[アニメ]機動戦士ガンダムSEED DESTINY: 2020/04/17 マサヒコアンデルソン


きどうせんしがんだむしーどですてぃにー / Mobile Suit Gundam SEED DESTINY
  • 悲しい
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数6,603位6,603作品中総合点-1514 / 偏差値-204.87
アニメ平均点2,858位2,887作品中平均点-1.79=とても悪い/846評価
2004年アニメ総合点182位182作品中
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/04/17 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:8(57%) 普通:0(0%) 悪い:6(43%)] / プロバイダ: 4986 ホスト:5111 ブラウザ: 10420
【良い点】
3人の主人公を視点に置いたストーリー展開。

登場するロボット(モビルスーツ)が主役機、量産機、敵の機体含めてかっこいいデザインが多い。

デスティニーガンダム、レジェンドガンダム、アカツキが最高にかっこいい。

ザク、グフ、ドムをオマージュしたモビルスーツが登場した。

色んな組織や軍があって、それぞれが対立していること。

魅力的なキャラクター。

敵側にもスポットを置いたストーリー(ステラ)。

リアルな戦争シーン。

インパルスvsフリーダムの対決シーン。

オープニングの曲、エンディングの曲も含めて、音楽がすばらしい。

【悪い点】
後半の主人公交代。

シンが反抗的な態度をとったり、命令違反をするなど、軍人として失格であり、主人公としても魅力がなかった。

アスランは組織を裏切りすぎ。

キラが色んな所ででしゃばりすぎ。

前作の敵軍を主人公サイドに置いて、誰が正義で悪なのかがはっきり分からない。

戦闘シーンが使い回しの映像ばっかり。

やたらと回想シーンが多い。

裸や乳が出る見せてはいけないエロいオープニング映像。

セイバーガンダムがいまいち活躍できなかった。

ネオの正体は生きていたムウだった事。

ネオがシンの約束を破って、ステラを戦場に送った事。

イザークやディアッカの出番が少なかった。

ハイネの出番がわずかだった。

ステラを死なせた事。

後半はキラやアスランたちが絶対正義で、シンは悪役に成り下がった事。

ストフリやインジャの登場が遅い。

最終バトルはキラとアスラン無双で、シンやレイに見せ場がなく、一方的にやられ役になる。

ジブリールが小物だった。

デュランダルが小物だった。

めちゃくちゃな最終回。

監督と脚本のご都合主義。

【総合評価】
モビルスーツデザインやキャラクターがかっこいいですが、ストーリーがめちゃくちゃでした。
後半はキラやアスランが贔屓されて、シンの扱いが悪かったのが残念です、監督と脚本がしっかりしていれば、いい作品になったはず。
けどシンアスカのキャラと、インパルスガンダムとデスティニーガンダムは最高にかっこよかった。



共感コメントは階位を持っている論客の方のみが投稿可能ですが、貴方は階位を持っていないか、ログイン状態ではありません。階位は評価を投稿等すると、1日1回の深夜の定期処理により付与されます。
この評価板に投稿する

この作品の全ての書込みを表示する
↑上へ