[アニメ]機動戦士ガンダムSEED DESTINY


きどうせんしがんだむしーどですてぃにー / Mobile Suit Gundam SEED DESTINY
  • 悲しい
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:機動戦士ガンダムSEED DESTINY / 漫画:機動戦士ガンダムSEED DESTINY(コミックボンボン版) / 文学:機動戦士ガンダム SEED DESTINY
アニメ総合点=平均点x評価数5,607位5,607作品中総合点-1524 / 偏差値-189.88
アニメ平均点2,663位2,687作品中平均点-1.81=とても悪い/842評価
2004年アニメ総合点180位180作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優0.90(良い)69
音楽0.86(良い)69
映像-0.19(普通)69
キャラ・設定-1.04(悪い)69
ストーリー-1.45(悪い)69
悲しい43%30人/69人中
考えさせられた33%23人/69人中
びっくり33%23人/69人中
格好良い28%19人/69人中
怖い16%11人/69人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

C.E.70…。
「血のバレンタイン」の悲劇をきっかけに、本格的な武力衝突へと発展したザフトvs地球連合の戦いは熾烈を極め、
多大な犠牲を払いながら第2次ヤキン・ドゥーエ攻防戦ののちに停戦条約が締結された。
しかし、この停戦条約で、「ナチュラル」と遺伝子操作された人々「コーディネイター」の争いの火種が消えたわけではなかった。
放映局:毎日放送/TBS東京放送系

企画:サンライズ 原作:矢立 肇/富野由悠季
監督:福田己津央 シリーズ構成:両澤千晶 脚本:両澤千晶/大野木寛/兵頭一歩/野村祐一/森田繁/吉野弘幸
日本 開始日:2004/10/09(土) TV / 終了日:2005/10/01
公式サイト
1. GUNDAM SEED DESTINY
2. http://mbs.jp/gundamseed-d/index2.html
オープニング動画 (5個)
Ignited-イグナイテッド-Ignited-イグナイテッド-
歌:T.M.Revolution
詞:井上秋緒
作曲:浅倉大介
編曲:浅倉大介 [ファン登録]
[もっと見る]
1,552,9702,569842
最近の閲覧数
33343045334568655174
5人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2015/12/12 / 最終変更者:霧の童話 / その他更新者: 加納恵 / 管理人さん / S・N / ウィングゼロ / DONP / カジマさん / クックック~ / myu / KME / 提案者:御影 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/05/10 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:24(71%) 普通:2(6%) 悪い:8(24%)] / プロバイダ: 1848 ホスト:2047 ブラウザ: 10300
【良い点】
曲 イグナイテッドはかっこいい
声優の演技力 声優の頑張りは好評価する
デスティニーガンダムのデザインがかっこいい
インパルスがフリーダムを倒したのはシーンは良かった
時間の大切さを知ることが出来た
わずか数回しか出なかったハイネ

【悪い点】
主人公交代
意味のない総集編
バンク使い回し

ここまでは皆様と一緒です
シン達はかませでキラ達は何してもいいってのに腹が立ちます
メインキャラのザフト側がかませ犬扱いって最悪だろ
キラが乗るストライクフリーダムもダサい
前作同様夕方に流すのに場違いなシーンがある
製作陣のぼくのかんがえたがんだむを見せられて非常に不愉快だ
支離滅裂で破綻した脚本
キラ達を見てると某国を思い出します
前作より悪化してる
死んだはずのムウさんが生きてた事
キラ達に落とし前を付けさせないスタッフの見苦しさ

【総合評価】
学生の作文より酷い脚本
つまらないし一生見たくありません つうか見る価値ないわ!
本作はアニメ界で駄作の中の駄作だと思います
自分の嫌いなアニメベスト10は本作が入るのは確実
ガンダムどころかアニメとしてもおかしい
キラもアニメ界で最低最悪の主人公って言っても過言ではない

2017/04/13 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:117(67%) 普通:14(8%) 悪い:44(25%)] / プロバイダ: 6659 ホスト:6258 ブラウザ: 8334
【良い点】
矛盾はあったけど、ムウさんが生きていてくれたこととDESTINYでのキラが唯一言ったセリフで一番良かったセリフ、「命は、なんにだって一つだ!だからその命はきみだ!彼じゃない!」。この二つ

「僕たちの行方」

【解りやすい点】
ミーアの歌が解りやすかった。ラクスとは違う内容の歌い方だったのが解りやすい。

【悪い点】
話全体
主人公のポジションをいきなりシンからキラに変わる、ニコルの死亡シーンを何回も流す、ブルーコスモスの往生際の悪さ、前作のカガリとアスランの仲が良かった分、このシリーズで出たミーアやメイリンを出しと事での関係性を壊す。そればかりかあそこまで出したミーアを殺す方にしたから余計に悪い。その他いろいろ書くのが疲れるくらい悪い点が多数ある。

【総合評価】
評価はSEEDでつけた反対の意味で、最悪。

[推薦数:8] 2017/01/18 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(25%) 普通:0(0%) 悪い:3(75%)] / プロバイダ: 359 ホスト:186 ブラウザ: 9309
【良い点】
音楽と厨二心をくすぐられるデザイン、物語の素材(夫妻によってうんこ味のうんこになってしまったのだが)だけは良かったと思う
あと声優さんの演技は主役の鈴村さんをはじめ素晴らしかった

【悪い点】
作画使い回しの多さ、総集編の多さ、ストーリーのチープさ等々悪い点は一つ一つ挙げるとキリがないのだが…
一つだけ挙げるとすればラクス一味を絶対正義として描きたいがためにその他のキャラ、ストーリーが破綻しているという点ですかね
よく近所の子供や女子高生が「このキャラ完璧超人でカッケー!」「キャ~○○様素敵!」と騒いでるのを見かけますが監督である負債がこれと同レベルの事をしていて呆れます(まだ子供や女子高生が騒いでる分には可愛げがあっていいのだけど)

物語の最初はまだ精神的に未熟なシンの成長を描くストーリーなのかなと期待して視聴していましたがそんな事はありませんでした
シンがキラを撃墜した辺りからシン(議長やザフトも)sageが露骨になり、上司であり自分と似たような境遇のシンを正しい方向へと導かなければならないはずのハゲは、フリーダムを撃墜したシンを本人の納得がいくような説明も一切放棄しただ殴った挙句、女を連れて1人でザフトから逃亡する始末
ここでキラが退場していれば多少は盛り上がったのかもしれないが(そもそも何故生きてるんだ?コックピット貫かれて大爆発起こしてませんでしたっけ?w)何事もなかったかのように復活し(しかもあの時は迷いがあったから撃墜されちゃったなんて小学生みたいな負け惜しみ付き)同じく不死身仲間のアスランと最新鋭のチート機体に乗って再登場(何故国家でもないラクス一味がザフトより優れた機体を持っているのか謎)
そして最後には脚本の悪意によって悪役にされた議長、シン達との最終決戦を迎えるのだがこれも酷かった
イザークは薬でもやっているのか突然エターナルを「あれはザフトの船だ」と意味不明な事を言いつついとも簡単に寝返るし、主人公(のはず)のシンはアスランと対峙しインフィニットジャスティスに斬りかかろうとした所をルナマリアが乱入し「ステラアアアアアマユウウウウウ」等と叫びながら精神錯乱状態でルナマリアに斬りかかり、逆にアスランに達磨にされて機体大破という主人公とは思えない扱いを受け早々に退場
ここからはキラとアスランの俺tueeeeするだけの破壊が始まり最後はラクス一派皆で集合写真を撮ってhappy end!(しかもラクス一派は誰1人この最終決戦での機体の破損全くなしのピッカピカ)
こんなんじゃ盛り上がるわけもない
最後まで観て、監督がラクス一派大好きな事しか伝わらない意味不明なアニメだった

【総合評価】
まとめると、このバカ夫妻のようにキラ様カッケー!だけで他のストーリーに一切違和感を抱かない、気にしない方にはオススメ
個人的には駄作中の駄作 。時間の無駄。そこら辺の素人でももっとマシなストーリー描くよ。ガンダムシリーズ最大の汚点。どころかアニメ史上最低の出来。
冒頭にも書いたように素材だけは良いので出来の良い同人作品を観るのも有り(もうどっちが同人かわからないが)

[推薦数:1] 2016/12/10 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:64(71%) 普通:10(11%) 悪い:16(18%)] / プロバイダ: 1389 ホスト:1596 ブラウザ: 9964
独り善がりの正義が通用する最悪のデストピアで、シリーズの命脈を絶ってしまう
【良い点】
・前作と立場を逆転させた事
・ザク、グフが主人公側で登場した事
・スティングが操縦したカオスガンダムがモブの名も無き一般兵に撃墜された事
【悪い点】
・前作以上に輪を掛けたご都合主義的な展開と総集編急展開が悪化、少なくとも前作から5~8年後にして欲しかった
・ガンダム強奪と言う同じ手を二度も使った
・オーブをイノセントに、ラクス一味を絶対正義にした事
・そのせいで連合地球軍やオーブ代表の筈だったユウナが悪役にされた。
・某人物が実は生きていたやキラ対シンでキラが軽傷だった事
・主人公の筈だったシンの扱いの悪さ、主人公なのに殆ど活躍出来ず、悪役を経て最後は噛ませ犬にされ、せめてラクス一味のドムトリオを全滅させ、アスラン、またはキラと互角に戦った末に敗れたなら納得だった。
・ラクス一味の独り善がりの正義が無傷で勝利した事 議長のディスティニープランに反発するなら、それなりの代償も必要だった
【断じて許せない点】
・劇場版製作中止でSEEDまたはCEガンダムを潰えさせた
【その後生かされた点】
・スパロボやGジェネ等のゲームや二次創作でシンが優遇され再評価された事
・無関係ながら、聖闘士星矢Ωは本作の失敗を研究して作ったのではと思う程、種運命の欠点を改良していました。
【総合評価】
前作の続編と言う事で期待以上に不安もありましたが、残念ながらその通りになってしまい、監督負債の贔屓するキャラは徳をし、シン等は割を喰った挙げ句、シンは主役降板の憂き目に遭いました。
正直、シンを最後まで主役で通すなら、キラは2クールから登場させ、対シン戦で暫く出番を無しにし、ラスト数話で再登場させるべきでした。
福田元監督はドラえもんと故・藤子F不二雄氏を嫌っていましたが、本作のラクス一味が正にウルトラスーパーデラックスマン・句楽兼人そのもので、独り善がりの正義が勝利する最悪の結末でSEEDは幕を降ろしました。
これならウルトラスーパーデラックスマンやダンクーガや星矢Ωを観た方が遙かに有意義で、SEEDを潰えさせた事も断罪し、評価は当然【最悪】です。
長文になり失礼しました。

[推薦数:5] 2016/04/12 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 19760 ホスト:19912 ブラウザ: 5171
【悪い点】
キャラクターだけに重点を置いただけの看板倒れなガンダム。
内容の潰滅が激しくて見れたものではない。
特に元凶が無能負債によるもので、酷過ぎた。

【総合評価】
評価するレベルには達しない、最低最悪な駄作だった。

2016/03/16 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:40(67%) 普通:6(10%) 悪い:14(23%)] / プロバイダ: 21687 ホスト:21561 ブラウザ: 4735
【良い点】
機体がカッコいい。
戦争の物語を見せている。
人気キャラが多く、豪華。

【悪い点】
同じような展開が多すぎて飽きる。
前作のキャラを登場させすぎているのに対してストーリーとキャラに魅力がない。
どうでもいいキャラを死なせて人気キャラを残す見え見えの展開になっている。
主人公が交代する事で、シンからキラに入れ替わってしまう。
SEEDの悪い所の全部。(しかもDestinyは超強力版)

【総合評価】
このアニメで言える事は主人公シンが憎しみと悲しみを持ってるのに中途半端に書いてしまったと思うんですよね。
どうせストーリーを作るなら人気キャラを間引く事をシンにやって欲しかったです。
後はキラの魅力を前作と違い引き出せなかったのが失敗で、彼はZのアムロみたいに出番を少なくするべきだった。

ステラが生きていた頃はストーリーが動いているけれど、死ぬと完全に崩壊し人気キャラ全員集合の展開になるので、好き嫌いの別れる極端なキャラや汚れ役を登場させて、もっと考えて作って欲しかった。

ストーリー的にシンの魅力を出して欲しかったけど、人気が無いからキラに主人公入れ替えるのは前作のキラの恋人交代でフレイからラクスに変えるのと同じ感覚でストーリーやキャラも破談しすぎて滅茶苦茶で疲れるアニメ。
最悪も納得です・・・

2016/03/08 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:19(70%) 普通:3(11%) 悪い:5(19%)] / プロバイダ: 44839 ホスト:44661 ブラウザ: 10172
【良い点】
メカニックとキャラクターデザイン
声優が豪華。演技も良い。

【悪い点】
作品の意図が全く分からない。
キャラクターが全く生かされていない。何を考えているのか全く分からないし、独りよがりで事を進めている奴が多すぎる。特に主人公のシンとか・・・
他のキャラクターもそういった面が見受けられる。
聞いたところによると演じた声優さんからもバッシングを受けているみたいですね。

戦闘シーンも手抜きが多い。メカがかっこいいだけあって残念。なんだか上辺だけで飾るような中身のないスッカラカンかつお粗末な出来。

総集編4回もなんでやるんだ?あんな薄っぺらいストーリーに?

【総合評価】
キツイ言い方ですが、ガンダムシリーズの汚点だと思う。
初代ガンダムの顔に泥を塗っているかのような作品。

[推薦数:2] 2016/03/08 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(33%) 普通:1(11%) 悪い:5(56%)] / プロバイダ: 1578 ホスト:1624 ブラウザ: 5185
【良い点】
・戦争の動機づけをやろうとしていたこと
・派手な戦闘・各種デザイン(個人的には好きではない)

【悪い点】
・脚本
-相変わらず、論理的な説明もなく死者蘇生(キラ、アスラン、前作をまたいでムウ)
-総集編は前作を超す回数(4回?)あった
-バンク、フラッシュ、回想も相変わらず多い

・設定
-ステラはフォウ・ムラサメそのもの。個人的にはパクっても面白ければ良いが、展開までパクリ、最後にステラは死んでしまった。ステラを生かして、その処遇をめぐり自軍にも残れない、地球連合軍にも寝返れないシンがアークエンジェルに助けを求め、合流するという流れなら、シンが主人公であり続けられたと思う。シンとステラを主人公とヒロインに据え置き、そこを軸に物語を展開していけば面白くなったのになぁと思わずにはいられない

・キャラクター
-見つめ合っては言いたいことを言わなずに言葉を飲み込むこと多数。観ているこちらもストレスを飲み込むはめに

【総合評価】
前作「機動戦士ガンダムSEED」を視聴後、続編である今作「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」(Final plus含む)を観た。
前作は、ザフト側の一国の長であるザラ議長の「憎いから皆殺しにするんだ!」という発言に象徴されるように、戦争の動機自体が感情レベルの争いになり、正視に耐えない稚拙な内容であった。まず、どんな怒りに駆られようとも戦争は、あくまで政治の究極的な手段であるという認識が欠けていた。「相手を滅ぼすこと」が目的になり、戦後の具体的なプランが見えなかった。敵人民を全て滅ぼし領土占有するのか、軍部や政治の首脳部を抹殺し敵人民を支配下におくのか。まともに論じている人間が一人もいなかった。

では今作はどうであったのか?

実は、今作は戦争の動機づけを行おうとしているのである。
具体的には、地球連合側は、ロゴスという裏で政治を支配する支配者たちが戦争をビジネスと考え、亡きザラ議長を信奉しているザフトの脱走兵がユニウスセブンを地球に落下させる事件に乗じ、戦争を始めた。コーディネイター側のデュランダル議長は、遺伝子操作により戦争を根絶しようとする「デスティニープラン」を実行しようとした。
片方は、戦争をビジネスと考え、戦争をすること自体が目的であるとし、もう片方は、二度と戦争を起こさないようにと「デスティニープラン」を掲げ、それを目的としたのだ。

この動機づけ自体は、必要なことであったと思う。
しかし、いろいろと稚拙さや設定のボロも出てくる。

デュランダルがロゴスを諸悪の根源とし、打ち倒した後、「デスティニープラン」を発動させるまでの大筋の流れは、個人的には悪くはなかったと思う。デュランダルの政治家(役者)っぷりは、前作のザラ議長など足元にも及ばない。
しかし、ロゴス最後の男・ジブリ―ルを殺し、最強破壊兵器「レクイエム」を奪い、「デスティニープラン」に賛同しないものに対し使用するのだ。
ジブリ―ルの「レクイエム」再度の使用を阻止するまでは良かったのに、なぜあれだけ賢く立ち回っていたデュランダル議長が「レクイエム」を使用したのか?
ここに脚本のご都合を感じてしまうのである。
あれほど周囲の人心を掌握していたデュランダルが奪った「レクイエム」を使用すれば、どのような反発が起きるか想像できないはずがないのだ。物語の都合上「悪役」を必要とした結果、あのようなことをさせたのだと思う。
そもそも、「レクイエム」を使用するということのリスクを考えてみたい。
まず、ジブリ―ルがコーディネーター系のコロニーに向けて発射したが、対象コロニーにナチュラルはいなかったのだろうか? そのコロニーと友好関係を結んでいる地球の国家などはなかったのか? 貿易上、重要な資源をどこかに輸出していなかったのか?
例えば、現実として考えた場合、北の国が日本に対して核ミサイルを撃ち込んだらどうなるのか?
友好国ならびに北の国周辺の国々は黙ってはいない。各種人道的団体やネットを通じた様々な人々は怒りを露わにし、何らかの運動がおこることは間違いない。早晩、北の国に対して、どこぞの軍が進行することも考えられる。経済面では、日本の貿易の輸出入はストップし、世界的な影響が出てくることは間違いないだろう。

「レクイエム」は、現実だと核ミサイルにあたるような禁じ手なのだ。
こういう究極のカードは、政治ではちらつかせることに意味があり、使ってしまえば終わりである。

脚本上どうしてもデュランダルを悪役にしたかったのなら、デュランダルがザフト脱走兵にユニウスセブン落下の手引きをしていた事実が発覚したなどとすれば、ラクス暗殺未遂との合わせ技で倒す大義名分が成り立つ。要するに、ロゴスをあぶり出し、「デスティニープラン」を発動させるために最初からデュランダル議長が仕組んでいたとするのである。やるならここまでやってほしかった。

次に「デスティニープラン」について考えてみたいと思う。
キラがデュランダルに対して指摘したのが、遺伝子操作により、疾病耐性や性格的特性を理想のものにした結果、不変の人々と世界が出来るということだ。確かに変わらない世界、変わらない毎日、変わらない人々は嫌だというのは分かる。
しかし、本当にそうなるのだろうか?
人間は、後天的な経験や環境でかなり変わると思うのだ。遺伝子操作されて生まれたからといって全て同じように育つとも考えられない。
それに、最初は「デスティニープラン」を試験的に、任意で運用していけば良いのだ。実験的に行いその効果が人々が認めるところとなれば徐々に皆に浸透していくはずであり、良くないと人々が判断すればその時やめることもできるはずなのだ。
一方的な目先の悲観的予想に基づき「変わらない世界」だと勝手に決めつけたキラたちは早計にうつる。
それに、遺伝子操作そのものがダメだというのならそれこそコーディネーターもアウトになり、自家撞着におちいる。自分たちの存在そのものを否定しているのだ。もし、ある特定の遺伝子操作を非難するなら、具体的にどういう経過をたどり「変わらない世界」の住人となるのか詳細な説明をしてほしいものだ。単純な耳に聞こえの良いことをほざき、問題の本質をすり替え、デュランダルのラクスクライン暗殺未遂に始まり、レクイエムぶっぱなしを非難するとともにデュランダルの思想を「悪」であるかのようにしてしまった。確かにデュランダルの「やり方」は悪ともいえるものだったかもしれない(脚本の都合上、悪になってくれないと困るからだろうが)。しかし、「やりたかったこと」は決して間違いとは決めつけられない。「やりたいこと」と「やり方」は別のことなのだ。
「デスティニープラン」を適切に行い、生れてきた後の人も遺伝子操作が出来るようになり、持病などを直し病気に強い体を持ち、興奮物質を抑制するなどが出来たら、良い効果が表れるかもしれない。それを任意で始めればいいだけだったのに、「デスティニープラン」まで「悪」であるかのような持っていきかたは、醜悪の一言。脚本の悪意である。

物事には、複雑化しすぎて良くない場合と単純化しすぎて良くない場合がある。今作は後者。詳細に物事を見分すれば、キラたちの本当の姿が見えてくるのである。

最後に。
個人的に思うのは、この作品は「∀ガンダム」と何から何まで逆の作品だということだ。
「SEED」は、かっこいいMSと派手な演出で商業的には成功し、作品的には最悪。
一方「∀ガンダム」は、かっこ悪いMSと地味な演出で商業的に失敗したが、作品的にはシリーズで最高のものだと思う。

外側だけかっこよさそうに見えれば何でもいいのか?
私は地味でもしっかりとした中身があるものが好きだ。

2016/03/01 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(75%) 普通:0(0%) 悪い:3(25%)] / プロバイダ: 18446 ホスト:18449 ブラウザ: 8772
【良い点】
ガンダムシリーズで始めて全話見たガンダムです。(この前に途中からなんですがHDリマスター無印種を見ました)なので僕のガンダムシリーズへの入門編としてはとても感謝しています。これで西川兄貴なども知って他のガンダムなどをを見始めましたし。HDリマスターで見た為か作画なども気にならなかったです。キャラも好きでハイネアウルメイリンミーアルナマリアがお気に入りでした。

【悪い点】
後半のgdgd感ですかね..キラがストフリを受け取りアスランが隠者を受け取った後のザフトの描写..完璧に悪役ですよねあれ?特にシンの扱い酷すぎです。主役組変えるくらいなら何故シンとザフトを最初主人公にした?自分はシンが主人公だと思ってますが。もうエターナル組が正義なんですよー的な感じになってるし.... 後ハイネの扱い酷すぎ!ハイネ出して2話で死なす位なら何故西川兄貴を使った!そこは違う声優使えよ!後は特に言う事は..あ、あった。アニメ版より漫画版と小説版の方が良いってどういう事?小説版はアニメでデストロイに乗った途端最後雛見沢症候群発症したみたいになってるスティングの最後の心理描写とか最高だし..メサイヤで死のうとしてるレイを助けようとしているシンは本当カッコイイ。種アンチさんには小説版と漫画版オススメです。ボンボン版は最後まで主人公がシンだし..

【総合評価】
色々と言いたい事はありますが見た当時(HDリマスターで見たので2012年代?)はハマってたのと最初に見たガンダムなのでガンダム
作品では結構好きな方です。評価は良いで。

2015/12/12 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:17(42%) 普通:3(8%) 悪い:20(50%)] / プロバイダ: 9131 ホスト:9133 ブラウザ: 7867
【良い点】
・インパルスvsフリーダム
→この戦いまでフリーダムが散々邪魔してくれてイライラしたのでスカッとしました。
その戦い方もかなり捻られて、ゲッターロボGのビーム反射、Vガンダムのボトムアタックなどを駆使する瞬間は、
シンがインパルスを使いこなしている感じがあり、事前にレイと作戦を立てていたことから、
シン・アスカの凄さが感じられて良かった。

・ルナマリアが可愛い
→デザインだけならカガリより、こちらの方が好み

・セイバーガンダムのデザイン
→いつもの可変系ですが、アクション次第では変わったことができると思うの。
アスランぇ・・・○澤ぇ・・・

【悪い点】
・前作主人公がでしゃばったこと
→前作で大活躍させたフリーダムをなぜ本作でも?
こいつのせいで、オラの大好きなセイバーが!シンが!
あとキラについて、前作から好きではなかったのですが、本作では前作とは違った意味で気持ち悪い。
前作は悲劇に酔っている感じで気持ち悪かったが、本作は人間味を失った破壊者のようで、
戦争で失い、それを引きずっている主人公シンと比べ、魅力が感じられない。
アスランがシンに対して批判したことって、キラにも当てはまってんだよね。
何のために戦っているのかわからないし・・・

・一方的にフルボッコの最終回
→ラストと言えば一番盛り上がらなければならないところで、
インパルスvsフリーダム以上のモノにしなければならないのだが、
どういうことだ?デスティニー、レジェンド共にストフリ、インジャに成す術もなくボッコボコにされているのは?

○デスティニー vs インジャ×
×レジェンド vs ストフリ○
△デスティニー vs ストフリ△

こうであれば盛り上がるだろう。
デスティニーやストフリが一部の機能を失って、レジェンド、インジャに勝ち、
デスティニーvsストフリでは相打ち、
シンは己の過ちに気づき、デュランダルを討つ。
シンは死ぬつもりだったが、キラに迎えられる。

×デスティニー vs インジャ○
×レジェンド vs ストフリ○

これで、成す術もなく一方的にボッコボコするようじゃ感動なんてできんだろう・・・むしろ萎える。
さらに、この時のシンはデュランダルの操り人形として小物悪役に成り下がってるしさ・・・
あ、それはキラやアスランも同じか・・・

・カガリが前作より劣化していること
→前作では味方の中では一番好きなキャラクターだったんですがね。
本作ではユウナやらキラの言いなりになっているだけ、前作のはっちゃけぶりは何処に行ったんやら・・・
あと、シンと嫌悪状態のまま終わるのもどうかと・・・

・総集編が多すぎる

【総合評価】
前作以上にカオスになっている。
これも、無駄にキャラを増やしすぎたこと、前作主人公を必要以上に出張らせてしまったせいだと思う。
シンというキャラクターは悪くないし、カガリとうまく絡ませることで真価が出ると思う。

[推薦数:1] 2015/09/19 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 6036 ホスト:6027 ブラウザ: 3983
【良い点】
主題歌
声優の演技

【悪い点】
死者蘇生
総集編5回もある。
ストーリーが進まない。
主役交代

【総合評価】
ガンダム種シリーズの続編。
前作、種も評価が低い。

死者蘇生は、ちょっと・・て感じ、
かつて死んだキャラが、蘇生したら困惑するに決まっている。

総集編のテンポ
ストーリーが総集編五回もあって、ストーリーが上手く進まない。
責めて二回位にすれば・・・

主役交代
俺個人もちょっと気になる。
主役交代は、他の作品にもある。

声優の演技
「仮面ライダー電王」で有名な鈴村健一さんの演技は良かったです。

主題歌
神曲!ここは評価します。
「ignited」は凄く好きです。

評価はとても悪いに近い最悪です。

2015/07/29 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 25756 ホスト:26038 ブラウザ: 10123
ガンダムアニメの中では評価の低いですが、決して自分は嫌いではありません。
ガンダムのストーリーとしては良く出来ている、というよりは普通にガンダムとして見れるからです。
総集編や回想、戦闘シーンの使い回しが多いのは前作からなので特に気にしませんが、そもそもそんな事を気にする人が見る分にはオススメしません。
確かに、戦闘シーンの使い回しに関してはフリーダムのフルバーストなんて何度見たんだよって感じです。
まぁここら辺は主役機の強さを引き立てている、ついでに安定した戦い方をしているという見方もアリです。
悪く言えば殆どの戦いが同じ構図ということにもなりますが。
総集編はサクッと昔の回を思い返せるという意味合いでは便利なのですが、ただでさえ回想が多いアニメなので有り難みが少ない、しかも40話から50話(最終回)の間に2話総集編を挟んだのは制作側の都合とはいえ、最終決戦の駆け足具合からして完全に悪しき結果になってしまったのは残念です。
回想も多いですが、これは不思議と全く気になりませんでした。
これはその時のキャラの心情が良く分かる、この一言に尽きます(ニコルとハイネの死亡回数を数える様になれたら一人前です)。
考え方の変化や想いの違いがかなり分かりやすく表現されていると捉えれるのではないでしょうか?
よくこのキャラは我が儘だ、あのキャラは行動理念がめちゃくちゃだとか聞きますが、頭で考えるのではなく心で感じてみて下さい。
そうすれば自然と感情移入出来ると思います(前作からラクスは別次元)。
それと物語終盤における突然の主人公交代ですが、これは初めからキラが主人公だった、我々視聴者は最初から騙されていた、それならほら、納得いくでしょう?
納得いきませんか?
ええ、納得しませんよね、分かります。
デスティニープランなんて気にしていたらコーディネーターってなんでいるの?って疑問しか出てきませんがこのアニメがガンダムという作品である以上ラスボスは必要不可欠です。
そしてそのラスボス、最後の悪役に抜擢されたのが議長ギルバート、しかしシンはその議長側です。
じゃあ悪い奴は倒さないといけない。
こうなってしまうと正義(戦場を散々かき乱した自称中立オーブ軍ですが正義です)は勝たなければならないので主人公交代という訳です。
アスランが脱走しレイがレジェンドに搭乗した時からこの結末はある程度予想が付きましたね。
ただ、普通に主人公同士でキラとシン、レイはアスランと戦うのだと考えていましたがここにきてレイの設定を活かしその逆でくるとは意外でした。
ただ前作の最終決戦に比べるとあっさり感がどうしても否めません。
終わってみると完全圧勝です。
はっきり言うとエースパイロットが少ないです、ザフト側が絶対的に。
ザフト側はシン、レイ、ルナマリア。
ルナマリアに至っては戦闘面で特に活躍しません。
かといってレイが前作のクルーゼの様に無双してもいません。
それに対してオーブ側はキラ、アスラン、ムウ、イザーク、ディアッカ、やっつけ三連星。
むしろこっちの方のキャラが無双してましたね。
中盤まではいい感じで三つ巴してたのに終盤でどうしてこうなったとしか言いようが無いです。
勝つべくして勝った、とはこの事を言うんでしょうかね?
さて、話が色々逸れましたね、申し訳ありません。
そろそろ最終的な評価をしたいと思います。
設定に穴があったり書いていると多々悪い所が目立っていますが、最初に言った様に自分は嫌いではありません。
このアニメを見た方に一番してもらいたいのは旧作のΖと見比べてほしいという事です。
そしてこのSeed Destinyを平成のΖとして見つめ直して下さい。
むしろΖを知らずにSeed Destinyだけを見たとしても本当の良さは解り得ません。
Ζでは成し得なかった未来、時代の流れ、今自分達が暮らしている平和な世界、それを理解し、感じながら見てみるとまた違った何かが見えてくると思います。
これらの理由によりとても良いの評価を付けさせてもらいます。

2015/06/26 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 5585 ホスト:5654 ブラウザ: 10252
【良い点】
無いな

【悪い点】
全部

【総合評価】
ガンダムを舐めるな

2015/05/07 最悪(-3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:0(0%) 悪い:1(100%)] / プロバイダ: 29014 ホスト:28982 ブラウザ: 4696
【良い点】
話自体わかりやすい

【悪い点】
それゆえダメなところもわかりやすい

【総合評価】
物語は難しくなくて(勢力もわけわからない固有名詞も少ないし)、対立軸も話の展開も視聴者にはすんなり入ってくる 製作側は新旧主人公それぞれの正義の対決を描きたいのは伝わってくるけど、それが全然できてないのもわかる
監督がPやったクロアンみたいなエンタメに振った作品をみると、無理せず悪の議長をキラが新型ガンダムでぶっ飛ばすという話をやっておけばと思った

主役交代はいいけどキララクス自体にネタはなく、前作から百話続く大河アニメとしては薄っぺらい印象 最終的なオトシドコロも前作主人公の決意表明というのは微妙だった もともと父親勢を総退場させてしまったため、軍事的にも政治的にも矢面に立たされてしまって、製作サイドもキララクスを十代の普通の少年少女として描きたいのか、完璧超人の英雄にしたいのかもてあましている感じ Des後にカガリが代表首長、キラアスランが高級仕官なのにラクスだけ役職宙ぶらりんなのも、製作スッタフが適当な役職に就かせるのを苦慮しているんだなと(議長ではないらしいが)

批判ばかり書いてきたけど続編があれば視聴希望している でもいま現在の評価は最悪で

2015/02/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:122(77%) 普通:30(19%) 悪い:7(4%)] / プロバイダ: 31499 ホスト:31598 ブラウザ: 8949
ルナマリアの立ち毛(アホ毛)がきっかけで本作を視聴してみました。
ガンダムSEED無印の方は見ていません。
まず視聴前にwikiをさらっと読んでみました。無印の方の文章で気になった文章がありました。

『作品のテーマ
「監督の福田が公式サイトのインタビューにおいて2004年9月25日付で語るところによれば、『ガンダムSEED』シリーズ第1作は、「キラとアスランを主人公に据えて『非戦』というテーマを描いた」とのことである。また、同年12月10日に同インタビューで、2作目『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』についてエグゼクティブプロデューサーの竹田青滋も、「前作から引き続き非戦ということを訴え続けるつもりである」と述べている。
加えて竹田は、「再選を果たしたアメリカ ブッシュ大統領がファルージャでの掃討作戦を展開し、ますます混迷を深めるイラク情勢」についても述べ、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』を観ることで「視聴者が世界情勢を少しでも自分の身にひきつけて考えてもらえるようになれば」とも語っていた。』

とても気になるテーマです。2015年現在だと西欧対イスラム国の世界情勢といったところで、現在にもそのまま適用できそうなテーマです。

さて、では実際の作品はどうなっているか。
視聴して分かったことは、本作は非戦を描いた作品ではないということです。現実社会で非戦をモットーに活動している人々はそもそも戦闘自体を行いません。いかに戦争にならないようにするかという信念のもとで活動しているというものでしょう。本作はそういう作品ではありません。
では宣伝文句である非戦というのはデタラメなのか?
そうではありません。非戦は描かれていませんが、本作の物語を通して反面教師的に戦争の悲惨さと戦争をしないことの訴えが暗示されているのです。
本作は、一言でいえば、反面教師と狂気の物語といえます。
主人公自体も反面教師の代表格の1つとなっており、よくある成功物語や粋な人生を送る主人公、悲劇の主人公、といった主人公像にはなっておらず、最後までみて結局、主人公は(他のたくさんのキャラと同じく)反面教師だという表現がもっともしっくりくる主人公です。
社会や組織で生きていく人が陥りがちな間違った選択、それも彼らが単純に出来が悪いからという理由からではなく私たち誰もが陥りがちなことを、1話から50話まで全話通して描かれています。非戦がテーマだというのなら、そういう陥りがちな間違いを反面教師にしろ、ということなのでしょう。

それと1つ、ザフトやデュランダル議長のことに触れておくと、軍事産業で利益を上げることを目的としている連合軍トップの姿勢よりは根本原因を正して完璧な社会をつくろうというザフトトップの姿勢の方が比較的まともに聞こえるのは確かです。ですが、それを全員が同意のもとで行うのならともかく、デュランダル政権の独断で断行するというのに問題があるのでしょう。
終盤、ザフトが一撃で大地を切り裂く大量破壊兵器を使いました。それは対象が避けたので、味方の艦隊を2機沈めることになったような描写がされました。それに対してザフト内部の軍人達がショックの色を顔に浮かべるのですが、これを視聴者がどう受け止めているか。
ちまちまとモビルスーツや砲撃で攻撃を重ねて艦隊を破壊するのは問題なくて、同じ破壊するのにもなぜ一撃必殺の大量破壊兵器にはショックの色を顔に浮かべるのか?
それは、ちまちま砲撃を重ねる行為では全壊させる前に敵が降伏する可能性も戦闘終了や停戦の可能性もあるのに対し、一撃必殺の大量破壊兵器にはその隙がないからだと私は思います。
これは、デュランダル政権の強行的な遺伝子管理制度開始にもかぶっています。

【総合評価】
感想としては普通なのだけれど、序盤はとてもおもしろく、その後は、シンやルナの振る舞いなど見るのが嫌な展開の割合が増えてきたものの最後まで継続して見続けるだけの牽引力はあった。ありきたりなものとは違う試みも感じられる作品である(それが功を奏しているかどうかはともかく)。
ということで、総合評価としては良いになりました。

ちなみに、ルナマリアの立ち毛は元気よくはねている時と、自己主張の薄い時がありました。視聴前は、戦闘でヘルメットを被った後のシーンとかでへたるのかなとも想像していましたけど、かならずしもそういうことでもないようです。

もっと読む

「きちんと説明が入っているわけではありませんので、なかなかテーマをつかむのは難しい作品です。一年モノで...」 by あまたん


次のページを読む

この評価板に投稿する


2017/01/03 [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示] by (表示スキップ) プロバイダ: 1389 ホスト:1596 ブラウザ: 9973
矢鱈総集編が多い作品で、福田元監督は故・藤子F氏を嫌っていましたが、ラクス一味がウルトラスーパーデラックスマン・句楽兼人そのものだった事には最後まで気付かなかった様です。

もっと読む

「ガンダムSEED大好きです!一番は、やっぱりキラですね。アスランとシンも勿論好きですよ!それに、フリーダム...」 by ワワエ


次のページを読む
2017/05/10 悪印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 1848 ホスト:2047 ブラウザ: 10300 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可笑しく笑える/悲しい/怖い/道徳心&モラル 
ストーリー最悪(-3 pnt)
キャラ・設定最悪(-3 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 『鉄血のオルフェンズ』44話 : 感想 + 考察 ――『DESTINY』からの呼び声。 by フェティア
... 鉄血のオルフェンズ』44話 感想+考察。 予定よりも長くなったため、こちらの形式に。 あまり明白な形で行うつもりはありませんでしたが、 今回は、敢えて『SEED DESTINY』と併せた考察になっています。 誰も触れないため触れると、前回の43話と今回の44話のプロットは、 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』の明白なオマージュになって ...
記事日時:2017/02/20
2. 裏事情の噂;;福田元監督にまつわる噂 by 無限堂
... たのが、スーパーロボットアニメに変更となった事と、例によって嫁の遅筆が原因で開始が半年延期になり、最終回近くの放送が初夏なのに物語の季節が冬だったのは、00年4月開始~00年末終了予定だった構想の名残で、またスバルが少女から少年に変更されたのも嫁の仕業と言われています。 4 機動戦士ガンダムSEEDシリーズ 意外かも ...
記事日時:2016/12/10
3. 今日は石田彰さんのお誕生日です by Mr.KN
... その独特な声質が特徴でもありますが、20年来に渡って活躍しているだけあって今もなお高い人気を集めている声優であるのは間違いないでしょう。 今まで演じてきた役を挙げていくと、1996年から演じ続けている「新世紀エヴァンゲリオン」の渚カヲル、こちらも有名な代表作として知られる「機動戦士ガンダムSEED」および「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」のアスラン・ ...
記事日時:2016/11/02
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:機動戦士ガンダムSEED DESTINY / 漫画:機動戦士ガンダムSEED DESTINY(コミックボンボン版) / 文学:機動戦士ガンダム SEED DESTINY
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声