[アニメ]魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's


まほうしょうじょりりかるなのは ざ むーびー せかんど えーす / Magical Girl Lyrical NANOHA The MOVIE 2nd A's
  • 可愛い
  • 感動
  • 勇気貰った
  • 友情
  • 格好良い
  • 面白い
  • 涙流した
  • 熱血
  • 悲しい
  • 美しい
RSS
この作品は「魔法少女リリカルなのは(シリーズ)」のシリーズに所属します。
アニメ総合点=平均点x評価数811位6,478作品中総合点36 / 偏差値53.42
アニメ平均点42位2,856作品中平均点2.25=とても良い/16評価
2012年アニメ総合点28位235作品中
評価統計
評価分布
自分も評価投稿する
属性投票
映像2.57(最高)7
キャラ・設定2.29(とても良い)7
音楽2.29(とても良い)7
声優・俳優2.29(とても良い)7
ストーリー2.29(とても良い)7
可愛い100%7人/7人中
感動100%7人/7人中
勇気貰った86%6人/7人中
友情86%6人/7人中
格好良い86%6人/7人中
もっと見る
属性投票する
作品紹介(あらすじ)

死を呼ぶ魔導書と、その主に選ばれた少女。
絶望の宿命に、立ち向かうのは二人の魔法少女。
誓いを秘めた騎士たちと、
想いをこめて空をゆく少女たち。
<スタッフ>
企画・製作:NANOHA The MOVIE 2nd A's PROJECT
原作・脚本:都築真紀
監督:草川啓造
日本 公開開始日:2012/07/14(土) 映画
公式サイト
1. 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's 公式サイト
Twitter公式
1. 魔法少女リリカルなのは (@lyricalnanoha_) on Twitter
オープニング動画 (1個)
BRIGHT STREAM
歌:水樹奈々 詞:水樹奈々 作曲:吉木絵里子 編曲:藤間仁 [ファン登録]
[もっと見る]
22,7421616
最近の閲覧数
4222443230
1人の方がこの作品がアニメとして最高だと投票しています。
(階位と権限/特典の関係の説明)
最終変更日:2020/01/03 / 最終変更者:オルタフォース / その他更新者: S・N / 提案者:みゆきちいいいいい (更新履歴)
  投稿の系統で絞込
この評価板内限定
[推薦数:1] 2015/03/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:13(62%) 普通:2(10%) 悪い:6(29%)] / プロバイダ: 47626 ホスト:47653 ブラウザ: 4689
ネタばれ有り、注意。

人気作品の劇場版。劇場版1作目と同様にTVシリーズの再構築&オリジナルシーンと
なっている。

声優陣は基本TVシリーズと同じ。ただ、数人は無かった事になっています。
キャラは特にTVシリーズと変わった処はないですが、戦闘シーンはなかなか。
終盤の戦闘シーンは、秀逸の一言。見る価値あり。

それほど多くはない全13話とは言え、短時間に詰め込んだ結果
どこかしらが破綻してもおかしくはないとは思うが、それが全く無い。
確かに、TV版では、黒幕的だった数名が居なくなっているとはいえ
話の本筋はきっちり抑えており、逆に黒幕数名がTV版でも居なくても
いいと思えるくらい。
本作の最大の見せ場は、全キャラとナハトヴァールの戦闘なのだが、
シーンと水樹 奈々さんが唄う曲と絶妙なマッチ感を出しており
視聴者を盛りたてる。
また、単に戦闘シーンだけでは無く
フェイト・テスタロッサとアリシア・テスタロッサの語り合いは、
涙腺が弱い人は要注意である、
個人的な事を言えば、レイジングハート&バルディッシュと
リインフォースの短い語り合いが好きではあるが・・・・。
ともかく、150分と近年の映画では長い部類の作品ではあるが、
全く、退屈させない内容である。
この作品以外をみた事もない人も楽しめるが、アリシア・テスタロッサの
件の事を考えると、前作は見た方がいいかもしれない。
十分に、スペシャルな一品である。

2013/08/24 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2210(57%) 普通:775(20%) 悪い:861(22%)] / プロバイダ: 16515 ホスト:16546 ブラウザ: 5386
「リリカルなのは」シリーズは、一応アニメ作品を一通り見ているんですが、ぶっちゃけこのA'sのテレビ版はそんなに好きじゃなかったんですね。
一期は好きで、MOVIE 1stも好きだったんですけど、A'sやStSは好きじゃない…って感じで、関連作品群の漫画たちもそんなに好きじゃありませんでした。
しかし、やっぱりMOVIEシリーズはかなり良い出来ですね。
1stは劇場で泣いちゃうくらいだったんですけど、A'sはそんな好きじゃなかったので、劇場で見るほどじゃないと思ってたんですよ…でも、やっぱりこれは劇場で見たかったと思えるくらい出来が良かった。

まず良かったのは、「悟りすぎないなのは」。
なのはが、ちゃんと視聴者目線で喜怒哀楽を表現してくれてた気がします。
テレビ本編で気に入らなかったのは、何より、専門用語に詳しくなったなのはたちの異次元会話。一作目は巻き込まれてしまったなのはが戸惑いながら成長する作品だったので、ファンタジー的な用語を当然のように日常会話に入れてるついていけない展開はなかったんですけど、二作目以降は基本的に専門用語だらけの会話で感情を表現するのが嫌いでした。
設定把握をしてないとわからないうえに、専門用語が絡む会話をさも当然のように入れてこられると、全然共感できないわけで…。
一期を見てからずいぶん長い空きがあっただけに、本当にわけわかんないんですよ。なのはシリーズはこの後もそうでしたが、今作はそんなにこの異次元会話がないのが見やすかったと思います。

本編でも1クールが長く感じるくらい闇の書関連の終盤で尺を喰いまくってた気がしますが、これも全編2時間くらいの中で上手く纏めてたので非常に見やすかった。
テレビ版はぶっちゃけテンポが悪すぎたんだと思います。なんか、闇の書事件が動いていく間に興味を失っちゃうくらいでした。

んで、今回はこの短尺の中で必要な事を全部やって、足りなかった部分を補った感じがします。
全開の劇場版もそうですが、なのはの劇場版って本当にテレビ本編の必要なモノすべてをかなり上手く纏めてるんです。
作画も大幅に修正され、物凄く綺麗な映像を見せてくれましたし。
こっちも印象的なシーンや、必要なシーンを上手く纏めていて、映画らしい構成にしていたのが好印象です。

これならテレビを見てなくても、前作を見てなくても楽しめるんじゃないでしょうか。
ただ、ユーノがちょっとしか出てこないのはやっぱりテレビに引き続き残念。
なのはが魔法少女になるには必須な存在だし、他の魔法少女でいう妖精ポジなので、毎回毎回脇に追いやられていくのは残念です。

2013/04/04 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:434(69%) 普通:68(11%) 悪い:125(20%)] / プロバイダ: 5865 ホスト:5912 ブラウザ: 11280
本作はいきなりヴィータが、なのはに襲いかかってきたりでテレビ版と同じく展開がバトルものそのもので
個人的には激しいバトルものは好きですが、元が魔法少女だけにこの作品はあんまりにもバトル色が
高まるのは自分は好きじゃないんですね。すいません。
ストーリーの流れも今作は、はやての物語として進み
はやての仲間のヴォルケンリッターのメンバーが事情があって戦っているのは悪くないんですが
尺の都合上当たり前だがどうもテレビ版よりも展開が早くて、自分はあまり感動出来なかった。
ただTV版を面白いと思った。普通のファンは感動出来るとは思います。

作画も映画と考えても良く序盤のヴィータと、なのはのバトルの作画、演出はかなり完成度は高かったと思います。

評価は「普通」、TV版の評価は悪いしたんですが、映画版は作画や演出のクオリティーが高いので
それだけでも見る価値はあると思います。あまりキャラが小学生とは思えない内容が気になるんですが
それを気にしなければ、そこそこ見れる映画だとは思います。
個人的なんですがASより前作の家族、親子愛と、なのはとフェイトの友情が好きだったので
どうもASはストーリーに付いて行きづらかった。

2013/04/02 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:3(60%) 普通:0(0%) 悪い:2(40%)] / プロバイダ: 16777 ホスト:16819 ブラウザ: 5806
【良い点】
水戸方がいいです。見てみてください。
本当におすすめの作品です。

2013/01/01 普通(+0 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:566(54%) 普通:217(21%) 悪い:262(25%)] / プロバイダ: 3217 ホスト:3248 ブラウザ: 5345
ここで敢えて空気を読まず普通系評価をしてみるテスト。

『1st』同様、TVシリーズの劇場用再構築バージョン。
元の作品は、リリカルなのはシリーズが人気を出す切欠となった『A's』。
それだけに、バトルの迫力・濃厚さは前作以上。

グレアム提督&リーゼ関連はカットされた。それだとはやてが親の遺産だけで生活していることになりそうだが・・・・。
ヴォルケンがなんとか稼いでくれていると思いたい。
だがその分、八神家の結束力が強調されており、感動できるものとなっている。
抑えるべき点はきっちり抑える。よくわかってらっしゃる。

やっぱシャマルさんと対応させるならユーノだよなぁ。もうちっとでもいいから活躍の場を…。
それともこの期に及んで不遇キャラとして売りたいのかね?

エピローグは11歳時で正解だったね。はやてが一人で歩けるようになるまでがA'sの物語なので、
中学生以降は蛇足かな。
あ、蛇足と言えば防衛プログラムにはナハトヴァールという名前が付き、蛇の塊だったな。

そしてこの評価を、巳年の幕開けに付けます。

2012/09/10 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:1(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 37774 ホスト:37973 ブラウザ: 7300
【良い点】
戦闘シーン。
特に最初が最高だった。
最後も敵の抵抗が激しくしっかりバトルになってたので満足。
鑑賞プレゼントサーピスがよい。正直これだけでもかなり得した気分。

【悪い点】
闇の書があまりにもあざとく可哀想アピールしすぎ。気高い鉄面皮を返せ!
あとナハト具現化するなら篭手ではなく兜の方がよかった。
なのフェイの変身シーンが無駄に長い。早くしろよと思わずツッコミそうになった。
局の援護魔道士チームがほとんど役立たず。やっぱり組織を描くのが下手だなと痛感。
リィンⅡはやっぱり最後の最後だけ出した方が幸福感が引き立って良かったなと。

【総合評価】
コテコテのリメイク。TV版が完成度高いことの裏返しでもあるわけですがまんまグラハム関係削っただけの作品すぎ。
TV版を見飽きた者としてはもうひと捻りがほしかった。
とは言っても個人的には出来に満足した方かな。
それだけにあとちょっとなんとかしてくれればと思わずにはいられない作品。

[推薦数:2] 2012/08/12 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:499(71%) 普通:99(14%) 悪い:103(15%)] / プロバイダ: 12926 ホスト:13071 ブラウザ: 8881
先日に劇場版の鑑賞に行きましたので早速コメントを寄せたいと思いますが、
因みに本シリーズに関してはstsまでのTVシリーズと前作のMOVIE 1stを視聴済みですが、
まず本作の感想を率直に述べれば素晴しいの一言で当初は1回のみの鑑賞の予定が
思わず2回・3回と鑑賞を重ねてしまう位に面白かったですね。

それにしても今回のA'sの映画化に付いては前回の1stがヒットしてから既定路線に入ってたと思うが、
ただ個人的にはA'sの映画化に関して事前の印象を言うと無印の時以上に削る場面の選択が難しそうと予測して、
果たしてどの様な形で圧縮・再構成させるかと気になってたが、
その辺りの構成の組み立てに付いて言えば個人的にはかなり上手く行けたかなと思うし、
それに劇場版の構成の組み立てに関して言うと幾つかのシーンでTV版とはシナリオの流れや
些細な台詞の変更などが有りましたが、因みにこの辺りに関してはパンフレットで都築さんの
インタビューにも有るのですが、劇場版での構成に関しては1話30分で区切るTVシリーズと、
150分で一気に上映する劇場版での「見せ方の違い」を考慮して構成したと仰っておりましたが、
確かに本作を観た感想としては都築さんの仰ってた部分がよく考えられてるなと思って
見事にTVシリーズからの圧縮・再構成が上手く行ったかなと思いました。

後は劇場版という事で当然ですがTV版から何処まで映像面でのクオリティがパワーアップしたかと
期待しましたが、この点に関しても文句無しで、もう7年前のTV版からこれだけ映像面での
進化が見られた事に感動して、また映像面での進化に付随する様に演出面の方もパワーアップで、
特にTV版でのクライマックスといえる11話以降のそれぞれの名場面がTV版で味わった感動を
呼び起こさせてくれる……、いや或いはTV版当時以上の形で観られた事には正に感無量でした。

それと今回の劇場版に於いてのTV版との違いも少し挙げると、まずはリインの描写に付いては
TV版の時には後半になってから登場という感じで出番の遅いキャラでしたが、
でも今回の劇場版では割りと早い段階からリインの存在を出していてTV版の時よりも
リインの描写を深く掘り下げてる点において、はやてとリインの関係に於ける描写に関して言えば
TV版の時よりも説得力が増してると思いました。

後は今回の2nd A'sを観て改めて本シリーズの魅力という物を考えてみましたが、まず最初に挙がるのは
何と言ってもバトルシーンの面白さが格別で、確かに本作の人気を爆発的に高めた要素では有りますが、
でも本作の魅力は単なるバトルの面白さだけじゃなく恐らく本シリーズの根幹を支えるであろう
友情や家族という物をテーマとして描かれるストーリーに魅入られる物が有り、
特に無印(1st)にしろA'sにしろ主人公側もライバル側も共に譲れない事情を抱えて衝突しながらも、
でも幾度も衝突を重ねながらも同時に相手と分かり合おうという思いを伝えながら段々と歩み寄り
そして最後には互いの思いが通じ合いハッピーエンドを迎えるストーリーが本当に感動的ですね。

それと本作のキャラに於いて特に良いのは相手に思いを精一杯に伝えようとする姿や、
自分の思いや行動に対し一途さや不屈さを表して突き進み、この様な切なる思いが伝わる所に
視聴者としても感化させられて、特に今回のA'sに於いてはヴォルケンリッターやリインと
はやてとの間で結ばれた深い絆が本当に魅力有るドラマになっていて、
また、なのはとフェイトが前作の衝突を乗り越えて現在では堅い友情で結ばれてる所も感慨深く、
改めてA'sに関しては本シリーズの最も魅力的な所が表現されているなという感じですね。

それでは最後の纏めに入りますが今回の本作に付いては見事にパワーアップリメイクを果たして、
そして今回の劇場版においてA'sの真の完成形が見られたなと思いました。

2012/08/08 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:396(98%) 普通:2(0%) 悪い:5(1%)] / プロバイダ: 27885 ホスト:27834 ブラウザ: 7740
テレビアニメ版からのファン。テレビアニメ版は全て視聴済み。

アニメを映画用にまとめただけなのかと思いきやおお違いで、感動と衝撃を覚えました。

ストーリーは要所のポイントをテレビ版から変更し、映画版の方がより良い内容になってたと感じました。

「リリカルなのは」のアニメ版の欠点は作画のみだれだと感じてましたが、映画版はスタートからエンドまで、

きれいなグラフィックと、戦闘シーンは素晴らしかったと思います。

アニメの命である、世界観・ストーリー・画・カット割り・声優・グラフィックのきれいさともに、

最高といえる一作でした。

ヴィータ、はやて、シャマル、なのは、フェイトはやはり萌えるな。

2012/08/05 良い(+1 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:91(46%) 普通:56(29%) 悪い:49(25%)] / プロバイダ: 36028 ホスト:36235 ブラウザ: 8849
ファーストデイだったので見てきた。でないと見る気せん

はっきり言ってストーリーはないに等しい。有るのはシュチュエーションのみで、派手な戦闘シーンが続くだけ
そこにお金がかかってるのは解る。確かに良く出来てる。ネットリと描かれる変身シーンもすごいことになってるw
それでも、話が分かるのは、テレビ版を見ているからだろう
客のほぼ100%がストーリーを知っている映画、ってのは珍しいのでは?
そういった制作者に有利な状況を差し引いても、良くまとまっていると思う
といっても全13話を150分にするって、実質半分削ればいいのかw
もっとも、自分の好きだった
「武装中隊の指揮権を貰った」という台詞
闇の書が撃つスターライトブレイカーからの「回避の距離を取る」という台詞
逃げるときは移動速度の速いフェイトがなのはを抱いて、防御するときは、重装甲のなのはが前、能力的に正しいw
グリアム提督の渋いポジション
とかいう所は丸々カットされていた
自分が、いかに世間と違った視点でこの作品を見ているかが解ったw

敵役の四人は、それぞれヴィータ=なのは、シグナム=フェイト、ザフィーラ=アルフ、シャマル=ユーノ、に対応していて、ライバルとして描写される
前3組はいいとして、問題はシャマル=ユーノ。テレビ版から感じていたが、そこの絡みゼロってどういうこと?!
探知魔法と逆探知魔法、結界魔法と解除魔法、捜査魔法とその妨害魔法、といった地味な、が熱い魔法合戦を期待してた
映画になって、リンディさんが出てきた時「これは、テレビで描かれなかった情報魔法戦が描かれるのか!!」とか思ったら無かったしw
都築、草川コンビにそんな高度な戦術、戦略描写が出来る訳無いのは解っていたつもりだが、チョット期待しちまった
結局パワー合戦しか描かれてないし

ハラオウン一家の掘り下げは、まだ不足しているが良かった
特にその時の、過去を背負ってる感の出ている、久川綾の演技は見事だった。さすがベテラン

ファン向けのお祭り映画なので、純粋に映画としてみれば問題点も多いが、作画動画の高レベルを差し引いて
評価は、良いで。
結局、好きなんじゃねーかw

2012/07/30 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:390(59%) 普通:99(15%) 悪い:177(27%)] / プロバイダ: 27116 ホスト:27014 ブラウザ: 12210
・TV版及び前作の「1st」も視聴済み。

【良い点】
・TV版13話の内容を150分で上手く纏めたこと

・作画&バトルシーンが遥かにパワーアップしている。

・主題歌、挿入歌、BGMがどれも素晴らしい。

・ヴォルケンリッターとリインフォースの描写が秀逸、思わず応援したくなる。

・コスチュームのデザインの変更&追加

【悪い点】
・前作同様「話がしたい」と言いながら、力でぶつけ合っている。

・グレアムと使い魔を尺の都合上出せなかったこと。

【総合評価】
・劇場で観てきました、前作同様満足な完成度でした。
レンタルが始まったらまた観たいです。

2012/07/25 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:4(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 2656 ホスト:2582 ブラウザ: 9328
二回鑑賞してきました。TV版鑑賞済み。ネタバレ含む
【良い点】
①声優さんの演技力。特に八神はやて役の植田佳奈さんの演技力に感動しました!ラストのリインフォースとの別れのとこの演技はもう号泣でしたね!初めて演技力に泣かされたかな?って感じました!それにTV版に比べ田村ゆかりさんの演技力も上がっていたしヴォルケンリッターの皆様方の演技も素晴らしかったですね!

②作画。正直TV版の作画は仮にもいいとは言いにくくどちらかというと悪いって印象を受けました。しかし劇場版1stの作画がとても素晴らしかったので期待をして見に行ったらその作画を上回る迫力満点の作画を大スクリーンで見ることができてよかったです!

③主題歌、挿入歌、BGM。水樹奈々さんの挿入歌が入ることによって燃えるシーンが更に燃える!植田さんの挿入歌はいい感じに涙を誘うし・・・、BGMは燃えるとこは燃え、泣けるとこは泣ける!特に終盤のTV版のエンディングのアレンジにオレは泣けてしまいました。

④内容。TV版とは色々違った内容でしたね!それなのに特に違和感なく面白くやってくれました!ちゃんと熱血×萌えが健在していてさらに泣ける!2時間半にこんなに詰め込んだのに無理なくやったスタッフさんの腕に魅せられてしまいましたね!

【悪い点】
特に悪い点はないのですがオレが気になったのは水樹奈々さんの演技・・・
田村ゆかりさんと植田佳奈さんの演技が凄すぎるせいかなんか浮いた感じがしたのが気になりましたね・・・
あとちょっと棒なとこが・・・

【総合評価】
もう最高です!最高傑作です!1st以上の作品でした!劇場作品としてはトップランクの作品なのでは!?
もう一度見たくなる作品でした!円盤も欲しいです!

2012/07/21 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:16(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 26055 ホスト:26162 ブラウザ: 11003
【良い点】
スケールがでかく、しびれた。映像も派手で、かっこよかった。
クロノ、リンディがよい味を出していた。特にクロノは出番自体はテレビアニメより少なくなっていたに関わらず、下手に描写が多くない分、かえって引き立っていたと思う。ただ、もうちょっと戦闘での出番は欲しかったかもしれない。

ザフィーラが何気に、おいしかった。

フェイトが夢の世界から帰ってくる一連の流れが、特によかったと思う。個人的に、ここが一番の盛り上がりだった。
テレビ第一話のあの名シーンをここに持ってきたのかと、うならされた。アニメではなのはひとりで、闇の書にぶちこんだのに、映画ではフェイトとふたり。スノーレインの挿入による、はやての名シーン。ここの展開は、ひとり戦っていたなのはが、ふたりにも伝わったという感じで、すごくよかった。
ここの改変については、文句なし。


【悪い点】と、いうより残念な点。音楽は、テレビ版を元にしていた前作の方がよかったと思う。

今回、フェイトが帰ってくるシーンの音楽くらいしか印象に残らない。
レイジングハート、バルディッシュの新起動シーン。台詞回しとかは、テレビの方がよかった。自分の意思で、主のためにあえて危険なパワーアップを望んだところ。映画版では、スルーされていた感じがした。

ユーノ君。
展開の都合上仕方ないとも思うけれど(ユーノ君が冒頭で戦闘にいたら、フェイトまでやられなかっただろうし)、もうちょっと見せ場とか出番欲しかった。
前作でも思ったけれど、テレビ版よりも、なのはとの関係の描き方が薄いと思う。そのことが、なのはのキャラクターの見せ方の魅力低下につながっていたと思う。今回、家族に至っては完全カットだし。
フェイトは、アリシア、母親、クロノ、リンディ。はやては守護騎士。とそれぞれ横のつながりがきちんと描かれているのだろうに……。

前作は、フェイト主人公、今回ははやて。なのは、映画版では主役ではないと思う。

【総合評価】
悪い点も、そこそこ書いてしまったけれど、逆に言えばそれ以外の不満点はありません。二回視聴したくらいだし(リピーター特典目当てだったけれど)、BDも絶対買う。
とても良いよりの、最高!

2012/07/19 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:17(74%) 普通:4(17%) 悪い:2(9%)] / プロバイダ: 13417 ホスト:13341 ブラウザ: 5379
昨日劇場にて鑑賞。一回目です。多分もう一回行きますがとりあえず感想。
【良い点】
・バトルシーン
TV版A's自体、戦闘シーンはけっこう派手なのですがそれがさらにパワーアップ。
効果音とかも迫力満点ですごかったです。
なのはのバトルシーンは新作が出るごとに進化していってますね。
・ストーリー
相変わらずヴォルケンズの健気さに泣かされました。
はやてがリンフォースに名前をあげる場面も良かったです。
前作1stに比べるとTV版との変更点が結構多かったですが主にはやて達に焦点を当ててうまくまとめてあったと思います。
【悪い点】
・ラスボスのデザイン
こちらもTV版から大きくパワーアップ!。。。なんですが相変わらずデザインがイマイチです。
なんだかTV版以上にでかい(?)上にごちゃごちゃしていて何がなんだか分からないです。
あと再生するシーンが少し気持ち悪い。
・水樹奈々さんの挿入歌
1stのDon't be longはとても場面に合っている感じで良かったんですが今回はそうでもなかったですね。
決戦前に流れたSnow Rainに完璧に喰われちゃった感じでした。
今回ははやてメインなんでしょうがないとは思いますが。
主題歌のBright Streamはとても良かったです。
【総合評価】
あとひとつ気付いたことで今回はBGM作っている人が変わってるんですね。
全体的にかっこいい曲が多くて良かったんですが若干なのはっぽくないと感じることも。
これについては賛否両論でしょう。
一言で感想をいうとすれば期待以上でした。
なのは初めての人でも話の大筋はつかめるようになっているところも良かったです。
劇場まで見に行く価値は十分にあると思います。

2012/07/18 とても良い(+2 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:2(100%) 普通:0(0%) 悪い:0(0%)] / プロバイダ: 1526 ホスト:1312 ブラウザ: 8900
【良い点】
・前劇場版を基本とした真っ当な続編。
前作同様、正にファンが観たかった豪華な「A's」。ファンなら「うんうん。これこれ」と頷くであろうシーンは完璧に網羅。
特にヴィータについては執念すら感じる。w
画のクオリティ、動きについても前作同様、文句のつけようがない。
・Wリーゼについてバッサリ切られているにしては、リンディやクロノのフォローもそつがない。
特にクロノは思ってたより出番がないにしては、いい描写でした。表情が絶妙。もうちょっと深く掘り下げてほしかったけど。
・はやて、ヴィータの可愛さ増量。けなげさ特盛。
この作品については萌えのみならずザフィーラすら愛しい自分ですが、この二人にはメロメロ。
・「Snow Rain」
やはり、わかっていらっしゃる。よくぞ流してくれました。感動しました。感謝です。

【悪い点】
・Wリーゼ関連バッサリカット。
ええー!?ユーノくん、いきなり無限書庫の人?って、最初に嫌な予感はした。当たった。仮面男も黒幕の髭ジジイ(グレアム)も出ず。
潔いっちゃ潔いけど、これ削ったせいで蒐集>暴走>停止というあまりにストレートなお話になってしまい、ストーリーに彫りが一切無くなった。ひとひねりは欲しかったなぁ。尺を考えても削らなくていけたんたないかと。
結局今回悪いのはプログラムを改変した、かつてのどこぞの知りようもない人であって、やっぱり黒幕さんは(いい人であれ、悪意の人であれ)ちゃんと用意しておいてくれないとスッキリしないのです。あの髭ジジイがいるからこそ、クロノ達の苦悩ももっと際立ってくるのだし。ちょっと残念です。
今回のはやての後見人つーか、財産管理は誰がやってるのかな?小学校にも通わない彼女の独居はTV坂の設定があってこそまかり通ること。普通に親戚なら放置しないでしょう。とか思ったり。
・やりすぎ感満載。
変身シーンも、あのやりすぎな前作より更にやりすぎだけど、これはニーズがあるから仕方ない!
で、TV版でもラストバトルとはいえ、大作RPG的な大型クリーチャーって作風的にどうかな…?という疑問があったんですが、こっちは本当にやりすぎ。ナハトのデザインすごいよ。ワケわからん生き物?です。
ラストバトルそのものはもう某DBですね。スパーキングです。ナハト暴走云々より、おまいらが地球破壊してるよ?
まるで「なのは、フェイト、はやて、決戦! 大海獣」です。まんがまつりですね。スーパー魔女っ子軍団。観る人の大部分は展開を知っているから、抵抗はないのだろうけど…観ててちょっと興ざめしてる自分がいた。
・バラシはEDでいきなり。
EDでアリサらに魔法使いであることを明かしている様ですが、魔法使いのみならず、こーゆーのは盛り上がるので出来ればTVの救出シーンをそのまま本編に組み込んだ上でやってほしかった。そうすればあのカットはもっと生きてくるのに。逆にいうと無くてもいいカットになってる。

【総合評価】
あえて悪い点も客観的に挙げました。前劇場版よりは少々劣るかと(まあ、あれは神作品といっていい出来ですから)。
ですが、ファンにとっては今回も最高の作品に仕上がってます。
私はTV版の、ヴィータの砂漠での「痛くなんかない!はやてのご飯が待ってる、だから幸せなんだ!」のシーンでこの作品に惚れ込んだものですから、同様のシーンがあったのは感無量でした。
愛しい作品を限りなく最高の状態で仕上げてくれるスタッフに心から感謝します。
ラストバトルがやりすぎと書きましたが、それはラストシーンでも同様です。こっちはいい意味でですから、ハンカチは複数持参。もしくはタオルを。
次作があるなら、PSP2本のお話をちょっと整理するとか、数年後のオリジナルストーリーがいいですね(3作目は主人公達はご隠居なのでw)。

2012/07/18 最高(+3 pnt) [編集・削除/削除・改善提案/これだけ表示or共感コメント投稿/]
by (表示スキップ) 評価履歴[良い:86(79%) 普通:19(17%) 悪い:4(4%)] / プロバイダ: 13373 ホスト:13308 ブラウザ: 5829
昨日見に行きました〜!!(^^)/ネタバレにならない程度の感想・・・

【良い点】
・相変わらずOP・ED・挿入歌などの音楽が神曲ばっかだった!!
・作画(特にバトルシーン)が気合入ってた。
・アニメ版との変更点が幾つかあった。
・声優が豪華
・日常シーン
・バトルシーン
・絵柄
・キャラが可愛い&カッコイイ!!
【悪い点】
・なし(正直、アニメ版よりこっちの方が個人的に良かった!)
【総合評価】
自分的にはアニメ版も良かったけど、こっちの方が
個人的に良かったと思います。
評価は「最高!」で。

もっと読む

「【良い点】全部【悪い点】現時点ではなし無し【総合評価】最高だった、泣くのを我慢しろとか無理難題...」 by ユーノ・スクライア


次のページを読む

この評価板に投稿する



2018/07/05 好印象 by (表示スキップ) 投票履歴 / プロバイダ: 22071 ホスト:22129 ブラウザ: 11632 [編集・削除/これだけ表示]
感じた事感動/涙流した/熱血/友情/面白い/格好良い/可愛い/悲しい/勇気貰った 
ストーリーとても良い(+2 pnt)
キャラ・設定とても良い(+2 pnt)
映像とても良い(+2 pnt)
声優・俳優とても良い(+2 pnt)
音楽とても良い(+2 pnt)

もっと見る
1. 【活動1000日記念】自己満アニソンランキング ベスト300 by 545
... ない彼女育てかた』ED) 214位:COOLISH WALK(『WORKING'!!(第2期)』OP) 215位:ロマンティックあげるよ(『ドラゴンボール』ED) 216位:波風サテライト(『NARUTO -ナルト-』OP7) 217位:My Secret(『会長メイド様!』OP) 218位:PHANTOM MINDS(『魔法少女リリカル The MOVIE 1st』 ...
記事日時:2018/01/19
2. 魔法少女リリカル Reflection by S・N
... リリカル配信始まったみたいですね。(1週間無料) 映画やっぱ泣けますわ。 7月21日(金)0時〜 魔法少女リリカル The MOVIE 1st ・: https://gyao.yahoo.co.jp/p/00548/v12227/ 7月28日(金)0時〜 魔法少女リリカル The MOVIE 2nd A's ...
記事日時:2017/07/25
3. アニメBD・DVDウィークリー。(2013/4/9) by swallow tails
... (その他) ・『猫物語(黒) 第二巻/つばさファミリー(下)』 … 49,171 枚 (BD・DVD) ・『機動戦士ガンダムUC episode 6「宇宙と地球と」』 … + 6,436 枚 → 173,545 枚 (BD・DVD) ・劇場版『魔法少女リリカルThe MOVIE 2nd A's ...
記事日時:2013/04/09 [表示省略記事有(読む)]
[もっと見る]

作品の評価またはコメントの投稿欄
お名前 <=サイト内では一つのHNで。複数のHN使用は投稿全削除&アク禁対象です。実名ではないHNをお勧めしてます
この作品に対する評価文またはコメント文(丁寧な文面を心掛けて下さい)
※↑のボタンは評価のテンプレート[=形式例]を消すのに使って下さい
[コメント(?)]
良いと思う 普通と思う 悪いと思う
ルール違反の書き込みでなければ=>
↑上へ