[アニメ]小林さんちのメイドラゴン


こばやしさんちのめいどらごん / Miss Kobayashi's Dragon Maid (Kobayashi-san Chi no Maid Dragon)
  • 可愛い
  • 面白い
  • 楽しい
  • 可笑しく笑える
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:小林さんちのメイドラゴン
アニメ総合点=平均点x評価数1,025位6,047作品中総合点26 / 偏差値51.58
アニメ平均点1,265位2,779作品中平均点0.87=良い/30評価
2017年アニメ総合点4位210作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.89(とても良い)19
キャラ・設定1.63(とても良い)19
声優・俳優1.37(良い)19
音楽1.32(良い)19
ストーリー1.16(良い)19
可愛い68%13人/19人中
面白い53%10人/19人中
楽しい47%9人/19人中
可笑しく笑える42%8人/19人中
友情26%5人/19人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

独り身お疲れOLの小林さんのもとに、突如現れたメイド姿の美少女トール。
角を生やし尻尾を携えた彼女の姿は、まさにドラゴン娘(むすめ)。
酔った小林の誘いで家に来たと言うトールは、あれよあれよと小林さんちのメイドとして働くことに……!?

放送局:TOKYO MX テレビ愛知 朝日放送 BS11

原作:クール教信者
監督:武本康弘
日本 開始日:2017/01/12(木) 00:00-00:30 TOKYO MX TV
[開始日詳細]
放送局放送期間放送日時
朝日放送2017年1月12日2時14分 - 2時44分
TOKYO MX2017年1月12日0時00分 - 0時30分
テレビ愛知2017年1月12日2時05分 - 2時35分
BS112017年1月13日0時00分 - 0時30分
公式サイト
1. TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」公式サイト
2. 小林さんちのメイドラゴン|アニメ|TOKYO MX
Twitter公式
1. TVアニメ小林さんちのメイドラゴン公式 (@maidragon_anime) on T
オープニング動画 (1個)
青空のラプソディ青空のラプソディ
歌:fhána 詞:林英樹 作曲:佐藤純一 編曲:fhána [ファン登録]
[もっと見る]
14,6713230
最近の閲覧数
14615101915131085
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/07/07 / 最終変更者:667 / その他更新者: エリクサー / 提案者:Barnirun (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/11/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:223(65%) 普通:0(0%) 悪い:119(35%)] / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 8239
原作未読。

インパクトのあるファンタジー描写から回想風味に状況説明といった感じの導入部で手堅さを感じるスタート。
原作者と製作会社のクレジットを見て、なるほどと思ったり組み合わせが意外だったりで期待が高め。

制作会社が京アニってことで『らき☆すた』や『日常』あたりの日常系の作品の雰囲気と、
『甘城ブリリアントパーク』あたりのファンタジーが合わさった印象で、
目新しさは感じないけども他作品との違いは出せていたと思う。

設定としては主人公を社会人にしているところが特徴的で、
何でもかんでも高校生というという展開にやや食傷気味な人には好印象かと思う。
ただ、システムエンジニアって設定はまたかーといった印象で、手短な要素を採用した感が強い。
業務風景が描かれているのは好感もてたけれど、それに比してOLさんとしての生活感は薄かった気がする。

自由とか選択とかをテーマとしてシリアス感をたまにストーリーに織り込んできたけれど、
邪魔にならない出し方がかえってちょっと中途半端な感じに見えて微妙だった。

【良い点】
アニメーション部分。ひたすらキャラに拘って魅力的なデザインや構図で描く手法が最近多い気がしたけれど、
本作ではキャラの魅力は当然あるけれど、間接的に盛り上げてくれるような作画の良さが光ってた。

コミカルなシーンでのぬるぬるとした動きの面白さも良かったが、普段の細かい描画がとても自然だった。
ベッドから起き上がるときの掛け布団の動きとか、会話中の表情の自然な変化であるとか、
誰かが会話してるときに後ろに配置されてるキャラにも動きを付けていたりだとか。
印象的な太い尻尾なども、生活描写では細かく動かしていた。

サービスシーンの頻度はそこそこあったけれど、良い意味でいやらしさも感じず見ていけた。

【悪い点】
11話に大きく描いていた過去回想のシリアス風味。どうせならもっとボリュームがあっても良かったと思う。

ファンタジーにまる投げしてる部分は良かったけれど、経済的な面の扱いが雑に思えた。
「ランドセル」のエピソードは後味自体は良かったけれど、ここを描くと他の場面で違和感が出てしまう。

【総合評価】
ちょっと文句が多い評価になってしまったけれど、面白く見させていただいた上でという感じです。
中毒性のある面白いシーンなんてのはあまり思い出されないけれど、飽きさせないような細かい演出が良かった。
純粋な面白さへ特化して穏やかに見ていける感じで、全体的にも上手くまとめきったかなという印象。

2018/07/25 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴 / プロバイダ: 6636 ホスト:6539 ブラウザ: 5171
OPを観てリルリルフェアリルみたいのを想像したら全然違ってた。
というかこの絵でリルリルフェアリルみたいのが観たかった。
基本的に性癖やオタクあるあるネタで話が進む。
完全にオタク向けのザ・深夜アニメ。
その手の趣味がある人はどうぞ。
アニメの後で原作を見たけど原作の方が良かったかな。
意味もなくほのぼのした雰囲気をねじ込むより原作の方が潔い。

2018/02/13 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:24(62%) 普通:6(15%) 悪い:9(23%)] / プロバイダ: 10650 ホスト:10620 ブラウザ: 8319
出オチ感のあるアニメ。その後はひたすら退屈。
作画は丁寧で高品質だが、それだけで最終話まで見続けるのは辛い。

ほかに語れる部分もない……。

思うに「癖」を削り取った作品なのかもしれない。「臭さ」というか。

萌えアニメとして観るならもう少しキャラクターに色気が必要だが、
これも意図的に削っているのは明らかだ。それによって獲得できる層があるからだろう。

そういう調整の積み重ねで出来上がったとするなら、
この退屈さも悪評の少なさも制作サイドの思惑のうちかも知れない。うーん。

とにかく、個人的にはなんら感じ入るところのなかった作品。
明日から二度と思い返すことはないだろう。

2017/10/23 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:9(82%) 普通:0(0%) 悪い:2(18%)] / プロバイダ: 13883 ホスト:13765 ブラウザ: 9135
京都アニメーションの作品で作画はいつもと違う感じだが、作画崩壊などはせず相変わらず安定している。

ドラゴンが人間に化けてメイドとして居候する話だが、意外と面白い。
どちらかというとギャグ漫画的なアニメでゆったり楽しく見れる。
視聴おすすめ。

2017/10/06 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:67(50%) 普通:47(35%) 悪い:20(15%)] / プロバイダ: 1487 ホスト:1471 ブラウザ: 4699
ドラゴンが人に化けてメイドに来る話。

幼ドラゴンがかわいい。
窓から外を見るカットひとつでも、表情から重心の配置まで作りこまれており
京アニの幼女に対するただならぬ拘りを感じた。

2017/09/29 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:67(68%) 普通:7(7%) 悪い:24(24%)] / プロバイダ: 9163 ホスト:9239 ブラウザ: 10379
【良い点】
主人公の目立たないようでしっかりと存在感のあるキャラが良い
トールやカンナ、ファフの個性的なキャラが毎話楽しい
非日常的な要素を盛り込みつつ、季節毎のありふれた日常を楽しく過ごしていく光景が面白い

【悪い点】
トールとカンナ、ファフニール以外の2人の生活環境や設定が少し雑というか、もう少し絡んで欲しい

【総合評価】
人間を下等生物扱いしているドラゴンがメイド?
といった奇抜な設定だったが、それなりに事の発端が明かされていくのですんなり楽しめる。
トールやカンナの可愛さも抜群だし、人付き合いに乏しい主人公がなんとなく元から良い奴だったり、イベント毎に新鮮だしほのぼのするし、何度か描写があるが種族の違い故寿命差で長くは共に生きられないとしても、この生活をあと何年かは眺めていたいなーと思う。

2017/08/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:529(63%) 普通:124(15%) 悪い:193(23%)] / プロバイダ: 31405 ホスト:31180 ブラウザ: 9175
クール教信者さんの作品のテンポ感というかタイム感というか醸し出される雰囲気がすごい好きなんですよね。
「旦那が何を言っているかわからない件」とかすごく好きですし。今作を見て「あぁこの人の作品好きだなぁ」というのを再認識しました。
言ってしまえばドラゴンと人間の共同生活のお話でクール教信者らしさを薄まってますけど、
現実世界に異世界のモノが入ってくる不思議を現実における生活に無理なく落とし込みつつ、クール教信者っぽいタイム感が良い具合に融合してる感じですかね。「疑似家族」的なものを描きたかったのでしょうけど、家族になる過程を「旦那が何を言っているかわからない件」でコメディを交えてきちんと描いていたことを考えると、こういう家族ものをコメディを混ぜつつしっかり描くのが旨いんだろうなぁ〜と思います。
あと、ファンタジーなんだけどちゃんと現実生活もとい地に足がついてる中での日常系作品なので凄く見やすいです。
正直京アニはどうなんだろう?って思ってましたけど、蓋を開いてみたらこれがマッチしてましたし、
主題歌も劇伴も良かった。このクールの作品では個人的に1番良かったアニメです。

2017/06/05 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:468(71%) 普通:99(15%) 悪い:92(14%)] / プロバイダ: 441 ホスト:66 ブラウザ: 5171
こんな事を言ったら本作に失礼かも知れないけど視聴前の印象を正直に言えば
わざわざ京アニが手掛ける程の原作なのかなと思いあまり期待してなかったけど、
実際に視聴してみれば思ってた以上に楽しめて当初の評価は「良い」にしようと思ったが、
でも個人的には一部だけ不快要素が有ったので最終的には「普通」に留めてしまったが。

まずは本作に関して一番に良かったのはトールのキャラで、
トールの明るいキャラが観てて楽しかったのと、
またトールの場合は多くの人達に慕われて人間社会に上手く順応しており、
とにかくトールに関しては愛すべき要素を多く持ってるキャラと言えますね。

そういう分けで本作に関してはトールのキャラが魅力的かなという所ですが、
ただトール以外のサブキャラ達に関しては正直に言って印象が薄く、
どうもサブキャラ達のパートとなると面白さが半減な上に、
そして個人的に本作で不快要素となったのは才川のレズキャラが鬱陶しく、
才川が出て来る度に自分の中ではテンションがガタ落ちとなりマイナス印象となりました。

2017/05/27 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:315(65%) 普通:131(27%) 悪い:39(8%)] / プロバイダ: 16884 ホスト:16896 ブラウザ: 8276
【良い点】
カンナかわいい。
アットホームでなんか見てて楽しい。
良く動く。

【悪い点】
小林さんがもうちょっと声を高めにしてほしかった。

【総合評価】
最近の京アニとはまた違う萌コメディ作品。
京アニの作品だと気付かなかった人も多かったんじゃないかと思う。

人間に敵意を抱きちっぽけな存在と見下すドラゴンだけど、そこにたまたま現れた酔っ払いの小林に助けてもらい、恩返しをしようとメイドとしてやってきたトールと小林の話。そこにカンナが現れ、そして他にもドラゴンたちが現れ、人間たちとの共生していく。

その共生模様がコメディでありそしてハートフルな物語であったり。カンナと才川(すこしギャグがくどいけど)、滝谷とファフニール等々いろいろな組み合わせができていく。
次はどんな話あるんだろうと毎回楽しみであった。

ただ小林が少しおっさんぽく声のトーンが低くて説教好きというのが逆にトールの魅力をうまく引き出していない感じがした。小林はカンナがいうとおりお父さんで、トールは押しかけ女房ってところが故に、友達みたいな絡みをファンにとってはいまいち物足りない感じがした。

2017/05/22 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:6551(87%) 普通:551(7%) 悪い:402(5%)] / プロバイダ: 23364 ホスト:23502 ブラウザ: 10209
京アニの作品にしてはわりとこじんまりしているなあといった印象でしたが、それでも派手さこそないものの、堅実にまとめられていたんじゃないかなと思います。
原作であるマンガ版の方がまだ一度も読んだことがないので、なんともいえませんがこのアニメ版に関してはなんといっても第一話でしたね。
冒頭で会社に出勤しようとした小林さんが玄関のドアを開けたら、そこにはドラゴンが待ち構えていたという、それまでのごくありふれた日常から一気にガラリと雰囲気を一変させたのがなかなかシュールなものがありましたけれども、こうなったきっかけをあえて最初に描かずにぼかしておいたのが後々のことを考えたら結構大きい気がしますね。
また、わりとお約束ネタも多かったかなという感じでしたが、そのなかでトールが自分の尻尾を料理したのを小林さんに食べさせようとするくだりでしょうか。ひょっとしてドラゴン同士のときとかもそういうことをするのが当たり前だったりするのかなとなにげに疑問に思ったりしましたが、よくよく考えてみると、これやってるのドラゴンの種族の中でみてもトールだけなものでメイドという特殊性もあったのかもしれませんが、おそらく同種族の中でもわりと異質な感じでみられてたんじゃないでしょうか。
また、終盤はトールの回想を通して泥酔した小林さんとの出会いが描かれていましたが、こうしてみると、わりとシリアスだったんだなと思わせるものがあり、見方を変えるとここまで印象が変わるのかと思わされましたね。
評価になりますが、「良い」とさせていただきます。

2017/05/21 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:89(59%) 普通:29(19%) 悪い:32(21%)] / プロバイダ: 1420 ホスト:1302 ブラウザ: 9135
原作未読

ジャンル分けをするのであれば、間違いなく「日常もの」 に当たる作品で、その設定は、平凡な日常に異世界住人が現れてドタバタ劇を繰り広げる、というものだから、特に真新しいものではない。

さて、本作の最大の特徴としては、「 舞台装置としての学校を使っていない」ことであろう。 正確には小学校はあるのだが、 この種の作品で舞台になるべき中学・高校を使っていない。それもそのはずで、この作品、キャラクターのうち、ティーンエイジャーはひとり(リコの姉ジョージー)しかいない。しかもメインとはいえないキャラクター。ドラゴンは年齢不詳だが、カンナは小学生として扱われているし、ほかのドラゴンのうち最年少と思しきトールでも、そのデザインや行動パターンは20歳前後に設定されているように見える。そもそも「小林さん」が20代で仕事をしている、という設定なのだから、珍しいパターンである。

主人公には学校の友人がいて、そこに異世界の者が乱入してひっかきまわしながら仲良くなって、が典型パターンだろうが、それゆえ、文化祭、合宿、などさまざまなイベントを使えるのだが、この手法が一切使えないうえ、小林さんとトールが常時一緒、というものでもない。そのなかで日常コメディを作っていくのは、作者が意図したか否かはともかく、意欲的といえるだろう。従って、小林さんと一緒にいる中での日常もあるのだが、勤務中の小林さんを外した残りのメンバーでの日常、もあり、どちらも成立している。

コメディとしては、価値観の違いが引き起こすズレを緩やかな笑いにつなげるもので、大爆笑ではないものの、自然と口元が緩む笑い。異世界組の女性キャラクター(ちょろごんず)が皆魅力的なので、そちらを楽しむこともできそうだ。

2017/05/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:410(48%) 普通:287(34%) 悪い:152(18%)] / プロバイダ: 48741 ホスト:48801 ブラウザ: 8334
【良い点】
・ラスト:一見唐突なシリアス展開だが、序盤から「人間とドラゴンの違い」は小まめに伏線として織り込んできた為起こるべくして起きた展開であり、比較的コンパクトに片づけた事もあってごく自然だったかと
・キャラクター:そこまで数が多くないと言うのもあるが個性がしっかりしている事

【悪い点】
・エルマ:中盤参加で以後もいまいち出番に恵まれず、時折一瞬出てきては食べ物絡みで悩んでいると言うちょっと豪華目なモブ扱いでもう少しメインエピソードを用意してほしかった

【総合評価】
原作未読
解りやすい娯楽作品
中々楽しめたのは確かだが、これと言って強く記憶に残るモノは無い為三か月・半年と時間が経過すればあっさり忘れてしまいそうなのが残念である
「人間とドラゴン」と言う異種族問題をチラチラと前半から見せてきたのは上手い構成だったと思う

2017/05/10 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:236(69%) 普通:32(9%) 悪い:74(22%)] / プロバイダ: 6659 ホスト:6258 ブラウザ: 8283
【良い点】
第9話の運動会
原作の話をベースにした話だけど、無理に長続きさせて面白くもないアニメオリジナルの話よりも面白く出来てる。

小野大輔さんがファフっさんを演じたのは笑った。
本物じゃないけど久しぶりの執事の格好したキャラを演じたのには兄弟揃って笑いながら話した。

原作以上にカンナを可愛らしく出していた。子供らしい性格を上手く生かして。

「青空のラプソディ」

【悪い点】
エルマの登場がちょっと遅くて、本人主体の話が第8話しかない。

【総合評価】
評価はとても良い。久しぶりの意外な面白いアニメを見つけたと思えるほどの面白い内容を持ってた。

2017/04/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(50%) 普通:2(25%) 悪い:2(25%)] / プロバイダ: 29393 ホスト:29539 ブラウザ: 5756
【良い点】
可愛らしいキャラデザ
トールが可愛い
トールと小林さんとのピュアな関係性

【悪い点】
広がりのない話
時々はいるシリアスが浮いてる
素材としてかなり重いテーマを扱っているにもかかわらず、それを上手く掘り下げられていない
トールの「ドラゴン」という設定が生かされず、単なる万能魔法生物に過ぎなくなっている
もっとドラゴン体になってほしかった。

【総合評価】
最後まで見れはしましたが、上記の理由で残念さが際立ってしまいました。
もっとドラマを積み上げていれば、ラストのトールの父親との対決も盛り上がったのになあ
現代日本のアニメシーンの限界を思い知らされた作品

2017/04/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:326(56%) 普通:74(13%) 悪い:181(31%)] / プロバイダ: 6281 ホスト:6117 ブラウザ: 7518
ひょんなことからドラゴンと出会った【小林】さんと言う主人公が、人間に変身したそのドラゴンと過ごすという、非日常を描いたハートフルコメディ作品です。
ドラゴンの仲間が登場人物として増えてきますが、これはこのようなお話にはありがちな設定だと思います。
百合系のお話です。
メイドの姿をしてるわりにドラゴンのしっぽがあるのですが、このしっぽ、存在が大き過ぎて、ちょっと目障りです。
また角があるのも気になりました。
《昆虫採集》おもしろかったです。

日常を描いていて、ドラマがあるわけではないので高評価をすることはできませんが、【普通】くらいの評価をすることはできると思います。

もっと読む

「【総合評価】キャラはいいし、カンナちゃんは勿論どのキャラも最高級に可愛らしい。話は、うーん一応ストー...」 by nj106


次のページを読む

この評価板に投稿する



2018/11/10 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 23309 ホスト:23477 ブラウザ: 8239 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事楽しい/面白い/可愛い 
ストーリー良い(+1 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像最高(+3 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る
1. AT-X2年目 by ざくろ石
... あとは学園モノにイマイチ感情移入出来なくなってたり、女子中高生キャラより成人女性キャラの方が魅力的に感じたりと、歳とっておっさん化してきたなというのも実感。笑 それを象徴するかのように、この半年で見た作品の中で1番美人だと思ったのは新世界よりの早季(26)。1番共感出来たのは小林さんちのメイドラゴン小林さんです ...
記事日時:2018/07/15 [表示省略記事有(読む)]
2. あけましておめでとうございます←いまさら by サジタリアス
... なんとなくだけど思っています。 ちなみに自分の干支は早々にリタイアしました。 こんな感じかな! 宝石の国を見なかったことはいまだにちょっと後悔してます。 結構人気でしたよね。 よそのサイトとかもいろいろ参考にしてランキングにしてみると、 ①けものフレンズ ②メイドインアビス ③月がきれい ④宝石の国 ⑤小林さんちのメイドラゴン 世間的に ...
記事日時:2018/01/17
3. 2018年 冬アニメ 感想 1。 by フェティア
... 、 国内のそれに比べれば、海外では相対的に言って高い評価を獲得している。 具体的には、北米で最も大きな某日本サブカル評価サイトのRatingを参照すると、 『聲の形』(9.02),『劇場版 境界の彼方 未来篇』(8.32), 『響け!ユーフォニアム 2』(8.29), 『小林さんちのメイドラゴン』, 『 ...
記事日時:2018/01/14
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:小林さんちのメイドラゴン
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ