が毎日増えるという餌に釣られる、意味も分からずシュヴァインとか平気で名乗る、ゲームプレイスタイルについて熱く語りすぎうるさい、同族嫌悪、近親憎悪、リアルでは隠し事が多く不審な点が多い。見事なまでのオタク的行動のテンプレじゃないかwwwこれで自分はオタクじゃなくてリア充予備軍だと思ってんだから腹筋が死ぬwwwwその犬捨てて来いだの、アコをいじって憂さ晴らしだの言っちゃう部分にも性格の悪さが滲み出とるワイ

茜ってさ、適正や素質が全く向いてない分野ばかり目指しているような見苦しさ、痛々しさを感じる。例えるなら、公務員や一般事務といった地味で堅実な仕事が最適なのにもかかわらず「俺はミュージシャンになる」「私はイラストレーターになる」とか言って人生の袋小路に突撃しているような愚かさを感じる。そのうえ「なんで私がこんなに努力してるのにアンタは努力しないの!? ずるい不公平!! アンタも同じように苦しみなさいよ!」なんて風に当り散らすから始末が悪い。そんなもん知らンがな。自分で茨の道を選んだんなら人のせいにせず自分で責任取れよ! 世の中、やる人はやるしやらない人はやらない。それだけのことだ
そんな茜だったが、ラストでは英騎に焼きとんを分けながら穏やかな笑みを浮かべるあたり、彼女も精神的に成長してるのかもしれないね

【マスター御聖院 杏について】
彼女は友達が居ないのではなく作らないだけなんじゃないかな。自分から拒絶していればそりゃできない。でも、容姿端麗でスタイル抜群、教養も財テクもあり実家は金持ち、リアルでは生徒会長のポストを任されている成功者で、猫姫先生に圧力をかけてネトゲ部の設立を認めさせるほどの高い政治力を持つ聡明で自信満々で破天荒な性格。これで追っかけやファンクラブが学園内に発生しないのはどう考えても不自然。薙切えりなにだって緋沙子がいるのに
あまりにも質実剛健で面白味のないキャラゆえか、重課金・家事スキル皆無・対人戦が苦手・照れ屋と次々に変な属性が追加されるが、ついに最後まで彼女がキャラ崩壊することはなかった。第9話で家庭環境を描いても彼女の人間性は掘り下げられないままだった。ヴァレンシュタインが裏切る可能性を考えていなかったのは少々間抜けではあったが

【その他】
ネトゲとリアルの二重構造には無限の可能性を感じる。スタッフもその辺に気付いていたのか「ウルトラフォース」を持ち出してきたのは非常に画期的。剣と魔法とモンスターだけがネトゲではあるまい。エースコンバットや首都高バトルをやってもいいのよ? そういえばハルヒでは「The Day of Sagittarius 3」が出てきたっけ。キングゲイナーでは「オーバーマンバトル」が出てきた
自分達が既にリア充なのにリア充を憎むってパターンは「さえかの」「しょこめざ」でもあったけど最近流行ってんのか? 何かのテンプレなんすかね?
セッテがバッツを「ばっつん♪」と呼ぶシーンではウェイ系リア充のラブコメ波動を感じた
[共感]
2016/09/04 概ね納得できるキャラ設定の中でシュヴァインだけが異質な感が強く共感できます。掘り下げの深さが素晴らしいレビューと思います。 by ねぎ麻雀

2016/07/17 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:264(66%) 普通:0(0%) 悪い:137(34%)] / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 7904
原作未読

1話で良い最終回でした、もう少しやることを絞ってショートアニメであれば十分面白いと評価できたかも。

初めからネトゲ男子的妄想すらをも遙かに凌駕するような、見てるこちらが恥ずかしいくらいのご都合設定
ここを乗り切らなければ見せるつもりはないと言わんばかりの羞恥ハードルの高さにちょっと好感。

【良い点】
キャラの個性は判りやすくて良い。
絵はきれいだったと思います。

【悪い点】
全体的にはキャラ絵は好きですが、ヒロインはいまひとつでした。
生粋の残念ヒロインというわけでもなく、問答無用で可愛らしいというわけでもなくどっちつかず。
単純化してどちらかに偏らせたほうが良かったかもしれない。
ヒロインの声優さんはファンですが、ちょっと声質が幼すぎたり、キャラにちょっと合ってなかった印象。

「アコ」が「ルシアン」を好きになるのは判るのですが、「西村」が「亜子」を好きなる根拠が判りにくい。
自分に好意を寄せているという確信、付き合っている女性がいないから、容姿がいいからとかだとしたら、
あまりにも普通すぎて物語としていまひとつ。

どこぞのアニメのように小ネタをちょこちょこ挟んできて、案件に関連性があるのは良いところなのですが、
タイミングもいまいちで質と量も低く、「とりあえず入れてみました」的でかえって残念になった印象です。

主人公からヒロイン、サブキャラまで自己紹介以上の掘り下げがほぼ全くない。
ネトゲでの手探り感を演出したいのかもしれないが、何かドラマが起きたとしてもそこで共感は無理かも。

原作がどうなってるかわからないので一概にはいえませんが、話の区切りや構成はいまひとつ
とくにリアルとネトゲの両描写の分配はどっちを主にしていくのか、方向性がよく判りませんでした。
ゲーム上での話で1クール終盤を〆ちゃったら、そっちの話しがメインかと思っちゃいます。

妥当な解決手段があるのにわざわざ下手を打ってこじらせる主人公のスタイル
人為的な物語先延ばし措置は当たり前だろうけども、最善を選ばない理由くらい少し練ってほしかった。

【総合評価】
最後まで見てしまったし、全体的には面白く感じてしまった事を否定はできないのだけれども、
リアル生活の方でどう進展するのかを期待して見てしまったので、少々物足りなかった印象です。

2016/07/17 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1770(52%) 普通:882(26%) 悪い:772(23%)] / プロバイダ: 3991 ホスト:4011 ブラウザ: 8636
ネトゲで知り合ったギルドメンバーは全員が同じ高校で、自分以外は全員が
可愛い女の子だった!!というラブコメアニメです

こういうパターンだとハーレムになっていくんだろうなぁ。と思い観ていましたが
そうはなりませんでした。アコ以外のメンバーは(それなりの)常識人を揃えており
メインヒロインを確立させた真っ当なラブコメとなっています

本当にアコ以外のメンバーは普通の高校生です(ちょっと変わってはいるけど)
団長は課金厨ではあるのもののリアルではちょっとボッチな程度で生徒会長。
シュヴァインに至ってはネトゲ趣味を隠してはいるだけの普通の女子高生。
主人公のルシアンも重度のオタクという程度でしかありませんでした

その中でヒロインだけが根暗女子だけでは収まらずに桁違いにぶっとんでいて
リアルとネトゲの境目が揺らいだ、ネトゲの中の旦那さま現実でも旦那さまという
電波系少女なのです(ついでに家では裸)

アホで天然の娘。というのはアニメキャラとしてまだまだ需要があるとおもうし
こんな可愛い子(アホだけど)が、学校でもネットでも擦り寄ってきて頼られちゃったら
惚れないわけがないじゃない!(電波女だけど)

なのでラブコメとしてはアリだったんですけど、、、ネトゲのシーンが
めっちゃつまらなそうだったんです。ギルドのメンバーたちはこそ楽しそうですけど
ネトゲのネガティブキャンペーンでもしてるんじゃないのかってくらいのサゲっぷりで
そのためネトゲをメインでやってるだけの後半のエピソードは退屈だったなぁ

ネトゲとラブコメをもっと噛み合わせることに成功すればもっと良作になった
かもしれません

2016/07/08 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:133(74%) 普通:6(3%) 悪い:40(22%)] / プロバイダ: 40551 ホスト:40383 ブラウザ: 5191
【良い点】
作画は安定していて良いです。
ゲームの中の世界も細かく描かれています。

EDも良かったです。
このアニメに合っている演出と音楽でした。

その中でも一番良かった点は、ゲームの中で普通に会話するという発想ですね。
チャットで話している事を、まるで現実に話しているかのように表現している点はかなり良かったです。

【悪い点】
主に二つあります。

一つ目は、現実的にありえないというストーリー。
高校生が部活としてネットゲームをするというのはどうかと思いますね。
学校の教育方針はどうなのかな…と気になりました。
その結果、西村を始めとする登場人物たちに共感できませんでした。

二つ目は、結局「カネ」で解決させてしまうという展開。
「カネ」で解決させるくらいなら、「無課金で協力して戦い抜きました!」というストーリーの方が、まだ部活動らしくて良かったのではないかと私は思いますね。
彼らはまだ高校生なのですから。

【総合評価】
全体的に見て、評価はとても悪いとします。

[推薦数:1] 2016/07/02 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:390(56%) 普通:105(15%) 悪い:204(29%)] / プロバイダ: 16444 ホスト:16292 ブラウザ: 7496
ヲタク系自虐、ヒキコモリ、友情のお話です。
この手のネタは王道ではないのですが、そろそろ飽和状態になった感があります。
この作品ではゲームヲタ。
【俺妹】あたりから始まり、去年は【電波教師】がありました。
その他相当数のネタが出てきて、そろそろ見飽きました。
ゲーム内での知り合いが同じ学校だったなんて設定も初めてではないわけだし、そのネトゲ部を作るってのも【げんしけん】でやったネタです。
飽き飽きしたネタなので、良い印象はありません。

それ以上の印象はありません。
もう一つ何かひねりが欲しかったと思います。
評価は二番煎じと言うことで【悪い】とします。

[推薦数:1] 2016/06/29 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:504(71%) 普通:103(14%) 悪い:105(15%)] / プロバイダ: 861 ホスト:586 ブラウザ: 5171
先日に全12話の視聴を終えたので早速コメントに参りたいと思いますが、
まず本作で印象的なのはネットとリアルの区別が付かない亜子のキャラクターですが、
この様な残念な性格をしている亜子のキャラクターが観てて楽しいですね。
それにしてもかなり残念な性格の持ち主でありながら、
英騎の周りに女の気配を察する時は妙に鋭いし、
しかもヤンデレ属性を持ち合せてる危険な一面も有る一方で、
残念ヒロインのイメージに反して意外にも料理に関しては上手いのですが、
とにかく色々な面を持ってる亜子のキャラが立っているのが魅力的で、
特に英騎の前で見せる亜子の正妻ぶりは堪らなく可愛いですね。

また亜子以外のキャラでは金髪ツインテールでツンデレの茜とか、
ギルドマスターで課金しまくりの杏に、それとゲーム世界では猫姫と呼ばれて、
親衛隊まで存在する程の可愛いキャラを演じてる斎藤先生などが居ますが、
でも杏の場合はネトゲに対しての課金が度を過ぎてるし、
また斎藤先生なんかは一見は普通そうに見えるけど、
時々リアルの世界でも「にゃあ」とか思わず口に出しちゃう所が可笑しかったり、
後は茜に関してはきっちりとネットとリアルの世界を区別できてるが、
でも部室の高スペックPCを見てベタ惚れしまくり等、
亜子以外のヒロイン達も残念な要素を持ってはいますが、
この辺りに於けるヒロイン達が見せる様々な姿が観てて面白いですね。
こういう形で英騎やヒロイン達のネトゲ部の面々が賑やかしい雰囲気で、
ネトゲ部の活動を楽しんでる光景というのは良いなと思います。

本作に関して言えばストーリー的にというかラブコメ的に見れば
最初から実質的に英騎と亜子の組み合わせは決まっていて、
特にストーリーが二転三転する様な波乱含みの展開は無いと云いますか、
基本的にはネトゲ部の日常に終始していてネトゲのあるあるネタと、
また英騎と亜子の夫婦漫才を楽しむ平坦な内容となってるけど、
個人的には本作で描かれるネトゲ部の面々が賑わう楽しそうな光景と、
そして何よりもヒロイン達の可愛さや楽しい姿を存分に味わえたので
ここはキャラクターの良さを加味して評価は「良い」にしたいと思います。

2016/06/27 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:89(59%) 普通:29(19%) 悪い:32(21%)] / プロバイダ: 2542 ホスト:2399 ブラウザ: 9081
原作未読

ネットゲーム上でチームを組むそれぞれが、実は皆同じ高校の生徒である、とわかって、現実の学校生活で、そしてネットゲーム空間でのそれぞれの人間関係を巡るコメディ作品

所属する通称ネトゲ部では、主人公以外が全員女性なので、通常のテンプレ型だと女性全員(あるときは教師も含めて)が主人公に惹かれる、となるのだが、少なくともアニメ放映の中ではほのめかすような描写こそあれど、明確にそれとわかる描写がされないのは珍しい。もし全員となると、「またこのパターンか」と一気に評価を下げるところを踏みとどまっている。また、この展開だと全員が知り合いだったとわかるまで時間がかかると思われるところを最初に持って来たのも珍しく、差別化を図ろうとしたのかと思う。とはいえ、もうひとつのありがちな「全員が残念」に陥ってしまっているのは、そうしないとライトノベルとして成立しにくいのだろうが、ここももうひとひねり欲しかった。

大まかな流れとしては、ネットゲーム空間に入り浸り現実の高校生活に適応できなくなってしまった亜子を現実世界にひき戻す、というもので、それがなされた後は、学園モノの定番行事や、ネットゲームに於ける問題点など、硬軟混じりの展開になり、楽しい。ただ、キャラクターはテンプレで、特に「さえない彼女の育て方」と重なってしまうし、チームのそれぞれが同じ高校の生徒であるとか、「彼女になってくれ」の回答が「嫌です」となった理由が実は、など、簡単に先読みができてしまい、展開が安易なのは否めない。また、ネットゲーム未経験者にはストーリーの中で出てくる独自の用語がわかりにくい。殆どの部分は説明されていたものの、全部ではなかったようで、たまに何を意味するかわからない台詞が出てきたりするのも不親切。

特に、最終回に至るクライマックスでこれをやってしまったので、最後主人公側が勝った(防衛できた)その技術的理由、が未経験者にはよくわからず、消化不良を感じてしまう。

ヒロイン3人が皆残念である、という設定だが、あまり好感の持てるキャラクターといいがたいそればかり。特に先生が現実世界でも語尾に「にゃー」をつける、というのはやりすぎで、折角の差別化挑戦を台無しにしているのは勿体無い、

2016/06/25 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2402(50%) 普通:1204(25%) 悪い:1201(25%)] / プロバイダ: 36209 ホスト:36373 ブラウザ: 5173
(SF映画などで見られる)バーチャルゲームでもないオンラインゲームで完全にバーチャルしてしまう主要登場人物全員が病んでいる。
しかし、その病っぷりを客観視して描いていないから薄気味悪い。

主人公の西崎が「『ネトゲ』と『リアル』は違う」と言っていますが本来の意味とは逆に使っている。
ネトゲのバーチャル世界で遭遇する人の中には彼と同様の思春期ゲーム好きオタク系男子も沢山、いるのに
肝心の現実世界で彼と一緒にネトゲに熱中しているのは美女&美少女ばかりというハーレム状態。
しかもリア充にコンプレックスを抱くのは瀬川茜の役だし、ヒロインの亜子は西崎にとって
自分よりもダメ人間で尚且つ自分に盲目的な愛情を向けてくれる非常に都合の良い存在。

人間関係というのは相対的要素が大きく「コイツよりマシ」的優越感というのは誰しも抱く可能性があるし、
それに該当する相手が身近に居るというは精神的に楽。だが、そう楽ばかりしていると人は駄目になる。
「ドラえもん」でのび太が自分より出来の悪い少年が転校してきて喜んだエピソードの中で
ドラえもんは道具を使って、のび太に自分を客観視させた。
本作では亜子が自宅に引篭もってしまった話で西崎が様子を見に訪れましたが
その時の玉置家の母親の描き方で「ドラえもん」と逆方向だな…と思わされました。

最終回などオンラインゲームの知識が無い人には、もう何をやっているのか意味不明の展開。評価は「最悪」で。

2016/06/24 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:68(48%) 普通:27(19%) 悪い:48(34%)] / プロバイダ: 5870 ホスト:5837 ブラウザ: 7906
【良い点】
絵は綺麗
お金の大事さを学べます

【悪い点】
恋愛要素とゲーム要素どちらも中途半端感でうすっぺらく感じる。
ゲーム内の恋愛とリアルの恋愛を題材にした作品に思えるが、リアルの世界も素晴らしい友人やクラスメートで現実感を感じさせない。
ゲームのネタ等が古い。(懐かしいなぁ〜と思える人には良い点かもしれません。)
ゲームのシーンのクオリティは低い。

【総合評価】
ハーレム物やかわいい女の子を見たい人にはおすすめかもしれません。
個人的には 悪い 評価とさせていただきます。

2016/04/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:8(47%) 普通:4(24%) 悪い:5(29%)] / プロバイダ: 3121 ホスト:2972 ブラウザ: 10318
【良い点】
アニメにしたことによって畳み掛けるようなテンポになっておりさくさく飽きがなく見れること
【悪い点】
ネトゲ題材でハーレムものなのはちょっとどうかと・・
薄っぺらい内容
【総合評価】
原作未読でアニメの方をある程度みて評価がこれ以上にも以下にもなりそうになかったので評価しました。

この作品は活字媒体では読む気になれないなっていうのが一番の感想です。アニメだからこそテンポよく見れるのでいいのですがこれを活字で読むとなったらただただ苦痛でしかないだろうなというくらいオタクの妄想日記もいいところの内容です。ある程度のテンポ与えることでそこそこ楽しめるものを作ったアニメ製作したスタッフさん達の腕が光ったところは評価点です。
が、内容に関して言うとネトゲ題材にしてるのに女ばっかの比率になるっておかし過ぎるし意外性もなく面白くもなんともないんですよね。
追加で増えるキャラも女の子、ネカマ宣言してた人もやっぱり本当は女の人ってキャラ配置からして酷いです。百歩譲って女性比率が高くてもゲームを題材としてるなら主人公以外の男性キャラは必須だと思いますね。ネナベ二人も入れるくらいならネカマとネナベ一人ずつにした方がリアルな上話の幅も広げられるのになぁ。
会長のキャラから考えてもあちらは男キャラにした方がよかったかなと思いますし、それこそ男の娘とかがネカマやってたとか意外性のあるネタいれたりと色々出来るところを無理くりハーレムにしちゃうあたりが妄想日記としか言えないです。

で話自体もそもそもヒロインであるアコをまともにするって内容ですがヒロインのアコはリアルでも対してコミュ障っぽくないのでただ単に人見知りなだけな感じで致命的な部分を感じませんし、主人公側もゲームとリアルは別!といいながらもリアルでも最初からお互い好感度マックスみたいな状態なので3話ぐらいの時点でもうお話としての伸び代はなくあとはダラダラ続いていく展開になるんだろうなと容易に想像できてしまうのが残念すぎますね・・・

この作品が日常ものの四コマ作品ならまた違った評価をしたかもですが活字媒体のラノベ原作なのでちょいと辛口な評価です。

ただしアニメの方はまだ割と見れるので普通としておきます。

もっと読む

「個人的に絵は嫌いじゃなかったんだけど、とにかく内容に寒気がした。まるで女の子をロボットか道具にしか見...」 by 怪盗乱馬


次のページを読む

この評価板に投稿する


2018/06/09 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 42293 ホスト:42299 ブラウザ: 10902
アコちゃん、電撃文庫FIGHTING CLIMAXに最近プレイヤーキャラとして出ていますね。

2020/09/20 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19059 ホスト:19240 ブラウザ: 11387 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリーとても悪い(-2 pnt)
キャラ・設定とても悪い(-2 pnt)
映像とても悪い(-2 pnt)
声優・俳優普通(+0 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. 「あかね」という名前キャラ by 竜巻回転
... 茜以外で「冴えない彼女育てかた♭」紅坂朱音や、 「月がきれい」水野茜、「恋愛暴君」緋山茜も思い出すが、 尤も緋山茜に関して個人的に嫌いなキャラだけど。 後他に思い出せ所で「ふらいんぐうぃっち」木幡茜や、 「トゲ女の子じゃない思っ?」瀬川 ...
記事日時:2017/11/21
2. 2016年春アニメ感想。 by S・N
... 2クール目戦闘シーン迫力が増し、前期終盤に大量に出てきキャラ達も立ち始めので中々面白かっですね。 ライバルが落第からハンドレット大きく弱体化しもあるけど 原作ストックかなり使ってしまっので2期ないだろうけどOVA制作されたら見てみたいですね。 ⑤トゲ女の子じゃない思っ? ストーリー自体 ...
記事日時:2017/04/24
3. 同じ共演者が3人以上いるアニメ2016年7月期(2) by ウクレレ
... ドッグス__国木田独歩__芥川龍之介__梶井基次郎__―__―__― ツキウタ。THE ANIMATION__聖クリス__結城若菜__如月恋__桃崎ひな GATE 自衛隊 彼地にて、斯く戦えり__テュカ・ルナ・マルソー__ボーゼス・コ・パレスティー__仁科哲也__シャンディー・ガフ・マレア トゲ女の子じゃない思っ?__イサナ ...
記事日時:2016/10/19 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? / 文学:ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ