[アニメ]魔法少女ララベル 海が呼ぶ夏休み


まほうしょうじょららべる うみがよぶなつやすみ / Mahou shoujo raraberu Umi ga yobu natsuyasumi
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数4,497位6,422作品中総合点0 / 偏差値47.44
1980年アニメ総合点36位43作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.00(良い)1
キャラ・設定0.00(普通)1
映像0.00(普通)1
音楽0.00(普通)1
ストーリー0.00(普通)1
セクシー0%0人/1人中
可愛い0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
涙流した0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

ララベルが人間界に来て初の夏休み、ララベルはビラ・立花夫婦・テコ・トコと一緒に、テコの叔父夫婦の民宿「とびうお荘」にやって来た。だが迎えてくれたのは、息子(つまりテコの従兄弟)の良太。両親は知人の手術へ献血に行ったため、一人でとびうお荘を切り盛りしているのだ。しかも、最近とびうお荘は人気が無い。というのも、いつも意地悪ばかりしているビスカスと落葉が、「ジョーズホテル」というホテルを作って、客寄せをしていたからだ。そこでララベル達も負けじとサービス合戦を繰り広げる。しかし、思わぬ事からテコに魔法でインチキをしたと勘違いされたララベルは、ビスカスとの戦いで魔法を使う事を躊躇い、彼の手に落ちた。自分のためにララベルが危うくなっている事に、責任を感じたテコは、自分がカナヅチである事も忘れ、海中の彼女に魔法バトンを渡した。魔力を取り戻し勇気百倍のララベルは、魔法でビスカスと落葉を懲らしめる。散々な目に合ったビスカスと落葉は、とびうお荘で労役をやらされる羽目になった。やがて良太の両親も帰って来た。ララベル達は海の夏休みを心行くまで楽しむのだった。
※ このあらすじ部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
演出:福島和美
企画:山口康男
原作:藤原栄子
原案:上村栄司

※ この説明部分にはWikipediaを参考/または引用した部分があり、GFDLのラインスが適用されます。
日本 公開開始日:1980/07/12(土) 映画
1,78322
最近の閲覧数
2101013010
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/04/08 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2015/03/09 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2202(58%) 普通:766(20%) 悪い:853(22%)] / プロバイダ: 6007 ホスト:6052 ブラウザ: 5173
本編「魔法少女ララベル」は未見。
「花の子ルンルン」同様に、東映魔女っ子シリーズの映画で、テレビより短い15分尺だったようですね。
そのせいか、とにかく出来事が唐突でツッコミ所が結構多しな作品。

まず、今回は「海」を題材にした作品ですね。
東映まんがまつりで海を題材にした作品というと、後の「アッコちゃん」とかもそうでしたっけ。
で、海で色々あって喧嘩になるララベルと、友達のテコちゃんの話でしたけど、あまりにもテコちゃんの逆恨みすぎる言いぐさにはちょっとマイナス印象がありますよね。
「係りを決めるじゃんけんで魔法を使ったんじゃないか」とか詰め寄ってきて、かなり自分勝手な発言ばっかりで腹が立つポジションでした。ララベルが怒っても全然おかしくないレベルなような…(全体的に「知るか!」と言いたくなる事情なんで)。
そんなわけで、ピンチのララベルを助ける事で友情回復して終了。
みんな日焼けしている姿で終わるんですけど、なんだか日焼けした諸々のキャラたちが結構似合わなくて不気味だった感じが…。

最後に、「可愛い子には旅をさせよ」と、ことわざをララベルが学ぶシーンがありましたが、これまた本編の内容とあまり関係ないので、かなり浮いてましたね。
これはララベルの恒例行事みたいですが、内容と関係のあることわざである必要はないのか…。
評価は「普通」です。やっぱりちょっと短いですよねコレ。

2014/12/04 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:953(59%) 普通:365(22%) 悪い:309(19%)] / プロバイダ: 23997 ホスト:23896 ブラウザ: 5171
夏休みに海にやってきたララベル達をいつもの如くビスカスたちが魔法で邪魔をする話。

特別つまらない訳ではないのだけれ時間も東映のロゴ、OP、EDを合わせても15分ぴったりぐらいと
かなり短いうえに、ララベルは杖やアイテムないと魔法が使えないのを知っているはずのペコが
ララベルをじゃんけんで魔法を使ったように勘違いするなどあまり見てて気持ちのいいものでもなかったですね。

舞台が海に変わっただけで本編の話と比べてもどちらかというとはずれに分類しそうな話でした。
評価は「普通」ぐらいでっ。

この評価板に投稿する



2014/12/03 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 23997 ホスト:23896 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ