[アニメ]機動戦士ガンダムSEED DESTINY


きどうせんしがんだむしーどですてぃにー / Mobile Suit Gundam SEED DESTINY
  • 悲しい
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:機動戦士ガンダムSEED DESTINY / 漫画:機動戦士ガンダムSEED DESTINY(コミックボンボン版) / 文学:機動戦士ガンダム SEED DESTINY
アニメ総合点=平均点x評価数6,588位6,588作品中総合点-1518 / 偏差値-205.04
アニメ平均点2,869位2,899作品中平均点-1.79=とても悪い/848評価
2004年アニメ総合点182位182作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優0.84(良い)80
音楽0.79(良い)80
映像-0.21(普通)80
キャラ・設定-1.10(悪い)80
ストーリー-1.55(とても悪い)80
悲しい42%34人/80人中
びっくり35%28人/80人中
考えさせられた30%24人/80人中
格好良い29%23人/80人中
怖い15%12人/80人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

C.E.70…。
「血のバレンタイン」の悲劇をきっかけに、本格的な武力衝突へと発展したザフトvs地球連合の戦いは熾烈を極め、
多大な犠牲を払いながら第2次ヤキン・ドゥーエ攻防戦ののちに停戦条約が締結された。
しかし、この停戦条約で、「ナチュラル」と遺伝子操作された人々「コーディネイター」の争いの火種が消えたわけではなかった。
放映局:毎日放送/TBS東京放送系

企画:サンライズ 原作:矢立 肇/富野由悠季
監督:福田己津央 シリーズ構成:両澤千晶 脚本:両澤千晶/大野木寛/兵頭一歩/野村祐一/森田繁/吉野弘幸
日本 開始日:2004/10/09(土) TV / 終了日:2005/10/01
公式サイト
1. GUNDAM SEED DESTINY
2. http://mbs.jp/gundamseed-d/index2.html
オープニング動画 (5個)
Ignited-イグナイテッド-Ignited-イグナイテッド-
歌:T.M.Revolution
詞:井上秋緒
作曲:浅倉大介
編曲:浅倉大介 [ファン登録]
[もっと見る]
1,615,4642,577848
最近の閲覧数
23494126404049313035
5人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/12/12 / 最終変更者:霧の童話 / その他更新者: 加納恵 / 管理人さん / S・N / ウィングゼロ / DONP / カジマさん / クックック〜 / myu / KME / 提案者:御影 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2020/08/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:35(60%) 普通:2(3%) 悪い:21(36%)] / プロバイダ: 31031 ホスト:30947 ブラウザ: 10648
【良い点】
キャラクター達の人間ドラマが濃く描かれている
主人公交代になってもその点は健在だった
音楽も前作と負けないくらい名曲揃い

【悪い点】
主人公交代
キラになってからシンの出番が少なくなった。なかなか良いキャラしてたのに
戦闘シーンの使い回し
明らかに手抜きとしか思えない
総集編が4回 そんなにいるか?

【総合評価】
前作同様人間ドラマがしっかりしてるため、極端に叩かれるような作品ではないと思うが、悪い点がどうしても気になるので前作ほどハマらなかった。まあ前作が傑作すぎたんだろうね。

2020/07/27 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:21(58%) 普通:0(0%) 悪い:15(42%)] / プロバイダ: 48479 ホスト:48470 ブラウザ: 8244
SEEDの続編であるSEED DESTINYでステラと桑島氏はキラと福田己津央と両澤千晶から蹂躙に遭っている。
インパルスはストライクと似たり寄ったりで洗練されていない。
コズミック・イラのザクシリーズ・グフシリーズ、ドムシリーズは宇宙世紀のジオン公国軍系列、アフターウォーのジェニス系列、アドバンスジェネレーションのザラムとエウバへの冒涜をしている。
M1アストレイとムラサメは初代ガンダムとΖガンダムと酷似しているデザインだけでなく、量産機である事が分かり辛い。

2020/04/17 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:8(57%) 普通:0(0%) 悪い:6(43%)] / プロバイダ: 4986 ホスト:5111 ブラウザ: 10420
【良い点】
3人の主人公を視点に置いたストーリー展開。

登場するロボット(モビルスーツ)が主役機、量産機、敵の機体含めてかっこいいデザインが多い。

デスティニーガンダム、レジェンドガンダム、アカツキが最高にかっこいい。

ザク、グフ、ドムをオマージュしたモビルスーツが登場した。

色んな組織や軍があって、それぞれが対立していること。

魅力的なキャラクター。

敵側にもスポットを置いたストーリー(ステラ)。

リアルな戦争シーン。

インパルスvsフリーダムの対決シーン。

オープニングの曲、エンディングの曲も含めて、音楽がすばらしい。

【悪い点】
後半の主人公交代。

シンが反抗的な態度をとったり、命令違反をするなど、軍人として失格であり、主人公としても魅力がなかった。

アスランは組織を裏切りすぎ。

キラが色んな所ででしゃばりすぎ。

前作の敵軍を主人公サイドに置いて、誰が正義で悪なのかがはっきり分からない。

戦闘シーンが使い回しの映像ばっかり。

やたらと回想シーンが多い。

裸や乳が出る見せてはいけないエロいオープニング映像。

セイバーガンダムがいまいち活躍できなかった。

ネオの正体は生きていたムウだった事。

ネオがシンの約束を破って、ステラを戦場に送った事。

イザークやディアッカの出番が少なかった。

ハイネの出番がわずかだった。

ステラを死なせた事。

後半はキラやアスランたちが絶対正義で、シンは悪役に成り下がった事。

ストフリやインジャの登場が遅い。

最終バトルはキラとアスラン無双で、シンやレイに見せ場がなく、一方的にやられ役になる。

ジブリールが小物だった。

デュランダルが小物だった。

めちゃくちゃな最終回。

監督と脚本のご都合主義。

【総合評価】
モビルスーツデザインやキャラクターがかっこいいですが、ストーリーがめちゃくちゃでした。
後半はキラやアスランが贔屓されて、シンの扱いが悪かったのが残念です、監督と脚本がしっかりしていれば、いい作品になったはず。
けどシンアスカのキャラと、インパルスガンダムとデスティニーガンダムは最高にかっこよかった。

2020/03/09 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:576(79%) 普通:2(0%) 悪い:153(21%)] / プロバイダ: 2665 ホスト:2611 ブラウザ: 8330
【良い点】
●機体のデザインなど●
アカツキの金ぴかなデザインは好きですが、搭乗者がカガリだと知った時は
がっかりしました。
ストライクフリーダムガンダムのかっこよさはガンダムの機体の中でもトップクラス
ではないでしょうか。やっぱり大河原邦男さんのデザインは良いですね。
●デュランダル議長●
彼のキャラは好きでした。池田秀一さんのボイスで言われたら思わずそうかも・・・と
思わせられそうである意味、魔力のような声の持ち主だと思います。
間違いなくゆらぎを持っているでしょうね。彼の事は嫌いにはなれませんでした。
【悪い点】
数えたらキリがないですが、カガリの安保さやシンの人に対する口の利き方などが挙げられます。自分たちの理念で被害者が出ることまで考慮したのかと問われ、悩むのは良い
ですが、ワンピースでもこれ以上の殺し合いが起きることを危惧したキャラクターとして
コビーがいましたが、こちらでは赤犬に対して発した言葉に説得力があり、
「確かにそうだな。」と思うことが出来ました。それに対し、こちらではただ、人殺しを
してほしくないとか戦争を今すぐ辞めてほしいとか理想ばかり口で吐いて行動しようとする勇気が彼女には足りませんでした。行動して初めて、自分の願いを叶えることが出来ると思います。シンは家族も妹も目の前で失ったので同情の余地があります。
シンがこうなった原因にアスランの教育不足もあるでしょう。理屈とか感情任せで人を
変えることはそう、簡単ではありません。何故、戦争が起こるのかの根本てきな人間の本質をシンに問い続けて互いに意見を交換し合えば、まだシンも冷静な判断が出来たと思います。だから、ステラに執着してしまったのです。
キラとラクスはアスハ邸というところで孤児たちと暮らしていますが、戦争が始まっているというのに何をこの二人は暢気にしているのでしょう。
まるで籠の中の鳥にように空に閉じ籠っています。キラってスーパーコーディネーター
なんですが、肝心の頭はどれほど働いて判断して行動して結果を残せるのでしょうか。
カガリとキラとアスランが浜辺で会話していたシーンがありましたが
これじゃ議論して終わるだけの政治家と一緒です。戦闘シーンも良かったのは
宇宙空間だけで地上での戦闘シーンに面白みも何もありませんでした。

【総合評価】
評価ですが【最悪】と断定させていただきます。
デュランダル議長とキラの対決は間違ったシナリオではないかと思いましたし
そこはシンとアスランが二人で一緒に行くべきなのが正しいのでは?と思いました。
まぁ彼にはルナマリアもいるし、彼女ならシンを支えてくれる良き理解者になれると
思います。まぁ中の人(声優さん)も夫婦ですからね。

2020/01/20 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 7105 ホスト:7226 ブラウザ: 12458
【良い点】
キャラクターがいい

【悪い点】

ストーリーが破綻してる
【総合評価】
ラスクが死んでキラがダースベダーになってシンが
主人公ならば名作だった
キラルラスクに片入れしすぎ

[推薦数:2] 2019/12/28 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:29(66%) 普通:4(9%) 悪い:11(25%)] / プロバイダ: 42998 ホスト:42985 ブラウザ: 5551
放送当時視聴者からの反感を買い、その影響か現在も顧みられることも少ないこの「ガンダムSEED DESTINY」。

今にして見ても、この作品は何が悪かったのか?
思い当たることが多すぎて、ガンダムシリーズの中でも最も評価に困るのがこの作品です。
ただ、自分は正直、嫌いという訳ではありません。

ガンダムSEEDシリーズの大きな特徴として、

①保守的なメカニック、およびストーリーライン(この作品の場合はZガンダム)
②使いまわしを多用しつつも次から次へとガンダムが動き、秀逸な音楽が合さって描く、ライブ感のある戦闘シーン
③キャラクターの同僚対立構造を軸にしたヒューマンドラマ(イザークとアスラン、シンとアスランなど)
④コーディネイター、ナチュラルの対立思想を基にした啓蒙描写、ストーリー
⑤個性的な美少年美少女キャラクター

このような特徴が挙げられると思います。
これらの中で、前作では特に①、②、⑤の存在感が顕著で、後半になると、②、⑤がほとんどという形でした。
対して本作は、③、④の存在感をかなり重視した作品でした。前作でウズミの意思を名目に後半が三隻同盟の爽快活劇に終始し、スポットがあまり当たらなかった、C.E.世界の人類の暗部を基本軸にストーリーやキャラクターが設定されています。その点に関しては、ステラやレイの件で核心的に触れられ、最後まで引っ張ること自体は出来ていました。前半は③、後半は④といった風にも見えます。

前作よりもエンタメ性を少なくし、あえて難解なキャラとストーリーを用意したと言えます。
しかし実際には、致命的なまでにキャラクター描写に失敗し、序盤は良しとしても第11話〜第36話までの間に、様々な問題を抱えてしまった。
特に、
・オーブへの憎しみを貫くのは良しとしても、キラを討ってもなお主体的な考えを自分で導き出せなかったシン。
・シンを自分と重ねるのはいいものの、不可解なほどに思いや苛立ちをどうしようもなく言葉足らずで不器用にしか伝えられず、キラにも敵対できず、結果自業自得の八方塞がりとなって結局シンと別れてしまうアスラン。
この二人の行動や思想が破綻し続けてしまったがために、ストライクフリーダム登場以降の話が全く盛り上がらない。
コミカライズでは色々フォローされていますが、ここが一番目立ちダメな部分でしたね。

その他にも、
・カガリは自分が拉致られ国を留守にしたのに、ジブリールをかくまったとはいえあそこまでユウナをボコる義理があるのか
・レイに関するドラマや主張が遅すぎた
といった部分も、脚本側の難航により、特定の描写だけに視点が集中してしまうことによる失敗のようにも思えてしまう。
結局そんなことが第36話までにあり、以降は崩壊したストーリーをなんとかレイの件やミーア死亡などで物語のキャラの掘り下げやストーリーの方向性を取り繕うと必死な様子が見られますが、肝心のシンはもうどうにも手の施しようがない状態になってしまっておりTHE ENDという印象です。

当時は、本当にアスランもキラも嫌いでした。我慢できず43話で視聴を切って、終わる頃に49話辺りで再び見た感じです。放送後の再放送で全部見た後も、もうSEED、ガンダムはいいやという気持ちでした。
ただ最近ガンダムからも大分離れたころになって見返すと、軽く見る分には悪くない作品なんじゃないかなと。
モビルスーツのデザインは前作よりも正直好きな機体は少ないですが、嫌いでもない。
昔は圧倒的にキラやラクスが苦手でしたが、今見てみるとラクスはそんなに嫌でもない。
アスランとキラの迷走(特にアスラン)は流石に今見ても好きじゃないけど
レイとか議長の考えとか、考えさせられる描写もあったのでいい印象もあるんですよね。

本作以降のガンダムのテレビシリーズは、主に「ガンダムW」を基本軸にした作品コンセプトが多い為
本作は、旧来のガンダムに引きずられた最後のテレビシリーズ作品なのかもしれません。
そういう意味では、最近の縮小著しいアニメ業界やロボットアニメの現状を鑑みる昨今、この作品を改めて見返してみると
個人的には、保守的な作りながら色々失敗したこの作品も、いい思い出のように思えるわけで、放送当時ガンダムにお熱だった頃に比べればそこまで悪くない印象を受けたので(リマスターや再編集の影響もあるだろうけど)、評価は普通とします。
まぁ作品に対して冷めてしまったと言えばそうなんでしょうけど。

2019/04/20 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6(86%) 普通:0(0%) 悪い:1(14%)] / プロバイダ: 19368 ホスト:19432 ブラウザ: 8323
【良い点】機体が相変わらずかっこいいし(特にレジェンドとガイア)、キャラにも魅力的な人が増えてる。

【悪い点】後半主人公が交代したこと。
でも、キラ、アスラン、シンの3人で主人公だと思うので一切問題なし

【総合評価】「最高」!

2019/03/07 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 3657 ホスト:3628 ブラウザ: 8912
【良い点】

機体やms ストーリー。
【悪い点】
なし

【総合評価】

最高

2018/12/30 悪いと思うコメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:120(80%) 普通:3(2%) 悪い:27(18%)] / プロバイダ: 11715 ホスト:11636 ブラウザ: 10317
この作品は何をやりたいんだー!

未だに視聴者を騙してガンダムで金儲けをしたいのか?と言いたくなります、お話を作るより自分らのお気に入りで自己投影してるキャラで好き放題してる作品を作れる神経が理解出来ないし人様によく見せられるよなって思った

主人公交代で思ったのは「Z」でもアムロは出てきましたがカミーユが主人公って守ってたのに関わらずこの作品は根幹からして終わってるだろ?って思った、そういえば「Z」のMSに似た機体は出てきたけど最低限の筋を通す事までは真似出来なかったと思った、ついでに言うと宇宙世紀作品に出てくるザク、グフ、ドムの名前を使ったアレンジ版も出てきたけど自分は宇宙世紀と宇宙世紀無関係なアナザーシリーズが「ザク」や「グフ」や「ドム」の名前を使ったMSを出すのに違和感を感じた、まんまザクのMSが他シリーズに出てきましたが「ザク」って名前は使いませんでしたし細かな部分でもこの作品は異様さがある

2018/12/30 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(50%) 普通:0(0%) 悪い:1(50%)] / プロバイダ: 11085 ホスト:11333 ブラウザ: 10317
【良い点】
・曲
・声優陣の演技。
・キャラ設定。

【悪い点】
・キャラクターの描かれ方が酷い。これについてまず思ったのがキラとラクスが中心に出すぎ。SEEDのキラ・ヤマトは突然戦争の世界に入り込まなきゃいけなくて苦しんで悩みまくってすごく、うじうじ、もじもじしていました。でも後半は少しずつ成長していった…のですがDESTINYでは成長しきったのか悟り(?)を開いたのかそこまで完璧な人間ではないのに「完璧超人ヒーロー」みたいに描かれていて違和感を覚えました。死にキャラの死に方も唐突すぎる。雑すぎる。特にハイネとかスティング、アウルとか。このキャラクターいらないからとりあえず死なせているように感じました。
・主人公シン・アスカについて。シン・アスカもSEEDのキラ・ヤマトみたく成長していくのかな?と思ったのですが成長どころかデュランダル議長に最後まで操られ、どんどん悪役みたいに描かれていてかわいそうでした。
・とにかくストーリーにおかしな所が多い。詳細を述べたいのですが多すぎるので割愛します。総集編が4回ありましたが総集編によってこの部分が目立つのでかえって悪影響出してるなって思いました。
・最後のシンとキラが握手する和解?シーン。個人的にキラではなくカガリと握手して欲しかったです。だって家族をオーブで殺されオーブ代表にあそこまでヘイト持ってて序盤でカガリにひどい口叩いたシン・アスカですから。その後カガリとの直接的な絡みはほとんどなく煮え切らないなって思います。シンにとってステラ殺したキラ、家族殺したオーブ、ですからキラにだけ握手ってのはなんだかな。家族殺したオーブに対する憎しみはその後どうなったのやら。そもそも終盤カガリの出番がほとんどないのもおかしい。

【総合評価】
この作品について考えれば考えるほど悪い点がいっぱい出てきます。ここでも悪い点をいっぱい書きましたがキャラ設定や世界観はおもしろくて個人的には好きです。もっと上手く掘り下げればいい作品になった気がします。なので本当に残念な作品だなって思いました。

2017/07/02 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 51498 ホスト:51626 ブラウザ: 10658
【良い点】
ボロクソに言われているからどれだけ酷いのかと思い見てみたら、そこまでひどいと思わなかった。むしろ面白い。新キャラもdestinyから増えて楽しい。
個人的に2クール目のステラと出会うところから続きが気になって仕方なかった!曲も良し

【悪い点】
TV版はえ?これで終わり??ってなった。リマスター版は良くなってるけど。
バンクと作画の乱れが気になった。時間無かったんだろうなぁ
【総合評価】
個人的には好きだけど、もう少し面白くなったとも思う、惜しい作品。

2017/05/10 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:120(80%) 普通:3(2%) 悪い:27(18%)] / プロバイダ: 1848 ホスト:2047 ブラウザ: 10300
【良い点】
曲 イグナイテッドはかっこいい
声優の演技力 声優の頑張りは好評価する
デスティニーガンダムのデザインがかっこいい
インパルスがフリーダムを倒したシーンは良かった
時間の大切さを知ることが出来た
わずか数回しか出なかったハイネ

【悪い点】
主人公交代
意味のない総集編
バンク使い回し

ここまでは皆様と一緒です
シン達はかませでキラ達は何してもいいってのに腹が立ちます
メインキャラのザフト側がかませ犬扱いって最悪だろ
キラが乗るストライクフリーダムもダサいし名前がセンスない
前作同様夕方に流すのに場違いなシーンがある
製作陣のぼくのかんがえたがんだむを見せられて非常に不愉快だ
支離滅裂で破綻した脚本
キラ達を見てると某国を思い出します
前作より悪化してる
死んだはずのムウさんが生きてた事
キラ達に落とし前を付けさせないスタッフの見苦しさ

【総合評価】
特定のキャラを優遇し製作陣の自己満足が見て伝わります
今迄のガンダムは主人公交代せずにやったんだから筋を通せよと思いましたね
学生の作文より酷い脚本
つまらないし一生見たくありません
本作はアニメ界で駄作の中の駄作だと思います
自分の嫌いなアニメベスト10は本作が入るのは確実
ガンダムどころかアニメとしてもおかしいし倫理観も無い
キラもアニメ界で最低最悪の主人公って言っても過言ではない
[共感]
2018/01/08 ご存じだと思いますが、スペシャルエディションのラストは「最終回でシンがキラORアスランに倒され、戦争終結の日=シンの命日にキラ達が墓参りに行く」シーンを改変したもので、シンは皮肉にも元監督夫妻に助けられました。その後の劇場版お蔵入りを考えれば本当に遣り切れませんでした。 by 無限堂

2017/04/13 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:301(67%) 普通:38(8%) 悪い:111(25%)] / プロバイダ: 6659 ホスト:6258 ブラウザ: 8334
【良い点】
矛盾はあったけど、ムウさんが生きていてくれたこととDESTINYでのキラが唯一言ったセリフで一番良かったセリフ、「命は、なんにだって一つだ!だからその命はきみだ!彼じゃない!」。この二つ

「僕たちの行方」

【解りやすい点】
ミーアの歌が解りやすかった。ラクスとは違う内容の歌い方だったのが解りやすい。

【悪い点】
話全体
主人公のポジションをいきなりシンからキラに変わる、ニコルの死亡シーンを何回も流す、ブルーコスモスの往生際の悪さ、前作のカガリとアスランの仲が良かった分、このシリーズで出たミーアやメイリンを出しと事での関係性を壊す。そればかりかあそこまで出したミーアを殺す方にしたから余計に悪い。その他いろいろ書くのが疲れるくらい悪い点が多数ある。

【総合評価】
評価はSEEDでつけた反対の意味で、最悪。

[推薦数:8] 2017/01/18 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(25%) 普通:0(0%) 悪い:3(75%)] / プロバイダ: 359 ホスト:186 ブラウザ: 9309
【良い点】
音楽と厨二心をくすぐられるデザイン、物語の素材(夫妻によってうんこ味のうんこになってしまったのだが)だけは良かったと思う
あと声優さんの演技は主役の鈴村さんをはじめ素晴らしかった

【悪い点】
作画使い回しの多さ、総集編の多さ、ストーリーのチープさ等々悪い点は一つ一つ挙げるとキリがないのだが…
一つだけ挙げるとすればラクス一味を絶対正義として描きたいがためにその他のキャラ、ストーリーが破綻しているという点ですかね
よく近所の子供や女子高生が「このキャラ完璧超人でカッケー!」「キャ〜○○様素敵!」と騒いでるのを見かけますが監督である負債がこれと同レベルの事をしていて呆れます(まだ子供や女子高生が騒いでる分には可愛げがあっていいのだけど)

物語の最初はまだ精神的に未熟なシンの成長を描くストーリーなのかなと期待して視聴していましたがそんな事はありませんでした
シンがキラを撃墜した辺りからシン(議長やザフトも)sageが露骨になり、上司であり自分と似たような境遇のシンを正しい方向へと導かなければならないはずのハゲは、フリーダムを撃墜したシンを本人の納得がいくような説明も一切放棄しただ殴った挙句、女を連れて1人でザフトから逃亡する始末
ここでキラが退場していれば多少は盛り上がったのかもしれないが(そもそも何故生きてるんだ?コックピット貫かれて大爆発起こしてませんでしたっけ?w)何事もなかったかのように復活し(しかもあの時は迷いがあったから撃墜されちゃったなんて小学生みたいな負け惜しみ付き)同じく不死身仲間のアスランと最新鋭のチート機体に乗って再登場(何故国家でもないラクス一味がザフトより優れた機体を持っているのか謎)
そして最後には脚本の悪意によって悪役にされた議長、シン達との最終決戦を迎えるのだがこれも酷かった
イザークは薬でもやっているのか突然エターナルを「あれはザフトの船だ」と意味不明な事を言いつついとも簡単に寝返るし、主人公(のはず)のシンはアスランと対峙しインフィニットジャスティスに斬りかかろうとした所をルナマリアが乱入し「ステラアアアアアマユウウウウウ」等と叫びながら精神錯乱状態でルナマリアに斬りかかり、逆にアスランに達磨にされて機体大破という主人公とは思えない扱いを受け早々に退場
ここからはキラとアスランの俺tueeeeするだけの破壊が始まり最後はラクス一派皆で集合写真を撮ってhappy end!(しかもラクス一派は誰1人この最終決戦での機体の破損全くなしのピッカピカ)
こんなんじゃ盛り上がるわけもない
最後まで観て、監督がラクス一派大好きな事しか伝わらない意味不明なアニメだった

【総合評価】
まとめると、このバカ夫妻のようにキラ様カッケー!だけで他のストーリーに一切違和感を抱かない、気にしない方にはオススメ
個人的には駄作中の駄作 。時間の無駄。そこら辺の素人でももっとマシなストーリー描くよ。ガンダムシリーズ最大の汚点。どころかアニメ史上最低の出来。
冒頭にも書いたように素材だけは良いので出来の良い同人作品を観るのも有り(もうどっちが同人かわからないが)

[推薦数:2] 2016/12/10 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:290(57%) 普通:113(22%) 悪い:102(20%)] / プロバイダ: 1389 ホスト:1596 ブラウザ: 9964
独り善がりの正義が通用する最悪のデストピアで、シリーズの命脈を絶ってしまう
【良い点】
・前作と立場を逆転させた事で相対的にしようとした
・ザク、グフが主人公側で登場した
・スティングが操縦したカオスガンダムがモブの名も無き一般兵に撃墜された
【悪い点】
・前作以上に輪を掛けたご都合主義的な展開と総集編急展開が悪化、少なくとも前作から5〜8年後にして欲しかった
・ガンダム強奪と言う同じ手を二度も使った
・オーブをイノセントに、ラクス一味を絶対正義にした事
・そのせいで連合地球軍やオーブ代表の筈だったユウナが悪役にされた。
・某人物が実は生きていたやキラ対シンでキラが軽傷だった
・主人公の筈だったシンの扱いの悪さ、主人公なのに殆ど活躍出来ず、悪役を経て最後は噛ませ犬にされ、せめてラクス一味のドムトリオを全滅させ、アスラン、またはキラと互角に戦った末に敗れたなら納得だった。
・ラクス一味の独り善がりの正義が無傷で勝利した事 議長のディスティニープランに反発するなら、それなりの代償も必要だった
【断じて許せない点】
・劇場版製作中止でSEEDまたはCEガンダムを潰えさせた
【その後生かされた点】
・スパロボやGジェネ等のゲームや二次創作でシンが優遇され再評価された事
・無関係ながら、聖闘士星矢Ωは本作の失敗を研究して作ったのではと思う程、種運命の欠点を改良していました。
【総合評価】
前作の続編と言う事で期待以上に不安もありましたが、残念ながらその通りになってしまい、元監督夫妻の贔屓するキャラは徳をし、シン等は割を喰った挙げ句、シンは主役降板の憂き目に遭いました。
正直、シンを最後まで主役で通すなら、キラは2クールから登場させ、対シン戦で暫く出番を無しにし、ラスト数話で再登場させるべきでした。
福田元監督はドラえもんと故・藤子・F・不二雄氏を嫌っていましたが、本作のラクス一味が正にウルトラスーパーデラックスマン・句楽兼人そのもので、元監督はその事に気付か無かった様で、独り善がりの正義が勝利する最悪の結末でSEEDは幕を降ろしました。
SEEDを潰えさせた事も断罪し、評価は当然【最悪】です。
長文になり失礼しました。

もっと読む

「【悪い点】キャラクターだけに重点を置いただけの看板倒れなガンダム。内容の潰滅が激しくて見れたものでは...」 by 燐酸


次のページを読む

この評価板に投稿する


2017/01/03 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 1389 ホスト:1596 ブラウザ: 9973
矢鱈総集編が多い作品で、福田元監督は故・藤子F氏を嫌っていましたが、ラクス一味がウルトラスーパーデラックスマン・句楽兼人そのものだった事には最後まで気付かなかった様です。

もっと読む

「ガンダムSEED大好きです!一番は、やっぱりキラですね。アスランとシンも勿論好きですよ!それに、フリーダム...」 by ワワエ


次のページを読む
2020/08/29 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 31031 ホスト:31077 ブラウザ: 10648 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事格好良い/悲しい/びっくり 
ストーリーとても悪い(-2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 【活動1000日記念】自己満アニソンランキング ベスト300 by 545
... 位:YUME日和(『ドラえもん(1979年版)』ED9) 121位:葛飾ラプソディー(『こちら葛飾区亀有公園前派出所』OP3) 122位:いとおしい人のために(『ふしぎ遊戯』OP) 123位:渇いた叫び(『遊☆戯☆王』OP) 124位:staple stable(『化物語』OP1) 125位:INVOKE -インヴォーク-(『機動戦士ガンダムSEED』OP1) ...
記事日時:2018/01/19
2. BSプレミアム「発表! 全ガンダム大投票」 by ねぎ麻雀
... ) 8位:機動武闘伝Gガンダム(1994年) 9位:新機動戦記ガンダムW(1995年) 10位:機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY(1991年) ●モビルスーツ(メカ)部門 1位:νガンダム(機動戦士ガンダム 逆襲のシャア) 2位:Zガンダム(機動戦士Zガンダム) 3位:ストライクフリーダムガンダム(機動戦士ガンダムSEED DESTINY) 4位 ...
記事日時:2018/05/08
3. 『鉄血のオルフェンズ』44話 : 感想 + 考察 ――『DESTINY』からの呼び声。 by フェティア
... 鉄血のオルフェンズ』44話 感想+考察。 予定よりも長くなったため、こちらの形式に。 あまり明白な形で行うつもりはありませんでしたが、 今回は、敢えて『SEED DESTINY』と併せた考察になっています。 誰も触れないため触れると、前回の43話と今回の44話のプロットは、 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の明白なオマージュになって ...
記事日時:2017/02/20
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:機動戦士ガンダムSEED DESTINY / 漫画:機動戦士ガンダムSEED DESTINY(コミックボンボン版) / 文学:機動戦士ガンダム SEED DESTINY
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ