[アニメ]魔法少女特殊戦あすか


まほうしょうじょとくしゅせんあすか / Magical Girl Special Operation Asuka
  • 道徳心&モラル
  • 怖い
  • 友情
  • 格好良い
  • びっくり
  • 面白い
RSS
注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:魔法少女特殊戦あすか
アニメ総合点=平均点x評価数4,753位6,416作品中総合点0 / 偏差値47.44
2019年アニメ総合点90位147作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
声優・俳優1.60(とても良い)5
キャラ・設定1.20(良い)5
音楽1.00(良い)5
ストーリー0.80(良い)5
映像-0.20(普通)5
道徳心&モラル60%3人/5人中
怖い60%3人/5人中
友情60%3人/5人中
格好良い60%3人/5人中
びっくり40%2人/5人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

謎の生物・冥獣王(ディスビスト)の侵攻によって危機 に瀕していた人類は、不思議な魔法の力を得た魔法少 女達の活躍によって救われた…。そして3年後、それ ぞれの生活に戻った彼女達に、その日常を切り裂く新 たな事件が勃発!! 人類の救世主となり“伝説の五人(マ ジカル・ファイブ)"と呼ばれた魔法少女達は、運命に 翻弄されながらも懸命に現在(いま)を生きる…。
<スタッフ>
原作:深見真刻夜セイゴ
(掲載 月刊「ビッグガンガンスクウェア・エニックス刊)
監督:山本秀世
日本 開始日:2019/01/12(土) 02:25-02:55 TBS,MBS TV
[開始日詳細]
CBC:1月17日から毎週木曜日 26:35〜
BS-TBS:1月12日から毎週土曜日 25:30〜
AT-X:1月13日から毎週日曜日 22:30〜
公式サイト
1. TVアニメ『魔法少女特殊戦あすか』公式サイト
Twitter公式
1. 「魔法少女特殊戦あすか」公式 (@MGSO_asuka) on Twitter
オープニング動画 (1個)
KODOKODO
歌:nonoc 詞:川田まみ 作曲:中沢伴行 編曲:中沢伴行尾崎武士 [ファン登録]
[もっと見る]
1,55276
最近の閲覧数
2153112001
この作品をアニメとして最高の中の最高と投票した方はまだいません。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2019/03/25 / 最終変更者:オルタフォース / 提案者:小島かじり虫 (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
2019/09/18 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:80(61%) 普通:32(24%) 悪い:20(15%)] / プロバイダ: 28059 ホスト:28084 ブラウザ: 8328
血生臭いダーク路線の魔法少女、というよりも変身ヒーロー物か。
マジカルスパンキング!

【良い点】
世界を救った後の、平和だが軍事的な抗争が絶えない血生臭い世界で生きる魔法少女、という、ありそうで無かった題材。
良くも悪くも魔法少女物らしくない、魔法少女というのはあくまで、強力な力を持つ(持ってしまった)故に闘争に身を置かざるをえない少女、という存在を描くための方便な感じ。

キャラクターは、優しき故に日常の友人を遠ざけている葛藤多き主人公あすかのツンデレっぷりや、可愛く見えて非常にヤバい子だったくるみ、日常系で良き友人となってくれた希美など、悪くない。
インパクトは「マジカルスパンキング!」「マジカル自白剤」などマジカルを乱用するくるみが目立つ。

魔法少女(というよりも変身した超人)がリアル寄りのミリタリー軍人を圧倒する戦闘シーン、凄惨さ。
B級ながらアクションは良かった。

終始シリアスながら、「マジカルスパンキング」に代表されるフザけたギャグ(本人たち大真面目)で笑える。
良い意味でもB級アニメ、趣味は良くないが楽しみ所はある。
致命的に不愉快だったり悲劇的な展開は少なく、娯楽作品として見ていける線を保っている。
拷問された友人を魔法で心身共にリカバリー、後味の悪さを回避出来た。

【悪い点】
キャラデザがあまり可愛くなく、萌えに乏しい。

話の内容は悪い意味でB級、日常と戦場の挟間で苦悩する魔法少女、という題材ありきで残酷な展開やシーンを乱発している感じ。
日常の友人との交流も、拉致拷問後の記憶消去で、絆の積み重ねがリセット。
後味最悪は回避出来ても救われない感は否めない。

【総合評価】
ありそうでいて意外と無かったB級アニメ。
内容は良くは無いが、最低限描きたいであろうテーマは分かり易く、(グロに耐性が無いなら別だが)そこそこ楽しめる。
評価は悪い寄りの「普通」
未登場やバックボーン十分に出ていない魔法少女多く、続きはそこそこ気になる。

2019/04/29 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1594(52%) 普通:791(26%) 悪い:686(22%)] / プロバイダ: 25017 ホスト:25320 ブラウザ: 8634
魔法少女モノがグロくなったのはいつからでしょうか。まどかマギカの出現によって
それまでファンシーであった魔法少女の歴史は新たな時代を迎えていますが、コチラも
その類といっていいでしょう

魔法少女大戦のその後。というお話で、といっても平和な世界ではなく終戦後も争いの
絶えない社会を舞台に、血なまぐさく、そして生々し描写を交えて、彼女たちの次なる
戦いを描いていました

魔法少女なのにグロ描写というのはギャップ的な効果を生んで作品にインパクトを
与えてくれていましたが、最近ではそこまで珍しいことではないですから、その効果が
薄いんですよね

そのため目新しい作品でもなかったですが、ただ気になったのは魔法少女は誰もが
悲惨な人生を過ごしていた過去をもっているため、おそらくまだ過去の明かされていない
主人公のアスカも、いやアスカこそが最も過酷な過去を背負っているというこが後々に
明かされていくのでしょう。そこは一つ気になる点でした

とはいえ全体としてはわざわざ原作を追うほどでもないし、評価も【普通】くらいかな

2019/04/01 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:82(54%) 普通:21(14%) 悪い:49(32%)] / プロバイダ: 12853 ホスト:12983 ブラウザ: 8243
病んだ作品だ。

比肩するとすれば「SchoolDays」が該当するだろうか。そこまで酷くはないか。

「あすか」の想いは実によく揺れ動く。
「ブレないリーダー」が望まれている像であるとすれば、彼女はそれとはかなりほど遠い存在だ。
「マジカル5」の他のメンバーと比べても彼女の戦う動機は「魔法少女に憧れて」いた幼児時代から、多くの仲間の死や自身の腕の中で絶命した前リーダーであるフランシーヌを見て無力感が増大し、最終決戦の前でも「戦えるのだろうか、勝てるのだろうか」という不安にさいなまされる。

友人の危機や敵の脅威を目の当たりにするや一転戦闘モードのスイッチが入り、考えるより前に戦う、といった行動に出るが、終わればまた元通り。「戦うことが好きではない」けれど、「戦う以外にできることが無い」ジレンマや、自分たちを認めてくれない人類のために戦うことの意味を見出すことができない葛藤に揺れ動く気持ちがあすかの魅力の源となっている。

戦う意味については、友人の魔法少女への感謝の言葉や、敵との対峙との最中に自覚するなどで一応の納得を得るが、「結局のところ戦いは終わらない」という結末を迎えるため、これからもあすかは悩み続けるのだろう。
スッキリしない終わり方のように見えるが、現実世界は「これで終わり」などということはない。「めでたしめでたし」とはなりようがないのだ。

ほかのキャラクターも魅力は十分。天使と悪魔が同居したようなくるみ、仲の良いケンカ相手であるミアとタマラ、そして「登場しないことで存在感が増す」ペイペイと、マジカル5の各メンバーのキャラは勿論だが、何しろ敵方のちさとが強烈。図られた事故により親を失い、その上結果的に関係のない犯人たちを殺害することで魔法少女となった彼女の悲劇はマジカル5サイドを上回る。

ストーリーは目新しいものはないし、作画も微妙。しかし、笑顔のないヒロイン達や作中世界の抱える闇・病みには中毒性のある魅力がある。慣れてくるとあすかのクルクル目玉も可愛く見えてくる。 最初は全く期待していなかったのだが、最終的には一番楽しみにしていた作品となったため、高評価とする。

「魔法少女」は何歳まで有効なのだろうか。「女子大生編」とかもいつか観てみたい。

2019/03/24 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:272(70%) 普通:52(13%) 悪い:63(16%)] / プロバイダ: 176 ホスト:389 ブラウザ: 5213
11話まで視聴。
バカバカしいノリが全編を支配しててそれなりには楽しめました。
こういうB級ノリは嫌いじゃないです。
身体バラバラのグロイ描写が数多く出てきますが作画が崩壊気味で迫力がなかったのが悲しいけど。
それなりに視聴者を楽しませようという涙ぐましい意欲は感じましたので
「普通」にしておきます。

悪趣味だし作画崩壊の嵐だしとても褒められた出来ではないけど
総集編を入れたりしなかっただけでもえらいわ。
この内容でギブアップせずに最後まで乗り切ったってのは。

【良い点】
ウォーナースくるみのキャラが立ってたところ。
存在感がそれなりにあった。
「マジカル自白剤」「マジカルスパンキング」とか迷セリフ目白押し。

あと使い魔のサッチュウ(ピカチュウのもじりか?)の魔法解説シーンが笑えた。

【悪い点】

ほぼ全話において作画崩壊してました。
キャラの顔が福笑いぎみ。
アクションシーンも動いてないし迫力不足もいいとこ。

これを観たら「戦姫絶唱シンフォギア」の第一期がいかに力を入れるべきところに
力を入れていた良作だったか分かります。
作画はあまりいいとは言えなかったけどアクションシーンは思いっきり動かしていたもんな。

【総合評価】

駄作ではあるけどなんとかして視聴者を楽しませようとしてたその意気を買いたいと思います。
酷評意見もうなずけますがところどころ光るシーンもあった?気がする。

作画が神レベルだったら評価も違ったと思います。

いにしえの国際映画社のアニメみたいでした。

2019/02/28 悪い(-1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:7551(87%) 普通:639(7%) 悪い:462(5%)] / プロバイダ: 12391 ホスト:12316 ブラウザ: 10319
原作である漫画版の方はまだ一度も読んだことはありませんが、タイトルのとおりダーク系魔法少女にミリタリーが絡んだ作品となっていた感じでしたね。

市街地で激しい戦闘バトルをする魔法少女ものというと、なんとなくリリカルなのはstrikerSが思い浮かびますが、いずれにしても思うのは魔法少女とするには微妙かなということ。一応、高校生で10代なので間違ってはいないかもしれませんけれども、絵柄のせいか魔法少女というよりは魔女といった方がいいんじゃないかなという感じで、実際、容赦なく殺戮していくさまとかは魔女という呼び名の方がしっくりくるなという印象でしたね。

ストーリーとしては基本的には続きものながら1話完結にしている印象で、日常パートではあすかを中心に学友たちとのエピソードもほのぼのとまではいかず時に気まずい雰囲気になったりすることもあるけれど、わりと息抜きになってる感じがするなあと思えるなかでの戦闘パートはダーク系ということもあり、グロいスプラッター描写とかが毎回のように見られるのが特徴的でしたけれども、そこまで突き抜けた感がなかった印象がありましたね。もっとも、陽気な学友の一人が拉致された話では片腕をもぎ取られたりとショッキングなものがありましたけれども、それも魔法少女による再生魔法と前後の記憶消しの魔法でリセットするという後味の悪い結末をやっておいて次の話からはまるでなかったことのように普通に日常パートをやっていたのにはちょっとアレかなという感じは否めませんでしたね。

評価になりますが、「悪い」とさせていただきます。

2019/02/25 とても悪い(-2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:765(41%) 普通:448(24%) 悪い:652(35%)] / プロバイダ: 17598 ホスト:17682 ブラウザ: 4697
【良い点】
・特に無し(言い切っちゃったよ)。

【悪い点】
・ダーク系魔法少女で思いつきそうな出オチを垂れ流しているだけ。
これは原作からの問題点だが、ミリタリー調魔法少女、という「ありがち設定」な
「出オチ」と「全てが設定からの想定範囲内」のストーリーなので褒めるべき点がない。
・作画がデッサン、動き、塗りと微妙極まりない。基本顎のラインは二次元と
三次元の怪しい境界を綱渡りするあやしい傾き(浮世絵的?)だし、全キャラ両眼が
ロン○リ気味。喋っているキャラの「口だけ」動いて他が微動だにしない不気味
CG風モーション、平坦な塗りなど、全方位に作画がダメ。
・アニメの尺で、盛り上げに至るまでの伏線が張れてない。もっとサクサク展開で、
せめて視聴者のイライラ感を惹起しないよう配慮すべきだが、工夫もトリミングも無く
原作を下手な絵でアニメ変換しているだけ。アクションシーンも見せ方がなってないので、
テンポが悪く視聴が非常にストレスフル。

【総合評価】
「とても悪い」。設定ストーリー演出は下、作画も下、という印象で、画面も話も
頗る振るわない。元々面白くない原作を(絵はアニメ調だがかなり上手い事は原作の
名誉のために書いておこう)下手な作画動画でアニメ化って何を考えているのか
聞きたいところ。話がありがち過ぎるのは仕方ないとしても、魔法少女を名乗るのに
画力が足り無すぎてお話にならないレベル。テンポが悪い作劇もイライラさせられ、
視聴中はストレスしか感じない。全くお奨めしない。

※原作も魔法少女リョナと歪み気味の百合描写が一番のウリだと思われるので、
そういうのが趣味な人はどうぞ、という作品かと思う。

2019/01/13 普通の立場コメント [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:272(70%) 普通:52(13%) 悪い:63(16%)] / プロバイダ: 176 ホスト:389 ブラウザ: 5213
すっかり「ダーク系魔法少女」っていうジャンルも定番化してしまいまして
いろいろ手を変え品を変えでアイデアが出尽くしたと思ってましたけど、
この作品はミリタリー的な要素を加えてハードアクション路線に特化してますね。
この手があったかって感じ。

「魔法少女」である必然性が全然ないけど。
これならサイボーグでも超能力ソルジャーでもいいじゃん。
「魔法少女」っていう言葉の持つファンシーな要素と血生臭い戦争の要素との
ギャップを強調させる狙いがあるのは分かりますけど。

第一話を観た限りではちょっと作画が怪しい。
たぶん中盤あたりで目も当てられない感じの作画崩壊が連発する可能性大。
題材的にというか、目の付け所は悪くないと思いますのでこれからに期待しますけど
今のままだと4話くらいで切るかもしれない。

「魔法少女サイト」みたいに視聴者の予想をこれでもかと裏切るようなスリリングな展開があればいいんだけど
ひねりに欠けるかも。

この評価板に投稿する



2019/09/18 普通の印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 28059 ホスト:28084 ブラウザ: 8328 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事友情/可笑しく笑える/怖い 
ストーリー普通(+0 pnt)
キャラ・設定普通(+0 pnt)
映像普通(+0 pnt)
声優・俳優良い(+1 pnt)
音楽普通(+0 pnt)

もっと見る

作品の評価またはコメントの投稿欄

注意: これはアニメ版。その他メディアのページ: 漫画:魔法少女特殊戦あすか
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ