[アニメ]魔法のスターマジカルエミ 雲光る


まほうのすたーまじかるえみ くもひかる / Magical Star the Magical Emi : Kumo hikaru
RSS
アニメ総合点=平均点x評価数3,257位6,449作品中総合点3 / 偏差値47.93
2002年アニメ総合点80位159作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.00(とても良い)1
キャラ・設定1.00(良い)1
音楽1.00(良い)1
声優・俳優1.00(良い)1
ストーリー0.00(普通)1
可愛い100%1人/1人中
美しい100%1人/1人中
セクシー0%0人/1人中
熱血0%0人/1人中
勇気貰った0%0人/1人中
もっと見る
属性投票する
監督・脚本:安濃高志
キャラクターデザイン・作画監督:海谷敏久
音楽:奥慶一
アニメーション制作:亜細亜堂
日本 発売日:2002/05/25(土) メディア販売 DVD-BOXの映像特典
2,02933
最近の閲覧数
2222001211
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2013/10/26 / 最終変更者:mosukuwa / 提案者:mosukuwa (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2018/11/27 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:0(0%) 普通:1(100%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 18073 ホスト:18060 ブラウザ: 4695
【良い点】
懐かしい作品の新作ということで、期待値が高かったのを覚えています。

【悪い点】
やむを得ないことではありますが、作画が今風のアレンジとなってしまい、当時好きだった雰囲気は消えてしまっていました・・。同様に演出や、キャラクターのセリフ回しもテレビシリーズを見ていた人が違和感を感じるものでした。
キャラのイメージがが違うのはちょっと悲しい(^_^;)

【総合評価】
DVD発売記念でとりあえず特典映像をこしらえてみました感が強いですが、何もないよりは良かったかなといった感じでした。

2016/02/09 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:957(58%) 普通:370(22%) 悪い:318(19%)] / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 5171
80年代の作品だったマジカルエミに2002年に特典映像として新しい作品が登場。

年月がだいぶ過ぎたからか舞ちゃんの声は違う人になってました。
それからキャラデザもちょっと違う感じでになりましたが
クリィミーマミのLD特典映像だった「Zutto kitto Motto」のマミみたいにすごい違和感は
感じることがなくこれはこれでいいかなって感じだったと思います。

時間は15分くらいで蝉時雨と同じくアルバムを見ながら思い出していて(判明するのは最後ですが)
弟が生まれる前から生まれる時が舞台の話なので、舞ちゃんはTVよりも小さい子です。
これも日常を描いてる作品で、ストーリーが凄い面白い!というわけではないけどまぁ良かったと思います。

評価は「良い」でっ!

2015/03/01 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2204(58%) 普通:769(20%) 悪い:856(22%)] / プロバイダ: 6007 ホスト:6052 ブラウザ: 5173
「魔法のスター マジカルエミ」がなんと、2002年にもなって新作を作ったという事でした。知名度も高い「マミ」ですら、平成期にはミュージッククリップ以外の新作がないのに…。
ただ、これDVD-BOXについているオマケなんですよね。内容は15分程度で、岬が生まれる頃の日常を描いています。
タイトルにいるはずのマジカルエミは一切登場しません(エンディング映像だけ!)。もっと言えば、出てくるのは香月家の人間だけです。あとは強いて言えば、武蔵くん。いや、小金井さんや国分寺さん、それにマジカラットの面々にトポ…と、そんな面々がいないのは寂しいんですけど、これはまたなかなかの良エピソードなんです。

まず、キャラクターデザインにはやっぱりかなり違和感を持つと思います。
舞は髪の長さが違う程度ですけど、両親なんかは顔が大分違うし、祖父母の雰囲気も若干違います。
とはいえ、だからこそというか、余計に身近に見えるようになってました。
「マジカルエミ」の真骨頂というべきは、ただの日常風景であり、その日常風景に溶け込める人間の顔になっていた感じがあります。
エンディングに出てくる舞たちは当時の顔にもっと近くなっています。

で、これもやっぱり郷愁的な作品です。
弟、妹がいる人にぜひ見てほしい。ただ、今作は別に、「弟ができるからしっかりしなきゃ!」的な作品ではありません。メッセージもテーマもありません。
それでも、これを見ていた時、4歳の時、下の子が生まれる時の自分を思い出しました。僕も長男なんですけど、その時の日常風景に結構そっくりな所もあるというか、ふとその時のことを思い出してしまったんですね。本当に懐かしい。
いうなれば、小金井さん状態ですよね。マジカルエミ本編には、度々、「小金井さんが何かを思い出したり感じたりして涙を浮かべたり呆けたりする」というシーンが出てきますが、僕も、この映像を見ている時は、小金井さんみたいに今までの日常風景とか、些細な事とかをふと思い出して、自然と涙が出てしまうような状態でした。
前回のOVAの小金井さんの意味深な表情とか行動とかって、実は視聴者の姿だったりもするのかも…。

あと、すぐれていた場面としては、家に帰ったら誰もおらず、部屋は暗く、泣き出してしまう…というシーンが良くできてましたね。
子供が感じる言いようのない不安をよく表しているワンシーンです。そこにおじいちゃんとおばあちゃんが来てくれるんだけど、それでも何故か泣き止めないんですよね。
いや、確かに、子供の頃ってこういう気分になったりするんですよ。泣いている理由が自分でもわからないんです。
今考えて見ると、とにかく、普段はみんながいるシチュエーションで誰もいないのがとにかくフアで不安で仕方なかったんでしょうね。僕の場合は、幼稚園の頃に、なかなか母親が迎えに来てくれなくて、ふとみんなが帰った後の教室に入ったら誰もいなかった時の不安を思い出します。

あとは、補助輪を外してほしいと懇願する舞なんかも面白いです。
実は、これが時系列的には最初の場面だったりします。
そういえば、自転車の補助輪を外してもらう経験って多くの人にありますから、これまた何かを思い出すきっかけになる場面かもしれません(僕はそういえば、ウルトラマンの自転車に乗ってたな…)。
こういう日常の中の些細な成長の場面みたいなのがさらっと流れていくのが面白いんです。

最終的に、実はこれも「蝉時雨」と同じく、舞のめくっていたアルバムの一場面だった事が明かされます。
要するに、「蝉時雨」までを見ていた事が前提のトリックだったんですよね。あそこから連続して見ると尚面白い。
前回ほどの郷愁感はないにせよ、「自分たちの中の時間が遡られていく」という感覚を覚える一作でした。
唯一、声優が変わっている点は残念でしたが、まあ仕方がないでしょう。

評価は「とても良い」です。
仮にまた新作が作られたとしても、「舞がアルバムをめくる」という終わり方でしょうし、それも回想だと思います。
おそらく「マジカルエミ」の最終回から繋がる続編は出てこないでしょう。その後を描いてしまうわけにはいかないけど、やっぱりアルバムをめくって回想するだけというのは寂しいようでもありますよね…。

この評価板に投稿する



2016/02/09 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 19103 ホスト:19125 ブラウザ: 5171 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事可愛い/美しい 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定良い(+1 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽良い(+1 pnt)


作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ