[アニメ]夏目友人帳


なつめゆうじんちょう / Natsume Yujincho
  • 感動
  • 美しい
  • 考えさせられた
  • 友情
  • 涙流した
  • 面白い
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: アニメ:続 夏目友人帳 / 漫画:夏目友人帳
アニメ総合点=平均点x評価数66位6,138作品中総合点252 / 偏差値88.18
アニメ平均点182位2,802作品中平均点1.87=とても良い/135評価
2008年アニメ総合点4位226作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
ストーリー2.17(とても良い)40
キャラ・設定2.08(とても良い)40
音楽2.08(とても良い)40
映像2.00(とても良い)40
声優・俳優1.98(とても良い)40
感動80%32人/40人中
美しい55%22人/40人中
考えさせられた55%22人/40人中
友情50%20人/40人中
涙流した42%17人/40人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

妖を見るることができる少年・夏目貴志と、
招き猫の姿をした妖・ニャンコ先生とが繰り広げる
妖しく、切なく、懐かしい、感涙のあやかし譚
【スタッフ】
原作:緑川ゆき (白泉社「月刊LaLa」「LaLa DX」連載)
監督:大森貴弘
シリーズ構成:金巻兼一
日本 開始日:2008/07/08(火) 01:00-01:30 テレビ東京 TV / 終了日:2008/09/30
[開始日詳細]
放送地域
放送局
放送期間
放送日時
関東広域圏テレビ東京2008年7月7日 - 9月29日月曜 25:00 - 25:30
愛知県テレビ愛知2008年7月8日 - 9月30日火曜 25:28 - 25:58
北海道テレビ北海道2008年7月8日 - 9月30日火曜 26:30 - 27:00
福岡県TVQ九州放送2008年7月10日 - 10月2日木曜 26:48 - 27:18
大阪府テレビ大阪2008年7月12日 - 10月4日土曜 26:05 - 26:35
岡山県・香川県テレビせとうち2008年7月12日 - 10月4日土曜 26:10 - 26:40
熊本県テレビ熊本2008年8月4日 - 10月27日月曜 25:55 - 26:25
日本全国AT-X2008年9月5日 - 11月28日金曜 10:30 - 11:00
鹿児島県鹿児島テレビ2008年11月13日 - 2009年2月12日木曜 26:10 - 26:40

※ この日付情報部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
公式サイト
1. アニメ 夏目友人帳 公式サイト
2. テレビ東京・あにてれ 夏目友人帳
オープニング動画 (2個)
一斉の声一斉の声
歌:喜多修平
詞:椎名慶治
作曲:TAKUYA
編曲:TAKUYA h-wonder [ファン登録]
[もっと見る]
144,347145135
最近の閲覧数
515126927742
1人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/09/10 / 最終変更者:霧の童話 / その他更新者: アセチルサリチル酸 / みゆきちいいいいい / kunku / 管理人さん / 雪霞 / 提案者:ダイゼンガ- (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/05/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(33%) 普通:0(0%) 悪い:2(67%)] / プロバイダ: 14975 ホスト:14977 ブラウザ: 5521
【良い点】
雰囲気、音楽がマッチしており、ちぐはぐ感がまったくないこと
EDへの導入が自然でとても良い。視聴後に雰囲気を残せる
無駄な箇所がない
癒される

【悪い点】
人によっては面白みがなく感じるかもしれない
時折BLか?と思わせる描写が露骨
アニメオリジナルのキャラクターのごり押しが凄い

基本ほのぼのとした雰囲気で続くので、人によって合う合わないがあるアニメだと思いますが、
この作品の1期は特にスタッフがほぼ同じ方向を向いている数少ない作品だなと思いました。
悪い点を挙げるほうが難しいです。

【総合評価】
『最高』で。
全期視聴済ですが、この1期は特に出来が良く、疲れたときにおすすめの作品です。

2018/05/08 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 10869 ホスト:10814 ブラウザ: 10172
キャラクター、作画、音楽、ストーリー…
どれも調和がとれた素晴らしい作品でした。

素朴できれいな背景画の描写は秀逸です。
ストーリーも、泣ける話がいくつもありました。
主人公の夏目は、声もぴったり。繊細で抱え込みやすい性格は、守ってあげたくなります。夏目の用心棒、ニャンコ先生は、最初はブサイクな猫だと思ったけど、今はもう可愛くてしょうがないです。普段は招き猫の形ですが、本性である斑(妖怪)モードのニャンコ先生は、声が渋くて素敵です。
大人が見て、十分楽しめる作品だと思います。
評価はとても良い。

2018/04/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:241(68%) 普通:34(10%) 悪い:79(22%)] / プロバイダ: 6659 ホスト:6258 ブラウザ: 8330
【良い点】
「一斉の声」、「夏夕空」、BGM
話同様に良い歌。特にOPのサビのあたりで関わった妖怪たちが出てくる演出はかなり良かった。

妖怪
可愛かったり格好良いと思えるデザイン、いきなり出てきてびっくりさせる、妖怪らしい怖さを出してるのもあった。妖怪を倒すじゃなく、友人帳に記されてる妖怪に名前を返す、友人帳とは関係ない話でも夏目が出会った妖怪の事情や想いを知って、ニャンコ先生の力もあってと自力で助けたりするのは感動と達成感の両方を感じさせる話の良さを出してる。

夏目と、夏目の関係者の人間側は好きにさせるキャラの魅力を考えて作られてる。関わった妖怪側も嫌いなキャラだと思わせなかったり、好きにさせる内容を出していてキャラクター自体も上手く考えている。

第六話
原作は読んだことはない。でも、「夏目友人帳」自体、話が好きで、この話は個人的に好きな話で一番良かった。

友人というタイトルの意味を生かしてる内容

聞いていて楽しかったり上手さを出してる声優さん達の役

井上和彦さんのニャンコ先生の役
声を聞く前に猫の姿を見た時は多軌じゃないけど可愛いと思ってしまった。知らずにOPで初めて見た時に本当の姿は男性声優さんが、猫の姿の時は女性声優さんが演じるのかと思っていたら、両方の姿の時でも男性声優さんが演じるのには驚いた。で、面白いと思えるほど凄く役が合ってた。

ドラマ主体でその中にギャグを違和感なく入れてるバランスの良さ

【悪い点】
ない。

【総合評価】
人間不信だった夏目がニャンコ先生たち妖怪と関わっていて人と妖怪の気持ちを知っていく話は心温まる良い話で良く出来てる。

2017/01/15 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:55(49%) 普通:25(22%) 悪い:32(29%)] / プロバイダ: 29070 ホスト:29276 ブラウザ: 5173
【良い点】
安定して、温かみを感じるストーリー

【悪い点】
起伏の少なさ。
大人な学生ばかり。

【総合評価】
良いお話しでした。
もうちょっと学生の子どもな部分もあればなと感じます。

推しキャラ:夏目

2016/11/10 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 17611 ホスト:17723 ブラウザ: 7460
【良い点】
豪華声優陣
BGM
作画
シナリオ
原作を再現している

【悪い点】
ないかな

【総合評価】
現在5期が放送されているがいつ見てもほのぼのとしていて和むし、毎回違う妖怪達とそのエピソードには感動させられる。これが本当の人間と妖怪の絆なんだなあと感心。
原作も読んでいる身ながらアニメの出来はさらにすごい。原作通りに再現しているし、作画やBGM、声優の演技等どれをとっても素晴らしいし色あせない。
少女漫画原作アニメの中でもちはやふる、ハチクロ、俺物語同様傑作。

2015/09/22 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:13(65%) 普通:1(5%) 悪い:6(30%)] / プロバイダ: 6419 ホスト:6465 ブラウザ: 11449
いい雰囲気出てる。
たまに泣きそうになる。

2015/07/04 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3025(33%) 普通:3151(34%) 悪い:2980(33%)] / プロバイダ: 15166 ホスト:15498 ブラウザ: 7911
近年大人気を博しているらしい、和風ファンタジーの代表選手なようですね。
しかし・・・・・・・

父方の縁戚の元で暮らしていたという設定だった貴志、序盤は半ば厄介者扱い
されていたかのような回想シーンも見られましたが、お互い家族らしく向き合う
様になっていったのもある程度以上描かれていて、暗い過去等それほどは深刻に
描かれてなかったのは救いだったでしょうか。妖が見えるという設定で、ニャンコ
先生とコンビ組みながらその交流を主軸としていた様ですが、正直あまり可愛い
とは思わなかったです。(苦笑)昔ながらのイケメンボイスな正体の班との演じ分け等
井上和彦氏の好演は流石でしたが。

そうした交流の中でも特に印象的だったのは子狐とのそれでしたね。良く言えば純朴、
悪く言えば世間知らずで疑う事を知らない所がありましたが、彼をいじめていた他の
妖怪コンビは終盤においても、自分達が人間に見えないのを良い事に祭りでの調理
妨害を彼のせいにしようとした等懲りない奴らでしたね。(苦笑)タイミング良く名取
に助けてもらって、第3期でも再登場したらしいですが、「またかよ」と言うか、ほのぼの
した雰囲気に水を差されたような気も。その他人間面々では、田沼も中盤以降は
思ったほどは・・・・・・かと思いきやでしたが、眼鏡っ子だった純ニャンコ先生への
綽名も「ちょっと酷いよ」だった(?)けど、容姿も立ち回りもややステレオタイプ的でしたね。

内山昴輝氏主演の蛍火の社へが面白かったので、同じ原作者の本作も見てみて
惹き込まれる様な幻想的ムードな世界観とか、確かに他の和風ファンタジーとも一線
画する魅力はあったのですが・・・・・・・・・・・
まあairシリーズもそうなのかもですが、要するに「良くも悪くも安定しすぎ」だったの
かなあでした。本来の持ち味を壊さないとかのバランス取るのも難しいとも言えた(?)
のかもしれませんね。評価は「良い」にやや及ばないという意味での「普通」で。

2015/06/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 25029 ホスト:24961 ブラウザ: 5151
【良い点】
物語とEDのつなぎが良いアニメ。1期2期は確かに面白いです。

【悪い点】
回を追うごとに夏目の子供の頃の不幸話が痛々しくなってきて、こんなに自虐的な人間はある意味病気じゃなねーかと思うほど。ニャンコ先生は特に夏目を守れてないし、当の夏目は妖怪に対する危機感がまるでないし、妖怪なんて無視すればいいのに一々話しかけるし、一体何回同じこと繰り返せば危機回避できるのか、夏目が学習能力の障害を持った奴なんだと思うことで納得することにした。4期の夏目の子供時代は全然可哀そうでもないし、同情も誘えない迷惑なガキだった。

【総合評価】
1期2期のみ。後は凄く夏目にイライラしますね。

2015/02/19 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 349 ホスト:389 ブラウザ: 9629
【良い点】
・作画の安定感
・ほのぼのとした雰囲気
・にゃんこ先生

【悪い点】
・淡々としすぎで起伏がない、所謂やおい
・キャラデザインが地味

【総合評価】
当時、見ていて全く面白いと思わなかったのですが、後であちこちで絶賛されてるのにビックリしました
作品としてのクォリティーは高いのは分かるのですが、過大評価のように感じます
ストーリーは本当に退屈で、見るのがしんどかったです。僕の求める癒しとは少しずれてました

アニメはアニメなのでそんなに身近な感じもしなかったですし
もっとやりたいことをハッキリさせてメリハリをつけてほしかったです

2015/01/27 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 20574 ホスト:20569 ブラウザ: 5171
【良い点】
いいですよ。見なさい。
田舎が舞台の作品はやっぱりいいですね。トトロの田舎よりは好きだ。田舎に住んでいるから、田舎の描き方には厳しいよ。
基準は、自分のまわりの風景より落ちてたら、アウト、という判断ですけど。
気に入った登場人物がいつかは出てきます。出てくるはず・・・

【悪い点】
ちょっと考えつかないです。主人公が控えめなところ?作者は動かすのに苦労しそうなキャラクター。
まあ、巻き込まれ型の人だと思うけど…

【総合評価】
まあとにかくいいです。

2014/11/20 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:410(55%) 普通:50(7%) 悪い:285(38%)] / プロバイダ: 8274 ホスト:8168 ブラウザ: 8937
何か...後年に制作された、「化物語」と主人公の声優が同じですけど、自分としては、こちら本作品の方が、「化物語」って感じでしたねw
作品タイトル名は、「真・化物語」的な感じのイメージが強かった作品でしたw

本作品を視聴したきっかけは、本作品が非常に有名な作品で、かつ世間では非常に高く評価されてる作品だからです
本シリーズ自体は非常に長いですが、それがどのようなものなのか、以前から気になってはいたので、今回視聴してみることにしました

本作品のシナリオとしては、主人公の夏目は、妖怪が見える祖母の力を引き継いでおり、
彼女が過去において、自身の部下として従わせた妖怪の名前が記載してある友人帳を軸にして、シナリオが展開して行きます
そして、パートナーでもある妖怪のニャンコ先生と共に、日常を過ごして行くのですが、
友人帳を狙う悪い妖怪もいれば、性格が良い妖怪もいて、基本的には、夏目が困ってる妖怪を救って行く話です
舞台背景としては、妖怪モノとしては非常に相性が良い、大自然溢れた田舎を舞台にしており、
その妖怪モノの雰囲気などは、全面的に漂ってましたし、一見、妖怪モノと聞けば、ホラー的なイメージがありますが、
本作品にはそんな要素は一切なく、むしろ、1話完結型の作品なので、気楽に視聴出来る作品です

本作品の非常に良いところは、「主人公の良さが、全面的に描けている」という点でして、
本作品のシナリオ自体は、基本1話完結型故に、シナリオの展開も、非常にワンパターンなんですが、「困ってる人々(本作品では妖怪)を救う」というジャンルの作品ですから、
毎度毎度同じような展開になっても、作品に対しては、全く嫌悪感は抱きませんでしたし、
何かしら、こうゲストの妖怪達が報われる展開となるので、夏目の良さは勿論、妖怪自体の良さも理解出来ますし、
彼を補佐するニャンコ先生の良さも、見ていて非常に良く伝わりました
先日視聴した類似作品では、「にゃんこい!」「神のみぞ知るセカイ」でも、散々シナリオを酷評しましたが、
その1番の要因は、「助ける側に善意がないから(本当は助けたくないけど、助けないと自分に不幸が及ぶから、仕方がなく助ける)」と述べましたけど、
本作品の夏目に関しては、本当に妖怪達を助けたいというその想いが、非常に深く伝わりましたし、
彼が妖怪達と親睦を深めたりする展開なども多いので、この彼に対しては、実に好感を持ちやすかったです
ですから、元々この手のジャンル作品は非常に好きなので、作品に対しては、非常に馴染みやすかったですし、
大自然溢れた自然背景の描写も、文句なしに優秀と言えるので、そこもまた、作品として大きなアドバンテージを持ってると思います
先日では、同じく自然を世界観にした、「のんのんびより」を批判しましたけど、少なくとも、こちらの作品よりかは、断然良い作品でしょう(ストーリーが面白いしね)

本作品が世間でも非常に高く評価されてる通り、自分も本作品は、普通に良い作品だと思いましたが、何気に残念だと感じた点はあり、それは、「ヒロインの不在」という点ですね
本作品のシナリオは、基本的には、夏目とニャンコ先生の2人体制で、シナリオが進行して行くのですけど、流石に、メインキャラの数が少な過ぎて、物足りない感はあります
「可愛いヒロイン」とまでは要求しませんけど、ヒロインがいるいないで、全然作品に対する見方も、シナリオの展開も変わりますし、
メインキャラが少な過ぎるからこそ、ヒロインを投入して欲しかったです
1期しか視聴してないので、今後どうなるのかは、今現在では分かりませんけど、「夏目+ニャンコ先生+ヒロイン」という体制でシナリオが進行した方が、自分としては良かったです

以上ですが、本作品の問題点と言えば、欠点らしい欠点は殆どなく、大自然溢れた世界観の恩恵も活かされてましたし、普通に良い作品でしたね
主人公の夏目や、ニャンコ先生の良さに関しては普通に伝わり、この両者共共好感が持てるキャラでしたし、
各妖怪達に関しても、非常に丁寧に描写されてたので、元々、この手の妖怪モノ作品は好きじゃない自分ですが、そんな自分から見ても、本作品は良い作品だと感じるほどです
特に印象的なのは、7話?くらいで、めちゃめちゃ可愛いショタ子狐がいましたけど、あの子は、クソ可愛かったですね〜w(むしろ、「聖痕のクェイサー」で彼が主人公だったら...)

総じて、日常モノ作品で、たまにシリアス展開となる作品ですけど、作品自体は、普通に良い作品だと思います

あと、余談なんですけど、本作品の話の元ネタって、「ポケモン」とか、「カードキャプターさくら」とかなんじゃないかと、視聴していて思いました
例えば、「妖怪の名前が記載してある友人帳」というのは、「記載してある妖怪を、従わせられる」という点からして、
「ポケモンセンターの、パソコンのボックス」的な役割を果たしてましたし、「妖怪達の名前を返上する」という点においても、
「ボックスのポケモンを逃がす(解放する)」的な役割を果たしてました
この辺に関しては、「カードキャプターさくら」のクロウカード集めと逆で、「妖怪達を捕まえるのではなく、解放する」という感じでしたし、
さらに、「喋るペットがいる」という点も、一応両作品とも共通してますね
「ポケモン」では、同じく容姿が猫のニャースがそうですし、「カードキャプターさくら」では、ケルベロスがそうでした
ですから、本作品を好きな方々は、「ポケモン」とか、「カードキャプターさくら」とかが好きな方が多いんじゃないかと、視聴していて思いましたね

2014/11/17 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:17(61%) 普通:2(7%) 悪い:9(32%)] / プロバイダ: 10456 ホスト:10562 ブラウザ: 10024
【良い点】

夏目くんの境遇はとても辛いものであるはずですが、夏目くん自身はとても純粋。出てくるあやかしも純粋で優しさを持っている。最近の妖怪ものにありがちな、戦い、ハードなシーンは皆無。無理に友達になろうよ、とか、妖怪のせい、とかそういうのもない。泣かそうとしている作品ではないのにじわーっと涙が出てくる。一話完結でストーリーがわかりやすい。絵も綺麗。

オープニング、エンディングもストーリーによく合っている。特にエンディング、中孝介さんの歌が流れてくると、涙が出てくる。あれは反則だ!!泣

【悪い点】
最初、にゃんこ先生が味方になったり、名前を返そうとする理由がわからない
にゃんこ先生は夏目をすぐ殺していいんじゃないの?なんで殺さないのかな。
あと、少しワンパターン化もあるような気がします。

【総合評価】
原作は少女漫画で期待してなかったのですが、とても良かったです。
万人受けする作品ですね。子どもからじじばばまでみんな楽しめると思う。いま大人になって見返すと、忘れていた人の優しさを実感し、心が洗われます(ノω;`)
よくあるわざとらしいあざとい悲劇と違い、自然とじわーっと涙が出てくる作品です。
ただ、一気に見るのはちょっと退屈するかな。評価の高い作品だけを一話ずつ見てもいいと思う。

2014/09/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 51926 ホスト:52061 ブラウザ: 9658
【良い点】
人間の暖かみを存分に感じられた。毎回毎回涙が出ます。

【悪い点】
少し、スピードが遅いかも。二期三期のop,edは好きじゃない。
【総合評価】

それでも最高です!原作も大好きです。

[推薦数:2] 2014/08/28 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:722(51%) 普通:387(27%) 悪い:302(21%)] / プロバイダ: 8022 ホスト:7959 ブラウザ: 9932
おどろおどろしいホラーテイストもド派手なバトル要素も極めて希薄(皆無では無いけど)で、人間と妖(アヤカシ)とが織り成す奇妙な「縁」と、その後に訪れる「別れ」を日常の一コマでもスケッチするかのように淡々と描く、叙情性に満ちた妖怪譚『夏目友人帳』シリーズの第1弾。
オンエア開始当初は差ほど注目していなかったものの、何気なく目にした第2話「露神の祠」を観て以来、ズルズルと全シリーズに付き合って気が付けば『3Dニャンコ先生劇場』なんつー派生作品まで完全制覇しちゃってましたね(苦笑)。んで、「GyaO ! 」にて無印が全話配信されている事も有り、久々に鑑賞と相成りましたが…。

いや、やっぱり面白かったですよ。ニャンコ先生の独壇場であるコミカル描写も適度に笑えるし、本筋を成す妖との交流劇も無理無く涙腺を緩ませてくれる上に、清涼感と寂寥感が混じり合う各話のエンディングも余韻が尾を引いて暫しの間「ほっこり」した気分にさせられますしね。
「日常」を護りたいが故に己の能力を忌み嫌い、子狐言うところの「嘘っぽさ」で他人と接していた貴志が、妖と人間との絆を第三者目線で見守り続ける事に因って徐々に自分の能力の在り方を受け入れていく…といった「少年の成長譚」的なテーマの描き方も良好で、特に無印の場合は貴志へ劇的な意識改革を促さず、あくまで「妖が見える事は悪い事ばかりじゃない」と前向きに捉えるレベルで留めて有るのが却って好印象でした。田沼や名取といった理解者達との出会いも、元々は妖の存在が切っ掛けと成っている訳ですしね。

無印の難点と言えば、貴志の回想に登場する親戚や一部の凶悪な妖を除くと登場人物の大半が「性善説」に裏打ちされているかのような「いい人 & いい妖」ばかりで、刺激的な展開を望む輩には物足りなく映る事でしょうか。自分も第6話の垂申のように、貴志に名を返して貰っておきながら後で彼を喰い殺そうと目論む狡猾な妖が、もう少し居ても良かったようには思いますが、根本的に『夏目』って活劇やスリルを期待する類の作品じゃ有りませんしね。
貴志とレイコを繋ぐ象徴である筈の友人帳が、毎回のドラマを綺麗に終わらせる為の「便利アイテム」の域を出ていない事も残念ですね。妖のキャラと物語が濃密な分、貴志とレイコの「絆」が希薄に感じられるのは、デウス・エクス・マキナ的な役割を担う友人帳の在り方が影響を及ぼしていたのかも知れません。

居心地の良い世界観に波紋を広げる「的場一門」が本格的に登場しない事も有って、無印の「まったり感」は少々異質なんですが、「露神の祠」「水底の燕」「儚い光」「ニャンコ徒然帳」と好きなエピが目白押しだった事も響いて、シリーズの中でも特に無印には思い入れが強いですね。それまで「妖怪モノ」と言えば、『ゲゲゲの鬼太郎(第2期)』のような風刺の効いたシニカルなものしか眼中に無かっただけに、尚更感銘を覚えました。
個人的願望を言えば、も少しニャンコ先生 & 民子ちゃんの活躍( ? )が観たかったかな。結構好きなんですわ、あのコンビw

2014/06/02 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:541(58%) 普通:233(25%) 悪い:158(17%)] / プロバイダ: 11216 ホスト:11265 ブラウザ: 7912
【良い点】
・繊細で細やかな感情描写
・作品全体から感じる優しい雰囲気
・ニャンコ先生が可愛らしい

【悪い点】
・ワンパターン気味に感じる時がある

【総合評価】
作者が女性だからだと思うが、夏目を中心とした人物の感情表現が細やかで繊細な作品となっている。
1話完結のストーリーで、夏目と妖怪の交流を描いたもの。かといってホラーめいたものではなく、人間と同じような心を持った
妖怪との心温まる内容になっている。基本的に登場人物は良い人たちばかりで思いやりや優しさに満ちた雰囲気が出ていて、観て
いてまったりとした気分になれる。
個人的には「水底の燕」の回が悲しさと優しさが入り混じった内容になっていてとても好きな話だった。

もっと読む

「【良い点】・作画が綺麗・OP、ED・声優は好演してると思う・最初の頃のしんみりとした話自体は悪くないのだ...」 by 情熱


次のページを読む

この評価板に投稿する


2012/05/12 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 474 ホスト:4 ブラウザ: 11743
私と同じ夏目友人帳ファンの皆さん!夏目の話でどれが一番好きですか?(私は全話。)

もっと読む

「はじめまして...」 by 夏目友人帳


次のページを読む
2018/05/16 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 14975 ホスト:14977 ブラウザ: 5521 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー最高(+3 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 相対評価と絶対評価と「宇宙よりも遠い場所」 by E・カリング
... それを扱ったネタ元はいろいろあると考えられそうです。 本作のシリーズ構成と脚本を担当した花田十輝氏は、青春物の脚本に定評のある人のようですが、 この人が手がけた作品で僕が観たもの、 「STEINS;GATE」「中二病でも恋がしたい!」「響け! ユーフォニアム」「けいおん! 」「夏目友人」等々から感じ ...
記事日時:2018/06/08
2. 「かくりよの宿飯」3話まで視聴。 by S・N
... 毎週が楽しみと言えるほどの作品は少ないのですが、そんな中「かくりよの宿飯」が比較的 自分と波長が合って、毎週安定して楽しめています。 生まれつき妖を見る能力を持っている大学生の女の子(津場木葵)が、他界した祖父の借金を返済する為、 妖の世界で働くという設定なのですが、以前書いたように「夏目友人」や「千 ...
記事日時:2018/04/18 [表示省略記事有(読む)]
3. 2017年 春アニメ 感想 2。 by フェティア
... ある。 あるいは、もう少し俗物的な話をすると、主人公の課外活動を祭り囃子に設定したことで、 海外のオタクたちのオリエンタリズムと購買意欲を極めて効率的に刺激したのは、各所で語られている通りである。 『昭和元禄落語心中』以降、良くも悪くもオリエンタリズムで外資を獲得しようとする作品が増えており、 実際に今期は『夏目友人』や『有頂天 ...
記事日時:2017/07/03
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: アニメ:続 夏目友人帳 / 漫画:夏目友人帳
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ