[アニメ]小林さんちのメイドラゴン


こばやしさんちのめいどらごん / Miss Kobayashi's Dragon Maid (Kobayashi-san Chi no Maid Dragon)
  • 可愛い
  • 面白い
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:小林さんちのメイドラゴン
アニメ総合点=平均点x評価数2,532位5,563作品中総合点4 / 偏差値47.96
2017年アニメ総合点4位34作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像1.75(とても良い)4
キャラ・設定1.50(とても良い)4
声優・俳優1.50(とても良い)4
音楽1.25(良い)4
ストーリー1.25(良い)4
可愛い100%4人/4人中
面白い50%2人/4人中
友情25%1人/4人中
びっくり25%1人/4人中
楽しい25%1人/4人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

独り身お疲れOLの小林さんのもとに、突如現れたメイド姿の美少女トール。
角を生やし尻尾を携えた彼女の姿は、まさにドラゴン娘(むすめ)。
酔った小林の誘いで家に来たと言うトールは、あれよあれよと小林さんちのメイドとして働くことに……!?

放送局:TOKYO MX テレビ愛知 朝日放送 BS11

原作:クール教信者
監督:武本康弘
日本 開始日:2017/01/12(木) 00:00-00:30 TOKYO MX TV
[開始日詳細]
放送局放送期間放送日時
朝日放送2017年1月12日2時14分 - 2時44分
TOKYO MX2017年1月12日0時00分 - 0時30分
テレビ愛知2017年1月12日2時05分 - 2時35分
BS112017年1月13日0時00分 - 0時30分
公式サイト
1. TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」公式サイト
2. 小林さんちのメイドラゴン|アニメ|TOKYO MX
Twitter公式
1. TVアニメ「小林さんちのメイドラゴン」 (@maidragon_anime)さん
オープニング動画 (1個)
青空のラプソディ青空のラプソディ
歌:fhána 詞:林英樹 作曲:佐藤純一 編曲:fhána [ファン登録]
[もっと見る]
2,59965
最近の閲覧数
26193234674863334857
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2017/01/02 / 最終変更者:Barnirun / 提案者:Barnirun (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2017/03/16 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(60%) 普通:1(20%) 悪い:1(20%)] / プロバイダ: 34775 ホスト:34770 ブラウザ: 7918
ゆる―っとカワユイを楽しめるテンポはかなりゆっくり日常ですね。
作画って言うよりパステルな色良いですね、声優さんも上手い。

ただ毎回眠くなる
原作見たらメリハリ効いた感じの日常話で癒される
アニメは萌え協調しすぎた感じ。

[推薦数:1] 2017/03/14 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:112(60%) 普通:37(20%) 悪い:39(21%)] / プロバイダ: 37465 ホスト:37451 ブラウザ: 9135
原作は未読
【良い点】
この作品において個人的に最も評価すべきであるという点は「主人公が20代のOL」である事。
というかこの特異性は最も注目されるべきだし、評価されるべきだと思う。

アニメ的な視点で見るなら小林はそれこそクールなツッコミキャラであり、おおよそ特筆すべき点がないように見えます。

ただ、実のところ彼女のスタンスはとてもリアリティに溢れている。
女性的なグループに関わらず、恋愛対象としてみていない男が飲み友達。オタクではあるが趣味に没頭しているわけではない。もちろん彼氏の存在はなく、家族ともそんな連絡を取り合うわけではない。スクールカースト上位にいたような過去もなく、コミュ障ではないが社交的ではに。
仕事の時は男と同じ格好をしているところはキャラ付けのためのエッセンスだろうが、彼女のようなOLは意外と身の回りにいないだろうか。(業種にもよるけども・・・)

年不相応な達観した性格と味気無さが半端ない私生活はまさに現代の働く女性の一面を正確に切り出している。

そこに飛び込んでくるのが実にアニメ的で、男性の欲望の対象感丸出しのトールやカンナといった可愛らしい異端の美少女達。人間の理屈が通じない滅茶苦茶な彼女達に振り回されたり、冷静にツッコんだりするやり取りだがこの作品の主軸な訳だが・・・。

このOLと美少女の取り合わせ、意外とあるようでない。無論美女や美少女だらけのアニメは無限にあるが、小林とトール、カンナの関係性は珍しいものではないだろうか。

「かわいいかわいい!」と男と変わらないテンションで相手をめでるわけでもなく、毎回胸キュンしてときめくわけでもなく、ましてや恋愛関係に発展していくわけでもない。親子とも姉妹とも友達ともつかない独特な距離感でお互いが抱えていた寂しさや欠落を補うような、そんな暖かな関係がこの作品の特徴だ。

そして小林がトール達とのやり取りを通じて忘れていた何かを回復させていくというシナリオ展開も素晴らしい。
トールは同性の友達と関わる楽しさ、カンナは子供の頃抱いていた寂しさを小林に思い出させ、回復させていく。
そして小林は意図せずして自身の生活に、人生に彩りを取り戻す。

王道といえば王道だが、このような物語をアニメでやる事に価値がある。
ちょっと大仰に言えば、この作品では単なる消費と欲望の象徴だった萌えに人の傷や欠落を回復させる機能を持たせている。
萌えに対する新しい道筋をつけたといっても過言ではないだろう。
この作品をきっかけに、男性的な消費の対象である萌えが新たな次元にシフトする事を祈りたい。

また個人的に主演の田村睦心の演技が好き。男性役が多い印象だったが、抑え目ながらも要所要所で見せる丁寧な感情の出し方がとてもいい。カンナに「一緒にいよ?」という場面など素晴らしすぎて卒倒しそうになった。

個人的には女性に薦めたい作品だ。

【悪い点】
この作品のエッセンスに「異種族とのコミュニケーション」があるが、これに関しては正直凡庸の域を出ない。
京アニならではの作画による心情描写は相変わらず素晴らしいが、トールの葛藤はどうにもありきたりな感じがする。
トール達の過去が語られていないのもあるが、そもそも作品の設定や全体の雰囲気が重苦しいドラゴン達のバックボーンとマッチしていない。言い方を変えれば「かみ合わない」。

なのにEDの曲でわかるように、やたら異種族を打ち出してくる。だが作中の小林とトール、カンナの関係はあくまで小林・トール/カンナであり、人間・ドラゴンという関係性に持ち出すのは聊か性急すぎる。
かといって人間・ドラゴンという関係性を全面的に打ち出せば、陽気でほっこりした作品の雰囲気を壊してしまうだろう。ある意味仕方ない事だが、作中の二つの柱である「今時の女性と美少女のやり取り」と「異種族とのコミュニケーション」がぶつかり合ってしまっているのは残念な事だ。

個人的に「今時の女性と美少女のやり取り」に絞ってしまった方がよかったと思う。
ドラゴンだから、異種族だからという安易な態度で異種族とのコミュニケーションに手を出してしまった原作者並びに製作陣の判断は正直ミスだと感じざるを得ない。

【総合評価】
本来は最終回を見るまで評価は載せないというスタンスだったが、書きたくなったので書いてしまいました。
個人的には2017年冬アニメではベスト3に入れたいくらいの良作。
先程も言ったが女性に見てほしい作品。ちなみに僕はフェミニストではありません。
ただ、恋愛至上主義的な作品や欲望丸出しのハーレム系に少し食傷気味だったので、いい清涼剤にさせてもらいました。

「響け!ユーフォニアム」で見せた女性同士の関係の描き方にまた新たな風を吹かした京アニの積極性には脱帽。
恋愛や性愛に何かと絡めがちな昨今の風潮にぜひカウンターパンチを食らわせてほしいと思う。

2017/02/12 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:573(41%) 普通:347(25%) 悪い:491(35%)] / プロバイダ: 26511 ホスト:26562 ブラウザ: 4693
【良い点】
・作画はハイレベル、かつキャラは可愛い系。その手の物が好きなら、それなりに
見られるのではないか。
・ビン底グルグル眼鏡装着で「やんす」キャラに豹変する、同僚隠れヲタのイケメン、
滝谷くんが面白い。

【悪い点】
・中身はほとんど無い。ギャグも破壊力に乏しく、今までの話数で既に尺を持て余している。
癒し系といえば聞こえはいいが、起伏が無いだけとも言える。ED詐欺でなく異種間
コミュニケーションをもう少し、きちんと描いてもらいたい。
・展開はとにかく強引で、舞台のお膳立てに説得力は皆無。

【総合評価】
「普通」。気軽に見られるが、何も残らない、かつ強引さが突出した作風。メイドラゴン・・・
オヤジギャグ思いついたんだね?という作品。お勧めはしないが京アニ伝統の作画や色使い、
力の入ったOPなどは「一見の」価値はある。一見だけなら・・・

※原作者の「いつも通り」の作風。一見普通だが心に傷を抱える主人公を取り巻く
キャラ達が相互補完を通じ癒されていく。あからさま&あざと過ぎないかと思ってしまうが、
気に入る人にはいいのではないか。

2017/02/04 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 14218 ホスト:14012 ブラウザ: 10712
【良い点】
単純に可愛い。主人公の優しさや周りとの触れ合いが。

【悪い点】
特にない。

【総合評価】
今季でも1,2を争うほどの出来

[推薦数:4] 2017/02/01 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1167(49%) 普通:0(0%) 悪い:1235(51%)] / プロバイダ: 11194 ホスト:11000 ブラウザ: 4721
この作品もネタのみというか明らかにネタやタイトルが先に来てしまったんだろうなっていうのが分かる。
だから最初のインパクトはあったんだけど、それ以降何もないからもう三話目にしてすでに飽きてしまった。
思い付きネタでそれに頼らざる終えないからネタもこじんまりしてくるし、個人的にはやっぱりこういう作品ってのはすぐに限界が見えてきてしまって退屈になる。
最初の見た目に慣れてしまうと、化けの皮が剥がれたじゃないけど中身がないからしょうもなさが漂って来ていた。
最初がピークなだけに余計に中身を頑張らないといけないんだけど、思ってる以上につまらなさ過ぎた。
日常作品だから別にストーリー性や内容を求めてる訳じゃないけど、それでも最低限の起承転結がないと30分がめちゃくちゃ長く感じてしまう。
何も得るものがないダラダラとしたやり取りが永遠続いて行くよう。

自分としては日常作品ならではの面白さや緩さもこの作品からは感じられなかったし、ギャグも滑ってるとまでは行かないけど笑えはしないからどこを取っても中途半端で見た目とは裏腹に味がしない作品だった。

何より個人的に一番悪いを付ける決め手となったというか違和感を感じたのが、酒に酔った勢いで助けただけなのにそこまで好意を寄せて一瞬にして関係性が出来上がってしまってるところ。
他にもっとちゃんとした理由があるのかも知れないけど、助けたところはギャグなのにその後が良い話っぽくなってしまってるところがとてつもない気持ち悪さを感じた。
良いキャラを演じてるというかギャグで助けたんだったら最後までギャグでやり通さなければいけない。

あといわゆる『百合』がやりたいだけなのが先走って見え見えで、その為の設定だったり理由だったりがあるだけだし、こじつけ的な理由で客観的に見て何も関係性が出来てないし唐突なのにそれでいきなり百合描写をやられても寒さしかない。
特に笑いを取るための下品ネタは引いたし、二人の関係性が肝なのに二人の関係性に入って行けない。

でも何だかんだで退屈そうな主人公が一番この作品を退屈にしてしまってるのかも知れない。

2017/01/21 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:51(71%) 普通:9(12%) 悪い:12(17%)] / プロバイダ: 44841 ホスト:44653 ブラウザ: 9238
取り敢えず一話だけ鑑賞。
常識知らずで残虐な性格の乙女なドラゴンと平凡な女性のラブコメディと言っていいのだろうか……(レズ系?)
まー、いいや、一話見た感想では「トールが可愛い」しか思いつかなかった。
むしろそれが正しいのだろうか、内容は無視して単純にヒロイン達の可愛さだけを見ればいいのだろうか。
ニャル子さんみたいな感じかな。

【総合評価】
六話ぐらいまで様子見。

この評価板に投稿する



2017/02/06 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 14388 ホスト:14241 ブラウザ: 5213 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/可笑しく笑える/面白い/可愛い/びっくり 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定最高(+3 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優最高(+3 pnt)
音楽最高(+3 pnt)

もっと見る
1. 小林さんちのメイドラゴン 感想#05 by エスパー
... 「トールの社会勉強! (本人は出来てるつもりです)」◆ ★★★★☆ パワハラ上司に優先して仕事片づけろと言われても無気力な対応取れる小林さんすげえな…。 そこで「クソ上司がクソッ!」と心の中で葛藤するんじゃなくて、あーまたこいつねいつものね、 そんなふうにさらっと流していたような態度でちょっとかっこよく見えてしまいました ...
記事日時:2017/02/10 [表示省略記事有(読む)]
2. 2017年 冬アニメ 感想 4 。 by フェティア
... たちが、自らを「クズ」という自己評価に率先して投企するように、 私たちもまた、自らを「健康」という「病」に率先して投企しようとしているのである。 果たしていずれの態度のほうが、より「クズ」なのか。 それを一様に断ずることは決して容易なことではない。 ◯ うらら迷路帖、小林さんちのメイドラゴン、ガウリールドロップアウト 『 ...
記事日時:2017/02/04 [表示省略記事有(読む)]
3. 2017年冬アニメランク付け。 by S・N
... php?ttl_c=5360&xm=261&xr=9 今年に入って早くも1ヶ月が経過しましたが、今期アニメのランク付けをしたいと思います。 ・この素晴らしい世界に祝福を! ・ガヴリールドロップアウト ・南鎌倉高校女子自転車部 ・政宗くんのリベンジ ・うらら迷路帖 ・セイレン ・テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス ・小林さんちのメイドラゴン ・亜人 ...
記事日時:2017/02/01
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:小林さんちのメイドラゴン
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
上へ ↑上へ 最速検索作品DB皆声