[アニメ]機動警察パトレイバー(TVシリーズ)


きどうけいさつぱとれいばー てれびしりーず / Mobile Police PATLABOR ON TELEVISION
  • 楽しい
  • 格好良い
  • 面白い
  • 可笑しく笑える
  • 熱血
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:機動警察パトレイバー (SFC版) / 漫画:機動警察パトレイバー / 文学:機動警察パトレイバー(小説版シリーズ)
アニメ総合点=平均点x評価数94位6,226作品中総合点202 / 偏差値80.25
アニメ平均点213位2,817作品中平均点1.82=とても良い/111評価
1989年アニメ総合点5位116作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
キャラ・設定2.22(とても良い)9
ストーリー2.00(とても良い)9
音楽1.89(とても良い)9
映像1.78(とても良い)9
声優・俳優1.78(とても良い)9
楽しい78%7人/9人中
格好良い78%7人/9人中
面白い78%7人/9人中
可笑しく笑える67%6人/9人中
熱血56%5人/9人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

パトレイバーを扱う特殊車輌二課に泉野明が配属されるところから、物語をリスタートさせたTVシリーズ。1年分の放送時間にふさわしく、太田の見合い話や海外SFドラマのパロディなど多彩なエピソードが用意され、キャラや世界観がじっくりと掘り下げられている。第4話は「月刊ニュータイプ」の漫画版がベース。前半のキャラ配置は香貫花クランシーがいるOVA版準拠だが、中盤で熊耳武緒にバトンタッチ。同時にシャフトの暗躍やグリフォンとイングラムの対決も映像化され、ゆうきまさみが少年サンデー掲載の漫画版で展開した要素との関連も大きなみどころだ。全方位的にパトレイバーの魅力が楽しめるシリーズである。
原作:ヘッドギア
監督:吉永尚之
シリーズ構成:伊藤和典
脚本:押井守横手美智子伊藤和典
日本 開始日:1989/10/11(水) 17:00-17:30 日本テレビ TV / 終了日:1990/09/26
公式サイト
1. パトレイバー Blu-ray&DVD クロニクル
オープニング動画 (2個)
そのままの君でいて
歌:佐藤優子 [ファン登録]
[もっと見る]
111,684165111
最近の閲覧数
755286810612
2人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2016/12/25 / 最終変更者:エリクサー / その他更新者: ウィングゼロ / kunku / TCC / スペ9 / 提案者:もろっち (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/02/16 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 15113 ホスト:14927 ブラウザ: 8946
【良い点】
すべて。
時代を越える普遍性があるアニメ。劇場版と合わせて名作といっていい。
【悪い点】
とくになし。

【総合評価】
最高

2016/08/07 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6893(87%) 普通:586(7%) 悪い:425(5%)] / プロバイダ: 21846 ホスト:21816 ブラウザ: 1975(携帯)
ようやくテレビアニメシリーズを全話視聴したので感想を。

基本的には一話完結物ゆえに主人公らが所属する部隊の日常をドタバタのコメディータッチで描いておりましたが、ときどき続き物になっていたり、コメディーだけでなく、シリアス回もあったりと、全体的にバランスが良く、飽きのこない仕上がりとなっていたように思います。

また主要登場人物それぞれをメインに据えた話も用意されていて(例えば大田さんがお見合いをする話とか)、きっちり部隊の隊員の個性を分かりやすく掘り下げていたのは好印象でした。

もっとも、肝心の戦闘シーンに関しては完全にオマケみたいな感じで、しかも犯人連中もほとんどが出来心で騒ぎを起こしてしまったりという間抜けぶりで憎たらしいような凶悪犯とかは皆無でした。人間味溢れていて良かったと思いますが、逆にいえば、刺激が弱く、パンチに欠けてしまうため、ロボットアニメ目当てで観る人にはやや退屈気味に感じてしまうかもしれません。

とはいえ、実写版はだいぶ前に観たことがありますが、劇場アニメ版やOVAとかはまだ観たことがないだけに機会があればぜひ観てみようかなと思います。

評価は「良い」とさせていただきます。

2016/04/08 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 16218 ホスト:16139 ブラウザ: 7460
【良い点】
話のバリエーションが多く見てて飽きにくい

【悪い点】
中途半端に漫画をなぞったところ
話も中途半端だしお気楽なテレビ版に漫画版の空気が入ってきて違和感MAX
これだけが唯一の汚点

【総合評価】
シリアスな劇場版や漫画版と違いダラダラーっと見るんだったらこれ
あくまでおまわりさんの日常がメインでレイバーはオマケ(新OVAではグリフォンとの決着を除き
その傾向はさらに強くなる)
ロボット同士の戦闘を見たい人にはまったくおすすめできない

2015/10/26 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:224(48%) 普通:103(22%) 悪い:142(30%)] / プロバイダ: 12929 ホスト:13021 ブラウザ: 5587
【総合評価】

レンタルビデオ店で働いていたので、入荷と同時に全て視聴しました。

パトレイバーというロボットものではあるが、ロボットものというより刑事ものに近い。
コメディもあり、サスペンスもあり、アクションもあり、なんでもあり。

あの空き地にポツリと建つ建物にみんなで寝泊まりしているのではないか?と思うほどの生活感というか、チームワークというか一体感がにじみ出ている。

コメディ回は個人的に「うる星やつら」フレーバーと感じた。

好きだったのはシリアス回。後藤隊長の存在感が際立つ。
劇場版は社会風刺も盛り込み、リアルにスリリングに展開する傑作。

第2小隊のイングラムと第1小隊に導入されるゼロ。
イングラムが「アナログ」ゼロが「デジタル」という印象。個人的にゼロが好きだった。(登場回数は少なかったが)

キャラでは圧倒的に南雲隊長が好き。一度だけ実家の描写がありましたが、良家のお嬢様のようですね。

2014/04/15 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:362(78%) 普通:43(9%) 悪い:60(13%)] / プロバイダ: 20711 ホスト:20791 ブラウザ: 4180
※第一期OVA版のみの暫定評価。TV版は昔に半分ほど視聴

【良い点】
●日常感たっぷりのコミカルで個性的なキャラクターと彼らのやりとりが魅力的。メンバー全てが主人公といってもいいような扱いのパトレイバー部隊〈特車二課〉の面々は、一部を覗いては突出した技能を持っているわけでもなく、普通の日本人警察官として終始描かれています。会話の内容もおしなべて平凡で、コメディとしての誇張はあれど、ヒーローとしての誇張は少ないのが印象的でしたね。
●作中に登場するロボット『レイバー』もほとんど車などの延長として描写されていて、古今東西のロボットアニメに見られるような縦横無尽の動きは皆無。徹底して“ただの機械"として扱われており、現実感のあるキャラと合わせて、身近な匂いを漂わせる機械になっています。
●対してストーリーはバリエーション豊富。パトレイバーの名に恥じない警察モノらしいストーリーから、古典モンスター映画やサスペンスホラーのオマージュに始まり、クーデターや兵器密輸を扱った社会派チックなものまであり、実に彩り豊かな作品に仕上がっていました。
●声優陣は皆揃ってはまり役が多いのですが、中でも特車二課の隊長を務める後藤を演じた大林隆介さんは、普段のオフビートなとぼけたトーンと、シリアスな場面での引き締まったトーンを見事に使い分けて、後藤隊長に唯一無二のキャラクター像を付与していたと思います。

【悪い点】
●アニメとしての誇張されたアクションなどはあまり期待しないほうがいいでしょう。全体的に実写作品の印象に近い動きになっています。爽快感などとは無縁で、“ロボットアニメ"として期待すると間違いなく肩透かしを食らいます。
●ほかにも「これ!」というほど突出した面白さはないですね。強いてあげれば賑やかなキャラクターたちくらいで、あまり突っ込んで見る類の作品ではないでしょう。

【総合評価】
原作:ヘッドギア。監督:押井守。〈レイバー〉と呼ばれる作業機械が広く導入された、現実の世界とはちょっと違った世界の日本を舞台に、人型の警察用レイバーを扱う部隊『特殊車両二課中隊』の活躍(?)を描いた作品。当時のロボットアニメとしては異色な「日常ドラマっぽさ」を強調した作品です。

この作品の魅力は、まずはやはり個性的なキャラクター『特車二課』の面々にあるでしょう。色気のないヒロイン(?)泉野明、大企業のボンボンだが口が悪い篠原遊馬、トリガーハッピーの危険人物な太田 功、新妻の機嫌取りに苦心する進士幹泰、体は大きく心は小さめな山崎ひろみと、実に個性的なメンツが揃っております。彼らを束ねる隊長も「頭がキレすぎて半ば厄介払いされている「カミソリ」後藤と、どうにもクセのある連中ばかり。しかし彼らからはしっかりと生活の臭が感じられるようストーリーが描かれていて、コミカル・シリアス・ホラーにモンスターとなんでもござれな各話ストーリーも相まって、作品全体からバラエティ豊かなイメージが漂っていました。声優陣の演技もその作風に沿ったものとなっており、とにかく馴染みやすい空気に溢れています。

欠点らしい部分はこれといってないですが、ロボットアニメとしてはいささか地味で、突出した要素もないので、派手な作品を期待する人には肩透かしに感じられる可能性は大きいですね。

まさしく元々のコンセプト「焼き魚志向の生活アニメ」らしい、良い意味で力の抜けた作品。等身大の人間と等身大のロボットを通して見える、現実とはちょっと違った世界観からは、地味ながら普遍的な面白さが染み出していました。
評価は『とても良い』で。

2012/03/06 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2199(58%) 普通:765(20%) 悪い:853(22%)] / プロバイダ: 15458 ホスト:15408 ブラウザ: 7541
OVA版は微妙だと思うけど、テレビアニメ版は非常に良かったと思います。
実際、軽い気持ちで楽しむのならテレビアニメ版を見ると良いでしょう。
設定からしてかなり面白いし、基本的に会話とかキャラクターとかも良いので、マイナスの印象はないです。
OVA版は絵がちょっと変だったので慣れるのに多少時間がかかり、実際内容も一部のシーンのみ面白いという程度でした。

2011/08/12 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:114(72%) 普通:22(14%) 悪い:23(14%)] / プロバイダ: 18839 ホスト:18912 ブラウザ: 4591
評判も良く有名なので、OVAから劇場版まで製作順に通して観ました。

・脚本力

本当に色んな話があって面白かった。あんな話やこんな話。
これはやっぱりすごい脚本力によるものだと思う。

現実的な部分がありながら、かなりの非現実さを持っていたりする。
この現実的な部分と非現実的な部分のバランスが絶妙だった。
アニメという作品の表現方法を本当にうまく活かしていたと思う。

・キャラクター

登場するキャラクターが何から何まで個性的で魅力的だったと思う。
千葉繁の言い方を借りれば「生活感がある」。キャラが本当に人として活き活きしていた。

観ていくうちにどんどん登場するキャラと視聴者の距離が近くなり、
話の中での出来事に、視聴者もキャラと同様に一喜一憂してしまう。
これもまた素晴らしい脚本によるものなのかもしれない。


・悪い点というか惜しい点

グリフォン編は確かに深みというか盛り上がりに欠ける部分はあったかなと思う。
まあしかし特に酷いものではなく、悪い点だとは思わなかった。

また、TVシリーズにおいても後期OVAにおいても、最後はもう少し最後らしい締めにして欲しかったかなとも思う。
とはいえ、最後が面白くなかったわけではないので、これもまた惜しい点として。


〜総合〜

全部合わせると優に50話を超える長さだが、全くその長さを感じさせず、本当にあっという間に終わってしまった気がする。

観終わった後に、終わってしまったのが残念であるという気持ちが自然と湧いてきた。
それくらい観ていて本当に楽しかった。

こういうアニメが最近あまりにも無さすぎるのが不思議でしょうがない。
すごく面白かった。「とても良い」です。

2011/01/06 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:21(75%) 普通:5(18%) 悪い:2(7%)] / プロバイダ: 676 ホスト:413 ブラウザ: 7467
国家権力の中の人を描く作品に興味をもったので視聴しました。
OVA、TV合わせて1週間で一気に見てしまいました。とっても面白い!

OVAでは1話1話中身の濃い内容で、TV版では日常系の原点?ともとれるようなコメディからドラマ性の強い事件まで、バラエティの富んだ内容でとっても楽しめました。
ゲラゲラ笑える太田のお見合い回と押井守脚本と、まるで20年後の今を予想しているかのようなクジラの回がとても記憶に残りました。

キャラクターの良さも作品を盛り上げています。一見自分勝手で振り回してるだけのように見えながら、同僚を気遣ったり、ところどころに本当の職場のような距離感があったりと、味のある相関になっています。

OPED含む音楽もよかったです。前期後期どの曲もお気に入りですね。

自分はロボットアニメは結構苦手なジャンルなのですが、ずーとロボロボしい感じじゃなくて、むしろ内容で勝負するかのような作品なのでロボアニメが苦手な人にもオススメしたいです。

2010/02/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 3868 ホスト:3816 ブラウザ: 5718
出てくるメカや人間関係が素晴らしく、私にとっては1999年になったら本気でこんなレイバーというのが出来るんじゃないだろうかという希望まで持たせてくれた、非常に素晴らしいアニメです。
出てくるレイバーも素晴らしいのですが(イングラム乗りてーーーーーーーー!)
特車2課の皆が輝いていましたね!野亜さんも素敵ですがみんながみんな活き活きしていて、イングラムを整備してくれる人達も面白い人達ばかりでした!(先月ひろみちゃん役の方がなくなったと知ったときにはショックでした)特に特車2課で隊長の後藤さんは今の時代に必要な存在だといえます!部下を見守る温かさ、飄々とした面白さとおとぼけぶり、決めるときは決める格好よさどれをとっても理想の上司です!
どッかのネ○フ見たいな不気味で陰湿でろくでもない所なんかより絶対入るなら特車2課ですね!(そのためにはおまわりさんにならないといけませんが・・・・。)
敵のキャラも嫌いなのはあまりいませんね、特にバド君が大好きです、あの子どこで関西弁を覚えてきたんだろう・・・・。メガネの人も侮れない人でしたね。
グリフォンも物凄くかっこよかったです(でもやっぱりイングラムかなぁ!)
「ぴっけるくん」なんてレイバーもありましたね、ほんとに面白いレイバーもいっぱいで飽きることがないアニメでした、野亜さんがどれだけイングラム(アルフォンス)を大事にしていたのかも手に取るように分かりました。
本当にこんなところがあるなら、警察に志願していたかも!
とにかく面白いアニメでした。又再放送が見たいです。

2009/07/30 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(75%) 普通:3(25%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 22495 ホスト:22570 ブラウザ: 5234
【良い点】

他の皆様が仰られているとおりです。特に、出渕裕氏のメカデザインは天才的だと思います。
私がこの作品を他人に説明するとき、必ずと言って良いほど
「踊る大捜査線みたいな感じ」
と言いますが、「踊る」は正直申し上げてパトレイバーの劣化コピーとしか言いようが無い。それほど優れている。
【悪い点】

特にないのでは?
【総合評価】
人物(バド以外)、メカ、ストーリーどれも秀逸。声優面も非常に高評価です。
千葉繁氏はシゲさんの役をやるために生まれてきたのではないか、と感じたほどです。
「無駄な話が多い」という意見もあるかと存じますが、それこそが「パトレイバー」なのだと思っていただきたいです。

蛇足ですが、このアニメに原作はありません。強いて挙げるならば、原作はOVA第一シリーズです。
ゆうきまさみ氏のマンガはあくまで「漫画版」であることはあまり知られていないのでしょうか。

[訂正です]皆様「ヘッドギア」のことを原作と呼んでいらしたのでしょうか?
もしそうでしたら生意気言って申し訳ありません。

2009/06/07 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 20019 ホスト:19977 ブラウザ: 8456
原作チラ見、アニメ視聴の評価。

恐らくキャラの掛け合いの独特の間が理解できないのもあるし、それをアニメ化作品に引きずってしまっているため評価は「普通」。

2009/04/23 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:545(70%) 普通:88(11%) 悪い:148(19%)] / プロバイダ: 29567 ホスト:29641 ブラウザ: 8455
【良い点】
一癖ある人物の描き方が絶妙。二癖ではなく一癖なんです。特車二課の面々は皆根柢のとこで芯が通ってるためドタバタギャグでもいけるし、シリアスでも面白い。中でもやられ役なのにいい味出してる太田さんとシゲさんが好きです。

ギャグ、シリアスのメリハリもいいですし、残念な回ってのがほぼ無いっていってもいいぐらい一話完結でまとめられてる。
ジャンルとしても挑戦的な近未来ロボットを題材としてますが、作中の世相もリアル。
ただ本作ではかなりファンタジーな部分もあります。そこはリアルではないのですが、この作品だと大して気にならないのが驚き。アルフォンスの設定もかなり凝ってました。
個人的に押井作品で一番好き。

【悪い点】
あまりないがOVAでのラスト数話が急に路線変更をした感じがした。最後イングラムが全然出てこなかったなぁ・・・

【総合評価】
長い作品でしたが全部楽しくみれます。誰も死なないしガンダムでは少々胃もたれしてしまうような人にお勧め。そうでない人にも見てもらいたいですが。

2009/03/27 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:147(72%) 普通:0(0%) 悪い:56(28%)] / プロバイダ: 4375 ホスト:4334 ブラウザ: 2256
『火の7日間』や『迷宮』もとい地下潜入の話(2本)は特に面白かったです。
もちろん環境設定やキャラクターの作りも良かったと思います。
その環境を使ったギャグ話は見事ですね。

周辺の描写が凝っているので現実味がありましたし、
それが面白さにつながっているのもいいですね。

キャラクターたちも個性的で楽しかった印象があります。
個人的には整備班の面々が好きでした。
シゲさんと親父っさんはいいです。

ロボットジャンルに『警察』というものをくっつけた唯一と言っていい作品。
イングラムの格好良さは素晴らしいですね。
OP、EDも好きです。

2008/11/24 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(53%) 普通:5(29%) 悪い:3(18%)] / プロバイダ: 5391 ホスト:5523 ブラウザ: 8090
最近になって、ファミリー劇場の放送で視聴し始めました。

警察組織のロボットアニメと言うとこれ以外では『勇者警察ジェイデッカー』ぐらいしか思いつかないんですが
こちらは登場するロボット『レイバー』がヒーローでも兵器でもない『ただの作業用メカ』であり、今現在の乗り物からの『派生物』と言う着眼点は凄いと思いました。
前例としてはザブングルのウォーカーマシンとか、ボトムズのATなんかもありますけど。戦闘がメインでないことが本作の特異さと面白さにつながってますね。

主役も軍人とか少年とかじゃなくて、おまわりさんであり職業ものとしての側面というかこっちがメインですね。
働く人であり、レイバーを動かすのは仕事であり、日常の一部にすぎないと言う思い切った世界観もgoodjobです。

あえて悪い点を上げるとすれば、後にも先にもオンリーワンになってしまったことでしょうか。
後先、警察とロボットと日常を絡めたアニメは、これに優る物も劣る物も出てこないだろうと言う話です。
近い題材を用いて制作された作品は、上に挙げたジェイデッカーぐらいですもん。

それから評判のいいグリフォン事件の話を見たのですが、個人的には微妙でした。
動物のような動きをするとあっても、そこまで凄い動きをしているようには見えないし、何より乗ってるキャラクター、バドの魅力が皆無でした。
ただの遊び好きなガキ、それ以上でもそれ以下でもなしです。
コックピットに乗るロボットは、そいつ以外が乗ることなんて考えられないと思わせるぐらい、乗ってるキャラクターの魅力も大事です。
実際、アルフォンスに太田さんが乗る光景なんて想像できないし、逆もまたしかりです。

ウツミの方は悪役として面白いキャラだったんですけどね。
あーいう何考えてるのか分からないようなつかみ所のないって言うのは、本当にイレギュラーの塊に等しい特車二課(もとい後藤)でなければ相手にならないと言った雰囲気が感じられたので。

いっそ、グリフォンは元ネタのブラックオックスと同じように、人工知能だけ備えたリモコンで動く無線レイバーだった方が良かったんじゃないかと。妨害電波は出さんでもいいでしょうけどね。
それだったら空飛ばしたり、乗ってる人間の事を考えなくていい無茶な動きがいくらでもできるし、何よりウツミ自身が動かせますからね。

2008/03/22 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:58(79%) 普通:8(11%) 悪い:7(10%)] / プロバイダ: 7807 ホスト:7873 ブラウザ: 5234
【良い点】
ノリの良いギャグ。特に食料がなくなる回はうる星やつらのノリにすごく似ていた。押井さんの影響なのか。
軍隊とかじゃなくて日常的な警察というところにロボットを用いたことで現実味がました。
アニメ独自のよさ。初めてメディアミックスということが意識された作品。漫画はメカデザインとか以外はゆうきさんの作品になってしまった感があるけど。こちらは監督や脚本家の味がでてて、楽しい。かぬかさんも良かった。
後藤隊長などわきのおじさんたちの魅力。

【悪い点】
少し悪乗りしすぎた感があったこと。
テレビ版は少々スケールが小さい。

【総合評価】

テレビアニメ版の評価はとても良い。

もっと読む

「原作は未読、旧OVA,TVシリーズ,新OVAを視聴した感想です。友人からパトレイバーを見て、ロボットアニメにし...」 by goodday0220


次のページを読む

この評価板に投稿する



2016/08/07 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 21846 ホスト:21816 ブラウザ: 1975(携帯) [編集・削除/これだけ表示]
感じた事熱血/可笑しく笑える/楽しい 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像良い(+1 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)

もっと見る
1. ン十周年での思い出深〜い作品類。 by 634
... ロス 29サイバリオン 30スプラッターハウス 31半熟英雄 32ファイナルファンタジーII 33魔神英雄伝ワタル 34超獣戦隊ライブマン 35仮面ライダーBLACKRX 36じゃあまん探偵団魔麟組 37トランスフォーマー超神マスターフォース Mr.KNさん 38世界忍者戦ジライヤ はんぶらびさん 39機動戦士ガンダム逆襲のシャア 40帝都物語 41忍者龍剣伝 美代子さん 42機動警察トレイバー 20周年 ...
記事日時:2018/05/25
2. 映画::もしも押井守ルパンが映像化されていたら by 無限堂
... 、押井氏が考案したのは「ルパン三世は次元、不二子、五右衛門、銭形が生んだ幻想に過ぎなかった」で、特撮のレインボーマンの最終回で「Mr.Kは幻想に過ぎず、最初から居なかった」に似た展開になる予定でした。 ソレを聞いたスポンサーはビビり、押井氏も自ら降板しました。 その後、類似のアイデアは機動警察トレイバー劇場初作の ...
記事日時:2018/02/13
3. 『ダビング大作戦』中間報告その2 by 霧の童話
... BEBOP』(「よせあつめブルース」・劇場版含む) 『Piaキャロットへようこそ!!2DX』『無敵超人ザンボット3』『ラブライブ ! サンシャイン!!』 『ウルトラマンオーブ』(3本ほど録画失敗)『HITOSI MATUMOTO VISUALBUM』(←誤記に非ず) 『劇場版マジンガーシリーズ』『夏目友人帳 伍』『うる星やつら TV TITLES』 『機動警察トレイバー アーリーデイズ』『 ...
記事日時:2017/01/29
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: ゲーム:機動警察パトレイバー (SFC版) / 漫画:機動警察パトレイバー / 文学:機動警察パトレイバー(小説版シリーズ)
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ